専門家に聞いた!繰り返す痔の原因は!? >>

昨シーズン残った灯油をポリタンクに10Lほど残したままにしていました。
直射日光は当たらない場所に置いてました。

でも、ポンプを差したままキャップを開けてました。

石油ファンヒーターに使うと、気化器が壊れるので止めようと思います。ポット式だったら壊れにくいと書いてあるのですが・・・どこのメーカーのものかな?家には、ダイニチ、トヨトミ、コロナの3台ありますが。。。。

捨てるのももったいないので、ノーリツの給湯器の灯油タンク(200L)に少しずつ薄めて使おうかと思いますが、やっぱりまずいですかね?

分かる方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

灯油は通常は無色透明ですが、変質すると黄ばみます。

黄ばんだ灯油は、焚き火ぐらいにしか使えません。ですから、先ずガラス瓶かペットボトル等に少量注ぎ色を見た方が無難です。黄ばんでいたら諦めてください。無色透明なら使えます。我が家は石油ファンヒーターが6台ありますが、他に1台ガラス芯の石油ストーブがあり、前年度の残り灯油は、この石油ストーブで消化してます。万一、変質灯油の場合は芯が目詰まりしますが、空焚き燃焼させると直るからです。ファンヒーターの気化器の場合はクリーニング機能を使っても目詰まりは解消しません。給湯用ボイラーは高価ですから、たとえ少量でも変質の恐れがある灯油は避けた方が無難です。ファンヒーターにクリーニング機能のあるメーカーは気化器を使ってますので、クリーニング機能の無いメーカーの方が良いと思います。
    • good
    • 0

はじめまして♪



今年の春は遅くまで寒い日が続いたので、以前よりかなり遅くにホームッタンクへ給油してもらい、おかげで半分近く残ってます。 ほかにポリタンク3本とそれぞれのストーブのタンクにも多少、、、きっと200リッターくらいでしょうか(苦笑)

よ~く観察して変色や分離(下に水がたまってる)が無ければ平気でしょう。

変色した灯油をガラス芯のストーブに入れると目詰まりしますし、ポット式ではススが出ます。(両方とも体験済み。爆笑)
 空焚きや スス取りを覚悟してなら使っても良いですよ。

空焚きはかなり臭いますので、数時間燃焼させる場所が必要でしょうし、スス取りは煙突だけじゃ無くストーブ本体内におよぶ事も有りますから、最悪分解掃除まで考えてからですよ~。

薄めても根本的には変質した成分が減りませんから同じ事です。 一気に症状が出るか、徐々に出るかの違いだけでしょうから、もしも修理となった時に困らない製品に回しましょうかね。

変質して居なければ全く問題なしです。
    • good
    • 0

私は毎年前年のものを繰り越して使っていますが、何の問題も起こっていません。

    • good
    • 0

どの機械に使っても不具合の元になると思いますよ。



灯油を買っているお店にお願いして引き取ってもらうのが一番ですよ。
少しの所をケチって高い修理代になったらかえって損ですよね。

給湯器だとすぐには症状がでませんが必ず寿命を縮めますよ。
    • good
    • 0

うちでは、毎年ドラム缶(200L)で灯油を買い、残った物は、平気で、


ドラム缶にポンプを指したまま、次シーズンに使いまわしています。
巨大なファンヒーター用ですが、特に不具合はないです。
まあ、200Lに混ぜても影響ないと思いますよ。
自己責任でどうぞ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q半年前の灯油は使っても大丈夫ですか?

半年前の灯油は使っても大丈夫ですか?

寒くなったのでヒーターを出したのですが、今年の春まで使っていた灯油が少し残っていて
使っても大丈夫ならすぐ使いたいなと思っています。

古い灯油というのはどのくらい使っていない灯油をさすのでしょうか?
半年経ったもの、夏を越したものは使わないほうがいいでしょうか?

無理なら今すぐ灯油を処分しに行って新しい灯油を購入してきたいと思います。
よろしくお願いします!

Aベストアンサー

>半年前の灯油は使っても大丈夫ですか?


灯油は保管状況で酸化(太陽光や空気との接触)、分離(水分や不純物と炭化水素成分)が起こります。
そのような灯油を→持ち越し灯油と言います。
他に、ガソリンや重油分を誤って混入させたりしたものは→不良灯油と言います。

石油ファンヒーターの燃焼方式(気化式・ブンゼン式・回転霧化式etc)やメーカー並びに商品のグレードで耐久&燃焼不良への許容範囲は違いますが、今回の様な持ち越し灯油では主に燃焼部や灯油(液体)を空気と混合させ熱または強制風で気化させる時に不純物が固体化したり燃焼温度や発火点が灯油の変質により変化していてタールとか煤とか有害ガス(一酸化炭素COとか窒素酸化物NOx)が発生し、故障や燃焼不良や有害ガスの発生(悪臭・白煙・煤・ガス中毒の原因)に至ります。

気密性の高い現代住宅、なるべくは安全安心の為にも疑わしい持ち越し灯油は所定方法での廃棄がお薦めです。
特に、屋外保管や太陽光に当たる場所、灯油缶やポリ容器に満タンでなく空気が混入している場合には、酸化・分離が予測されますので、石油ファンヒーターへの使用を避けるのが賢明です。
その場合に、持ち越し灯油の処分は、比較的、持ち越し灯油に強い石油ストーブや機械の錆落としとかガソリンスタンドでの廃棄をします。

もし、灯油を大量に残して、保存状況は大丈夫と思われるなら、少量をガラス容器に入れて色(黄変)や分離物(固形粉や水分)の有無、臭い(酸っぱい臭いは酸化)で判断します。
石油ファンヒーターの性能へのダメージや燃焼不良による、眼がチカチカする、異臭には注意し、もしも使用される場合は、通常以上にお部屋の換気に注意され異常を感じたら直ぐに消化し、残油はスポイトでアブラ受け部から抜き取り、人の居ない場所で燃やし切って、新しい灯油に交換しましょう。

>半年前の灯油は使っても大丈夫ですか?


