ウォーターサーバーとコーヒーマシンが一体化した画期的マシン >>

会社にはいけますが、予定の無い休日などは
ほぼ布団の中で小説を読んで過ごします。もしくは二度寝、三度寝を繰り返します。
最近寒くなったからか、余計に布団の外に出れなくなりました。
趣味もなく、彼氏も居ないため
起きて行動する意味が無いのです。本当は勉強など、したいと思っているのですが・・・

皆さんは、なぜ布団から出られるのですか?
なぜ、予定が無くても動き回れるのですか?
私は家事もろくにできなくなりました。

今20代ですが、この生活を続けていると
時間がどんどん過ぎていきそうで・・・

うつ病、依存心が強いと
心療内科では診断されていて、カウンセリングなどで治療をしていく予定ですが
完治はまだまだ先になりそうです。

私が外に出られるようになる方法を
考えていただけませんか?
すいませんが、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

#4です。


何回もスミマセン。
ぼくは他の方と違って、軽症で、若いうちに、意識して日中は起きている、1時間でも30分でもいいから陽光を浴びて散歩する、寝たきりをこじらせないのが大事だと思っています。

まず、昼間布団の中にいるだけなのか、それともぐっすり寝てしまっているのか、そして夜は眠れているのか、それともランランと目が覚めてテレビを見たり本を読んだりしてしまっているのかで分かれます。

もし、昼眠ってしまっていて、夜寝付けない場合は昼夜逆転で、これはクセになってしまいます。
これをこじらせると本当にやっかいなので、改善した方がいいです。

別に実のあることをしなくてもいいんです。
景色のいい、人通りの少ないところを選んで、ゆっくり歩くだけでもいいんです。
薬だと思って、ちょっとでもいいから外に出ることをお勧めします。

また、家にいても、太陽が出ているうちはベッドに入らないことをお勧めします。
寝るとき以外は布団に入らないことが不眠を直すコツという話もあります。

もし、夜もぐっすり眠れているのに、昼も眠くて眠くてしょうがない、というのであれば、睡眠時無呼吸症候群などの他の病気の場合があるので、医師の診断を仰ぐべきだと思います。
また、一日中布団の中にいると、首や背中が疲れるし、日光で生活リズムがリセットされないので、かえって疲れが取れにくくなります。

別にいつ寝ていつ起きてもいいじゃないか、好きなときに好きなだけ寝ても、家にずっといてもいいじゃないかというのは、ぼくも本音ではそう思っています。
でも、社会の中で生活をして、普通の会社勤めでご飯を食べて行こうとするなら、昼夜逆転は本当にやっかいです。
この習慣が長く続き、年を取るほど取れにくくなります。

くどいようですが、このことに気づかないでぼくは相当苦しんだので、書いています。
まず病院に行ってお医者さんの指示に従うのは大前提ですが、昼間もずっと寝ていることの危険、ということを強調したくて書きました。
お大事に。
    • good
    • 3

私はうつではないですが、予定がなければ同じく布団の中です。


今の時期のお布団って、天国ですよね。

用がないのなら、布団の中にいることに引け目を感じることはないと思うのですが。

うつのせいで外に出られないのならば、病気を治すことを考える方がよいのでは…
    • good
    • 2

 40代の男性です。

私もうつ病で、心療内科に通いつつ4年目になります。

貴女の気持ちがすごくよくわかります。だって今の人生のうちで、寝ている時が一番幸せなのです。

 休みの日は、ほとんど布団の中で寝ているか、たまにPCに向かってこのサイトの気になった質問の回答などをしています。

 当初は、すごく毎日毎日を無駄に過ごしているような罪悪感がありました。でも最近は、病気の治療のためには、充電も必要と開き直っています。あせったって、急に治る病気じゃないですしね(笑)

 今はできるだけ休みの前日に、これだけはしようというごく簡単な目標を一つだけ決めます。それを3~4回繰り返しているうちに、1回できたら良い方です。

 例えば部屋のかたずけとか、庭木の世話とかですけど、実際にはほとんど大抵な~~~~んにもしないで1日が終わってしまいます。でもそれでも、まぁいいか、今度やろうと思えればいいさと思いなおします。出来なくても決して自分を責めません。

 この病気は長~~~~いお付き合いになることが多いので、あせって直しても再発しやすくなるだけだそうです。まだ20代とお若いのですから、の~~~~んびり構えてくださいな。急がば回れです。焦って無理すると、かえって慢性化させるだけですよ。

 貴女は、目には見えませんが心の中に怪我をしているのと同じ状態なのです。無理をして外に出たら、ばい菌が入って化膿しちゃうかもしれません。せめてカサブタができるまで(外に出たくなるまで)は出ないほうが良いと思いますよ。
    • good
    • 5

