これからの季節に親子でハイキング! >>

ルアーロッドでサビキのかご釣りはできるのでしょうか?
できるのであればどのようなロッド(エギ?シーバス用?)でルアーは何gぐらいのがいいのでしょうか?

振り出し竿はあるのですがガイドが外れたりしてボロボロです。
また竿を買うのもなんなんでルアーロッドでできるのであれば・・・・と思っています。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

釣り歴30年です



理論上、竿とリールがあって、仕掛けの長さが竿より短くて、カゴについてる錘が無理なく投げれれば良いのです。

10~20グラム程度のルアーが投げられる竿なら大丈夫です。竿の長さは長ければ長いほど有利ですね。サビキは約1mくらいで、その上にウキをつけて「遠投サビキ釣り」をやるのか、それともそのまま足元で「サビキ釣り」やるのかはわかりませんが・・・

ほぼどんなエギロッドでもシーバスロッドでもフツーにできるはずです。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

20g程度のロッドであれば可能なのですね。
遠投サビキ釣りをしているので参考になります。

今度試しにやってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/22 21:42

自分のやり方なんですが 基本的に投げるものは 目安の錘をつけて投げて 竿が折れなければどんな釣りでもできます 他の人のつりをみてて

 いきなりその釣りがしたくなることが多いので 投げ竿と1250円のルアー竿があれば 大体対応できてます みようみまねの釣りなので 本格思考には 向きませんが魚は同じものが釣れますよ
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

サビキのカゴも結構重たいので折れない程度で今度試しにやってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/22 21:47

ルアーロッドがどんなのか分かりませんが・・・。



シーバス・・・胴調子が多いのでバラしにくく扱い易いと思います、長さも7フィート~13フィート位まで揃ってます。10フィート前後、ML(28gで7号くらい)程度で良いと思います。

エギ・・・先調子が多く扱いにくいかも、長さは9フィート半以下がほとんどなので短すぎると思います。

振り出し・・・サビキ用の2号くらいの磯竿がダイワ、シマノでも8千円位であります。ノーブランドだと3千円位からです。ノーブランドでも良いですがその場合は3.6m位までが良いです、重たいので・・・。

サビキに慣れていなければ竿立て用の三脚があったら便利です、右後方または左後方に三脚を立てておいて釣れたら振り向いてその三脚に掛けるようにします。
そしてワニグリップなどで魚を掴んで針から外します。
コマセ用の便利なバケツも売ってます、上下させるだけで簡単にカゴに入るようになった物です。千円位しますが便利なのであった方がよいです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

シーバスロッドの9フィートがあるので今度試しにやってみます。



ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/22 21:46

かごは付けませんでしたが、ルアー釣りでサビキ釣りしたことあります。


感想は9フィートのライトロッド(シーバス用)で、イワシが沢山かかるとなんともなく釣りあげられます。一匹ではちょっと硬く感じます。
ルアーロッドのルアーの使用ウエイトにもよると思いますが、ライトロッドでしたら、7~21gなので、かごをつけてコマセを入れるとかなり重たく感じるはずです。かごを小さめにすれば何とかできないことはありませんが、お使いのルアーロッドの長さにもよっては、使いづらいかもしれません。とくに足元に垂らすとなると短く感じると思います(9フィート)。ルアーロッドはシーバス用と仮定しています。

シーバス用のルアーロッドでも、ミディアムヘビーの硬いロッドでは、魚がかかった時、硬く感じると思います。
以上はイワシのサビキ釣りを想定しています。大き目のアジやサバでしたら、魚がかかった時は問題なく、釣り上げられ、投げカゴになると、仕掛けの重さに竿が柔らかすぎると思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

20g程度のロッドであれば可能なのですね。
遠投サビキ釣りをしているので参考になります。

今度試しにやってみます。
ありがとうございました。

お礼日時:2010/09/22 21:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサビキ釣りの磯竿は何号がいいですか。

1号の磯竿でやってみたら柔らかすぎて具合が悪かったのでもっと硬いのにしたいと思うのですが、何号のものにしたらいいでしょうか。

Aベストアンサー

今日は。

防波堤でウキ、コマセカゴを付けナス錘6~8号サビキ針8号前後を5本付けた仕掛けで20m位遠投して20cmサイズのアジをサビキ釣りで4匹前後をいっぺんに釣る場合について経験からです。

最初シマノの長さ4.5mの磯竿3号でやってみましたが、平らな防波堤から直接なら良いのですが、防波堤の先のテトラからだと防波堤の平らな所まで抜き上げるのには竿が軟らか過ぎアジの3点掛けにもちょっと苦労しました。

現在はエーティックの4.5m錘負荷15~25号のカーボンロッド(磯竿4号位になるでしょうか)を使っていますが、とても使い勝手が良いです。

35cm位のアイナメやイナダならタモ網無しでOKです。またキスのチョイ投げ釣りにも重宝しています。価格もシマノやダイワの竿に比べて廉価です。

遠投せず防波堤近くの小アジ等の小物狙いでしたら、2~3号位の竿が釣趣の点でも良いかと思います。

Q投げ釣りとルアーフィッシングは同じ竿でできますか?

