2台のHDDでRAID1を組んでいるのですが、最初320GBのHDD2台で組んでいたため、RAIDのArray割り当ても320GBずつでした
その後、どちらのHDDもそれぞれの機会で交換することになり、現在500GBのHDDが2台となっているのですが、PCは320GBと認識したままです

正確には、「管理ツール」-「コンピュータの管理」-「ディスクの管理」では、ディスク0が298.01GB
Fastbuild Utilityでは
Extent 1 320000 LD1-2
Extent 2 180041 Free
Windows上のソフトATI WebPAMではHDD2台とも
Assigned LD 1-01およびAssigned LD 1-02で319.99GB
Freeで180.04GB
となっています

この状態からデータ損失やOS再インストールすることなく500GB全てをドライブとして認識させるにはどのようにしたらいいでしょうか

なお、PCの構成は
OS:WinXPproSP3
マザーボード:GA-MA69GM-S2H Rev.1.0
RAID関係をさわるものとして、OS起動前の画面でATIのFastbuild Utility、OS起動後(Windows上)でWebPAMが環境内にあります

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>RAIDは前記のマザーに最初から付いている機能を利用しています。


>マニュアルには、OSインストール時のRAID設定方法のみしか記載がなく、アレイの設定方法等の説明が一切ありません。

マニュアルに記載されていないということは、拡張は出来ないと判断せざるを得ないと思います。
前回も言いましたが、GA-MA69GM-S2HのオンボードRAID(SB600)は、ソフトウェアRAIDですので通常アレイ拡張はサポートされませんので仕方がないですね。

フルバックアップ、アレイの再構成、リストアで容量拡張を実施するしかないと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/12 18:07

>この状態からデータ損失やOS再インストールすることなく500GB全てをドライブとして認識させるにはどのようにしたらいいでしょうか



これを行うためには、アレイコントローラがアレイの拡張をサポートしている必要があります。
アレイコントローラが何かが書かれていませんのではっきりしたことは言えませんが、マザーボード内蔵のアレイコントローラなどはソフトウェアRAIDということもありアレイの拡張はサポートしていないことが多いです。
詳しくはマニュアルを見て頂くしかないと思いますが、アレイの拡張に触れていなければおそらく出来ないでしょう。

イメージバックアップが出来るソフトやXP標準であるASRバックアップなどでバックアップを行い、アレイの再構成をしてリストアする必要があると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
RAIDは前記のマザーに最初から付いている機能を利用しています。
マニュアルには、OSインストール時のRAID設定方法のみしか記載がなく、アレイの設定方法等の説明が一切ありません。

お礼日時:2011/04/11 16:48

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリチウムイオン電池の劣化はサイクル回数ですか?それとも容量は比例してへりますか?

ちょっと説明するのが難しいのですが例えば、

再生時間40時間のMP3プレイヤー 1.50万円

再生時間80時間のMP3プレイヤー 2.25万円

両方が再生時間8時間を切るようになって買い換える場合、どちらの方がどの程度長く使えますか?(どちらが買いですか?)

リチウムイオン電池の劣化と寿命が終わるまではどのような経過を辿るのか分からず困っています。

Aベストアンサー

業務用の大容量リチウムイオン蓄電池のメーカーカタログによれば、寿命については、
「充放電サイクル○千回に於いて、容量は初期値の80%を維持」などとなっています。
しかし、民生用の小容量では「充放電サイクル500回」と言うのが一般的で、その時の容量低下率は表示されません。
いずれにせよ、経過年月ではなく、充放電サイクルが寿命に直結する、と言う点は一致しています。
この時の1サイクル容量は「定格容量」です。

しかし、
ノートPCを電源つなぎっぱなしで使うとバッテリーが持たない、と言われた時期があります。
これは、充電100%の位置で、充放電が頻繁に繰り返されるのが原因、と説明。
この現象は、「寿命は充放電サイクル(基準は定格容量)」に一致しない情況です。