わたしもプチうつでしたが、昼夜逆転していました。


太陽の光を浴びて、夜ぐっすり眠るための治療行為だと思って外に出ていました。
ひとりで歩くのは寂しいので、お笑い芸人のポッドキャストや、落語、カンタンな英語の朗読などをiPodで聞いていました。
強制的に昼外に出て、軽く汗ばむほど歩くと夜寝つきがよくて、だんだんプチうつも脱することが出来たような気がします。

プチうつだから=>昼夜逆転してしまい、出不精になる、という関係もありますが、昼夜逆転してしまい、出不精だから=>プチうつになる、ということもあると思います。
昼の光を浴びて体の中のセロトニンというホルモンを焼き尽くさないと、夜寝るときにセロトニンが分泌しないので寝付かないそうです。
そうすると夜の睡眠が足りないので二度寝、三度寝・・・ということになって、悪循環です。

ということで、クスリになると思って無理やり表に出て散歩する、それだと気が紛れないのでポッドキャストをiPodで聞く、という方法が自分には効果がありました。
    • good
    • 0

思うに、どんな人だって悩みのひとつやふたつ抱えていますし、心療内科に行けば、なんらかの病名ぐらいつけられますよね・・・。

でも心療内科は悩みを解決してくれるわけじゃありませんから、処方してもらう薬の助けを借りて、体を元気にして力をつけて、問題を自分で解決することで、完治に至るんでしょ。

でもあなたの場合、仕事もちゃんとしているし、予定が無い時に布団の中で本を読んで過ごすのは別に悪いことでもない気がしますが、それが心を病むような深刻な問題なんでしょうか。彼氏がいないとか、趣味がないっていうのだって心を病むような問題とは言えませんよね。

勉強したいとか外に出たいとか言っているけど、それほどしたいと思っていないからしないだけでしょ?読書だって立派な趣味だし、20代の若い時期に大量に本を読むのはとてもいいことだと思うけど。
    • good
    • 0

休日に別の所で働く

    • good
    • 1

啓蟄の頃まで冬眠していて下さい


そのうちに寝るのが嫌になって起きてこられると思います
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q土日眠りっぱなし、これは病気なんでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 つまり、土日はまるまる2日、ほとんど寝ているんです。熱はないし、食欲がない、いくらでも眠れる・・・という感じで、とにかく衰弱してるんです。今日も20時間ほど、トイレもいかずに寝ていました。
 月曜日になると、朝6時に起きて、始業時刻の1時間前には出勤し、12時間以上働いて帰宅します。平日はこの調子で金曜まで元気いっぱいです。でも、この土日になると、とたんに無気力になり何にもできないんです。この症状は、ここ数ヶ月続いており、夜に“見舞い”に来る友達は“1人暮らしゆえの甘え”だと言い呆れています。
 世間には、私のような人はいらっしゃらないでしょうか?ほんとに怖いくらい無気力になってしまうんですが、これって、病気ではないでしょうか?

 週休2日制(土日休み)の仕事をしており、金曜日が来ると「よし、この2日はこんなことしよう!」と色々計画を立てるのですが、何一つ実行できません。
 まず、朝、起きることができません。昼、なんとか起きて食事を作るものの食べたら、次の行動を起こせないんです。例えば、友達と約束をしていても外出することができません。着替えたり、髪型を整えるのが“大きなハードル”となり、『もう10分ゴロゴロしたら着替えよう。休みなんだから無理しない』と考えて、ベットに横たわると、夜になっています。
 ...続きを読む

Aベストアンサー

私は病気でした。
同じように月曜から金曜までは仕事に行くのですが
土日は寝たきりでした。
結局、うつ病による過眠とわかりました。
当時は精神的落ち込みなど感じませんでしたが。
一度、受診なさることをお勧めします。お大事に。

Qひたすら眠り続け、何もやる気がしません…

毎日何もする気が起きません
毎日好きなだけ寝て、食べたいときに食べて
と繰り返しております

数年前に夢見た生活だったのですが
実現したら地獄のようです

このような生活ができるのは貯金のおかげなのですが
貯金は使えば当然無くなります

将来が不安で不安で仕方ないです


毎日好きなだけ寝ていると言うのが問題だと思います
でも頑張って起きてまでしたい事がありません

毎日昼過ぎには起きるのですが
起床時間は一定しておりません
夕方頃になると頭がガンガンして何もする気になれません

夜12時以降起きていると
あまりの寂しさに死にたくなるので
睡眠導入剤を飲んで無理矢理睡眠に入ります

「仕事をした方が良い」と勧められる事もありますが
どうしてもしたくありません

友人もほとんどいません


毎日死にたいと考える時間が多くなってきました


これは完全に鬱ですよね?
病院にも行きました、薬も色々貰いましたが
全く役に立ちません

なぜなら朝ひたすら眠り続けるという習慣だけは
薬で改善出来ませんからね


何もやる気がしないというのは
自分自身で考えた結果
ひたすら寝続けると言うのが原因なのでは?
と思いますがいかがでしょうか??


