先日、洋楽にあまり詳しくない人と音楽の話をしていた時に、
「ブリティッシュロックとアメリカンロックはどう違うの?」と聞かれて言葉に詰まってしまいました。以前、伊藤政則さんがなんかのライナーノーツで「ブリティッシュロックはserious、アメリカンロックはjoy」と書かれていたのを思い出しましたが、そんなことを言っても理解してもらえないと思って言いませんでした。どう説明すればあまり音楽に詳しくない人にわかってもらえるのでしょう?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (12件中1~10件)

ブリティッシュロックとアメリカンロックの傾向の違いについては皆さんがおっしゃる通りですが、私が思うに単純に言ってアメリカはロックを発明した国でイギリスはそれを塗り変えていった国と言えるのではないでしょうか。


アメリカは「ロック・アラウンド・ザ・クロック」のビル・ヘイリーやプレスリー、チャック・ベリーなどによってロック・ミュージックを確立しました。けれど、それに影響を受けたビートルズやキンクス、ヤードバーズなどによって大きく変化させられ多様化していきました。その後も目立った新しいムーブメントはほとんどイギリスから生まれています。もちろんアメリカでもフラワー・ムーブメントというロックの変革期がありましたが。クリームやジミ・ヘンの衝撃もイギリスから発せられました。プログレもそうですし、パンクもそうです。
アメリカはそういうイギリスのロックに今度は逆に影響を受けて、更に自国のカントリーやブルーグラス、反戦フォークソングの要素も加わってアメリカ的サウンドを作り上げていったのだと思います。
ロックにおけるアメリカとイギリスの違いは特に70年代に顕著でした。
当時アメリカは南部の大らかなレイドバックした明るいロックやストレートなハードロックが主流でしたが、イギリスではちょっと斜に構えたような哲学的な雰囲気や歌詞をもったロックや伝統的民族音楽やクラシックの要素を取り入れたロックが多かったようです。
現在はその差は少なくなってきており、特にブリティッシュロック、アメリカンロックとはっきり分ける必要はないと思います。
    • good
    • 7

私が思うに、


 UK=クールなロック
 US=ホットなロック …です。
    • good
    • 6

私的には、



ブリティッシュ・ロック=良いロック
アメリカン・ロック=ダメなロック

ですけど。(^^;)
    • good
    • 2

どこかで、「生むのはアメリカ、流行らすのはイギリス」って


書いてあったのを思い出します。マルコム・マクラレン
(セックス・ピストルズのマネージャー)みたいな人はアメリカ
にはいないかもしれませんね。

あと、情念的なものはアメリカに多く、観念的なのはイギリスに多い
ような気もします。イギリスにブルースマンは少ないし、アメリカに
プログレバンドは少ないってのがその辺を象徴してるように思います。
    • good
    • 5

うーん、こんなのどうでしょう?


「さあ、ライヴに行く準備をしなくっちゃ!」ブリティッシュ。
「さあ、アマンダを迎えに行かなくっちゃ!」アメリカン。



あっあかん・・・・・
ごっごめんなさい!
    • good
    • 0

二つの違いを僕のイメージで一言で言うと、



ブリティッシュロック…暗い
アメリカンロック…明るい

と言う感じだと思います。

ブリティッシュの方では、僕はディープ・パープルを好んで聴いています。こういう音楽は、詩の内容がネガティブな傾向のものが多く、多くの人には好かれませんが、人間が表に出さない影の部分を素直に表現していて聴く価値はあると思います。

アメリカの音楽はその国の国民性がよく表れていると思います。1980年代頃は特にアメリカらしい明るい前向きな感じのロックが多かったです。(ブルース・スプリングスティーンやヒューイ・ルイス&ザ・ニュースなど)
    • good
    • 5