今、新しい竿を買おうと思っていて
どうするか迷っています。

投げ釣りとルアーフィッシングをよくします。
いろいろあって、一本しか買えないのですが、
何用の竿をかったらいいでしょうか??

お願いします。

Aベストアンサー

投げ竿を使うときには25号以上の天秤(錘)を使わなければならないほど潮が速いか、100m以上の遠投が必要なときに使ってます。
また、置き竿でマダイやスズキを狙うときにも竿を持って行かれないために重たいタックルである投げ竿、投げ用リールを使ってます。

流れの急ではない堤防から30m程度、サーフから50m程度のチョイ投げで手持ち竿であれば竿は何でも良いと思ってます。
私の場合はシーバスロッドのルアーウエイト5~28gの竿から7~35g、12~50gと投げる錘の重さで変えることはありますが手持ちなので軽いタックルで感度の良い竿を使ってます。
7~28gの錘を使うなら、さらに感度がよいエギングロッドも選択肢にはいると思います。
エギングロッドはガイド数が多く、LDBガイドなので感度に優れています。8フィート6インチが標準でこの長さならボートでのキス釣りも楽しめると思います。
シーバスのようにリーダーが20lbを超える場合はLDBガイドの竿はガイド系が小さくノット部分が干渉するおそれがあるので注意が必要だと思います。

基本的にリールが小さいのでPEラインが前提となると思うので竿はオールSiCガイド、リールはベアリング5個以上の物をおすすめします。
予算的には竿8,000円~、リール15,000円~となります。

投げ用の竿は重いだけではなくリールシートがあまりよろしくないのでルアー釣りのように常に竿を持っている釣りには向かないと思います。
どうしてもルアー竿では無理な釣り方をされるのでしたらやはり両方そろえるしかないと思います。

投げ竿を使うときには25号以上の天秤(錘)を使わなければならないほど潮が速いか、100m以上の遠投が必要なときに使ってます。
また、置き竿でマダイやスズキを狙うときにも竿を持って行かれないために重たいタックルである投げ竿、投げ用リールを使ってます。

流れの急ではない堤防から30m程度、サーフから50m程度のチョイ投げで手持ち竿であれば竿は何でも良いと思ってます。
私の場合はシーバスロッドのルアーウエイト5~28gの竿から7~35g、12~50gと投げる錘の重さで変えることはありますが手持ち...続きを読む

Qどんな釣りにも対応できるロッド選び

釣りを初めて半年の初心者です。つりの面白さが分かり一生の趣味に考えております。
昔釣りをしていた父のいい投げ竿が有りましたので、それを使っての投げ釣りで夏のつりを楽しみました。
いい竿なんですが、投げ竿なのでリールを取り付ける部分から、付け根までが長すぎて他の釣りに向いておりません。 チヌ釣り、エギング、シーバスルアー釣り、メバリング 等 いろいろ挑戦したいと思っているんですが、竿の種類が有りすぎて、初心者の私にはどれがいいのか分かりません。
いろんな種類の竿を購入するお金も無いので、どんな釣りにも対応できる竿が欲しいのですが、
お勧めの竿、調子が有れば教えてもらいたいのです。今のモデルでなくても構いません。
宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

小学生の頃、3.6mの投げ竿でヤマメやニジマスを釣ってました。(最高36cm)
小学生の頃、3.6mの投げ竿で鮎の毛鉤釣りをしていました。
中学生の頃、2号5.4mの磯竿で鮎の友釣りをしていました。
中学生の頃、波打ち際で1号の磯竿に2号の錘で軽く投げて、キスを釣ってました。

そんな時代から比べると、今は釣具や考え方が特化・専化しすぎだなと思いました。
そこで、逆の発想で考えませんか?
あれやこれを1本のロッドでしようとするのではなく、このロッドで出来るいろんな釣りをしたほうがいいです。

例えば806Lのシーバスロッド(ルアー5~21g)+シマノ3000番リール+道糸3号をベースにして出来る釣りは

・ルアーでシーバス、ヒラメ、クロダイ
・小型ルアーでカマス、メッキ
・21gのメタルジグでハマチ、サゴシ(サワラの子)、シオ(カンパチの子)、キジハタ、ヒラメ
・7gのメタルジグでカサゴ、メバル、アジ
・エギ3号でアオリイカ、コウイカ、スミイカ、ヤリイカ、ケンサキイカ
・ワーム2~4インチ+10g程度のジグヘッドでカサゴ、クロソイ、キジハタ、アイナメ
・6号のジェット天秤の投げ釣りでキス、カレイ、メゴチ
・6号の錘のドボン釣りでシーバス、クロダイ、エイ、マダイ、カレイ
・サビキでアジ、イワシ、サバ、コノシロ、サッパ、カワハギ
・テトラの穴釣りでカサゴ、メバル
・ワインドで太刀魚
・浮き釣りでアジ、イワシ、サバ、メジナ、サヨリ、カワハギ、アイゴ

などです。
他、磯竿1.5号5.4m+シマノ2500番リール+道糸2号で出来る釣りは

・浮き釣りでクロダイ、メジナ、イサギ、マダイ、アジ、イシダイ、コブダイ
・サビキ釣りでアジ、イワシ、サバ
・エギ3号でアオリイカ、コウイカ、スミイカ、ヤリイカ、ケンサキイカ
・釣ったアジの泳がせでハマチ、シオ、マトウダイ、ヒラメ、シーバス、アオリイカ
・4号錘のドボン釣りでシーバス、クロダイ、エイ、カレイ
・4号錘で浜からキス、メゴチ
・太刀魚テンヤで太刀魚
・イカテンヤでスミイカ、ヤリイカ、ケンサキイカ

などです。
後で好きな釣り、好きな魚の傾向が出てくるので、それから少しずつ竿を増やしていけばいいと思います。

小学生の頃、3.6mの投げ竿でヤマメやニジマスを釣ってました。(最高36cm)
小学生の頃、3.6mの投げ竿で鮎の毛鉤釣りをしていました。
中学生の頃、2号5.4mの磯竿で鮎の友釣りをしていました。
中学生の頃、波打ち際で1号の磯竿に2号の錘で軽く投げて、キスを釣ってました。

そんな時代から比べると、今は釣具や考え方が特化・専化しすぎだなと思いました。
そこで、逆の発想で考えませんか?
あれやこれを1本のロッドでしようとするのではなく、このロッドで出来るいろんな釣りをしたほうが...続きを読む

Qバスロッドで海釣りできる??

バスロッドで海釣り(堤防あたり)できますか??

 もしできるとすれば、硬さはLかMLどちらの方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

#1さんの言われるように長さは問題になることもありますが、前回の回答の様に6フィート6インチのバスロッドなら問題なく使えます。
ルアーなら釣る魚種によってはLではなくULが良かったり、MLではなくMHが良かったりしますが、扱いやすくて平均的なのはMLだと思います。一本のみなら私ならMLにします。

チョイ投げ(餌釣り)メインであれば投げたいおもりに竿を併せる必要があります。
MLなら5~28g、7~30g程度のルアーウエイトが標準です。
ルアーウエイトで1オンス=28gとすると約8号のおもりが該当します。


ここからは参考までに。

ULやLで釣りやすい魚種、メバル、カサゴ、アジ、メッキ、シーバス(セイゴクラス)仕掛けは1~2g程度のジグヘッド+2インチ程度のワームなど。
MLやM、MHで釣りやすい魚種はシーバス(ハネクラス以上)、カサゴ、ソイ、アイナメ等の若干大型の根魚向けだと思います。シーバスなら7cm~のミノー、根魚ならジグヘッド+3インチ程度のワーム。
あくまでも釣りやすい程度に考えてください、上手な人はLでもMでも関係なく釣りますから。

バスロッドとシーバスロッドの強さや調子はよく似ていると思います。
バスロッドのML=シーバスロッドのML程度です。
この先、もしも購入予定でしたらMLのシーバスロッド(胴調子)かエギングロッド(先調子)にして8フィート程度の竿を選んでおけば海では色々(シーバス、エギング、ライトジギング、チョイ投げ、ボートキス釣り、投げのイイダコ釣り等)使えます。
バスには長すぎると思いますが・・・。
お勧めの竿はダイワのエギングロッド E-GEEの83MLです。
この竿は今年色々使いましたがコストパフォーマンスも良いと思います。
(PEラインが使えるFujiSiCガイド+ステンレスガイドフレーム)
同価格帯(1万円程度)の竿は基本的にどのメーカーでも仕様はあまり変わらないと思いますので、デザインや好みのメーカーで選んでも良いと思います。
予算オーバーと思いますが、これ以下の竿はSiCガイドがトップだけだったり、全ガイドがハードガイドだったりします。

メバリング目的でしたら何も考えずにメバリング用のソリッドティップの竿を選んでください。長さは7フィート3インチか7フィート6インチが扱いやすいです。
メバリングの竿はバスにも使えないことはないです。30cm以下のバスなら釣ったら楽しいですよ。投げられるルアーが限られますが。

ちょっと短いですが、大手の釣具店に置いてある赤や、青、緑色のグラス100%の安い竿も色々使えて楽しいみたいですよ。鱒レンジャーといった名前で売っていたりします。管理釣り場や、メバリングで使えます。あくまでサブとして考えて欲しいですが。

#1さんの言われるように長さは問題になることもありますが、前回の回答の様に6フィート6インチのバスロッドなら問題なく使えます。
ルアーなら釣る魚種によってはLではなくULが良かったり、MLではなくMHが良かったりしますが、扱いやすくて平均的なのはMLだと思います。一本のみなら私ならMLにします。

チョイ投げ(餌釣り)メインであれば投げたいおもりに竿を併せる必要があります。
MLなら5~28g、7~30g程度のルアーウエイトが標準です。
ルアーウエイトで1オンス=28gとすると約8号のおもりが該当...続きを読む

Q堤防での釣り。風速何mまでなら問題なくできますか?

こんにちは。
女だけのグループで釣りに行き、その楽しさにはまってしまった者です。
今年もグループで釣り(堤防で投げサビキ)に行くことになりました。
候補のひとつの釣り場の風速予想は5~7mとのこと。
しかし5~7mと言ってもどの程度の風なのかわかりません。

と、言うのもl昨年、風のとても強いときがありました。
風で仕掛けが作りにくかったり、軽いものが飛んでいってしまったり結構たいへんでした。
そのときの風速値を帰ってから見ておけば良かったのですが…
あの風は何mだったのか数字でわかりません。
気象について詳しい人もひとりもおらず…(^^ゞ

あのときのような風ならば、またたいへんな思いをするだけなので今回は行くのは止めようということになっています。

風の感じ方は人それぞれと思いますので一般的なご意見で構いません。
5~7mの風とは支障なく釣りができる風速でしょうか?
何mを超すと釣りに支障があるのでしょうか。
ちなみに陸から海への追い風です。

やさしく教えていただければうれしいです(*^_^*)
どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

植木の葉っぱがずーとバタバタと揺れている、旗がずーとバタバタと揺れている
台風来たの?と思うようなのが風速5mです。

防波堤に置いた物が風で飛んでいくのが5m

海に落ちそうになるのが7m

普通は、釣りに行ってはいけない風速です。

風速1.5mの天気予報まで待ちましょう

Qちょい投げ竿はシーバスロッド等の代用品となりうるか?

今年の初夏に釣りを始めたばかりど素人です。
先輩の誘いでキス釣りを始め、いわゆるちょい投げの竿(イシグロの自社製品、3.6m、4千円)を買ったのですが、その竿はシーバスロッド等のルアー釣りの代用品となりうるのでしょうか?
仕事が不規則で、いつ釣りに行けるかわからないため、エサを必要としないルアー釣りを覚えたいと思っているのですが、イシグロの店員から、「お客さんがお持ちのちょい投げ竿で十分代用できますよ。」と言われました。
試しに2回行ってみたものの、結果は2回ともボウズ。行くたびに釣れる訳ではないのはわかっていますが、このまま自信を持ってこの竿で挑戦していけばいいものかどうか迷っていまして…。
当然、高価な物や専用の物が有利なのは承知ですが、それほどシビアに釣果を求めてはいないので、楽しめさえすればいいかとも思っていますが…。

Aベストアンサー

どうも、釣りバカです。

理屈だけ言えば、問題ありません。なにしろスピニングリールの構造上多少軽い仕掛け(ルアー)も投げられちゃうし、安い竿は少々無茶しても折れないように出来てますから。だって初心者だとちょっと根掛かっただけで信じられないような荒業で外そうとするでしょ?それにサカナが掛かったら信じられないようなゴボウ抜き~しばらくプランプランさせたりするでしょ?初心者向けの竿は頑丈じゃないと、困るんです。

とここまでは単にできるかできないか、の話でここから先は『釣れるか釣れないか』の話。

2回釣りに行って2回ともボウズ、だそうですがここから勝手に邪推すると「さては、エサ釣りの要領で闇雲に沖に投げやしたね?」と。それでは初釣果はチョイと遠い先の話。というのも、エサ釣りでもそうですが、とにかくサカナがいる所にルアーを通さなきゃ釣れるわけがありません。それもエサ釣りのように臭いで惹き付ける事ができないから1箇所でも多く『ここ、いそう…』という所にルアーを通すのが肝心。これ本当。
となるとブッコミ釣りみたいな担ぎ投げでは狙った所に投げるなんて器用なことは到底できません。ここの回答者でも「狙った所の半径20cm以内にルアーを落とせる」という人が結構います(私は最近ルアーをやっていないので半径10cmの程度・以前は10m先の茶碗の中にルアーを落とす事ができた)が、実はそんなに難しい事ではない、手首の返しを利用したキャストに切り替えれば。

つまりいろんな安い竿がある中で貴方が持っている竿が『手首の返しを利用したキャスト』ができるかな?という点に全ては掛かってきます。もし利き手で手首を返したキャストができる(もう片方の手は竿尻に添える)のであればあとは船の陰や桟橋の下や光と影の境目を狙って投げればいいだけで、キャスト回数をこなせばいつの間にか狙った所に打ち込めちゃう。先にも記した通り、サカナがいる所にルアーを通さなければ、絶対に釣れません。
けど『手首を返したキャスト』をやっていたらハンパなく手首が痛え・手首が攣る、というのであれば完全に不向きです。釣り具屋の店員に「だましやがったなバカヤロウ」です。そんなときは安くていいのでシーバスロッド購入を検討するとよろしいでしょう。

なお以前の質問で
http://okwave.jp/qa4293339.html
http://okwave.jp/qa4265843.html
↑1~2万円前後のシーバスロッドに関して回答していますのでこちらを参考にしていただければ、万が一手首が攣るような竿だったとしても安心ですね。

どうも、釣りバカです。

理屈だけ言えば、問題ありません。なにしろスピニングリールの構造上多少軽い仕掛け(ルアー)も投げられちゃうし、安い竿は少々無茶しても折れないように出来てますから。だって初心者だとちょっと根掛かっただけで信じられないような荒業で外そうとするでしょ?それにサカナが掛かったら信じられないようなゴボウ抜き~しばらくプランプランさせたりするでしょ?初心者向けの竿は頑丈じゃないと、困るんです。

とここまでは単にできるかできないか、の話でここから先は『釣れるか...続きを読む

Q海のルアー釣りでボウズは普通?

今日は防波堤で13時から18時までルアー(ミノーとバイブレーション)とワーム(メバル用)でずっとやっても1匹も釣れなかったんですが、ルアー釣りならこれが普通ですか?
周りの人はサビキや餌釣りで何匹か釣れてはいましたが少なかったと思います。

Aベストアンサー

どこなのか場所が分かりませんが、釣れないのは下手だからです、

これに尽きます。

魚(シーバス、メバル等のルアー対象魚)の全くいない場所なら釣れないかもしれませんが、
そういった場所でやってましたか?


よく、釣れない=魚が居ないと勘違いする人がいます。

周りも釣れてないと安心する人もいます。


上手な人は、

釣れる条件を知ってます、釣るための方法も知ってます。周りにそういった人は居なかったのでしょう?
釣れる条件ではないから上手い人が居なかったんです。
もちろん、釣れる時ばかり釣りが出来る人も居ないですから、暇つぶしにサビキをやってる人も多いです。

子供連れファミリーフィッシングや、老後の楽しみですね。


リールに付いていた糸・・・、

安いリールには最初から糸が巻いてあります。

ルアーで釣るための道具の見直しも必要です。本当に上手な人には道具は関係ないですが、
下手な人には道具のフォローと、上手な人にガイドをして貰う必要があります。

私もそのおかげでルアーで普通に釣れるようになりました。

みんな最初に一度は通る道です。

メバルをルアーで釣るなら、時間帯を選びます。

メバルの魚影が濃い地域なら昼間でも釣れますが、そうではない場所ならまず夜間がよいです。

常夜灯があるところがポイントになります。

時間帯は夜間であっても、潮の満ち引きでそれぞれ条件が異なります。

これは、その場所に通じた上手な人にガイドして貰う以外確実に釣る方法はありません。

ダメなら数回の失敗でめげずにひたすら通う、上手そうな釣れている人に声を掛けて仲良くなる・・・。

他にありません。

仲良くなればいろいろな情報、釣り方、ヒットワームや釣れたタナ・・・。等々教えてくれるはずです。


道具ですが、

ルアー釣りでは各種の専用タックルがあります。

シーバス、エギング、メバリング・・・最近流行のアジング・・・。等です。

それぞれ投げるルアーが違う、アクションが違う、釣れる魚の大きさが違う・・・等々で細分化されています。

それぞれの応用は最終的には投げるルアーが使えるかどうかになります。


私はメバリング・アジングがメインですのでこちらを詳しく説明します。

まずは竿、せめて1万円位のSiCガイドリング搭載の物がよいです、チューブラー・ソリッドと二種類ありますが、最初はソリッドがよいです。
アジング用のソリッドは張りが強いため、メバリング用のソリッドをオススメします。

ワームを投げて巻いていれば魚があたったときにそのまま巻いているだけでフッキングします。
もっと簡単に釣るにはリフト&フォールというテクニックが良いです。

ラインですが、メバリングで使うルアーはジグヘッド+ワームをメインと考えてください。

重さで0.5~3gです。

これを投げるためには細い糸が必要になります、ずばり銘柄まで言うと、クレハR18フロロリミテッド・・・。これの2.5lbを巻いてください。

ラインがしなやかなのでほとんどトラブルはありません。

リールは細いラインを使うのでせめてダイワならセルテートやルビアスやカルディア。シマノなら5月発売のレアニウムかツインパワー。

ラインまでの予算で4万円弱ほどだと思います。

ルアーはワームがメインなので、クリア系、クリアラメ入り系、オレンジ、グリーン、ピンクなどがあれば良いです。形状はストレートで。

ジグヘッドは0.5、1、1.5、2、3g迄は最低必要です。

0.5や1gはスプリットリグやキャロライナリグなどでも使います。


私は道具にはこだわっています、もちろんまだ下手だからです。

竿はブリーデン、リールはシマノもダイワも使います、最近は新しく出たイグジストを2台買いました。
シマノはステラをメインで新旧5台使ってます。ツインパワーも新旧3台使ってます。

このくらい本気でやれば人並みにはすぐ釣れるようになります。



最後に、

ブリーデンというメーカーにレオンさんというテスターが居ます。
この方はDVDで5本、本も数冊出してます。

それらをすべて見ればメバル・アジは確実に釣れるようになると思います。

どこなのか場所が分かりませんが、釣れないのは下手だからです、

これに尽きます。

魚(シーバス、メバル等のルアー対象魚)の全くいない場所なら釣れないかもしれませんが、
そういった場所でやってましたか?


よく、釣れない=魚が居ないと勘違いする人がいます。

周りも釣れてないと安心する人もいます。


上手な人は、

釣れる条件を知ってます、釣るための方法も知ってます。周りにそういった人は居なかったのでしょう?
釣れる条件ではないから上手い人が居なかったんです。
もちろん、釣れる時ばかり...続きを読む

Qインターラインのロッドってこんなに使い難いんですか!

インターラインのロッドってこんなに使い難いんですか!

インターラインの磯竿1.5号を初めて使いました。
確かにガイドに糸が絡まなくて、最初は調子よかったのですがそのうち海水が絡んできたのか
糸が重たくなって、ほとんど糸がでなくなりノベ竿と同じでした。

メーカー名は書きませんが、量販店で聞いたところ安物ならそういうこともある、と言うことで大枚を払ってン万円の竿を購入したのですが、聞いていた症状と同じでして。

明日、竿の中をクリーニングするつもりですが、何か良い方法を教えてください。

それとも1.5のインターラインを買うなんてバカヤローだったのでしょうか。

道糸は昔のリールに付いていたナイロンの1.5です。

これもバカヤローだったんでしょうか。

以前からテレビでインターラインを見ていて、欲しかったのですがやっと購入して今日夜釣りにいってきました。

釣果は別として、糸が出て行かないのでたかが10mほど先のポイントに投入するのに全力投球です!

友人からはインターランイなんて止めておけと言われたのに買ってしまった、バカヤローですが後悔しても買ったものを捨てられないし。。。。。。。。

このバカヤローに良きアドバイスをお願いします。

インターラインのロッドってこんなに使い難いんですか!

インターラインの磯竿1.5号を初めて使いました。
確かにガイドに糸が絡まなくて、最初は調子よかったのですがそのうち海水が絡んできたのか
糸が重たくなって、ほとんど糸がでなくなりノベ竿と同じでした。

メーカー名は書きませんが、量販店で聞いたところ安物ならそういうこともある、と言うことで大枚を払ってン万円の竿を購入したのですが、聞いていた症状と同じでして。

明日、竿の中をクリーニングするつもりですが、何か良い方法を教えてください...続きを読む

Aベストアンサー

私は
インターラインが出た当時から愛用しています。
今はシマノの極翔が3本とBB-X XTが2本です。
磯のフカセ釣りと渚のチヌ釣りです。

浮はグレックスのG2中から2B中を使っています。
道糸は、皆さんが嫌うPE2号です。
高場からなら30mぐらいなら遠投出来ます。
私の行く所は足元から遠投20mぐらいの所ですので、問題ありません。
渚釣りは1号自立棒浮きですので、20~25mは楽勝です。

毎回使用後に水道水を通し、乾燥させます。
2~3回使ったら撥水スプレーを行います。
晴れた日なら問題ありません。
その代わり、雨の日は糸が出ません。
でも私の行く釣り場が足元からですので、10mも飛ばせば釣りは出来ます。

流行のスルスル釣りとか、
道糸を出して行く流し釣り?とかだと不向きだと思います。

いつも行く釣り場で使い分けするとか、
天気の確認とか、制約されることはあります。
よくやる竿先を水面に付けて糸を出すとかはやってはいけません。
一応竿ケースには
普段使うインナー1.5号と予備の2号とアウトガイド1.5号の竿を入れています。

最近はやらなくなりましたが、
夜釣りとか風の強い日のライントラブルはほとんど無かったです。

欠点より利点が目立つ様に上手に付き合うようにしてあげてください。

私は
インターラインが出た当時から愛用しています。
今はシマノの極翔が3本とBB-X XTが2本です。
磯のフカセ釣りと渚のチヌ釣りです。

浮はグレックスのG2中から2B中を使っています。
道糸は、皆さんが嫌うPE2号です。
高場からなら30mぐらいなら遠投出来ます。
私の行く所は足元から遠投20mぐらいの所ですので、問題ありません。
渚釣りは1号自立棒浮きですので、20~25mは楽勝です。

毎回使用後に水道水を通し、乾燥させます。
2~3回使ったら撥水スプレーを行います。
晴れた日なら問題ありません。
その代...続きを読む

Qカサゴをつりたいのですがカサゴの釣れる時期はいつですか?あと昼と夜どっ

カサゴをつりたいのですがカサゴの釣れる時期はいつですか?あと昼と夜どっちがいいですか?夜ルアーでもつれますか?

Aベストアンサー

カサゴは関西ではガシラと言います。その名のとおり頭が非常に大きくて不細工な顔を
していますが、食味は最高です。釣りたてならば刺身もOK。から揚げにして食べてもOK
見た目よりも食味で釣られるかたが多いみたいですね。

前置きはこれまでにして、カサゴは根魚の部類に入ります。日中は物陰や岩の間に身を潜め
餌が落ちてくるのを待っています。根魚というぐらいですので、テトラポットの隙間や岩礁帯に
多く生息しており、おかっぱりで十分に狙える魚です。
最近は、メバルやカサゴの専用ロッドも販売していますのでそちらを使ってみるのもよろしいかと
思います。
釣りに出かけるのであれば、夜がお勧めです。昼でも釣れますが夕方から夜にかけてか深夜から早朝が
魚のお食事タイムですのでそのぐらいの時間帯に釣り場に着いているのが理想です。
しかしながら潮の加減もありますので、その日の満潮干潮ぐらいは調べてから釣り場に向かったほうが
良いでしょう。
あとルアーでも十分に狙えます。カサゴ用のワームも販売しています。夜に行くのならばグロー系(蓄光タイプ)のもの、日中であれば赤系のものがお勧めです。根魚は甲殻類(魚全般に言えることなんですが)を好んで食しますのでエビまたはカニをモチーフにしたワームを選ぶと良いでしょう。
ただしルアーで狙うときに辛抱強く釣ってくださいね。そう簡単に食いついてはきてくれません。
根魚は足で釣果を稼ぐものだと僕は考えています。テトラ帯や岩礁帯の隙間にルアーを落としこんで
2.3回ふわふわと餌を見せつけて反応がなければ次の穴へという具合に足で距離を稼いで釣りましょう。
おっとつり方を書いてなかったですね。カサゴのつり方にはいろいろ種類があるのですが、2.3ご紹介
しましょう。ルアー釣り:6ft~7.5ft前後の先調子の専用ロッドに1000番~1500番クラスのリール
ラインは2~6ポンドぐらいを100M前後巻いておけばよいでしょう。針はジグヘッドの1~2.5g前後
ルアーは好みもありますが、エビ系の一袋300~500円前後のものを購入していざ釣り場へ、
釣り場に着いたら、釣り場の地形を確認していそうだなというところのめぼしをつけてタックルを準備し
私はテトラ帯であればほぼ真横に投げてテトラの沈んでいるところを沿わすようにリールを巻いてきます
そのとき底のずるずるという感触で地形の形状を把握して何度か投げてあたりがなければ次の場所に移動します。いれば必ず食いついてきます。引きが強く餌を加えたら自分の住処に戻ろうとするので多少強引でも当たりがあったら引っこ抜くというイメージでフッキングするようにします。ラインには常にテンションをかけておくほうが良いでしょう。
餌釣り:カサゴは雑食系なのでゴカイ等も食べます。私は漁港の船着場で竿を出すときには、好んで同付き仕掛けを多様します。同付き仕掛けは釣具やで確認してください。市販で作ってくれてあるものもあります。竿はぶっちゃけなんでもOK。昔はバス竿で釣ってました。餌は青イソメやカニ、湖産エビ等なんでもいいです。ポチャンと落として数回上下してしばらく待つを繰り返しているとカサゴ以外にもいろいろ
釣れますよ。出来れば漁港であれば、ふちギリギリに落とすほうが良いと思います。これも足で稼ぎましょう。あと穴釣りというのがありますが、1M前後の竿にリールをつけてテトラや岩の穴に落としこんで
釣るつり方ですが、市販にブラクリし掛け(オモリに直接針が結んである仕掛け)というのがありまして
ラインに結んだ針に餌をつけて落としこんであとは同じです。冬場は余り穴から出ないので有効なつり方ですね。
そうそう季節を聞かれてましたね。カサゴは年中つれます。水温が低くなった冬場でも関係なく釣れるので、冬場に釣りものがなくなった釣り人はよくカサゴを狙います。私もその一人・・・
長々とすみませんでしたがぜひ参考にしてみてください。
あとどこがよく釣れるかは、近くの釣具屋できくと大体の居場所は教えてくれますよ。
ほいじゃがんばってくださいね。

カサゴは関西ではガシラと言います。その名のとおり頭が非常に大きくて不細工な顔を
していますが、食味は最高です。釣りたてならば刺身もOK。から揚げにして食べてもOK
見た目よりも食味で釣られるかたが多いみたいですね。

前置きはこれまでにして、カサゴは根魚の部類に入ります。日中は物陰や岩の間に身を潜め
餌が落ちてくるのを待っています。根魚というぐらいですので、テトラポットの隙間や岩礁帯に
多く生息しており、おかっぱりで十分に狙える魚です。
最近は、メバルやカサゴの専用ロッドも販売してい...続きを読む

Qウキとおもりの号数の関係(海釣り)を教えてください

防波堤から根魚ねらいでウキ釣りをしたいのですが、たとえば10号のウキをつけた場合、何号のおもりをつければいいのでしょうか。また、ウキにもいろいろな号数がありますが、どうセレクトすればいいのでしょうか?

Aベストアンサー

#5,6です。

本論だけ先に言えば、ほとんど#5の回答の繰り返しで、
1.大型の発泡ウキの号数表示は錘負荷の表示。
2.したがって、その号数に合わせた錘が標準。
3.しかし、大概は余浮力があるので標準は軽すぎることが多い(特に大型発泡ウキはカゴ釣りで使うために錘負荷に加えてカゴとコマセ分の浮力があることが多い)。
4.見える範囲で余浮力を殺す方が感度がいい(ということになっている)。
5.そこで、標準から始めて、餌とかが付いた状態で海の状況によってウキが機能するぎりぎりの限度まで沈められる錘を選択する。
6.もっとも、抵抗の大きい大型発泡ウキでどれほど意味があるのかという問題はあり、少なくともウキフカセほど神経質になる必要はない。
ということになります。

実際に使う仕掛けでウキ下を短くして根掛りしないようにして竿下に落してみればウキの状態は分かりますからまずそこで大まかな浮力調整をしてしまう方が一々遠投して回収するよりは簡単です。と言いますか、可能なら家で何グラムまで背負えるか計っておいて大体の錘を決めてしまって(ちなみに1号は1匁=約3.75グラムです。もっとも誤差が結構ありますが)、後はそれ以外の仕掛けの重量との調整で決めてもいいです(私はウキだけでなく錘付きのカゴなども記載の錘の号数だけではメーカーによって重量が違うことがあるので実際の重量を計って書き込んでしまいます)。

ちなみに、ウキに求める機能によっては例えば「とにかく仕掛けが表層に浮けばいい」という釣法だと「錘は要らない」なんてこともあり得なくはありません。カブラ釣りとかブリッジ仕掛けなんてその典型です。あるいは「錘なしで飛ばし浮きとして使うだけ」なら「錘はなくて当然」です。
まあこれは質問の趣旨とは違うでしょうから、そういうこともある程度の話です。


以下は実質的に余談です。何なら読む必要もないかもしれません。

ハネ(関東ではフッコ)、セイゴは根魚とは普通は言いません。根についているという意味なら回遊魚以外の魚は大概根についています(回遊魚ですら根についているものもいます)。まとめてスズキと言ってしまいますが、スズキはぶっこみでも釣れますが中層表層にも上ってくるのでウキ釣りはメジャーな釣法になります。この場合、錘負荷10号は正直言って大きすぎます。別に10号は絶対駄目とまでは言いませんが、普通は3号程度重くても5号くらいまでです。
仕掛けを重くして遠投するためにあえて巨大なウキをつけるというのが方法論として全く成り立たないとは言いませんが、沖目で表層中層を狙って釣るのはスズキの場合割りのいい釣り方とも思えません。もっとも、誰もやらない釣り方が一人爆釣につながることもあるので試してみるのも悪くはないと思いますが。ただ、大概は、「誰もやらない方法は大概誰かが既にやってみたが効果がなかったからであることが多い」というのもまた事実ではあります。
ただ個人的には、「二アポイントをきちんと目利きする方がいいのでは?」「二アポイントの目利きができないのなら遠投してポイントを探るのは益々難しいのでは?」と思いますが。
もっとも、「完全に狙いが絞れていてそこが遠くて深いがタナは浅いので仕掛けを重くして飛ばし且つきちんとタナを取る必要がある」なんて場合は、十分有効な方法となるやもしれません。

代表的根魚であるガシラ(カサゴのこと)とかアイナメは基本的に底にいてしかもそんなに広範囲に泳ぎ回らないのでウキ釣りのメリットはほとんどありません。理由は#6で書いたとおりです。ウキ釣りでも釣れることはありますが、あえてウキ釣りで狙うメリットがない上に、遠投して狙うなら遠投性に優れて且つ確実に底を取れるぶっこみの方がはるかに有利です。もちろん「あえて難しい釣り方で釣ることが釣りの楽しみ」というのもまた事実なのでそういう趣向を否定するものではありません。

ともあれ、特殊な釣り方が有効な場合もあるので一般論と違うから間違いだとは言いません。やってみる価値がないとも言いません(個人的にはそういう方法論を試すのは結構好きです。大概失敗しますが)。ただ、特殊事情はその場所、その時々の海の状況によるので述べようがないのであくまで一般論としては、普通はやらないということです。

#5,6です。

本論だけ先に言えば、ほとんど#5の回答の繰り返しで、
1.大型の発泡ウキの号数表示は錘負荷の表示。
2.したがって、その号数に合わせた錘が標準。
3.しかし、大概は余浮力があるので標準は軽すぎることが多い(特に大型発泡ウキはカゴ釣りで使うために錘負荷に加えてカゴとコマセ分の浮力があることが多い)。
4.見える範囲で余浮力を殺す方が感度がいい(ということになっている)。
5.そこで、標準から始めて、餌とかが付いた状態で海の状況によってウキが機能するぎりぎりの限度...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング