痔になりやすい生活習慣とは?

友人が「トライク」に一目惚れして買ってしまいました。

で、乗ってみれば、「登り坂はダメ」「フトモモの前側の筋肉しか使えず疲れる」「低すぎて確認されにくく危険」・・・
と、イイとこ無しです。
まあ、別の意味で「目立ち」、子供ウケはしますが・・・。
あと、低い姿勢のため、空気抵抗少なくて高速が出る。
(トライクに限らず、リカンベント車すべてに言えそうです。)

友人も体力あれば、リカンベントの恩恵受けられるのに、全く非力で、20km/hで走りつづけたら 足がつってしまいました。

なので、こんな友人とツーリング行った時には「苦行」を強いられてしまいました。私はロードバイクで25km/hくらいで走りたいのに 17km/hしか出せず・・・。

トライク+非力友人の走れるツーリングコースってありませんか?
(私も合わせてハンデつければイイかもしれませんが、そんなことして楽しいハズありませんし・・・。)

「「トライク」(・・・3輪のリカンベント車」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは、都内でトライクに乗ってます。


ご指摘のように、リカンベントの中でもとりわけトライクは、
車重が重く、路面抵抗も大きいものですから、低速域ではもっさりしていますね。
ある程度出力を出せるようにならないと、
リカンベントの得意な、空気抵抗の影響が大きい速度域(35km/h超)に達することができません。
乗り込んでいけば、
http://www.youtube.com/fumimaro029#p/u/1/m13rh1U …
このように、出力対速度変換効率の良くなる高速域を活用できるようになります。
38km/hオーバーが特に、出力対速度変換効率が良いです。

ここで、トライクは高速巡航は得意ですが、上り坂も、頻繁な加速も苦手ですから、
ロードバイクとトライクで一緒にアップダウンのある長めのコースを
走ると、トライク乗りの方がエンジンがかなり強くない限り、疲弊してしまいます。
ロードバイクとトライクでバランス良く走れるのは、平地のみのコースですね。
併走ではなくソロですが事例を二つ挙げます。

都内から九十九里まで往復したときは(ほとんど平地)、
ロードバイクで行ったときより、トライクで行った方が速かったです。

都内から伊豆一周したときは、小田原まではトライクがかなり速かったですが、
そっから先、まさに伊豆一周部分は、トライクが圧倒的に遅かったです。

総じて、平地中心で、頻繁に休憩を取ることをオススメします。

続きまして、「トライクの魅力は?」という質問に関しまして。
私は都内運用ですので、ちょっと特殊ですが参考まで。
かつてはロードバイクで通勤してましたが、トライクに切り替えてます。
都内は危険が一杯で、例えば駐車車輌にドアを急に空けられたときなどに
とっさに対応できること、そして対応しきれない場合に被害を小さくできること、
緊急ブレーキでよく止まること、これらが非常に重要です。
トライクは非常によく止まります。DURAキャリパー+SWISSSTOPの緑シュー
なロードバイクの5倍以上短い距離で止まれます。
まずこれが一番大きいです。
続いて、クイックなハンドリングに強いです。
F1とかで、ゴミが落ちてるときに、急ハンドルで回避したりしてるシーン見たことありますか。
そういうことが容易にできます。
車体幅分を一瞬で横っ飛びして障害物を回避する、みたいな感じです。
さらに、これらのストッピングパワーと緊急回避力をもってしても、
回避しきれないケースにおいて。パニックブレーキ時ですね。
パニックブレーキ時でも、転ぶことがありません。これも非常に大きい。
一度、すり抜けしていたオートバイが、左右を確認せずに縫って走っていて、
自分の前に未確認で飛び出してきて、
せめてそのまま行けばいいのにびびって急停止したときは
こちらもパニックブレーキとなりましたが、ジャックナイフしましたが、
驚くほど瞬時に停止しました。これまで、車やオートバイも乗ってましたので、
その感覚からすると絶対ぶつかるなと思いましたが、衝突することありませんでした。

実用サイドばかりの話してしまいましたが、
最後に、何より楽しいのはレーシングカートのようなハンドリングですね。
ご友人のトライクに試乗したが面白さわからなかった、とのことでした。
一度、ダウンヒルをお試しください。トライクでダウンヒルしてみると、
病み付きになる可能性が高いです。
http://www.youtube.com/fumimaro029#p/u/5/sZlhiB1 …

参考URL:http://formula-cycle.com/
「「トライク」(・・・3輪のリカンベント車」の回答画像3
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。

貴重な、「トライクでのライド」の動画、感動いたしました!
本当に街なかを走ってますね。コワくありませんか?
しまいにはオートバイまで抜いてしまい・・・。
スピード、だそうと思えば出せる・・・どころではなく、「高速巡行」こそが得意なんですね。

下りもスゴイです。ガードレールと同じ低さをブっ飛んで行くなんて、スピード感もモノスゴイでしょう!

これらの動画を今度 友人に見せてやります。 そして、
「おまえのバイクは ホントはスゴイんやぞ! 宝の持ち腐れにしとくなよッ!」
って言ってやります。

もう一度、ヤツから借りて乗ってみたくなりました。

お礼日時:2009/10/30 21:34

リカンベントのトライクとは・・・とても珍しいですね。

わたしはトライクではありませんが、セミリカンベントを所有しています。タルタルーガのtypeF-DXです。

初めは安楽そうで良いなという気持ちと、デザインに惚れて購入しましたが、実際に乗って見ると何と疲れることか・・・(泣)。仰向けのポジションもそうですし、とにかくフリクションが大きいのです。

ロードの2倍はありそうな長いチェーンもそうですし、ガイドローラーも然りです。もうとにかくフリクションのカタマリで、ホント20キロも走ったら足がツリそうになりました(笑)。チョット失敗したかもなぁ・・なんて思いました。しかし大枚はたいて買ったのに、ここで引いては男がすたる・・・・というわけで、徹底的なフリクションの低減策と、ポジションの最適化を行った結果、今では楽しく乗れるようになりました。

そして慣れて見るとリカンベントの良さが実感できます。今まではしんどくて見えなかった景色も余裕が出て見えてくると、おーなかなかオツなもんですなぁと思えてきます(笑)。最近ではこれにGPSを付けて、ポタリングをするのがとても楽しみになっています。

友人さんのトライクも部品構成が多いと思いますので一度徹底的なフリクションの低減を考えて見てはいかがでしょうか。また、O-GONさんの言われるようにペダリングスキルも大事ですね。ホントにロードとは使う筋肉が違いますからね。

リカンベントのトライクは本当に珍しいですし、それを実際に購入された決断には敬服いたします。出来れば長く乗って欲しいですね。

あと、知り合いにローレーサーに乗っている方がいますが、質問にもありますように、本当に車からは見えません。フラッグを立てていますが、これも進行方向にたいして垂直?なので、ほとんど認識できない場合があります。ましてや、トライクとなると、緊急時に歩道・自転車道に非難することも出来ないので、安全対策はクドイほどなさったほうがよろしいかと思います。
万が一の夜間走行も想定して、テールランプは複数個、出来ればヘルメットに付けることが出来るLEDライトなども発売されていますので装着をオススメします。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

リカンベント、慣れれば楽しそうですね。
・・・その域に達するまでがタイヘンみたいですが。私の友人。

ポジションの最適化とフリクション・ロスの低減がキモですか!
ヤツには、それプラス「体力の増強」が最も必要みたいで・・・。
持ってるバイク、みな「見た目の良さ」だけで衝動買いしたモノばかりで・・・。(乗らないくせにロード、MTB、トライク、どれも皆40万円以上! ドブに金捨ててるとしか思えません!)

・・・と、やっかみ半分で言いましたが、大切な友人野郎なので、「双方が楽しい」ツーリングをしたいのです。
「安全」は第一ですね!

お礼日時:2009/10/30 20:24

>「フトモモの前側の筋肉しか使えず疲れる」



これはペダリングスキルが無いからですねー。
基本的に、平地であればロードレーサーよりリカンベントやトライクの方がスピードが出ますよ。
理由はロードレーサーの方が前面投影面積が大きくて空気抵抗がでかいからです。
ですから向かい風になるとロードレーサーだとついていけないですね。

ただしロードレーサーとは筋肉の使い方が違うので、ある程度トレーニングしてなれる必要がありますね。

走る場所ですが、関西だと京都八幡木津自転車道で走っている人をよく見かけます。
大規模自転車道のページが参考になるかもです。
http://www.mlit.go.jp/road/road/bicycle/road/ind …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

やはり それなりの技術というか、だからこそのアレが要るわけですね。
私もちょっと借りて乗りましたが、使う筋肉が違いすぎて 2kmくらい走っただけで返しました。
ロードやMTB等に乗った時とは、からだ各部の角度が違い、ペダリングもスゴく違和感を覚えました。
慣れればイイのでしょうが、それに慣れると今度はロードに戻れなくなる・・・そんな感じさえしたものです。

友人はロード・MTBとも持ってますが、めったに乗りません。もったいない。
いっそのこと、このトライク一本でいけばいいのに・・・と思います。(トライクは さらに乗る機会が少ないみたいです。)

自転車道のページ、ありがとうございます。
なにせ 私どもの住んでるトコは飛騨の山奥で、条件のそろった平地が無いんですよ(涙)。
でも、クルマに積んで行き、 ゆったりとした平らな道を選んで走らせてやりたいものです。

お礼日時:2009/10/28 20:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qチャイルドトレーラーって迷惑じゃない?

海外では普及している子供用のチャイルドトレーラーですが、日本で使うには道路事情を考えるととても周りに迷惑をかけませんか?

こういう製品です
http://www.sky.sannet.ne.jp/apuchi/bike/trailer/syoukai.htm

Aベストアンサー

都内で使用している3児の父です。
車の免許は無いのでもっぱら移動は電車・バス・自転車です。

私が使用しているのは二人乗りで荷物入れもあるタイプです。
走る道は選びますが、購入前に想像していたよりもずっと快適です。
意外に思うかもしれませんが、交通量が多くても片側3車線以上ある道だと走りやすいです。
都内の幹線道路だと晴海通りや明治通り等、走っています。

片側2車線以上ある道だと自転車を含む軽車両は一番左の第一車線を走らないといけませんが
(左端を走る必要はありません。1車線の道やセンターラインの無い道は左端を走らないとだめですが。)右車線に余裕があるせいか、クラクションをならされることもありません。
一度、信号待ちしていたら後ろから来た自転車にベルを鳴らされ、その自転車は信号無視して行きました。

逆に、片側1車線で交通量の多い道、狭い道は避けて、交通量の少ない道を選んだ方が無難だと思います。
(私は極力そういう道を走ることは避けています)
実際に購入したとして、どの道を走るかシミュレーションしてみるのも良いかと思います。

また、トレーラーを引くといわゆる「普通自転車」でなくなるため、厳密に行動すると
・歩道走行ができない。
・歩道を自転車から降りて押して歩く事もできない。
・車両進入禁止標識に「自転車除く」とあっても進入できない。
 (車両進入禁止標識に「軽車両除く」とあれば進入できる)。
・商店街等にある「歩行者自転車専用」「歩行者専用」になっているところは通れない(押してもダメ)。

と言った点があげられます。

個人的に良かったと思う点
・とにかく注目度抜群で目立ちます。
 人とすれ違えば、「見て見て、何あれ~」と言った具合に歩道から熱い視線、声が届きます。
 (私が目立つのが好きと言う事ではありません)
・車からも目立つようなので安全(だと思う)。
 普通の自転車だと横ギリギリで追い越されることもありますが、トレーラーを引いていると横を追い越す車はそれなりに間を開けて行きます。
・トレーラーの種類にもよりますが、子供を2人乗せた上で更に荷物がかなり積めます。
・私が使用しているトレーラーはストローラーにもなるので、中で子供が寝てしまっても、荷物と一緒にそのまま家の玄関まで運べます。
・トレーラー標準装備の雨避けをしていれば乗っている子供は寒くない。
・自転車に1人、トレーラーに2人で合計3人運べる。

実際には
・信号待ちでは歩行者に話しかけられることもしばしば。
・更に車の中からも声を掛けられることも。
 「いや~、私もそれ欲しいんですよね。子供を乗せられるやつですよね?」
 (文句を言われたことは一度も有りません)

個人的に行った改良
・安全フラッグがありますが、左に付けるのではなく右に付けました。
・トレーラーの後部に自転車用のワイヤレスウインカーを取りつけました。

結局のところ、自分自身(子供含む)と周りの安全を考えて乗ると、必然的に周りに迷惑をかける事はないのではないでしょうか。

車から見て車道を走る自転車が迷惑と言うなら、自転車から見れば路上駐車している車も迷惑なわけですからね。

都内で使用している3児の父です。
車の免許は無いのでもっぱら移動は電車・バス・自転車です。

私が使用しているのは二人乗りで荷物入れもあるタイプです。
走る道は選びますが、購入前に想像していたよりもずっと快適です。
意外に思うかもしれませんが、交通量が多くても片側3車線以上ある道だと走りやすいです。
都内の幹線道路だと晴海通りや明治通り等、走っています。

片側2車線以上ある道だと自転車を含む軽車両は一番左の第一車線を走らないといけませんが
(左端を走る必要はありません。1車線の道やセ...続きを読む

QクロスバイクのBB ホローテックIIにできる?

不調により、ジャイアントのCross3(2010年版)のBB交換を考えています。
純正は「R XCT 122-68mm」となっていて、交換品は同じ四角軸の「BB-UN55」かなと考え中。
しかし安く譲って貰ったバイクだし、この際2万くらい出して良くなるならもう少し品質と耐久性の良い物にしてもバチは当たらないかなとも思い始めました。

で、ちょっと調べてみたところ、ちょっと良さげな最近の物は、BBの中心部が空洞になっていて、その穴にクランクと一体化した軸を通すタイプが多いような感じでした。
ホローテック2とかみたいですが、たとえば幅が同じ68mmの「SM-BB4600」とか「SM-BB51」とかはCross3に物理的に取り付け可能でしょうか?
エンド幅135mmのクロスバイクの改造を考えている友人がもう一人おり、純粋に着く着かないは二人して非常に興味を持っています。
はっきりすると嬉しいのは大体、以下の点です。

・「SM-BB4600」「SM-BB51」等のBBは普通に取り付け可能か
・着けれる場合、クランクはDeore M590みたいなので構わないか
・チェーンラインだとかCross3が7sであることに問題はでないか

別に7速で困ってないのでクランクセットの換装だけで安く済むならそれがベストですが、パーツ交換の兼ね合いで8s化以上が不可避なら、対応のホイールに関しては知人の中古パーツで都合つけて、コンポ周りは買い揃えても良いと考えています。
これだと海外通販とか使うと2万くらいで収まるので。

不調により、ジャイアントのCross3(2010年版)のBB交換を考えています。
純正は「R XCT 122-68mm」となっていて、交換品は同じ四角軸の「BB-UN55」かなと考え中。
しかし安く譲って貰ったバイクだし、この際2万くらい出して良くなるならもう少し品質と耐久性の良い物にしてもバチは当たらないかなとも思い始めました。

で、ちょっと調べてみたところ、ちょっと良さげな最近の物は、BBの中心部が空洞になっていて、その穴にクランクと一体化した軸を通すタイプが多いような感じでした。
ホローテック2とかみたい...続きを読む

Aベストアンサー

ホローテック2のMTB用クランクには、必ずBBがオマケに付いてきます。
なので、クランクを買うだけで大丈夫です。
もちろん、スクエアBBのシステムと完全に互換性がありますので、取り付け可能です。
チェーンラインは何も問題ありません。
7sのスプロケットと、ホローテック2のクランクの互換性は保証されてませんが、実際には一切の問題がありません。
が、7sのボスフリーのシステムは構造的に耐久性が乏しいので、せっかくクランクを交換して長く乗ろうと考えてるのなら、8sか9sのシステムに交換が望ましいです。

Q50CC以上の自動車を自分で作って公道走行は可能でしょうか?

ここに90CCのバイクのエンジンがあるとします。これを使って自分で四輪の自動車を作りたいなぁと思うのですが、作ったとして、役場とかに届け出れば公道を走ることが出来るのでしょうか?いわば光岡自動車のK-2の90ccバージョンみたいなもんなんですけど、どうでしょうか?出来るとしたらどんな届出が必要なのでしょうか?教えてください。お願いします。

Aベストアンサー

 クルマの設計屋で、かつて仕事でマイクロカーを設計した経験もありますので、一応専門家とさせて頂きました。

 50cc未満の内燃機、或いは定格0.6kw以下の電動機を動力とする3~4輪車は、ミニカー或いはマイクロカーと呼ばれる水色ナンバーの車両になりますが、ここからちょっとでも原動機が大きくなりますと、車両法上は軽自動車として認識される事になります。
 そぅしますと、まず車検制度が適用されます。そして、シートベルト、ヘッドレスト、各種灯火類の明るさや位置、ミラー類、J-NCAPとゆぅ衝突安全基準などなど、膨大な車両法上の項目を満たさなければ認証を取得する事は出来ず、それらの規制をパスしない限り、公道を走る事は出来ません。

 マイクロカーは、実は道交法・車両法が現在の形になる前から製造・販売されており、特例的な制度によって路上での生存が許されているワケです。
 具体的には・・・・車両法上は原動機付自転車の範疇の為、近隣の役場で登録出来、シートベルトの装備義務が無く、押して歩く限り歩行者とみなされ、駐車場ではなく駐輪場への駐車が可能ですが、道交法上は自動車の範疇で、ヘルメットの装着義務が無く、30km/hの速度制限も2段階右折義務もありません。

 実際にマイクロカーの解釈に関し公的機関に説明を求めると常に曖昧な回答しか得られませんが、しかし『既にメーカも存在しており一方的に規制する事は出来ないし、そもそも市場規模が小さいのでやや曖昧な感じの規定でもヨシとしているが、今後マイクロカーが普及し事故が増える様であれば、より具体的で厳しい規制が作られる可能性もある』とゆぅ様なニュアンスの説明を受けた事もあります。

 以上を鑑みるに、いくらマイクロカー自体の規制が緩やかでも、マイクロカーが増える事は公的機関ではあまり望んでいない、とゆぅ事情が見て採れます。
 よって排気量拡大版などは、法規上マイクロカーとして認められる可能性が極めて低いと言わざるを得ません。
 勿論、原付には車検制度はありませんし、また違反を取り締まる側の知識も少ないので、とりあえずマイクロカー登録としておいて、後で排気量UPを図ったところで誰にバレるワケでもありませんが、それは車両法違反だけでなく脱税にもなってしまう行為です。

 尚、ちなみに。
 自作の乗物にナンバーを付ける最もカンタンな方法は、edogawaranpo様御回答の通り、小型特殊車両、或いは農民車としての登録でしょう。
 ワタシ自身小型特殊での登録は考えた事が無いのであまり深く追求していませんが、淡路島名産?の農民車ですと、実験設備などナニも無い様な鉄工所でクルマを作り、安易にナンバーを付けています。(淡路島には農民車と呼ばれる自動車改造小型特殊車両を作る自動車業界があり、最近では九州や東北地方にまで農民車を『輸出』している様です。他県に出せるのでしたら、日本中どこでもこの手の手作り車両にナンバーが付けられる、と考えられます)。

 クルマの設計屋で、かつて仕事でマイクロカーを設計した経験もありますので、一応専門家とさせて頂きました。

 50cc未満の内燃機、或いは定格0.6kw以下の電動機を動力とする3~4輪車は、ミニカー或いはマイクロカーと呼ばれる水色ナンバーの車両になりますが、ここからちょっとでも原動機が大きくなりますと、車両法上は軽自動車として認識される事になります。
 そぅしますと、まず車検制度が適用されます。そして、シートベルト、ヘッドレスト、各種灯火類の明るさや位置、ミラー類、J-NCAP...続きを読む

Qロードバイクで時速40キロ以上出すには?

SurlyのPacerというクロモリのロードバイクを購入しました。
コンポはティアグラでコンパクトクランクですが、平地でダンシングなしで最高が37-8キロ程度しか出せません。手はブラケットを持った状態です。ロードバイク所有の友人(アルミ、SORA)をはじめ他のロードの人はみな40キロは軽いといいます。

私は30代男性でロードは初めてで、貧脚といえばそうですが、それでも40ぐらいは軽く出せるのかなと思っていました。都内の交通量の多い場所を走ることがほとんどですが、それでも幹線道路などでは瞬間的には40を越えても良さそうなものかと思うのですが。

サイコンの設定や空気圧管理などは問題ありません。前が50-34でそこのインナーからアウターへの切り替えのタイミングがうまくいっていない気もします。また他に原因として考えられることはありますでしょうか?やはり脚力の問題でしょうか(笑)。また、皆様はどの程度の速度が出せているのでしょうか?

Aベストアンサー

ANo.3です。

今日はひさびさに天気予報から傘マークが消えたので自転車で通勤しました。
幹線路に入ったところでフロント39T-リア13Tに入れ
ケイデンスを110rpmまで上げ41km/hで巡行したら
200mも走らないうちに心拍が170を超えてしまったので
ケイデンスを95rpmまで落としてしまいました>ショボ~ン。
(通勤では甲州街道を主に走っているのですが
高速巡行できる区間は実はあまりないです。)

> インナーからアウターへの切り替えのタイミングがうまくいっていない気もします。
コンパクトクランクって、おいしいところでフロントの変速タイミングが来ちゃいますよね。
以前はコンパクトクランクを使っていたのですが
上りとLSD以外はずっとフロントアウターに入れっぱなしでした。

> 最高が37-8キロ程度しか出せません。
であるならばフロント50T-リア17T、ケイデンス90rpm、約33km/hでの
巡行を身につけちゃうとイイと思います。
そのペースが維持できれば、道路状況が良いときにリアを16T→15T→14Tと
シフトしていけば自然に?40km/hになります。
http://www.asamako.net/scripts/gear_ratio.php
この速度域はロードでは常用域ですので
変にもがくよりも、キレイなペダリングを心掛けた方がイイと思います。
キレイなペダリングでフロント50T-リア17T、ケイデンス90rpmの巡行が出来るようになれば
40km/hで走るのも「軽いこと」になりますよ。

で、キレイなペダリングの習得にはANo.4さんのご指摘どおり
ビンディング・ペダルを使った方がイイのですが、どうでしょう?
そして、ペダルは「踏み込む」のではなく「回す」こと。
力を入れるのは1時から3時のところ。
それ以外のところで力を入れても、疲れるだけで大した推進力になりません。
力を入れるときは腹筋とハムストリングを使うこと。
股関節を大きく柔らかく使い、腿をなるべく高くあげること。
骨盤を立て上半身を腹筋で支え、上半身はリラックスさせること。
アンクリング(踵が下がること)させないこと。
なんてことを私は学びました。
人それぞれやり方はあると思いますが、まあ参考にして下さい。
この↓サイトなんて、役に立つと思いますよ。
http://www.sportsmovie.jp/funride/top/
http://www.sportsmovie.jp/funride/technique/?sm=0&it=101
(登録が必要ですが無料です。)

あとね、私の巡行スピードはホイール(フルクラムRACING3)にも助けられてます。
もう少し走りこんだら、ホイールをグレードUPすると「効く」かも知れません。

ANo.3です。

今日はひさびさに天気予報から傘マークが消えたので自転車で通勤しました。
幹線路に入ったところでフロント39T-リア13Tに入れ
ケイデンスを110rpmまで上げ41km/hで巡行したら
200mも走らないうちに心拍が170を超えてしまったので
ケイデンスを95rpmまで落としてしまいました>ショボ~ン。
(通勤では甲州街道を主に走っているのですが
高速巡行できる区間は実はあまりないです。)

> インナーからアウターへの切り替えのタイミングがうまくいっていない気もします。
コンパクトクランク...続きを読む

Qロードレーサーはなぜフロントトリプルが少ないのか?

ずっとMTBを通勤とシングルトラックで使用しておりましたが、最近古いロードバイクを手に入れて乗っています。MTBにスリックタイヤでも充分に舗装路を早く走れると思っておりましたが、ロードのスピードに驚いています。
ところで、MTBではフロント3枚が標準ですが、ロードではフロントダブルが標準でしかも52-39あたりの歯数が標準で平地は当然早く走れるのですが、ちょっとした坂道だとかなりきついのですが、皆様このような歯数で普通に走っているのでしょうか?コンパクトクランクが最近人気とのことですが、それでも自分としてはまだまだきついように感じますが、なぜロードバイクではフロント3枚を使用することが少ないのでしょうか?見た目がかっこ悪いというのは理解できますが、そのほかに何か理由があるのでしょうか?諸先輩方のご意見よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/Q-factor.html
トリプルにするとQファクタが大きくなるからです。
それとトリプルの分だけ、左右でクランクの取付軸とペダルの距離が違うようになるためにペダリングに違和感を感じやすいから。
基本的にロードバイクはペダルの回転数を上げて乗るものなのでペダルの回転数が上がってくるにつれて違和感を感じやすいからです。

もう一つの理由はシンプルな方が調整しやすいから。
マウンテンバイクの場合は頻繁にフロントでギアをシフトチェンジしない物だけど、ロードバイクはコースの状況に応じてこまめにアウターからインナーにインナーからアウターにチェンジします。
元々がレース機材として発展してきただけに、シフトチェンジの正確性が重視されています。

私はコンパクトクランクを愛用しているけれど、よっぽどの急坂でない限り、これで十分だと思ってます。
登り方はマウンテンバイクみたいにゆっくりとしたペダリングで上っていくのでなく出来るだけ早い回転力で勢いよく上っていきます。
マウンテンバイクみたいに車体重量があるわけでないから大抵、これで上れますよ~~。
つらければダンシングで上ればいいし。

http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/Q-factor.html
トリプルにするとQファクタが大きくなるからです。
それとトリプルの分だけ、左右でクランクの取付軸とペダルの距離が違うようになるためにペダリングに違和感を感じやすいから。
基本的にロードバイクはペダルの回転数を上げて乗るものなのでペダルの回転数が上がってくるにつれて違和感を感じやすいからです。

もう一つの理由はシンプルな方が調整しやすいから。
マウンテンバイクの場合は頻繁にフロントでギアをシフトチェンジしない物だけど、...続きを読む

Qママチャリの内装3段 vs 外装6段

サイクルベースあさひに自転車を見に行って、よりワイドレンジなギヤの自転車が良いと思い外装6段をチョイスしようと思ったら、
「一番軽いギヤと一番重いギヤ比はどちらも同じ、外装6段はこの中で細かく分かれているだけですよ」との事。
でも「外装6段だから坂道も楽々」ってカタログに書いてあるからより軽いギヤ比じゃないのか?と言い返すと、
「より細かい細かいギヤ比だから最適なギヤで登ると楽と言う事です」とのこと。
これって、本当ですか?
なら、ほとんどの自転車メーカーのカタログや、HPの情報って紛らわしいですよね。

Aベストアンサー

実際にギア比を計算してみました。
ギア比というのは、ペダルを1回転させた時に、後輪が何回転するか、です。
まず、内装3段です。
内装3段は、リアハブの中で変速するため、チェーンのかかるギアの歯の枚数はいつも同じです。
うちのマンションの駐輪場に泊まっている内装3段の自転車で、ギアの枚数を数えてみました。
2台見て、2台とも前が32枚、後は14枚でした。
この場合、ギア比は32/14=2.285です。
ペダル1回転で、リアハブが2.285回転します。
そして、リアハブの内部で3段変速します。
これのギア比は、1速が0.733、2速が直結1.000、3速が1.360だそうです。
(参照:自転車探検! http://www.geocities.jp/jitensha_tanken/variable_speed.html)
これを、さっきの2.285に掛けます。
すると、1速が1.674、2速が2.285、3速が3.107です。
(数字が多くなるほど、ペダル1回転でより多く後輪が回転する、つまり、スピードは出るけど重いギアになっていきます。 逆に小さくなるほど、スピードは出ないが、軽く、坂も楽に登れるギアになります)
次に外装6段です。
外装6段のシティサイクルの前ギアを数えたかったのですが、いいのがありませんでした。
後ギアは、ほとんどはシマノの14-28T(最小14枚、最大28枚)だと思うので、1速から順に28、24、21、18、16、14枚です。
前ギアを仮に44枚とすると、ギア比は順に1.571、1.833、2.095、2.444、2.750、3.142です。
これを見ると、内装3段の1速と3速、外装6段の1速と6速のギア比はかなり近いことがわかります。
内装3段の2速は、外装6段の3速と4速の中間くらい、つまりちょうど中央あたりです。
つまり、店員の言っていることは、あながちウソではない、ということです。
外装6段は、内装3段を細かく分けただけ、とも言えます。
ただ、内装3段は、1つギアを変えると、ペダルの重さが極端に変わります。
1速では軽すぎる、でも2速では重すぎる、みたいな状況が、外装6段より多くなるかと思います。
外装6段なら、2速や3速を使えばちょうどよくなります。
なお、外装6段には、1速が28枚から34枚になったギアもあります。
(2速から上は同じ枚数)
このギアが装備されている、もしくは、あとからこのギアに交換すれば、1速だけ2速と極端に離れてしまいますが、かなり軽いギアにすることができます。
また、同じ内装変速でも、内装3段ではなく、内装8段にすると、細かく分かれるだけでなく、さらにワイドレシオなギアになります。
(軽いギアはより軽く、重いギアはより重くなります)
具体的には、1速が0.527、8速は1.615です。
内装3段の1速0.733、3速1.360より、広範囲をカバーしています。
なので、よりワイドなギアが欲しいのであれば、内装8段を選択するのも手です。
・・・が、内装8段には、一つ大きな欠点があります。
コストが高いことです。
内装8段の採用車種の多いブリヂストンでも、一番安くても定価で5万円クラス以上の上級グレードにしか存在しません。
(マリポーサシリーズ、プレスティーノ、アルベルトロイヤルエイト等)
予算が許すのであれば、内装8段の自転車を候補に入れてもいいと思います。

実際にギア比を計算してみました。
ギア比というのは、ペダルを1回転させた時に、後輪が何回転するか、です。
まず、内装3段です。
内装3段は、リアハブの中で変速するため、チェーンのかかるギアの歯の枚数はいつも同じです。
うちのマンションの駐輪場に泊まっている内装3段の自転車で、ギアの枚数を数えてみました。
2台見て、2台とも前が32枚、後は14枚でした。
この場合、ギア比は32/14=2.285です。
ペダル1回転で、リアハブが2.285回転します。
そして、リアハブの内部で3段変速します。
これのギア比は、1...続きを読む

Q体重100キロでも乗れる安価な自転車について。

質問宜しくお願いします。


私の兄弟は、身長182センチの体重が100キロほどあります。


そして、先日からダイエットのために自転車を購入しようか悩んでおります。


妻子持ちでおこずかい制の為、あまり予算は出せず、1万円~3万円前後で買える自転車を探しているようです。


購入した自転車は通勤&ダイエットに使う為、一日2時間ほど使用する事になります。(土日は休み)


また、道は綺麗に舗装された平らな路面を走るので、段差や坂道などを走る事はありません。

今現在候補に挙がっているのは以下になります。


1・ドッペルギャンガー404 notfound
http://item.rakuten.co.jp/supplies/404/


2・ドッペルギャンガー702 blackguards
http://item.rakuten.co.jp/uous/bike-fdm26/


3・DEEPER DE-09
http://store.shopping.yahoo.co.jp/otoko-style/de-09.html


4・DEEPER DE-08
http://store.shopping.yahoo.co.jp/otoko-style/de-08.html#ItemInfo


5・ミヤタ AFR5211
http://item.rakuten.co.jp/trycycle/afr5211-c/


6・CONQUISTA マウンテンバイク
http://item.rakuten.co.jp/bigkmartjapan/j26_2c2s_bk2/#j26_2c2s_bk2


そこで質問なのですが、これら6つの候補の中で一番お勧めなのはどの自転車になるのでしょうか?


また、これらの候補の他にもおすすめの自転車(出来れば上記予算内で)はありますでしょうか?


車種はクロス、MTB、ミニベロ、折りたたみ問いませんし、スピード等も問いません。


あくまで、ダイエット用のトレーニングとしてのみの使用なので、100キロの体重に毎日2時間ほどの走行が耐えられるかに焦点を当てております。


出来れば、GIANT ESCAPE R3が良いのかと思いますが、予算の関係上無理のようですので、今現在の候補の自転車を購入する前に、ここで皆さんのご意見を伺いたく質問させて頂きました。


それでは、回答をお待ちしております。

質問宜しくお願いします。


私の兄弟は、身長182センチの体重が100キロほどあります。


そして、先日からダイエットのために自転車を購入しようか悩んでおります。


妻子持ちでおこずかい制の為、あまり予算は出せず、1万円~3万円前後で買える自転車を探しているようです。


購入した自転車は通勤&ダイエットに使う為、一日2時間ほど使用する事になります。(土日は休み)


また、道は綺麗に舗装された平らな路面を走るので、段差や坂道などを走る事はありません。

今現在候補に挙がっているのは以下にな...続きを読む

Aベストアンサー

最初に言っておきます。
1万円で買える自転車というのは、種類問わず、ほぼ「自転車の形をした走る鉄屑」です。
なので、可能な限り予算枠一杯、3万円前後の物を買うべきでしょう。
3倍のコストをかけて作られている、ということは、3倍以上の性能と品質と信頼性がある、と考えてもらっていいです。

まず、ドッペル702、DE08、コンキスタの前後サス付きMTB3台は真っ先に除外です。
はっきり言って走る鉄屑です。
私ならタダでもいりません。

どうしてもMTBがいいというなら、最低でもこのへんをおすすめします。
*GIANT SNAP 1
http://www.giant.co.jp/giant11/bike_datail.php?p_id=00000063&action=outline
*BRIDGESTONE Ordina M3
http://www.ordina.jp/m_series/m3.html
*MERIDA Matts 5-V
http://www.miyatabike.com/merida/lineup/town_mtb/matts_5-v.html
*GT Aggressor 2.0/3.0
http://www.riteway-jp.com/bicycle/gt/2011/9215934.html
http://www.riteway-jp.com/bicycle/gt/2011/9216035.html
このなかでは、GTアグレッサー3.0が定価で¥33600と、10%程度の値引きがあれば予算内で買える可能性がありますね。
http://www.cycle-yoshida.com/gt/gt/mtb/aggressor/1_30_page.htm
GTはアメリカのマウンテンバイク主体の大手自転車メーカーで、このアグレッサーは街乗り用の安いグレードですが、それでもまともな自転車メーカーが作るまともな自転車です。
ちなみに、シボレーとかローバーなどの自動車メーカー、スポルディングなどのスポーツ用品メーカー、コールマンなどのアウトドア用品メーカーの名前がついたMTBやクロスバイクは、安物の中国製に商社がメーカーにライセンス料払って名前だけ借りている自転車です。
ライセンス料に余計なコストかかっている分、自転車本体はコストかかってないので、中身の品質、性能は推して知るべし、です。

404は、公式サイトによると定価48000円だそうですが、実売半額以下ですか・・・
http://www.doppelganger.jp/product/404/
まあ、ドッペルだし・・・こんなもんですかねぇ・・・
最初に除外したMTB3台よりは、まだこれのほうがマシです。
DE09も3台のMTBよりマシなゴミ自転車ですが、これよりはまだドッペル404の方がよさそうなので、これも除外。

最後にミヤタ・フリーダムですが、自転車としては国産大手のミヤタの製品だけに、6台の中では一番マトモです。
ただし、こいつ、変速ないですよ・・・?
できれば、予算が許すなら、ちょっと高くなるけれど、これの7段変速つきバージョンがあるので、そっちの方をおすすめします。
http://www.miyatabike.com/miyata/recommend/freedom/freedom_7s.html
ご自分で例に出した同じ通販ショップで、7Sバージョンは3万ちょいです。
http://item.rakuten.co.jp/trycycle/afr5271-7s/
これが買えるんであれば、ご自分が上げた中ではこれが一番いいです。
変速なしのシングルだと、坂道とかなければまだ行けますが、ちょっとでもきつめの坂があったらアウトでしょうね。
7Sは予算的にムリというのであれば、次点はドッペル404か。
まあ・・あんまりいい自転車とはいいませんが、他のよりはかなりマシです。

クロスバイクでまともそうな車種で、となると、やはり実売で3万円台中盤くらいの予算は必要です。
*CBA Precision Sport C
http://www.cb-asahi.co.jp/item/43/28/item100000002843.html
*Khodaa-Bloom Rail S2
http://www.khodaa-bloom.com/2011/rail/330-rails2
実売は、安いとこでも20%offで34000円くらいか?
http://item.rakuten.co.jp/manhattan5th/kb_rail-s2/

ミニベロというのは、実は意外とコストパフォーマンスは悪いです。
ちゃんとした物を買おうとすると、実はMTBやクロスバイクより高くついたりします。
なので今回はあえて割愛します。

折り畳みは、全く話になりません。
なにしろ、フレームが折り畳めるということは、フレームが二つに分かれているわけです。
この時点で、普通の一体型のフレームより、強度的には絶望的に低いです。
それを、ストッパー金具だけで止めているわけです。
しかも、安物の折り畳みなら、その金具もチャチいです。
そこに100kgが乗ったら、走っててフレームが空中分解しますよ。
折り畳みは、別に100kgが乗る場合じゃなくても、どうしても折り畳む必要がある場合以外は、重いし強度はないしコストかかるしで、いいことなんにもありません。
なので今回は一切考慮の対象に加える必要はありません。

純粋に体重100kgに確実に耐えられる、という観点「だけ」で見れば、はっきり言えば実用車が最高です。
ブリヂストン・ジュピターなどの実用車は、重い荷物を積むのを前提にした設計なので、頑丈さで右に出る物はいません。
http://www.bscycle.co.jp/root/catalog/jupiter08/lineup/JP-ST.html
ただまあ、こういう実用車って、意外と高いんですよね。
ジュピターも、エスケープR3より高いです、
ということは、予算的にアウトですよね。
なので、こういう実用車が買えないのであれば、あとはもうどれ買っても似たりよったりです。

あえて言うなら、MTBはタイヤも太く、サスもついてる分、比較的重量級でも耐えられるかもしれません。
なので、上で紹介したGTアグレッサー3.0あたりが、性能的にも予算的にもベスト・・・かもしれません。
だいたい楽天あたりで検索すると、どこも10%offで税込み30240円ですね。
このへんがギリギリじゃないですか?
重量も普通のクロスバイクよりは重いけど、そのへんのママチャリや、安物のなんちゃってクロスバイクよりは軽く、変速も一応3X7段ついてるし、GTならちゃんとした大手自転車メーカーだし、MTBなら太いタイヤとサスつきで、100kgが乗ってもそこそこ耐えられるだろうし、実売価格はギリギリ3万。
というわけで、性能、信頼性、予算、このへんをなんとか全部満たせそうなのはこれ、と思います。
ただ、サドルは細身のスポーツサドルなので、でっかいお尻に食い込んで痛いようであれば、ママチャリみたいな太目のサドルに交換した方がいい・・・かもしれません。

最初に言っておきます。
1万円で買える自転車というのは、種類問わず、ほぼ「自転車の形をした走る鉄屑」です。
なので、可能な限り予算枠一杯、3万円前後の物を買うべきでしょう。
3倍のコストをかけて作られている、ということは、3倍以上の性能と品質と信頼性がある、と考えてもらっていいです。

まず、ドッペル702、DE08、コンキスタの前後サス付きMTB3台は真っ先に除外です。
はっきり言って走る鉄屑です。
私ならタダでもいりません。

どうしてもMTBがいいというなら、最低でもこのへんをおすすめします。...続きを読む

QBSモールトンの乗り心地は?

お世話になります。

BSモールトンを乗っている方いらっしゃいますか?
http://www.bscycle.co.jp/bs_moulton/bsm_product_r9.html
乗り心地はいかがでしょうか?


坂道の多い地域で、休日の散歩ならぬ散チャリ用で考えているのですが
いかんせん高額なので、手が出ません。

他に何かミニベロ系で、初心者の女性が乗っても安心なもので
お薦めあればアドバイスを頂ければ幸いです。

Aベストアンサー

乗り心地としてはサスペンションも付いてる事もあり、ソフトです。
ただ、サスペンションというのは路面からの衝撃を吸収する反面、自分のペダリングパワーをも吸収してしまい、パワーロスがより多く発生し疲れやすいのも事実です。

オフロード走行を前提としているマウンテンバイクを除いて、自転車へのサスペンション搭載の意味はあまりないと言えます。どちらかというと、かっこ良さというか本物感、それらしい雰囲気を出すために搭載される事が多く、このモデルに関しても同様の事が言えます。

このモデルはHPにも記載がありますが、昔の本家本元のイギリスのモールトンを、ブリジストンがリファインして日本で販売しているモデルです。悪く言ってしまえばコピー品であり、「モールトン」というものに強いこだわりがないのであればお勧めしません。ブランド料だったり、サスペンションだったり、自転車本来の機能性とはあまり関係のない所でコストがかかり、高価な自転車になってしまっている印象があります。
また本当のモールトンファンからは「こんなのはモールトンではない」という声が聞こえてきそうです。

もちろんデザインとか雰囲気に惹かれて購入するというのであればそれはそれで全く問題ないとは思います。
でもこの程度の小径車で18万というのははっきり言って高いかと。この金額が出せるのなら他メーカーで非常にハイスペックな小径車を購入できます。

小径車とは言っても、折りたたみが出来るタイプとそうでないものがあります。折りたたむ必要があるのかないのか、これをはっきりさせましょう。

一般的に折りたたみ機構がある方が、構造が複雑で、重量が重く、価格も高くなる傾向があります。
有名どころとしてはジャイアント
折りたたみなし
http://www.giant.co.jp/giant11/bike_datail.php?p_id=00000050&action=outline
http://www.giant.co.jp/giant11/bike_datail.php?p_id=00000035&action=outline
http://www.giant.co.jp/giant11/bike_datail.php?p_id=00000034&action=outline
折りたたみあり
http://www.giant.co.jp/giant11/bike_datail.php?p_id=00000038&action=outline

デザイン的に好みかは分かりませんが、イデオムやMR4は数ある小径車の中でもトップクラスの走行性能があります。
またジャイアントはコストパフォーマンスでも最高のメーカーで、機能性を優先するのならベストだと思います。

その他として定番のBD-1
折りたたみ可能なバイクですが、こちらも走行性能は非常に高いです。
http://www.mizutanibike.co.jp/bd-1/index.html
サスペンションに関しては、結構固めでパワーロスは少なめです。
交換も可能だったと思います。

DAHONも有名です。
http://www.dahon.jp/index.html

自転車のカテゴリーがありますので、具体的な車種に関してはそちらで質問されてはいかがでしょうか。

乗り心地としてはサスペンションも付いてる事もあり、ソフトです。
ただ、サスペンションというのは路面からの衝撃を吸収する反面、自分のペダリングパワーをも吸収してしまい、パワーロスがより多く発生し疲れやすいのも事実です。

オフロード走行を前提としているマウンテンバイクを除いて、自転車へのサスペンション搭載の意味はあまりないと言えます。どちらかというと、かっこ良さというか本物感、それらしい雰囲気を出すために搭載される事が多く、このモデルに関しても同様の事が言えます。

このモデルは...続きを読む

Q超高速な自転車

超高速な自転車についてわかる方いたら教えてください。

以前テレビで紹介されてたのを見たのですが、自力ですごいスピードが出る自転車でした。
フルカバー型で風の抵抗が少なく雨もへっちゃらって感じでした。
一人乗りで、超狭い車に乗るような自転車でした。

通勤で使えたらすごい便利なのになと思い、頭から離れません。
フルカバー型の二輪って、すごい魅力的な乗り物だと思うんですが、
一般的にはそうは思わないのでしょうか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ストリームライナーと言われる自転車だと思います。
リカンベントを空力的にカウルで覆った物です。

三輪のタイプだと「ベロモービル」と呼ばれます。
実際に乗ってる人に話を聞くと平地であれば時速50キロ越えて巡航できるらしいです。
フルカウルで屋根もあるので雨の人も乗れます。
まあ、名前の通り「人力自動車」ですね。

ただ、輸入品だし非常に高価です。
余裕で軽自動車が買える位するようですよ…。

自分もカウル付きでは無いですけど一時期リカンベントに乗ってました。
確かに速いし快適ですが、全長が長いので小回り効かないし車高が低いんで車は怖いです。
しかも普通自転車を超えてしまってるので軽車両扱いとなり歩道は一切走れません。
正直日本の環境では運用は難しくある意味では初心者には危険でもあります。
オランダとか行くといっぱい走ってるらしいですけどね。

Q自転車の鉄フレームで、ラグと溶接どちらが高強度?

鉄のカテゴリがどこかわからないのですがとりあえずここで質問します。
Wikipediaの自転車フレーム素材の項目によると自転車用鉄フレームの接合方法にはラグとラグレスと溶接の3種類あります。このうちママチャリでラグレスはほとんど見ないので除外するとして、ラグと溶接は一般的にどちらがより高強度と言えるのでしょうか?
素人目にはラグのようなパイプに差し込む形式のほうが頑丈そうに「見える」のですが、鉄の専門家の方からはどう見えてるんでしょうか?
比較的高級なママチャリはラグを使用した鉄フレームが多く安価なものは溶接が多いのですが、これは高強度や耐久性を要求される高級ママチャリだからラグを採用してるのか、それとも見栄えでラグを使ってるのか知りたいのです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 
ラグはデザイン重視です、強度は切り欠き効果が出るのでラグレスより曲げに弱くなります。
ただ、溶接は良い工程・設備で行わないと劣悪な品質の物ができるので工程(作業)の管理は難しいです
 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報