絵の具(水彩)で空を描いているのですがなかなか納得のいく色が出せません。。

具体的には画像のような色を出したいのですがただ薄くしていくだけでは無理ですよね。

何色を使うといい、もしくはこういう画像を使うといい、などなんでもいいので教えてください。

お願いします。

「絵の具で空の色」の質問画像

A 回答 (1件)

水彩なら、「薄くしていく」のではなく「濃くしていく」んです。


薄い色を塗って、徐々に重ね塗りして濃くしていきます。
同じ色を重ね塗りしたり、少し濃い色を重ね塗りしていきます。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q空色を表現できる色

学生の美術の時間で、「自分の手」を描いたとき、絵の具の「はだいろ」を使うのではなく、たしか、ぞうげ色や黄色、暗い赤、茶色、白のような色を部分的に、使って、本物らしい色を表現するよう指導を受けました。

最近、パソコンで空を描きたいと思いましたが、たしか、空の色は虹の7色が混ざってできているということを聞いたような気がしたので、混ぜたら、汚い色になっただけでした。(時間によって見える空の色も違うのですが)

どのように、本物らしい空色を表現されているのでしょうか。

Aベストアンサー

>混ぜたら、汚い色になっただけでした。

美術の授業で、光と絵の具の色の混ざり方の違いは習いましたか?
光は混ざるほど明るくなり、絵の具は暗くなります。

それに虹の色は7色といわれますが、赤から紫までの色相がグラデーションになっていて、一色一色分かれてはいません。

手も空も、色の見本がすぐそこにあります。
空を見ればいいのです。

パソコンで絵を描くなら、デジカメで撮った空の写真をパソコンで表示させて、それがどんな色なのか調べたり、似た色になるようにすればいいのです。
また、プロの絵描きさん(漫画とかアニメとかイラストとか)がどんな空の色を使っているのかを観察しましょう。

Qアクリル絵の具。ポスターカラー。水彩絵の具の違いを教えてください。

アクリル絵の具。
ポスターカラー。
水彩絵。の具の違いを教えてください。
特性と、素材、使用した作品にどのような違いが出るのか教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは

まず、成分(?)で分けると。
(アクリル)(ポスカラ、水彩絵の具)

アクリル系は合成樹脂と顔料でできている。
(合成樹脂とは、乾くと水に溶けないと言う意味にとってください。)
乾くと言うより固まると言う感じ。
ビニールみたいになる。通常では、光沢(ツヤ)がある。
特に言うと、乾きが早いなどの理由から、直情的な表現に向いていると思います。

水彩系(と勝手に言ってしまいます)は、アラビアゴムなどの(自然系?)の樹脂と顔料と言う構成。(アラビアゴム→水溶性)
もうでてますが、透明水彩と、不透明がある。
ここでは、不透明→ポスカラとしときます。
透明水彩は、
その名のとうり色が透けます、色を徐々に重ねて絵に深みを出してゆくそうです。
白は使わないのが基本だそうです。
前後関係が表現できるようになると、雰囲気のあるいい絵ができます。
風景画に向いてるとおもいます。
不透明水彩は、樹脂と顔料の他に白(亜鉛白だったかな?)をベースとして加えてあります。こうすると色が透けず、発色がよくなって(むつかしい言い方をすると、光を跳ね返す)
色面のインパクトが強くなる。
加筆して(仕事を重ねて)仕上げていくやり方に向いていると思います。
量感を意識したモチーフが向いているでしょう。

全般的に、水彩はつや消しになるので、アクリルに比べると目につきにくい。
ですが、絵の評価は、作家の技量による所が多いと思うので、一概には言えませんが。
アクリルでも、淡い表現になってしまう人もいますし…。

興味がおありでしたら、美術技法の本を参照されると成分から、モノによっては、歴史まで書かれてあるものがあります。結構奥が(歴史が)深く作品分析にも欠かせないような知識も中にはあるとおもいます。

例えば…
アクリル→シケイロス(壁画)
ポロック、ケネス・ノーランド、マザーウェル、
んーと、ホックニー。

水彩絵の具→
ブレイク、ターナー、トマス・ガーティン(?)
クレー、
ホッパー、ワイエス、ベン・シャーン。

などなど
御存じの作家を思い浮かべるのも、一つの手かなと思いました。

こんにちは

まず、成分(?)で分けると。
(アクリル)(ポスカラ、水彩絵の具)

アクリル系は合成樹脂と顔料でできている。
(合成樹脂とは、乾くと水に溶けないと言う意味にとってください。)
乾くと言うより固まると言う感じ。
ビニールみたいになる。通常では、光沢(ツヤ)がある。
特に言うと、乾きが早いなどの理由から、直情的な表現に向いていると思います。

水彩系(と勝手に言ってしまいます)は、アラビアゴムなどの(自然系?)の樹脂と顔料と言う構成。(アラビアゴム→水溶性)
も...続きを読む

Q水彩絵の具の、色の作り方

 こんにちは。わたしは、中学校で美術の宿題が出ています。水彩絵の具で、身の回りの風景を描くというものです。
 そこで、わたしは近くの夕暮れ時の駅を描くことにしました。ですが、自然な影(ペイズグレー)や、壁(ペイズグレー)の色が作れません。
 ペイズグレーや、セピアの作り方、(色の混ぜ方○+○)また、それ以外の色でもOKです。その作り方を教えてください。
 ご協力、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

中学生には、ちょっと難しかったでしょうか?
宿題という事なので、自分で調べる事が勉強になると思ったので、あえて難しい事を書きました。(笑)

意味不明な記号はカラーインデックスと言って、絵の具に使用されている顔料(色のもと)を示すものです。
絵の具メーカーでは、黒と青を混ぜたものをペインズグレー、黒と茶色を混ぜたものをセピアとして売っているということです。

さて様々なグレーですが・・・

グレー、灰色、ネズミ色、これらは無彩色で、白と黒を混ぜて作られる方法が一般的ですが、補色(色環の反対側にある色)を混ぜると無彩色を作る事が出来ます。

例えば、赤と緑、黄色と青紫、オレンジ色と青などです。

ペインズグレーは、青みがかったグレー
セピアは烏賊墨の色です。

どちらも、黄色と青紫やオレンジと青で作れます。(赤と緑でも作れますが混合比がシビアです。)

黄色みが多ければセピア、青みが多ければペインズグレーになります。

影だからこれという色にせずに、この補色を混ぜて色を作ると自然な影が出来ます。

例えば緑が多い場所の影でしたら、赤を混ぜていくと色が暗くなりグレーに近づくといった感じです。
印象派の絵画で影に紫色が使われるのは、陽の光の黄色の補色であったということもあるでしょうね。

中学生には、ちょっと難しかったでしょうか?
宿題という事なので、自分で調べる事が勉強になると思ったので、あえて難しい事を書きました。(笑)

意味不明な記号はカラーインデックスと言って、絵の具に使用されている顔料(色のもと)を示すものです。
絵の具メーカーでは、黒と青を混ぜたものをペインズグレー、黒と茶色を混ぜたものをセピアとして売っているということです。

さて様々なグレーですが・・・

グレー、灰色、ネズミ色、これらは無彩色で、白と黒を混ぜて作られる方法が一般的ですが...続きを読む

Qポスターカラーを使って雲を描くときにオススメな手法。

学校でコンクールに出展するイラストを描いているのですが、背景に入道雲のような大きな雲を書こうかと考えています。
描いている紙は3~4mmほどの厚さのイラストボード、B3サイズです。
参考になるページなどもあれば記載してくれると助かります。

Aベストアンサー

自分の場合、まず空の色を下地に塗ってしまって、その後から雲を描きます。
雲を描く際は、とりあえず白で大体の形をとります。その後、色の境目を乾いた筆で表面を撫でるようにぼかします。
真っ白い雲ができた後は、雲の影をいれていきます。
自分は以上のような感じで描いていますね。
アウトラインがはっきりした、少しイラスト調に近い雲を描きたい場合は向かない手法かもしれません。

Qホルベイン透明水彩24色をパレットに詰めるときの順番

こんばんは、宜しくお願いいたします。
友達が、専門学校に行っていたころ、ホルベインの透明水彩の24色をパレットに詰める際の詰め方を習った、と言うのです。「はや幾星霜、きれいさっぱり忘れた」というのですが、どうも、色相環に添ってなのか、順番に詰めたら使いやすかった、と言う話を聞いて、初心者の私は、そういう順番に詰めてみようかと思って知りたいと思います。水彩の基礎みたいな本にもそういうことが書いてありますが、実際の順番は書いてないのです。残念。

 ご専門の方で、お知恵を貸してくださる方がありましたら、お待ちしています。当方、まだ、羽も生えそろわない初心者で、くちばしは、黄色です。宜しくお願いいたします。 m(_ _)m

Aベストアンサー

お友達の習った方法とは違うかもしれませんが、私が受験の時習ったのはコレ。

まずイエローオーカー。
バーントシェンナ。バーントアンバー。
後は虹の色に沿って赤橙黄緑青藍紫で並べます。
カーマイン、カドミウムレッドライト(またはパーマネントレッド)、バーミリオン、パーマネント(またはカドミウム)イエローオレンジ、パーマネント(またはカドミウム)イエローライト、カドミウムグリーンライト、カドミウムグリーンディープ(基本セットならパーマネントグリーンナンバー1~3が入ってるのかな?どっちにしても黄緑、緑の順ね)フーカスグリーン、ビリジャン、コバルトブルー、プルシャンブルー、ミネラルバイオレットって感じです。
基本24色セットのセット内容が既に分からないので(私のセットは買い足したり気に入らない色外したりしてるから・・・汗)ちゃんと24色の回答が出来なくてごめんなさい。

これは三原色(赤黄青)を並べ、隣同士を混色して橙、緑、紫を間に配置するという考え方です。
茶色系は三色すべてを混ぜて作るので、虹のグラデーションから独立させて並べます。
ちなみに白・黒は並べません。

透明水彩の場合、白または黒を混色すると濁ってしまうので使うなと言われていました。
黒は補色混合で作ります。具体的にはバーミリオンとプルシャンブルーの混色です。
これでは表現しきれないほど暗い所にだけ、黒を補色混合の黒に重ねぬりします。
白い部分は塗り残します。
かすみが掛かったような表現に白を重ね塗りで使う事はありますが、基本的に混色はNG。
色を明るくしたい時は水で薄めるのみです。

絵の具のチューブを良く見てください。
小さな字でC.I.NAと書かれていますね。
その横にPG36とかPY37とか書かれています。
これは絵の具の顔料を記号で示したものです。
PGだとPIGMENT GREENの略。PYならPIGMENT YELLOWです。
PWはPIGMENT WHITE、PBkはPIGMENT BLACKの略。
白・黒以外の色でもPWやPBkの表示があるものは混色に使うと濁って不透明になります。
インディゴやコンポーズブルーなどがソレです。

パーマネント系の安い色と、カドミウムやコバルトを使った高い色がありますが、高い色は発色が強い(光の反射量が多い)のでキレイに仕上がります。
特に色を薄めることでしか明るく出来ないので、発色の強い絵の具を使うのがお薦めですが、初心者のウチはパーマネント系や、チントで充分です。
でもバーミリオンだけはチントではなく本物を使ったほうが良いです、黒の合成に多用するからです。
といっても一応の描き方が身に付いてからの方が良いかな?せめて10枚くらいこなしてから。
他のは、一年ぐらいは安いので行けます。

くちばし・・・・黄色ですか。
思わず餌を突っこみたくなります(笑)

お友達の習った方法とは違うかもしれませんが、私が受験の時習ったのはコレ。

まずイエローオーカー。
バーントシェンナ。バーントアンバー。
後は虹の色に沿って赤橙黄緑青藍紫で並べます。
カーマイン、カドミウムレッドライト(またはパーマネントレッド)、バーミリオン、パーマネント(またはカドミウム)イエローオレンジ、パーマネント(またはカドミウム)イエローライト、カドミウムグリーンライト、カドミウムグリーンディープ(基本セットならパーマネントグリーンナンバー1~3が入ってるのか...続きを読む

Q影の色の選び方

影の部分(光の部分)にパステル系の紫や水色、緑をもってくる
塗り方をしている方が結構いらっしゃいます。
(厚塗り系の絵を描く方に多いです)

普通影を塗る、というと影をつける部分と同系色で
濃い色を塗りがちだと思います。
しかし紫や緑で他の部分とは明らかに違う色であるのに、
浮いてしまうことなく絵に馴染んでいるんです。

このようにカラフルな影をつけるには何かコツがあるのでしょうか?
また、色を塗る上で、色彩の勉強になる書籍などありましたら教えてください。

Aベストアンサー

これは「光源」「反射」という物理的な要因、それと「補色」「近似色」の感覚が関係しています。
この感覚を使う事で、暗くせずに派手な色で「影」に見えるように描く事ができます。
●反射
影は光の当たってない側にできる、だから暗い、というのが一般的な感覚です。
しかし実際には、太陽や主な照明のほかに「周囲に当たった光の反射」も来ているのです。でないと影は「完全な暗黒」という事になってしまいますよね。
反射光はその当たったもの(物体や建物、空など)の色を含んでいます。
しかし反射ですから弱く、強く照らされた部分には当たっていても目立ちません。強い光が当たらない影の部分にだけ反射した色は見えるのです。
(写真家など光のプロには、明るい部分や一見色がついていないように見える影にも空の青味や植物の緑が被っているのが判ります)
そういうわけで絵を描くときにも、影の部分にも周囲の反射色を強調気味に取り入れてやると、周囲と馴染んで自然に見えるのです。
●補色・近似色
影に「周囲にない色」を入れる事もあります。
これは、視覚的に周囲と反対の色、「補色」が錯覚で見える事を利用するやり方です。
http://www.tagindex.com/color/color_wheel.html
強い色を見続けると、網膜には明暗も色も逆の残像が残る事があります。
この原理で、周囲のグリーンがまぶしいくらいなら影は紫、赤土の反射が強いなら影は青味がかって見えるのです。
補色同士は、よほどドギツくないかぎり色的に馴染みやすい取り合わせ。
また、緑と青、青と紫など近似色も、グラデーションにしやすく馴染みやすい。
絵においては、画面の中で目立っている色の補色や近似色を影に使う事で、目立つ部分が浮くのを馴染ませる効果があります。

影に色を用いるテクニックは昔からありますが、近年のマンガ調イラストにはアメコミの派手な彩色法も影響しているので、そういった書籍も参考にするといいでしょう。
http://www.amazon.co.jp/%E3%82%A2%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%B3%E3%83%9F%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%86%E3%82%AF%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%AF-%E8%8D%89%E9%87%8E-%E9%9B%84/dp/4871970698/ref=sr_1_4/249-3867390-9753149?ie=UTF8&s=books&qid=1177064897&sr=1-4
http://jhnet.maxs.ne.jp/myshop/cg.html

参考URL:http://jhnet.maxs.ne.jp/myshop/cg.html

これは「光源」「反射」という物理的な要因、それと「補色」「近似色」の感覚が関係しています。
この感覚を使う事で、暗くせずに派手な色で「影」に見えるように描く事ができます。
●反射
影は光の当たってない側にできる、だから暗い、というのが一般的な感覚です。
しかし実際には、太陽や主な照明のほかに「周囲に当たった光の反射」も来ているのです。でないと影は「完全な暗黒」という事になってしまいますよね。
反射光はその当たったもの(物体や建物、空など)の色を含んでいます。
しかし反射ですか...続きを読む

Q大さじ一杯 小さじ一杯って・・・

それぞれ何グラムぐらいなんですか?困っています教えてください。私はさじを持っていないので測れないのです

Aベストアンサー

重さは量るものによって違いますが、
大さじ一杯=15cc
こさじ一杯=5cc
です。

Q風景画の描き方

お世話になります。
明日、水曜日に子どもと夏休みの宿題の風景画を描きにいくことになりました。

風景画は描いた事がなく、どこから手をつけて良いかわかりません。過去ログを見ると、以下の答があって読みました。

http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?q=935514

しかし、このアクリル版を使用するのは、戸外の風景画にも応用できますか?四つ切り画用紙に描くのですが、アクリル版も同じ大きさですか?

アクリル版に写した線はどうやって画用紙に写すのでしょうか。

もし、アクリル版なしで描くなら、木、家、池、地面がある時、どこから描き始めると上手く行くのでしょうか。

アドバイス、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 風景画を描くということは、慣れない人にはとかく難しく思えるものです。ですが、大切なことは構図のバランスでもなく、描写の正確さでもなく、とにかく思った通り、感じた通りに、まず元気良くスケッチすることです。そういった意味で、アクリル板などを使うというのはむしろ反対です。

 どうしても構図が....というなら、それよりは、人差し指と親指を直角に広げて、左右のそれを逆にすると長方形の枠が出来ますよね。この枠を通してこれはと思う風景を見てください。こうした指の枠で切り取った風景が、そのまま構図になるということですから。

 ここでバランスを取るには、「基本の位置を幾つか決める」ということ。たとえば海の水平線、手前の真っ直ぐ立った木、一軒の家、こうしたものをまず指の枠の中で好みの位置に置いて、上下左右の比率を決めてください。たとえば水平線なら枠の下から4、上から6というようにおよその比率を読んで。そしてそのまま、ほぼ同じ高さで画用紙に水平線を一本引いてください。

 樹木は左3、右7ぐらいで下から上まで突き抜ける、家は左6,右4ぐらいの位置で水平線より少し下から.....という具合に位置を確認したらそのままこれらも画用紙に。

 ここまで描けたらもうしめたもの。これらに雲や細々と見えたものをそのまま描き足してください。どんどん良くなりますよ。

 水彩の場合はとにかく遠くのものから色を塗っていくというのが原則。遠くはとりあえず薄めに、ごく近いものは濃くしっかりと。それと、海、空、樹木、家と大どころに分けて、とりあえずそれらしい色を塗ってみること。

 ここまで描けたらもう最高。あとは雲を細かく描き、樹木には折れ曲がった枝を付け、家には窓を描きと、少しずつ細かいところを描き足したり、手前に草を描いたり、もっと樹々を描き足したり。。。
 こうして描き進んでみれば、たぶん思ったより才能がおありだとお気づきになるはずですよ。

 途中で、失敗したかな.....と思うことがあるものですが、これは慣れた人でもよくあること。ところが色を塗ったり、どんどん描き込んでいくうちに、案外いい感じになって、失敗でもないなと思うことが多いものです。とにかく最後まで描いてみて下さい。

 コツを付け足せば、筆はとにかくよく洗って絵の具が濁った色にならないように注意すること、鮮やかな色を大切にすること、濁った色の実際の風景でも鮮やかな色をいろいろ塗ることで濁った雰囲気に描けるんだということを知っておくこと。もうこのぐらいしかありませんね。

 風景画を描くということは、慣れない人にはとかく難しく思えるものです。ですが、大切なことは構図のバランスでもなく、描写の正確さでもなく、とにかく思った通り、感じた通りに、まず元気良くスケッチすることです。そういった意味で、アクリル板などを使うというのはむしろ反対です。

 どうしても構図が....というなら、それよりは、人差し指と親指を直角に広げて、左右のそれを逆にすると長方形の枠が出来ますよね。この枠を通してこれはと思う風景を見てください。こうした指の枠で切り取った風景が、...続きを読む

Q葉っぱを絵の具で表現したいのですが・・。

風景画を書いたので、それを家族に見せると、
「葉っぱをちゃんと描こうよ」と言われてしまいました。
確かに、葉っぱがたくさんある部分は、適当に緑や黄緑を塗っていったので、
葉っぱの部分がただの緑色の大きな物体になってしまっています(^^;

なので、葉っぱを絵の具で表現したいのですが、どうやればいいのか分かりません。
細い筆でちょんちょん塗っていけば良いのだと思いますが、
それ以前に葉っぱの色の作り方が分かりませんorz

なので、葉っぱを絵の具で表現する方法、誰か教えて下さいm(_ _)m
お願いします。

絵の具はポスターカラーというものを使っています。

Aベストアンサー

方法としては塗るのではなく絵の具を置くイメージにして下さい。
確かに緑系統で統一するよりゴッホのタッチで絵の具を置くようにして途中で濃淡のメリハリを付けるために黄色や青、時には赤などを加えてみると葉っぱの感じが出てきます。
後は絵の具を置いて行って途中で水で濁す様に筆で置いた絵の具の間をぼかして行く方法も有ります。
前者はメリハリが出やすいので比較的木々が近くにある風景で後者は木々が全体に広がって遠方にある木々の風景の描き方になると思います。
私はそんな風に遠近を使い分けて描いています。

参考までに。

Qピッキング作業ってどんなことをするんでしょうか?

先日求人雑誌でピッキング作業募集!と載っていました。時給や安かったのですが・・・どんなことをするのでしょうか?経験された方の意見を是非聞きたいです。

Aベストアンサー

ピッキング作業とは簡単に言うと問屋や倉庫での商品仕分け作業の事です

問屋や倉庫の中で種類別に保管されている商品を、
各小売店ごとに小売店から注文された品物、品数を取り揃えて通い箱に詰め合せる作業で、
よく深夜のコンビニに「その店が補充発注した、品物、品数を丁度に詰め合せたプラボックス」が届くでしょう?
あれを発送元で詰め合せる作業の事を「ピッキング」と呼びます。

一概にピッキングといっても、
・箱を持って倉庫の中を歩き回って、
 あちらの棚からこの商品を何個、こちらの棚からこの商品を何個、と取り揃える「摘取り形ピッキング」と
・それぞれの棚毎に担当者を決めて、コンベヤなどで流れてくる箱に
 それぞれが担当の商品を放り込んでいく「種蒔き形ピッキング」がありますので、
倉庫が導入しているピッキング用設備によって作業の勝手はだいぶ違いますよ。

参考URLはピッキング用設備の製造メーカーのものですが、作業の雰囲気はなんとなくつかめると思います
(この会社では有りませんが、昔、ピッキング用設備の製造メーカーに勤めていた者です)

参考URL:http://www.daifuku.co.jp/products/picking/pick.html

ピッキング作業とは簡単に言うと問屋や倉庫での商品仕分け作業の事です

問屋や倉庫の中で種類別に保管されている商品を、
各小売店ごとに小売店から注文された品物、品数を取り揃えて通い箱に詰め合せる作業で、
よく深夜のコンビニに「その店が補充発注した、品物、品数を丁度に詰め合せたプラボックス」が届くでしょう?
あれを発送元で詰め合せる作業の事を「ピッキング」と呼びます。

一概にピッキングといっても、
・箱を持って倉庫の中を歩き回って、
 あちらの棚からこの商品を何個、こちらの...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報