こんばんは。
ある映画を探しています。邦画です。

内容はうっすらしか覚えていないのですが、少年少女-数人が
一人一人超能力を持っています。
みんなで力を合わせて悪と戦うような内容だったと思います。

雰囲気的には「ぼくらの七日間戦争」みたいな感じだったと記憶しています。
年代は僕がテレビで見た記憶があるのが1988年ごろだったと
思うのでそれより前のものだったと思いますが定かではありません。
朝にテレビで2時間ほどやってたのを記憶しています。
再放送だと思います。
ひょっとしたら映画ではなくて2時間ドラマ?かもしれません。
わかる方がいらっしゃいましたらよろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

    • good
    • 0
この回答へのお礼

うわーありがとうございます。
たぶんこの作品だと思います^^

未来と現在を行き来してたのを思い出しました。
レンタルとかもなんかなさそうですね。。。。
あーみたいなぁ・・・

でもタイトルがわかっただけでもすごくうれしいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2009/05/17 04:04

具体的なエピソードがわからないので断定できませんが、観月ありさ主演の『超能力少女REIKO』ではないでしょうか?



こちらを参照ください。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B6%85%E5%B0%91% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
youtubeで見た見たのですが少し違いような気がします。
でもすごく面白そうだったので今からツタヤで借りてきます^^
ありがとうございました^^

お礼日時:2009/05/17 04:06

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q超能力は、存在する?

超能力は、存在するか?
どうも最近、超マジックの方が凄く、超能力者は居ないのでは?
と思われている。
超能力者はいる?

Aベストアンサー

いますよ

私がそうです

でも、誰にも超能力を使って見せるつもりはありません

Q椿山課長の七日間

先月にTVであった椿山課長の七日間ですが
ラストシーンを見逃してしまいましたので
教えていただけますか?
覚えているのは天国に戻ったら父親も出てきたってとこまでです!

Aベストアンサー

 こんばんは。
 どこまでご覧になったのか分かりませんし、私も先月録画もしないで一回見ただけですので記憶が不確かになってきていますが、覚えている範囲でご回答します。
 天国から現世に「逆走」(でしたっけ)したのは三人で、俳優で言うと、西田敏行と綿引勝彦と、子供(名前は分かりません)ですよね。一人一人、現世でし残したことを全て片付けたら天国に戻る、という話でした。綿引勝彦のやくざは(現世では成宮寛貴でしたっけ)、子分が自分の仇(かたき)を勘違いしていることを教えてやったところで姿が消えて天国に戻り、子供は自分の実の親がやくざだったことを知った後で天国に帰り、西田敏行(現世では伊藤美咲でしたっけ)は、自分のことを好きで、結婚してもいいと思ってくれていた女友達(余貴美子)が、デパートで働いているところに行き、「君の事が好きだよ」という合図にしていた鼻をこするしぐさをして、天国に戻る残り時間がなくなったためデパートの屋上に上り、追いかけてきた余貴美子が、伊藤美咲に向かって鼻をこすって見せたところで、姿を消して天国に戻っていく、という話でした。その後は、天国の入口で、西田敏行の父親もぽっくりと亡くなって、いっしょに天国へと続く階段を上っていく、という、ご質問文の通りのラストです。
 記憶が不確かで、とりとめのない文章になってしまって済みません。こんな感じだったと思います。

 こんばんは。
 どこまでご覧になったのか分かりませんし、私も先月録画もしないで一回見ただけですので記憶が不確かになってきていますが、覚えている範囲でご回答します。
 天国から現世に「逆走」(でしたっけ)したのは三人で、俳優で言うと、西田敏行と綿引勝彦と、子供(名前は分かりません)ですよね。一人一人、現世でし残したことを全て片付けたら天国に戻る、という話でした。綿引勝彦のやくざは(現世では成宮寛貴でしたっけ)、子分が自分の仇(かたき)を勘違いしていることを教えてやったところで姿が...続きを読む