アメリカン→大陸的


ブリティッシュ→島国的




しっ失礼致しました。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

こんなのはどうでしょう?
マニアックなファンが多いのがブリティッシュ、
そうでないのがアメリカン。


失礼しました。

お礼日時:2001/04/10 00:11

日本人アーティストに例えればどうでしょう。


US:B'z、椎名林檎
UK:ブリリアントグリーン、ラブサイケデリコ
    • good
    • 6
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。zooomさんが挙げていただいたアーティストは私にはよくわかりませんが、洋楽にあまり詳しくない人たちにとってはこの表現の仕方がわかりやすいのかも知れませんね。

お礼日時:2001/04/09 20:37

アメリカンはジャズ、ブルース、


などからの流れ。

ブリティッシュはクラシック、
ケルトなどからの流れ。

をそれぞれに受け継ぐロックと
考えてもいいと思います。

また違った見方をすれば

ビートルズスタイルがブリテッシュ。

ローリングストーンズスタイルが
アメリカン。

と、とらえる人も多いと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
>アメリカンはジャズ、ブルース、などからの流れ。
ん~。なるほど。こういう考えもあるのですね。
でも、ジャズ、ブルースから流れをうけたブリティッシュロック(とくにプログレ)なんかもあるわけで。
ん~。難しいです。

お礼日時:2001/04/09 20:33

どちらも好きな私個人の感覚でお答えすると・・・



ブリティッシュ=渋い、重い、落ち着いている、しんみりしたい時に聞く

アメリカン=明るい、軽い、リズミカル、単純、元気になりたい時に聞く

という感じです(^^ゞ

私は伊藤政則さんのコメントにうなずけるんですけど、
聞かない人には分からないかもしれませんね。
皆さん同様、聞いてみるのが一番分かりやすいと思います(^^ゞ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。私もminakoさんと同じような感覚です。それプラス、私には、
ブリティッシュ=ヘッドホンでじっくり聴く
アメリカン=スピーカーで大音量で聴く
という感覚があります。

お礼日時:2001/04/09 20:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qラグビー ブリティッシュライオンズについて

数年に一度結成され南半球の国に遠征するラグビーのブリティッシュライオンズ(英国とアイルランドの合同代表チーム)についての素朴な質問です。
もう20年以上NHKやスカパーでニュージーランド代表・豪州代表・南アフリカとの試合を観てきましたが(全ての試合を観たわけではありませんが)、ライオンズが勝った試合を観たことがありません。ライオンズはこれらの国に勝ったことがあるのでしょうか?もし勝った事があるのなら、いつの試合だったのか教えていただけないでしょうか。どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

対戦結果の詳細は下記のURLで。
Wikipediaの表の「Score」欄はツアーでの国代表戦で何勝何敗だったか、と言う記録です。これを見ると、前回のNZツアーでは全敗だけどその前のツアーでは勝ったり負けたりだということが分かります。

各国代表に勝った最近の試合は、
オーストラリア:2001.06.30 (29-13)
南アフリカ:1997.06.28 (18-15)
ニュージーランド:1993.06.26 (20-7)
となってます。

意外に勝ってますね。

http://www.lionsrugby.com/history/matcharchive.php
http://en.wikipedia.org/wiki/British_and_Irish_Lions#Results

Qこの曲のタイトルを教えてくださいう。昔のブリティッシュロックです。

・1960年代後半から1970年代前半の曲だと思います。
・ブリティッシュロックです。
・サイケデリックサウンドです。
・男性のボーカルのバンドだと思います。
・サイケデリックな歪んだリードギターの前奏で始まります。メロディはサビの部分。ギターは単音(ユニゾン)です。すごい印象的な前奏です。
・タイトルとサビの部分にプラスティックという単語が出てきます。このプラスティックという単語が印象的で、最後は曲のタイトルを繰り返してフェイドアウトしていきます。
・プラスティックなんとかマン?だったような気が・・・。

Aベストアンサー

ステイタス・クォーのピクチャーズ・オブ・マッチスティック・メン

Status Quo - Pictures Of Matchstick Men
https://www.amazon.co.jp/dp/B00EBX046C

https://www.youtube.com/watch?v=guTbj2DDo9o

Qアイリッシュパブ?

アイリッシュパブ・イングリッシュパブ・アイリッシュバー・・・等、違いは何なのでしょうか?
アイリッシュパブに興味を持っていて、行ってみたいと考えているのですが、おすすめのお店・気をつけることなどありましたら、アドバイスお願いします。
ちなみに、一人で行っても楽しめる所なんでしょうか?

Aベストアンサー

アイリッシュパブ=アイリッシュ風のパブ
イングリッシュパブ=イギリス風のパブ
アイリッシュバー=イギリス風のBAR です。

私の店は○○風だぁ~!!

 と言えば決まります(^^;

だから、ただの居酒屋でカウンターに惣菜が並んでいても、オーナーがアイリッシュパブと言えばアイリッシュパブなんです(^^;

まあ、総じてスタンディングで注文時にお金を払うのが多いですね。

外国の方が多い店だと、それに物怖じしないのであれば楽しめますよ。物怖じするタイプだと一人で黙々と酒飲むしか無いですねぇ(^^;



 

Qブリティッシュロックに関してですが・・・

BECKというアニメに出てくる『Follow me』という曲の様な感じの曲のアーティストをご存知の方がおられましたら教えて欲しいです。
恐らくジャンルはブリティッシュロックだと思うのですが・・・・。
すいませんがお願いします。

Aベストアンサー

あの曲調はまんまビートルズです。
ビートクルセーダーズのヴァージョンではポールマッカートニーにそっくりな歌い方をしています。
ちなみに原作では『Magical Mystery Tour』に収録されている『I Am The Walrus』を演奏したことになっています。

Qアイリッシュギターのはじめ方

最近アイリッシュ音楽にはまっています。
そこでアイリッシュギターを始めたいと思っているのですが、インターネットで検索してもそれ専用の講座が見つかりませんでした。
アイリッシュギターをやっている方は、どうやって演奏技術を身に着けたのですか?

Aベストアンサー

アイリッシュギターと言っても、旋律や雰囲気がアイリッシュなのであって、演奏技術そのものは特別なものはありません。クラシックギターをやっている人にはごく簡単なジャンルでしょうし、最近であれば「フィンガーピキング」スタイルの教室なら見つかるのではないでしょうか。

Qブリティッシュロック好きな方に

聞きたいのですが。オアシスと言うバンドをどう評価していますか?

同じアイルランド系なのでビートルズと良く比較させるみたいですが。

皆さんの意見をおききしたいです聞きたいです。

Aベストアンサー

ある時代のブリットポップ2代人気バンドということでBlurとよく比較されたものですが、前の方の話にもあるようにBlurはどんどん新たな音楽性を開拓し姿勢がアーティスティックであった一方で、Oasisはずっと似たような「俗っぽい大衆受け」路線を続けていたので、そのせいか本国では「Oasisは素人受け、Blurは玄人受け」といった扱いされることが多かったみたいです。勿論Oasisは本国でも人気はあり、勿論同時にアンチもいるのですが、音楽的な観点の評価の話です。
そういう意味では、「革新者」であったビートルズと音楽的スタンスは全く似ていないですね。(ノエルも認めているようにビートルズの曲をそのままパクっていたとしても、そういった姿勢では「ビートルズ」と同じ土俵には到底乗れないと思うのです。)

自分はBlurの方が好きです。音楽がユーモアに溢れていてクールで垢抜けているイメージがあります。
一方、"Don't Look Back in Anger"なんて特にそうですが、Oasisの人気曲の多くは田舎臭くて俗っぽ過ぎる印象。「芸術性」とか「一流」等とは程遠いイメージですね、悪いですが。"Whatever"に至っては、単に日本のCMでやたら使われてたってだけじゃん・・・みたいな。そのくせUK本国で最も売れた"Wonderwall"なんかは日本では全然知名度高くなくて、日本のリスナーの音楽性の「ダサさ」を見せられているようで嫌な感じです。たぶんOasisを好んで聴いている英国人ですら、ビートルズなんかとは違いOasisを「芸術的」なんて思ってないと思います。「ポップでバカっぽくて愛嬌があるから、好きなんだ」って思ってると思います。
何よりOasisは「ワンパターン」であったことで、最初の2枚聴いたらそれ以降の盤は一気に興味を失ったというのはありますね。Jamiroquaiの"Synkronized"以降と同じ。同じことばかりしている音楽家が基本的に嫌い(というか単純に飽きる)なので。

ある時代のブリットポップ2代人気バンドということでBlurとよく比較されたものですが、前の方の話にもあるようにBlurはどんどん新たな音楽性を開拓し姿勢がアーティスティックであった一方で、Oasisはずっと似たような「俗っぽい大衆受け」路線を続けていたので、そのせいか本国では「Oasisは素人受け、Blurは玄人受け」といった扱いされることが多かったみたいです。勿論Oasisは本国でも人気はあり、勿論同時にアンチもいるのですが、音楽的な観点の評価の話です。
そういう意味では、「革新者」であったビート...続きを読む

Qうちの愛猫についてです。 三月にペットショップにて「ブリティッシュショートヘア」に一目惚れし、購入。

うちの愛猫についてです。
三月にペットショップにて「ブリティッシュショートヘア」に一目惚れし、購入。
ペットショップの方に「この子は毛が長いほうです」と言われ、(ショートヘアなのに長いことなんてあるのか?)と疑問に思いいろいろ調べたところ明らか見た目がブリティッシュショートヘアではなく、ブリティッシュロングヘアーなのです。
ところで、ペットショップでの表記間違いということはありえるのでしょうか…?
それともブリーダーでは毛が長いけどブリティッシュショートヘアってことで売っているのでしょうか…
毎日毎日疑問です…回答お願いします。

Aベストアンサー

もともとブリティッシュショートヘアというのが、
ロシアンとかペルシャとか、いろいろな猫と掛け合わせてできた猫種なので、
(それでも純血種という不思議。でもそれはたくさんありますよね。
マンチカンとか、スコティッシュとか...)
そして知人が前にいろいろな協会に問い合わせたところ、
違う回答がいろいろと返ってきたとかいう話を聞いたことがあるので、
なにがブリショーなのか、というのは私にとっては凄く
難しい話だなと思った記憶があります。
(その友人がいろいろと聞いたことは全部おぼえてはいないんですが、
ペルシャとのかけあわせの猫だと、ロングヘアになると
それがなぜブリティッシュロングヘアで、ペルシャに戻るのではないのか?とか...)

https://www.min-nekozukan.com/british-longhair.html
こちらのサイトの引用ですが、

「ブリティッシュ・ショートヘアはもともとイギリスに土着した短毛猫と、ヨーロッパ大陸の短毛猫の自然交雑から生まれ、さらに洗練されて19世紀には純血種の猫としてイギリスで登録されていました。ブリティッシュ・ショートヘアは2度の絶滅危機に見舞われていますが、1回目のそれは第一次世界大戦中の1914年から1918年のことでした。戦時の生活困難から手放され、失われつつあったブリティッシュ・ショートヘアの復活は、戦後、体型や顔貌においてよく似ているペルシャの血統を導入することで試みられました。この時以降、イギリスでは生まれた子猫の短毛をブリティッシュ・ショートヘア、長毛はペルシャとして扱うことになりました。」

ということなので、ブリティッシュのロングヘアタイプというのは、ペルシャと微妙にかぶっているということなのでしょうか。
生まれた子猫が短毛、長毛どちらも生まれうるとなると、ブリショーのブリーダーは、ロングヘア(あるいはペルシャ?)のブリーダーも
兼ねているということになるんでしょうか。このへんは私は正直詳しくないので、更に突き詰めてご自身で調べていただければと思います。
推測ばかりで申し訳ないんですが、子猫の時から、毛足がロングになるのか、ショートでいけるのかという、
微妙な境目の猫については、どちらの血統書をつけるかは割とフレキシブルだったりする可能性もあるのかもしれませんね。
(ブリーダーなら高く売れる方の血統書をつけるのかも)
質問者様の猫については、子猫時代の推測(たぶんショートヘアの、ぎりぎり長めなかんじであろう)よりも、
さらに毛足が長くなってしまった、ということになるのかも???
そもそも、雑種猫でも、短毛長毛というだけではなく、中毛というのも存在していますし、
お腹だけ長いとか、胸周りが特にロングであるとか、さまざまなタイプがいるので、
自然交雑のままたくさんのブリショーがいたのなら別ですが、もう、絶滅しかけた時点で
他の猫をたくさん入れてきているようですし、もう、
古い自然に生まれて、しっかりした特徴がある猫種とは全然違い、特徴がばらついてしまうのはしょうがないのかも。

最初は自然発生だとしても、もう、いまのブリショーについては、
人間がかなり人為的に手を加えているので、(他の猫種がたくさんプラスされているので)
いわゆるしっかりしたブリショーらしい特徴の猫がいる一方、
そうではない(境目のような)猫も生まれうるのかもしれません。
この辺も推測ですが。


ちなみに、上記サイトでは、

「1940年になると再びイギリスそして世界を戦火が襲い、復活しつつあったブリティッシュ・ショートヘアは再び絶滅の危機に陥ってしまいます。そして、今回の復元に当たっては、ペルシャだけでなく毛色の近いロシアンブルーが導入されることになりました。この他にもいくつかの短毛猫が交配されることになりましたが、このような交雑が行われたことによって、純血種としての継続性が失われたという判断の元、新しいブリティッシュ・ショートヘアについても1代め・2代めについては認められず、1代めと2代めだけを用いた3代めについてのみ、ブリティッシュ・ショートヘアとして認める」という記載もあり、なんだか余計にややこしいことになっている様子ですね。
私個人は、実は血統書等に特に深く興味があるわけではないので、
ショーなどに出すのではないかぎり、あと、
特別にある猫種にこだわりがあって、その猫でなければというのではないかぎり、
それはそれで、逆に特別感があって(ショートヘアの血統書なのにロングの毛だとか)
面白いな、と思います。

もともとブリティッシュショートヘアというのが、
ロシアンとかペルシャとか、いろいろな猫と掛け合わせてできた猫種なので、
(それでも純血種という不思議。でもそれはたくさんありますよね。
マンチカンとか、スコティッシュとか...)
そして知人が前にいろいろな協会に問い合わせたところ、
違う回答がいろいろと返ってきたとかいう話を聞いたことがあるので、
なにがブリショーなのか、というのは私にとっては凄く
難しい話だなと思った記憶があります。
(その友人がいろいろと聞いたことは全部おぼえて...続きを読む

Qブリティッシュ・ロックに精通せれている方

プログレッシブ、ロック訳してプログレと言うそうです。

意味が良くわからないのですが詳しい人御教授お願いします。

Wikipediaでは検索したので別のサイトを教えてもらえますでしょうか?

Aベストアンサー

No.2です。
早速のお礼ありがとうございました。
その中で触れられていたnew waveですが、音楽的には全く別物と言っていいと思います。
ただ 考えてみると、それまでの音楽と対比したネーミングという点では共通していますね。
(それまでの音楽に対し)「進歩的な」と「新しい動き」、これは言われてみて初めて気付きました。
new waveはそれこそ70年代のプログレやハードロックを古いタイプの音楽とした視点から生まれたジャンルですので、「曲が長く長髪で格好も汚い」の反対で「コンパクトにまとめた曲をファッショナブルに演奏する」タイプの音楽です。
(物凄く大雑把な括り方ですが・・・)
プログレと同じくシンセを多用するバンドが多かったですが、プログレは長いソロなどで使用するのに対しnew waveではソロではなく短いリフで というように使用方法も違っていました。
ご参考になれば幸いです。

Qアイリッシュミュージックのお勧めのバンド

昔よく聴いていたアイリッシュミュージックがますますお気に入りになりつつあります。
The Poguesのようなアイリッシュミュージックのお勧めのバンドは他にいませんか?

Aベストアンサー

ノルウェーのバンドですが、ポーグスそのままのような感じです

参考URL:http://www.orglory.com/label/index.html

Q70~80年代のブリティッシュロックorボップ

質問は初めてです。よろしくお願いします。今、70~80年代のイギリスのB級バンドの曲を集めて、個人用のCDを作りたいと考えています。イメージしているのは、こんな楽曲です。
Flintlock:Dawn
The Babys:EveryTimeIThinkOfYou
SuzieQuatro:CanTheCan
Buster:Sunday
MottTheHoople:AllTheYoungDudes
Slade:C'monFeelTheNoise
Sweet:FoxOnTheRun
Adam&TheAnts;AntMusic
BowWowWoW:SeeJungleSeeJungle
Smokie:Neadle&Pins

スペルの間違いは、ご容赦下さい。

こんなところなのですが、何かを大量に忘れている気がします。音源をどこから集めるかという、問題はありますが、それはさておき、お勧めのグループと楽曲がありましたら、教えてください。

Aベストアンサー

こんばんは…!^^

B級という線引きが、イマイチ曖昧ですが、当時をリアルタイムで聴いていたので…、日本でそんなにメジャーにならなかったという解釈で、書いてみます!^^;


・ABC
・Atomic Rooster(アトミック・ルースター)
・Argent(エージェント)
・Armagedon(アルマゲドン)
・Ashra(アシュラ)
・Alan Rarsons Project(アラン・パーソンズ・プロジェクト)
・Bad Company(バッド・カンパニー)
・Badfinger(バッドフィンガー)
・Be‐Bop Deluxe(ビ・バップ・デラックス)
・Black Sabbath(ブラック・サバス)
・Brand X(ブランド・エックス)
・Buggles(バグルス)
・Budgie(バッジー)
・Boomtown Rats(ブームタウン・ラッツ)
・Caravan(キャラバン)
・Camel(キャメル)
・Captain Beyond(キャプテン・ビヨンド)
・Clear Blu Sky(クリア・ブルー・スカイ)
・Cure(キュアー)
・Curved Air(カーヴド・エア)
・Dirty Tricks(ダーティ・トリックス)
・Detective(ディティクティヴ)
・Eurythmix(ユーリズミックス)
・Faces(フェイセズ)
・Foreigner(フォリナー)
・Free(フリー)
・Geordie(ジョーディー)
・Gentle Giant(ジェントル・ジャイアント)
・Golden Earring(ゴールデン・イヤリング)
・Green Slade(グリーン・スレイド)
・Gravy Train(グレイヴィ・トレイン)
・Gun(ガン)
・Hawkwind(ホークウインド)
・Humble Pie(ハンブル・パイ)
・Hydra(ハイドラ)
・Human League(ヒューマン・リーグ)
・Japan(ジャパン)
・Judas Priest(ジューダス・プリースト)
・Nice(ナイス)
・New Order(ニュー・オーダー)
・Paris(パリス)
・Roxy Music(ロキシー・ミュージック)
・Status Quo(ステータス・クォー)
・Spandau Ballet(スパンダー・バレエ)
・Ten Years After(テン・イヤーズ・アフター)
・Tubeway Army(チューブウエイ・アーミー)
・U・K(ユー・ケー)
・Ultravox(ウルトラヴォックス)
・Uriah Heep(ユーライア・ヒープ)
・Visage(ヴィサージュ)

参考になれば、幸いです!^O^V

こんばんは…!^^

B級という線引きが、イマイチ曖昧ですが、当時をリアルタイムで聴いていたので…、日本でそんなにメジャーにならなかったという解釈で、書いてみます!^^;


・ABC
・Atomic Rooster(アトミック・ルースター)
・Argent(エージェント)
・Armagedon(アルマゲドン)
・Ashra(アシュラ)
・Alan Rarsons Project(アラン・パーソンズ・プロジェクト)
・Bad Company(バッド・カンパニー)
・Badfinger(バッドフィンガー)
・Be‐Bop Deluxe(ビ・バップ・デラックス)
・Black Sabbath(...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報