現在26で2年とちょっとほど、IT業界、WEB・オープン系で開発を行ってきました。
その前に電話オペレータで契約社員で電話営業をやっていたせいもあり、(オペレータ業もアウトソーシングが多いんです)

そしてこの業界もSIerからの開発のアウトソーシングがパートナ(下請け)依頼が、開発業務のアウトソーシングが主流となっていると思います。

開発業務委託事態に問題は無いとおもうのですが、
悪質業者の数が尋常じゃありません。

それは、経営陣の労務士(弁護士)相談による、労働法の改悪による、みなし残業代や、年俸制の導入のコスト圧縮方法の確立。

3次以下の企業など必要ないとしか思えず、
通常、請負企業のリスクは人余り状態がコストリスクとなるはずですが、それを3次以下を切る事によってリスクヘッジを行っている。

指揮系統の管理は本来、請け負った会社がすべきであり、
請け負った会社の責任者が、依頼したプロパーと交渉するべきなんですが、何故か指揮系統が直接、依頼した大手SIerが指揮しており、
開発ノウハウが皆無なのにも関わらず、設計に口を出して失敗したプロジェクトを何度か見ています。

オマケに電話オペレータ時代に使用していたPCより、スペックの低いPCが開発用PCとして支給される例もあり、異常としか言いようが無く


誰でも出来る電話営業業務より、サービス残業の横行と、
またオフショアが進んでいるとはいえ、国内競争が主流にも関わらず、短期納期とコスト圧縮により、特殊技能が必要とされるはずの、エンジニアの実質の時間自給が、契約社員のより下回っています。

将来性を全く感じる事にできず、辞表を出そうか考えておりまして、
これが3Kと言われるこの業界の実態なのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

めっちゃくちゃ亀レスですが・・



規模ってぶっちゃけ関係ないと思いますよ。
そういう不満は、規模ではなくこの業界に浸透した『文化』と呼ばれる
ふざけた行為とか力関係とか、バレなきゃいいとか、それを改善しよう
としない諦めた業界人を根源として出てくると思っています。

規模が小さいからってテキトーにしていいってわけではありませんからね。
客は客なので。
案件に支障を来たさない程度であれこれチャレンジしてみるのはとても
いいことだと思います。
流石に本末転倒になるようなことをいきなりやらかしてはいけませんが・・・。

諦めたらそこで試合終了だお

俺はまだもうちょっと粘ります。ちょっと挫けそうな時あるけど。
ちょっとずつかもしれませんが良くなっていけばそれが如実に見えてきた時、
良くなっていくことに更に面白さを覚えるかもしれません。
今、私が所属している会社は、昔よりは良くなりました。
(昔はひどかった・・・内部的に。それが結局外にも影響しちゃってました。)

最後に、どの職業も、将来性は自分で見出すものですよ。
何も行動に移さないですぐ諦めれば、そんなもんは確かに将来性はありません。
それは需要と供給という一括りではなく、どんな職業でもそうだと思います。
本当にその職業が好きなら自らより良い環境にしていこうと思いませんか?

この回答への補足

大規模開発だと、莫大なコストが動く訳で、
その責任を取れる資本を確保しているのは、現状、大手SIerだと思います。

例えば、大手SIerも商売でやってますから、
それによって開発品質が下がろうが、設計が崩壊しようがなんだろうが、必要の無いシェアの自社の関連企業の製品を入れて来たりもするでしょう。

しかし開発規模など関係無く、全てが交渉だと思うのですが、
大規模より、小規模の方が交渉相手も少ないですし、
影響範囲も小さいので、その点で小規模開発の方が未来があると思いました。

開発手法にしても、ウォータフォールだけで無く、
人的欠損のリスクという欠点に陥る可能性があり、
その場合のダメージが大きいですが、

少数精鋭のアジャイル開発で、
短期小規模開発で利益を出せるかもしれません。

が、ここで驚いたのがどこかの営業業務をアウトソージングしたとすると、自然とユーザー側も比較的協力的で、共に営業利益を出そうという目標に向かうのですが(当然お互い儲かりたいですから)

何故かシステム開発の場合、丸投げの非協力的で、
ユーザー側がハイ、この予算でこの月まで作ってね、
そう聞いてるからみたいな意識があり、

そういう態度じゃ失敗しますよ。
協力関係があるからこそ、短期開発な上、高品質で作れるんです。
みたいな当たり前の事を、そこから説得・説明しなければならないケースもあり。

それをすべき元請けPMが、プログラマーの人材管理だけやってりゃいいと勘違いしてるのか、逃げてるのか分かりませんが、そーすると誰かがそれをしないといけないのですが、その誰かは割り食って、それに見合った報酬は得られず、または技術系の人は口下手な人も多く、広い視野で見る事が少し苦手な人も居ますから気付かないのかもしれませんが、

26の2次請けの偽装多重派遣されてる1人のプログラマーの俺が、
50代の発注側ユーザ企業のPMに意見するのは、立場から言って、おかしいですし。

それなら周りの人を使って、間接的にとかなりますが、
俺の仕事じゃないですし、只でさえコーダーとしての俺のタスクさえ軽く無いですし、

自社の上司に相談すれば黙って我慢して、
コーディングマシーンになってりゃいいって。

システム開発は、2年しかやってませんが、
周りを見て、経験して見て、そう簡単なモノじゃない。

ただこの業界は法律をあまりに、守らない。
人を余りに大事にしない。
技術エンジニアが主張しない事を良い事に舐めきってる。

僕が甘いのか分かりませんが、

なんてムカツク業界なんだと、
なんて深刻な問題を抱えてる業界なんだと、

そしてPMがどれだけ、難しく、体力的にも精神的にも、
技術的にも難しいか。

補足日時:2009/06/17 01:01
    • good
    • 0

初めに言っておきます。


異常なことは否定はしませんよ^^;

> 経営陣の労務士(弁護士)相談による、労働法の改悪による、みなし残
> 業代や、年俸制の導入のコスト圧縮方法の確立。
違法性があるならそれはどんなにコストを軽減しようと策定したとしても
問題ですよね。
この業界は、基本的に労基法を遵守しているイメージはありませんね。

> 指揮系統の管理は本来、請け負った会社がすべきであり、
> 請け負った会社の責任者が、依頼したプロパーと交渉するべきなんです
> が、何故か指揮系統が直接、依頼した大手SIerが指揮しており、
> 開発ノウハウが皆無なのにも関わらず、設計に口を出して失敗したプロ
> ジェクトを何度か見ています。
これはどういう経緯でそうなったのか知りませんが、そのプロジェクトだけを
見て、全部がそうだと思い込み、異常だと考えるのはおかしいです。
そうじゃなくてきっちり境界線を設けているところも沢山あります。
大手が絡むと力でごり押ししてくるのが異常ですね。

> 業務請負した会社が、別の会社からさらに人を集めている点です。
これは発注元に了解を得ているならば別に良いのではないでしょうか?
絶対数的に作業に取り掛かれる人間がいなければ、この形式に
頼ることになると思いますけど。
派遣に頼っても、それは『別の会社』ですよね。
それはこの業界だけでなく、電気工事士とかもそうですよ。
まあ、個人的にも会社がそういう系統で、集められている部類に入るので、嫌いです。
所属していない会社に何ヶ月も何年も勤めることになりますからね。
自分の所属している会社でない名刺を渡し、あたかもその会社の社員の
ように振舞う、私が望んだ形式ではないので嫌いとしか言えません。
が、隠蔽体質のないところがやる分には悪質だとは思いません。

> 請負企業のリスクは人余り状態がコストリスクとなるはずですが、それ
> を3次以下を切る事によってリスクヘッジを行っている。
企業の存続としては最もな手段だと思いますが。
3次請けとかの会社からしたらそんな業態だとしても仕事にありつけているので
幸せなのかもしれませんが(切るって話になれば極力食らい下がるでしょうけど)、
発注元にも利益を追求することが目的である以上、その選択が異常だとは思えません。
業界の倫理やら情やらだけで企業が成り立つなら苦労してません。
というか、それならそもそも2次3次と、余分な人員導入を行いすぎてるのが
問題でしょう。

