長年販売されている芯式の石油ストーブにアラジン・ブルーフレームとニッセン・フリージアがあります.どちらも使う燃料は灯油ですが,一方のは炎は青色,他方は黄色です.ロウソクの炎の中心部が黄色なのは酸素不足による不完全燃焼のためといいます.
アラジン(BF3905 W)とフリージアは時間当たりの灯油消費量は同じ(0.26リットル)で,発熱量(暖房出力)も同じ(2.68kW)です.

1.灯油が燃えるときに発する熱量は一定のようですが,完全燃焼する場合の炎の色は何色でしょうか.

2.灯油が燃えるときの炎の色による燃焼温度の違いはあるのでしょうか.

3.炎の色の違いが生じるのは,一方が酸素不足で燃えているからでしょうか.

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

えっとですね。



>1.灯油が燃えるときに発する熱量は一定のようですが,完全燃焼する場合の炎の色は何色でしょうか.

これは、燃焼時の空気の供給量により、変わるようです。


>2.灯油が燃えるときの炎の色による燃焼温度の違いはあるのでしょうか.

色温度が高いようですが、灯油のエネルギー量は変わらないので、総合的な違いはない模様。


>3.炎の色の違いが生じるのは,一方が酸素不足で燃えているからでしょうか.

酸素不足ではなく、燃焼時の空燃比の問題のようです。


それと、動画がありましたが、空気の供給方法に違いがあり、燃焼時の色も違うようです。
http://www.aladdin-aic.com/products/bf/howto/ind …

ブルーフレームの場合、蜂の巣状の部分から、空気が供給できる構造になっているようですので、炎が青色になるのだと思われます。


私なら、トヨトミのこのストーブにしますね。
http://www.toyotomi.jp/product/oil-heater/convec …

理由は、温暖色の炎で暖かみを感じることが出来、かつ、光が出ているので、停電時にも役立ちます。
あと、メーカー指定の手順で使えば、問題はありませんよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

mimazoku 2さん,早速のご回答ありがとうございます.
炎の黄色と青には発熱量(温度差)の違いはない,ということですね.
ガソリンエンジンですと完全燃焼で燃費がもっともいい理想空燃比は15:1くらいだったと思いますが,気化した灯油が燃える場合には黄色と青色の違い(空燃比の違い)は発熱量や燃費に影響しないということですね.

たしかに暖色系の炎は癒し効果がありますね.

お礼日時:2011/04/10 23:47

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q石油ストーブが不完全燃焼になりやすい理由とは?

石油ストーブは取扱説明書や側面の注意書きステッカーなどで
芯の上げ過ぎや下げ過ぎの炎の状態が「正しくない状態」として
例示され、不完全燃焼のおそれを注意喚起されています。

ガスレンジなら鍋からはみ出るほどの強火ははみ出た分が火力の
無駄というだけで、弱火も火が消える寸前のとろ火であっても
立ち消えに注意というだけで、正しくないとまでは言われません。

特に石油ストーブでは芯の下げ過ぎがにおいや一酸化炭素発生の
原因と指摘され、実際ににおいがすることは認めますが、普通に
炎を出して燃焼しているにもかかわらず、それが一酸化炭素発生に
結び付く理由とは一体なんなのでしょうか。

なお、換気は適切に行われ、酸素不足を原因とする不完全燃焼に
ついては考えないものとします。

Aベストアンサー

ガスレンジは既に気化した状態のガスと気体である酸素とが燃焼反応する

一方で石油ストーブは液体である灯油が燃焼芯に吸い上げられる過程で周囲の熱によって気化し酸素と混合する
芯が少ししか出ていないと、気化するのに必要な熱や時間が無いままで燃焼する <-気化が不十分で酸素と反応しきれない灯油成分が発生する、これが不完全燃焼

で、添付画像の様にホヤ付きの場合、ホヤ部分が赤化する=高温状態になる事で燃え残りの灯油成分と酸素との反応を確実にする事が可能となる
でも、そのホヤでの反応にも限度があり、芯を上げすぎる=灯油が多すぎる場合には反応しきれない灯油成分が発生する、これも不完全燃焼の原因

そういう感じ

Q石油ストーブが燃焼筒の1/5しか赤くならない

コロナ製品で購入して2年3か月になります。
今朝、芯の左側が火が消えそうな状態だったのでペンチで芯を少し引き出しました。
それでも変わらず、数回消化・点火を繰り返したら炎が上がり、2時間弱使用しました。
夕方に点火すると、今朝と同じ状態になったり、炎が上がっても燃焼筒の下部(全体の1/5程度)が赤くなったまま、20~30分続けてもそれ以上赤くなりませんでした。
何度か繰り返しましたが変化なしです。
灯油はほぼ満タンで、今期は10回以上給油しています。
試しに給油タンクも出し入れしてみましたが・・・

もう寿命なのでしょうか。買い替えられないので、何か対処法があれば教えてください。

宜しくお願いします。 

Aベストアンサー

こんにちは。

芯を出し入れするタイプの石油ストーブなら「空焚きを行う」とガラス芯の炭化したタール成分が焼き切れて毛細管現象が復活して灯油を良く吸うようになり正常な燃焼状態に戻ります。


空焚きの手順
1、ストーブから灯油を出来る限り抜き出す
2、換気の良い場所でストーブの芯に着火する
(※屋外の場合は風で消えないような注意が必要)
3、暫く燃焼を続けてると芯に染み込んだ灯油がなくなり空焚き状態になる
4、そのまま空焚きを続けると炭化したタール成分が炭のように赤くなって燃え尽きると灰になる
5、タール成分が燃え尽きてガラス芯が軟らかくなったことを確認する
6、灯油をストーブに給油して20分から30分程度待つ
7、ガラス芯の上部まで灯油が充分に染みてることを確認する
8、灯油が染みてるなら着火して燃焼状態を確認する
9、異常燃焼をしてたら手順1からやり直す

なお、私の場合はガストーチランプ(ガスバーナー)の炎で強制的にガラス芯のタール成分を焼き切ってしまいますが、このような方法で我が家にある2台の石油ストーブも何度か目詰まりを起こしたにも関わらず、空焚きをして復活させ20年間以上に亘り正常燃焼状態で使い続けてます。

ちなみに、ガラス芯がタール成分で目詰まりする主な原因
1、変質灯油を給油して燃焼させた
2、水分を含んだ灯油を給油して燃焼させた
3、給油を忘れ中途半端な空焚きをしてしまった

こんにちは。

芯を出し入れするタイプの石油ストーブなら「空焚きを行う」とガラス芯の炭化したタール成分が焼き切れて毛細管現象が復活して灯油を良く吸うようになり正常な燃焼状態に戻ります。


空焚きの手順
1、ストーブから灯油を出来る限り抜き出す
2、換気の良い場所でストーブの芯に着火する
(※屋外の場合は風で消えないような注意が必要)
3、暫く燃焼を続けてると芯に染み込んだ灯油がなくなり空焚き状態になる
4、そのまま空焚きを続けると炭化したタール成分が炭のように赤くなって燃...続きを読む

Q火の温度ってどのくらい?

100円ライターの火とオイルタンク火災時の温度ってやっぱり違いますよね
燃える物質(酸化過程の)によって放出する火の温度は違うみたいなのですが、実際何度くらいあるものなんでしょうか?

100円ライターと原油タンク火災時の大体の温度を知りたいです。知ってる方いたらご教授お願いします

Aベストアンサー

>ちょっと気になるのはタンカー事故時の火災温度についてです。私の記憶ではTVで事故映像を見たとき周辺にある金属(鉄?)をも溶かしてたような気がするのですが…。(曖昧です)

鉄(鋼)の融点は1500℃~1600℃で,主に炭素の含有量などで,その融点は下がってきます。鉄中のカーボン(炭素)の含有量と融点を調べたグラフを状態図と言うのですが,その図によれば1150℃程度でも鉄が溶融することがわかります。
前に回答致しましたように,原油タンカーの火災の際は,真っ黒い煙(カーボン粒子)が大量に発生します。これがタンカーを形成する鋼と反応し,融点を下げることは言うまでもありません。
真っ赤に見える鉄(鋼)は,800℃以上です。1500℃を超えるとドロドロに溶けた鉄はややオレンジがかった白色の強い光を発し,サングラスなしでは直視することができません。
ちなみに,911のテロでビルが崩壊したのは,鉄筋やビルのフレーム(柱)を形成する鋼(H型鋼など)が1000℃程度で飴のように軟化し,強度を失ったことによります。
日本の建築用の鋼は,米国の規格よりも耐火度(軟化温度)が高いので,ひょっとしたら,惨事をいくらかは防げたかもしれません。
テロも含めて,火災などの事故をこの世から無くしたいものですね。
犠牲になられた方達に,合掌・・・

>ちょっと気になるのはタンカー事故時の火災温度についてです。私の記憶ではTVで事故映像を見たとき周辺にある金属(鉄?)をも溶かしてたような気がするのですが…。(曖昧です)

鉄(鋼)の融点は1500℃~1600℃で,主に炭素の含有量などで,その融点は下がってきます。鉄中のカーボン(炭素)の含有量と融点を調べたグラフを状態図と言うのですが,その図によれば1150℃程度でも鉄が溶融することがわかります。
前に回答致しましたように,原油タンカーの火災の際は,真っ黒い煙(カーボン粒子)が大量に発生...続きを読む

Q・灯油って燃え易いんですか?

仮にですが(実際にしませんよ!)
ガソリンでなく灯油を乗用車にまいて
発砲したり火の付いたマッチを投げたりしたら爆発はしなくても
簡単に炎上するものでしょうか?

放火などのシーンでドラマなどででてきますが、
「ガソリンを乗用車にまいて火をつけても意外と燃えにくい。」との回答ですから---.

Aベストアンサー

たくさん回答が書かれていますが内容がバラバラです。
ガソリン、灯油の燃焼の性質の違いは高等学校のレベルの内容です。
引火点、発火点の違いと燃えやすさについて混乱があるとは思いませんでした。
引火点や発火点、燃焼範囲などの値は市販の危険物乙4のテキストには載っているものですから特別に秘密にしなければいけないものでもありません。乙4、または丙の資格を持っている高校生はたくさんいます。ガソリンスタンドでバイトをしている高校生も多いです。
ただ資格を持っているといっても意味も分からずに暗記だけで通ったという人も多いようです。
燃えるとはどういうことか、引火点、発火点、燃焼範囲の説明や関係を授業でやってきました。火をつければどういう燃え方をするかもやりました。
引火点が-40℃以下のガソリンよりも引火点が40℃以上の灯油の方がよく燃えるというような誤解がどこから出てくるのでしょうか。ふしぎです。

ビーカーに灯油を入れてマッチを近づけます。火は着きません。マッチを放り込んでも火はつきません。チャッカマンでやっても同じです。
引火点が40℃以上という事はその温度以下では蒸発が弱くて蒸気と空気の混合気体の中の灯油の蒸気の割合が燃焼範囲の下限の値に達していないということです。燃えるためには空気との混合気体の中での割合がある範囲内になければいけません。燃えるものの割合が少なすぎても酸素の割合が少なすぎても燃えないのです。
灯油の入ったビーカーをバーナーで加熱します。マッチで火がつくようになります。温度が上がれば蒸発が盛んになりますので燃焼範囲に入れば火がつくのです。その温度が引火点です。
火がついてもガラス板をかぶせればすぐに火は消えます。
灯油の燃えているビーカを水の中に漬けて温度を下げてやると火は消えます。燃え始めてすぐの、ビーカーが手で持てる程度の温度であれば消すことが出来ます。

灯油は燃えにくいからこそ家の中での暖房に使うことが出来るのです。余熱や芯の工夫で何とか燃えるようにしているのです。揮発性が高ければ危なくて使うことは出来ません。先日、ガソリン混じりの灯油を売ってしまって大騒動になったというニュースがありました。灯油ストーブは灯油の蒸気発生量に対応しています。揮発性のガソリンが混じればガソリンの蒸気が室内に漏れて引火するという可能性があるということでした。ガソリンスタンドのタンク一杯分が廃棄処分ということになりました。

ガソリンをビーカーに入れてマッチを近づけます。すぐに火がつきます。普通の温度では十分に蒸気が発生していますから燃焼範囲に達しているのです。でもやはり濃すぎても薄すぎても燃えないというのは成り立ちます。ビーカーに半分ほどガソリンを入れてニクロム線式の点火器でで火をつけてみます。点火器を液面すれすれの位置に持っていってからスイッチを押します。点火器のニクロム線が赤くなってきても火はつきません。液面すれすれの所では空気不足の状態になっています。ガソリンの蒸気の濃度が高すぎるので火がつかないのです。赤くなった点火器を徐々に引き上げていきます。空気の濃度がある程度高くなったところで初めて火がつきます。

燃焼範囲は爆発範囲とも呼ばれています。でも爆発と燃焼とは異なります。爆発は空気との混合の割合の範囲がもっと狭いところで起こります。完全燃焼の割合に近い方が起こりやすいと考えていいでしょう。
うまく混ぜればアルコールでも都市ガスでも爆発します。
ガソリンか灯油かということは関係がありません。

doc sundayさまの回答はジーゼルエンジンとガソリンエンジンの点火方式の違いを燃料の燃えやすさと混同されたものだろうと思います。ガソリンエンジンは圧縮した混合気体に電気火花で点火します。これは引火です。ジーゼルエンジンは圧縮だけで点火します。高温の熱源のない状態での発火です。軽油の発火点(230℃)がガソリンの発火点(300℃)よりも低いということも利用しています。 圧縮率を高くして発火点以上の温度を実現しています。

>ガソリンを乗用車にまいて火をつけても意外と燃えにくい

燃えます。
「意外と」というのは何と比較してのことですか。
こういうのをどこで仕入れてきたのですか。

映画にある「崖から車が落ちると爆発、炎上する」というシーンは嘘です。火薬を使って爆発させているはずです。

たくさん回答が書かれていますが内容がバラバラです。
ガソリン、灯油の燃焼の性質の違いは高等学校のレベルの内容です。
引火点、発火点の違いと燃えやすさについて混乱があるとは思いませんでした。
引火点や発火点、燃焼範囲などの値は市販の危険物乙4のテキストには載っているものですから特別に秘密にしなければいけないものでもありません。乙4、または丙の資格を持っている高校生はたくさんいます。ガソリンスタンドでバイトをしている高校生も多いです。
ただ資格を持っているといっても意味も分か...続きを読む

Q灯油の完全燃焼について

灯油を少しだけ小皿にとり、何か芯になるものを入れ着火すると燃えはしますがススが沢山出ます。
単なる興味本意ですが、大掛かりな装置でなく何か工作程度の細工をしてススを無くす事はできないでしょうか?
芯の上に燃焼室というものを付ければいいのかなぁと思いますが、素人では危険で難しいものなのでしょうか?

Aベストアンサー

>21~23cm以上の燃焼室を炎の上に付けて、赤熱するぐらいの火力(と十分な酸素の送る)であればススは出ないものの、火力が弱く、完全燃焼とは程遠い、ということで宜しいでしょうか?

特に強制的に空気送らなくても大丈夫です。
普通のストーブのイメージしてください。
自然に燃やしています。芯を出しすぎると炎が大きくあがりススがでますよね。

燃焼室は、そこで完全燃焼させる目的ではなく、可視光線と赤外線効果を狙ったものです。

灯油を気化されると、かなり大きな炎があがりますので気をつけてください。グツグツ煮たせるのは危険です(笑

完全燃焼(青い炎)は熱したプレートに灯油を微量供給し、気化したガスに空気を送り継続燃焼させるのが理想です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報