長年販売されている芯式の石油ストーブにアラジン・ブルーフレームとニッセン・フリージアがあります.どちらも使う燃料は灯油ですが,一方のは炎は青色,他方は黄色です.ロウソクの炎の中心部が黄色なのは酸素不足による不完全燃焼のためといいます.
アラジン(BF3905 W)とフリージアは時間当たりの灯油消費量は同じ(0.26リットル)で,発熱量(暖房出力)も同じ(2.68kW)です.

1.灯油が燃えるときに発する熱量は一定のようですが,完全燃焼する場合の炎の色は何色でしょうか.

2.灯油が燃えるときの炎の色による燃焼温度の違いはあるのでしょうか.

3.炎の色の違いが生じるのは,一方が酸素不足で燃えているからでしょうか.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

えっとですね。



>1.灯油が燃えるときに発する熱量は一定のようですが,完全燃焼する場合の炎の色は何色でしょうか.

これは、燃焼時の空気の供給量により、変わるようです。


>2.灯油が燃えるときの炎の色による燃焼温度の違いはあるのでしょうか.

色温度が高いようですが、灯油のエネルギー量は変わらないので、総合的な違いはない模様。


>3.炎の色の違いが生じるのは,一方が酸素不足で燃えているからでしょうか.

酸素不足ではなく、燃焼時の空燃比の問題のようです。


それと、動画がありましたが、空気の供給方法に違いがあり、燃焼時の色も違うようです。
http://www.aladdin-aic.com/products/bf/howto/ind …

ブルーフレームの場合、蜂の巣状の部分から、空気が供給できる構造になっているようですので、炎が青色になるのだと思われます。


私なら、トヨトミのこのストーブにしますね。
http://www.toyotomi.jp/product/oil-heater/convec …

理由は、温暖色の炎で暖かみを感じることが出来、かつ、光が出ているので、停電時にも役立ちます。
あと、メーカー指定の手順で使えば、問題はありませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mimazoku 2さん,早速のご回答ありがとうございます.
炎の黄色と青には発熱量(温度差)の違いはない,ということですね.
ガソリンエンジンですと完全燃焼で燃費がもっともいい理想空燃比は15:1くらいだったと思いますが,気化した灯油が燃える場合には黄色と青色の違い(空燃比の違い)は発熱量や燃費に影響しないということですね.

たしかに暖色系の炎は癒し効果がありますね.

お礼日時:2011/04/10 23:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q石油ストーブが点火しない理由とは・・・

石油ストーブが点火しない理由とは・・・

従来は石油ストーブを点火させるレバーを引く。

石油ストーブがつく。

しかし・・・

点火させるべくレバーを引いても石油ストーブがつかない。

なぜこのようなことが起きるのでしょうか?
どうすれば石油ストーブがつくのでしょうか?

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

本来、レバーを一杯引いた状態で、点火ポイントが明るく輝いているはずです。
火が見えなかったり弱かったら電池切れが疑われる。
電池を新しいものに変えても輝かなかったら、点火位置への電気供給がなされていないので途中での接触不良か、あるいは点火ヒーターの断線がありうる。
ヒーターが接触する芯の方が変形して触れていない場合があるので、芯をゆさぶって見る手もあります。
それでダメならマッチで付けるのが早いです。

私の日立ストーブは芯がほとんど出ていないけど、100%着きます。

Qアラジン・ブルーフレーム石油ストーブについて

寒さが増して、ストーブの購入を検討していますが、
たまたま見つけたアラジン・ブルーフレーム石油ストーブの懐かしいようなオシャレなフォルムに魅了されてしまいました。
昔ながらの石油ストーブで長持ちし、臭いもなく、使い勝手はいいようですが、手入れが大変らしいと聞きました。どの程度のことをしなければならないのか、御存知の方、ぜひ教えて下さい。

Aベストアンサー

手入れは面倒ではありません。
たまに芯をそろえる必要がありますが、付属の器具をかぶせて回すだけです。
対流式なので足元が寒いのが難点で、サーキュレーターを使っています。
あと難点といえば掃除がしにくい事でしょう。
なんせあの形ですから

Qガスストーブと石油ストーブとオイルヒーターどれが一番暖かいですか

我が家では石油ストーブを使っています。私の部屋にはエアコンがありますが、エアコンは20度でも全然暖かく感じないですが、石油ストーブだと結構暑く感じます。ただ石油ストーブだと空気が汚れているというか、なんか空気が重いとは感じますが、電気の方はそうは感じません。

