「忠犬もちしば」のAIボットを作ろう!

一般小説で夫婦の性描写が多い作品や作家を教えてください。重松清や宮元輝をよく読みます。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

重松清」に関するQ&A: 重松清系の本。

A 回答 (2件)

阿部牧郎


富島健夫

何冊か読みましたが、タイトルまでは覚えていませんm(_ _)m

性描写はけっこう好きな作家です。
    • good
    • 0

夫婦の性を扱った純文学の名作では、


外村繁「澪標(みおつくし)」があります。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q性描写が多い小説の面白さ(「純情エレジー」)

こんばんは。質問させて下さい。
先日、「純情エレジー」という短編集を読みました。有名作品のようで、あまり本を読まない私でもタイトルを知っていたため、図書館で借りました。表紙の絵が10代の女子の心を掴むかわいらしさで、ワクワクしながら読んだのですが…私には面白さが理解できませんでした。

(以下少しネタバレを含みますので、ご注意下さい。)

特に一番はじめの、缶ジュース1本で売春する高校生の女の子と、クラスメイトでその女の子を軽蔑する男の子の話は理解不能でした。男の子は女の子を罵倒し、でも結局セックスします。男の子が女の子を好きになったとか、怒り心頭して犯してしまうとかならまだしも、いずれでもなさそうでした。

この小説はいわゆるエロ小説ではないので、おそらく作者が描きたいとは性描写そのものではなく、その向こうにあるものだと思うのですが、分かりません。この作品に限らず、性描写が多い作品の面白さや、意図すること、メッセージ性を教えて下さい。他の作品を例に用いる際は、必要部分のあらすじも教えて下さると嬉しいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

桐野夏生女史の「グロテスク」はいかがでしょう?
単純なエロ小説ではありません。
女性にとって「性」は「生」につながって行くのかなとも感じさせる作品です。
かなりの長編ですが、主人公になる女性はあくまで語り部で自身の「性」と向き合って
いないことにも気づきます。
主人公の妹が主人公の「性」を代弁しているような気もしますし、数回読み返さないと作者の意図した「性」にはたどりつけないような気がします。
ともかく読むことであなたの「性」に対する価値観が変わるかもしれません。

Qエロティックな文学作品を教えて下さい

ポルノではなくエロティックな文学作品を教えて下さい。
オナニーもできるものだとますますいいかもしれません。

Aベストアンサー

#3の方がもう書かれていますが、山田詠美さんの本はヒェ~と思ってしまいます。
友達が「この程度じゃ全然エロティックじゃないよね?」と言い、読ませてくれたのですが、私を含めその他の友達は「いや、十分エロティックだよ。」と言いましたよ。ま、人によって感じ方は違いますので何とも言えませんが・・・ちなみに読んだ本は「姫君」です。色々な話が収録いた記憶があります。参考までに・・・。

Q重松清のエロ系な作品

重松清が好きです!
この人の作品は、感動系とエロ系に分かれると聞きましたが、
エロ系の作品のタイトルを教えてください。
疾走は読みました。なかなかパンチがきつかったです><
流星ワゴンは、かなり号泣しました。

他におすすめがあればお願いします。

Aベストアンサー

重松清さんの官能系作品としては小学館文庫から出ている「なぎさの媚薬」シリーズがあります。
第一巻「海の見えるホテル」から始まって第六巻まであり、統一されたデザインの表紙です。「なぎさの媚薬」で検索すると全六巻の全容が分かります。

そのほかに講談社文庫の「愛妻物語」も同系統です。

Q西村寿行作品でもっともエロスとバイオレンスに満ちた作品を教えてください

西村寿行作品でもっともエロスとバイオレンスに満ちた作品を教えてください 。

お願いします。

Aベストアンサー

「峠に棲む鬼」徳間文庫
女主人公が、上下巻を通じて、のべ百人くらいの相手にレイプされます。
女性が読んだらちょっと気分悪くなるかもしれません。

Q文学的な官能小説ってありますか?

官能小説は普通の文章と違い、オトノマペなど擬音が多く使われますが
あえて擬音を使わないで心理描写や行為と感情の結び付きを丁寧に書いている作品ってありますか?
あんまり擬音が入り過ぎているとオヤジ臭くて何だか引いてしまうので
雰囲気だけで楽しめる官能小説を読んでみたいのです

Aベストアンサー

オノマトペの頻出や、作家の創作による特殊卑語の連発はポルノの世界。
官能小説とは異なると考えます。

そこで辞書的な定義はさておいて、私の雑駁な区分です。

(1)即物的性的描写を主体に、直接的に劣情に働きかけようとするのはポルノ小説。

(2)男女のおかれた状況や心情を描写し、脳の働きを経て性愛の感性の扉をたたくのは官能小説。
  性的表現も当然あるが、言葉を大事にして書きすぎず、作者は読者の心理的な琴線に挑戦する。
  心理的満足感と肉欲の発情の有無や程度は、読者の作品への同化の程度次第である。

従って、読者にとってその作品がどれほど官能的であるか否かは、
読者の社会経験、男女間のことへの経験、“ことば”に関する知識とこだわり、価値観、
さらに脳の訓練度などにより差が大きい。

さて、
質問は(2)を求めていらっしゃいますので何がしか付記するならば、
・文章のしっかりした作家(いわゆるポルノ作家でない)の作品を選ぶ。
   彼らはきわどい場面を書いても表現を選び書きすぎず、
   余韻すなわち読む人の感性に訴える余地を残す。
・ストーリー乃至はテーマを持つ作品を選ぶ。
   これが良い加減だと場面変われど内容は繰り返し。
・短編か長編かは読者の好み。
   下手な作家の短編は最悪だし長編は付き合いきれない。
・作家を切り口にして読み込むこと。
そして自分の感性に合う作品や作家を見つけるのが快感です。
もちろん、ある作家の全作品が全て自分に合うわけではありません。

ご参考まで、
Chapter0さんの年代・好み等不明ですが、
是非お読みなさい!は『13のエロチカ』坂東眞砂子 角川文庫 薄くて安い本です。
 13の短編につき私の評価は
  ◎=すごい4ヶ ○=よい3ヶ △=う~ん2ヶ ×=いまいち4ヶ でした。
  20台30台40台50台の女性若干名づつに薦めて読後の感想とその理由を聞きましたが、
  総じて好評です。どれが好みかは当然個人差があります。 
  男性も女性も読書の習慣のない人は官能小説はだめのようですネ。

小池真理子、坂東眞砂子、林真理子、藤田宜永、瀬戸内晴美、他 良いのがあります。
清水一行も古くには官能小説を書いているのをご存知ですか?
豊田行二もある時期から官能小説を大量に書きましたが殆どがワンパターンです。


こんなのはいかがでしょう。
「浪漫的恋愛(ろうまんてきれんあい)」小池真理子 新潮文庫
登場する三人の女性達は中年で家庭を持ち、きっかけこそ異なれども一途に恋にはまりこむ。
家庭に縛られ自由の利かない女達が男好きになり、相手を求めて逢引に出かける。
明示的な表現は僅かだが、明らかに肉欲とその行為を伴う逢う瀬である。
救われるのは相手の男は彼女達との恋に真剣なことである。.....

「透光の樹(とうこうのき)」高木のぶ子 文春文庫
下半身の単純な欲望ではなく、体のもっと上の方、胸のあたりから、
切なくうずきながら下半身に訴えかけてくる感覚。.....

「天涯の船」玉岡かおる 新潮文庫
一般の小説ですが、小説として面白く後半では主人公の切なさが十分伝わります。

耐えられるポルノ小説と言うとこんなのはいかがですか。
「官能小説化R」杉本彩 徳間文庫
まったく気楽に読んでそれっきりといったものです。

つい多言を要したにもかかわらずお役に立つか否か不明ですが、
良い本に巡り合われることを祈ります。

オノマトペの頻出や、作家の創作による特殊卑語の連発はポルノの世界。
官能小説とは異なると考えます。

そこで辞書的な定義はさておいて、私の雑駁な区分です。

(1)即物的性的描写を主体に、直接的に劣情に働きかけようとするのはポルノ小説。

(2)男女のおかれた状況や心情を描写し、脳の働きを経て性愛の感性の扉をたたくのは官能小説。
  性的表現も当然あるが、言葉を大事にして書きすぎず、作者は読者の心理的な琴線に挑戦する。
  心理的満足感と肉欲の発情の有無や程度は、読者の作品への...続きを読む


人気Q&Aランキング