マルシェル新規登録で5000円分当たる

こんにちは。
学生で、吹奏楽部に所属している者です。
私は趣味で作曲を勉強していて(まだまだ初歩の初歩をやっているところですが…)、来年か再来年のの自分の学校の吹奏楽部の定期演奏会において、自分のやりたい曲を吹奏楽アレンジして演奏してみたいと思っています。
その曲は昔洋画の中で使われた曲でもうすでに吹奏楽バージョンが世に出ているのですが、自分はそのアレンジよりもあるバンドがアレンジ・カバーしたバージョンが好きで、そのアレンジをもとに編曲してみたいのですが、この場合はどこに許可を取れば編曲・演奏が許されるのでしょうか。お教えください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

lilactさん、お手を煩わせてましてすみません


各項目、根拠があって書かれているということがわかりました。
きちんと勉強されている方に対し、大変失礼いたしました。
そこまでご存知であればということになりますが、質問者さんに対する更なる回答も兼ねまして、背景などについても少し詳細に書かせていただきます。
まず、質問者さんの場合、lilactさんの意見に従うほうが良いという結論です。
仲間などに尋ねたところ、少なくとも吹奏楽業界では編曲の許諾証を書面で提出することが常識化していること、また、権利に対する世の中の認識の変化があり、最新の情報を持っている人の言に従うほうが良いだろうとのことです。
質問者さんの所属される歴史のある団体のようなので、トラブルになると周囲に迷惑が及ぶと考えられますので、編曲については、正当な権利者の許可を取るほうが良いということです。
管理団体、例えばJASRACが管理しているのは、演奏権、録音、貸与、出版に関わる権利のみで「編曲」のOK・NGを言う権限はありませんが、管理楽曲であれば、JASRACに問い合わせをすれば、正当な権利者がわかります。
面倒なのは、どこかの楽団が演奏しているのがカッコ良いので、耳コピーしたうえで自分なりの改変をしようとする場合です。編曲されたものは二次的著作物ですので、それを改変しようとすることは、替え歌の許可を得る以上に難しいです。楽譜が出版されていない編曲作品の場合は、管理団体に管理を任されてない場合が多く、正当な権利者を探すだけでも大変です。まったく別途に編曲するほうが手続き的にははるかに楽です。
お気に入りの印象的な部分だけを借用すると、「パクリ」扱いされます。

lilactさんのおっしゃるように、著作権法第27条に書かれているとおり、「編曲」については、その扱いについて権利者がコントロールできます。
自分の作品に対する、他人の「編曲」行為について、OKと言ったり、ダメと言ったりすることは、創作者の権利の中に含まれています。
「作曲」の態様については、主に2つのタイプがあります。ひとつは、「旋律のみ」、あるいは、それに近いもの、もうひとつは「すでに編曲作業がなされたもの」です。ご承知のように、音楽の演奏には、編曲が不可欠です。単旋律だけをひとつの楽器で演奏するだけでは、ライブやコンサートは現実にはできません。
ですから、主旋律のみ、またはそれに近い作品が、管理団体に権利の管理を任された場合の創作者の意図は、「編曲は自由にやってください。そしてどんどん演奏し、使用料をどんどん払ってください。」というように理解されます。
ポップスや歌謡曲のほぼすべてがこのタイプになります。
そのため、毎日・毎晩、星の数ほどの楽曲が、あらゆる形態の編曲がなされた上で演奏されています。
この場合に、バンドや個人が、自分たちの演奏のために編曲しようとするごとに、権利者や管理団体に許可を求めると、窓口はパンクしてしまいます。クラブなどが席数などの規模によって、楽曲の使用料を月額で支払う包括契約の場合などは、だれの何の曲が演奏されたかすらチェックしませんので、編曲うんぬんなどは論外となります。
著作権法違反は「親告罪」ですが、この場合の親告罪は、上記のように、毎日途方もない量の音楽が演奏され、更に管理団体が受け付けないようなマイナーな曲、作者や正当な権利者が分らない曲などもあり、これらを事務的に管理することは不可能なので、意にそぐわないものを見つけたら自ら申し出て下さいというものです。
第27条の文面は以下のとおりです。
(翻訳権、翻案権等)
第27条 著作者は、その著作物を翻訳し、編曲し、若しくは変形し、又は脚色し、映画化し、その他翻案する権利を専有する。
「権利を占有する」というのは、他人の行為についてNG/OKを言うことができる、という意味で、「○○したる者は△△に処す」というように「禁止項目」を明示するという刑法的な書き方がされていません。これは著作権法が「親告罪」であることに基づいた書き方と言えます。
同じ親告罪でも、公になると被害が拡大する恐れの強い「強姦罪」や、「守秘義務違反」などのようなものと性格が違い、行政上の便宜から、「意に反するものであれば、訴える権利がありますので、自分で訴状を書いて持ってきてください。」ということになっています。そうしておかないと管理団体や警察、検察、その他の司法関係機関が機能マヒを起こします。
さて、もう一方の作曲の例としては、すでに作曲者本人によって編曲されている交響曲のように、譜面を持ってきたら、スグに演奏できる態様のものです。
こちらのほうは、すでに出来上がったものですから、「手を加えてもらっては困ります。」といわれる場合が多いです。単旋律のみのほうが収入は上がるのに、敢えて編曲済みの姿にしているのは、原型尊重の意思の表れであり、創作者にはそれを言う権利があります。二次的著作物としての編曲作品も同じです。

「親告罪」は、被害者本人のみに訴えの権利があるといえども、それがなされた時点で違法行為となります。では、古い現場では、どのように解釈しクリアているのかということですが、
まず、著作権法には不備があります。いわゆるダブルスタンダードです。
第27条では、意にそぐわない編曲に対してはNOを言える、としておきながら
第20条「同一性保持権」では
例外 以下の場合には、同一性保持権の適用が除外され、改変が認められる(著作権法20条2項)。
「4.前3号に掲げるもののほか、著作物の性質並びにその利用の目的及び態様に照らしやむを得ないと認められる改変」
を認めています。
この文中「その利用の目的及び態様に照らしやむを得ないと認められる改変」というところを、利用者側の立場として有利に解釈すると、「編曲」はOKとなります。
「編曲」は、音楽の演奏には不可欠なものであり、「編曲」こそが、まさに「利用の目的及び態様に照らし、やむを得ない改変」と言える、というのがその主張の根拠です。
しかも、「著作者人格権」は、「一身専属性」であり、財産権としての著作権が譲渡されても、「著作者人格権」は、本人のもとに残り譲渡することはできません、(著作権法 第59条)(民法896条の但し書き)ので、出版社や管理団体もクレームを言うことができず、編曲したい人にとって好都合である条項です。
さて、私たちのスタンスですが、創作者に対しては尊敬と感謝の念を持ち、特にその財産としての著作権は守らなければなりません。その一方で同様に大切なことは、音楽文化の普及・向上ということです。
本来創作物というのは、だれでもが自由に使えるほうが、誰もがハッピーなわけです。しかし、それでは創作者の生活や音楽産業が成り立たないので、「著作権法」で、財産としての権利を保護しています。その一方で人格が汚されないような配慮もなされています。
特に管理団体に任した財産としての著作権は、「使うな!」ではなく、「どんどん使って下さい。そして使用料を払って下さい」という狙いは明白です。そのためには、「編曲は自由にどうぞ」という方が、目的にかなったものと言えます。先に述べたとおり、いちいち申請されては業務多忙にもなり、楽曲使用回数が減り、創作者の収入減となります。
編曲は、楽曲や創作者の心をを傷つけるものではありません。新しい価値を生み出したり、演奏できない人(団体)が演奏できるようになったり、楽曲の魅力をより多くの人に伝えることができる文化的な手段と言えます。
従って、無断の編曲が、創作者の意に反する可能性は低いと言えます。
また、演奏許諾を得たうえでの「編曲」と言う行為は、社会的な日常性や通常性を逸脱しているとは言えないので、違法性・悪質性が低いと言えます。
私は、「編曲」が犯罪になるとは知りませんでした、と書きましたが、これはズルい手口と言えます。
犯罪の成立要件として、一般的には、行為者(具体的な行為を実行した者)の「故意」(自己の行為が犯罪構成要件に該当する(かもしれない)ことを認識等していること)が必要であるため、著作権侵害罪等、著作権法中の刑罰の成立においても、行為者に故意の存することが要件となります。
「編曲」が違法であることを知らなかったら犯罪にならず、違法だと指摘され、知った時点で罪になり、その責が問われます。
「親告罪」以前に、「違法であることを知らなかった」ら、犯罪としての成立要件を欠くことになります。
それで、楽曲使用者サイドの「専門家」の多くは、法を熟知しているがゆえに、「違法ではありません!。」と主張します。
lilactさんのおっしゃるとおり、「無知な専門家」が多い(ように見える)のはそのためだと思います。
自分が不利にならないようにしらばっくれているのです。
しかし、それは非常に自己便宜的な方法であり、若い人には「正々堂々」を教えるべきだと勉強した次第です。
世の中の流れはそのようになっているようです。

参考: [刑法38条(故意)]には下記の条文が記されています。
 1 罪を犯す意思がない行為は、罰しない。
http://www.h3.dion.ne.jp/~urutora/keihou1.htm
    • good
    • 2

自分の回答の補足です。


「無許可の編曲」については「演奏」のくくりの中で書いていますが、ちょっと違うかもしれないので取り消しておきます。

ちょっと疑問に思うこと
自分の著書をこのサイトで宣伝し、買ってもらったりするのは禁止事項だと思いますが?
この本の著者とこのサイトでこの本を宣伝した回答者は、全音出版社勤務経験や会社経営などその他いろいろが全く同じです。別人と思う方が不自然に思えるほど一致していますが?
    • good
    • 3

指名されたので書いておきます。


吹奏楽曲でないものを吹奏楽に編曲するのは演奏上やむを得ない程度の改変ではないですから。それはまさに編曲でありそれで飯を食っている人もいます。
ただし、編曲とまでは言えないなどある程度の変更で許される場合はあり得ます。私はこれを問題にしていないですが。

1、内規と法律
 吹奏楽連盟には著作権法を守ろうという意思があるという証拠。だからコンクールの規定に定めている
  「ご自身が編曲した楽譜を使用する場合は著作権法にふれないよう、・・・・作曲者か出版社の編曲許諾を受けてください」
「法律で許されているが内規では不可としたもの」、などといったものではありません。
  
2、出版社から抗議を受けて演奏できなくなったという例。有名な話。
吹奏楽界では有名な話でンドジャーナルで特集も組まれた。
昭和56年度吹奏楽コンクール 観音寺第一高等学校 ラヴェルのダフニスとクロエ
この頃吹奏楽連盟は問題と考えてなかった。しかし、フランスのデュラン社から編曲の演奏を禁止すると言ってきた。この高校は地区大会で演奏したがこれでこの後演奏できなくなった。
これより前は演奏されていた。しかし、この抗議によって著作権問題がおこり、吹奏楽界ではこのあとどこの学校でも何年も演奏されなくなった。現在は演奏しても問題ない。
私はその現場にはいませんでしたがね・・・。


3、法律について
>勝手に編曲して演奏してはならないという法律はありませんので・・
法律にかいてありますが・・・。
著作権法27条 翻訳権、翻案権等
 著作者は、その著作物を翻訳し、編曲し、若しくは変形し、又は脚色し、映画化し、その他翻案する権利を専有する。
著作権法20条 同一性保持権
 著作者は、その著作物及びその題号の同一性を保持する権利を有し、その意に反してこれらの変更、切除その他の改変を受けないものとする。

法律家の見解
加戸守行氏 「作権法逐条講義」 編曲
 編曲というにはいたらない程度の演奏テクニックとしてのリズム変更などであれば第27条の権利は働きませんけれども、原作品の変更という意味で第20条第1項の同一性保持権が問題となります。

作花文雄氏 「詳解著作権法」 編曲しての演奏
 編曲して演奏するような場合には権利者の許諾を得る必要が生じる
 編曲というには至らない程度の変更は編曲権の問題は生じない。同一性保持権についても、やむを得ないということで認められる。

なお、43条(編曲の利用)には38条の1(非営利・・)は当てはめることはできませんまりませんから。


4、出版社がなぜ関係あるか。
 出版社が親切に教えてくれた具体例があると前の回答に書いています。
 親切に教えてくれるのだから、ありがたくお聞きしてもよいと思いますよ。
 業務外だから・・などと冷たいことをいう社会は生きづらいですよ。

5、親告罪について
著作権法第123条の1に次のように書いてありますがね・・・。
告訴がなければ公訴を提起することができない。
    • good
    • 2

下記の記述は、コンテストの内規であって、法律ではありません。


あるコンテストに出場するのであれば、法律で許されていてもその既定を守らなければ当然失格になります。「内規」と「法律」を混同してはいけません。
*************
「アンサンブルコンテスト出場規定」には「同一の楽譜を2名以上で演奏してはならない」という項目があるのですが、この解釈をさらに権利者保護の観点まで深め本来5重奏として書かれている作品のある1パートを分解し異なったパートとして2名で演奏することや、逆に本来10重奏で書かれている作品を8重奏で演奏することは編曲行為にあたりこの作品の権利を有する方に編曲許可を得なければならない、というものです。
*************
以上は「内規」です。

重ねて書きますが、編曲は自由です。
実際に音楽を演奏として表現するためには編曲は不可欠です。
また、実際のステージに置いては、演奏の上手下手もあり、ミス、アドリブもいけない、書かれているテンポは厳密にまもれ、強弱も作曲家の付けたとおりにせよというのであれば、事実上演奏することが出来ません。
***********
>編曲について
世の中には「無料の演奏会だから編曲して演奏しても許可はいらない」といった無知なことを言う人が専門家と称する人の中にもいますが、編曲許諾と演奏会の無料・有料は関係ありませんから気をつけてください。
「見つからなければいいだろう」とか「これくらいは大目に見てもらえるはず」などと自分勝手な思い込みをする人がいますね。
***********
私は、専門家なので、法律に基づいてお答えしています。
lilactさんにお願いいたします。
「大目に見る」と、「法律に抵触していない」は意味がまったく違いますので、下記を読んで、私の質問にお答え下さい。

>昔、オーケストラの曲を無断で吹奏楽に編曲して演奏したため出版社(作曲者?)から抗議を受けて演奏できなくなってしまったという高校がありました。

そのような例はないと思います。
私は、全音楽譜出版社という出版社に勤務していましたが、そのような事例も、似たような事例も聞いたことがありません。また、会社が訴えたり、抗議したこともありません。
出版社や作曲者などは、それに抵触する法律があり勝訴できる見込みがないと、演奏差し止めなどの請求をすることはありません。無断で出版したのならともかく、編曲して演奏したのをとがめる法律はありません。もし、逆に相手から演奏差し止めについての損害賠償請求訴訟がなされると大変なことになります。
勝手に編曲して演奏してはならないという法律はありませんので、出版社や作曲者・編曲者が演奏にNGを出すことはありません。
これが私の見解です。

しかし、lilactさん、あなたは、実際に抗議があり、演奏会が出来なくなった例があったと書かれています。抗議するには関連法令に抵触するなどの根拠があるはずです。
具体的に、いつどのような演奏会でどこの高校の吹奏楽団なんと言うがなんという曲を演奏したのでしょうか?
そして抗議した根拠として、なんという法律の何条に抵触する恐れありとしたのでしょうか?
「演奏したため」ということは、演奏はされたのですね。そして「出版社から抗議を受けて演奏できなくなったという高校がありました」。すでに「演奏された」のに、「演奏されなくなった」とはどのようなことでしょうか?
「演奏できなくなったという高校がありました」と表記されているということは、伝聞ではなく実際にあったことを、ご自分の目でご覧になられたということですから、
いつ、どこで、どの高校が、どのような演奏会で、だれのなんという曲が演奏され、どこからクレームが入ったのをお示し下さい。
*********
>無許可の編曲については親告罪ですから訴えられることはないかもしれません。人としての意識の問題です。
*********
無許可の編曲が「親告罪(罪になる)」というのは、初めてききましたので、どの法律に定めがあるのかを明確にお示しください。

ここに回答される以上、法的根拠を示し、「このことはこの法律に抵触しているのでいけません」と書いて下さい。
私も、すべてを知り尽くしているわけではありませんので、お示し頂ければ、事実確認をし、自分の間違いであれば、お詫びして訂正いたします。
************
>曲によっても違いますから出版社などに聞いてみるというのが一番いいですよ。いろいろ教えてくれると思います。
************
出版社がなぜ関係があるのかもお示し下さい。出版社は、著作物を商業用の譜面にして、出版するという権利を買っているだけですから、他人が出版しない限りは関係がありません。
問い合わせをすべき窓口ではありません。
無許可の改変がいけないのは、「山田太郎作・編曲」とうたっておきながら、実は「鈴木次郎」が勝手に改変した場合です。「山田太郎作曲・鈴木次郎編曲」とすれば何も問題はありません。
著作権の改変に関する権利として、著作者の人格的利益を保護するための「同一性保持権」のほか、著作権の支分権としての「翻案権」の制度を儲けています。
(著作権法第27条)
「同一性保持権」は、著作者の人格的利益を保護するための制度であるのに対し、「翻案権」は著作権者の財産的利益を保護するための制度であるという差異があり、両者は制度趣旨が異なるものである(ただし、両者の権利を一元的に理解する見解も存在する)。
翻案に必要な限度での改変は著作権法20条2項4号にいう「著作物の性質並びにその利用の目的及び態様に照らしやむを得ないと認められる改変」という規定があります。
これは、フルオケ編成の曲を、中・高校生が演奏する場合などは、予算、技術などの関係で、そのまま再現することは不可能、あるいは、五重奏曲を3人のメンバーで演奏するときには、編曲が必要であるが、それは認める、ということです。
ですから、吹奏楽連盟などが決めている内規は、法律に照らすと根拠が薄いのです。しかし「内規」である以上、そこに所属する者は守る必要があります。所属しない者は守る必要はありません。
このような規定があるので、あちこちのバンドが自分たちの編成に合わせて自由に編曲して演奏することができるのです。
    • good
    • 2

編曲について


世の中には「無料の演奏会だから編曲して演奏しても許可はいらない」といった無知なことを言う
人が専門家と称する人の中にもいますが、編曲許諾と演奏会の無料・有料は関係ありませんから気
をつけてください。
「見つからなければいいだろう」とか「これくらいは大目に見てもらえるはず」などと自分勝手な
思い込みをする人がいますね。
昔、オーケストラの曲を無断で吹奏楽に編曲して演奏したため出版社(作曲者?)から抗議を受け
て演奏できなくなってしまったという高校がありました。

編曲許諾については吹奏楽連盟が楽曲の権利の尊重という点から明快な考え方を示しています。
例えば、次のような例があります。(コンクールでの一例ではありますが)
http://homepage2.nifty.com/yossy-band/column11.htm


演奏について
質問者の演奏会が無料かどうかは書いてありませんね。有料で演奏会を開いている学校もたくさん
あります。
無料で、ギャラを払うゲストを呼ばず、演奏会場も演奏と営利は無関係という3つの条件に当ては
まれば手続きはいりません。
無許可の編曲については親告罪ですから訴えられることはないかもしれません。人としての意識の
問題です。


結論
曲によっても違いますから出版社などに聞いてみるというのが一番いいですよ。いろいろ教えてく
れると思います。

この回答への補足

言葉が足らず申し訳ございません

私の学校は、過去30回一度も入場料を取ったことは無く、またギャラを払うゲストを呼んだこともありません
これからもその姿勢で定期演奏会を開いていくことかと思います

補足日時:2011/09/18 21:39
    • good
    • 0

>この場合はどこに許可を取れば編曲・演奏が許されるのでしょうか


許可を求める正当な窓口などは存在しません。また編曲や演奏については誰の許可も要りません。

入場無料のコンサートで、営利目的でもなく、出演者にギャラを払わない
という三つの条件をクリアしていれば、誰の許可も得ずに演奏できます。
著作権法に、「権利の制限」に関する項目があり、権利の乱用に歯止めを掛けています。
無料・非営利・ノーギャラであれば、著作権の網の外なので、誰も権利の主張ができません。
原作を冒涜するような改変でなければ、編曲も自由です。
従って、高校や大学の文化祭・学園祭のステージは、たいてい以上の三つの要件をクリアしているので、だれでも自由に演奏できます。
この種の質問に対して、往々にして、何の知識も経験も無い素人が、「私はこう思います」という回答を書くので、信用しないでください。著作物に関わる権利関係については、著作権法に基づく「正答」というものがあります。
(関係者)

(以下原文)
著作権法 第五款 著作権の制限(営利を目的としない上演等)
第三十八条 公表された著作物は、営利を目的とせず、かつ、聴衆又は観衆から料金(いずれの名義をもつてするかを問わず、著作物の提供又は提示につき受ける対価をいう。以下この条において同じ。)を受けない場合には、公に上演し、演奏し、上映し、又は口述することができる。ただし、当該上演、演奏、上映又は口述について実演家又は口述を行う者に対し報酬が支払われる場合は、この限りでない。
http://www.cric.or.jp/db/article/a1.html
    • good
    • 0

原曲作品の出版社(編曲作品の出版社)に聞くとよいと思います。


編曲許諾の取り方については次のサイトが参考になるかと思います。
http://fostermusic.seesaa.net/article/91109219.h …

演奏については次のサイトが参考になると思います。
http://fostermusic.seesaa.net/category/4905686-1 …


まずは、JASRACの検索ページで曲名を入力して、権利者がどうなっているのかを調べてみると良いかとおもいます。
    • good
    • 0

そのバンドのメンバーかそれらが所属してる会社。



というか商売するわけじゃないんですし、著作権問題にはなりません。
許可を求める必要はないです。
そのアレンジした曲を大々的に売り出してデビューするなんて場合には必要です。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q他人の曲を自分が編曲したときの著作権

著作権関連で以下教えてください。

某アニメ映画の主題歌を自分で吹奏楽用に編曲しました。
質問1
この曲を発表会(入場料500円)で演奏する場合、著作権法に触れるでしょうか?
触れる場合、どんな許可が必要でしょうか?
許可が得られる場合、費用は(概算で)どれくらいかかるでしょうか?
質問2
この曲の楽譜のコピーを友人に無償で差し上げることは著作権法に触れるでしょうか?
質問3
この曲の楽譜のコピーを他人に有償で販売することは著作権法に触れるでしょうか?
触れる場合、どんな許可が必要でしょうか?
許可が得られる場合、費用は(概算で)どれくらいかかるでしょうか?

質問が多くてすみませんが、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

まず、公衆への提示・譲渡・提供や、公に演奏・朗読・上演したりすることを目的として、他人の著作権に係る著作物を改変するには、著作権者の許諾が必要となります(著作27条)。

また、編曲等によって創作された著作物の著作権は編曲者等に帰属しますが、これと同等の権利を原著作権者が有します(28条)ので、その利用にあたっては原著作権者の許諾が必要です。

回答1:
一般に、営利を目的とせず、入場料を徴収せず、かつ出演者に報酬を支払わずに公に上演・演奏する場合には、原則として権利者の許諾は必要ありません。
ご質問のケースでは入場料を徴収するとのことですから、権利者の許諾が必要です。その曲がJASRACの管理下にある場合はJASRACに申請をし、ゲーム会社が権利を有する場合はそのゲーム会社に許諾を得てください。

回答2:
上に述べた通り、原著作権者の権利が及びますから、その許諾を得る必要があります。ただし、極限られた範囲で配布することは、私的使用のための複製(30条)にあたり、この限りではありません。もちろん、ご友人といっても親しい数名くらいに限られ、10人も20人もというのは認められないのが普通です。

回答3:
上記の通り、原著作権者の許諾が必要です。普通はライセンス契約などにより、売り上げの一定割合を支払うなどが考えられます。

許諾料などですが、これは具体的なケースによってことなります。演奏をする会場の規模や入場料・報酬の額、楽譜の販売にあたってはその部数など、個別のケースごとに決定されます。
JASRAC管理曲の場合はJASRACに問い合わせれば、支払うべき料金の概算を教えてくれると思います。ゲーム会社が権利を持っている曲であれば、ゲーム会社との個別交渉ということになるでしょう。

まず、公衆への提示・譲渡・提供や、公に演奏・朗読・上演したりすることを目的として、他人の著作権に係る著作物を改変するには、著作権者の許諾が必要となります(著作27条)。

また、編曲等によって創作された著作物の著作権は編曲者等に帰属しますが、これと同等の権利を原著作権者が有します(28条)ので、その利用にあたっては原著作権者の許諾が必要です。

回答1:
一般に、営利を目的とせず、入場料を徴収せず、かつ出演者に報酬を支払わずに公に上演・演奏する場合には、原則として権利者の許諾は必...続きを読む

Q編曲と申請先についての質問

音楽著作権について質問させてください。

 ある曲をピアノとソロ楽器用に編曲し、楽譜やCDを制作し、イベント等で配布したいと考えています。その曲はJASRACに登録されているのですが、編曲に関する翻案権に関しては著作権者の権利であると思いますので著作権者である人に同意を得なければならないと思うのですが、通常このような場合、作曲者は音楽出版社に著作権を譲渡しているものなのでしょうか?
 また、著作権者が音楽出版社である場合、編曲の申請をする場合音楽出版社に対して行うものなのでしょうか。

 もう一つ質問なのですが、上記のような場合でも、「営利を目的としない・聴衆から料金をとらない・演奏者に出演料を支払わない」場合は特に申請無しで行ってもよいのでしょうか。

 知識のある方がいらっしゃいましたら、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>頼りっきりで申し訳ないですが、よろしくお願いします。
当方は、大手楽譜出版社に勤務経験のある者です。知っている範囲のことでお役に立てれば幸いと思っております。

現在未出版のものでも、将来出版するかもしれないということで、権利だけを買い取って保有している可能性があるので、JASRACに尋ねてみるとよいでしょう。データベースに「専」の文字があれば、どこかの音楽出版社・楽譜出版社が出版の権利を独占、またはコントロールしています。
もし、だれも出版の権利をもっていないのなら、JASRACに対する簡単な申請だけで規定に基づく使用料金を納めれば自由に使えます。また、他の人も同様に使えます。
作者が著作権を手元に置き、財産としての著作権の管理を信託している場合は、管理団体は規定に基づいて不特定多数に無制限に使用を認めますので、同一曲について多数の編曲バージョンが存在し、多数の出版社から一斉に楽譜が出てくるという現象になりますが、それが普通です。大手の楽譜出版社が何千部出すのと、個人が手書コピーを配布するのも同等の扱いです。
売れっ子歌手の曲で、だれかが著作権自体を買い取っている場合、あるいは著作権は本人の手元にあるが、使用権一切をだれかに認めている場合もあります。
今回の場合は、JASRACのデータベースに乗っているとのことなので、「専」の文字も付いていないのであれば、おそらく申請すれば簡単に出版できます。3分程度の曲を1曲だけで、100部くらいの無償配布なら、総額で1800円です。電話で聞けばその場で簡易見積もりをしてくれます。
TEL:03-3481-2170
http://www.jasrac.or.jp/info/rules/pdf/19.pdf
ただ、音源ソースとしてTVやCDの耳コピーからということについては、窓口の人が返答に困るので、問われない限りは触れないほうがよいです。編曲して出版、あるいは、演奏された場合、その音楽のソースをどこから得られたかは関係がなく、また聴いた人見た人が簡単に判るものでもないので、オープンにする必要はありません。ハッキリした既存の音源からのコピーとなると実演者の権利等が絡んできて、話がややこしくなり、窓口の人も簡単に答えることができず、「では、その実演者と交渉して耳コピーする許諾を得てください。」みたいな話になり、出版が不可能になります。
編曲したり出版したり演奏したりする以上、どこかからソースを得るに決まっていますが、そのソースは明らかにする必要はありません。「街角で聞こえてきました。」「友達が口笛を吹いていたのが気に入って・・・」でも通る話です。
歌詞の無い曲、または、インストゥルメンタルの出版について基本的には、以下の4項目を告げればよいのです。
作曲者:山田太郎
曲名:「日本の印象」
配布数:100部
無償配布

別途に出版の権利者(個人・法人)が居ることがはっきりすれば、そこに申請するほかはありません。
もし、拒絶された場合は譜面の配布はあきらめるほかはありません。無料・非営利の催事であれば、音を流すだけなら問題ありません。

音楽は目に見えず、触れることもできないので特殊なものと思われがちですが、せっかくの財産を権利キープしているだけではメシが食えないので、使用を希望する人に対しては、積極的に許諾しておカネにしていく、というのが基本スタンスです。気軽に窓口に電話されるほうがよいです。
作曲家も演奏家も中間に立つ人も、ビジネスとしてやっているだけなので、あまり深く考える必要はありません。

>頼りっきりで申し訳ないですが、よろしくお願いします。
当方は、大手楽譜出版社に勤務経験のある者です。知っている範囲のことでお役に立てれば幸いと思っております。

現在未出版のものでも、将来出版するかもしれないということで、権利だけを買い取って保有している可能性があるので、JASRACに尋ねてみるとよいでしょう。データベースに「専」の文字があれば、どこかの音楽出版社・楽譜出版社が出版の権利を独占、またはコントロールしています。
もし、だれも出版の権利をもっていないのなら、JASRAC...続きを読む

Q編曲の許諾、また演奏の著作料について

今、J-POPを編曲しようと思っています。
編曲をするには、著作者に許諾が必要なことは知っています。
<<質問1>>
著作者というのは、作曲者ですが、どのように問い合わせればよいのでしょうか?

また、その曲を卒業式に演奏したいと考えています。
入場料徴収なし、ギャラなしです。
<<質問2>>
このとき著作料は支払う必要はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

日本では多くの作詞者・作曲者はJASRACという機関に著作権管理を委託しています。JASRACのページ↓
http://www.jasrac.or.jp/
したがって、JASRACに問い合わせ、JASRACが許諾すれば使用して良いことになります。ただし、著作権者がJASRACに管理を委託していない場合は、JASRACは部外者ですから回答する権限はなく、著作権者に質問する必要があります。

なお、編曲して自分が楽しむ目的にのみ使用するなら、著作権侵害には当たりませんので、JASRACに問い合わせは不要です。公開の場で演奏するときは著作権者(JASRAC)の許諾が必要です。

また、学校が教育の目的で使用する場合は著作者に無断で使用して良いことになっています。「教育目的」というのは厳密な定義があります。上記のページに説明がありますので探して下さい。卒業式は教育目的に分類されると、私は解釈します。

Q著作権について。ライブで有名アーティストの曲を勝手に歌ってもよいものな

著作権について。ライブで有名アーティストの曲を勝手に歌ってもよいものなのでしょうか?

よく素人さんがライブで歌ってますよね。
それでお金を取ってもよいのでしょうか?

また、有名アニメのキャラクターなどを題材にして歌詞と曲を作り
それをライブで歌ってもよいのでしょうか?

Aベストアンサー

>ライブで有名アーティストの曲を勝手に歌ってもよいものなのでしょうか?

ライブハウスや飲食店は、JASRACと規模による包括契約を結んでおり、定額を納めていますので、勝手に歌っても大丈夫です。
http://www.jasrac.or.jp/info/play/index.html

もちろんJASRACの管理楽曲以外も演奏されることがあるのですが、その場合は、正当な権利者から申し立てがあれば、その要望に従わなければなりません。
しかし、著作権法違反は「親告罪」といって、正当な権利者(本人または代理人)にしか訴えの権利がありません。したがって現状は野放し状態です。
正当に対価を払って演奏したくても、外国のマイナーな曲の場合は、どこに申告すればよいかすら分かりません。したがって、どうしても演奏したいというのであれば、演奏してしまって、もし正当な権利者が何か言ってきたらそれに従うという考え方で良いと思います。

>ある音楽家が、自分で作詞・作曲した楽曲を、知り合いのお店で自分で弾き語りしていた所、JASRACの人がお店にやってきて「楽曲の使用料をJASRACに払え」と言って来たらしいです。
お店側が「演奏していたのは作詞作曲した本人だ」と説明しても「払うのが決まりだから」って話になり、かなり揉めたらしいです。

JASRACが正しいです。
JASRACに著作権を信託した場合は、自分の曲でもJASRACに楽曲使用料を支払わなければなりません。そのような規則になっています。
下記のQ8をご覧下さい
http://www.jasrac.or.jp/contract/trust/faq.html#08
他人に財産の管理を任したのに、一方で自分は勝手に使ってよいなどとすれば管理を任された側はキチンとした管理ができません。信託した楽曲は、日本中どこでも演奏されるごとにJASRACに使用料が支払われます。演奏したのが本人でも他人でも関係なく支払うという約束になっています。もちろん手数料を差し引いた金額が本人のもとに還元されます。

また、JASRACと信託契約するためにはそこそこ売れているアーティストでないとダメなので、アマチュアレベルの音楽家には関係がありません。
http://www.jasrac.or.jp/contract/trust/condition.html

>このように、例え本人だろうとも、版権を所有しているレコード会社に許可なく、勝手に演奏したり歌ったりしてはいけません。金を取るなど、もってのほかです。

CDなど市販の音源には「原版権」というものがあり、著作権とは別の権利として保護されています。
しかし、市販の音源を使わずに生演奏する場合は、「原版権」はまったく関係がないので、レコード会社の許可は要りません。
お店での有料のライブも問題はありません。

≫また、有名アニメのキャラクターなどを題材にして歌詞と曲を作り
≫それをライブで歌ってもよいのでしょうか?

>作詞作曲が自分で、レコード会社に版権が無く、自分が版権を持っているなら、何を何処でどう歌っても構いません。

レコード会社は関係がありません。
「版権」というのは、CDや楽譜などを出版する権利ですから、「著作権」とは別のものです。ある曲を作った場合、その曲が書きあがったときに自動的に著作権が発生します。
盗作でないのなら、何を題材にしようとも自作の歌詞・曲を演奏するには誰の許可も要りません。
ただし、上記の通り、その曲の著作権をJASRACに信託している場合は、自作の曲でも管理者であるJASRACに楽曲使用料を支払わなければなりません。

>では学生の素人バンドでもアーティストの曲を勝手にカバーして歌っている人達は
皆、違法なのですね。

上記のとおりで、すくなくとも、お店で歌っている場合は合法の場合が多いです。

>もう少しお聞きしたいのですが、
では動画サイトにアーティストの曲を勝手に演奏したり歌ってみたりしている人が
山のようにいますがあれはどうなんでしょう?あれも本当は違法ですか?

youtube などは、音楽著作権管理団体と包括契約を結んでおり、ほとんどのものは合法です。お店での演奏と同じ扱いです。
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/0810/23/news094.html

(アレンジャー、音楽関係出版社勤務経験あり)

>ライブで有名アーティストの曲を勝手に歌ってもよいものなのでしょうか?

ライブハウスや飲食店は、JASRACと規模による包括契約を結んでおり、定額を納めていますので、勝手に歌っても大丈夫です。
http://www.jasrac.or.jp/info/play/index.html

もちろんJASRACの管理楽曲以外も演奏されることがあるのですが、その場合は、正当な権利者から申し立てがあれば、その要望に従わなければなりません。
しかし、著作権法違反は「親告罪」といって、正当な権利者(本人または代理人)にしか訴えの権利...続きを読む

Qディズニーの曲の著作権。。(ESで弾く)

この度、ES(ヤマハのエレクトーンのコンクールみたいなやつ)に
出る予定で、ディズニーのいろんな曲をメドレーにして
演奏しようと思っています。

で、ESは地区大会から勝ち上がってくやつで、
別に賞は一切狙ってなく、ただ出たくて出るんですが(笑)、
このESで演奏する曲に関しては、著作権の許諾を確認しないと
いけないんですよ。(ESに限ったことでないでしょうけど…)

そこで質問なんですが、ディズニーの、例えば…ファンティリュージョンのテーマとか
パートオブユアワールドとか、ハイホーとかイッツアスモールワールド…など
10曲以上、ちょっとずつ繋げるつもりなんですが、これらの著作権って、
きれてませんよね。。
ジャスラックの検索の画面で打っても出てこないんですよ(>_<)

また、入場料はとらない、市民会館なんかでやるようなものですが、
著作権料が発生するんですか?
エレクトーンとかでソロ用に楽譜が出てますけど、あれをそのままアレンジ加えず
弾くなら、侵害にならないと思うんですが、、結構アレンジする予定なので…

自分なりに調べてはみたんですが、いまいち分からなくて…
でも、過去に発表会とかで、同じような状況の人で、
メドレーを演奏してた記憶があるんですが、、なんせここ最近、
著作権の許諾をいろいろ言われるようになりまして…

この度、ES(ヤマハのエレクトーンのコンクールみたいなやつ)に
出る予定で、ディズニーのいろんな曲をメドレーにして
演奏しようと思っています。

で、ESは地区大会から勝ち上がってくやつで、
別に賞は一切狙ってなく、ただ出たくて出るんですが(笑)、
このESで演奏する曲に関しては、著作権の許諾を確認しないと
いけないんですよ。(ESに限ったことでないでしょうけど…)

そこで質問なんですが、ディズニーの、例えば…ファンティリュージョンのテーマとか
パートオブユアワールドとか、ハイホーとか...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは、素人です。

まず、文化祭のような、

・営利を目的としていない
・どんな名目でもお金などの入場料をとらない
・演奏するひと(歌手やバンド)や指揮者にギャラ(報酬)の支払いがない

この3つの条件を満たしていれば演奏して構わないようです。
http://www.jasrac.or.jp/info/school/index.html

ディズニーだとアメリカの曲だと思うんですが、JASRACが管理してない
なら、考え同じようなものですし、日本の著作権に触れない以上、文句
は言われないと思います(どうしても気になるならJASRACに聞いてみま
しょう)

ただ、入場料はタダでも、ES自体が営利目的と言えるかもしれません。
または会場使用料金やライトのアルバイト料金等のお金は発生してるか
もしれません。これらは営利目的ではないと言い切れるのか正直分かり
ませんのでやはりJASRACに聞くのが確実だと思います。

Q合唱曲の著作権について

一般の合唱団が演奏会で既成の合唱曲を歌う場合、著作権についてどのように対応すればよいか教えてください。作曲されて○年経たない曲を演奏する場合、著作権料をどこかに納めるとか、、コピーで練習してはいけないとか。著作権の基本的な考え方について教えていただけると助かります。

Aベストアンサー

>すでに元の楽譜の存在が不明で、コピーが受け継がれている(別の合唱団で)ような 場合は、どのような対応をとるのが適切でしょうか。

その楽譜をいったん手で書き写してコピーすれば法的には問題はありません。
しかし、著作権法は親告罪といって、正当な権利者しか訴えの権利がありません。第三者が「ケシカラン!」といっても訴えることはできません。世の中には正当な権利者がわからない著作物が多くあり、使用料を払いたくても交渉相手が判らない場合が多いです。たとえば、最近に作られた民族音楽的なものであれば、法律の整備はおろか、著作権という概念すらないという途上国のものもあります。それらの作品には当然著作権があるのですが、交渉するどころか権利者を特定することも不可能です。
このような曲については、本来は使わないのがベストですが、どうしても使いたい場合は、使ってしまって、その後、正当な権利者からのアクセスを持つほかはありません。九分九厘アクセスはありませんが、もしあれば「どうさせていただきましょうか?」として交渉するほかはありません。著作物の使用料金は相場があるので、法外なことを言われることはありません。
現状お使いのももし正規に購入されていたら出版社も大きな利益になり、それをもとに次々と良い曲集も出版できるのですが、ヒット作品であればあるほどじゃんじゃんとコピーされるので、出版社も精がありません。

http://www.cars-music-copyright.jp/talk03_ootani.html

>すでに元の楽譜の存在が不明で、コピーが受け継がれている(別の合唱団で)ような 場合は、どのような対応をとるのが適切でしょうか。

その楽譜をいったん手で書き写してコピーすれば法的には問題はありません。
しかし、著作権法は親告罪といって、正当な権利者しか訴えの権利がありません。第三者が「ケシカラン!」といっても訴えることはできません。世の中には正当な権利者がわからない著作物が多くあり、使用料を払いたくても交渉相手が判らない場合が多いです。たとえば、最近に作られた民族音楽的なもの...続きを読む

Q校歌の著作権について

学校の校歌をその学校のHPに載せるときのことです。

校歌の著作者は作詞者、作曲者になりますね。
その方々の所在がわかれば、確認をして許可をもらえば
HPに掲載出来るということですが、
その所在がわからないとき、あるいは既に亡くなって
いる時などは、どのような手続きをすればいいので
しょうか。

JASRACや文化庁のサイトを読んでも そこまでは
記されていませんでした。

また、別のサイトで同じような質問をしたときに
http://www.mowmowmow.com/math/jissen/jou97_12.htm
http://school.sing.jp/jugyo/in_course/in_03/index.php?mainCopy=internet3_1_3.php
http://cozylaw.com/copy.html
を紹介してもらったのですが、こちらにも的確な答えに
なるようなものはありませんでした。

どなたか詳しくご存知の方、
あるいは、それらに関することがわかるサイトを
ご存知でしたら 教えていただきたいと思います。

学校の校歌をその学校のHPに載せるときのことです。

校歌の著作者は作詞者、作曲者になりますね。
その方々の所在がわかれば、確認をして許可をもらえば
HPに掲載出来るということですが、
その所在がわからないとき、あるいは既に亡くなって
いる時などは、どのような手続きをすればいいので
しょうか。

JASRACや文化庁のサイトを読んでも そこまでは
記されていませんでした。

また、別のサイトで同じような質問をしたときに
http://www.mowmowmow.com/math/jissen/jou97_12.htm
http://s...続きを読む

Aベストアンサー

著作権者が分からないなどの場合、著作権法第67条を適用します。下記のリンクで、「文化庁長官の裁定」と書いてあるものです。たしか、うろ覚えですが、時間が掛かると思いました。学校が、著作権の管理が分からない事も、問題ですね。

また、作曲者、作詞家が亡くなっていた場合、一般承継(相続)している事の可能性があります。

参考URL:http://www.bunka.go.jp/8/2/VIII-2-D.html

Q安物ギターアンプをキーボードアンプとして

キーボードアンプを買おうと思っているのですが、調べてみるとどれも3万近くしていて意外と高価なものだと知りました。

それなら安物のギターアンプでもいいかなと思っているのですが、ギターアンプがギターの音色を決める重要な要素であるように、キーボードの音を出させるにしてもアンプによって音質は大きく変わってくるのでしょうか?
手の平サイズの超小型アンプを見かけてちょっと狙ってたりするのですが、いかがでしょう?

Aベストアンサー

おっしゃるとおり、ギターアンプはかなり「音作り」がされています。再生周波数特性が平坦ではありませんし、パネル面にオーバードライブのボリュームを持っていなくても内部の回路定数はオーバードライブ的です。ある意味、ギター+アンプではじめて一つの楽器と言えるかもしれません。

で、キーボードはギターに比べて音域も広くサウンドも多様なので、キーボードアンプと呼ばれるものはなるべく音作りをせずにワイドレンジで素直な音を出すよう作られています。なのでキーボードアンプを換えても(出力によって迫力は変わるでしょうが)音質の面では音のキャラクターにそう大きな変化はないはずです。

小型のモノが欲しければ、人に聞かせる必要がなければオーディオ用のヘッドホンがいいかと思います。空間に音を出すための小型アンプをお探しなら、カラオケ用のステージフィードバックスピーカ(アンプ内蔵)なんかが小型で比較的ワイドレンジ、フラットな再生特性を持っていると思います。

ギターアンプをキーボードに転用すると音に、歪っぽいギター臭さが乗ります。超小型ならナローレンジは避けられません。が、音楽は感性です、それが貴方の狙うキーボードサウンドなら、それもアリだと思います。

おっしゃるとおり、ギターアンプはかなり「音作り」がされています。再生周波数特性が平坦ではありませんし、パネル面にオーバードライブのボリュームを持っていなくても内部の回路定数はオーバードライブ的です。ある意味、ギター+アンプではじめて一つの楽器と言えるかもしれません。

で、キーボードはギターに比べて音域も広くサウンドも多様なので、キーボードアンプと呼ばれるものはなるべく音作りをせずにワイドレンジで素直な音を出すよう作られています。なのでキーボードアンプを換えても(出力によ...続きを読む


人気Q&Aランキング