世の中には都市ガスを利用して暖めるガスストーブ、オイルヒーターなどいろいろありますが、石油ストーブと比べると暖かく感じるでしょうか?石油ストーブに比べてこの二つは何かメリットがあるでしょうか?オイルストーブは部屋が暖まるのが遅いときいたことがあります。

Aベストアンサー

ストーブというのは何かを燃やして周囲の空気を暖めるもので、ファンヒーターは温風を出してやるものです。つまり結局空気を暖めるわけなので、何が燃えていようと暖かさ自体には差はありません。臭いについては機種や方式にもよるので、どちらかは絶対にこうだ、というわけではありません。
オイルヒーターは弱過ぎて暖房にはなりません。

エアコンも結局温風を出しているのでファンヒーターと方式は同じです。ただ、天井に近い所から温風を出し、その暖かい空気がすぐに上に上がって行くので、床に近い所にいると暖かさを感じないのです。暖かい空気が上に上がるということは、替わりに暖かくない空気がそこに移動してくるからです。

最近の家には部屋にガス栓がほとんどありませんし、灯油の扱いも大変ですから、エアコンのまま、シーリングファンや扇風機などで上に上がっている温風をかき回してやるとかなり違うと思います。

Qアラジンのストーブ(ブルーフレーム)はどれくらい暖かいですか?

最近寒くなってきたので、アラジンのストーブの購入を考えています。
13畳のリビングで使用したいのですが、真冬にこれ1台では寒いでしょうか?(ちなみに私、寒がりです・・・)
使っている方がいらっしゃれば、どれくらいのパワーがあるのか教えていただきたいと思います!よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 昔、スポット暖房で使用したことがあります。私の生まれ育ちが雪国なものですから、煙突を利用の大きなストーブがメインで、すぐ常夏のハワイと化します(笑)。わが田舎では、芯式の石油ストーブは、わずかな時間、狭い部屋での利用がほとんどです。

 さて、質問者様のお住まいの地域はどちらでしょうか? お住まいは機密性の高いものですか? それらによっても大きく変わってきます。1時間に一度程度の換気(絶対に必要)も考慮に入れる必要があります。

 アラジンのHPを見てみると、最新の<BF3903>47,040円(税込み)の暖房のめやすを見ると、木造7畳(11.5平方m) or コンクリ-ト10畳(16.5平方m)となっていました。しかも、暖房のめやすは「温暖地」が基準で室内外温度差が15℃の地域(東京、大阪など)のようです。
 ということは、質問者様のお住まいがコンクリートでも、東京・大阪よりも温暖なところでないと難しいということになります。

 ご参考までに、下記のHPをご覧下さい。

  http://www.aladdin-aic.com/index.html
  http://diary.jp.aol.com/kbxtbxujf/

 昔、スポット暖房で使用したことがあります。私の生まれ育ちが雪国なものですから、煙突を利用の大きなストーブがメインで、すぐ常夏のハワイと化します(笑)。わが田舎では、芯式の石油ストーブは、わずかな時間、狭い部屋での利用がほとんどです。

 さて、質問者様のお住まいの地域はどちらでしょうか? お住まいは機密性の高いものですか? それらによっても大きく変わってきます。1時間に一度程度の換気(絶対に必要)も考慮に入れる必要があります。

 アラジンのHPを見てみると、最新の<BF3...続きを読む

Q石油ストーブいついて

石油ストーブを買おうかと検討しています

我が家は、毎年石油ファンヒーターをつかっています。
寝室にはオイルヒーターを置いています。

こたつは、アレルギーがあるのでこたつ布団がホコリの元になるので置けません。
エアコンは乾燥でのどや鼻が痛くなるので使えません。
石油ファンヒーターも部屋の空気が乾燥するので、加湿器を使っています。
なので、石油ストーブに買い替えて、ストーブの上にやかんを置いておけば加湿もできるし、ついでに焼き芋したり煮込み料理もできるからいいかなー?なんて思っています。
ただ、どうにもこうにも石油ストーブは使ったことがないので決めかねています。
ファンヒーターほどすぐには暖まらないだろうし・・とも思ったり。

石油ストーブを使ってるかた!
石油ストーブの良さを(できればデメリットも)教えてください。

Aベストアンサー

>石油ストーブの良さを(できればデメリットも)教えてください。

       ↓
石油ファンヒーター(以下、FHと略)と石油ストーブ[以下、STと略)は簡単に言えば、お部屋全体の暖房にFH、機器周辺での暖房にはSTが向いています。
どちらも、換気に注意と温度上昇した暖風が自然にお部屋を対流し天井付近にたまりますので(お風呂と同じ)天井扇やサーキュレーターを使ったり、扇風機をゆっくり天井に向けて併用運転して、お部屋の空気の均一化を図るのが使用感・省エネ二]有効です。
また、乾燥は少ないのが石油暖房ですが、それでも加湿器を併用すると髪の毛や肌に優しく温かさも優しい感じに成ります。

先ず、基本的な事ですが・・・暖房機には種類が多いこと。
~前提としての暖房機選びの概要~

◇熱源
電気・ガス(都市ガス・LPG)・石油・その他(薪・練炭他)

※熱源と光熱費の大雑把な関係

石油<都市ガス<電気・LPG

但し、エアコン暖房はヒートポンプ(空気熱回収)とインバーター制御&高効率熱交換器により、暖房時、実際には石油機器の約1/3程度の光熱費となり経済性も高い。


◇熱伝導の方式・仕組み

対流:
暖められた空気が上昇し、冷たい風が下部に潜り込む事で、部屋の空気が攪拌を繰り返して徐々に暖まる。
この時に、自然に空気の温度による比重差で対流する自然対流式と、送風ファンで強制的に対流を起し、スピードや温風の到達距離を長くする強制式対流に区分される。

*ストーブ・オイルヒーター<自然対流>
送風音なし・温風の吹かれ感なしは良いが、部屋全体の暖房には時間が掛かり機器の付近と他の場所の温度差が出易い。

*ファンヒーター・エアコン<強制対流>
送風でスピード暖房・送風音や温風の吹かれ感が嫌われる事もある。

輻射(反射):
暖められた発熱体から、近赤外線や遠赤外線が発生し、身体の皮膚や温点を刺激して暖かさを感じる。
基本的に無音・無風と成る。
パネルヒーター・遠赤輻射ヒーター

伝導:
発熱体に直接に接触して熱を伝えるので無音・無風で快適だが、部屋全体とか接触面以外には暖感が伝わり難い。
電気カーペット・床暖房・電気毛布・電気アンカ・湯たんぽ


◇暖房目的

主(メイン)暖房:
お部屋の温度を快適にする為の能力を持つ暖房・長時間且つ大能力となりますので光熱費・効率が重視される。

副(サブ)暖房:
主暖房と組み合わせ(併用・又は主暖房で暖まった状態のキープ)て使用。
単独ではお部屋を適温にする能力は無い。
メイン機器に比べると、補完&相乗効果なので、快適性とか暖感を重視

パーソナル・局所暖房:
特定の場所、人を暖める。
その人の感性・TPOで選択の基準・優先順位は変わる。

◇暖房機(暖め方)へのコダワリ
暖房能力・ランニングコスト(維持費)・イニシャルコスト(機器&設置費用)・暖感(無風・無音・乾燥)・モバイル性・燃料供給の手間・デザインetc


そこで、ご質問の件ですが・・・

1.お部屋には、メイン暖房機としては・・・

石油FHが強制対流式であり、お部屋全体の温度上昇には有利です。
機器メーカーや商品種類が石油STに比べ多く、能力やデザイン等での選択が出来ます。
温度調節や能力切り替えが容易です。
但し、送風ファンや灯油のガス化or霧化、点火ヒーターに電源が必要であり、停電や電源の無い所では使用出来ない。


2.使用時間が少ない場合・暖房機の傍で少数が温まる場合は・・・

必要な時だけ暖めるには、スピード暖房と身体に近寄せられるモバイル性から、石油STがご希望に向いていると思います。
また、電源が不要であり、停電に移動に便利。
それと、理論的には、灯油が燃焼すれば同じ量の水分に成りますから、お部屋は乾燥しないようですが、室温上昇で相対湿度が低下するのと身体に優しい暖房と言う面からは設定温度を少し低く、湿度が高目の暖房、加湿器の併用が望ましいのは石油FHも石油STも同じです。

※極端に、短時間だったり、省エネを追求するなら・・・
暖かセーターや丹前を1枚余分に着る。
<家具調こたつ>に、少し大きめの毛布&布団をして、こたつ内の電気ヒーターはこたつ内の温度アップにだけ使用、後は湯たんぽを利用すると安全と省エネになります。

3.さらに、省エネへの配慮としては・・・

加湿器の併用(湿度10%で体感的には1℃アップ)、天井付近への暖気たまりに扇風機でのサーキュレーション効果を出し、快適性と省エネの両面から改善を図る。

4.それ以外にも・・・

住まいの構造や暮らし方の工夫でも省エネを図る。
内・外断熱の住宅構造、既存のお部屋でも窓や間仕切りの隙間への断熱パッキン、サッシ等へのエアパッキンとかプチプチを貼る、厚手のカーテンを使用する事で暖房負荷&熱ロスは変わります。
当然、夜間はシャッターや雨戸等の確実な開閉、外気の影響を減少させる対策・暖房運転のパワー調節や使用時間の短縮が有効です。

以上、長々と申し上げましたが、表現力の無さと拙文にて申し訳ございません。


okwaveid45 様におかれましては、皆様からの情報・アイデア・アドバイスを参考にされ、多くの暖房機の中から、快適で健康的な、さらに賢い省エネ機器を探され、満足感のあるホットライフを実現されますよう、心より祈念申し上げております。

>石油ストーブの良さを(できればデメリットも)教えてください。

       ↓
石油ファンヒーター(以下、FHと略)と石油ストーブ[以下、STと略)は簡単に言えば、お部屋全体の暖房にFH、機器周辺での暖房にはSTが向いています。
どちらも、換気に注意と温度上昇した暖風が自然にお部屋を対流し天井付近にたまりますので(お風呂と同じ)天井扇やサーキュレーターを使ったり、扇風機をゆっくり天井に向けて併用運転して、お部屋の空気の均一化を図るのが使用感・省エネ二]有効です。
また、乾燥は少ないのが...続きを読む

QFF式石油ファンヒーターVSFF式石油ストーブ

北海道札幌市からです。

3月に引っ越す予定なのですが、備え付けの暖房がプロパンガス式ファンヒーターで、ランニングコストがかなりかかると予想されるので、タイトル通り、石油の暖房を購入したいと思っています。

ちなみに、16畳のリビングに使います。

給油は、30Lぐらいのタンクを買うとして、石油ファンヒーターと石油ストーブ、どちらが良いでしょうか。

FF式なのでどちらも換気は必要ないのですが、暖まり具合がどうなのか知りたいです。

輻射式石油ストーブは、なかなか暖まらないので、ファンヒーターの方がいい、と色々検索して見て来ましたが、値段はストーブの方が安いので、迷っています。

また、以前は石油ストーブを使っていたのですが、ずっとセーブ運転していると、ストーブの中で不完全燃焼が起こり、すすがたまって故障した、という経緯もあります。

実際使っている方の情報が聞きたいです。

宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

追記
サーキュレーターはストーブの対角(反対側)が理想ですね。
ガスの単価については小生が短期間に白石区→豊平区と転居した際にプロパンの価格が違うので問うたら建物に「設備」として敷設した設備償却分と言われて憤慨した記憶があります。

感覚的に3割高と感じました。当時は灯油80円でしたがプロパンも灯油(現在67円程度)も下がっていますし
燃焼機器本体の大きさや燃費に当てはまるものがないので
あくまでも経験則です。もちろん瞬間湯沸かし器は除いて。

Q石油ストーブとガスストーブのどちらがお得ですか

石油ストーブとガスストーブのどちらがお得ですか
現在、遠赤外暖房機を使っていますが、部屋全体の温まり具合がいまいちなので、石油ストーブかガスストーブを入れたいと思っています。エアコンがありますのでそれを使うことも出来ますが、電気代が高くつくような気がします。そこで、石油ストーブとガスストーブを比較した場合、どちらがお得でしょうか。石油の場合は臭いがあるとか市況にふりまわされるなどがあると思いますが。

Aベストアンサー

どの様な場所で使用するのでしょうか?

仕事場、事務所でしたら石油ファンヒーター、ガスストーブ+扇風機(送風機)
家庭の個室なら、電気カーペットやコタツ
リビングなら石油ストーブ、薪ストーブ、石炭(木炭)ストーブ、石油ファンヒーター、+扇風機(送風機)
電気カーペットも有りかと。
キッチンなら電気ストーブ (火災を起こす可能性が低いので)
が適していると思います。

扇風機(送風機)は天井に向けて送風してください。
天井に集まった温かい空気を拡散して、部屋全体の室温を均一にしてくれます。

コストで言えば、ガスストーブが安いでしょう。
しかし、配管の取り回しや利便性を考えると、石油ストーブの方が便利です。

ただし、電気ストーブ以外は、室内の空気の換気が必要なので、
ストーブで温める - 換気で冷える の繰り返しになりますが。

Qアラジン石油ストーブの不具合

アラジンのストーブが新品では在庫切れでなかなか購入できないらしくネットで中古品が高値で取引されているらしいです。早速、私も中古(J390001IV型・年式不明)を購入したのですが、始動レバーがラチェット部に掛からず始動する度カバー止めビスとカバーを外しレバーをラチェットギアにはめ込みしなくてはならない状態です。これって故障しているのでしょうか?同じようなことがあった方に質問ですが何か対処方が有りましたら教えてください。
それと、高価な値段の割りに扱いが難しく、部屋が温まるのに大変時間が掛かる感じなのですが、アラジン所有者の率直な気持ちが有れば宜しくお願いします。

Aベストアンサー

子供の頃からアラジンを使っていて、かれこれ40年以上になります。

ラチェットの件は、詳しくはわかりませんが、消すときにレバーを回し過ぎてはずれるのではないでしょうか。原因としては、レバーが止まらないようになってしまっている、あるいは、芯がきちんとはいっていない、のような気がいたします。

いずれにせよ、故障ですので、修理に出されたほうがいいと思います。

アラジンは、対流式で部屋全体を暖めてくれます。ファンヒーターと違って、温風がでるわけではないので、暖まりにくく感じるかもしれませんが、一度暖まると、やわらかな暖かみが続きます。

取り扱いが難しいに関しては、確かにそのとおりかもしれません。芯の清掃などは、日常的にやっています。でも、それを怠るととたんに炎が不機嫌になり、黄色くなります。

私は、いつもベストの状態にして芯を調節し、青い炎を眺めるのが好きなので、家族にはあきれられています。

高価かもしれませんが、ほとんど故障はなく、また熱効率も驚くほどよく、またお湯をわかしたり、焼き芋や餅を焼いたりすることもできる、素晴らしい暖房器具だと思います。

子供の頃からアラジンを使っていて、かれこれ40年以上になります。

ラチェットの件は、詳しくはわかりませんが、消すときにレバーを回し過ぎてはずれるのではないでしょうか。原因としては、レバーが止まらないようになってしまっている、あるいは、芯がきちんとはいっていない、のような気がいたします。

いずれにせよ、故障ですので、修理に出されたほうがいいと思います。

アラジンは、対流式で部屋全体を暖めてくれます。ファンヒーターと違って、温風がでるわけではないので、暖まりにくく感じる...続きを読む

Q石油ストーブのメリットは?

現在部屋のエアコンで暖房を入れてますが、
石油ストーブにするメリットはありますか?

温まる速度が速いのでしょうか?
灯油を入れることを考えたらエアコンのほうが楽なのですが。

石油ストーブを使ってる人は
エアコンを設置できない部屋だから石油ストーブを使ってるのでしょうか?

Aベストアンサー

住んでいる家の形態(木造一戸建てとか木造アパート、鉄筋マンション等)や地域によってメリットがデメリットになります。

冬場の最高気温が5度以下が当たり前の地域や、積雪が数メートルになる地域では石油ストーブのほうが重宝します。
エアコンでは全然暖かく感じません。
石油ストーブだと部屋の温度が低くても輻射熱・遠赤外線で暖かく感じます。

夏冬使えるパワフルなエアコンがあっても石油ストーブの方を使っちゃいます。最近では石油ファンヒーターを使う家が多いですが、石油ストーブも常備しています。中越地震や東北地震では停電のためファンヒーターでは暖がとれずドラム缶に廃材を入れて焚き火をしたりしましたからね。電気がなくてもあたたまれる石油ストーブだとお湯を沸かしたり煮炊きもできるのでいざというときは重宝します。


メリット・デメリットというのは目的や状況によっては表裏一体で逆転することもあります。

Qランニングコストの安いストーブを買おうと思っていますがガスストーブと石油ストーブはどちらが安いでしょうか?

急激に寒くなり今まで使っていた石油ファンヒーターが去年2台とも壊れて、去年買った石油ストーブ1台では耐えられない我が家のリビングにもう1台ストーブを買おうと思っています。
そこでランニングコストが知りたいのですが、ガスストーブの10畳用ぐらいのものと、同じく10畳ぐらい用の石油ストーブに必要な灯油の値段を比較して1ヶ月にかかる費用はどちらが安いのでしょうか?
教えて下さい。よろしく御願いします。

Aベストアンサー

暖房費は、灯油、ガス、電気の順です。

10畳まで、の場合だと時間にもよりますが

一日5時間程度稼動した場合で
1ヶ月あたり
灯油 3000円
ガス 7000円
電気 9000円(電気ストーブ、エアコンの場合は5000円程度)
この辺だと思います。

あくまでも、金額の面であって利便性、室内清浄等を考えると、やはり エアコンかと思われます。

火力が強いのは何といっても「ガス」ですが器具が高価です。 


人気Q&Aランキング

おすすめ情報