Q超能力などが証明されると100万ドルがもらえる条件の翻訳

このサイト
http://www.randi.org/site/
には、超能力などが証明されると100万ドルがもらえると書いてあるようです。
http://www.genpaku.org/skepticj/randi.html
英語の細やかな翻訳ができないため、判断できないのですが、
最近、「超能力スペシャル2010」と言うテレビ番組でお笑い芸人集団がやっていた紙コップ500組の中からたった一つのマークされている紙コップを残すと言う超能力で、100万ドルは、もらえないのでしょうか?
もちろん、あの番組は沢山カットされ編集されたものですので、そのままでは無理ですが、全編ノーカットなら超能力として認定するのでしょうか?
超能力は、100パーセントでなくても良いとのことですので、
番組最後の10組の紙コップからマークの書かれた一個を残すと言う超能力でも充分認定されるべきだと想うのですが、
同じことを、ランディの目の前でやれば、「ランディのサイキック・チャレンジ」の原文からして、認定されるのでしょうか?
お笑い芸人の方々は、明日の生活にも困っている方もいるらしいので、その超能力でかせげばいいのにと想うのですが。
彼らの超能力が本物なら、テレビ番組側としても、視聴率の高い番組がつくれると想いますし^^
なお、私も子供の頃、親戚の子とトランプによるテレパシー実験をして、確率を遥かに超える的中をしたことがありますが、
トランプによる透視能力(スペード、ハート、クラブ、ダイヤ4分の1の確率のはずを4分の3ぐらい透視できる)でも超能力としてランディは認めるのでしょうか?
超能力否定派は、「超能力者と言われている者達は、色々な言い訳をして逃げる」と言っているらしいのですが、
逆に、「超能力否定派の方が色々な言い訳をして超能力として認めないのではないか」と疑っています。

このサイト
http://www.randi.org/site/
には、超能力などが証明されると100万ドルがもらえると書いてあるようです。
http://www.genpaku.org/skepticj/randi.html
英語の細やかな翻訳ができないため、判断できないのですが、
最近、「超能力スペシャル2010」と言うテレビ番組でお笑い芸人集団がやっていた紙コップ500組の中からたった一つのマークされている紙コップを残すと言う超能力で、100万ドルは、もらえないのでしょうか?
もちろん、あの番組は沢山カットされ編集されたものですので、その...続きを読む

Aベストアンサー

>あの芸人すべてが「サクラ」とは、思いたくなかったですね。
スタックはともかく、芸人たちは本気だった可能性はありますね。
やっているうちに色味の違いに気づて本気で錯覚したか、あるいは超能力じゃないと気づいたがそのまま乗っかった可能性も。

・透視検証
http://asios-blog.seesaa.net/article/137770613.html


>40枚のトランプで何のマークなのか当てる超能力訓練を久しぶりにしてみましたが、
細かいところは書いてないけど、方法はトランプの各マーク10枚ずつ計40枚から1枚引いて透視。その都度当たり外れを判定するでいいのかでしょうか。

この場合、ランダムにマークを言っていくと正解は平均10枚になりますが、すでに出たマークを記憶し、出たマークの枚数の少ないものを選ぶという方法を取ると正解は平均14.7枚になります。(もしかしたらもっと正解率を上げる方法があるかもしれませんが)
なので15枚くらい当てても超能力とは認めてもらえないと思われます。
ですが、この方法でも20枚以上当てるのは2%で至難の業ですので20枚以上当てれば良いのではないでしょうか。

>あの芸人すべてが「サクラ」とは、思いたくなかったですね。
スタックはともかく、芸人たちは本気だった可能性はありますね。
やっているうちに色味の違いに気づて本気で錯覚したか、あるいは超能力じゃないと気づいたがそのまま乗っかった可能性も。

・透視検証
http://asios-blog.seesaa.net/article/137770613.html


>40枚のトランプで何のマークなのか当てる超能力訓練を久しぶりにしてみましたが、
細かいところは書いてないけど、方法はトランプの各マーク10枚ずつ計40枚から1枚引いて透視。...続きを読む

Q原作と映画の内容が同じ邦画

原作と映画が同じ邦画を探しています。
映画が公開されたあとに小説が発売されたというような、ノベライズ以外でお願いします。
基本的なストーリー、登場人物、結末などが同じ映画を教えてください。
昔の映画から最近の映画まで幅広く知りたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

最近だと
東野圭吾・伊坂幸太郎・真山仁・真保裕一辺りの原作映画化が多いでしょうか。

天童真 原作「大誘拐」1978年発表
岡本喜八監督作品「大誘拐~RAINBOW KIDS~」というタイトルで1991年映画化しています。
原作がそれなりに有名で、その雰囲気を崩さず映画化出来た希な傑作だと思います。

角川春樹プロデューサーが嘗て角川映画として仕掛けた。
角川文庫作品とその映画化でも何本かの傑作が生まれています。

横溝正史原作「犬神家の一族」
市川崑監督1976年発表映画化

森村誠一原作「人間の証明」1976年発表
佐藤純彌監督が1977年映画化


筒井康隆原作の「時をかける少女」1965年11月~1966年5月学研中三コース~高一コース連載

http://ja.wikipedia.org/wiki/時をかける少女

山中恒原作の『おれがあいつであいつがおれで』
旺文社『小6時代』1979年4月号~1980年3月号連載。
大林宣彦監督1982年映画化「転校生」

古いところでは
水上勉の原作 
田坂具隆監督「五番町夕霧楼」
川島雄三監督「雁の寺」
今井正監督「越後つついし親知らず」

安部公房原作 
勅使河原宏監督「砂の女」

川端康成原作
豊田四郎監督「雪国」

森鴎外原作
溝口健二監督「山椒太夫」

なんか探すと幾らでも出てきますなぁ…

最近だと
東野圭吾・伊坂幸太郎・真山仁・真保裕一辺りの原作映画化が多いでしょうか。

天童真 原作「大誘拐」1978年発表
岡本喜八監督作品「大誘拐~RAINBOW KIDS~」というタイトルで1991年映画化しています。
原作がそれなりに有名で、その雰囲気を崩さず映画化出来た希な傑作だと思います。

角川春樹プロデューサーが嘗て角川映画として仕掛けた。
角川文庫作品とその映画化でも何本かの傑作が生まれています。

横溝正史原作「犬神家の一族」
市川崑監督1976年発表映画化

森村誠一原作「人間の証明」1976...続きを読む

Q37歳ム職ム資格ブス病弱低IQ独女の超能力への願望

突然すみません。

今、超能力が欲しいんです。


色々あって。


超能力という特殊能力が持てれば、自分に自信がつくと思うので。


超能力はどうやったら持てますか

Aベストアンサー

追記します。

私は相手の考えていることを知るための努力や、自分の思っていることを伝えるための努力が必要であり、それは誰しも苦しみながらやっていて、解りあえたからこそ喜びを感じるのだと思います。

逆に理由なくこちらの意志が解ってしまう存在には、距離をとるのではないでしょうか。
自分の心の内を理解して欲しくても、勝手に見られるのは嫌でしょうから。

そのような特殊な力を得たとして、他人の望むことに全て応えることも出来ないのに主様はそれが堪えれますか?

会話をしていて相手が怒っているように感じるのは、何故なのか?

ただ単にそれが普通の態度の人かもしれません。
もしくは主様の言動が失礼にあたったのかもしれません。

前進したいのであれば、ちゃんと本当のことをアドバイスしてくれる友人を作ったり、その場で(または後日にでも)理由をうかがいましょう。

主様に伝えても無駄だと思ったり、言いづらい態度を取られるとお茶を濁されるでしょうが。

婚活を積極的にされているのであれば、まずは誰からも声をかけられやすい雰囲気を出すことです。
会話するならば、自分の中でよくかみ砕いて『こう言ったら相手は何と思うか』考えながら話すことです。
そして、必ず相手からの言葉にはリアクションを返すべきです。

頑張ってください。

追記します。

私は相手の考えていることを知るための努力や、自分の思っていることを伝えるための努力が必要であり、それは誰しも苦しみながらやっていて、解りあえたからこそ喜びを感じるのだと思います。

逆に理由なくこちらの意志が解ってしまう存在には、距離をとるのではないでしょうか。
自分の心の内を理解して欲しくても、勝手に見られるのは嫌でしょうから。

そのような特殊な力を得たとして、他人の望むことに全て応えることも出来ないのに主様はそれが堪えれますか?

会話をしていて相手...続きを読む

Q一時期の記憶を失った少女。記憶を失う前に恋をした。

一時期の記憶を失った少女。記憶を失う前に恋をした。
みたいな物語の映画が最近・・・たぶん5年以内くらいにあったんですが
それが何か知りたいです。

うる覚えで、ある映画を探しています。
たぶん日本の映画だったと思うのですが、洋画の可能性もありです。
ある少女が何らかのきっかけ(確か事故。病気とかではない)で
ある期間の記憶を失ってしまい、だけど
その記憶喪失した時間、確か1分間だったか5分間だったかに
恋に落ちた。ところがその記憶を失ってしまい誰に恋したか分からない。

予告CMで記憶を失う5分前かなんかに
(何分かは忘れましたがとにかく短い時間。もしかしたら10分、15分くらいだったかも)
誰かに恋をした。
だけどその記憶を失ってしまった。
みたいなキャッチフレーズで
何人かの男性の候補(3~5人)が出てくる。
で、誰に恋をしたのか探す、もしくは思いだす?感じで
CMに最初に映像に出てくる黒髪の男の子がおそらくその人では?みたいな映画でした。

レンタルしてみようと思ったのですが、タイトルがどうしても思い出せません。
出てきた俳優、女優さんもちょっと覚えてないんですが、
この情報でこれなのでは?みたいな
映画があったら教えてもらえると助かります。

あと記憶喪失した記憶(全部忘れたわけじゃなく一定期間の記憶喪失)は
確か最後かなんかに思いだす雰囲気だったとと思うので参考に。

一時期の記憶を失った少女。記憶を失う前に恋をした。
みたいな物語の映画が最近・・・たぶん5年以内くらいにあったんですが
それが何か知りたいです。

うる覚えで、ある映画を探しています。
たぶん日本の映画だったと思うのですが、洋画の可能性もありです。
ある少女が何らかのきっかけ(確か事故。病気とかではない)で
ある期間の記憶を失ってしまい、だけど
その記憶喪失した時間、確か1分間だったか5分間だったかに
恋に落ちた。ところがその記憶を失ってしまい誰に恋したか分からない。

予告CMで記憶...続きを読む

Aベストアンサー

「誰かが私にキスをした」かも?

参考URL:http://www.darekiss.com/

Q超能力

超能力に知識のある方や、実際に超能力がある方、どのように知識を得たのか?またどのように日常生活で活用しているか?
等、超能力に関する情報を教えてください。

Aベストアンサー

「超能力の知識」というのは、SFマンガや小説を読んでいて憶えましたね。
『バビル2世』
『イナズマン』
『サイボーグ009』
『超人ロック』
『幻魔大戦』
『那由他』などなど。

あと、手品の本などでも「擬似超能力」の知識は得られます。

Q主題歌♪ 犬もネコもチョウチョもー(定かではありません。)

こんばんは。
15年位前に、テレビで幼稚園児位の男の子が出稼ぎにいっている(?)父親に会いに自分ひとりで、万国旗が目印の船に乗って会いに行く。といった内容の映画を見ました。小学生だった私はちょっと感動して泣いた覚えがあるのですが、映画のタイトルが分かりません。その主題歌が「犬もネコもチョウチョもー親がいるのにー・・・(少年が歌っていたと思います。)」といったものだったと思うのですが、ご存知の方はいらっしゃらないでしょうか?菅原文太さん(父役で)が出ていた気がするのですが(全く自信なしです。)。その少年がやっとの思いをして父の住まいにたどり着いたところ、父はもうそこには居なくて、少年が描いた父の似顔絵だけが残っていて、少年はショック、しかし、そこへ父が現れ
少年「父は僕を忘れてたんだー。(泣)」
父「忘れていないからこの絵を取りに来たんだ。」
感動の再会。といった内容だったと思うのですが、ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

■ ボクは五歳  1970年度作品

父親役は、宇津井健さんです(参考URL は作品詳細です)

参考URL:http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD19368/index.html

Qキリストの時代の超能力者の一般イメージはどんなものだったんでしょうか?

こんにちは、

実際にキリストが超能力者だったかどうかは、、、ともかくとして、、、

現代の人間にとって、、、「自分は超能力者だ!」というのも、「あの人は、超能力者だ!」というのも、、、決してまともな人間だったら言わないと思います。

なぜなら、超能力なんて、一部の変わった人を除いて誰も信じていません。

聖書を見ていると、キリスト自身が自分は超能力を持っていると言ったか、弟子達が勝手に言ったのか分かりませんが、、キリストは超能力者という事になっているように感じます。

現代だったら、どんなに尊敬していても「貴方は超能力者ですという噂を尊敬の印として流布しておきます。」なんてしないしな~。

何故このようになったのか不思議でしょうがないのです。

しかし、十字架刑になった事を考えると、やっぱりあの時代の人も「超能力者=うさんくさい」というイメージだったのかな? と考えたり、、、。

本当にどうでもよい事ですが、真剣に悩んでいます。

あの時代のあの地域の超能力者の一般イメージを教えていただけますか?

よろしくお願い致します。

こんにちは、

実際にキリストが超能力者だったかどうかは、、、ともかくとして、、、

現代の人間にとって、、、「自分は超能力者だ!」というのも、「あの人は、超能力者だ!」というのも、、、決してまともな人間だったら言わないと思います。

なぜなら、超能力なんて、一部の変わった人を除いて誰も信じていません。

聖書を見ていると、キリスト自身が自分は超能力を持っていると言ったか、弟子達が勝手に言ったのか分かりませんが、、キリストは超能力者という事になっているように感じます。

...続きを読む

Aベストアンサー

当時の超能力者のイメージは現在とあまり変わりません。
あなたが思い浮かべるイメージとそう遠くはないのです。

それなのに、これだけ多くの奇跡に関する記述が、あるということは、彼が本当に奇跡を起こしたかどうかは別として、少なくとも周りの人がそれを信じるに足る現象が実際に起きたというのが現在の聖書学の主流の考え方です。だから、現在の聖書学者は、奇跡の記述について信憑性を問うことはもはやありません。むしろ奇跡の種明かしのほうに熱心に取り組むのです。

例をあげましょう。ルカの書いた使徒行伝ですが、パウロが時の総督フェストに、イエスの起こした奇跡を長々と説明する文があります。(26章のあたり)それに対して、やはり奇跡を信じないフェストは
「気が狂っているぞ。パウロ。博学があなたの気を狂わせている。」
と、現代人と同じ反応を示すのです。

これに対するパウロの反応がこうです。
26:25
フェスト閣下。気は狂っておりません。私は、まじめな真理のことばを話しています。
26:26 王はこれらのことをよく知っておられるので、王に対して私は率直に申し上げているのです。これらのことは片隅で起こった出来事ではありませんから、そのうちの一つでも王の目に留まらなかったものはないと信じます。

つまり、パウロは、フェストが信じないのを承知で、それでも「あなたも同じことを見たはずだ」と確信を持っていうことができたのです。

これがイエスの実像です。
これを奇跡と考えるか、手品と考えるかでクリスチャンと非クリスチャンが分かれます。

それから、聖書は、他の方が指摘するようないい加減な信頼性の書物ではありません。現代の聖書学、考古学者は、真面目な研究をしている人なら、クリスチャン、非クリスチャンを問わず、古代史で群を抜いて正確で、具体的な文献であることを断言します。たとえば、ルカは、誰もが認める、超一級の歴史記述家であり、彼の記述は当時を知るもっとも正確な資料であり、今までに彼の書いた地名、年代、場所、人物など、確実に誤った記述は全く存在していません。もちろん、いくつか他文献と矛盾するようなものもあるのですが、過去のそういうものはすべて、新たな考古学的発見によって矛盾が解決されたり、他文献が間違っていることが示されたりしています。だから、考古学者は、当時の文献でルカをはじめとする聖書の記述と矛盾する古代文献があったとしても、基本的には聖書の記述を正しいと考える傾向があります。

また、成立年代も、イエスの死後20~30年以内に書かれたことがだんだんわかってきており、これは古代文献としては異様な早さです。例をとると、アレキサンダー大王の伝記などは死後500年たってから書かれたものです。
このように、イエスを実際に目撃した人が生きているうちに書かれた伝記は、基本的には奇跡物語が寓話として挿入されるなどということは考えられないのです。

例をあげましょう。イスラム教の聖典のコーランはモハメッドの死後すぐに書かれ始めたと考えられていますが、モハメッドの奇跡物語はひとつもありません。彼の奇跡物語が出てくるのは、死後200年以上たって書かれた「ハーディス」(言行録)です。

これは、他の世界の聖人も同じです。
イエスのように、目撃者第一世代が生きているうちに奇跡が記録され、それが万人に認められる人物は彼だけなのです。

長くなりましたが、結論だけ言うと、超能力者のイメージは現在とそう遠くありません。イエスを信じない人は、当時も彼を胡散臭いと思っていたのです。

当時の超能力者のイメージは現在とあまり変わりません。
あなたが思い浮かべるイメージとそう遠くはないのです。

それなのに、これだけ多くの奇跡に関する記述が、あるということは、彼が本当に奇跡を起こしたかどうかは別として、少なくとも周りの人がそれを信じるに足る現象が実際に起きたというのが現在の聖書学の主流の考え方です。だから、現在の聖書学者は、奇跡の記述について信憑性を問うことはもはやありません。むしろ奇跡の種明かしのほうに熱心に取り組むのです。

例をあげましょう。ルカの書...続きを読む

Q1971年から1988年まで続いた「日活/にっかつ ロマンポルノ」につ

1971年から1988年まで続いた「日活/にっかつ ロマンポルノ」について、批判していた有名な映画評論家は誰かいます?

特に故・淀川長治等どう考えていたのですかね?

Aベストアンサー

 津村秀夫(1907年8月15日 - 1985年8月12日)は、1972年までキネマ旬報ベストテンの投票に参加していましたが、同年の女優賞を受賞したのがベストテンにも入賞した「一条さゆり 濡れた欲情」「白い指の戯れ」に出演した伊佐山ひろ子だったために、翌年からは選者を降りたという話です。
 荻昌弘と淀川長治は翌1973年以降、日本映画の選出には関わらず、外国映画にのみ参加していますが、その理由は知りません。
 津村秀夫という映画評論家はご存じないかもしれませんが、映画批評というものを、印象や感想でなく、学問的な評論としてとらえていた立派な方だと思います。本も出版されています。
 とはいえ、今の時代から見ると、ロマンポルノに対する見方は古いとしか言いようがないとは思います。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/津村秀夫


人気Q&Aランキング

おすすめ情報