描写力が凄い官能小説を教えてください。

趣味で官能小説を書いているのですが、
シチュエーションに拘りすぎて言葉がありきたりで説明的になったり
逆に言葉に拘りすぎて陳腐な文学作品のようになったり、上手くいかないです。

そこで、参考になる官能小説を教えていただけたらと思います。

希望としては、とにかく表現が豊富で、中年のセックスのような
エロいよりもいやらしい、ねっとりした表現の作家さんを知りたいです。
あと、日本語での表現方法が知りたいので、登場人物が
日本人のものの方がいいです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

a741さんに、似た回答です。


官能小説は読んだ側がそのままずばり、官能を受けるか、否かに優劣が決まります。
作家および読者の男女別で官能の受け方が違うようです。
だから、男性が良いと感じた作家と女性が良いと感じた両側で表現を参考にしたらいかがでしょう。
もうひとつは、読者にある程度画像つきで想像させたほうがいろんな性癖を持つ人々にも有利に働くのではないかと思われます。
    • good
    • 2

未完の対局...官能小説家が先か文学小説が先かを今も疑問に思ってる作家も本です。


 一度読んでみるといいですよ。官能の表現は露骨であるより露骨でない方がそそるかもね。
 官能小説でないけど表現の参考になると思う。あの南里・・・が書いた作品なんだから
    • good
    • 2

文芸的・重厚…


阿部牧郎
富島健夫

現代的・軽快…
神崎京介
豊田行二
南里征典
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q官能小説と普通の小説の境界線はありますか?

不倫をテーマに、男女の情事の様子を盛り込んだ小説を書いて、
公募している出版社に投稿しようと思っています。
大人の恋愛の中にある独占欲や奇麗事無しの欲求を表すために、
官能的表現を持ち入りたいと思っているのですが、
どこからが官能小説と呼ばれる小説になるかどうか、
その境界線はあるのでしょうか。

例えば、マドンナメイト文庫では、
バリバリにどぎつい場面や状況を文字で表現したとも言えるような
作品ばかりが目立ちますが、
新潮文庫にある唯川恵さんの作品の様に、
恋愛模様に、男女の情事の模様を盛り込んだ作品もありますし、
『失楽園』や『愛の流刑地』で有名な、渡辺純一さんもおられます。

官能表現が少しでもある作品はここの出版社は受け入れないとか、
どういう表現までなら、官能小説とみなされず、普通の恋愛小説扱いになるかとか、
そういった所が分かりません。

ご存知の方がいらっしゃればご教示下さい。

もしくは、私の持つ疑問が解けるようなサイト等がございましたら、
そちらのURLを紹介をして頂きたく。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ぼくは次のように考えています。

一般の小説における性描写とは、恋愛や欲望などを表現するためのもの。
官能小説における性描写とは、それ自体を楽しむもの。

つまり作品の中での位置づけが問題であって、性描写の内容や過激さとはあまり関係ありません。一般向けの公募であれば、たいていは大丈夫だと思います。

Q女性向け官能小説やカールズラブ小説を出しているレーベルを教えてください

女性向け官能小説やカールズラブ小説を出している出版社はありますか?
どちらでもいいので、ありましたら、レーベルを教えてください。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

それに近いのは「一迅社文庫アイリス」...ぐらい?

Qババロアが登場する、官能小説ではないけれどかなりの性描写が含まれた小説があったと記憶しているのですが…

今から五年程前に読んだ記憶がある小説についてお訊ねします。
その小説には相当な性描写が在りましたが、
恐らく官能小説として販売されている物ではないと思います。

母が借りてきた小説を何の気無しに読みんでいたら、
かなりの性描写を含んだ場面があり釘付けになったものの、
後ろめたくなって途中で読むのを止めてしまった
と言った事がありました。

大凡の内容ですが、
(1)主人公は女性
(2)その女は不倫をしている
(3)ベッドへの誘い文句は「今日ババロア買ってきたのにナァ」
(4)女はババロアを冷やして男の性器に乗せ、
精液と共にババロアを食すのがこの上ない愉しみであった
等、中学生が読むにしては刺激が強い作品でした。

もしかしたら今では何て事無い描写かも知れません。
母が市民図書館から借りてきた本ですので、
官能小説では無い事は確かです。

冒頭しか読まずに閉じてしまったので、どんな結末かは全く知らないです。
今ふと気になったので記事を設けました。

朧気な記憶で大変心苦しいですが、
もし御存知の方がいらっしゃいましたら是非御回答下さい。

今から五年程前に読んだ記憶がある小説についてお訊ねします。
その小説には相当な性描写が在りましたが、
恐らく官能小説として販売されている物ではないと思います。

母が借りてきた小説を何の気無しに読みんでいたら、
かなりの性描写を含んだ場面があり釘付けになったものの、
後ろめたくなって途中で読むのを止めてしまった
と言った事がありました。

大凡の内容ですが、
(1)主人公は女性
(2)その女は不倫をしている
(3)ベッドへの誘い文句は「今日ババロア買ってきたのにナァ」
(4)女はババ...続きを読む

Aベストアンサー

第42回江戸川乱歩賞受賞作家の渡辺容子さんの
『斃(たお)れし者に水を<祥伝社/\1,785/1999>』だと思います。
官能小説ではなく、ジャンル的には推理小説です。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396631383/qid=1114651261/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/250-2170639-6547426

2001年に講談社より文庫でも出ています。
<講談社文庫/\680/2001>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062731851/qid=1114651261/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-2170639-6547426

ババロアについては、講談社文庫の情報冊子『IN POCKET』にて触れています。
http://shop.kodansha.jp/bc/bunko/pocket/200106/004.html

公式サイトのURLも貼っておきます。

参考URL:http://www.watanabe-yoko.com/

第42回江戸川乱歩賞受賞作家の渡辺容子さんの
『斃(たお)れし者に水を<祥伝社/\1,785/1999>』だと思います。
官能小説ではなく、ジャンル的には推理小説です。
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4396631383/qid=1114651261/sr=8-2/ref=sr_8_xs_ap_i2_xgl14/250-2170639-6547426

2001年に講談社より文庫でも出ています。
<講談社文庫/\680/2001>
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4062731851/qid=1114651261/sr=8-1/ref=sr_8_xs_ap_i1_xgl/250-2170639-6547426

ババロアにつ...続きを読む

Q官能小説と恋愛小説の間

官能小説だと内容が濃すぎる・・


恋愛小説だと軽すぎる・・。




その間ぐらいの小説ってないですか?

若い人が読むような感じで。

Aベストアンサー

石田衣良さんの「眠れぬ真珠」http://www.shinchosha.co.jp/book/459502/

Qリズムがよく流れるように読める小説or表現や言い回しの面白い小説orユーモアあふれる文体の小説を探しています。

最近小説に興味を持ち、出来れば書いてみたいと思って手本にする文章(作家さん)を探しています。

そこで、リズムがよく流れるように読める小説or表現や言い回しの面白い小説orユーモアあふれる文体の小説に少しでも心当たりのある方、どうか教えて頂けないでしょうか。
多く兼ねそろえているモノだとなおいいです。

ジャンルは一切問いません。純文学、ライトノベル、短編長編、小説でさえあればなんでもいいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

自分が今まで読んできた中ですと、森見登美彦さんの小説が
そういう雰囲気でした。
もしかしたらすでに読まれているかも?
時代がかったような古くて臭い言い回しを妄想の力で怒濤のように
読ませてくれる、洒落っ気の効いた作品が多いです。
デビュー作の四畳半神話体系、新作の有頂天家族などおすすめです。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報