灯油は保管状況で酸化(太陽光や空気との接触)、分離(水分や不純物と炭化水素成分)が起こります。
そのような灯油を→持ち越し灯油と言います。
他に、ガソリンや重油分を誤って混入させたりしたものは→不良灯油と言います。

石油ファンヒーターの燃焼方式(気化式・ブンゼン式・回転霧化式etc)やメーカー並びに商品のグレードで耐久&燃焼不良への許容範囲は違いますが、今回の様な持ち越し灯油では主に燃焼部や灯油(液体)を空気と混合させ熱または強制...続きを読む

Q半年前の入れっぱなしの灯油を使うのは危険ですか?

雪国に住んでいて、今年から一人暮らしを始めた者です。
今年の4月下旬まで灯油ファインヒーターを使っていて、
そのストーブに灯油が余ってるまま今10月中旬現在まで
入れっぱなしにしてました。
そろそろ寒くなってきたので灯油ファインヒーター活用し始めようと
思ってるのですが、
半年前に入れっぱなしにしてあった灯油を使う
(そのまま電源入れる)のは危険ですか?
この入れっぱなしにしてある灯油は捨てて、
新しい灯油を入れたほうが良いですか?

また、灯油を入れ替える場合
どのように捨てて、どのようにストーブを処理(掃除?)
した方が良いですか?

宜しくお願いします!

Aベストアンサー

できれば、そのままの使用は避けるべきです。
シーズン初めの故障は、変質灯油(不良灯油)かメンテ不足が原因。
夏の間にタンク内に結露ができ、灯油と混ざります。
それにより、質の悪い灯油が原因となり「故障させてしまう」のです。
シーズン初めの故障した人に聞いたところ、ほとんどが前シーズンの残りを使ってました。

その灯油を使った場合、たった数回使用しただけで・・・と聞きました。
中には2・3回程度で故障したようです。
石油ストーブなら不完全燃焼で、何とかキツイ臭いで終わります。
ですが、石油ファンヒーターなら故障になりやすいのです。
最新のほど、高機能化した為にデリケートになりました。
それを続けると、購入してから2・3年で故障となります。

そういう故障を大量に、仕事で見てきたから言います。
灯油は高くてもったいない・・・
けれど、修理代に約1万円掛ける方がもったいない。

Q灯油の残りを冬がくるまで持ち越しできますか?

暖房は石油ストーブを使用しております。
暖かくなってきたので買い置きの灯油が残りそうなんです。
毎年、無理に使いきってるのですが、今年は灯油が
高かったこともあり、もったいないなと思っています。
11月くらいまでこのまま置いておいて、また使用しても
大丈夫なんでしょうか?
どなたか教えていただけますか<(_ _)>

Aベストアンサー

基本的にできません。

ただ、使えない原因の大半は揮発成分が飛んでしまうことですから、私は暗所(残念ながら冷暗所ではありません。夏の昼間は40℃を超えてると思われます。)で保管しておいた前年の残りをタンク1/3~1/2入れ、それに当年買ってきた灯油を混ぜて使っています。
変質といったって石油と似ても似つかぬ物体に変化するわけではありませんから、薄めることで詰まりにくくし、燃えやすくしてあげる考えです。

ファンヒータで使用してきましたが、今まで特に問題になったことはありません。ただし保障の限りではございませんので、同様にされる場合は自己責任でお願いします。

参考URL:http://www.pref.kyoto.jp/shohise/15400118.html

Qダイニチのファンヒーターが点火後赤い炎が出て不安定

ダイニチのブルーヒーターFW-321Sという型式ですが最近点火後にボウッ ボウッと赤い炎が出て不安定です。その後は安定するのですが、その後一度温度設定をあげるとまた赤い炎が出たりおさまったりランダムに発生します。時間をおくと徐々におさまるけれど時々発生します。一度分解して点火の電極と炎検知バーをペーパーで磨いたり、燃料供給系統をエアーで掃除したり灯油を新しいものと交換しましたが変わりませんでした。修理に出すと多分買ったくらい(1万円)はとられそうなので自分で悪い部品がわかれば交換修理したいのですがどなたかわかる方あるいは同じ経験者はいらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

最近の物はさわっていないのですが、ダイニチのは気化器の取り付け位置(灯油ノズルと気化器の位置関係)の調整で改善しなければ気化器の交換でほぼ直りました。

強火の時に赤い炎なので給気不足になっていると思います。その辺の点検もなさって下さい。(炎の出る部分のツマリ等)


人気Q&Aランキング