何度もくどくどと質問してしまって何だか申しわけありません。
岡本監督が撮った「大菩薩峠」を見ました。仲代達矢が机竜之助のやつです。原作自体がもともと大長編小説ですが、映画化に際しても東映の片岡知恵蔵版に大映の市川雷蔵版、何れもシリーズ化というか続編というか、何本か作られていますが、この東宝の仲代版は何だかちょっと尻切れとんぼの感もあります。続編の予定はなかったんでしょうか?どうでもいいといわれそうな質問で恐縮なんですが、どうも気になったもので。ご存知のかた、どうかお願いします。

A 回答 (1件)

redhouseさんも、渋い映画のご質問が多いですよね。


岡本監督は、日本の映画監督の中でも、私が最も好きな監督なもんですから、こういう質問にはつい張り切って答えてしまいます。

他社の例にもれず、この東宝版「大菩薩峠」もシリーズ化の予定だったそうです。しかし撮影後にその計画が中止になり、急遽ラストシーンを、竜之助と新選組の闘いを延々と描き続けるというように、編集段階で手直ししたのだそうです。第二部に期待をつなぐかのような当初の脚本(瀕死の重傷の竜之助が川から這い上がる:撮影もされたそう)は、当時の「キネマ旬報」誌(65年秋の特別号400)に掲載されています。といっても私は話に聞いただけで、この号(シナリオ)は未見なんですが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>redhouseさんも、渋い映画のご質問が多いですよね。
ひえ~、滅相もない。いつもbenjaminには迅速な回答をいただいて、ありがたいやら恐れ入るやらでございます。

そうですか。続編は中止になったんですね。それも1作目の完成間近に。んもう、東宝の上層部出て来いっ!てなもんですね。でもこれで疑問が解けてすっきりしました。ありがとうございました!

お礼日時:2001/04/02 01:31

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