> 3次以下の人間は、必然的に多重派遣と同じ状態になります。
ごもっともです。
が、それは発注元などに常駐すること前提のお話ですね。
A社 ---Zシステム発注---> B社 ---WXY機能発注---> C社
といった時、C社は請け負った機能のみC社内で作業することとして
考えれば、派遣ですらなくなります。
情報漏えいとかの関係でこういうのも昔より少なくなった気はしますけど・・・。

> オマケに電話オペレータ時代に使用していたPCより、スペックの低いPC
> が開発用PCとして支給される例もあり、異常としか言いようが無く。
オペレータ時代に出向されていた会社と、今所属されている会社の資産が
全く同じとは言えないので当然だと思いますが。
単純に捻出可能なお金がないのかもしれません。
問題提起して稟議書を回せば手配してくれるかもしれません。

> 誰でも出来る電話営業業務より、サービス残業の横行と、
> またオフショアが進んでいるとはいえ、国内競争が主流にも関わらず、
> 短期納期とコスト圧縮により、特殊技能が必要とされるはずの、エンジ
> ニアの実質の時間自給が、契約社員のより下回っています。
消費者全体の、何でも安けりゃいい、でも品質は最高のものをよこせという
体質が変わらないか、消費者の話なんかクレームとしてテキトーに処理してしまう
大手じゃないとこれはなくなりませんね。
残業しない程度のシステム開発になるように交渉ですね。

個人的には、法律・ライセンスとかなんていちいちかまってられるか、
こういう業界なんだから仕方ないという体質が定着してるように感じます。

辞めるというより、そういう不満があるなら、バカじゃねーのおかしいんじゃねーのかと
その体質を一緒にぶっ壊しませんか?w

新3Kの きつい かえれない は、常にそうではないので、場合によっては
そんなことはありません。
製造業みたいにもっとガッチガチなやり方が定着すれば今より良くなると思ってます。
昔は製造業だってボロボロだったんだから・・・。
給料安い は否定しません!w
ソフトって、何でも便利になりすぎて、世間の感覚が麻痺してるんですよ。
大工とかも、ここまで職に対する価値は下がってませんからね。

こんだけ長々と文章を書いていて、解釈とか間違ってるかもしれませんが、
まあ、個人的に思ったってことで。

この回答への補足

<辞めるというより、そういう不満があるなら、バカじゃねーのおかしいんじゃねーのかと、その体質を一緒にぶっ壊しませんか?w

小規模開発なら分かりませんが、大規模案件は・・・。

補足日時:2009/05/30 18:51
    • good
    • 0

どこが異常・悪質業者だと感じているのでしょうか?


質問を見る限りだと4つあるんですが、その4つ全てですか?

この回答への補足

4つ全て含めて異常だと思いますし、
大手SIerも含めて、このソフトウェア産業群に将来性を感じません。
公共事業でけして潰れないでしょうけど。

情報に付加価値をつけて販売するという、
資源の必要ない業種で日本には、
向いている産業だっただけに残念です。

業務請負した会社が、別の会社からさらに人を集めている点です。
これは悪質業者どころではなく、悪質業界だと思います。

ここで人材の調整弁をしているようですが、
>請負企業のリスクは人余り状態がコストリスクとなるはずですが、それを3次以下を切る事によってリスクヘッジを行っている。

3次以下の人間は、必然的に多重派遣と同じ状態になります。

こんな事してリクスヘッジしてやっている、
上場しているアウトソーシング業の会社は無いのではないかと思います。
グッ○ウィルなんかは分かりませんが。

補足日時:2009/05/22 23:48
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「アウトソーシング」の意味を教えてください。

「アウトソーシング」の意味を教えてください。
海外で生産をするなど、外部委託ということはなんとなく知っています。
ある企業様宛てで広告依頼をしたいのですが、問い合わせ項目に「アウトソーシングについてですか?」とありました。
これはウチの広告媒体を利用することなので「アウトソーシング」に含まれるのでしょうか?

Aベストアンサー

その企業が行う業務の一部を外部に委託することを「アウトソーシング」と呼びます。
基本的には「下請け」と同じ内容になります。

ただし、「下請け」の場合は、その業務を委託できる企業が複数あり、どの企業も技術的には大同小異であってどこでもいいような場合を「下請け」と呼び、その業務を安心して委託することのできるだけの特殊な技術を持った企業が1社しかなく、その企業の独自技術を使いたいために委託する場合を「アウトソーシング」と呼ぶことが多いようです。


たとえば、金属板を仕入れて、適切に切断し、必要な部分に穴をあけ、防錆塗料を塗り、折り曲げて筐体を作って販売する、という企業があったとします。防錆塗料を塗るのに自前でやると工場が汚れるし、臭いし、面倒なので、近在の塗装工場に依頼した場合は下請けになります。しかし、近隣に特殊で高度な防錆塗装をする工場があり、その工場の特殊な防錆加工を行っている金属筐体であることを強みとして売りたい、というような場合には「アウトソーシング」と呼びます。


>ある企業様宛てで広告依頼をしたいのですが、

これは、その企業の広告を質問者さんの会社が受注したくて、「うちに広告をやらせてください」という依頼をしたいのでしょうか?

それともその企業が広告業であって、質問者さんが「御社でうちの会社を広告してください」という依頼(発注)をしたいのでしょうか?

もし前者(広告を受注したい)であって、相手企業の問い合わせフォーマットに「アウトソーシングについてですか?」とあったのでしたら、それはその企業がアウトソーシングを提供する企業(特殊な防錆加工とか・・・)であって、その質問の意味は「当社にアウトソーシングを依頼するための問い合わせですか?」という意味です。

もし後者(「うちを広告してください」と発注したい)であるのなら、その企業は単に広告を受注するのではなく、マーケティングミックスの4P(Price, Product, Plase, Promotion )という観点から、プロモーション戦略全般場合によってはマーケティング戦略全般を行うコンサル会社であって、単なる広告ではなく「戦略立案、実行、検証統制をアウトソーシングします」という意味になると思います。
ですから、「わが社にプロモーション戦略やマーケティング戦略全般を依頼したいのですか?」という意味になりそうです。

その企業が行う業務の一部を外部に委託することを「アウトソーシング」と呼びます。
基本的には「下請け」と同じ内容になります。

ただし、「下請け」の場合は、その業務を委託できる企業が複数あり、どの企業も技術的には大同小異であってどこでもいいような場合を「下請け」と呼び、その業務を安心して委託することのできるだけの特殊な技術を持った企業が1社しかなく、その企業の独自技術を使いたいために委託する場合を「アウトソーシング」と呼ぶことが多いようです。


たとえば、金属板を仕入れて、適切...続きを読む

Q低コストで店舗にBGMを流したい

こんにちは。
店舗にてインターネット回線を利用してBGMを流しているのですが、現状のサービスでは
クライアントから改善要請が来ておりまして、皆様のお知恵を拝借致したく、投稿しました。
要件は以下です。
- 演奏のスケジュール制御をさせたい(いわゆるタイマー機能)
- 初期費用・月額費用を極力抑えたい
- 物理的な配管工事は極力少なくしたい
- インターネット回線は使用可能なので、これをうまく利用したい

普通に考えると、タイマー機能を標準装備している有線放送端末の出番なのですが、上記の
コスト面・配管工事の部分でNGとなりました。
そこで苦肉の策として採用したのが、インターネット回線+PC+ヤマハの「NonStopMusic」
というコンテンツでして、一応、現在稼動しております。
※NonSopMusic⇒ http://midradio.music-eclub.com/nonstop/

具体的には、以下の手法をとりました。
1. 任意のWindowsPCに上記サイトの専用プレイヤーをインストール
2. 演奏したいジャンルのURLを調べておく
3. タスクスケジューラで2.の演奏開始/停止を時間制御
大まかにはこのような手順ですが、実際には2~3の部分でコマンドラインやバッチファイル
処理を駆使し、何とか実現しました(涙)
しかしクライアントから、ジャンルや曲目数が少ない事(=ループ長が短い)に対して改善
要請が来ており、多少コストがかかっても良いのでもう少し良いサービスが無いか?と再検討
を余儀なくされました。(ほんとに我侭なクライアントです...)

再度調査した結果、「IP-BGM」なるサービスを見つけました。
※IP-BGM⇒ http://www.subarunet.ne.jp/
PC等は必要なく、インターネット回線+専用端末での運用で、サーバ側での完全制御になります
が、演奏内容を自由にカスタマイズ出来、タイムスケジュールも可能だとの事でした。
ただ1点残念なのが、初期費用+月額費用で換算すると結局、有線放送サービスと同等のコスト
がかかってしまうようです。(それでも専用の配管工事が不要なので、多少優位ではありますが)

前置きが長くて申し訳ありません。ここからが質問です。
前述のヤマハのサービスのような感じか、あるいはそれに似た方法でも、ジャンル数(主にクラ
シック)やループ長の長さなどで、お勧めのサービスやソフトウェア等、良いアイデアや有益な
情報をお持ちの方はいらっしゃらないでしょうか?

最後に、とても長くなってしまいましたが、最後までお読み頂いた事に感謝します。
ありがとうございました。

こんにちは。
店舗にてインターネット回線を利用してBGMを流しているのですが、現状のサービスでは
クライアントから改善要請が来ておりまして、皆様のお知恵を拝借致したく、投稿しました。
要件は以下です。
- 演奏のスケジュール制御をさせたい(いわゆるタイマー機能)
- 初期費用・月額費用を極力抑えたい
- 物理的な配管工事は極力少なくしたい
- インターネット回線は使用可能なので、これをうまく利用したい

普通に考えると、タイマー機能を標準装備している有線放送端末の出番なのですが、上記...続きを読む

Aベストアンサー

>そのサイトのURLなど、教えてもらえますか?
>上記条件にどこまで該当するか、調べてみたいので。

国外ですので余り参考にならないかも知れませんが。
クラシックのチャンネルは前衛音楽多めなのでBGMに適さない可能性があります。

参考URL:http://www.radioio.com/

Qアウトソーシングで自動車メーカーの開発業務は?

転職を考えています。
最近企業展、転職フェアなどでアウトソーシングの会社がとても多いのが気になりました。(つい最近までアウトソーシングの意味を知らなかったので興味を持ちました。)
私の住んでいる周りには自動車関連のメーカーの工場はたくさんあります。またアウトソーシングの各会社は「このあたりは自動車関連企業が多く仕事が無くなることはまずない。安心して働けます。」と言われました。
試しにあるアウトソーシングの企業に自分のスキルシートを見せたところ、すぐに4社ほど(すべて自動車メーカー系の大企業)から面接の依頼がありました。仕事の内容も開発、試作、実験など興味がもてるものばかりでした。
しかし、こちらのQ&Aを見ていたらアウトソーシングの会社は歳をとってくると仕事をまわしてくれなくなる、定年までは雇ってくれない、収入もいまひとつ、などとも聞きます。
アウトソーシングはやはりやめたほうが良いでしょうか?アウトソーシングでも(当方家族持ちですが)やっていけるでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんは、お答えいたします。
相談者様は非常に危険な考えをされています。

まず「アウトソース」とは、制作主が自社の仕事を外部へ委託し
円滑な生産を行う事をさします。
例) 日産が、車の部品製造だけをある会社「A社」に委託する状態。

で、相談者様の勤め先は上の例で言う
「A社」なわけです。在籍もA社。給料もA社から支払い。
日産の仕事を、日産の工場でやろうが、A社の人間です。

たとえ日産の社員と同じ事をしていてもA社の待遇であり
日産の待遇ではありません。
相談者様は「大企業の仕事を請け負っている会社の社員」です。
ですから、そのAという会社が日産に切られたら終わりです。
たとえ切られなくても、相談者様が働いているところを
日産が「今後ウチでやるからいいや」と言われれば終わりです。

それでも働きたいのであれば止めませんが、
大企業の名前に惑わされないようご注意下さい。

※ちなみに大きな企業ほど、アウトソーシングを行い
 自社のコストダウンをはかっています。

ご参考になりましたでしょうか。

こんばんは、お答えいたします。
相談者様は非常に危険な考えをされています。

まず「アウトソース」とは、制作主が自社の仕事を外部へ委託し
円滑な生産を行う事をさします。
例) 日産が、車の部品製造だけをある会社「A社」に委託する状態。

で、相談者様の勤め先は上の例で言う
「A社」なわけです。在籍もA社。給料もA社から支払い。
日産の仕事を、日産の工場でやろうが、A社の人間です。

たとえ日産の社員と同じ事をしていてもA社の待遇であり
日産の待遇ではありません。
相談者様は...続きを読む

Q一部のグローバル企業が、運用コストの観点からデータセンターを海外に移転

一部のグローバル企業が、運用コストの観点からデータセンターを海外に移転する動きが出てきています。
こんな記事があったのですが、日本のサーバエンジニアはこれから削減されるのでしょうか?

リクルートエージェントが情報源です。
http://www.r-agent.co.jp/guide/market/topics/detail/201001_5.html

データセンターが海外に行けば、日本のサーバエンジニアの需要は大きく減るのではないでしょうか?
技術よりリーダー経験と英語スキルを磨いたほうがこれからのサーバエンジニアはいいのですかね?海外出張して、インド人を統括する?
それともネットワークのほうがいいのでしょうか?ネットワークは100%日本に残るので。

サーバエンジニアに転職したいのならこの2、3年以降はきびしくなるのですかね?

Aベストアンサー

クラウド化の流れは間違いないでしょうが、これらが払拭されない限り今後もサーバーエンジニアの仕事は当面なくなりそうにありません。
20年後はわかりませんが。

・言語の壁
・暗黙的な要求水準の壁
 日本:SLA はあるが、原則止められない
 海外:SLA を達しているなら、多少止まっても問題なし
・情報のリスク
 情報漏洩の懸念
 データが復旧できなかったときの懸念
・バグ対応の壁
 海外:瑕疵期間中でも重大な問題ではないので次のバージョンで解決します。買ってください。+対応が超遅い。時差の問題もあり。
 日本:瑕疵期間中は改善する方向で検討+日本語で電話対応可能。

実際に海外のベンダーと交渉したらすぐわかります。マイクロソフトは特別すごいということが。

Qアウトソーシングについて

現在就職活動中の大学生です。
IT業界で開発の仕事内容はある程度分かるのですがアウトソーシングの仕事内容がいまいちつかめません。
どんな事でもいいのでアウトソーシングの仕事内容が分かる方よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アウトシーシングというのはANo.1の方が書かれているとおり、外部に業務を委託することです。

IT関連で言えば、
 (1)利用部門サポート業務
 (2)システム企画業務
 (3)システム開発業務(設計、開発)
 (4)システムメンテナンス業務(改修)
 (5)システム運用業務(ハードを外部に置くことも含む)
 (6)ハード保守業務
などを外部委託することとなります。

もっと広義に捉えれば、
 (1)企業組織そのものの外部委託(人事部業務を外部に委託など)
などもあります。

通常は自社の強みになる部分は内部に残し、ルーチン化された業務(強みにはならない、誰でも出来る・・・)などをコスト面で評価して外部に切り出すことが多いようです。

QRAID1からRAID5に変更するリスクを教えてください。

RAID1からRAID5に変更するリスクを教えてください。

現在RAID1で2本のハードディスクを使ってますが、容量が不足し始めたので増設したいと思います。
現在のディスクと同じ物を1本追加してRAID5にするか、新しく大容量のディスク2本購入して入れ替えてRAID1で運用するか検討しています。

入れ替え時にはイメージバックアップソフトで行う予定ですが、これらの作業とそれ以降の運用で何か相違があれば、RAIDを変えるリスクも含めて教えてください。

※RAID5に変更しない理由があれば、大容量2本にしたいんですが、なかなか説明できる理由が見当たりません・・・

Aベストアンサー

良悪比較すると、こんな感じです。
【RAID5の利点(RAID1と比較して)】
 ・容量単価が安い。
 ・読込性能が良くなる。

【RAID5の欠点(RAID1と比較して)】
 ・書込性能が悪くなることが多い。
 ・故障時のリビルド時間が長時間になる。
 ・リビルド時の性能劣化が大きい。


まあ、ここまではよくある話ですが、
これを、運用環境に与える影響を相違点で考え、
リスクの洗い出しをすると…

【RAID1とRAID5の違い】
 ・性能特性が違う。
  ⇒性能を発揮できる得意分野が違うので、RAID5に変更すると、
   現在利用しているアプリケーションに
   性能問題が発生するリスクがある。
   逆に、性能改善する可能性もあるけど、
   どちらに転ぶのか、予測するのは困難。

 ・RTO(目標復旧時間)が増加する。
  ⇒RTO増加は単純にリスク増と捉えられます。
   RAID5に変更すると、ディスク障害発生時に、
   リビルド時間が長時間化するため。

>※RAID5に変更しない理由があれば、大容量2本にしたいんですが、
>なかなか説明できる理由が見当たりません・・・
上記のように、相違点から発生するリスクを説明できれば、
納得を得るのも簡単かと。

良悪比較すると、こんな感じです。
【RAID5の利点(RAID1と比較して)】
 ・容量単価が安い。
 ・読込性能が良くなる。

【RAID5の欠点(RAID1と比較して)】
 ・書込性能が悪くなることが多い。
 ・故障時のリビルド時間が長時間になる。
 ・リビルド時の性能劣化が大きい。


まあ、ここまではよくある話ですが、
これを、運用環境に与える影響を相違点で考え、
リスクの洗い出しをすると…

【RAID1とRAID5の違い】
 ・性能特性が違う。
  ⇒性能を発揮できる得意分野が違うので、RAID5に変更すると、
 ...続きを読む

Q派遣会社とアウトソーシング会社の違い

 派遣会社とアウトソーシング会社の大きな違いってどこですか?

ネットで、アウトソーシングのことを調べると「外注」とか書かれています。それだけでは・・・。
アウトソーシング会社の雇用欄を見ると、「正社員」とか書いてありますが・・・。
仕事は、派遣先と書かれています。
これは、派遣会社と同じではないでしょうか?

すみませんが、教えてください。

Aベストアンサー

「アウトソーシング」というのは、要するに「請負」のことです。したがって、「偽装請負」と同じ観点でみます。形式的にみてもわかりません。
請負会社の社員が仕事の都合上で他社に赴いて仕事をすることはよくあることですが、この場合、その社員が請負会社(自分の所属する会社)の者としてその赴いた先の会社から独立した立場をもっているかどうか、他社の者として扱われているかどうかが問題です。社員からはわからないものですが、請負契約の内容がしっかりとしたものであり、なおかつ実態と合致したものであるかどうかも重要です。会社間の多少の力関係を考慮しても、赴いた先の会社が、請負会社をさしおいて直接細かな指示を出してくるのであれば、「派遣」とみなし、職業安定法違反ということになります。

簡単にいうと、アウトソーシング会社がトンネル会社でないかどうかです。トンネルの場合、労務管理に関する法的責任などが社会的にあいまいだということです。

Q開発期間の問題です

A社では社員のスキル管理をしており、過去の実績から各社員の生産性が下記のようになっている。今回の開発ではP,Q,Rの3人を開発要員として予定している。開発期間は何ヶ月になるか。
社員  生産性(FP/人月)
P     15
Q     13
R      7

答えは36ヶ月なのですが、途中式と解説をお願いします

Aベストアンサー

設問が正しくないのではないか?
全体規模540FP / 36ヶ月 = 15FP/人月
つまり、計算では36ヶ月あればP1人で完成してしまう。

3人を開発要員として投入した場合の開発期間は以下の式で求めます。
全体規模540FP / (15FP/人月 + 13FP/人月 +7FP/人月) = 15.5ヶ月

Qアウトソーシングって何???

リクナビを見ていると、いい待遇だし研修もあって気に入っても
正社員募集でもアウトソーシングと書いてある求人をよく見かけます。
そもそもアウトソーシングって何ですか?
要は派遣社員のことだと思うのですが正社員であっても何か不安定そうで・・・。
ちゃんとひとつの会社で長く働きたいのです。
あと、アウトソーシングの利点や悪い点を教えていただきたいです。

Aベストアンサー

アウトソーシング

現実的なわかりやすい言葉で書きます。
人身売買です。
株式会社 ヒューマンレンタルという会社があるとします。
正社員にあこがれている派遣者、ニート、フリーターがたくさんいます。
だから「正社員」として採用します。

さして客先に派遣します。ここでは派遣と言わず「請負」と言い張ります。
この違いは指揮権が客先にあるか?自社にあるかなんですが事実上客先にあり
派遣と同じです。

1つのプロジェクトが終わると次が決まります。
これにより勤務先などがかわり、通勤時間や人間関係も変わります。
決まらない場合しばらく自社待機になりますが3ヶ月~半年程度でしょう。
それでも決まらない場合(あなたの能力が足りないor会社の営業力不足)は
嫌がらせをされ(変な仕事を回されるなど)自己都合退職に追いやります。

またこのような会社は会社が履歴書を詐称することが多々あります。
あなたが未経験で入社したにもかかわらず、経験3年とかで客先に
放り込みます。これにより周りの人に迷惑がかかります。
できる人が数人いるためその人たちに負担がかかるのです。

耐えても30歳ぐらいで首を切られます。
理由は単価が安いからです。

「長く働きたい」という希望は叶いませんのでほかを探してください。

アウトソーシング

現実的なわかりやすい言葉で書きます。
人身売買です。
株式会社 ヒューマンレンタルという会社があるとします。
正社員にあこがれている派遣者、ニート、フリーターがたくさんいます。
だから「正社員」として採用します。

さして客先に派遣します。ここでは派遣と言わず「請負」と言い張ります。
この違いは指揮権が客先にあるか?自社にあるかなんですが事実上客先にあり
派遣と同じです。

1つのプロジェクトが終わると次が決まります。
これにより勤務先などがかわり、通...続きを読む

Q毎秒1ギガビット超の無線LAN NTT開発

毎秒1ギガビット超の無線LAN NTT開発

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100507-00000568-san-bus_all

こういったニュースが流れたのですが、わかりやすくいうと何がすごいのでしょうか。
またこの開発によりどのような利点があるのでしょうか。

パソコン初心者でもわかりやすくお願いできないでしょうか。

Aベストアンサー

正確さを欠く記述が見られる記事ですね。
現状の無線LAN規格における理論速度の最大は100Mbpsではなく300Mbpsですし、最大約1.6Gbpsを1Gbpsにしてしまうなど数字に対してあまりにも無頓着です。

が、それはさておいて話を進めると、現状家庭に普及している有線LANやインターネット通信での理論最大速度が1Gbps(1000Mbps)で、上で書いた通り現状の無線LANの最大速度は300Mbpsです。
これまで基本的に有線LANに比べて無線LANは遅いというのが常識でしたが、NTTが開発した技術はそれをひっくり返すものです。
これによりLANの速度が高速になるのはもとより、インターネット回線を1Gbpsで契約している場合には無線LANでもその速度を十全に生かすことができるようになります。
要は「無線LANでもインターネットが高速になる(かもしれない)」ということです。

#家庭用とは言いがたい10GbEは考慮せず説明しています


人気Q&Aランキング

おすすめ情報