位置情報で子どもの居場所をお知らせ

シリアスで暗い雰囲気の小説を紹介してください。
救いが少ない話が好きです。ジャンルは何でも良いです。

私が読んだ小説の中で条件に当てはまるもの。
・大石圭「絶望ブランコ」
・坂東眞砂子「狗神」
・遠藤潤子「月桃夜」
・桜庭一樹「私の男」
・貴志祐介作品
・乙一作品

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

「月桃夜」や貴志祐介、乙一作品は私も読みます。



道尾秀介の作品は如何でしょう?
特に「向日葵の咲かない夏」「球体の蛇」「光媒の花」等 月9ドラマ「月の恋人」の原作者ですが全く趣が違います

湊かなえの作品 映画化された「告白」を始めどれもシリアスで暗いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

道尾秀介さんの「向日葵の咲かない夏」に以前興味があって、本屋で読んでみました。その時は最初の方を少し読んで、自分にはどうも合わないな、と思いました。しかし最後まで読まないで作品の評価を決めるのもどうかと思うので、この機会にこの作品や、ご紹介下さった他の作品を読んでみようと思います。

告白は読了しました。本当にシリアスで暗かったですね……

ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2010/08/23 19:21

私が特にバッドエンドだと思う作品です。



佐藤友哉「フリッカー式」 「青酸クリームソーダ」(サブタイトル省略)
西尾維新「クビシメロマンチスト」

どれも講談社から文庫版が出ています。

他の回答者の方がお勧めしていたものですが、

「向日葵の咲かない夏」と「告白」もすごいお勧めです。
    • good
    • 0

私も貴志祐介さん、乙一さん好きなので、


好みが合うかもと思って回答します。

最近読んだ中で、「暗い」「救いがない」と思ったものです。

・永遠の仔/天童荒太
  なかなかボリュームがありますが、割と暗いです^^;
  精神病院で共に過ごした3人の子供たちの子供時代と大人時代のお話です。

・悪人/吉田修一
  主人公の方言がいいです。
  やるせない気持ちになりました。
  
・廃用身/久坂部羊
  ノンフィクッションと思って読んでしまったのでよけいに衝撃的でした。
  作者はお医者さんさそうです。

・黒い春/山田宗樹
  ウイルスの話です。
  後半から面白くなります!

・悪童日記/アゴタクリフトフ
  3部作ですが、コレだけでも面白いです。
  外国の本は苦手ですが、これだけは読めました。
  人の名前が出てこないので(^^)

・グロテスク/桐野夏生
  主人公が気持ち悪いくらいグロテスクです。
  でも最後まですらっと読めます。

・疾走/重松清
  これは、長いし重いし暗いですよ!

・ファザーファッカー/内田春菊
  痛々しい話を淡々と語られていて、衝撃的でした。

・恋/小池真理子
  人が壊れていくところが怖い。

・アジアンタムブルー/大崎善生
  ピンと張り詰めた緊張感と透明な感覚になる本。
  ちょっと的はずれですが…

あと、不夜城、香水、殺戮にいたる病も面白かったです。
私は苦手でしたが、村上龍のコインロッカーベイビーズは最高に救いがないと思いました。

以上、参考になれば幸いです☆
    • good
    • 1

「ボトルネック」米澤穂信


→自分が生まれなかったパラレルワールドへ飛ばされた少年の話です。

「リリイ・シュシュのすべて」岩井俊二
→映画を小説化したものです。生々しく残酷な青春の話です。

「新世界」柳広司
→原爆にまつわる科学者の苦悩と狂気が描かれたミステリです。

もうご存知かもしれませんが、桜庭さんなら「砂糖菓子の弾丸は撃ちぬけない」なども良かったですよ。
    • good
    • 0

遠藤周作「沈黙」「海と毒薬」

    • good
    • 0

飯嶋和一『神無き月十番目の夜』


http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4094033149.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あらすじを見て、とても面白そうな話だなあと思いました。
是非読んでみたいです。
ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2010/08/23 19:24

こんばんは つい つい 数十秒考えたら浮かびました。


記載されてるものは一切存じませんが 何十年たったかも考えたくないほど古いですが...
シリアルさではたぶんひけをとらない大罪をテーマとしたものです。
ねたばれ注意
自分達の子を殺した殺人犯の子供(大罪を背負って生まれた主人公)を浮気された腹いせに妻に秘密で養女として育てさせる父をもつ家族の物語....




追伸
作品名を忘れるところでした 三浦綾子 「氷点」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

面白そうな作品ですね。本屋で探して読んでみたいです。
ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2010/08/21 15:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q残酷、暗い感じの作品を(小説で)教えてください。

先日、「家族ゲーム」というドラマが放送していたのでなんとなく見てたら、なかなか酷い話だったので思わず笑ってしまいました。そこで他にも同様な雰囲気の作品を小説(原作)で教えてもらいたいです。
↓読みたいジャンル?(この中から回答者さんが、おすすめしてくださる作品を番号で教えてください。

1、明るい日常的な感じから、一気にシリアスや重苦しい展開になるもの(BADENDじゃなくてもOK)
2、始めから暗い、読んでる途中、もしくは読了後に欝になる作品
3、キチガイ作品(まったくわけがわからないもの、読んでて気持ち悪くなるもの)
4、その他
1~2はいいですが3は耐性が全くありません。なので、3の作品を推す人は、比較的にユルいものでお願いします。
↓参考までに好みの作品(アニメやラノベばかりなので参考になるかどうかわかりませんが・・・)

〈アニメ〉
・新世紀EVANGELION(EOE)Air/まごころを君に ジャンル:1 特にAirが好み
・屍鬼          ジャンル:2
・うみねこのなく頃に ジャンル:2 グロシーンがいいです。本編に至ってはアレですが・・・
・エルフェンリート   ジャンル:2
・another        ジャンル:2 
・新世界より     ジャンル:2 少し違うかもですがラストが良かったので。

〈ライトノベル、小説等〉
・イリヤの空、UFOの夏 ジャンル:1 これもまた違う感じですが、こういうのもOKです。
・されど罪人は竜と踊る ジャンル:1 
・クリス・クロス       ジャンル:1
・NHKにようこそ!     ジャンル:1 後半が好きです
・失はれる物語       ジャンル:2 

〈ググった結果気になった作品〉
・ドストエフスキー作品
・村上龍作品
・グロテスク (小説)
・ZOO
・貴志祐介作品
・魍魎の匣
・Sキング?作品
・屍鬼(原作)
・乱歩 「芋虫」
----------------------------------------------------------------------------------
・終わらない夏休み(正直見たくありません)       ジャンルは3かな?
・少女椿     (アニメですが気持ち悪そうなので・・・)    〃
----------------------------------------------------------------------------------
回答者さんのおすすめ作品と、その作品を番号で教えてください。
1~2作品ぐらいお願いします。

先日、「家族ゲーム」というドラマが放送していたのでなんとなく見てたら、なかなか酷い話だったので思わず笑ってしまいました。そこで他にも同様な雰囲気の作品を小説(原作)で教えてもらいたいです。
↓読みたいジャンル?(この中から回答者さんが、おすすめしてくださる作品を番号で教えてください。

1、明るい日常的な感じから、一気にシリアスや重苦しい展開になるもの(BADENDじゃなくてもOK)
2、始めから暗い、読んでる途中、もしくは読了後に欝になる作品
3、キチガイ作品(まったくわけがわからな...続きを読む

Aベストアンサー

夏目漱石作『こころ』『行人』。車谷長吉作『赤目四十八瀧心中未遂』。ラディゲ作『肉体の悪魔』。スタインベック作『ハツカネズミと人間』。フォークナー作『サンクチュアリ』。ジェーン・ブロンテ作「嵐が丘』。遠藤周作作『沈黙』。吉村昭作『ニコライ遭難』。池井戸潤作『空飛ぶタイヤ』。石田衣良作『うつくしい子ども』。川端康成作『十六歳の春』。有吉佐和子作『複合汚染』。吉村昭作『羆嵐』。吉田修一作『flowers』。丸山健二作『夏の流れ』。中上健二作『枯木灘』。金原ひとみ作『蛇にピアス』。S.モーム作『人間の絆』『雨』。多島斗志之作『少年たちのおだやかな日常』。トランボー作『ジョニーは戦場に行った』。菊池寛作『入れ札』。阿部公房作『箱男』。伊藤計劃作『The Indifference Egine』。

伊藤計劃こそ、いつ読むの?、今でしょ!という感じ。

Q暗い雰囲気の小説

タイトルのように、全体的に暗い雰囲気の小説で、孤独な主人公がある出会いをきっかけに成長していく物語の小説を教えていただけませんか?
具体的な質問ではなくてすみません。

Aベストアンサー

はじめまして。
お好みに合うか分かりませんが、ライトノベルをひとつ紹介させてください。

『リバーズ・エンド』(全5巻、+特別編1巻)著・橋本紡
イラスト・高野音彦 電撃文庫(メディアワークス)

14歳の男の子が主人公です。彼の元に唐突に届いた1通のメールがはじまりでした。送り主は同じ年の女の子。二人はやがて互いを大切に思うようになりますが、二人の出会いは悲劇を招いてしまいます。そして、1つの都市がそこに住む人々を抱き込んだまま消えてしまいました・・・二人を残して。残された二人は海へ向かいます。「海が見たい」と女の子が言ったから、大怪我をしてもうすぐ死んでしまう彼女が望んだから。男の子にできるのは、海に行くことと微笑むことだけだったから。
第1巻のあらすじはこんな感じです。第2巻以降は、スクールと呼ばれる場所で心を閉ざしている主人公と特別な理由でそこに収容されている少年・少女たちとの交流とそこで行われている事がメインになってきます。

こんな感じですので、話は暗いです。なにせ、第1巻で主人公はたくさんのものを失ってしまうのですから。ほかの登場人物も傷を持ったキャラクターがほとんどで、どうしても暗い場面が大きく割合を占めています。絶望し、それを抱えながらも前に踏み出せるようになるという主人公の1年を全5巻で描いています。特別編はその後日談になっています。

「出会いがきっかけ」「成長物語」には当てはまっていると思うのですが、いかがでしょう?
一応作者・橋本先生の公式サイト載せておきます。
長々と失礼いてしました。

参考URL:http://home.att.ne.jp/theta/bobtail/index.html

はじめまして。
お好みに合うか分かりませんが、ライトノベルをひとつ紹介させてください。

『リバーズ・エンド』(全5巻、+特別編1巻)著・橋本紡
イラスト・高野音彦 電撃文庫(メディアワークス)

14歳の男の子が主人公です。彼の元に唐突に届いた1通のメールがはじまりでした。送り主は同じ年の女の子。二人はやがて互いを大切に思うようになりますが、二人の出会いは悲劇を招いてしまいます。そして、1つの都市がそこに住む人々を抱き込んだまま消えてしまいました・・・二人を残して。残さ...続きを読む

Q暗いけど美しい小説

暗いけど美しいというか綺麗な印象を受けた作品があったら教えてください。
ジャンルは推理もの以外であれば何でも良いです
できれば主人公は青年くらいが良いです
べつに綺麗じゃなくても暗い展開のでこれは名作だと思うのがあれば教えてください、
回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

●大原まり子「スバル星人」
一見、明るくPOPな日常生活の裏に潜む悲劇の影と、それを乗りこえて生きようとする主人公の決意。分野は、一応、SF。美しい。

●栗本薫「レダ」
未来の管理社会と、その中で強く生き抜こうとする少年の物語。分野は明らかにSF。美しい。

●夢枕獏「上弦の月を喰べる獅子」
ふたりの人生がらせん状に絡み合い、海から生まれた生き物が意識として進化を続け、最後にブッダが生まれる。SF。キレイな印象はない。

●エミール・ゾラ「居酒屋」と「ナナ」
自然主義文学の巨匠で、世の中の悪や不合理を書きまくったもの。あまりキレイではない。

●安倍公房「方舟さくら丸」「砂の女」「他人の顔」
日本が誇る天才小説家で、長生きさえすれば、ノーベル賞をとっただろうとされている人物。ドロドロと暗いのではなく、数学的精密さに基づいた不条理感が暗い。全く美しくないが、文章は読みやすい。

●ジャン・ジャック・ルソー「告白」
教科書では自然法思想とからめて紹介される社会哲学者だが、万能の天才とも言える人物。西洋の小説では、勧善懲悪ものや、甘ったるい宮廷恋愛ものや、伝承的民話しかなかった時代に、突如として放たれた自伝にして、自分の過去の悪行をも語ったもの。

●ミヒャエル・エンデ「はてしない物語」
物語の中盤から後半にかけて、暗くなる。一度は王にまでなりかけた主人公が全てを失った時、殺し合いまでしたもう1人の主人公が助けに来てくれるシーンは感動もの。美しい。分野は、児童文学かファンタジー。

●大原まり子「スバル星人」
一見、明るくPOPな日常生活の裏に潜む悲劇の影と、それを乗りこえて生きようとする主人公の決意。分野は、一応、SF。美しい。

●栗本薫「レダ」
未来の管理社会と、その中で強く生き抜こうとする少年の物語。分野は明らかにSF。美しい。

●夢枕獏「上弦の月を喰べる獅子」
ふたりの人生がらせん状に絡み合い、海から生まれた生き物が意識として進化を続け、最後にブッダが生まれる。SF。キレイな印象はない。

●エミール・ゾラ「居酒屋」と「ナナ」
自然主義文学の巨匠で、世...続きを読む

Q重い小説探してます

重くて暗い内容の小説を探しています。
今まで読んで、重いけど好きな小説は、
「永遠の仔」「沈まぬ太陽」「氷点」がトップ3という感じです。
こういう系統のものでお勧めがあれば教えてください。
グロテスク、狂気すぎるのはちょっと違うかなと思います。

上記以外で最近好きな作家は、雫井修介、三浦しをん、奥田英朗、市川拓司

ほとんど読破しているので避けて欲しい作家は、宮部みゆき、東野圭吾、重松清、高村薫、貫井徳郎、貴志祐介、恩田陸

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

遠藤周作の「海と毒薬」はどうでしょうか?
かなり前に読んで、重い気持ちになったのを憶えています。
あなたのトップ3がすべて文庫で2冊以上の大長編だから、「海と毒薬」は薄い本なので、少し物足りないかも・・・。
でも、重厚な雰囲気は充分味わえます。
あと、大岡昇平の「野火」や、系統は違いますが、安部公房の「砂の女」なども、最後に感慨深いものがありお勧めです。
やはりどれも、文庫1冊分の小説ですが、気になったら読んでみてください。

Q救いの無い小説ありますか?

どうしようもないくらい救いの無い小説。
軽く鬱になるような小説探してます。

ジャンルは問いませんが、舞台は現代のほうが感情移入がしやすくていいです。
単に残虐な殺され方をされるだけや、陵辱はご遠慮願います。
また、作品自体が救い様の無い駄作とかは無しです。

読んだ感想なぞも添えていただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

米澤穂信「ボトルネック」
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%9C%E3%83%88%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%83%83%E3%82%AF-%E7%B1%B3%E6%BE%A4-%E7%A9%82%E4%BF%A1/dp/4103014717
残酷な青春小説です(残虐殺人・陵辱は無し)。
主人公の「僕」が今生きている現実とは微妙にずれがある別世界へ入り込んでしまう話なのですが、全くの異世界ではないのでSF嫌いの人でも抵抗はないと思います。
ずっと暗いまま話は続きますが、読み終わった後の辛さが格別な作品です。
アマゾンのレビューでも評判がいいようですね。


人気Q&Aランキング