発電所の津波に対する防波堤(防潮堤)について、設計高の基準は、どのような基準で決められているのでしょうか。
又、原子炉建屋の地盤高さは何を基礎にして設計されているのでしょうか。
1.津波高さ。
2.最高高さの津波が発生する年数(100年に1度発生、150年に1度発生等)。
3.防潮堤の設計基準は、何が根拠でしょうか。
4.防潮堤の耐久性は何年としているのでしょうか。
5.地盤高さの設計根拠
宜しくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

「その地域の直近のプレート」が基準です。



だからその基準は原発ごとに異なります。


福島原発だと宮城県沖が最も近いプレートであり、
宮城県沖のプレートは大地震が起きにくいのでM8.0以上の地震は起きないとされていました。
地震の周期は約100年です。

だからチリの巨大地震か宮城県沖のM8.0程度を最も大きい想定として、
1.高さ6m程度(立地は10m)
2.100年に1度

というのが福島原発の基準です。


だからより近い三陸の女川原発ではもっと基準が厳しく、
1.高さ10m程度(立地は約15m)
2.100年に1度

となっています。


大地震が起きるプレートが直近になかったり、
周期が1万年など極端に長い場所の原発ではこれより基準がかなり甘くなっています。


防潮堤はその想定に合わせて建設されます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。

ご回答を頂きました、基準についてもう少し勉強したく
どのような書籍、その詳しい内容等、どこに行けば閲覧が可能でしょうか。
図書館等で判るのでしょうか。開示されているのでしょうか。
原発のある市町村、県、原発資料館などで閲覧できるのでしょうか。
宜しく、お願い申し上げます。

お礼日時:2011/05/22 18:13

全部はわかりませんが、最高の高さの津波に合わせて作る気はなかったようです。


明治くらいからしかちゃんと津波の高さを測った結果の信ぴょう性がなかったのでしょう。
157年前の安政の南海地震で15m、関東大震災で12m、115年前の明治三陸地震で38.2m、最近の北海道の奥尻16.8mです。
その結果を見れば15mを超える津波は120年に一度。しかも原発にピンポイントに15mの津波が来るとは考えにくいと判断したのかもしれません。しかし現実には5~6mの防潮堤しか作ってませんね。そうそう原発は初期投資が非常に少ないことを売りにしていましたから、そこには最低限しかお金をかけなかったのではないかと思います。安全性や確率なんて馬鹿げていると思いますが、いつものように数値を調整してこれだけ安全で安くできると原発をたててきたんでしょうね。

コンクリートで作っているものですからねえ。公共物の建築は100年なのですが土木はわからないのでちょっと調べてみました。が、でてこない・・。でも、材料に関して200年超耐久を目指すと書いてあるのを見つけました。やはり200年は少なくとももたない。

(ちょっと前に200年住宅っていうのがあったのにいつの間にか長期優良ってなったでしょ、あれも基礎コンクリートが200年持つものができないというところから変わってきたと聞いています)

先の回答の方がサイトを出してくれていますが、どうやら10m地盤を削ったのは海水利用したかったかららしいです。確かに当初から海水を真水に買える装置の話はしていたのでそれを冷却水にしていたようです。すごい工事費をかけて土を削り結果的にあだになったということのようです。

設計基準を見て答えてないのは恐縮です。
特別に定められているらしいのですが見つかりません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
工事費比較等でこれに決めたとかの資料があれば納得しますね。

お礼日時:2011/05/21 21:29

津波の想定高さは、東電によると地震や津波の専門家に聞いた情報をもとに決めたといっています。


実際に記録に残っている津波の高さは、明治三陸大津波で大船戸市38.2mというのがあるらしいですがそんなに高い防潮堤をつくている原発は無いです。記録にデータが残っている範囲の高さで決定している事は間違えありません。古文書の記録はあまり考慮してないようです。古い文書は津波の高さとかを正確に記録していなかったり、被害の大きかったところは村全体が壊滅して記録が残らなかったり、文字をかける人が少なく交通や通信手段が今のように便利ではなかったので正確なデータを得る資料としてはごく最近まであまり重要視されていなかったと思われます。http://mainichi.jp/select/jiken/news/20110519ddm …

福島第一原発について、設置した場所の高さについては、以下のリンク先に「整地面レベルの決定に際しては、過去の記録あるいは何らかの科学的推論にもとづく最大の高潮や津波時の海水面レベルの上昇の想定値に多少の余裕を与えて最低の許容レベルが決定された。」とある。
http://tokyopastpresent.wordpress.com/2011/04/27 …

中部電力浜岡原発にてついて、防潮堤の高さは15mとされているらしい。これについては私はやや不安を抱いている。
鎌倉の大仏には昔大仏殿があったが室町時代の明応地震で倒壊したとある。海岸から800mも離れた場所にあるのでそこまで津波が来たらしい。また、一説には津波で船が流されてきて大仏の肩にぶつかって傷をつけたという記録があるという。現在、鎌倉大仏の左肩にそれらしき傷が残っているのが確認されている。このことが本当だとすると、大仏の高さは台座も合わせて13.35mあり、標高は約11mくらいあるから、肩までの津波はおよそ20mの高さがあった計算になる。

現在、東電の柏崎原発や北陸電力の志賀原発(しかげんぱつ)も15mの防潮堤の建造を計画している。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございございます。
聖地面のレベルについて、なんとなく判りました。
でも、すっきりしないですね。

お礼日時:2011/05/21 21:26

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q綾川町あたりで見られる日本家屋の外壁飾りは何ですか?

以前四国に旅行に行き、こんぴらさんから高松空港に向かう道中で、日本家屋の屋根下の外壁に、紺色の帯状の飾り(恐らく金属で出来ている)を見かけました。それも、一軒二軒ではなく、かなりのお宅に同じ様な物が付いているのです。私は結構旅行に出ている方かと思いますが、他県では見たことがありません。とても気になっています。この飾りの名称、意味などをご存知の方は是非教えて下さい。よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

こんにちは。

完全な情報はありませんが少しだけ…。
私はよくうどんを食べに香川に行ってます(ここ一年行ってませんが…)。何回目かに私も気づきました。最初の一軒は特に気にもしなかったのですが、よくよく見るとあちこちに同じものが。興味本位で色々見ましたが、なんかのお店でもないし、その周辺の組合長(?)みたいなものでもないし、特に気づく点が見当たりませんでした。で、どのくらいたったか、NHKの釣瓶さんの番組で香川が舞台の回があり、あの飾り(?)の話が出ました。確か、特に意味があるわけでなく、その地域の風習で、ただの自慢の部類に入る飾りだったと言っていたように思います。すいません、名前まではわかりません…。

Q東電と関電の原子量発電所の立地について

 東京電力と関西電力は自社の送電地域以外(東電の福島、関電の美浜等)に原発を置き発電していますが、北陸電力や九州電力他は全て(原発を持たない沖縄電力を除く)自らの送電テリトリーの海岸沿いに原発を設置しています。
 これには何か理由があるのでしょうか?歴史的な事や地政学的な裏付けがあるとも思えないので、ここでお聞きいたしました。

Aベストアンサー

関電の美浜は自分の供給区域内です。勘違いなさらぬように。

しかしながら、水力発電つまり有名な黒部ダムの発電所群は関電の供給区域外であるところの中部電力管内となります。
つまりは、発電所は自分の供給区域内が送電ロスを考えれば理想ですが、立地条件によってそれがかなわないと言うことです。
原発の立地条件は広大な敷地が必要で、なおかつ堅牢な岩盤の上に建てること、火力発電所と同様に冷却水に海水を使うので海に面していることなどが条件となりますので、東京都内や大阪府内では無理です。

Q地盤改良費の予算、地盤改良は出るのか

地盤改良費の予算、地盤改良は出るのか

家を新築予定です。

最初、地盤改良費として100万円を計上していたのですが、銀行の融資金額が思ったより低く、最終的に25万円しか地盤改良費として計上できなくなってしまいました。

購入予定の土地は分譲地で隣の隣(約10メートル先)が同じハウスメーカなのですが、その家は地盤改良は出なかったようで、しかも地区自体が固い地盤のようで、営業の方が多分地盤改良は出ないでしょうと言って地盤改良費が削られて行き、最終的に25万円になりました。

予算もギリギリの為、もし地盤改良が必要と言われてしまっても後20万しか出せません。(それで家の貯金は底を付きます)

地盤改良に詳しい方にお聞きしたいのですが、このような状態で地盤改良が出る可能性は本当に低いのでしょうか?

後、地盤改良費が45万しか予算がない状態でこのまま計画を進めるのは無謀でしょうか…。

ご回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

地盤は実際に見てみないとわかりません。
隣が良かったからと言って、自分の所も良いと言う保証は何もありません。
実際に建てた方で経験されている方はたくさんいると思いますが、
隣の地盤の状態、その土地全体の状態は全く当てにならないと思っていてください。

そのHMの方もいい加減だと思います。
我が家も、建てる時にしっかり見積もりを取りましたが、地盤改良代は最後の最後まで100万円を入れておきました。我が家の周辺も地盤が固いと言われていましたが、HMの方もローンの担当(JAの方ですが)も、こればかりは調査結果が出るまではわかりませんので・・・と仰っていました。

ちなみに、お世話になったHMの方の経験で、隣は地盤改良が出なかったのに、その隣が100万以上も掛かってしまい、苦労した話も聞きました。

ですので、少なくとも100万は見ておいたほうが良いです。

Q原子力発電所が稼働しなければ安全なのでしょうか?

今、原子力発電所が稼働していない状態ですが、それでも、核燃料を常に冷やさないといけないそうですが、稼働していなくても、大きな災害があり、冷やせない事態になったらやはり危険なのでしょうか?
稼働していないから安全と多くの方が思っているようですが、稼働していなければ安全なのでしょうか?

それと、国内のことばかりが取り上げられていますが、
お隣の中国などでは原子力発電所が増え続けているようですが、隣国での事故の場合、今現在も、黄砂に食中毒菌や高濃度の発がん物質や有毒物質がガードされて飛来してくることを思う時、遠く離れた隣国での事故でもただ事ではないようにも思いますがその点安全なのでしょうか?

国内で、ほとんどリスクがない土地はありますか?

Aベストアンサー

>冷やせない事態になったらやはり危険なのでしょうか?

その通り!
去年、使用済み燃料プールの温度が上がって、騒いだでしょ。
つまり、核燃料は、『冷温停止状態』にしておかないと、勝手に核分裂を起こすのです。

政府や東電の発表に『冷温停止状態』としきりに表現していましたよね。
なぜ?『核分裂停止しました』と言わないのです?
つまり、核分裂は常に起こっている状態なんです。
ただ、それらの状態を無視できる状況が、『冷温停止状態』なんですよ。


>稼働していないから安全と多くの方が思っているようですが、稼働していなければ安全なのでしょうか?

いえいえ、核燃料を入れた時点で終わっています。
ましてや、核分裂を起こしたら、いくら『冷温停止状態』でも、核燃料を取り出せる状態では無いんですよ。
理由は簡単! 放射線が殺人レベルであるからと、推測します。
恐らく、マイクロシーベルトではなく、シーベルト単位になると思う。
この単位になると、わずか数時間で、確実に人間の死が約束、いや保証されます。


>お隣の中国などでは・・・その点安全なのでしょうか?

国自体が危険なので、もはや、核ミサイルを装備したのと同じです。


>国内で、ほとんどリスクがない土地はありますか?

絶対にありません。

核物質の種類にもよりますが、半減期が250~300年です、短い物でも30年とか、一時的なら1週間程度です。
これが、大問題です。
『半減期』というのは、放射線が半分程度に減るまでの年数です。
人間の寿命が80才としたら、4世代で放射線がやっと半分です。

>冷やせない事態になったらやはり危険なのでしょうか?

その通り!
去年、使用済み燃料プールの温度が上がって、騒いだでしょ。
つまり、核燃料は、『冷温停止状態』にしておかないと、勝手に核分裂を起こすのです。

政府や東電の発表に『冷温停止状態』としきりに表現していましたよね。
なぜ?『核分裂停止しました』と言わないのです?
つまり、核分裂は常に起こっている状態なんです。
ただ、それらの状態を無視できる状況が、『冷温停止状態』なんですよ。


>稼働していないから安全と多くの方が思って...続きを読む

Q地盤について

住宅を建てる際は地盤調査をして必要に応じて適切な地盤改良を行うことになりますよね

地盤改良のコストも場合によっては100万とか200万とかになり、総予算にダイレクトに反映されてしまいます

でも宅地を購入する場合、場所、面積、価格、行政上の条件とかは事前に具体的にわかりますがそこがどのような地盤でどの程度の地盤改良が必要か否かはわかりません

わざわざ地盤調査まで行ってそのデータを公開して売りに出してる土地なんてありませんし、売主も仲介業者も地盤の状態までは把握していないのが普通です

明らかに深く盛土をしたような土地は選択しないことはできますが、それ以外は地盤も含めて良い土地を購入できるかどうかは運にたよるしかないのでしょうか?

Aベストアンサー

言ってしまえばそうなりますね。
唯、昔は木造の二階建てなどで地盤調査などはせず設計者、工務店の勘に頼っていたわけです。今は必ず地盤調査をして地盤の状況を科学的に
分析するようになったわけですから、もし、地盤状況が悪くて地盤改良しなくてはいけなくなっても、リスクを負ったわけではなくリスクが減ったと思うべきでしょうね。
或いは将来的に土地の販売時に地盤調査が義務化されても、地盤改良費が上乗せされるだけですから同じ事かもしれません。

Q津波避難所について

津波避難所について
高台に逃げるも避難時間がかかる、地下シェルターに逃げるも埋まったり浸水がある。両方の長所を利用したら良いのでは無いでしょうか?今回福島県の津波でも高さ数十メートルと聞きますが、指定避難所以外にも少し丈夫なマンションや空港などはたくさんの方が命を救われたと知りました。という事は40~50メートルの津波でも直接波が激突する海岸を除けば、10メートルくらいの高さが有ればある程度の数の人間が素早く避難出来る簡易シェルター的避難所を作れると思うのですがいかがでしょうか?イメージとしては、古墳で言うなら円墳の様な10m以上の小高い丘を作り、その中にコンクリートで構造されるシェルターを埋設する。まず津波がきても中に避難して暖をとったり出来る、非常食もある。第一波から第二波、水位が下がるまで防水して待てば良い。古墳の上部に東西南北に4カ所ほど横向きの、外部から見てやや上り坂になる人孔を設けて少し奥に横向きの電動/手動ハッチを作る。少なくとも古墳程度の高さで、ある程度の角度と高さが有るので、瓦礫や堆積物が流れてきても水位の下降と共に下へ流れ落ちるから、その様に設けられた人孔やハッチの開閉には問題が無いはず。下手すればお年寄りだけでも手動開閉が可能かも。そういう古墳式シェルターなら普段小高い公園としても使えるし、敷地もそれほどいらないハズだから、沿岸部にたくさん何基か建設しやすいし避難しやすいから良いのではと思いましたがいかがでしょうか?

津波避難所について
高台に逃げるも避難時間がかかる、地下シェルターに逃げるも埋まったり浸水がある。両方の長所を利用したら良いのでは無いでしょうか?今回福島県の津波でも高さ数十メートルと聞きますが、指定避難所以外にも少し丈夫なマンションや空港などはたくさんの方が命を救われたと知りました。という事は40~50メートルの津波でも直接波が激突する海岸を除けば、10メートルくらいの高さが有ればある程度の数の人間が素早く避難出来る簡易シェルター的避難所を作れると思うのですがいかがでしょうか?イ...続きを読む

Aベストアンサー

たとえば三重県南部では、「津波避難タワー」といって、高さ10mくらいの頑丈な鉄筋コンクリート建物が建設されています。
津波が来たら避難するためのものですが、避難後のことも考えて、タワーの中に水や食料、毛布などが常備されています。
また、普段から近所の人が親睦を深めたりする集会所のようにも機能します。

土地の造成を必要としないので、円墳型シェルターを作るよりは安上りのはずです。

Q敷地内の離れに増築(厳密には新築?)でも地盤調査は必要?

築30年の我が家の敷地内の離れ(現在は家庭菜園)に、約8坪の平屋を
増築予定です。※建坪率等は問題ありません。

運悪く?昨年(詳細日付は不明)から地盤調査が義務化されたそうですが、
既存建物と離れた場所に増築(厳密には新築?)する場合でも地盤調査が必要でしょうか?

地盤調査費用に約5~6万円、地盤が弱ければ地盤強化工事に約80~100万円位
(坪数により変動)かかるのでは?と工務店から聞いてます。

法律改正でこの出費は痛いですが、もし離れた場所に増築する場合でも地盤調査が
必要であれば、いっそ既存建物と連結して増築を考え中です。
しかし、地盤調査の結果、地盤強化が必要になった場合、既存建物の
地盤強化は建て直さない限り無理な話であり、そこら辺はどうなるのでしょうか?

工務店担当者も法律が変わったばかりで、はっきりわからない感じです。
専門家あるいは経験者の方の回答をお待ちしてます。

Aベストアンサー

確認申請を出す限り新築でも増築でも地盤調査は必要です。
鉄筋や大きな建物を建てなく、元池や泥田等でない限り、地盤改良をすることはないでしょう。

既に存在する建物には法律は遡及しませんが、傾いたり壊れても自己責任の範囲です。

Q水素ステーションを発電所にする。

停電した時に水素ステーションにミライを持って行って、電線に繋げばいいのである。どんなのでは足りないと言うのであれば、大型トラックに水素発電システムを積んで、電線に繋げば簡単に停電から復旧することができないだろうか?
 そう考えると国の補助金もインフラの整備になる。熊本の地震で1週間も停電だったところもありますので、検討して欲しいと思います。いかがでしょうか?

Aベストアンサー

> 例えば離島の電気があります。

詳しくは知りませんが、離島って頻繁に停電しているのですか?
自前で発電所を持っている島なら、台風などの災害や需要と供給のバランスが
合わなかったなどで停電するイメージがわくのですが、
海底ケーブルで電力を引いている島って頻繁に停電するのですか?

で、実際に停電になったとき、早く電気が復旧したほうが良いのですが、
これまでの皆様の回答から、各家庭にリーフなどをつなぐシステムはあっても、
電線に直接つなぐことはできないのですよね。
となると、リーフ1台でどれくらいの家庭の電力をまかなえるのかは知りませんが、
各家庭にミライやリーフなどがない限り、家電などを家のコンセントにつないで
これまでとおりの生活を行うということはできないのですよね。
そんなときに情報収集の観点から、携帯電話やテレビなどがあるに越したことは
ないのですが、そのレベルなら持ち運びできるガソリンの発電機でも事は足りませんか?

これまでの話って、持論を曲げないようにするためにいろんな想定をしていますが、
たま~にしか起きないことに対する備えとして、現状、たま~にしか使わない
インフラを導入しろ(それも離島や過疎地に)と言っている様な気がします。
水素ステーションの本来の目的は、燃料電池車のエネルギーの充填です。
でも、使いようによっては非常時の電源として使うことができる、
という考えはありだと思うのですが、非常時に対応するためということが
先に来ていたら本末転倒ではありませんか?
何年先かは分かりませんが、燃料電池車が普及して、普通に水素ステーションが
あるような時代になっていたら話は別かとは思いますが。

> 例えば離島の電気があります。

詳しくは知りませんが、離島って頻繁に停電しているのですか?
自前で発電所を持っている島なら、台風などの災害や需要と供給のバランスが
合わなかったなどで停電するイメージがわくのですが、
海底ケーブルで電力を引いている島って頻繁に停電するのですか?

で、実際に停電になったとき、早く電気が復旧したほうが良いのですが、
これまでの皆様の回答から、各家庭にリーフなどをつなぐシステムはあっても、
電線に直接つなぐことはできないのですよね。
となると、リーフ1台...続きを読む

Q地盤調査で、調査内容を虚偽。工事も不正。

地盤調査で、調査内容を虚偽。工事も不正。

地盤調査を行い、地盤が緩い等と不安を与え
必要のない地盤の改良工事を勧める。
しかも、工事代金分の工事も行われない手抜き工事。

改良工事と共に、10年間の地盤保証保険の加入も勧める。
10年以内に家が傾いても、地盤に問題があるとは、証明できない。
地盤の上には、家の基礎があるから見た目に分からない。
10年過ぎると、保証対象外。

不正工事の為の、外注先まで用意をした。


これを、どう告発したらよいのか、わからない。
この会社を信頼している人には、気の毒でならない。

Aベストアンサー

質問追加の抜粋
1. >NPO住宅地盤品質協会の調査部門、設計施工部門の住宅地盤主任技士です。

回答
・公的な資格でなく、NPO特定非営利活動法人 住宅地盤品質協会が実施している資格ですね。
そのような、1人事業者でコンサルタント登録もされていない、公の資格でもない人がなぜ住宅保証会社の保険審査が通過するのでしょうか。

・保証会社や、財団法人 住宅保証機構の問題もありますね。
如何に、住宅の地盤調査、杭、地盤補強がいい加減な調査と計画によって、又保証機関やチェックする1級建築士などが、説明責任も果たさず、技術者倫理も遵守せず、公衆(素人)に多大な負担をかけているかですね。

2. >他に社員はいませんので、地盤調査も地盤改良工事も全て外注です。建設業の許可は、取っていません。

回答
・俗に言うペーパーカンパニーですね。本来成らば建設業法登録、コンサルタント登録など取得するのが通常ですね。なぜそのようなペーパーカンパニーの報告書を、保証会社や建設会社が受け取るのか。言い換えれば同罪ですね。内容も技術者(土質、施工技術者など)がチェックせず、説明責任を果たしていないですね。ペーパーですから業法登録なども不要としてやっているわけですね。


   *************** 回 答 対 策 ****************

3. 内部通報(内部告発)
3-1 貴方の元会社の代表者へ送付
・過去に作成した虚偽の地盤調査報告書を是正して、正しい是正報告書を作成すること。
・修正前(虚偽)と修正後の比較についての修正報告書を関連提出先へ提出、陳謝、説明、開示することを 依頼すること。それにより被害を受ける関係者に説明し是正すること(虚偽資料を利用した関係者全て)
・以上を作成し、内部通報、内部告発の資料として、送付すること。
3-2 NPO特定非営利活動法人 住宅地盤品質協会 理事長へ送付

4. 外部告発の1(関連先)
4-1 財団法人 住宅保証機構へ送付
4-2 独立行政法人国民生活センターへ送付 電話 042-758-3162  FAX  042-758-5620

5. 外部告発の2(関連先)
5-1 外注したボーリング調査会社
5-2 地盤補強の設計計画会社(コンサルタントなど)
5-3 関連する、建築請負会社
5-4 関連の地盤補強工事会社

6. 外部告発の3(監督官庁)
6-1 NPO関係諸官庁(監督官庁)内閣府 大臣官房 市民活動促進課〒100-8914 東京都千代田区
   永田町1-6-1電話番号:03-3581-9308
6-2 国交省業法登録関係先

外部告発の4(報道機関)


7.通報、告発は原則的に、告発者の連絡先(必須)を記入する必要がある。(場合によっては匿名)


  

質問追加の抜粋
1. >NPO住宅地盤品質協会の調査部門、設計施工部門の住宅地盤主任技士です。

回答
・公的な資格でなく、NPO特定非営利活動法人 住宅地盤品質協会が実施している資格ですね。
そのような、1人事業者でコンサルタント登録もされていない、公の資格でもない人がなぜ住宅保証会社の保険審査が通過するのでしょうか。

・保証会社や、財団法人 住宅保証機構の問題もありますね。
如何に、住宅の地盤調査、杭、地盤補強がいい加減な調査と計画によって、又保証機関やチェックする1級建築士などが、説...続きを読む

Q南海地震での津波について

愛媛県松山市に住んでいます。うちは海から直線で3kmくらいなのですが、市の防災マップによると南海地震などが起きたときの避難場所が徒歩3分のコンクリート造りの4階建小学校です。

松山には南海地震が起きてから2時間で1~2mくらいの津波が来るらしいのですが、地震が来たときその小学校まで走れば津波から逃れられるでしょうか…?
車で15分走れば松山総合公園が山なので津波が高い場合はそちらの方がいいのかと思いますが、車での避難はしない方がいいという意見もありますし どうすればいいのかと考えています。

旦那は単身赴任だし、3歳の娘と毎日二人でいるので 夜は特に怖いです。

今回の大震災のように想定外になることもあるかもしれませんが、怖くてたまらないので教えて頂けるとありがたいです。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

市の防災マップのとおりです。
南海地震や、東南海・南海連動地震でも、松山市まで津波が来るには1時間以上かかるでしょう。また、5m、10mといった大津波が来るとも思えません。
瀬戸内海で大地震が起こったとしても、M8を超えるような巨大地震は考えにくいといえます。最大でも2,3mの津波に備えれば大丈夫でしょう。
落ち着いてお近くの小学校に避難すればよいでしょう。市内に外出中であれば、近くの3~4階建以上の頑丈な鉄筋コンクリート建造物(新しいデパート、公民館、マンションなど)に避難すればまず大丈夫だと思われます。

とくに都市部では自動車で避難すると混乱の元ですし、渋滞してかえって避難が遅れます。
自動車で何キロも避難した人が助かったというのは、今回のように極めて稀な超巨大地震が発生した場合(それも津波が直撃する高知や和歌山など)だけです。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報