一つだけ人生の中で興味のある分野が英会話です
これだけはどんなに頭がおかしくても
余裕のあるときに練習しておりますが

一人で勉強していると寂しくて死にそうになるし、
一緒に励まし合う仲間が欲しいため
有名な英語学校に行ったりもしますが
費用がバカみたいに高くて
バリバリ毎日打ち込めるほど通えるという訳ではありません


長くなってしまいましたが
このように何もしたくないというのは
長すぎる睡眠に原因がある物なのでしょうか??

ご存じの方いらっしゃいましたら
教えてください
よろしくお願いします

毎日何もする気が起きません
毎日好きなだけ寝て、食べたいときに食べて
と繰り返しております

数年前に夢見た生活だったのですが
実現したら地獄のようです

このような生活ができるのは貯金のおかげなのですが
貯金は使えば当然無くなります

将来が不安で不安で仕方ないです


毎日好きなだけ寝ていると言うのが問題だと思います
でも頑張って起きてまでしたい事がありません

毎日昼過ぎには起きるのですが
起床時間は一定しておりません
夕方頃になると頭がガンガンして何もする気になれ...続きを読む

Aベストアンサー

私も朝ひどい苦痛があって起きれない・いくら眠っても疲れが取れない・気力が湧かないなどの症状があったのですが、「低血糖症」という病気があることを知り、その病気の検査・治療をおこなう病院で検査(非常に詳しい血液検査)してもらったところ、該当していました。

「低血糖症」とは、食生活やストレス、先天的体質などが引き金となって、すい臓や副腎が疲労し、神経伝達系や自律神経に不調をきたすというものです。
精神的にも身体的にもさまざまな不調が起こります。うつ病と重複する症状も多いです。
低血糖症のメカニズムの説明は、こちらが分かりやすいかなと思います。
http://www.h3.dion.ne.jp/~ysrg/kenkouhou/satou.html
もし該当するようであれば、このリンク先に書かれてあるようなことを、できる範囲ででも気をつければ、つらい症状の緩和が期待できると思います。(効果が感じられるまでに、数ヶ月は見てください)
それと、寝る前にぬるめに温めた牛乳にきな粉を溶いたものを飲むのも良いです(目覚め時に低血糖が起こるのを防ぎます。これも数ヶ月は実施が必要です。)
おやつには、ナッツ類(カロリーが高いので、食べ過ぎないように)や、豆腐などタンパク質を摂るのが良いとのことです。

なお、この病気の治療には、適度な運動(日光を浴びてメラトニンやセロトニンの生成を促す。筋力アップでエネルギーを貯えられる体にする)も重視されます。
疲れすぎている場合は、10分ほどブラッと散歩するくらいから初めて下さい。

低血糖症の検査は、朝から夕方まで5時間かけて9回の採血と採尿を行い、医師にとっても非常に手のかかるものであるため、実施してくれる病院は非常に限られる様子です。

一応、私が把握している病院のリンクを貼っておきますね。

(千葉県の内科 【遠方者対応あり】精神科等と並行して受診する患者さんもあるということです。)
http://www.mariyaclinic.jp/

(東京 精神科・心療内科 通院できる人)
http://www.yaesu-clinic.jp/
(東京 サプリメント・クリニック 【遠方者対応あり】上記リンク先の提携医療機関)
http://www.shinjuku-clinic.jp/

ご参考までに。通院が無理という場合でも、食生活にはぜひお気をつけくださいね。
私の場合は、治療開始2ヶ月ほどで朝起きられるようになり、昼も眠くならなくなりました(まだ治療の途中です)。過睡眠には10年以上悩んだのですがね。

私も朝ひどい苦痛があって起きれない・いくら眠っても疲れが取れない・気力が湧かないなどの症状があったのですが、「低血糖症」という病気があることを知り、その病気の検査・治療をおこなう病院で検査(非常に詳しい血液検査)してもらったところ、該当していました。

「低血糖症」とは、食生活やストレス、先天的体質などが引き金となって、すい臓や副腎が疲労し、神経伝達系や自律神経に不調をきたすというものです。
精神的にも身体的にもさまざまな不調が起こります。うつ病と重複する症状も多いです。
...続きを読む

