以前はラットで歪みを作っていましたが、最近、マーシャルAVT50のアンプで歪みを作るようになりました。
でも、エフェクターの効果がおかしくなってしまいました。
ワウは問題ないのですが、ブースターを入れると、以前は音量だけが上がってくれたのですが、現在は歪が上がるだけで音量が上がりません。
フランジャー/コーラス、フェイザーも変な感じになってしまいます。
使用しているエフェクターは
1、クライベイビー
2、MXR Micro amp
3、Ibanez Chorus/Flanger
4、MXR EVH Phase90
ブースターはソロの時に音量だけ上げる使い方です。
ブースター、コーラス/フランジャー、フェイザーをアンプのセンドリターンに繋いでも問題はないでしょうか?
コンパクトエフェクターをセンドリターンに繋げると変になると聞いたので

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

エフェクターの効果がおかしくなった、というか平常運転ですね。


歪みは極端なコンプレッサーと考えればいいのでしょうか、波形の上端下端を潰して倍音を生み出すことで歪ませているので、ブースターを歪みの前段に持ってくればより波形が潰れるので歪が増し(ゲインプースター)、後段に持ってくれば潰れた波形自体のレベルを持ち上げるので音量が増します(レベルブースター)。

空間系のエフェクトは歪みの後段に持ってくるのが基本です。
歪みというのは波形を潰すためにある程度増幅させているのですが、空間系を前段に持ってくると増幅する前、つまりクリーントーンに効果が掛かるんですけれど、そうすると原音とエフェクト音両方増幅されて歪みますが、ディレイのようにエフェクト音が減衰していものだと、原音は歪んだままなのにエフェクト音だけクリーントーンになっていくというあまり聴こえのよろしくないエフェクトになってしまいます。

ワウは一番最初に持ってくるのが基本です。
ワウはペダルを踏み込んだりすると内部のボリュームが動き、それに合わせてワウの周波数のピークの位置が変化しますが、歪みを掛けた後だとエグイ・・・
一部のファズだと順序を入れ替えますが、やっぱりエグイです。

と、言うわけでエフェクターには後に繋いだエフェクトが優先されるという法則があるのでした。
クライベイビーはそのままで問題ないですが、コーラス、フランジャーはセンドアンドリターンに入れたほうがいいですね。
その辺のエフェクターは繋いでも大丈夫です。
一応レベルの切り替えスイッチみたいなの付いてると思うので正しいレベルに合わせてください(うちのBlackstarHT-5は-10dBだった)
問題はブースターですが、以前センドアンドリターンに繋いだことがあるのですが・・・正直よく無かったです。
ハイが落ちてミッドが強調されてなんだかなぁ、みたいな音になりました。
第一プリとパワーの間で変に増幅させたらパワーがやばいんじゃないのか?と思うんですが、どうなんでしょうかね?

でも真空管、特にパワー管の歪なら前段にブースターを持ってきても歪と音量が一緒に持ち上がると思うんですが?
    • good
    • 0

通常センドリターンにはブースターやコンパクトペダルは繋ぎません。


センドリターンにブースターを繋ぐとギター→プリアンプ→ブースター→パワーアンプと、プリの歪みの後ろに繋ぐ事になってしまいます。
第一、コンパクトエフェクターは基本input入力に適応した設計となっていますので、センドリターンと入出力のレベルが合いません。
そのため、inputで使用したときとは違った音質になってしまうし、間違った使い方なので改めましょう。

センドリターンはアンシミュなどをアンプのプリ部で音質を変えずに使用したいという時や、アンプで歪ませる時に、入出力レベルの合う空間系のラックエフェクターなどをつないだりするのに使うと良いです。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qギターアンプのスピーカーの事で教えて下さい。

ギターアンプのスピーカーの事で教えて下さい。
手持ちのアンプ(マーシャル バルブステイト VS30R)です。
スピーカーが10インチ・4オームが一個です。
それを、12インチのスピーカー一個で鳴らしたいのですが、同じ4オームにしないと鳴りませんか?
他の8オームとか16オームのスピーカーだと何か問題とかが起きてしまうのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>12インチのスピーカー一個で鳴らしたいのですが、

スピーカを付け替えるという事?
結構大それた作業になるし、実際12インチのスピーカ付けられるかな?サイズの問題で。

>他の8オームとか16オームのスピーカーだと何か問題とかが起きてしまうのでしょうか?

取り付けるスピーカが、具体的にどういう物か次第。

単純に電気的には、8オームや16オームにすると流れる電力が減るので、その分パワーが落ちることになるけど、スピーカユニット自体も「根っから音がでかいタイプ/小さめのタイプ」の両方があるので、具体的なスピーカがわからないと全く判断できないよ。

マーシャル純正のスピーカならまだわかるけど、一般オーディオ用のスピーカだったりしたら、例え同じ4オームでも「一般オーディオ用」というだけで音量が半分になっても不思議じゃない。

スピーカは、口径が大きかったら音も大きい…なんてことは全然無いので、その点は間違えないように。
30センチのスピーカより大きな音の10センチスピーカなんか、いくらでもあります。

QマーシャルアンプAVTについて

アンプにはこだわった方が良いという言葉を耳にしまして、いいアンプを買おうと思っています、楽器屋さんで進められたのはマーシャルのプリチューブAVTの150wなのですが、ネットで調べたところあまりいい評判を聞きませんやはり値が張ってもマーシャルのTSL-601などのフルチューブの方が良いのでしょうか?それとライブ(学校の体育館くらい)の場合ではどれくらいのw数のアンプが良いのでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

アンプにマイクを立ててP.Aを通せば小さいサイズでも大丈夫ですよ。

学校の体育館なら結構な広さになりますから、ギターアンプの音だけで頑張らず、P.Aを通してバランスを取らないと聴いてる人が聴き辛くなります。
(ボーカルが聴こえない、ギターしか聞こえ無いなど、バランスが取りにくくなります)

大袈裟に言えばギターアンプは10wでもP.AがちゃんとしていればOKです。

現実的にはアンプからの出音をモニター出来た方が都合良いので50w~100wもあれば十分だと思います。(なんなら30w位でも)

NO,1さんが言ってる通りデカイアンプは持ち運びに不便など、何かと大変ですよ(笑)
ヘッドがAVTの150wだとしてもキャビネットを何にするかによっても全然違う音になりますしね。

ジャンルにもよりますが、例えばエフェクターで音を作るタイプならばアンプとのバランスも有るのでチューブじゃない扱い易いものが良かったりします。

Qスピーカー オーディオインターフェース 

自分は今エフェクター機能付きのオーディオIFからヘッドフォンを通してギターを弾いているのですが、今度スピーカーを購入しようかと思っています。
色々調べてみるとアンプ内臓型のパワードモニターという種類のものがよいらしくローランド社から定番的なものも出ているそうです。がこれはどういった感じの音になるんでしょうか。
以前20W程のマーシャルのアンプを使っていたことがあるのですが、音量をある程度でかくしなければ抜けのよい音がでず引っ込んだ感じであったりどうも変な具合でしたので、躊躇しています。
自分としてはAudacityなどのフリーの編集ソフトでモニタし録音して現在も使用中のノートpc内蔵スピーカーから再生した音と似た音を出したいのです。音量によって音質に差が少なくまとまっていてIFで作った音をシンプルに素直に再現してくれているようでした。(自分の中では一番「CDに近い音」という印象でした。プロの方々の作成しているCDと比べるのもどうかと思いますがどうもアンプの類を通すとそこから逆に遠ざかるような気がします。)
このようなpcに取り込みpc本体のスピーカー(real player使用)から出るような音がでればそれで満足なのですが、外部スピーカーからこのような音を出すとなるとまた話がぐっと変わってきてしまうものなのでしょうか。外付け型のpc用スピーカーをIFに繋いでアンプ代わりにしてもパワードモニターなどよりも引っ込んだような音になるそうで混乱してしまいました。とりあえず安めの(2,3000円のpc用スピーカーと接続プラグを購入してみようかと思うのですが無駄でしょうか。)

自分は今エフェクター機能付きのオーディオIFからヘッドフォンを通してギターを弾いているのですが、今度スピーカーを購入しようかと思っています。
色々調べてみるとアンプ内臓型のパワードモニターという種類のものがよいらしくローランド社から定番的なものも出ているそうです。がこれはどういった感じの音になるんでしょうか。
以前20W程のマーシャルのアンプを使っていたことがあるのですが、音量をある程度でかくしなければ抜けのよい音がでず引っ込んだ感じであったりどうも変な具合でしたので、躊躇し...続きを読む

Aベストアンサー

ども。

質問内容は一見すると複雑ですが、
 質問を拝見する限り、

 1) 質問者さんが持っているエフェクタ付きオーディオIFに
   外部スピーカーを取り付けたいが、サウンドはどんな感じか?

 2) マーシャル20Wは、VOLを上げなければサウンドがコモッた
   感じになるが、外部スピーカーはどうか?

 3) それなりのサウンドを楽しめれば良いのだか、安価なスピーカ
   との違いは大きいのか?

 っていう感じのことが知りたいのでしょうか?
これについて、少しばかり意見を書いてみたいです。
 (・・・全然違ったらごめんなさい。)

まず。
 「エフェクター付きオーディオIF」とは、具体的に
 どこのメーカーのなんという製品なんでしょうか?

 以下の回答は、このオーディオインターフェースによって
 まったく異なるものになります。

1)ですが、このオーディオインターフェースが、仮にLINE6の
 PODxt等の様な、結構有名どころの「アンプシミュ」みたい
 なものでしたら、外部スピーカー(ROLANDっていうかEDIROLのもの)
 で十分高音質なサウンドが楽しめます。

2)は、同様に「アンプシミュレータ」であるのならば
 アンプシミュ上で十分にボリュームを上げておけば
 モニタースピーカー側で音量を絞っても、
 マーシャルの20Wの様にモコモコしたサウンドにはならないでしょう。
 
 マーシャルに限らずですが、いわゆる「ギターアンプ」のボリューム
 は、それ自体が「サウンドのキャラクターを作るツマミ」になります。
 (それが証拠に、大昔のギターアンプにはGAINツマミは無く、
  ボリュームツマミでドライブを掛けていましたよね。)

 それに対し、モニタースピーカーは「入力されたサウンドを忠実
 に出力する」ことに特化するものですので、サウンドの本質が
 こわれることはありません。

 ・・・音量が変われば当然ですが「人間の耳での聞こえ方」は
    変わりますので、全てが機材のせいには出来ないのですが。

3)ですが、これはやはり
  アクティブタイプ(電力供給必要なスピーカー)と
  パッシブタイプでは、サウンドの鮮明さが異なります。

  ここでは、各々のスピーカーの構造の違いを説明できる
  スペースはありませんので割愛しますが、
   ・音量
   ・音質
  ともに、モニタースピーカーとしては、アクティブの方が
  上質です。

CDのサウンドは、どんな再生環境でも聞き易い様に
 音の成分を整える「マスタリング」という作業を行って
 リリースされていますので、ある程度どんなスピーカーでも
 十分なサウンドが楽しめます。

が、ギターの原音(アンプ音)の様な無加工のサウンドを
 そのまま小さいスピーカーに通してしまうと、高音、低音が
 響きすぎて、「バリバリ」っとクリッピングしてしまうと思います。

安いスピーカーでは弊害が出てしまうので、みんな
 わざわざちょっと高いEDIROLのスピーカーみたいなものを
 購入するっていう感じでしょうか?


こちらの思い込みで回答を書いてしまっていますが、
 あくまで参考ということで。

ども。

質問内容は一見すると複雑ですが、
 質問を拝見する限り、

 1) 質問者さんが持っているエフェクタ付きオーディオIFに
   外部スピーカーを取り付けたいが、サウンドはどんな感じか?

 2) マーシャル20Wは、VOLを上げなければサウンドがコモッた
   感じになるが、外部スピーカーはどうか?

 3) それなりのサウンドを楽しめれば良いのだか、安価なスピーカ
   との違いは大きいのか?

 っていう感じのことが知りたいのでしょうか?
これについて、少しばかり意見を...続きを読む

QマーシャルアンプAVTシリーズについて

マーシャルアンプAVTシリーズはプリ部のみ真空管を採用していると聞いたことがあるのですが真空管をどれくらいたったら変えたらいいのでしょうか?

Aベストアンサー

プリ管については、パワー管ほど大きな負荷がかからないことが多いので、パワー管のような頻度での交換は不要なことが多いでしょう。音がヘタって来たような感触になったとき、ゲインを上げても音量が稼げない時など、明らかに真空管が寿命を迎えた時が交換時期と判断するのでも十分だと思います。まず滅多に交換する必要はないでしょう。

参考まで。

Qマーシャルアンプと歪みエフェクターの共存について

marshallのJH-1を使っています。
売り文句はJCM800のような音からJCM2000のハイゲインを再現可能です。
しかしバンドを組み、スタジオ等でマーシャルJCM2000や900や800を使うようになりました。

JH-1でブーストさせたりメインの歪みにしていたら、せっかくのマーシャルアンプの意味がないのでは?と思っています。
JH-1を使えばマーシャルアンプの音からマーシャルアンプ風の音になるってことですよね?

そもそもマーシャルアンプにディストーションを使う意味はあるのでしょうか?
前はマーシャルアンプをクリーンにしてディストーションで歪ませてました。
知人に言われた「マーシャルアンプの良さを活かせてねー。」という言葉から中々抜け出せていません。

私のこれからの候補としましては
(1)マーシャルアンプをクランチ設定+他ブランドのオーバードライブでマーシャルアンプに歪みを足しソロ時にはグライコでブーストする方法。この方法だとマーシャル+他ブランドの特徴を活かせる。
(2)フットスイッチでクリーンと歪みをチャンネル切り替え+ソロ時にはグライコ等でブースト。

他にどのような考えができますでしょうか?
好きなようにすれば良いのでしょうが、アンプ活かせないのは将来のためにならないのでアドバイス下さい。
またオススメのエフェクターも教えてください。
真剣に悩んでいます。助けてください。

marshallのJH-1を使っています。
売り文句はJCM800のような音からJCM2000のハイゲインを再現可能です。
しかしバンドを組み、スタジオ等でマーシャルJCM2000や900や800を使うようになりました。

JH-1でブーストさせたりメインの歪みにしていたら、せっかくのマーシャルアンプの意味がないのでは?と思っています。
JH-1を使えばマーシャルアンプの音からマーシャルアンプ風の音になるってことですよね?

そもそもマーシャルアンプにディストーションを使う意味は...続きを読む

Aベストアンサー

そもそも自分でマーシャル持っている(または買う予定がある)のでしょうか?
そうでないのなら、ライブ本番で、マーシャルがあるとは限らないわけで、
エフェクター中心の音作りをしたほうが無難ですよね?

Qマーシャル製アンプ 「AVT20X」について

お世話になります。
マーシャル製のソリッドステートアンプ「AVT20X」を購入検討しようかと最寄りの楽器店に行ってみますと、「MG」シリーズは置いてありますが「AVT」シリーズは置いていませんでした。
売れ筋じゃないから置いてないのかなと思いネットで調べていましたら、ある楽器店のページにAVTシリーズが通販掲載されており、「生産終了の為メーカの在庫切れ次第販売終了」とのコメント記載がありました。
マーシャルの日本版ホームページにはその様な記載は見当たりませんでしたが、実際の所は本当にカタログ落ちで在庫限りなのでしょうか?
以前にギター試奏でAVT20を使わせて貰った事があり、その時に気に入った感想を受けましたが当時はアンプ購入は検討していなかった為に現在に至っている次第です。
御存知の方々おられましたらば情報を御提供頂ければ幸いです。
何卒宜しく御願い致します。

Aベストアンサー

AVT20Xは1年前まで自宅練習用、小さなライブハウス用にとたかり重宝して使っていました。
今はラック系に切り替えたので、お嫁に出しましたが、あのサウンドは
値段を考えれば非常に素晴らしいと思います。
これはバルブステートで、音色に大きく関わるプリアンプ部に
12AX7という非常にメジャーーな真空管を搭載しています。
従って、出てくるサウンドは正にナチュラルオーバードライブ
サウンドで通常のソリッドステイトアンプとは一線をかしています。

惜しむらくはパワーアンプ部が名前の通りソリッドステイト、つまり
トランジスタなので、音量を大きくしていくと徐々に音圧の少なさが
目立ってきますが、それでも自宅で練習用に使用する音量なら充分ですね。

さて、色々調べると確かに殆どが品切れ状態みたいですね。
まぁ古い機種ではありますので、生産終了もあるかもしれません。

ヤフオク等には良く出展される製品ですので、チェックしてみると、
意外と良い状態のものが通常の半値くらいで手に入るかもししれません。
オークションは当然、多少リスクはありますので、出展者の評価も
参考に説明文を読んで判断してみてはいかがでしょう。

因みに私もヤフオクで本アンプをご縁のあった方に嫁がせました。
非常に良いアンプですので、是非手に入れられることを祈っています。

AVT20Xは1年前まで自宅練習用、小さなライブハウス用にとたかり重宝して使っていました。
今はラック系に切り替えたので、お嫁に出しましたが、あのサウンドは
値段を考えれば非常に素晴らしいと思います。
これはバルブステートで、音色に大きく関わるプリアンプ部に
12AX7という非常にメジャーーな真空管を搭載しています。
従って、出てくるサウンドは正にナチュラルオーバードライブ
サウンドで通常のソリッドステイトアンプとは一線をかしています。

惜しむらくはパワーアンプ部が名前の通りソ...続きを読む

Qキーボードで使える超小型アンプ/スピーカーを探しています

キーボードで使える、超小型アンプを探しています。

普段の練習は、ヘッドホンでしているのですが、
人と合奏する際等に、音を出せるアンプが欲しいと思っています。
ライブ用ではないので、出力や音質はそこそこで充分です。
逆に、出来る限り小型で軽いものを探しています。

イメージとしては、ギターアンプですが、マーシャルのマイクロアンプくらいの、
手のひらサイズのものがあれば…と考えているのですが、
何かお勧めのものはありますでしょうか?
また、例えば、iPodを繋いで聴くような、トラベル用のポータブルスピーカーでも代用は可能なのでしょうか?
ちなみに、機材はRolandのJUNO-Dです。

ご存知の方がいらっしゃいましたら、どうぞよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんばんは。
合奏の内容がよくわからないので的外れかもしれませんが小型で安価な製品と言うことだとパソコン用のアクティブスピーカー(パワーアンプを内蔵しているスピーカー)が使えます。身近なパソコンショップや電器店などでも選べるので音が出せるお店で現物が使えるかどうか確認してみてはいかがでしょうか。
この場合ヘッドホン端子に接続するのでステレオミニジャック-ステレオ標準プラグのアダプターが必要になります。

Qセンドリターンが無いコンボアンプにセンドリターンを付けたいのですが

GLAYDAY731と申します。宜しくお願い致します。

現在VOXのVT30というデジタルギターアンプを持っているのですが、最近POD X3 LIVEを買った為、それをアンプのリターンに繋ぎたいと思い始めました。
でもVT30にはセンドリターン端子がありません。
改造して増設しようと、中身を確認してみたのですが、大きな基板が2つほどあり、しかもそんなに回路に詳しくない為、どこまでがプリアンプ部でどこからがパワーアンプ部なのか見つけることが出来ませんでした。
そこの分かれ目さえ見つけることが出来れば、あとは線引っ張ってきて増設した端子に繋いで・・・という風に改造出来そうなのですが、どうしても分りません。(基板上のどこで分かれているのか)

プリ部とパワー部を回路的に見分ける基本的な方法などありますでしょうか?


別なお願いになってしまいますが、VT30と同シリーズのVT100にはセンドリターン端子が付いています。
もしVT100を持っている方おられましたら、センドとリターンの端子が基板のどこに接続されているか、分りませんでしょうか?
すごい迷惑な話だと重々承知ですが、もし心優しい方おられましたら教え頂けませんでしょうか?
センドリターン端子と基板との接続部分の写真等でも構いませんので。。
お願い致します!!!

パワーアンプ買えばいいじゃん、って声が聞こえてきそうですが、家に置き場所がもう無くて、あんまり機材は買えない状況なのです・・・。
今ある資源(機材)を有効活用したくて、この改造計画を立てている所存です。

ご教授の程、宜しくお願い致します。

GLAYDAY731と申します。宜しくお願い致します。

現在VOXのVT30というデジタルギターアンプを持っているのですが、最近POD X3 LIVEを買った為、それをアンプのリターンに繋ぎたいと思い始めました。
でもVT30にはセンドリターン端子がありません。
改造して増設しようと、中身を確認してみたのですが、大きな基板が2つほどあり、しかもそんなに回路に詳しくない為、どこまでがプリアンプ部でどこからがパワーアンプ部なのか見つけることが出来ませんでした。
そこの分かれ目さえ見つけることが出来れば、あと...続きを読む

Aベストアンサー

うーん、他人には絶対にお勧めできない「私なら…」の方法ですが…

まぁ、あんまり回路に自信がない(私でもパッと見て解析できない時)なら、No.1の方の「マスターボリューム前」が一番触り甲斐はありますが、
>ポットの端子1がGNDに繋がってたら、ほぼアナログといっても大丈夫でしょうか?
自体は、これっぽっちも判断根拠にはなりません。
といっても、万一マスターボリュームポットがコントローラだったら、カプラー付きの細い配線だと思うので、ある程度の太さのシールド線かツイスト線だったらアナログっぽいですけどね。

ただ、私だったらまずボリュームポットのΩ値見て、せめてほぼ同じボリューム値のポット用意して、本体ボリュームの配線外して手持ちボリュームに同じように配線して、、ボリュームを経由した出力を手持ちの「壊れても良い」小型パワーアンプかラインレベル入力機器(ヘッドフォンモニターできる奴)に繋いで、まずちゃんとアナログかどうか、併せて概ねの出力信号強度のあたりはつけますね。
もちろん、デジタル出力だったら繋いだ機器がぶっ壊れるのは一定覚悟の上です(まぁ、デジタルだったら前述の通り引っ張り出せるような配線材ではないと思いますが)。

信号出力のあたりはつけとかないと、POD X3なりなんなりの入力規格とあんまりかけ離れたプリ出力だったら、PODでゲイン不足/過大が起きて使い物にならないので、何か整合回路を噛ませないとどうしようもないし、特にプリ出力が大きめなら、POD X3の出力をそのままパワーアンプに送ってもちゃんと鳴らないですから、なんか増幅段が必要になります。
そういう意味で、まともなセンド/リターン回路は、ただ単にプリとパワーの間の配線をちょいちょいと引っ張り出してるだけとは限らず、意外と手が掛かっている事も多いですから、注意深くやんないとえらい目に遭います。

うーん、他人には絶対にお勧めできない「私なら…」の方法ですが…

まぁ、あんまり回路に自信がない(私でもパッと見て解析できない時)なら、No.1の方の「マスターボリューム前」が一番触り甲斐はありますが、
>ポットの端子1がGNDに繋がってたら、ほぼアナログといっても大丈夫でしょうか?
自体は、これっぽっちも判断根拠にはなりません。
といっても、万一マスターボリュームポットがコントローラだったら、カプラー付きの細い配線だと思うので、ある程度の太さのシールド線かツイスト線だったらアナログ...続きを読む

Qマーシャルのアンプ

よくマーシャルのアンプがいいと聞きますが
2万以内ぐらいのアンプの場合でもマーシャルはいいのでしょうか?
おしえてください

Aベストアンサー

クリーン重視なら、
ローランドのCUBE20Xか、フェンダーのSDR15CEあたりが、
比較的使えるクリーンが出るモデルだと思いますよ。

特にローランドCUBE20Xの、JCのモデリングは使えると思いますよ、
JCは、どのスタジオにも、1台はあると言われるくらい、
何処にでもあるアンプなので、
JCモデリングで、気に入った音を作る練習をしておくと、
現場のアンプ対応力は、グッと増すと思います。

Qエフェクターの歪みとアンプでの歪み

エフェクターで音を歪ませるのとアンプに初めからついてるオーバードライブ機能を使うのでは音の歪みの質はやっぱりちがいますか?

初心者なんであんまりわかりません

Aベストアンサー

今はあんまりわからなくとも、はっきり違うと覚えておいてください。

こればっかりは、質問者の方がいろんな音楽を聴いて、いろんな機材を使ってみて、耳が肥えてくるとわかるようになります。

特にアンプで歪ませる場合に真空管アンプであるとはっきり違ってきます。ソリッドステートの代表であるJC-120でも実際アンプのディストーションレベルを上げるのとでは違ってきます。

言葉にするのは難しいのですが、よく言う言い方では、

1.アンプ直の歪みの方がレンジが広い
2.アンプの歪みの方が歪みが細かい(歪みが滑らか)

といいます。
これは、そこそこの音量はもちろん必要で、たとえば小さなライブハウスくらいでも聞き取れます。

1.はギターの音がドカンとストレートに出る感じで、ギター本体の鳴りまでも再現してくれます。だからプロは鳴りのいいビンテージのギターにこだわったりします。

2.これが純然たるオーバードライブです。いわゆるアンプのボリュームを全部上げたときに自然と音が歪んできます。これはエフェクターのように電子回路で作り出すものでは絶対的にでない音です。

ただし、質問者さんの「アンプに初めからついてるオーバードライブ機能」というのはアンプが何であるかわからないので言及できませんが、小型のアンプでしょうか?現行のモデリングアンプや小型ですとただのオーバードライブ回路をオンにするだけの回路であれば、さほど代わりはありません。たとえば自宅の練習用小型アンプで、さらにヘッドホンで聞いたりしているといいオーバードライブ使っていたりすると差は感じないでしょう。

明らかに差が出るのは、モデリングや変な増幅回路のない昔ながらの設計アンプで、たとえば真空管かつ2ch以上の独立チャンネルを持つようなアンプではじめてレンジの広さは感じられると思います。そしてそこそこの音量、たとえばスタジオ練習くらいでもその差は感じられます。メタル系のハイゲインアンプでも音の抜けや音圧が違ってきます。

(ちょっと言い方に語弊がありますが)たとえば、fender系のアンプでクランチのブルージーなソロを、セミアコとか、ストラト、テレキャスターあたりで弾くとわかりやすいです。よく「ピッキングによるニュアンスで歪みが変わる」とか聞きませんか?まさにこんなセッティングであることが多いです。

(ここから余談ですが)かといってエフェクターの歪みが悪いというわけでもありません。ポップス系の曲をやるときはどうしたってクリーンが基本で歪みはエフェクターです。だからチューブアンプに近い歪みをするオーバードライブ(エフェクター)が重宝されるわけです。

長くなりましたが、音質を追求していくと必ずと言っていいほど歪みはアンプ直のオーバードライブに突き当たります。腕ももちろんですが音質への追求も、続けていけば必ず何か満足行くものを求め始めますので、その頃には聞き比べができると思います。がんばってください。

今はあんまりわからなくとも、はっきり違うと覚えておいてください。

こればっかりは、質問者の方がいろんな音楽を聴いて、いろんな機材を使ってみて、耳が肥えてくるとわかるようになります。

特にアンプで歪ませる場合に真空管アンプであるとはっきり違ってきます。ソリッドステートの代表であるJC-120でも実際アンプのディストーションレベルを上げるのとでは違ってきます。

言葉にするのは難しいのですが、よく言う言い方では、

1.アンプ直の歪みの方がレンジが広い
2.アンプの歪みの方が歪みが...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング