どうしても閣下のようなハイトーンボイスが出せるようになりたいです。みなさんアドバイス宜しくお願いします

A 回答 (1件)

 こんにちは☆ボーカルやってます!!


 デーモン小暮閣下歌うまいですよね~。
 マシンガンズとかメタル系のシャウト且つハイトーンの歌を、ファルセットを使わずに思いっきり歌ってると高音の音域は結構上がります。
 後はそれと同時に腹式呼吸とファルセットの切り替えの練習をすると良いと思います。
 余談ですが閣下はビブラートの形がアゴガクガク系の出し方なんでそれをまねると歌い方も似るかもしれません♪ 後はひたすら歌うのみなんでガンバってくださいね!!
    • good
    • 1
この回答へのお礼

御早い返事に対して,返事が遅くなり大変すいませんです!そっか,ボーカルやってらっしゃるんですね~.僕もバンドでボーカル始めて,自分の音域の狭さにびっくりしたわけなんですけど,アドバイス頂いたように頑張ってセックスマシンガンズあたりでシャウトし続けてみます~!あとのどで歌わないように腹式呼吸も大事ですよね!
大変参考になりました.御互い音楽頑張っていきやしょう

お礼日時:2003/06/03 15:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミドルボイスを習得したら一気に高い歌が楽になる?

ミドルボイスを習得しようと励んでいます。
今日、声の張り上げじゃなさそうな声を出せた気がします。
でももうちょっと高い声を出そうとすると変に裏返ったりします。
そこで質問なんですが、ミドルボイスというものは、習得したらさらっと高い声も出せるのでしょうか。
それとも練習を重ねて、どんどん高くなっていくのでしょうか。
教えてくださいお願いします

Aベストアンサー

ミックスボイスとも言うらしいですね。

大分前に研究して、今は普通に使っています。
ただし、多くの人(というか専門家が)ミックスボイスについて誤解しているため、
習得が難しくなってしまい、希少価値にされています。

まずはそこから。

声の出し方には色んな分野がアプローチしていて色んな話が出ています。
歌=芸術として考えると難しいのですが、音=物理として考えると内容は単純でした。
発声をするにあたり、練習法だけを知るのは科学的ではありませんし、合理的じゃないです。
音は空気の振動であり、波の性質をもちます。

人がどうやって発声し、音程を制御しているのか?ここを考えないといけません。
私は医学的なアプローチをしている論文やボイストレーナーの記事を読み着想を得ました。
また、良く響く声、上手いのだけどパンチのない声などを録音し、

周波数解析をかけて特徴を分析しました。

さらに、過去の歴史で誰かが気づいているはずですので、音楽史のあたりから調べ、
だいたい把握することが出来ました。
すると、普通の人が自己流でどんなに練習しても習得できないことが分かります。

私の場合は、まずそれに気がついて、気をつける部分を変えたのです。

まず大事な結論ですが、
地声と言うのは、喋る時の声です。ミックスボイスは、歌う時の声と解釈しましょう。
喋る時と同じ喉の使い方で歌ってよいと思っていると、歌唱力自体が頭打ちになります。
つまり、話し声と同じ発声で歌ってはいけないのです。

これを続けていると、脳が混乱して、歌うと言う作業が難しくなります。

クラシックではこれを良く知っていて、最初に発声練習をさせます。
あれは音程をあわせる練習ではなく、ミックスボイスを体得する初歩の喉使いを知る練習です。
この段階では、ミックスボイスとしてもアンコントローラブルであるため、
地声と誤解されています。物理的にはミックスと全く同じ周波数の波形が出ており、

喉の使い方も同じです。

あとは制御の問題だけなのですが、
当時の科学では音の解析等不可能でしたから、クラシックは気がつかずに終わったのです。
ミックスボイスが尊ばれるのは、歌唱力が飛躍的にアップするからです。

声楽では、発声練習をこちらの効能につかっています。
音程等は、狙わなくても一瞬で合います。

以上から、地声と裏声を混ぜて発声することが、歌声の基本であり、
ミックスボイスの体得以外に歌の練習は無いと思いましょう。

では、歌の上手い人も、なぜミックスボイスが出せないかと言うと、(次が大事)
裏声を練習していない(足り無すぎる)からです。

クラシックでは、
裏声と地声をわけてしまうため、地声で声域があるほうが良いとしてしまいます。

ところが、
実際には裏声と地声(喋る喉)を同時に出し、共鳴させると素晴らしい声量になります。
呼吸も楽で、ブレスがほとんど必要ありません。
さらにミックスボイスは、
ミックスボイスであるのに地声の音色や裏声の音色をまねる事が出来ます。

つまり裏声を練習し、
ミックスボイスを体得し、その上で地声のフリをすることができるのです。
クラシックでさえ、
あの音域と声量は、やはりミックスを使わないと物理的には出ないのですよ。

と言う事は、
世の中には、ミックスボイスを使う歌い手だけの一種類が存在し、
彼らがジャンルごとに声の音色を変えているのです。

体で覚えた人は、
実はミックスを使っているという事を知らず、自分の歌声に限界を作っていたり、
または専門家が違うものとして教えるため、
既に体得しているのに出来ないと思い込んでいるプロ歌手もいるという事です。

こんな事情で、
科学的な分析がされていないため、このジャンルは天才が出現します。


普通の人でミックスを体得したい人は、
裏声じゃないと言う表現を真に受けてしまい、
裏声を出さないように頑張ってしまうため、体得に時間が掛かかります。

ミックスボイスは、
低域を担う発声とファルセット(倍振動)を担う発声を同時に使います。
で、普通の人が呼ぶ地声と言うのは、そのどちらでもありません。

地声を獲得していると誤解しているため、更に問題がややこしくなります。

一生混ぜることが出来ませんよね? 片方(地声のほう)がないのですから。
さらに、裏声を出すまいとしますから、双方出せず、全く練習になりません。
体得の近道は、その双方を個別に出す練習をし、これらを混ぜる段階に進むことです。

ところが、実際はそれほど大変でありません。

基本は裏声です。
裏声は声量が出ないと言う定義を信じず、裏声ばかりを出す練習をします。
最初のうちは、喉が痛いし、声がかすれて全くでません。

ここがとても重要です。

頑張っていると、仕方なく、声が響く方法を工夫し始めます。

これで突然裏声でも声量が稼げるようになるのです。
だいたい1年~2年。
人により3年~5年。
これくらい掛かるものを、直ぐにできるとの誤解は禁物です。

余計な知識が無いほうが良く、ファルセットばかりをする。
突然開眼すると言うわけです。
女性や子供のほうが、声帯が小さいので出しやすいそうです。

しかし、実際にミックスを体得した後は、男性の声帯が発する低音はすさまじく、
これの合成で出来上がる高音域は女性の声を圧倒します。
(ミックスでは、完全に女性の声と同じに出すことも出来る)

裏声は声帯が倍振動をする特殊なモードなのですが、最初は喉に力が入ってしまいます。
ところが力を入れないほうが、揺るやかな振動をして、音量が大きくなり、

(ここがポイント)

音量や音程は、声帯ではなく、口のあけ方、舌のおき場所、喉の空け方(固定の仕方)
が大事だと体で分かってきます。物理としての観点でも、非常に合理的です。

更に、息の量が多いと、空気が余計に揺れてしまい、音が消えてしまうことがわかります。
普通の人が使う地声は、息の量で音の大きさをコントロールします。
ミックスで使う地声も、
裏声も、息を吐かず、声帯を閉じて、少しだけ息を漏らすようにします。
この小さな音を喉や口、舌など微妙な作業で響かせるように練習します。

つまり、口笛と原理が同じなのです。喉笛という表現が近いでしょう。

ファルセットで声量が稼げるようになると、緊張感がなくなってきて、
更に喉に力が入らず、(それはもういい加減なくらい緩む)、
段々ファルセットがとまり始めます。

ファルセットは声帯に特殊な力を入れて倍振動をいざなう訳です。
これに緊張感がなくなると、時々とまるわけですね。

つまり、
これが地声が混ざる瞬間であり、ミックスされた状態であり、
この段階でファルセット自体の音域が下がってきます。

次に低音域の発声の仕方が分からなくなります。
戸惑うと言う感覚です。
明らかに、これまで地声としてきた発声と違う声の出し方をしたくなっています。

しかしそれをすると、声が裏返るわけですね。
ここでは無理せずに、裏声で歌唱を続けます。

これもやはり1-2年たつと、「適当にやりたい」と思うと、
声が裏返らず、低音域も綺麗な声で歌うことができるようになります。
抜群の安定感になるでしょう。
声自体が甘く響き、魅力的な男性の発声になっているはずです。

こうして自然に、ミックスを制御できるようになるのです。

しかし、喉の制御を覚えても、歌では活用できません。
次が大変重要です。あることをしないと、全ての力が解放されません。
それは、リズム、拍の感覚です。しかも、メトロノームでやってはいけません。
別の脳が鍛えられてしまい、本来の音楽とは違うものを覚えてしまいます。
必ず、足や腕を振り、歩くこと、
または歩く想像(想像して歌う)をすることで、感覚を養います。

これは意外と簡単で、
人間の生理学上既に優秀な機構があるため、1ヶ月もかからないでしょう。
歌う時には、歌詞をある程度先まで思い出し、「歩かなきゃ」と心で言い続ける。
すると強烈なトランス状態になります。
(音楽にあわせて足踏みするだけの準備運動を20分すること)

この状態で歌うと歌詞がなかなか思い出せず、良く忘れます。
ただし、体に染み付かせておくと、情感を演出したり、演技ができるようになります。
(心の中は凄いボンヤリしているか、もしくは不埒なことを考えてけらけら笑っています)

さらにこの状態になると、音程精度が凄まじく向上し、
プロの歌声の音程ズレが気になるようになります。(さめるとわからなくなるが)
また、リズム感覚も素晴らしく、1000分の1秒の遅れ等が気になるようになります。

音程に関しては、必ず聴音練習を先にして、常に音楽を暇な時に聴くようにします。
特に練習はいりません。ただし、時間としては2年くらい掛かります。

聴音は、PCソフトがフリーであったりします。
これの問題形式の練習を8時間くらいするだけで足ります。
大事なのは、自分が音程差として捉えているものが、オクターブ差であると気がつくこと。
(それくらい感度が悪い。これに気がつくだけで良く、力自体は前述の音楽視聴で身につく)

音楽で最大重要事項は、先ほど述べた拍とリズムです。
これにより、脳がトランス状態にいざなわれ、俗に言う天才と同じ力を発揮します。
発声の練習をしつつ、同時に養うと良いでしょう。
トランス状態では美しいものに憧れる気持ちを維持します。

以上、まだまだ具体的な説明ができていませんが。ご参考になれば。

ミックスボイスとも言うらしいですね。

大分前に研究して、今は普通に使っています。
ただし、多くの人(というか専門家が)ミックスボイスについて誤解しているため、
習得が難しくなってしまい、希少価値にされています。

まずはそこから。

声の出し方には色んな分野がアプローチしていて色んな話が出ています。
歌=芸術として考えると難しいのですが、音=物理として考えると内容は単純でした。
発声をするにあたり、練習法だけを知るのは科学的ではありませんし、合理的じゃないです。
音は空気の振動であ...続きを読む

Q世間的に演奏が上手と言われているバンド 又は リズム隊が絶妙なバンド を教えて下さい。

○ライブの動員数が物凄く多かったり、長年活動していたり、CDの売上が物凄いといった実績ではなく、世間的に演奏が“実力派”と言われるバンドや世間的にバンドとして“トータルバランス”で演奏が上手と言われているバンド。

○「このバンドのリズム隊は絶妙で感心しまくりなので是非!」というもの。

小生は20年以上HR/HMをメインで聴いてきました。ギターを激しく嗜んでいた時期もありました。極論から言えばプログレを聴けばいいのでしょうが、上手く説明出来ませんが個人的にプログレ特有のマニアックさが馴染めません。なので今回は、POP~ROCK間で上記を満たすバンド(ピン(ソロアーティスト)のバックバンド含む)を教えていただきたく思います。

一応注意事項(御遠慮願いたいもの)
・“ノリ”だけで曲が成り立っているもの(所謂パンク)。
・電子音(打ち込み等)や一定の単純なリズムが延々と続くもの。
・ジャズやパープル(ディープ・パープル)の「Live In Japan」のように、メンバー一人一人が好きかってな事をやって曲が成り立っているもの。
・イングヴェイ・マルムスティーンのように“一人だけ”ずば抜けてセンスや個性が目立っているバンド。

感じとしては、メロディー重視でバンドが一体となってその魅力を引き出しているもので、普通に聴いていると何て事はないんだけど、じっくりよく聴いてみると「ほほぅ」と感心してしまうようなものを希望します。

バンド名だけでなく、そのバンドのアルバムや曲も“必ず”いっしょに載せて下さい。邦楽、洋楽問いません。試聴出来るとありがたかったりします。レンタル屋に置いてありそうなレベルでお願いします(今のところ購入は考えていません)。

私的欲求を満たす質問で大変申し訳ありませんが、よろしくお願いいたします。
失礼いたしました。

○ライブの動員数が物凄く多かったり、長年活動していたり、CDの売上が物凄いといった実績ではなく、世間的に演奏が“実力派”と言われるバンドや世間的にバンドとして“トータルバランス”で演奏が上手と言われているバンド。

○「このバンドのリズム隊は絶妙で感心しまくりなので是非!」というもの。

小生は20年以上HR/HMをメインで聴いてきました。ギターを激しく嗜んでいた時期もありました。極論から言えばプログレを聴けばいいのでしょうが、上手く説明出来ませんが個人的にプログレ特有のマニアックさが馴...続きを読む

Aベストアンサー

最近は「打ち込み」が多いのでバンドとしてのノリってのが
意味が変わってきたように思います。

この御要望でしたら'70~'80年代のロック系がいいでしょうね。
「ドゥービーブラザーズ」なんかいかがでしょうか?
「シカゴ」もいいです。

あと「バンド」ではないのですが、
サイモン&ガーファンクル のセントラルパークのライブ版(タイトル忘れた)
は、バックが当時のニューヨークの超一流ミュージシャンばっかりで、(「スタッフ」が主ですが)
屋外ライブとは思えないリズム隊です。 名盤です。

リズム隊といえば、「アース・ウィンド&ファイヤー」 ですね。
 ライブでも変わらないキメとノリが最高です。

っと、有名なとこばかり並べましたが、必ずレンタル屋にあります!!

Qジェイル大橋の脱退理由 ~聖飢魔II~

今までジェイル大橋が聖飢魔IIを脱退したのは、テレビにでたりタレントじみた活動が嫌になったからだと思っていたのです。が、エース清水のギターの腕が脱退の原因だ、って話を聞いたのです。

実際のところ、脱退の理由はなんなのでしょうか。

Aベストアンサー

 それは私のこのサイトでの以前の回答をお読みになったのでしょうか?
ジェイルが脱退後、たしかロクfだったと思いますがインタビューに答えて
デーモンとはうまくやっていたし、今でも彼に悪い感情は持っていないと答えていましたから
タレント的な活動が引き金になったのではないと思います。
もともとデビューが決まって急に呼ばれた腕利きギタリスト的な立場でしたし。
絶対許せないのは、メンバーの中に俺のリフを盗んだやつがいることだというふうに答えていました。
名前は出していませんでしたが、エースを指しているのは疑いようがありません。
そのほかに脱退の理由については触れられていませんでしたから
エースとの確執が脱退の原因だと公式に本人が話したというのが事実です。
もちろん細かなことが重なって脱退につながったのだとは思いますけどね。
エースはミュージックスクールで講師をつとめていたくらいですから
決してテクニックがないわけではないと思いますが
ライブでのエースのテクニックに難点があり速弾きにオリジナリティーがないということについて
過去の質問で詳しい方が期せずして述べていらっしゃるので
テクニック至上主義のHM界では評価されなかったことでしょう。
リフを盗んだうんぬんについては
いいフレーズを弾いているからちょっと使わせてもらったよくらいで
エースにはそんな悪気はなかったんじゃないかと思いますが
それはHMギタリストがやってはいけないことだと知らなかったんでしょね。

 それは私のこのサイトでの以前の回答をお読みになったのでしょうか?
ジェイルが脱退後、たしかロクfだったと思いますがインタビューに答えて
デーモンとはうまくやっていたし、今でも彼に悪い感情は持っていないと答えていましたから
タレント的な活動が引き金になったのではないと思います。
もともとデビューが決まって急に呼ばれた腕利きギタリスト的な立場でしたし。
絶対許せないのは、メンバーの中に俺のリフを盗んだやつがいることだというふうに答えていました。
名前は出していませんでしたが...続きを読む

Q高音域の声の出し方、教えて!

歌はへたくそで、特に高音域を出すのが苦手です。腹式呼吸はできるようになったのですが、いわゆるヴォイスコントロールができてません。最近になるまで歌う機会はほとんどなくて、歌いなれている事も全くありません。カラオケにもいきません。ただ、ポール=マッカートニーの「Yesterday」をキーをGで歌えるようになりたいのです。また、山﨑将義の曲を知っておいででしょうか?上手に歌いたいのですが彼の歌は(僕にとってですが)、かなり高いのです。まずは、静かな曲を上手に歌えるようになりたいのですが、いずれはロックな曲も上手に歌えるようになりたいので、アドバイスを宜しくお願いします。伴奏はアコギです。又、座った状態でも変わらずいい歌が歌えるのかどうかもお教えいただければ嬉しいです。専門的なことだけでなく、体験、経験による話等も、もちろん歓迎ですので、なんでもおしえてください。お願いします。

Aベストアンサー

私は歌を習った事はないのですが、
独学で練習し、今はプロの方達のバンドのコーラスを
しています。

経験からすると、声は出せば出す程、出るようになるという事です。
それも、大きい声や、はずれた音でも、
思い切り出せるような環境で声を出す事です。

この音はひっくり返るかもしれない・・出ない・・等の気持ちが
あると、自然と声を押さえて出したり、
地声でなく、無難な裏声で出したりしますよね??
ですから、思い切り出せる環境というのが大事です。
そこで、安定した歌唱力を持つ=自信も持つ事が大事だと思います。

複式呼吸だけ出来ても、声をコントロール出来ないと、
いわゆる『音痴』と言われる風になってしまうので、
どうしたら音が出しやすいか、例えば力を入れる、抜くとか
そーゆーテクニックも必要だと思うのです。
コツをつかんで、コントロールを覚えるように、
思い切り、恥ずかしいという気持ちをなくして、
声を出してみてください。

なにしろ、声・リズムなど、しばらく歌わないと
思うように歌えなくなってしまう事が多いです。
楽器もそうですけど、しばらく練習しないと指が思うように
動かない事もありますよね?
同じように考えてみてください。

バラード系は、歌うのが難しいです。
リズムと声の出し方が特に。
アップテンポの方がリズムに乗った勢いで歌うのが楽だったり
します。(個人的にですが・・)

恥ずかしいかもしれませんが、1人または気心の知れてる人と
カラオケBOXに通う事をお勧めしますよ!
家で歌うのには限界がありますから。
スタジオを借りるのも手ですが、カラオケに行った方が
料金的にはかなり安く済みます。
また、テープに自分の歌声を録音すると、客観的に欠点がわかるので、
それもお勧めします。
欠点と共に、自分の声の、歌声の良い点もみつける事ができますよ!

歌は声を出す事で始まるのですから、
歌って、歌いなれる、自信を持つ事から始めてください!
caballeroさんが、前に進める事を願ってますよ!
また何か疑問がありましたら、補足にでも書いてください。

私は歌を習った事はないのですが、
独学で練習し、今はプロの方達のバンドのコーラスを
しています。

経験からすると、声は出せば出す程、出るようになるという事です。
それも、大きい声や、はずれた音でも、
思い切り出せるような環境で声を出す事です。

この音はひっくり返るかもしれない・・出ない・・等の気持ちが
あると、自然と声を押さえて出したり、
地声でなく、無難な裏声で出したりしますよね??
ですから、思い切り出せる環境というのが大事です。
そこで、安定した歌唱力を持つ=自...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報