Q休日なのに一日中ベッドでゴロゴロしてます。

趣味もなく、読書が特に苦手な会社員の女性です。
普段は総合職として働いていますが、土日祝日はすることがなく、本当に一日中ベッドで過ごしています。
今日も夕方5時にやっと一度起き上がり、なんとなくカップ麺を食べ、またベッドに戻り携帯でインターネットをして現在に至ります。
したいことも趣味も、何もありません。
電車で20分のところに繁華街がありますが、歩いていてすぐに疲れ、帰宅してしまうパターンが多いです。
アウトドアの社会人サークルに入っており、月一のサークル活動の日だけは楽しくしているのですが…それ以外は本当にだらしなく、ひとりぼっちで過ごしています。一人暮らしなので、誰とも話すこともありません。
着替えるのも面倒で、ちょっとした買い物も面倒です。食事も生の食パンをベッドで食べたりして過ごしています。

鬱々した気分ではないですが、何というか、淡々と、ぼんやりと休日を終えてしまう感じです。何の収穫もありません。
一日中寝転んでいるので体は休まりますが、実に退屈で時間を無駄に使っている気がして…
体力がないのでスポーツは全くだめです。ジムも一度行って倒れそうになりました。

社会人で、「以前は一日中ゴロゴロしていたが、あることがきっかけで人生が変わった」ような人はいらっしゃいますか?
私は今の状態が非常につらく、なんとかしたいのですが…

趣味もなく、読書が特に苦手な会社員の女性です。
普段は総合職として働いていますが、土日祝日はすることがなく、本当に一日中ベッドで過ごしています。
今日も夕方5時にやっと一度起き上がり、なんとなくカップ麺を食べ、またベッドに戻り携帯でインターネットをして現在に至ります。
したいことも趣味も、何もありません。
電車で20分のところに繁華街がありますが、歩いていてすぐに疲れ、帰宅してしまうパターンが多いです。
アウトドアの社会人サークルに入っており、月一のサークル活動の日だけは...続きを読む

Aベストアンサー

mellow22coさんには、「人生の目標」が必要だと思います。
それが今のmellow22coさんの現状を根底から変える特効薬になると思います。

きっと今までの人生において、何かに夢中になって取り組んだ物事があると思いますが、きっとその頃は活気に満ち溢れていて、いろんなことがうまくいっていたのではないでしょうか。

不思議なことに活力というのは、気分によって無限大にもなれば限りなくゼロへも近づきます。
今のmellow22coさんはゼロに近い状態なのかなと思います。

目標は何でもいいと思います。
綺麗になること、彼氏を作ること、結婚すること、資格を取ること。。。
自分が本気でやりとげたいと思うことであれば何でもOKです。

mellow22coさんの一助となれば幸いです。

Q寝すぎはうつ病になりますか?

私は現在うつ病なんですが、ヤル気が起こらず時間があれば寝て過ごします。休みの日は一日中ふとんの中とかあります。

最近、そういう生活が脳や習慣に悪影響おこしてるのではないか?と思うようになりました。
やはり寝すぎはうつ病に影響しますか?

動いた方がよくなりますか?

Aベストアンサー

>ヤル気が起こらず時間があれば寝て過ごします。休みの日は一日中ふとんの中とかあります。

以前、全く同じ状態でした。

うつやパニック障害などの精神疾患が、ビタミンやミネラルなどの欠損で起こると考える理論があります。
食生活の偏りだけでなく、生活習慣の乱れやストレスなどもビタミン・ミネラルを消耗します。

私自身がこのような理論による治療を受けており、かなり体調が回復しました。
対策としては、いろいろ注意事項があるのですが、私が病院から指導を受けたことを何点かご紹介しておきます。

・甘いものやジュース、カフェイン、コンビニ・ファーストフード、アルコール、タバコなどを極力避け、バランスの取れた食事をとる。穀物・野菜・肉・魚・豆類などバランスを考えながら、出来るだけ多くの食品群を毎食に取り入れる。ただし、腹八分目とする。
・夜できれば11時前に寝る(ホルモン分泌の関係上)
・日常的な運動(副交感神経を刺激する)。体力が無い場合は、10分程度のゆっくりした散歩程度から始める。
・毎日最低5分間日光浴してメラトニンとセロトニンの生成を促す。できれば1時間。
・おなかがすくとイライラや具合の悪さが現れる場合は、食後3時間くらいしたら牛乳、チーズ、ゆで卵、ナッツ類のような甘くない間食を摂る習慣を持つようにする。

このほかに、医師の指導の下にサプリメントを摂取しています。

もし関心をもたれましたら「分子整合医学」や「栄養医学」で検索なさってみてください。

とにかく体が疲労困憊の状態なので眠いのですが、寝ていると食事もきちんと取れませんし、体を動かすことも少ないですね。
私は上記のような生活改善をしながら、徐々に体力回復をはかっています。

>ヤル気が起こらず時間があれば寝て過ごします。休みの日は一日中ふとんの中とかあります。

以前、全く同じ状態でした。

うつやパニック障害などの精神疾患が、ビタミンやミネラルなどの欠損で起こると考える理論があります。
食生活の偏りだけでなく、生活習慣の乱れやストレスなどもビタミン・ミネラルを消耗します。

私自身がこのような理論による治療を受けており、かなり体調が回復しました。
対策としては、いろいろ注意事項があるのですが、私が病院から指導を受けたことを何点かご紹介してお...続きを読む

Q一日中、寝てしまう人いますか?

