toe、SAKEROCK、LITEみたいな音楽がとても好きで、
同じような系統の音楽をご存知の方おられたら是非教えて下さい。

あまり音楽に詳しくないので、これがどういうジャンルなのかもよく分かりません。
できれば、TSUTAYAなどでレンタルできるものだと嬉しいです。
新旧洋邦問いません。よろしくお願いします。

ちなみに参考になるか分からないですが、
他に好きなバンドは、ちょっと雰囲気違うのもありますが、
DOPING PANDA、FRONTIER BACKYARD、YOUR SONG IS GOOD、rega、
SOIL&"PIMP"SESSIONS、PE'Z、Fantastic Plastic Machine、SPECIAL OTHERS
などです。

A 回答 (3件)

ジャンルはインストゥルメンタル・ロックあるいはロックインストでいいと思います。


あと付け加えるなら、音響派~環境音楽の要素といった感じでしょうか。
このあたりをキーワードに検索してみてください。

ホーンがメインではないですが、個人的に好きなのはイギリスのDurutti Column。
日本では立花ハジメが再評価されてもいいかなと思う。
新しめでNabowaっていうバンドもなかなか良かったです。
JAZZ寄りで小沼ようすけのビューティフル・デイも好きなアルバムです。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ポストロック・・・初めて聞きました。
ジャンルにも色々あるんですね。ロックは苦手だと思っていました。

オススメしていただいたものとりあえずYoutubeで1曲ずつだけ聴いてみました。
どれもかっこいいですね。とりあえずNabowaが特に気になりました。

また詳しく調べてみたいとおもいます。ありがとうございました!

お礼日時:2011/02/25 16:08

No.2です。



ジャンルとしては「ポストロック」がふさわしいようですね。
    • good
    • 0

私は特にtoeがとても好きです。



group_inou はいかがでしょうか?
http://www.myspace.com/groupinou

わたしも最近聴いてないのですが
「COMING OUT」という曲がおすすめです。

参考URL:http://www.myspace.com/groupinou
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とりあえずYouTubeでgroup inou 聴いてみました!
かっこいいですね。ありがとうございます!

お礼日時:2011/02/25 16:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFantastic Plastic Machineのアルバムで

Fantastic Plastic Machineはアメリカのバンド、the beach boysをリミックスした曲も出していると耳にしました。もし宜しかったら、
どちらのアルバムに収録されている、
どの曲か、
教えていただければと思います!

Aベストアンサー

いやいや、あのシリーズはせいぜい5~6枚だったはずです。
彼のMix CDシリーズとでも思ってもらえれば。
その中に1枚彼自身のREMIX作品を集めたものがあったなあ、という程度の話ですよ。

モリコーネは確かBelinda Mayのremixで、彼らしいエレガントな作品になっています。
ちなみにBeckはSexx Lawsですが、これは結局リリースされていない事になっています。(でも昔輸入盤シングルで見かけた様に記憶していますが...)

ビーチボーイズなんてやったとしたら、きっとリミックスアルバムとしての企画ものだと思うんですが、そういうのって見当たらないんですよね。
もしかすると現場(クラブイベント)でやってただけかも知れません。田中さんってよく新譜に四つ打ち被せて流していますから。
SMILEの発売辺りでネタとして使った可能性はあります。

QFantastic Plastic Machine"Allen Ginsberg"の由来

Fantastic Plastic Machineの曲に"Allen Ginsberg"というものがあります。

今までずっと何の疑問も持たずこの曲を聴いていたのですが、
調べてみると"Allen Ginsberg"はアメリカの詩人の名前のようです。
このタイトルにはどんな意味があるのでしょうか?

音楽的な知識も、Allen Ginsbergに関する知識もほとんど皆無なので、
噛み砕いて説明していただけるとうれしいです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

「ビート」という文化があります。
どういう文化かと言うと「俺たち若者が大人の価値観を押し付けられるのはごめんだ。俺たちは俺たちの好きなようにいきるぜ。俺たちの価値観を作るぜ」というような文化です。
ドラッグ・フリーセックス・ゲイ・レズ・原始主義・ジャズ・東洋神秘主義、そういったものでこの汚い世界から解放されようとしました。
この考え方・生き方のムーブメントがアメリカで1950年代に起こりました。

これのビートという文化は文学・映画、様々な若者のカルチャーに影響を与えました。音楽もその一つです。
そして、このビートという文化を起こるきっかけとなった人物が三人います。
ウィリアム・バロウズ、ジャック・ケルアックそしてアレン・ギンズバーグ。
彼らが始めた始めたビート文学がビートというムーブメントを作ったのです。

前述の通り、音楽にも大変影響を与えた文化・考えた方です。音楽家の中にはビート文学を読んでる人が多いと思います。なので、ビートを作った彼らに敬意をこめて歌を作る人は多いです。
アレンギンズバーズに限らずウィリアム・バロウズやジャック・ケルアックが歌詞に出てくる歌も多いです。
私が好きなソニック・ユースの歌詞にもアレンギンズバーズが出てきます。確かウィリアム・バロウズの歌もありました。

「ビート」という文化があります。
どういう文化かと言うと「俺たち若者が大人の価値観を押し付けられるのはごめんだ。俺たちは俺たちの好きなようにいきるぜ。俺たちの価値観を作るぜ」というような文化です。
ドラッグ・フリーセックス・ゲイ・レズ・原始主義・ジャズ・東洋神秘主義、そういったものでこの汚い世界から解放されようとしました。
この考え方・生き方のムーブメントがアメリカで1950年代に起こりました。

これのビートという文化は文学・映画、様々な若者のカルチャーに影響を与えまし...続きを読む

Qthe band apart & DOPING PANDAのコラボ

昔、the band apartとDOPING PANDAでコラボイベントをやったようですが、そのコラボした作品は音源化されているのでしょうか?
もしされていれるなら、何というシングル又はアルバムに収録されているのかもおしえてください。

Aベストアンサー

はじめまして。
自分も聞いた話なので間違ってるかもしれませんが…^^;

当時、「mellow fellow」という企画イベントがあったらしいです。
その最後のライブ時に、コラボ曲『see you』が先着何名かに限定配布されたとのこと。
ですので、音源化はされていますが、ライブ会場での限定配布ということなので…
シングルやアルバム、つまり流通版としては出てないと思います。

参考URL:http://www.loft-prj.co.jp/interview/0203/12.html

QDoping Pandaについて

Doping Pandaの曲はカヴァーだと聞きました。
誰の曲のカヴァーなのか一目で分かるような
まとめのサイトはありませんか?

Aベストアンサー

コチラが参考になります。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/DOPING_PANDA

QシドのSpecial Session

この曲はなんて曲名ですか?
http://www.youtube.com/watch?v=rMQ9eZgoLps

Aベストアンサー

映像の左下に曲名が出ているように見えるのは私の気のせい?(笑)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報