お酒好きのおしりトラブル対策とは

簡潔に書きますと、
Webサイトの「開始」を押しても開始できないのです。

「開始」を押したら、
---------------------------------------
この操作の実行中にエラーが発生しました。
詳細:
プロセスはファイルにアクセスできません。別のプロセスが使用中です。
(HRESULT からの例外: 0x80070020)
---------------------------------------
と表示されました。

エラーコードを調べてもあんまり分からずにいます。
どうすれば開始できるようになりますでしょうか・・?
誰か詳しい方回答をお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

「0x80070020 IIS」でググって一発目に出てくるのが参考URLでしたが


他のサービスが80や443など、IISと同一ポートで起動していませんか?

参考URL:http://support.microsoft.com/kb/973094
    • good
    • 0
この回答へのお礼

夜分遅くの回答ありがとうございます。
どうやらSkypeが原因だったようです。
「80~」のチェックを外したら出来ました。
http://blog.livedoor.jp/eilsystem/archives/51360 …

お礼日時:2010/12/20 14:55

このQ&Aに関連する人気のQ&A

サービス IIS」に関するQ&A: IISとは?

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QASP.NETのサーバー移行に伴うエラーについて教えて下さい

こんばんわ。

localの開発環境で作ったASP.NETのアプリケーションを、サーバーに置いて実行するとエラーが出てしまいます。

色々、調べてhttp://www.atmarkit.co.jp/bbs/phpBB/viewtopic.php?topic=12465&forum=7&1のサイトと同じ事を行ったのですがエラーは
解消できず困っています。

ご存知の方、ご教示下さいませ。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

<customErrors mode="Off"/> の部分だけではなく、
web.config 全体を
<?xml version="1.0"?>
<configuration>
<appSettings/>
<connectionStrings ~DB接続とかあればDB接続情報~/>
<system.web>
<compilation debug="true" strict="false" explicit="true" />
<customErrors mode="Off"/>
</system.web>
</configuration>

に書き直してみてください。

もし、web.config の全書き換えができる状況にない場合は、
可能な範囲で構いませんのでweb.configの情報を頂けたら
助かります!

# 何度もすいません...

QSelect文で2つのフィールドを加算した結果を取得したい

Select文で2つのフィールドを加算した結果を取得したいと思います。しかし2つのフィールドのうち1つがNullの値だと残りのフィールドに値が入っていても空白(NULL?)で返ります。

[例]**********************************************
フィールドA:Null
フィールドB:300

SELECT フィールドA+フィールドB
FROM テーブルA

<Selectされた結果>
空白(何も表示されない。Null?)

[例]**********************************************

どのようにすれば、Nullでない値だけ取得できるでしょうか。

Aベストアンサー

SQL Server の場合は ISNULL() 関数を使います。

SELECT ISNULL(フィールドA,0) + ISNULL(フィールドB,0)
FROM テーブルA

QASP.NETでのランタイムエラー?について

.NETで開発したWEBアプリをサーバに置いてクライアントで
確認しようとすると、以下のエラーが表示されました。
表示内容に従ってWeb.Configファイルを変更したつもり
なのですが、表示内容が変更されません。
解決方法をご存知の方、御回答願います。

ランタイム エラー
説明 : サーバーでアプリケーション エラーが発生しました。このアプリケーションの現在のカスタム エラー設定では、セキュリティ上の理由により、アプリケーション エラーの詳細をリモート表示できません。 ただし、ローカル サーバー コンピュータで実行されているブラウザで表示することはできます。

詳細: このエラー メッセージの詳細をリモート コンピュータで表示できるようにするには、現在の Web アプリケーションのルート ディレクトリにある "web.config" 構成ファイル内に、<customErrors> タグを作成してください。その後で、この <customErrors> タグで "mode" 属性を "off" に設定してください。


<!-- Web.Config 構成ファイル -->

<configuration>
<system.web>
<customErrors mode="Off"/>
</system.web>
</configuration>


メモ: 現在表示されているエラー ページをカスタム エラー ページ に変更するには、アプリケーションの <customErrors> 構成タグの "defaultRedirect" 属性をカスタム エラー ページ URL に置き換えます。


<!-- Web.Config 構成ファイル -->

<configuration>
<system.web>
<customErrors mode="RemoteOnly" defaultRedirect="mycustompage.htm"/>
</system.web>
</configuration>

.NETで開発したWEBアプリをサーバに置いてクライアントで
確認しようとすると、以下のエラーが表示されました。
表示内容に従ってWeb.Configファイルを変更したつもり
なのですが、表示内容が変更されません。
解決方法をご存知の方、御回答願います。

ランタイム エラー
説明 : サーバーでアプリケーション エラーが発生しました。このアプリケーションの現在のカスタム エラー設定では、セキュリティ上の理由により、アプリケーション エラーの詳細をリモート表示できません。 ただし、ローカル サーバ...続きを読む

Aベストアンサー

ディレクトリへのアクセス許可とか、権限とかいろんな原因が考えられますが、とりあえず根本の原因調査のためにlocalhostで動作させてみては?

Q2つのテーブルから条件に一致しないデータ抽出

2つのテーブルから条件に一致しない行のみ抜き出しCSV
か他のテーブルに抜き出す処理を作ろうと思っています。

そこで質問なのですが、以下の2つのテーブルから
条件に一致しないコードのみ抜き出すSQL文などありますか?

-----------------------------------------
マスターテーブル
コード、ネーム1、ネーム2、店コード
1、あ、い、6
2、う、え、8
3、お、か、4
4、き、く、2


店コードテーブル
店コード、店区分
1、スーパー
2、コンビニ
3、デパート
4、ホームセンター
------------------------------------------

条件は、マスターテーブルの店コードが店コードテーブルに存在
しないデータのみ抽出です。

抽出結果は、以下の様にしたいです。
1、あ、い、6
2、う、え、8

このような考え大丈夫でしょうか?
SELECT *
FROM マスターテーブル AS M INNER JOIN 店コードテーブル AS S
ON M.店コード = S.店コード

わかりずらい質問ですがよろしくお願いします。

2つのテーブルから条件に一致しない行のみ抜き出しCSV
か他のテーブルに抜き出す処理を作ろうと思っています。

そこで質問なのですが、以下の2つのテーブルから
条件に一致しないコードのみ抜き出すSQL文などありますか?

-----------------------------------------
マスターテーブル
コード、ネーム1、ネーム2、店コード
1、あ、い、6
2、う、え、8
3、お、か、4
4、き、く、2


店コードテーブル
店コード、店区分
1、スーパー
2、コンビニ
3、デパート
4、ホームセンタ...続きを読む

Aベストアンサー

このような考え大丈夫でしょうか?
SELECT *
FROM マスターテーブル AS M INNER JOIN 店コードテーブル AS S
ON M.店コード = S.店コード

店コードが一致するレコードを抽出しているのですね。
はい、大丈夫です。
もっとも単純に、分かりやすい式を書くのであれば

この条件否定なので
left outer join で結合して、結合できなかったデータ、
つまり、店がNullのデータを取れば抽出できます。

SELECT *
FROM マスターテーブル AS M left outer join 店コードテーブル AS S
ON M.店コード = S.店コード
where S.店コード is null

または、
SELECT *
FROM マスターテーブル as M
where M.店コード not in ( select 店コード from 店コードテーブル)

等でいけるでしょう。

ただ、参考URLにもありますように、
is null とか not in は遅いです。(Indexで見れなくなるので)
大量データを扱うような場合や、速度が求められるような場合は
別途クエリを検討しましょう。

参考URL:http://www.geocities.jp/mickindex/database/db_optimize.html

このような考え大丈夫でしょうか?
SELECT *
FROM マスターテーブル AS M INNER JOIN 店コードテーブル AS S
ON M.店コード = S.店コード

店コードが一致するレコードを抽出しているのですね。
はい、大丈夫です。
もっとも単純に、分かりやすい式を書くのであれば

この条件否定なので
left outer join で結合して、結合できなかったデータ、
つまり、店がNullのデータを取れば抽出できます。

SELECT *
FROM マスターテーブル AS M left outer join 店コードテーブル AS S
ON M.店コード = S....続きを読む

Qポストバック時のDatasourceバインド処理について

いつもお世話になっております。
VS2005 FrameWork2.0にて
ASPポストバックのDatasourceの挙動について質問させて下さい。

使用コントロールはDatasourceプロパティを持っていればなんでもいいのですが、例えばデザイナで、

DropDownList.DatasourceIdに SqlDatasourceを指定し、
SqlDatasourceのSelectQueryに" Select * from Table1 "
なんて指定しておけば、いくらポストバックが発生しても
常にDropDownList.DatasourceがNullでない状態で
、なおかつSQLサーバーをプロファイルしていても
Select文の発行は初回の1回だけでした。

でも、
手動で
DropDownList.DataSource = GetDataSource1()
DropDownList.DataBind()

※GetDataSource1()は、データベースをOpenしてDataTableを返すメソッド

みたいにコード上でバインドしておくと、
次のポストバック時にDataSourceがNULLになっています。

毎ポストバック時にDataBind()を書くと、
毎回Open~Select処理が走ってしまい嬉しくありません。

手動バインドさせる場合のスタンダードな書き方ってあるのでしょうか?

こういったことがナンセンスで、
本来は
[DataObjectMethod(DataObjectMethodType.Select)]属性をつけたメソッドを用意してObjectDatasourceのSelectメソッド等でやるのがスタンダードなんだよ
といったご指摘もあれば全てお聞きしたいと思っております。

よろしくお願い致します。

いつもお世話になっております。
VS2005 FrameWork2.0にて
ASPポストバックのDatasourceの挙動について質問させて下さい。

使用コントロールはDatasourceプロパティを持っていればなんでもいいのですが、例えばデザイナで、

DropDownList.DatasourceIdに SqlDatasourceを指定し、
SqlDatasourceのSelectQueryに" Select * from Table1 "
なんて指定しておけば、いくらポストバックが発生しても
常にDropDownList.DatasourceがNullでない状態で
、なおかつSQLサーバーをプロファイルしていても
Select...続きを読む

Aベストアンサー

いくつかの条件がからんでいますが、一般的にということで。。

ポストバック時、BindControlのDataSourceプロパティはnullになっていますが、通常、ViewStateをonにしていれば、BindControl自身の値(RepeaterであればItemTemplate生成のテキストボックスなど)がViewStateにドカンと保持されて、自動的に再表示されますので、再度DataBindする必要はないと思います。

自分は、ASP.NET 2.0 Web Formであれば、
初回時:データソースから読込み、DataBind実行
ポストバック時:追加・削除・更新の場合のみ、DB操作を行ってから読込み、DataBind実行
といった感じで統一しています。

ただ、毎回DBから読み込む方式と、ViewStateに値を埋めておいて送信する方法の比較ですが、DBドライバ側のキャッシュ機能などを考えれば、デカいViewStateより再SELECTのほうが早いような感じがします。

また、新しいASP.NET MVCではもはやViewStateもPostBackも使っていません(やっぱり)。
SQL DataSourceもObject DataSourceもキレイサッパリなくなって、「LINQかEntity Frameworkを使え」ということのようです。

いくつかの条件がからんでいますが、一般的にということで。。

ポストバック時、BindControlのDataSourceプロパティはnullになっていますが、通常、ViewStateをonにしていれば、BindControl自身の値(RepeaterであればItemTemplate生成のテキストボックスなど)がViewStateにドカンと保持されて、自動的に再表示されますので、再度DataBindする必要はないと思います。

自分は、ASP.NET 2.0 Web Formであれば、
初回時:データソースから読込み、DataBind実行
ポストバック時:追加・削除・更新の場合のみ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報