ルパンvs複製人間を見て思ったのですが赤外線見るゴーグルのような装置は開発されているのでしょうか?お暇な時で構いませんので回答をお願いします

A 回答 (1件)

普通にデジタルカメラで撮影して、ゴーグルタイプのモニタ(HMD)を使えばOK。



デジタルカメラなどで使用される CCD素子は赤外線まで見えるんですが
普段からそれが見えていると画面全体が白くなってしまうので
電気的に赤外線域の信号をカットして可視光線のみを扱うようフィルタを掛けています。
しかし、強い赤外線に対してはそのフィルタを通り抜けて見えるようになっています。
(テレビなどの赤外線リモコンの先を携帯電話のカメラでモニタしてみてください。光って見えますよ)

あとは赤外線を乱反射させる細かい粒子を赤外線の照射されている空間に撒けば
赤外線の軌跡が見えるかもしれません。

HMD(ヘッド マウント ディスプレイ)
■TSUKUMO(ツクモ)
 http://www.tsukumo.co.jp/hmd/
など
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなってしまって申し訳ありません。
ご回答ありがとうございました

お礼日時:2011/04/18 12:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q宇宙望遠鏡の赤外線カメラ

現在、宇宙望遠鏡に搭載されている赤外線カメラに関する英語の文章を読んでいます。
とても初歩的な質問だと思うのですが、いろいろ調べても分からなかったので教えてください。

私の認識では、赤外線カメラは「赤外線を観測できるカメラ」だと思っているのですが、いろいろ調べてみると「赤外線波長を使って高い感度で宇宙を観測する」という記述もありまして、分からなくなってしまいました。
赤外線カメラとは、
「赤外線を観測できるカメラ」それとも
「赤外線を使って観測するカメラ」それとも
「赤外線を使って赤外線を観測する」のですか??

英語の原文の中で、
「XXは赤外線を観測できるので、ガスやチリを透かして奥の天体が見える」という表現がありまして、矛盾を感じています。
「XXは赤外線を使って観測しているので~」なら納得できるのですが。

是非、教えてください。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは

赤外線カメラは,
赤外線の波長域で物を見る事を言うのです.

一般的なことで言えば,
普通のカメラに『赤外線フイルム』を装着し,
曇った日に撮影しても,
可視光線域を利用していないために
目視できない遠方までが鮮明に写る特性があります.

赤外線とは熱線を含んでいますから,
宇宙の遠い熱源まで観測できるのです.

熱源と言うと不思議に思われるかもしれませんが,
毒蛇のニホンマムシなどは,
熱源:餌となる動物の体温で動物を見ているのです.

ご質問の疑問に対する説明は以上の通りで,
『赤外線カメラ』も,基本的には同じ事です.

お答え:
>赤外線カメラとは、
>「赤外線を観測できるカメラ」それとも
これも有る意味で正しいのですが,
厳密には以下の通りでしょう.
「赤外線波長域を使って,観測できるカメラ」


ご質問者さまの参考の一助になれば幸いです.

Q焦電型赤外線センサーの利用方法

焦電型赤外線センサー付きのライトを購入したが、人間以外で焦電型赤外線センサー付きのライトの前を通ると敏感に感知される物体は何か有りませんか。
但し、センサーと動作される物体の間には5mmの透明なガラスが有ります。

Aベストアンサー

焦電型赤外線センサーは周りとは違った発熱体が移動するなどの変化があった場合に反応したと思います。
また距離も関係しますね。

センサのすぐ近くでしたら何でも反応するかもしれません。
ある程度距離があるのでしたら、周りとは違う温度のもの、つまり温度が高い物が反応すると思います。
※大きさも関係します。なるべく大きな物で試してください。

Q赤外線盗撮について。

赤外線盗撮について。
最近、海辺や暗闇での赤外線を使っての盗撮が増えてますが、
赤外線盗撮って、赤外線LEDをつけて盗撮してるんですよね?
昼間ならカメラから赤外線LEDが光ってることでバレると思うんですけど、
気づかないよう細工でもしてあるのでしょうか?

Aベストアンサー

赤外線による盗撮は二つの要素で考える必要がありますし
また赤外線が何か?教科書をよく読むべきです。

赤外線はまぁ、普通に言うと肉眼で見えません。
ですから赤外線をどれだけまき散らしていても見えない。

もちろん、限度を超えれば、それは赤外線暖房器具と同じ
熱いからわかります。
ただ、そこまで大出力では無くても撮影は可能なのです。

こういった赤外線の様子は、TVなどの赤外線リモコンを
デジカメなどで写してみるとよくわかります。
リモコン不良時の確認方法として一部で有名ですが
リモコンの赤外線は、肉眼では見えず、デジカメでは写ります。


まぁ、これが闇夜の赤外線撮影の仕組みです。
ですから、夜間撮影のために赤外線LEDを備えたカメラも普通に売られています。

まぁ、携帯やデジカメで、そういうのを発見できたりします。
実際に使う人は、同じテクノロジーによって
自らの隠形も台無しになるわけで、半可通の悪用は、ただただ滑稽です。



話は変わりますが、赤外線フィルターと呼ばれるものは
花粉フィルターなどとは逆で、赤外線だけを通過させるフィルターです。

肉眼では真っ暗なガラス板に見えます。
まぁ普通の市販品は可視光もある程度通すから真っ黒じゃありませんが…
(なにしろ本当に真っ黒だと、撮影が困難な場合がある)

で、これは写真業界では、1980年代あたりまではポピュラーだったと思います。
一般的にはモノクロフィルムで、桜や晴天の空などを
象徴的なコントラストで撮影するためのフィルターでした。
あるいはもやのかかった遠景を、透過性の高い赤外線によって
より鮮明に写すためのフィルターでした。

当時は、赤外線が強くなる春先、桜の季節に
季節ものとして赤外線用フィルムが販売されたりしたものです。

現在では、モノクロ撮影がほとんど行なわれませんから
需要自体がほとんど無いはずなんですが…
赤外線は透過性の高い光なのですね (^_^;

そのため、薄手の衣類を透過し
その下の肌が、いくらか鮮明に写ったりします。

海辺でというのは、そこいら中にいる水着の人なら
赤外線での透過撮影が行いやすいという事情からです。

ただ、そういうことしている人がいたら
普通気づくと思うんだけど、気づかない人は気づかないんだろうね。

私自身は、自分が気づく人だから
気づかないのが普通とは思えない。
だから、そういう撮影は怖くてできないや。

#君子危うきに近寄らず
#おかげさまで前科なしで立ち回って参りました \^o^/

赤外線による盗撮は二つの要素で考える必要がありますし
また赤外線が何か?教科書をよく読むべきです。

赤外線はまぁ、普通に言うと肉眼で見えません。
ですから赤外線をどれだけまき散らしていても見えない。

もちろん、限度を超えれば、それは赤外線暖房器具と同じ
熱いからわかります。
ただ、そこまで大出力では無くても撮影は可能なのです。

こういった赤外線の様子は、TVなどの赤外線リモコンを
デジカメなどで写してみるとよくわかります。
リモコン不良時の確認方法として一部で有名ですが
リモコンの...続きを読む

Q秋月電子の焦電型赤外線センサーの改良

を利用して洗面所の照明を自動点滅にして利用しておりますが、人が居てもタイマーが切れると再度、人体検出でリレーが入り直す事となり、現在タイマーを1分間にのばしている物の、絶えずリレーがON、OFFしている状態です。タイマーのIC555の回路変更して、タイマー作動中に人体検出すると、タイマーのカウントをクリアーして、人検出する間はリレーのON,OFF作動をしないように出来ないでしょうか。

Aベストアンサー

キットはこれ<http://akizukidenshi.com/download/kairo/データ/センサ(人感)スイッチ/K001_焦電型赤外線.pdf>でしょうか。
この回路では、焦電センサが人体の動きを検出すると、555タイマのトリガ入力端子(2pin)の電圧が5Vから0Vに下がることでタイマが動作し、それと同時にリレーがONし、ある時間経過するとリレーをOFFにするものですが、タイマが動作中に再びトリガ信号が入っても(人が動いても)タイマが動作したままになるので、一定時間経過後にリレーがOFFになってから人が動くまでの間はリレーがOFFの状態になってしまいます。

これを改善するには、トリガ信号が入るたび(人が動くたびに)にタイマをリセットする機能を加えます。トリガ信号とリセット信号は0Vで有効になるので、入力信号をリセット信号として利用できます。ただしトリガ信号をそのままリセット信号に使うと、リセット中にトリガ信号が0Vに落ちるので、トリガがうまく働きません。そこで、添付回路のように、入力信号を微分したものをリセット信号として、入力信号の立ち上りでリセットをかけます。そして、入力信号を少し遅延させた信号をトリガ信号とすれば、リセットが終わった後にトリガをかけることができます。この方法ではリセットされてから、トリガ信号が5Vに戻るまでの一瞬の間、555の出力が0Vになってしまうので、添付回路ではトランジスタのベースにコンデンサで(C4)を入れて、このヒゲを取り除いています。添付図の波形は回路シミュレーションによるものですが、ヒゲ若干残っています。しかし、リレーは1度ONになると、かなり電圧が下がらないとOFFにならないので、ヒゲがあっても問題ない(リレーがずっと動作し続ける)かもしれません。

キットはこれ<http://akizukidenshi.com/download/kairo/データ/センサ(人感)スイッチ/K001_焦電型赤外線.pdf>でしょうか。
この回路では、焦電センサが人体の動きを検出すると、555タイマのトリガ入力端子(2pin)の電圧が5Vから0Vに下がることでタイマが動作し、それと同時にリレーがONし、ある時間経過するとリレーをOFFにするものですが、タイマが動作中に再びトリガ信号が入っても(人が動いても)タイマが動作したままになるので、一定時間経過後にリレーがOFFになってから人が動くまでの間はリレーがOFF...続きを読む

Q赤外線カメラは明るいところでも使えますか?

赤外線カメラは赤外線があれば暗闇でも設営することができるらしいですが
もし赤外線カメラで明るいところを撮影したら可視光線だけ取り除いて赤外線撮影することはできますか?

Aベストアンサー

通常は赤外線フィルターをかけて赤外線以外の光を取り除きます。
私はR64を使っています。
それから、暗闇でもっていうのはちょっと間違いですね。
赤外線がないと写りません

QグランドセイコーVSロイヤルオリエントVSザ・シチズン

日本を代表する時計ブランド、セイコー、オリエント、シチズンの中の上級モデルである、グランドセイコーのスプリングドライブ、ロイヤルオリエントの機械式、ザ・シチズンのクォーツなら、皆さんはどれを選びますか??

Aベストアンサー

こんにちは。

1、ザ・シチズンのクオーツ
CTQ57-0934 http://citizen.jp/the-citizen/lineup/stainless/570934.html に夏はステンレス製バンドを付けて使うか、
夏はたいへんですが、
CTQ57-0971 http://citizen.jp/the-citizen/lineup/gold/570971.html

2、グランドセイコーのスプリングドライブ

3、ロイヤルオリエント

の順番です。

でも、選択肢にありませんが、私ならグランドセイコークオーツのSBGT015 です。

理由は、実用した場合の防水性能とファッションとのバランスです。
日本のように湿気が多く、汗をかきやすい風土では、防水性能が長く維持されることが大切ですが、その点、ロイヤルオリエントは弱いです。
カタログ数値では1~3すべてが10気圧防水ですね。
ところが、1と2は裏蓋がスクリューバックであるのに、3はねじ止めです。しかも4点留め。チタン製の錆びにくいねじを使っていますが、4点留めでは汗や埃を水と石鹸で洗えば、ケース内への水の侵入は防ぐことができません。
3のメカニカルムーブメントは素晴らしい機械ですし、デザインも素材も一級のものですが、肝心の防水性能が維持できない構造なのです。

だから3は選択しません。

1のステンレスモデルはケース径が35ミリと日本人の体格を考えると一番上品に見えることが理由です。38ミリ以上は日本人には大きすぎますね。金無垢モデルはケース径の大きいことと金属ブレスレッドの用意がないことが気になりますが、クラシカルでそこそこの薄さがあることが長く愛せるだろうということです。また、メッキではなく、無垢の素材であることも長く愛用する上で大切ですね。

2は、技術的には素晴らしく、防水性も問題ないのですが、大きく、厚すぎて実用的とは言えないからです。

SBGT015は、ケース径が37ミリですし、ねじロック式竜頭を備えています。ねじ山が傷みやすい竜頭パイプも交換可能です。スクリューバックの裏蓋+ねじロック式竜頭+9Fムーブメントのグランドセイコーが私ならダントツですね。

こんにちは。

1、ザ・シチズンのクオーツ
CTQ57-0934 http://citizen.jp/the-citizen/lineup/stainless/570934.html に夏はステンレス製バンドを付けて使うか、
夏はたいへんですが、
CTQ57-0971 http://citizen.jp/the-citizen/lineup/gold/570971.html

2、グランドセイコーのスプリングドライブ

3、ロイヤルオリエント

の順番です。

でも、選択肢にありませんが、私ならグランドセイコークオーツのSBGT015 です。

理由は、実用した場合の防水性能とファッションとのバランスです。
...続きを読む

Qカーフィルムで! ・赤外線 近赤外線 が暑さの元ですか?? 赤外線 近赤外線50%カットということは

カーフィルムで!
・赤外線 近赤外線 が暑さの元ですか??

赤外線 近赤外線50%カットということは暑さを50%カットするということですか?

可視光線透過率何%、近赤外線何%以上カット、UV何%以上カット、の意味は何もしてないデフォルトの状態からこれだけカットするということですか?。近赤外線だたら暑さを90%くらい、UVだたらデフォルトでも後部はスモークガラスですがスモーク貼ってある状態からさらに90何%カットする? それとも 元々のスモークガラスとそのカーフィルム貼った上で合わせて90何%となる ですか?

Aベストアンサー

>赤外線 近赤外線50%カットということは暑さを50%カット
熱線の原因は遠赤外線も意外に大きいので、必ずしも暑さが半分ではないです。炭火焼の焼き鳥ではないのですが、太陽からの放射線で熱の部分のうち、近赤外線領域の部分が最大50%程度カットできるなどの説明になると思います。

よく勘違いするのが、ダブルで貼ると50の倍の100になる、これは間違いで、フィルターの重ね合わせでも、50%の遮光率ですと、2枚になると、最大50%+25%の75%まで、反射して熱を通さないタイプですと、ほとんど変わらない60%程度が限界でしょうか。

アルミのタイプを紙などに貼った窓隠し、これは大半を反射するので、結構効果があります。でも、窓からだけで、天井などの熱くなったものは室内へも浸入しますし、完全に断熱はできないものです。

また、当初は50%の効果があっても、熱線を吸収して劣化する、そのうち効果が減少してくるとか、ひび割れることもあるものです。フィルム製でも、自動車会社の高いものは10年程度持つものもある、安いものですと、2年から3年で黄ばんで来て熱を通す効果が大幅に減ることもあるものです。

>赤外線 近赤外線50%カットということは暑さを50%カット
熱線の原因は遠赤外線も意外に大きいので、必ずしも暑さが半分ではないです。炭火焼の焼き鳥ではないのですが、太陽からの放射線で熱の部分のうち、近赤外線領域の部分が最大50%程度カットできるなどの説明になると思います。

よく勘違いするのが、ダブルで貼ると50の倍の100になる、これは間違いで、フィルターの重ね合わせでも、50%の遮光率ですと、2枚になると、最大50%+25%の75%まで、反射して熱を通さないタイプですと、ほとん...続きを読む

Q錬金術以外で人間(ホムンクルス、人造人間)を造る方法について!!

錬金術以外で人間(ホムンクルス、人造人間)を造る方法について!!
錬金術以外で(人造)人間を造った(あるいは、作ろうとしていた)方法や伝説を探しています。
できれば、東洋の伝説であれば、なおいいので教えてください!!

Aベストアンサー

人造人間というのかどうかわかりませんが、仙道に「陽神」というのがあります。

これは、自分の体内で気を練って、自分とまったく同じ気の人間を創ることです。この気で創った自分の分身を頭頂から出して(出神)、自由にいろいろ動かすわけです。

気で出来た人間ですから、もちろん不老不死で空も自由に飛ぶことが出来ます。食事もしなくて大丈夫です。

最終的には、自分のすべてをこの陽神に移して、肉体の方は捨てるのですが、途中までは肉体の自分と気の自分が二人存在することになります。


それ以外には、仏教の修行法に「意所成身」という修行法があります。仙道の陽神とほとんど同じなのですが、こちらも意念によって人間を創る方法です。岩波文庫の「仏教(下)」(ヘルマン・ベック著 渡辺照宏訳)に書いてあります。お経では長阿含経「沙門果経」に説かれています。

これら、仙道も仏教も鋼の錬金術師と同じように、真理を悟り体得しないと不可能な方法です。人間にとって真理の扉は頭頂のサハスララ・チャクラにあるわけです。

Q赤外線と可視光両方を見れるフィルターというのは存在するのですか?シャー

赤外線と可視光両方を見れるフィルターというのは存在するのですか?シャープカットフィルターはある波長から上の部分を透過するとありますが、透過=可視ではないですよね?赤外線フィルタでは赤外線光を可視化しますが、あれはフィルタが赤外線を透過しているということなのでしょうか?質問が分かりづらくてすみません。

Aベストアンサー

>赤外線フィルタでは赤外線光を可視化しますが

赤外線フィルターとはこういうものでしょうか?

http://www.ii-tripod.com/ir/ir-filter.html

これはその説明にも書いてあるように、赤外線を透過させ、
可視光を遮断するものです。

フィルターそのものは赤外線を透過させるだけですが、
フィルムの感光材が可視光のみではなく赤外線にも反応するので、
可視光とは違った写真が取れます。
(CCDでも赤外に反応するようになっていれば同じ。
人間の目は赤外線には反応しないので肉眼では見えません。)

なので、フィルターが可視化しているわけではありません。
可視化しているのは感光材、CCDなどの光検出器。
フィルターは透過/遮断をするだけです。

何もしなければ可視光と一緒に赤外線も感光材までとどいているので、

>赤外線と可視光両方を見れるフィルター

というものは必要ありません。

ちなみにシャープカットフィルターのシャープカットとは、
透過から吸収に変化する巾が狭いという意味です。
透過率のグラフは下のHOYAのサイトにありましたので、
ご参照ください。

http://www.hoyacandeo.co.jp/japanese/products/eo_color_01.html

>赤外線フィルタでは赤外線光を可視化しますが

赤外線フィルターとはこういうものでしょうか?

http://www.ii-tripod.com/ir/ir-filter.html

これはその説明にも書いてあるように、赤外線を透過させ、
可視光を遮断するものです。

フィルターそのものは赤外線を透過させるだけですが、
フィルムの感光材が可視光のみではなく赤外線にも反応するので、
可視光とは違った写真が取れます。
(CCDでも赤外に反応するようになっていれば同じ。
人間の目は赤外線には反応しないので肉眼では見えません...続きを読む

Q鮫っていつでも人間を襲うんでしょうか?人間と木屑との違いを見極めれるのかどうか?

映画を見ていて、不思議に思ったことなんですが、鮫はよく人間を襲うといいますが、もし動かなければ人間か木屑かどうかわからないんじゃないかと思うんですが、どうなんでしょうか?見分けることができるのかどうか、またいつでも襲うとは限らないんじゃないかと思うんですがどうなんでしょう?どなたかおわかりになったら、教えてください。

Aベストアンサー

全然解っていないじゃないですか!
つまり簡単には襲ってこないです。
かなりの機能を持っていて高確率で普段食べているものと
そうでないものを区別しているそうです。

他の肉食生物でもそうですが
安全なのか食べられるのか良くわからない生物は襲いません。
自分の生命の危険を冒してまで食べる意味は通常ないです。
人間だけは暇があり余計なことを考えるので誤った食物連鎖を想像してしまいます。
映画を見るなら知識的な情報に優れたものを選んだ方が良いです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報