ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!

ギター初心者です

ふと思ったのですが
4分の4拍子と8分の8拍子の違いはなんですか?
数学的な分数ではどちらも同じ大きさですが音楽的な感覚が全くないのでよくわかりません

リズムの取り方などに違いがあるのですか?

上級者向けの回答でもかまわないのでよろしくお願いします

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (6件)

マトモな意見は他の方々が書いていると思うので、別の視点で書きます.



曲の途中で拍子がコロコロ変わる場合、8/8と書いたほうが見やすいことがあります.
例えば、6/8拍子の曲で、途中で4/4拍子に変わり、さらに6/8拍子に戻るとします.
この時、楽譜に「6/8 → 4/4 → 6/8」と書かれるよりも
「6/8 → 8/8 → 6/8」と書いてあったほうが見やすいんです.
    • good
    • 6

音価(音の長さ)で言えば同じなんですけど、4分音符を1拍として数えるか、8分音符を1拍として数えるかの違いですね。



しかし、8分の8拍子というのはあまりみませんね。
8分音符を1拍として数える拍子には、8分の3、8分の6、8分の9、8分の12 等、3拍子系のリズムが混じった拍子がほとんどです。
それ以外では、クラシックの難解な現代音楽にあるように、一つの楽曲の中で、拍子が頻繁に変わる場合、例えば第1小節が8分の3、第2小節は8分の5、第3小節は8分の2、というようにどんどん変わっていくような曲の中で、一時的に8分の8が使われることはあると思います。

何故8分の8が使われないかというと、4分の4で事足りてしまうからです。先の回答者様方も回答されている通り、8分音符が1拍になるような曲(エイトビート)でも4分の4で表記するのが普通と思います。8分の8を指定した曲を作ると、逆に「何故」というところを問われてしまいますので、余程、この曲は8分の8を指定した方が合理的だという事が、楽譜を見て伝わるようでなくてはなりません。

その結果が、前述の2つの例(3拍子系・拍子がころころ変わる系)に集約されて現在に至るのではないか、と考えます。
    • good
    • 3

#3です。

初歩的な間違いをしました。12/12などという拍子はありません。12/8でした。失礼しました。
    • good
    • 3

拍子を約分してはいけない。

分母が何であれ4拍子なら「イチ、ニイ、サン、シイ」と、8拍子なら「イチ、ニイ、サン、シイ、ゴオ、ロク、シチ、ハチ」と拍子を取る

と言われますが、ことポピュラーミュージックに関してはどうも怪しくなります。
「8ビートはどうなるの?」という疑問にぶち当たります。たしかに通常の8ビートでは「サン」と「シチ」にアクセントが来ます(スネアが入るところも多くはここ)。しかし「ニ、シ、ロク、ハチ」は「ウラ」と言われ、だいたい楽譜は4分の4拍子で書かれます。

教科書的に「4拍子はイチ、ニイ、サ、シイで強、弱、中強、弱」と考えている限りはいいのですが、ビートというものを考えるととたんに分からなくなります。

4ビート 1 2 3 4
8ビート 12 34 56 78
16ビート 1234 5678 9101112 13141516
12ビート 123 456 789 101112(3連符を使用)

これらは今日ほとんど全て4/4で書かれ、8/8、16/16と書かれることはありません(12/12はまれにあり。また大衆音楽に詳しくない学者が記述した事典(古いもの)では“ロックンロールは8/8拍子”のような書き方も見られます)。また行進曲と題したものやジャズやラテン、ダンス音楽の一部のように楽譜の書き方に慣習があるもの以外では2拍子が現れることはなく、加えて、1拍を4分音符とすることが多く(そのため4分音符=1拍のような暗黙の了解がある。12/12が好まれないのはそのせいか)、現代のポピュラー曲のほとんどは楽譜上4/4、少数の3拍子の曲は3/4と言っても過言ではない状況です。
8ビート以上のものは1拍がさらに細かく分けられ、その一つ一つを感じなければならないものと考えることができます。

なお、8/8が使われるのは、リズム・メロディまた伴奏のパターン(特に打楽器)から素直に4拍子ととれず、3+3+2、3+2+3、2+3+3の定期的な変拍子としてしか感じられない曲の場合で、非常に少ない例しかありません(これとて楽譜は4/4のこともある)。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa5117788.html(動画へのリンクが削除されていますので改めて検索して見てください)
    • good
    • 1

数学の分数とはまったく関係がありません。

偶然同じ書き方であるというだけです。
読み方は、数学では「よんぶんのよん」ですが、音楽では「しぶんのし」です。
「4分の」この4分とは「四分音符(しぶんおんぷ、または、しぶおんぷ)」のことです。「4」は「4個」という意味。
すなわち、「1小節に、四分音符が4ヶある拍子」ということです。
「4分の2拍子」なら、「1小節に、四分音符が2ヶある拍子」ことになります。
「8分の8拍子」は、「1小節に、八分音符が8ヶある拍子」という意味になります。
八分音符と四分音符の違いはお解かりになりますでしょうか?
♪が「八分音符」で、シッポがなくて玉と棒だけのが「四分音符」です。
このリズムの違いですが、ポピュラー音楽の場合、8/8の代表は、いわゆる「古典的なエイトビートロック」です。ビートルズの曲の初期のロックのリズムで、「ツツチャツツツチャツ」と刻みます。「チャ」がアクセントです。1小節に8ヶの刻みが、同じく1小節の物理的な時間の8分割とピッタリ一致します。しかし、実際は8/8という表記はせずに、習慣的に4/4と書くことが多いです。
「4分の4」は、1小節を物理的に4で割った位置に音符がある、ということで、ジャズなどで、「ハネる」リズム、(「スイング」、「シャッフル」、「バウンス」などと呼ばれる)を指すことが多い。「チャンカ・チャンカ・チャンカ・チャンカ」というような感じのリズムで、「チャン」が四回あり、これが、一小節を物理的に時間的4分割した場所とぴったり合致します。しかし、ハネたあとの短い音「カ」は、「エイトビート」にも合致しない短い音になり、結局、1小節内に4つのビートしか感じられないことになります。
日本では、俗にこれを「フォービート」と呼んでいます。
これをハネずに演奏すると、「チャカチャカチャカチャカ」となりますが、これならすべての音が8分割の位置に合致するので、本来の8/8拍子になりますが、この場合でも表記は4/4と書く場合が多いです。確かに、4分割された位置に合致する音は4ツあるとも解釈できるので、間違いとは言えません。
>リズムの取り方などに違いがあるのですか?
リズムの取り方というか、アクセントの位置は、ポップスの場合、どちらの場合も、2拍目と4拍目のアタマにあり、両者共通しています。
(以上の説明は、クラシック音楽の場合は、ぜんぜん違います。)
    • good
    • 3

四分の四拍子というのはひとつの小節に四分音符が四つ入っているということを示しています。


それと同様、八分の八拍子というのはひとつの小節に八分音符が八つ入っているということを示しています。
四分の四拍子と違うところは不等間隔に拍が区切られているというところでしょうか・・・。

ギターがんばってくださいねっ( ´∀`)b
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q4分の4拍子と8分の8拍子はどう違うのでしょうか。

4分の4拍子と8分の8拍子はどう違うのでしょうか。
(そもそも8分の8拍子ってありますかね?)
ノリの感じ方が変わってくるのでしょうか。

Aベストアンサー

8/8は8分音符が8個という意味ですからそう書かなければならないときに使うものです。#1の方が挙げた「3/8+3/8+2/8」のような1小節中に違う拍子が混入する混合拍子を記すときに使います。
たとえばこういう感じのリズム
http://www.youtube.com/watch?v=GKL5whpOm5c
6/8に8分音符を2つ足したような感じです。ちょっと乗りにくいというか足が引っかかったような感じです。

4/4のいわゆるエイトビートでアクセントを「強弱弱強弱弱強弱」と置いたものがあります。こういうのは4/4で書きます。あくまで4拍子なのです。

非常に古い事典に「ロックンロールは8拍子である」と書かれたものを見たことがありますがこれはおそらく8ビートを、あまりよく分かっていない人が解釈したもののようです。

しかしポピュラー音楽の楽譜はいい加減なものもあり、リンク先の曲のようなリズムでも4/4で書いていることもあります。

Q拍子とビートは違うもの??

こんにちは

自分は音楽が大好きなのですが、
何度も疑問に思うことがありますそれは、
ビートとは??
拍子とは??
こんなこと分からなくとも音楽家には成れるといわれましたが、自分はそうは思わなく、どうすれば分かるようになるのか分かりません。
疑問なのは物凄くゆっくりなリズムだと心配になります。
これって4拍子より遅くない??と思うときがほとんどで音楽を楽しめなくなってしまいます。
洋楽のアラジンの音楽ホールニュー何だか、という音楽は何時でも4拍子より遅いのではないか??
と思ってしまいます。
本当に困っていて大変です、自分はこのままでは音楽恐怖症に一歩ずつ近づいてしまいます、
よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

拍子は英語のビートを訳したものだから、この2つは同じものです。

meldy様が言うビートというのはきっと、最近よく言われるBPM(beats per minute)のことでしょうか。つまり、1分間に何拍打つかということです。もちろんBPMが増せば増すほどスピードが上がるので、BPM=曲の速さと言っていいでしょう。

そう考えると、4拍子は楽譜的に1小節に4拍打つという意味でしかありませんから、同じ4拍子でも、先ほどのBPMの違いでいろんな速さがあるということです。

恐怖症にならないでくださいね(^^)

Q4/4拍子と2/2拍子のちがい

4/4拍子と2/2拍子のちがいなんですが、もちろん、4分音符が1小節に・・・・、云々といったことがわからないわけでなく、この二つの使い分けのおいての疑問なんです。

4/4拍子の曲で、テンポが、四分音符=70ぐらいのとき、
割と早めのフレーズうを記譜すると、楽譜が16分音符だらけになって見にくいですよね?そのとき、2/2拍子として、
記譜すると、8分音符主体で記譜できて読みやすいですよね?テンポがかわるわけじゃないのですから、こういう記譜の仕方でも問題ないのでしょうか?
実際問題として4/4拍子と2/2拍子のちがいとは、これだけのことなんでしょうか?
長くてすみません

Aベストアンサー

同じ「1小節に四分音符4つ」でも、
4分の4と2分の2はまるでちがいます。
というか、違う曲に使います。

2分の2はおおよそにおいて4分の4よりも遅いテンポ設定が多かったと思います。

曲想の違いです。
かかわるんです、テンポ。

ちなみに「4分の2」は「4分の4」より早いことが多いです。

・・・というのも、テンポ設定の表示が具体的に表されることになったのはごく最近の話で、
バッハやモーツァルトなんかの時代にはそんなものありません。
「アレグロ」より「プレストが早い」という規定ができたのもベートーヴェンくらいになってからです。
それまでは、曲の種類や拍子などでテンポを決めていました。
だから「楽譜を見て的確な速さがわからん人は一流ではない」という言葉が生まれたんです。
(たしかバッハの言葉ではなかったかな・・・)

・・・でも、なんだか質問文を読んでいると
「4分の2」と「2分の2」はどう違う?という方が合ってそうな気がしますね。
同じ2拍子ですが。違います。
うーん、上記のことに加えて、4分の2は「マーチ(行進曲)」になりますが、2分の2はならないでしょう。
1拍の重さが違うと言いましょうか。
2分の2の方が、一拍がより重かったり、より大きかったりします。

数値的なことよりも「拍感」にて
差が出るのだと思います。

参考までに。

同じ「1小節に四分音符4つ」でも、
4分の4と2分の2はまるでちがいます。
というか、違う曲に使います。

2分の2はおおよそにおいて4分の4よりも遅いテンポ設定が多かったと思います。

曲想の違いです。
かかわるんです、テンポ。

ちなみに「4分の2」は「4分の4」より早いことが多いです。

・・・というのも、テンポ設定の表示が具体的に表されることになったのはごく最近の話で、
バッハやモーツァルトなんかの時代にはそんなものありません。
「アレグロ」より「プレストが早い」...続きを読む

Q8分の7、8分の5,8分の8って何か教えて下さい!あとこれらはメトロノ

8分の7、8分の5,8分の8って何か教えて下さい!あとこれらはメトロノームに合わせる際どうすればいいのですか?

Aベストアンサー

それでは、「8分の6拍子」はわかりますか?
8分音符を1つの単位とすると、1トト2トト、というふうに取りますよね。
それが単に増えただけだと思ってください。
7/8拍子の3+2+2であれば、1トト2ト3ト、というふうに取ります。
要するに、1つの拍の長さが同じでないということです。
添付音声にそのリズムで吹きこんでみましたので、お聴きください。
トライアングルが小節の頭(メトロノームのベルと同じ)、高いブロックが拍の頭です。
5/8も8/8も似たようなもので、
1ト2トト(2+3の5/8拍子)だったり1トト2トト3ト(3+3+2の8/8拍子)だったりするわけです。

Q4分の3拍子 と 8分の3拍子 の違いは?

こんにちは。
クラシックギターのワルツなどで、ただいま8分の3拍子の曲を練習中です。

同じ3拍子で分母が違うことによって曲の速さが2倍になったりするのでしょうか?
例えば8分の3拍子でラルゴと速度記号があったとしたら、4分の3拍子のモデラートぐらいの速さになるとか・・・?

素人丸出しですが、どなたかご教授下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

No.2 です

>変拍子する場合は8分の3と4分の3は速さに違いが出るとは一体どういうことなのでしょうか?

こういうことです

4分の4から4分の3に変わる場合。
拍子は変わりますが、一拍が4分音符であることに変わりなく、1・2・3・4/1・2・3・4が1・2・3/1・2・3と取るようになるだけで「速さ」は変わりません。

4分の4から8分の3に変わる場合。
一拍が4分音符から8分音符になりますので、一拍の「長さ」が半分したがって「速さ」が2倍になります。もちろん拍子が変わるときに「ここからの8分音符は今までの4分音符に等しい(♪=~のような表示)」と書いてあればそれに従います。

Q4分の3拍子と8分の6拍子

4分の3拍子と8分の6拍子は何がちがうのでしょう?教えてください。

Aベストアンサー

拍子の場合、前の部分(4分のとか8分の、他に2分の)は全く無視して考えて下さい。
よって3拍子と6拍子と考えればよいのです。
数学的な感覚で約分しないでください。全く意味の違ったものになってしまいます。
ただし、作曲家によっては例外もあります。音符を書く手間を省く(8分音符などは旗を書くのが面倒ですから)2拍子の3連符をそのまま3拍子にしてしまったり、複合拍子など特殊な場合、音符の数合わせのためにあえて拍子は無視しているものもあるようです。
つまり、どう聴いても2拍子なんだけど楽譜上には3拍子で記載されているなんてこともあるわけですが、これはあくまでも例外で、基本は皆さんのおっしゃる通りです。

Q一小節

ぶっちゃけ一小節ってどのくらいの長さですか?
あと、メトロノームが何回打つくらいなんでしょうか?

Aベストアンサー

曲にもよりますが…
例えば4分の4拍子の曲っていうのは「一小節に『4分』音符が4つ(4拍子)入る」っていう意味です。
つまり、4分音符4つ分の長さが一小節ってことになります。同様に、4分の3拍子の場合、4分音符3つ分の長さが一小節です。
なぜ4分音符が基準かはわかりませんが、多分その方が楽譜にした時に見やすいから…だと思います(^^;)
せっかくなので、メトロノームに例えます。これも4分の4拍子の曲と仮定して話をすすめます。
この場合、4回打ったのが一小節ってことでいいと思います。
例えばBPM=120に設定したとします。
BPM(=Beat Per Minute)とは、一分間に4分音符を何回打つかを表した数値のことです。つまりこの場合、1分間に4分音符を120回うつスピードってことになります。このことから計算すると、
120÷4=30
により、一分間に30小節あることがわかります。で、
60÷30=2
ってことで、2秒で一小節。このような計算で求められます。
つまり、『BPM120で4分の4拍子の曲は、2秒で一小節』ってことになりますね。

同じBPM=120設定でも、4分の3拍子なら結果が違います。
4分音符3つで一小節だから、
120÷3=40
で、一分間に40小節あることがわかり、
60÷40=1.5
ということから、一小節が1.5秒であることがわかります。

ただ、何度も言うように曲のテンポ指定などによるので、特に『一小節が何秒』って考え方はしなくていいと思います。
参考になれば幸いです☆

曲にもよりますが…
例えば4分の4拍子の曲っていうのは「一小節に『4分』音符が4つ(4拍子)入る」っていう意味です。
つまり、4分音符4つ分の長さが一小節ってことになります。同様に、4分の3拍子の場合、4分音符3つ分の長さが一小節です。
なぜ4分音符が基準かはわかりませんが、多分その方が楽譜にした時に見やすいから…だと思います(^^;)
せっかくなので、メトロノームに例えます。これも4分の4拍子の曲と仮定して話をすすめます。
この場合、4回打ったのが一小節ってことでいいと思います...続きを読む

Q「Aメロ」「Bメロ」・・・はどの部分のことか

曲の中でよく「Aメロ」「Bメロ」・・・などと言いますが、
それぞれどの部分をそう呼ぶのですか?

Aベストアンサー

↓下記参考になるでしょうか?

http://guiterboys.livedoor.biz/archives/15839090.html

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=2061771

http://oshiete1.goo.ne.jp/qa1876388.html

Aメロ→歌いだしの部分で、比較的おとなしい部分

Bメロ→やや曲調が変わり徐々に盛り上がっていく部分

サビ→クライマックスに達して最高に盛り上がる、その曲の中での最も重要な部分

(一つ目URLより引用)

が一般的な呼び方(意味)のようです。

Q2/4拍子は何故あるの?

音楽の楽譜についての疑問です。
2/4拍子は何故あるのでしょうか?
素人考えでは、2小節をひとつにまとめてしまえば、4/4拍子になるので必要ないのでは?と思います。
あえて2/4拍子にする理由はあるのでしょうか?

それともうひとつ。
3/4拍子と6/8拍子があるのも分かりません。
こちらはどちらも同じではないのでしょうか。
(数学的には約分してしまえば同じこと)
この2つはどうやって使い分けるのでしょうか?

つまらない質問ですが、気になって仕方がないのです。

Aベストアンサー

拍子記号は、1小節に収まる音符の長さと数を示すものです。そのため、リズムの最小単位を示すものといえます。
拍子記号は、下の数字が基準となる音符の長さ、上の数字が1小節に含まれる基準となる音符の数を示します。これは数学的解釈をしてはいけない表示です。「よんぶんのに」と読まれますが、これは数学的に読むのではなく、「四分(音符が)二(個)」と解釈するとわかりやすいでしょう。

小節はリズムの最小単位となるものです。1小節の中に含まれる音符の基準の長さとその数が決まると、そこに含まれるビートの一つ一つの性格が定まり、リズムの基本的な性格が示されることになります。
ビート(拍)には、大まかに分けるとアップビート(強拍)とダウンビート(弱拍)という性格と機能を持ったビートがあります。これらの性格を帯びたビートがどのように現れるかは、拍子によってある程度定まってきます。そのため、拍子記号が示されるとリズムの基本的な性格も判別できるようになります。

2/4拍子は、4分音符を基準として1小節中に2つのビートが入り、小節の1拍目が強拍、2拍目が弱拍にあたります。いわゆるマーチのリズムです。
対して4/4拍子は、4分音符を基準として1小節中に4つのビートが入り、小節の1拍目が最も強い強拍、2拍目が弱拍、3拍目は1拍目よりもやや弱い強拍、4拍目が弱拍というような性格を帯びます。マーチの小節を2つまとめたのとは、それぞれのビートの性格が違ってきますので、同一視しないのが妥当です。
また、3/4拍子については、4分音符を基準として1小節中に3つのビートが入り、1拍目が強拍、3拍目が弱拍になります。いわゆるワルツのリズムです。
6/8拍子ですが、これについてはワルツのリズムの系統と見るべきではありません。これは一般的には、2/4拍子において1つの拍を3連符で割った性格のリズムで、マーチの系統に近いリズムになります。そのため、8分音符を基準として1小節に6つのビートが入り、そのうちの1拍目が強拍、4拍目が弱拍になります。

これらのように、拍子記号はその曲のリズムの感じ方、小節あたりのリズムパターンの割り方を基準に決められます。中には8分の8拍子や16分の16拍子を便宜的に4/4と表示することもありますが、基本的に拍子記号について数学的判断をしてはいけません。

なお、それぞれのリズムにおけるビートの性格については、指揮棒の基本的な振り方のパターンで想像するとよりよいかも知れません。強拍では大きく振り下ろし、弱拍では大きく振り上げるような動作になるはずです。

参考まで。

拍子記号は、1小節に収まる音符の長さと数を示すものです。そのため、リズムの最小単位を示すものといえます。
拍子記号は、下の数字が基準となる音符の長さ、上の数字が1小節に含まれる基準となる音符の数を示します。これは数学的解釈をしてはいけない表示です。「よんぶんのに」と読まれますが、これは数学的に読むのではなく、「四分(音符が)二(個)」と解釈するとわかりやすいでしょう。

小節はリズムの最小単位となるものです。1小節の中に含まれる音符の基準の長さとその数が決まると、そこに含まれるビ...続きを読む

Q楽譜を見て、拍子を回答する問題

http://www.shinko-music.co.jp/gigs/syousetu.html​
↑や
​http://www.shinko-music.co.jp/gigs/rith-1.html​
を参考にしましたが、いまいち良くわかりません。

特に、4/4などの4分音符が一拍というのが、
四分音符が入っていたり、二分音符が入っていたりするのに
何故四分音符なのかが分りません。

初歩的な質問ですみませんが、採用試験の一般教養の
頻出問題なのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)は4/4拍子で(2)は6/8拍子ですね。
4/4拍子とは4分音符4つ分という意味です。
だからどんな音符が混ざっていても合計で4分音符が4つあればいいわけです。
4分音符=8分音符+8分音符
付点4分音符=4分音符+8分音符
付点2分音符=2分音符+4分音符
という基礎を知っていればあとは数えるだけです。


(2)を同じように数えると4分音符が3つはいるから3/4拍子だと思いますが、これは違います。
歌ってみればすぐにわかるのですが、
わからない場合は楽譜の記述方法に着目してみてください。
わかりやすいのが3小節目です。
ミーミファソラとありますが2つ目のミも8分音符なのにつながっていませんよね?
3/4拍子なら(ミファ)(ソラ)と繋がるか、(ミファソラ)と繋がるはずです。
6/8拍子は8分音符が3つで1拍と数えるので、3つ繋げて書きます。
楽譜を8分音符3つで区切ってみてください。
きれいに区切れますよね。
でも4分音符1つで区切ると音符の途中に線が入りしっくりきません。
算数では3/4=6/8ですが音楽では違うのでご注意ください。

(1)は4/4拍子で(2)は6/8拍子ですね。
4/4拍子とは4分音符4つ分という意味です。
だからどんな音符が混ざっていても合計で4分音符が4つあればいいわけです。
4分音符=8分音符+8分音符
付点4分音符=4分音符+8分音符
付点2分音符=2分音符+4分音符
という基礎を知っていればあとは数えるだけです。


(2)を同じように数えると4分音符が3つはいるから3/4拍子だと思いますが、これは違います。
歌ってみればすぐにわかるのですが、
わからない場合は楽譜の記述方法に着目してみてく...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング