最新閲覧日:

質問させていただきます。

この度、YouTubeなどの動画配信サイトに自分のギター演奏をアップしたいと考えているのですが、やり方が全くわかりません。

僕が投稿したいのは下記URL動画のような、演奏画像と音声を合成したものです。


一応DAWソフト(Cubase 5)、インターフェイスは持っており、パソコンのスペックもDAWソフトの動作環境に合わせて余裕を持って組み立ててもらったので、問題は無いと思います。

必要な物はある程度調べてみたのですが、どのような方法、手順でやったら上記URL動画のような仕上がりになるのか検討が付きません。
このような動画投稿の経験がある方、もしくはその知識を持っていらっしゃる方がいらっしゃいましたら、ご教授願いたいです。



ご回答の際に必要な情報が御座いましたらご指摘ください。
僕の知識の及ぶ範囲で答えさせていただきます。


よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

No.1です。


参考になるか、あるいは既にもうご存じかもですが、こういう資料も…
http://ameblo.jp/kurofuneinfo/entry-10293275662. …

私は基本は門外漢なので、ちょっと間違っているかもしれませんが、少なくとも質問文で例示されている「リアル同期演奏」の動画を作るなら、
・撮影機材が良質な録音にも対応しているなら、画像と音声を同時取りしてしまう方が、下手な編集時をして同期ズレ等が発生する心配もなく、手っ取り早い。
→テクニックとしては画像だけ、音声だけの録り直し~編集は有り得るが、そういう面の専門知識を持っている奴が居ないと非常に難しい。
→ゆえに、録り直しも含めて、撮影機材だけで完結する方が遙かに楽
→撮影機材に直接カラオケと演奏音を送り込むなら、ミキサーは必須

と、思います。
自分の関わった例でもそうですが、画像と音声の編集を劣化無く行おうと思ったら、そっち方面のテクニックが結構必要で、これは音声編集とちょっと趣が違うので、「自分の技術養成」が主目的ならそれも有りですが、「投稿優先」なら初心者には効率が悪すぎますので。

撮影機材が直接録音に対応していないなら、これは冒頭に紹介した方法等で、PC上で編集する事になりますが、この方法の場合は言うまでもなく、録音はオーディオインターフェース経由でPC側で行って、後から別途撮影した音声無しの動画データと結合するしかないわけですね。

まぁ、あまり参考になるアドバイスじゃないですが(^^ゞ
「Youtube 動画 作り方」なんていう検索ワードでも、いろいろ情報は取れますけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

やはり動画と音声を別々に編集するにはそれなりの技術が必要なのですね・・・。


URL掲載ありがとう御座います。
参考にさせていただきます。

お礼日時:2009/07/20 16:09

私自身は、そういう投稿には興味ないのでアップ経験は無いですが、知り合いがこういうのを作りたいというので手伝った事はあります。



パソコンを駆使する方法もありますが、手っ取り早いのはデジタルビデオカメラ(私がやった当時)か、今なら外部音声入力付で動画が撮れるデジタルカメラも有る事はあると思うので、そういうもので映像を録りつつ、カメラの外部音声入力端子にミキサーでオケと楽器音をミックスした音を入れてしまうパターンかなと思います。

質問文には映像撮影用の機材が述べられてませんが、どっちにしても撮影機材は必要なわけで、その撮影機材を外部音声入力付で、なおかつ撮影画像ファイルをパソコンにすぐ取り込めるメディア形式のものとすれば、後は三脚だとかミキサーだとか…で、済む事は済むと思うのですが、どうでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます

僕は外の機材はなるべく安く済ませて、PC内でできるだけ作業、編集をしたいと思っています。
でもやはりCD音源と演奏を同時に録音しようと思ったら外部ミキサーは必要なのでしょうか・・・。

お礼日時:2009/07/17 00:11

このQ&Aに関連する人気のQ&A

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q16bitのドラムマシンを24bit/192kHz入出力の基本性能を持つDAWインターフェイスに入力

16bitのドラムマシンを24bit/192kHz入出力の基本性能を持つDAWインターフェイスに入力すると、入力された音は、DAWのソフトから24bit/192kHzで出力されますでしょうか?つまりは、16bitのドラムマシンの音質は、DAWによって向上するのでしょうか?

Aベストアンサー

>16bitのドラムマシンの音質は、DAWによって向上するのでしょうか?

品質という意味では、変わらないと思います。
CDクオリティを幾ら分解能(解像度)の高いもので録音しても元ネタを超える事は無いです。
しかしながら、アナログを高いクオリティで鳴らせられる機材が有れば向上する可能性は有ります。
クオリティの高いヘッドアンプなどで、CD規格(16bit/44Khz)の音をアナログに戻し、そこから分解能の高いオーディオインターフェイスに取り込めば「24bit/192Khz」になりますから向上する可能性は有ります。
ですが、データの無い所にデータを足す事は出来ないので、余り意味ないかも知れませんね。
S/PDIFデジタル接続は変換機能を持たない(中には有るかも知れません)為、16bit入力なら16bitで録音する必要が有り音質は変わりません。

Qギターの弾き方で 一回のピッキングで何回も音を出す 演奏方法ってなんていう演奏方法ですか?

ギターの弾き方で
一回のピッキングで何回も音を出す
演奏方法ってなんていう演奏方法ですか?

Aベストアンサー

ハンマリング、プリング、レガートが筆頭ですかね・・
最初の1音のみをピッキングして後は左指の運指だけで音を鳴らす。。。といった使い方が多いです
また最初の1音もピッキングの必要がない場合もあります。アクセントとして使うことは多いですが

または1回のピッキングというと違いますがスウィープ・ピッキング、エコノミーなどかも?
スウィープは左指の運指の流れと同時にアップorダウンピッキングし弦を移動しながら複数の音を出します
スウィープアルペジオとも呼ばれ流れるような綺麗な音色が出るのが特徴です
多くの音を出すテクニックの一つですがフルピッキングとは全然違ったニュアンスの音になります

Q僕の中学のクラリネット吹きです。僕の所属する吹奏楽部はとても下手くそです。どうやったらうまい吹奏楽部

僕の中学のクラリネット吹きです。僕の所属する吹奏楽部はとても下手くそです。どうやったらうまい吹奏楽部になるのでしょうか。
ちなみに僕の所属する吹奏楽部は人数が多いです。

Aベストアンサー

まずは個人個人のレベルアップが必要かと。
各個人がきちんと音を出す、音を作ることから始めるべきかと。
それできちんと音が出せるようになって譜読みをして、初めて合奏ということができるかと。
きちんとパートごとに音を合わせて、パートがあったら木管セクションで合わせて、それであったらみんなで合わせていく。この繰り返ししかないかと。

地道に練習、練習の毎日だと思いますね。

人数が多いのであれば、なおさら音を聞いて合わせていくことが重要かと。

頑張ってください。 \(^o^)/

Qこのぴあの屋ドットコムの動画で弾いている曲わかる方いらっしゃいましたら教えて下さいm(__)m ht

このぴあの屋ドットコムの動画で弾いている曲わかる方いらっしゃいましたら教えて下さいm(__)m
https://youtu.be/8jGoWM2L2Yk

Aベストアンサー

アンドレ・ギャニオン「めぐり逢い」
André Gagnon - Comme au premier jour

QMTRとDAWの連動について

ちょっとわからない事が多いので質問させてください。

いま、MTR(ZOOM R16)を使って、生演奏への打ち込みトラックを作成による同期演奏をしようとしています。
最初にMTR側でメトロノームに同期させて生演奏を打ち込み、DAWに転送して、DAW側で打ち込みトラックを作成してMTRに戻し、演奏時は最初に撮った生演奏トラックを消音して、MTRのメトロノームに合わせ生演奏しつつ、打ち込みトラックを再生する予定です。

ZOOMのRシリーズはPCとの転送にUSBを使い、WAVEフォーマットの44.1KHz/16bit/Stereoのデータで送受信を行うところまでは確認しています。
その点なのですが、

・このWAVEデータは、ZOOMの保存しているデータ形式そのものなのでしょうか? それとも都度、インポート・エクスポート時に’作成しているものでしょうか?

・MTR側でメトロノームに合わせて録音したデータをPCのDAW(Cubase)に入れた場合、BPMさえ合わせればピッタリタイミングは合いますか? またその逆は大丈夫でしょうか?

上記教えを請いたいです。
また理解するうえでのポイントとかありましたら、何でもアドバイスいただければ有り難いです。

よろしくお願いします。

ちょっとわからない事が多いので質問させてください。

いま、MTR(ZOOM R16)を使って、生演奏への打ち込みトラックを作成による同期演奏をしようとしています。
最初にMTR側でメトロノームに同期させて生演奏を打ち込み、DAWに転送して、DAW側で打ち込みトラックを作成してMTRに戻し、演奏時は最初に撮った生演奏トラックを消音して、MTRのメトロノームに合わせ生演奏しつつ、打ち込みトラックを再生する予定です。

ZOOMのRシリーズはPCとの転送にUSBを使い、WAVEフォーマットの44.1KHz/16bit/Stereoのデータで送...続きを読む

Aベストアンサー

R16ユーザーじゃないんで思いっ切り一般論ですが…

R16をPCに接続せずに録音したものを保存したファイルがwav形式だったら、PCとのやり取りのためにデータをわざわざ作ることはしていないことになるでしょう・・・って、何だか知りたいのはそういう問題じゃない気もしますが、データ変換による劣化を心配しているとかの話でしょうか?

BPMの問題は結構微妙です。ハード機器との比較は未体験ですが、wavやmp3を色々なソフトで再生すると、一曲丸ごと3分以上とか再生の場合は数秒のズレが生ずることがあります。同じデータなのに。

DAW(SONAR)でも一度、ボカロでフルコーラス丸ごとwavに落としてDAWに取り込んだら、終わりの方で「あれ?何だかずれてね?」ということもあったような記憶が。なので一度演奏ではなくメトロノームの音を録音して、それをCubaseに取り込んでみて比較検証しておくのが安心でしょう。もしずれていても、ズレ程度の癖が解れば、あらかじめテンポをいじって微調整が可能なはずですから。あるいは数フレーズで区切って録音するとか。

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報