それを考慮して、最近のノートPCでは、充電停止・開始%を設定出来る様になり、かなり寿命が延びた効果を実感しています。
経験上、以前は2年が、今は数年でもその劣化時期にありません。

「例えば、」で示される内容は、消費電力が同じとすれば、内蔵する電池容量の違いを示しているだけです。
利用時間が同じで、その劣化が充放電サイクルに依存するとした場合、
前者が、1年で「再生時間20時間」(半減)、と言う利用状況を仮定すれば、
後者は倍時間持つので充放電回数は半分で済み、つまり同じ充放電回数は2年、よって、
後者は、2年後に「再生時間40時間」(半減)となり、「再生時間20時間」までは後1年は使えます。
値段がほぼ倍ですが、同等利用時間までの劣化は1年対3年になります(単純計算ですが)。

ただ、前者は安くて寿命が短い分、次の最新機種に買い換えられる機会も早い、と言う事になります。
新規や買い替えでの購入は考えるべき事が多種多様なので、御自分の判断に自信を待たないと決断に続かず何も手に入ら無い、この「機会喪失」もお金に換算できない、悩みの連鎖…

業務用の大容量リチウムイオン蓄電池のメーカーカタログによれば、寿命については、
「充放電サイクル○千回に於いて、容量は初期値の80%を維持」などとなっています。
しかし、民生用の小容量では「充放電サイクル500回」と言うのが一般的で、その時の容量低下率は表示されません。
いずれにせよ、経過年月ではなく、充放電サイクルが寿命に直結する、と言う点は一致しています。
この時の1サイクル容量は「定格容量」です。

しかし、
ノートPCを電源つなぎっぱなしで使うとバッテリーが持たない、と言わ...続きを読む

QWin10をRAID1でインストールすると、HDDをGPT形式でフォーマットしても、MBRに・・・?

どなたか、教えていただきたく・・・
Win10をRAID1でインストールすると、HDDをGPT形式でフォーマットしても、Win10を㊞ストーリした後にHDD形式を確認すると、MBR形式になっています。
GPT形式のまま、Win10をインストールする方法を教えてください。
MB:ASUS H290
HDD:2T×2台でRAID1
BIOSの設定が必要であれば、合わせて教えて頂きたいです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

以前のOSのシステムファイルが残っているのでは?
BIOSでUEFIブートした場合のみ、GPT形式でインストールされます。
参考URLをご覧ください。
http://freesoft.tvbok.com/tips/efi_installation/diskpart_gpt_mbr.html
旧BIOS互換ブートした場合、MBR形式でインストールされます。

Qリチウムイオン電池保管時の容量

ノートPCのモバイル使用を想定して予備のリチウムイオン電池を購入しました。その後、その予備電池を1回使用したものの、家庭内使用が多いので、予備電池は冷暗所に長期間保管しようと思っています。そこで、”教えて!goo”を検索すると、

(1)放電してから保管が良い
(2)半分程度の容量で保管が良い

の2種類の御意見に大別されました。
ところが!PCメーカーのカスタマーサービスに電話で聞いてみたら

(3)満充電してから保管が良い

との回答! しかも ”工場出荷時は満充電してある。”とのことでした。
特に(1)と(3)では全く両極端の保管条件となるため、一体どれが性能維持にベストなのか混乱しております。どたなか、技術的に詳しい方、教えてください!

Aベストアンサー

ANo.1 です。

「出荷時は満充電している」について。
紹介した東芝の頁でも「40%」とありますね。

メーカなどによって考え方が違うのかも知れませんが、
東芝のガス圧の点での説明があるので、信頼してよいと思います。

「出荷時は満充電」は、ニッケルカドミウム電池やニッケル水素電池では
たしかそうしているので、それとの勘違い、という可能性も。

QRAID5のシステム領域を拡張したい

2TBのDisk4本で構成したRAID5上に、
20GBのCドライブと巨大なDドライブ(残り全部)の構成で運用していました。

いろいろ諸事情ありまして、このCドライブを拡張したいのです。
20GBはいまのご時勢ちょっと少ないです。

用途はファイルサーバでDドライブには死ぬほどデータが詰まっております。

完全バックアップに丸1日ちょっと掛かるので、抜いて戻してでは
3日以上作業日が無いと出来ません。

そこでいま考えてる作業手順があります。

起動中のCドライブのイメージを取得して
外付けのUSBDiskに戻し、USBブートで起動する。
元Cドライブを潰す。

というものなんですが、検証機がありません。

大抵の場合には、じゃあ試してみようとなるのですが…
ぶっ壊してしまうと十分大変な騒ぎになりますので
今回は二の足を踏んでおります。

モノは

Windows Storage Server 2003 R2

で、ActiveDirectoryに属しています。

シャドウコピーはどうなっちゃうの?とか
所々気になるところは山積です。
試せば判る事なんですが…

どなたかこの方法を試した方は居ませんか?
もし居ましたら体験談を聞かせてください。

市販の拡張ツール掛けるのも怖いんですが…
それ以外の方法でシステム領域の拡張をする方法を
思いつく方が居ましたら教えてください。

以上2点よろしくお願いします。

2TBのDisk4本で構成したRAID5上に、
20GBのCドライブと巨大なDドライブ(残り全部)の構成で運用していました。

いろいろ諸事情ありまして、このCドライブを拡張したいのです。
20GBはいまのご時勢ちょっと少ないです。

用途はファイルサーバでDドライブには死ぬほどデータが詰まっております。

完全バックアップに丸1日ちょっと掛かるので、抜いて戻してでは
3日以上作業日が無いと出来ません。

そこでいま考えてる作業手順があります。

起動中のCドライブのイメージを取得して
外付けのUSBDiskに戻し、U...続きを読む

Aベストアンサー

似たような課題に直面した経験があります.

まず,Cドライブの不要ファイル削除では十分な容量を確保できないのでしょうか.
たとえば,
・スワップファイルのサイズ縮小
・テンポラリファイル削除
・WindowsUpdate一時ファイル削除(C:\windows\SoftwareDistribution)
・修正プログラムのアンインストーラ削除
・不要なユーザプロファイル削除
などは検討されていますか.

領域の拡張についてですが,
仰るとおりシャドウコピーの問題やMBRなどの問題があります.
2003R2のファイルシステムは元々パーティションの動的拡張をサポートしていないため,
「市販の拡張ツール」の使用はリスクが高すぎると思います.
さらに言うと,RAIDは自身が管理する予約領域をディスク上に作成しているので
「市販の拡張ツール」は使用は自殺行為です・・・

また,「USBブート」の方法は,
・成功事例・実績が少ない
・保守契約などを結んでいる場合にサポート対象外となる恐れがある
・RAID5からUSBDiskへの変更はデバイスそのものの信頼性・性能が低下する
などのリスクが考えられます.

一番安全で確実なのは,パーティションを再設計し,OSの再インストールからやり直す方法かと思われます.
領域拡張が完了するまでの間は代替機を用意しておくことでシステム停止時間も短くできます.
6TBのデータ転送にはそれなりに時間が掛かるでしょうからrobocopy等の差分コピーツールを使って夜間に少しずつ同期をとって,十分に同期が取れた段階でシステム停止のアナウンスを行い,真夜中に運用を代替機に切り替えるのが良いと思います.

代替機が用意できない場合は,連休に休日出勤するしかないですね.

似たような課題に直面した経験があります.

まず,Cドライブの不要ファイル削除では十分な容量を確保できないのでしょうか.
たとえば,
・スワップファイルのサイズ縮小
・テンポラリファイル削除
・WindowsUpdate一時ファイル削除(C:\windows\SoftwareDistribution)
・修正プログラムのアンインストーラ削除
・不要なユーザプロファイル削除
などは検討されていますか.

領域の拡張についてですが,
仰るとおりシャドウコピーの問題やMBRなどの問題があります.
2003R2のファイルシステムは元々パーティション...続きを読む

Qリチウムイオン電池の寿命

先日11年間使ったシェーバーが充電しても3日しか持たなくなったのでパナソニックの全自動洗浄付きのを買いました。
説明書を読んで驚いたのはリチウムイオン電池の寿命が2~3年でしかも自分では交換出来ないので販売店に相談して下さいという内容です。
旧の方はニッカド電池で11年も持ったのに最新のリチウムイオン電池の方が寿命が遙かに短いなんて!
リチウムイオン電池と言えばEVやハイブリッド車の本命の電池で10年以上は持つ筈ではないのでしょうか?

Aベストアンサー

充電できる電池、つまり二次電池ですが、寿命を何年等の期間では表す事が出来ません。

メーカーが公表しているのは、あくまでもメーカーの想定した使い方での期間であってメーカーの想定以上に酷使すれば1年で使えなくなるかも知れませんし、逆にいたわって使えば5年以上持つかも知れません。

二次電池の寿命はどう表されるかといいますと、充電回数で表されます。
有名所では、「サンヨー エネループ」等が「1500回使えます」を謳い文句にしています。
http://jp.sanyo.com/eneloop/info/info01.html

例えば、500回充電が出来る電池を、毎日充電した場合500日(約1年4ヶ月と半月)程度しか持ちませんが、2日に1回の充電なら1000日(約2年9ヶ月)持ちます。

EVやハイブリット車の電池も同じだと思いますが充電回数は1000回以上出来るものを使用している筈ですから、1000回で2日に1回の充電であれば、2000日(5年半)は持つ計算になります。
当然、充電間隔が長くなれば日数も伸びます。
ただ、リチュウムイオン二次電池は取り扱いに難しい部分があり、電池自体が高温になったり、過充電、過放電を繰り返すと寿命が短くなる欠点が有るので、計算通りに持つ保障はありません。

充電できる電池、つまり二次電池ですが、寿命を何年等の期間では表す事が出来ません。

メーカーが公表しているのは、あくまでもメーカーの想定した使い方での期間であってメーカーの想定以上に酷使すれば1年で使えなくなるかも知れませんし、逆にいたわって使えば5年以上持つかも知れません。

二次電池の寿命はどう表されるかといいますと、充電回数で表されます。
有名所では、「サンヨー エネループ」等が「1500回使えます」を謳い文句にしています。
http://jp.sanyo.com/eneloop/info/info01.ht...続きを読む

QHDD1台の環境でパーティション作り直し->クリーンインストールできますか?

現在の環境は次の通りです。
WinXP-PRO媒体所有。(製品版CD-ROM)
HDD(IDE 80GB)1台を1パーティション(80GB)でCドライブとしてWinXPをインストールして使用しています。ファイルシステムはNTFSです。
CD-ROM装置1台(CD-R/Wではありません)装着しています。
上記以外は所有していません。(FDD装置などはありません)
この状態で、HDDのパーティションを作り直して(40GB、40GBに2分割したい)
あらためてWinXPをクリーンインストールし直したいのですが
ソフトや装置を追加購入しないで実現可能でしょうか?
可能だとすれば要点を教えていただきたいのです。
現在のHDDにあるデータは全て消えても構いません。
可能でないとすれば、HDDを新規購入してあらためてインストールする必要があるのでしょうか?
なお、現在の環境でWinXP再インストールをしてみたのですが(setup.exeを実行)、
Cドライブはformat出来ませんし、Cドライブしかありませんので別ドライブにインストールすることもできません。
同じCドライブには2重にインストールできますが、問題解決にはなりません。
以上、なんらかのアドバイスがあればお願いいたします。

現在の環境は次の通りです。
WinXP-PRO媒体所有。(製品版CD-ROM)
HDD(IDE 80GB)1台を1パーティション(80GB)でCドライブとしてWinXPをインストールして使用しています。ファイルシステムはNTFSです。
CD-ROM装置1台(CD-R/Wではありません)装着しています。
上記以外は所有していません。(FDD装置などはありません)
この状態で、HDDのパーティションを作り直して(40GB、40GBに2分割したい)
あらためてWinXPをクリーンインストールし直したいのですが
ソフトや装置を追加購入しないで実現可能でし...続きを読む

Aベストアンサー

CDブートで起動後、領域削除を行ってから領域確保で2つのパーティションを作成してみてください。

WindowsXP インストール方法
http://mbsupport.dip.jp/instwindowsx.htm

パーティション(領域)削除方法
http://mbsupport.dip.jp/ptdnt.htm

パーティション(領域)作成方法
http://mbsupport.dip.jp/ptmnt.htm

参考URL:http://mbsupport.dip.jp/instwindowsx.htm

Qリチウムイオン電池は危険なのか?

最近ボーイング787型機でリチウムイオン電池の発煙火災事故が続出している。
携帯電話でも同様の事故が起きた事があった。
リチウムイオン電池は問題のある危険な物なのだろうか?

Aベストアンサー

他の方も回答していますが、ラジコンなどの趣味の世界でリチウム電池は「禁断の電池」呼ばわりされています。なにしろ過充電しても過放電しても熱暴走を起こしやすいのです。熱暴走を起こすと、燃えるか爆発するかで、マニアが爆発させることもよく聞く話です。だから、国内メーカーでラジコン用のリチウムバッテリーを出しているところはないんじゃないかしら。PL法が怖いですからね。
けれども携帯電話やデジタルカメラなどでリチウム電池は幅広く使われています。理由は、なんといっても継ぎ足し充電ができること、また蓄電量も電圧も高いので小型で大容量のものが作れる上、形も自由に作れるのです。だけど熱暴走しやすいので、ちゃんとしたメーカーの製品はコンデンサがついていて熱暴走しないようにしていますし、大きすぎる電池は作らないようにしています。それでもiPodナノの電池が発火した事故がありましたよね。
ちなみに携帯電話用の電池はメーカー純正品だとすごく高いので、韓国製やインド製の廉価品が出回っています。だけどこれがすごく危ない。だって、暴走防止用のコンデンサがついてないんだもん。だから安いんですけど。元々の質が悪い上にコンデンサがないので熱暴走しやすいのです。だから私も某メーカーにいたときによく海外電池のトラブルを聞きました。「電池がふくらんで入らない」とかね。ふくらんだら爆発(もしくは発火)にリーチがかかっているので使ってはいけません。

だけどニッケル水素電池に比べると電圧が高いので、ラジコンだとその分モーターが速く回る、つまり速度が速くなるので使いたいマニアはいるわけです。国内メーカーの製品がないから、コンデンサのついてない海外製品をビクビクしながら使っているんですけどね。私の友人で実際に使っている人がいますが、ちょいちょい電池に触って熱を持ってないかチェックしながら使ってますよ。ずぼらな性格の私にゃ使いこなせないですね・笑。
B787でなぜリチウム電池を使っていたのかは不明ですが、おそらく継ぎ足し充電ができること(メモリー効果がない)と、高電圧を持っているせいだと思います。現代の航空機は電気制御の塊ですからね。万が一エンジンが停止し、予備エンジンさえ故障したとしても電力を失わずに機をコントロールできるようにするためだったのではないかなと思います。

なにがしかの新しいテクノロジーを取り入れれば、それがいくら慎重に研究を重ねて充分すぎるほどの実験や試運転をしたとしても、実際に使ってみると想定外の事態が発生します。三菱自動車の社員さんから実際に聞いたのですが、電気自動車のアイミーブの発売にあたっては、三菱社内で使ってみて、それで慎重に発売したものの、やっぱり「走行中に突然故障した」というトラブルは発生したそうですよ。

実は電池って意外に遅れている分野なんですよ。重いし、電圧は低いし、思ったほど蓄電できないし。電気自動車がなかなか普及しないのも、電池が足を引っ張っているからです。青色LEDの発明がライト業界に革命を起こしたように、電圧が高くて安全で蓄電能力が高い電池が発明されることを願うしかないですね。

他の方も回答していますが、ラジコンなどの趣味の世界でリチウム電池は「禁断の電池」呼ばわりされています。なにしろ過充電しても過放電しても熱暴走を起こしやすいのです。熱暴走を起こすと、燃えるか爆発するかで、マニアが爆発させることもよく聞く話です。だから、国内メーカーでラジコン用のリチウムバッテリーを出しているところはないんじゃないかしら。PL法が怖いですからね。
けれども携帯電話やデジタルカメラなどでリチウム電池は幅広く使われています。理由は、なんといっても継ぎ足し充電ができるこ...続きを読む

Q2台使用のモニタの1台が表示できなくなりました。

Windows 10 モニタ2台使用していました。
モニタの設定をいじくっていたら、モニタ2しか表示されなくなりました。

ディスプレイのカスタマイズで「識別」するとモニタ2のみと表示し、「表示画面を拡張する」にし、
適用ボタンを押しても、数秒後に「2のみ表示」になり。設定ができません。

元の1と2のモニタを同時に表示させたいのですが、どなたかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

Windows10をセーフモードで起動する方法はご存知ですか。
ご存じなければ、ちょっと調べてセーフモードで起動させる方法を確認してください。

再起動の時に
 「4) セーフモードを有効にする」
ではなく
 「3) 低解像度ビデオを有効にする」
を選択して起動させてください。

これでモニタ1を使って起動します。
解像度の設定など、最初からモニタの設定をやり直しましょう。

・・・
この「低解像度ビデオを有効にする」はビデオ設定を初期化して立ち上げるだけのモードです。
セーフモードとは異なり実装されているグラフィックドライバを使用して起動しますので、設定のやり直しに便利…かもしれません。
本来は、今のビデオ設定が壊れてしまいセーフモードなら正常に表示して起動するといったときに使うものです。

Qデジイチのリチウムイオン電池の保管方法について。

デジイチのリチウムイオン電池の保管に関して質問します。 リチウムイオン電池は、電池の残量が空の状態でないと保存は適さないと人から聞きましたが、実際には電池の容量の半分くら残ってしまいます。この状態だと、保管には適さないのでしょうか。まったく空にしなければいけないのでしょうか?

Aベストアンサー

(1) バッテリーは消耗品です。
 大して利用しなくても、~3年経つとバッテリーは老化してしまいます。

 デジカメのバッテリは、次回いつでも使えるようら「満充電」して保管しがちですが、それは<劣化を速める>ことに繋がります。
※ 満充電に近い状態での保管を繰返すと、セル内部のガス圧が上昇し寿命を縮める可能性あり。
<留意点>
過放電を防止するため、四半期に1回は、充電<半分程度>充電する。
高温での放置は避け、乾燥した、温度の低い場所で保管。
端子のショートが起こらないよう<ビニール袋等に入れて>保管。
参考Sites
http://www.baysun.net/ionbattery_story/lithium13.html

Qパソコンを2台使っています。2台はルーターで繋いでいます。ユーザーは1

パソコンを2台使っています。2台はルーターで繋いでいます。ユーザーは1人、アカウントも1つです。その内の1台にWindows 7をインストールしたのですが、残りの1台にも同じWindows 7を同じDVD-ROMからインストールして使用することができるでしょうか?  それとも、もうひとつインストール用ROMを購入しなければならないのでしょうか?

Aベストアンサー

#3さん>OSなどのアプリケーションは、パソコン1台につき1つのライセンスです。

いや、そうとも限りません。
ソフトウェアのライセンスは様々な形態があり、
質問者さんが思っておられる3台までOKというのもありますし、
50台、1000台といった多数のライセンスもあります。

ライセンス的には1台であっても、同時使用を行わなければ
複数のパソコンにインストールしてもかまわないというものもあります。

質問者さんにおかれましては、お使いのWindows7に付属している
EULA(エンドユーザーライセンス条項)をきちんとお読みになって
何台まで、どのような条件でインストールできるかをよく確認してください。


人気Q&Aランキング