村上春樹の「ノルウェイの森」を最近読んで、まだその余韻にひたっています。次の日から周りの世界を見る目が変わったというか。

質問はタイトルの通りです。
三島由紀夫の「潮騒」もいいと聞きました。
それ以外でこれは、というものがあれば教えていただけませんか。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

山田詠美の「姫君」に収められている、「menu」はいかがでしょうか。



「ノルウェイの森」のような雰囲気か、というと感じ方はひとそれぞれですし…。でも“なんとも言えない冷たさ”は共通していると思います。
主人公は大学生(男)で自我の強いこと強いこと…。出だしからのめり込むこと間違いなしです。
余韻はかなり強烈に残ると思います。私は読後3日間くらいこのことしか考えられませんでした。圧倒的な世界観です。
    • good
    • 0

大学生だったか忘れちゃったんですけど、「ノルウェイの森」を読んだとき、ライ麦畑を思い出しました。

何か雰囲気が似てるなぁと(その時、村上春樹さんが翻訳する話はなかったのに)。村上春樹さん訳の「キャッチャー・イン・ザ・ライ」はどうでしょう。
    • good
    • 1

こんにちは。



原田宗典の「十九、二十」(じゅうく、はたち)です!
文字通り「僕」の大学生時代、十九、二十の頃の
自伝的(?!)小説です。

原田宗典というばバカっぽいエッセストの印象が強いかもしれませんが、
笑えて、泣ける素晴らしい小説です。

ブックレビューみたら、もっと読みたくなるかも。
既読だったらすいません。。。



参考URL:http://www.esbooks.co.jp/product/u/01/12?accd=18 …
    • good
    • 0

やっぱ花村萬月の『鬱』でしょ。

この回答への補足

ノルウェイの森」のような雰囲気をかもし出していて、大学生が主人公の小説なら、別に恋愛小説?でなくてもいいです。

補足日時:2003/07/16 11:38
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早々のアドバイスありがとうございます。
早速探してみます。

お礼日時:2003/07/16 11:38

宮本輝著「青が散る」


沢木耕太郎「深夜特急」
というあたりが個人的には好きですね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早々のアドバイスありがとうございます。
深夜特急は私も何度も見ました。
「青が散る」、早速探してみます。

お礼日時:2003/07/16 11:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q村上春樹「ノルウェイの森」について

村上春樹「ノルウェイの森」について
本日ようやく「ノルウェイの森」を読み終えました。国語・漢字がだめで、本を読むのが好きじゃない私が、めずらしく何時間でも読んでいられる、集中できる面白い小説でした。
この一冊で村上春樹のファンになってしまいました。今、平行して「1Q84」を読み始めていますが、やはり「ノルウェイの森」が面白い、私は好きです。
どなたか村上春樹の小説で、これは面白いという本、教えてください。

Aベストアンサー

ノルウェイの森、いいですね。
私も最初に衝撃を受けた村上作品です。

ただ、ノルウェイは村上作品の中では異色です。
殆どの長編は概念的な解釈を要求する
非現実的な設定が入っていますので
受け付けにくい人にはなんじゃこりゃとなります。
(ノルウェイも入っていますがわからなくても読める)

ノルウェイの森と比較的同じような感じで読みやすいとしたら
「国境の南、太陽の西」じゃないでしょうか。



文章的に一番冴えがあると思うのは
「羊をめぐる冒険」~「ダンス・ダンス・ダンス」の頃ですね。
「ダンス・・」は「羊をめぐる冒険」の続編ですので
読むのなら先に「羊」を。
(正確には「風の歌を聴け」「1973年のピンボール」からも繋がっていますが
「羊」から読んでも大丈夫)


個人的には最近の作品より「ねじまき鳥クロニクル」までの作品の方が好きです。
ノルウェイの森は殿堂入りとして
他でベストをあげるのなら
「羊をめぐる冒険」
「世界の終わりとハードボイルド・ワンダーランド」
「ねじまき鳥クロニクル」
です。

文章の面白さを軽く味わいたいなら
エッセイもおすすめです。
「村上朝日堂はいほー!」「村上朝日堂の逆襲」など。

ノルウェイの森、いいですね。
私も最初に衝撃を受けた村上作品です。

ただ、ノルウェイは村上作品の中では異色です。
殆どの長編は概念的な解釈を要求する
非現実的な設定が入っていますので
受け付けにくい人にはなんじゃこりゃとなります。
(ノルウェイも入っていますがわからなくても読める)

ノルウェイの森と比較的同じような感じで読みやすいとしたら
「国境の南、太陽の西」じゃないでしょうか。



文章的に一番冴えがあると思うのは
「羊をめぐる冒険」~「ダンス・ダンス・ダンス」の頃ですね。
「...続きを読む

Qたぶん村上春樹?

たぶん村上春樹の長編小説に、
「もしくだらない言葉を燃料にして走る車があったらあなたはずいぶん遠くまでいけるわね」
というようなせりふがあったと思うんですが、それはいったい何の小説だったかご存知の方がいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

間違いありません。
村上春樹の『スプートニクの恋人』です。

くだらない『冗談』を燃料にしてですね♪

Q村上春樹の短編

村上春樹さんの短編が入っている文庫本を探しています。
お勧めの本をご存知でしたら、教えて下さい。
「蛍・納屋を焼く・その他の短編」
「カンガルー日和」
以外でお願いします。
出来れば出版社も教えて下さい。
ハードカバーでは無く文庫本で、短編のみが入っている物が希望です。
どうぞ宜しくお願いします。

Aベストアンサー

レキシントンの幽霊  文春文庫
パン屋再襲撃
テレビピープル

Q三島由紀夫 『月』

三島由紀夫の『月』という作品を読みたいのですが、なかなか見つかりません。
もう、出版されていないのでしょうか?

Aベストアンサー

花ざかりの森・憂国 自選短編集
(新潮文庫、 三島由紀夫) 新潮社
540円

に収録されています。(もちろん全集にも出ています)
ガンバレ\(^^;)..

Q村上春樹の“あの男が・・・”の解釈

こんにちは。

先日、村上春樹の『神の子どもたちはみな踊る』
を読みました。

その中の『タイランド』の中で
“あの男が、私の人生に対してしたことを思えば・・・』
と、ありますが、お読みになった方
どのように解釈しましたか?

是非、お聞かせください。m(__)m

Aベストアンサー

『あなたが、私の人生に対してしたことを思えば、私の生まれるはずだった子供たちに対してしたことを思えば、、、』
のところでしょうか?

わたしは、主人公である女医が最初に身ごもったこどもの
父親である男性のことではないかなと思いました。
でもその男は、妻子があって彼との子供は、堕胎しなければならなかった。
その為に彼女は『生まれるはずだった子供たち』-彼との子供、アメリカ人との夫との間に作ることができた
かもしれない子供-を産むことができない身体になってしまったのではないかなぁと。

村上春樹の作品で、暗い不倫の影を残す女性がでてくるようなのはあんまりないような気がして
材料としては異色な気がします。
でも、旅先で出会った従順で『自分は半分死んでいる』という運転手によって、これからの彼女の
人生をその『石』から解き放たれるよう導かれるお話で、ひとが生きていく中で背負ってしまう悲
しみからいかに救われていくかを書いている小説なのかなと思いました。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報