私はうつ病で1日20時間くらい寝てしまいます。

筋肉、体力が落ちてしまうのが心配ですが、何もやる気が出なく寝てます。

そのように寝すぎてしまう症状のかたいますか?

Aベストアンサー

最近ありました。

失業中なので少しずつ活動を始めていますが、就職してた時期は一睡も出来ずに出勤してたり仮眠程度で眠れない事もあって出勤の為の起床時間までわずかだから起きておこうと思っていたらいつの間にか眠ってしまってて遅刻してしまったり、日によって違いはありましたが、10代の頃は2~3日一睡も出来ていないのに眠くならない事があって心療内科に行った時は先ずは眠るように睡眠薬を直ぐに渡されました。瞳孔が異常だったようです。脳波異常だと診断されました。


衝撃の激しい事でもある過労やストレス、極度の緊張や不安、真意では無い意思に反するような小刻みに変動や多重のある環境・関与される連続などが続くと脳が働き過ぎて身体全体もだるさが残ってしまっているのか、それまで気を張ってた事から解放されたり、限界を超えてる時期に休みがあるとずっと長時間睡眠のまま1週間ほど眠り続けて日の覚えが無かったり、声をかけられても身体を動かされようとも反応せずに呼吸はしていて眠り続けてることもありました。眠っている時の事は家族から知らされましたが。


最近では退職を決めた日までに過労やストレスなど過去と同じような出来事を感じてはいたものの、身体に意識が届かず異常がまた出始めてしまい、退職したことで安心感を得られたからか長時間睡眠で充分に眠っているし、それまでほど動いて時間に追われ働いてもいないのに、また目が覚めたわずかな時間の記憶だけで長時間眠り続け、それを繰り返してる事がありました。


本当はその状態のまま疲れてる身体を疲れが取り除けるまで休ませる事が出来ていないといけなかったのでしょうが、就職してると自己中心的には出来ませんし生活維持もかかってますので、眠れないのも眠れるのも経験がありますが、驚きはもうしません。


眠れないのは薬でどうにかなることもありますが、眠り続けてる時は昏睡状態のようになってしまうと仕事は余計でも出来なくなりますから不安ですよね。


食物摂取も排尿排便も順調で、久々に以前のような力を使う感覚の癖で、そんなに働かなくてよいはずの活動をしてしまうと衰えを感じたり震えたりするのはあります。


不安になりすぎると、そういった今までと違う身体の反応も不安になってくると思うので、日常生活とわずかばかりの労力はあるという実感を持てるよう活動していくうちに、またそれに順応した合う身体になっていくと思いますよ。


新しくする気持ちでリラックスすると良いですよ。


うつ病になっている事が診断で分かっているならば医療を頼っていると思いますが、私は眠り続ける方では病院に行っていませんので、どういう状態なのかの病名は明確さがありません。


就業規則に拘束されてると人の身体の自然な働きでも怒られる内容ですが、気持ちとしては個人的に疲れを取り除いてる感覚でした。

最近ありました。

失業中なので少しずつ活動を始めていますが、就職してた時期は一睡も出来ずに出勤してたり仮眠程度で眠れない事もあって出勤の為の起床時間までわずかだから起きておこうと思っていたらいつの間にか眠ってしまってて遅刻してしまったり、日によって違いはありましたが、10代の頃は2~3日一睡も出来ていないのに眠くならない事があって心療内科に行った時は先ずは眠るように睡眠薬を直ぐに渡されました。瞳孔が異常だったようです。脳波異常だと診断されました。


衝撃の激しい事でも...続きを読む

Q「うつ」と「甘え」の違いがわからない(長文です)

うつ病って要は、本人の怠惰さからきているものではないんですか?
怠けたい・・・面倒くさい・・・「病気」と言うより、「甘え」という感じがします。誰だって、仕事は休みたいと思うものです。
うつ病と本人が主張すれば、仕事も休め、周囲も気遣ってくれるわけです。作りやすい逃げ道にも思えます。

うつを主張している方々にも本当に重篤な心の病として苦しんでいる方がいるというのは理解できます。こんなことを書けば、病気の本人や、そういった方々のケアにあたっている方々にとても失礼だとも自覚していますし、申し訳ないと思います。
ただ、全ての方が本当に病気なのでしょうか。
単なる甘えなのか病気なのか。

私は、ここ最近ずっと無気力、不快感、嘔気、頭痛、全身倦怠感などに悩まされています。死にたいと思うこともあります。
朝は中々起きれず、仕事に行きたくないというのは毎日です。
人間関係にも悩み、人と話すことにストレスを感じます。
一日中、何もせず何も考えず、布団にくるまっていたいと思うのです。

周囲からうつ病の可能性を指摘され、臨床心理士の方にカウンセリングをお願いしたところ、テストではうつ傾向が出ていました。

しかし「私は自分に甘えているだけなのかもしれない」と思うようになりました。誰だって悩みはあり、滅入ることもある、これがうつであれば、ほとんどの人間がうつにあてはまるような気がします。
「うつ」と「甘え」の境界線がわからないのです。
私自身、うつであれば然るべき医療機関において適切な治療を受けたいです。また、甘えと錯覚する場合があるなら、自分自身に喝を入れ、仕事に集中しなければなりません。「うつ」に対して敏感になっている世の中、「私はうつです」と言えば、周囲は必ず気遣うでしょう。
しかし、果たしてそれでいいのか・・・。

うつ病に苦しんでいて、この文章を読んで気分を害された方がいましたら、本当に申し訳ありません。

うつ病って要は、本人の怠惰さからきているものではないんですか?
怠けたい・・・面倒くさい・・・「病気」と言うより、「甘え」という感じがします。誰だって、仕事は休みたいと思うものです。
うつ病と本人が主張すれば、仕事も休め、周囲も気遣ってくれるわけです。作りやすい逃げ道にも思えます。

うつを主張している方々にも本当に重篤な心の病として苦しんでいる方がいるというのは理解できます。こんなことを書けば、病気の本人や、そういった方々のケアにあたっている方々にとても失礼だとも自覚し...続きを読む

Aベストアンサー

ウィキペディアには有志の方々が、こうまとめています。(一部抜粋)

うつ病(うつびょう、鬱病、欝病)とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分や不安・焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠などを特徴とする精神疾患である。

うつ病は、従来「こころの病気」とされてきたが、最近の研究では「脳の病気」ととらえ、うつ病患者の脳内に不足している脳内物質(ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンなど)の分泌を促進させる薬物療法などが主流になってきている。

成因
うつ病の成因論には、生物学的仮説と心理的仮説がある。 ただいずれの成因論もすべてのうつ病の成因を統一的に明らかにするものではなく、学問的には、なお明確な結論は得られていない。 また治療にあたっては、疾患の成因は必ずしも重要なものではない。スキーで骨折したのか、階段から落ちて骨折したのかによって、治療が変わるものでもない。治療場面では、なぜうつ病になったかという問いよりも、今できることは何かを問うべきである。この意味で、成因論は、学問的関心事ではあるが、臨床場面での有用性は限定的である。

等、丁寧にまとめてあります。只、うつ状態であれば(それだけではないですが)、思考すること自体がきついと思う思われるので、出来るだけ分かりやすい言葉で、簡単に書きます。

●上記のように、「今出来ることは何か」これに尽きるのではないかと思います。

定番の説明で行くと、
・真面目なLVが高い程なりやすいとか、
・責任感が強い人
・追求型人間
とか有りますね。
大まかに捉えると、妥協しないタイプがなりやすいそうです。
たしかに、言葉は悪いですが、ノーテンキな人や、自己中心の人は
少ないです。人に迷惑をかけて悪いと思わない人に関しては、
(まじめな話、正式医学用語○○バカという病名です。)

●更に現場の立場から言うと、
(1)自分の理想と違う体、職業、恋愛、人生に対する絶望の度合い
(2)生活習慣
(3)生活リズム
これを付け足します。

(1)に関しては、そのままです。
(2)は、食事のバランスが悪いとか、見落としがちな所が発端ということがあります。
(3)これは、日光に当たらないとか有る程度の生活リズムがずれるとかで、体内時計が狂うとか、体調が狂うとか。

●私は、特に、食事を大事にして欲しいと思います。(短時間で作れて、食べ易いもの)
連鎖するからです。
順番は前後したりするにせよ、↓
食事バランスが悪い

体調が悪い・だるい

やせる 太る
筋力低下

体調が悪い・だるい

更に体型変化

(繰り返し)

本来の自分では無いことへの絶望

引きこもる

人生、人付き合いに影響

や、そういったこと以外にも、根本として、
●まともな食事や、筋力、運動能力が無い人間が、
まともな思考能力をする事自体、かなりの負担です。

仕事柄、自殺者を見てきましたが、食事が変な人生を送ってきた方が多いです。
変なこだわりとか、変な知識とか・・・情報過多の弊害です。
本当の意味で、安全で正しい食材による食事は、脳のエネルギー源です。食事無しに、自分で作ることは出来ないのです。

●アメリカの、少年刑務所で、こういったデータがあります。
日頃の習慣の、カフェインの多い炭酸飲料を、オレンジジュースに変えただけで、刑務所内の態度や、再犯率が減った。(非難しているのではないです。)

何が、どう作用するのか、人間は2007年現在、有る程度こういう原因だろうと推測又は、解明されているものも有ると言う良い例です。
こういった身近な例も糸口になるかもしれません。

2007年現在、鬱に関しても、大分解明されてきています。
そして、何より大事なのは、皆さんも書き込んで下さっているように、一人で思い詰めるのではなく、診察に行く事が何よりも大事な事だと思います。
私が若い頃、世間は変な目で差別する時代でした。
あの頃の私は、間違い無く欝でした。
死ぬほど苦しかったのを覚えています。
色んな友人や恋人と離れ、その期間の人生をかなりロスしました。
ネットや、医学書等、今に至るまで、少しずつ勉強して、家族に迷惑がかかるからと、病院に通わせてもらえなかった為、苦しみの中、少ない力を振り絞って、生きていた時期があります。
貴方には万が一でも、そうなって欲しくは有りません。
今はそうでなくても、なる可能性だって有る訳ですから。

●こういう言葉があります。
「欝は、風邪を引いたのと同じ感覚で、行きましょう。必ず治る脳の病気です。」と。原因は色々有れど、ひとつではない場合もあるし、誤診だってあるでしょう。
でも、もやもやした状態のままというのは、凄く危険な事です。

一度良さそうな病院を調べて行って、胸を張って行く事をお勧めします。
どういう結果が出ても、貴方の行動は人生を前進する為の一歩ですから、これだけでも、実は重要な事ですよね。

仮に鬱でも、今は治る病気として、常識化しています。
繰り返しますが、不明なもやもやは専門家へ。
(鬱を悪用する人、医者は確かにいますし、実際、最近院長が逮捕されましたよね。人は人です。気にしないことです。)

どんな結果であれ、忙しくとも少しの時間でも、ゆっくりリラックスで生きて行けるといいですね。
( ´ゝ`) (´ι _`  ) ←何でも話せる仲間・

ウィキペディアには有志の方々が、こうまとめています。(一部抜粋)

うつ病(うつびょう、鬱病、欝病)とは、気分障害の一種であり、抑うつ気分や不安・焦燥、精神活動の低下、食欲低下、不眠などを特徴とする精神疾患である。

うつ病は、従来「こころの病気」とされてきたが、最近の研究では「脳の病気」ととらえ、うつ病患者の脳内に不足している脳内物質(ドーパミン、ノルアドレナリン、セロトニンなど)の分泌を促進させる薬物療法などが主流になってきている。

成因
うつ病の成因論には、生物学...続きを読む

Q目がさめても布団から出られない

休日の朝になると目はさめるんですが、布団から出られません。人と約束があると出れますが自分で予定を立てているだけのときは無理なんです、日が暮れる頃やっと出てきてものすごく後悔します。
 布団の中でも何時にコレしてアレしてと予定を立てるんですが・・・
 何か良い方法や食べ物でもご存知ないでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
今、そういう人かなり多いと思います。
かく言う私自身もそうです。

一つ気になるのは、うつ病の初期症状が考えられる事です。
一度、心療内科、精神科などにかかって見てもらうといいでしょう。
もしそのケースでしたら、適切な投薬や治療で芽に見えて改善されますよ。

そうじゃなくて正真正銘疲れているって場合も十分ありますね。
これはゆっくり休むよりないでしょう。
こちらの場合は栄養のバランスの取れた食事と適度な運動が最大の治療です。
特に体力の低下が気になってる時はこちらの可能性が大きいです。

そのどちらにも有効なメニューとして、週一回位、何かのスポーツなどを始めるといいと思います。

Qうつ病で体重が減るとは?

うつ病になると2週間で体重が5kgも減ると聞いたのですが、そのような激しい減少は実際ありえるのですか?全く食事をしないということですか?2週間で5kgどころか1週間で2,5kgさえ難しいと思うのですが。何か精神的なものと関わりがあるのでしょうか。心配すると脂肪が燃えやすいとか?

Aベストアンサー

うつ病になると食欲が減退するというよりも、物を食べなくなります。

食べる必要性を感じないからです。

また、しょっちゅう考え事していますから消耗は激しいでしょうね。

まあ、話半分でも良いんじゃないでしょうか?

Q風呂にも入れないくらいのうつ病ってどんなもの?

うつ病で本当に重症になると、自力で風呂にも入れないと聞きました。そのようなうつ病ってどんな状態なのでしょうか?(生活の仕方とか、気分とか)


また、そこまで重度のうつって何が原因で追い詰められるのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
自分もうつ病で、ひと月以上風呂にも入れなければ、歯も磨けない、食事すら面倒でしんどくて出来ない時期がありました。(まずそんな状態では、当然入院となりますが)

当時はとにかく、生理現象以外のことをするのが億劫で身体を動かす事が出来ないのです。
“やらなくてはならない”と当初は思っていましたが、次第にそう思うことさえなくなり、生きる事全てがどうでもよくなって来るのです。
こんな自分に自分をもてあましてしまい、もうはこの世に存在していたくない(自殺願望に近いです)という思いがあるのですが、
自殺する事を行動に移すのさえ無気力で出来ない、その方法さえ考えられない程、思考力、行動力が落ちてしまいます。

人間は何かをする時に意識をするか無意識にするか否かに関係なく、頭(脳)で考えてから行動するものです。
その思考力がさえ落ちてしまい、何も考えられず、ひたすら自分がこの世界に存在している事を憂い、存在を否定し続け、
生きてゆく事に関心がなく、何もかもがどうでもいい、関係ないと思う状態です。

なぜそこまで追い込まれてしまうのか原因は判りません。
それは人にもよるのでしょうが、初期のうつ病には病気になった原因がある程度判ったとしても、
それが重度になってくるとそんな原因はもうどうでもいいことなのです。
自分が生きていかなくてはならない事、その存在自体が疎ましくなるのです。

日常生活で人々が何気なく行っている事が、いかにエネルギーを使わなくては出来ないものなのか思い知らされます。
そこまでゆくともう、そうなった心理状態を作り出す脳の中のセロトニンの分泌とシナプス受容が関係してきます。
うつ病に至った原因がどういったものであれ、関係がなくなるのです。

うつ病は確かに精神的な病気です。一般的に心の病と捉えられますが、あくまで脳の働きによって引き起こるものでもあるのです。
それゆえ、何らかの心理的原因、継続する出来事によってうつ状態になる事はあっても、
日常生活が出来ないほどのうつ病にまでなるには、脳の働きは切っても切り離せないのです。

ですから、重症のうつ病患者がその様な状態に陥った原因は、初期にうつ病に罹った当時の原因となるものは、
その時点ですでに過去のものとなり、精神状態をつかさどる脳の働きによるものと考えられると思います。

こんにちは。
自分もうつ病で、ひと月以上風呂にも入れなければ、歯も磨けない、食事すら面倒でしんどくて出来ない時期がありました。(まずそんな状態では、当然入院となりますが)

当時はとにかく、生理現象以外のことをするのが億劫で身体を動かす事が出来ないのです。
“やらなくてはならない”と当初は思っていましたが、次第にそう思うことさえなくなり、生きる事全てがどうでもよくなって来るのです。
こんな自分に自分をもてあましてしまい、もうはこの世に存在していたくない(自殺願望に近いです)と...続きを読む

Qうつ状態。寝たきりです。

以前からうつ状態が続いていて、ここ最近さらにひどくなってしまい、
ぼぼ寝たきりのような毎日を送っています。
学生なのですが、回復の見込みが立たないので、来期から休学するつもりです。
感覚に触れるもの全てが煩わしく、その結果睡眠に逃避してしまい、体力も落ちてきています。
このままではますます社会的に生活できないようになってしまいそうで、とても心配です。
うつ病の治療の基本は服薬と休養といいますが、このままではますます症状が悪化しそうでなりません。
何とかいい打開策はないものでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。
私も6年前にウツと診断されました。
寝たきりまでは行きませんでしたが、やはり寝て起きて寝て…。
の繰り返しでした。
食事をする事もなく、部屋は暗く朝なのか夜なのかさえ分からない時もありました。
体重は1週間で5キロ減りました。
そんな生活の中で一人の医師に言われた言葉は、好きなだけ寝てもいいし食事も食べたい物を食べていい、でもカーテンは開けなさい。
毎朝、必ず光を入れる事。
抵抗があるなら5分でも1分でもいいからとりあえず開ける行為をする事。
そう言われましたが抵抗はかなりありました。
でも、初めは嫌な気持ちが少しづつなくなり光を見ないといけないと思うようになりました。
それから時間はかかりましたが、最終的には外に出たいと思うようになりました。
薬ももちろん飲んでましたが、この行動のお陰で何とか完治する事が出来ました。
その後も適応障害になりましたが、このカーテン法は私には効くらしく
完治しました。
もし、カーテンを閉じたままでしたら是非参考にして下さい。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング