痔になりやすい生活習慣とは?

Excel2007のVBAにて日付の置換ができなく困っております。

対象の複数列に入力されている下記の様なデータの内、日付の"yyyy/m/d"を
"yyyy年m月d日"に置換しなくてはなりません。
※書式設定ではなく、文字列として変換

入力例
1)2011/12/13
2)2011/12/1~2011/12/13
3)2011年12月13日
4)2011/12/1~2011/12/13の毎火曜

ヒントでも構いませんので、宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (11件中1~10件)

No.2です。


>残念ながら今回はformatの問題ではなく、文字列に変換しなくてはならないのです。
言っている意味が分かりません。
No.2にかいた方法は、変数sに文字列として結果が得られるのですが。

月や年をまたがって、「毎週」などの計算をするとなると、Dateとして計算したほうが、格段にプログラムが簡単になります。

No.10にも書いてありますが、Formatの意味が分かってないのではありませんか。
    • good
    • 0

置換という言葉を出すところを見ると、エクセルの日付の日付シリアル値と日付書式のことが判ってないのでは。


今見えているのは、日付シリアル値+日付書式(A)でそう見えている(+は設定とか適用するということ)
それをyyyy年m月d日の日付シリアル値+表示形式(B)にすれば仕舞い。
文字列に出したいならFormat関数で第2引数をyyyy年m月d日にすればよい。
もしセルの値が文字列なら、まず日付シリアル値に変換することを目指すべきだ。日付シリアル値に出来ればFormat関数で、それに前記の表示形式の文字列yyyy年m月d日を指定すればしまい。
VBAならIsDate関数で日付かどうか判別(だめならVarType関数での判別(日付は7)もやってみて)
・日付シリアル値ー>Format関数
・文字列の分は、DateSerial関数の利用で日付シリアル値化ー>Format関数
で出来なしかやってみてください。
~があるものは~で2つに分離し、2つの部分それぞれで考えてFormat関数を使い、2つを X & "~" & Yで結合する。
ーー
場合分けが多数になるかも知れないが、やむをえない。
ーー
自分のコードで日付をいじくらないほうが良い。MSエクセルに任せるべき。
    • good
    • 0

面白そうなので私も……


全部文字列で入っていると仮定して、とっても強引な力技で置換をかけてます。

Sub Sample()
  Dim sBefore, sAfter
  Dim i As Date
  Cells.Select
  '12/31~1/1へと遡る(うるう年も考慮)
  For i = DateValue("2012/12/31") To DateValue("2012/1/1") Step -1
    'mm/ddのパターンを置換
    sBefore = Format(i, "/mm/dd")
    sAfter = Format(i, "年m月d日")
    Selection.Replace What:=sBefore, Replacement:=sAfter
  
    'm/dのパターンを置換
    sBefore = Format(i, "/m/d")
    sAfter = Format(i, "年m月d日")
    Selection.Replace What:=sBefore, Replacement:=sAfter
  Next i
End Sub
    • good
    • 0

1と3だけですが、表に


=TEXT(データの入っているセル,"yyyy年mm月dd日")
の式で、文字列型に変換できます。この結果をVBAで拾えばよいでしょう。
    • good
    • 0

Dim I As Integer


Dim strBefore(3) As String
Dim strAfter As String

strBefore(0)= "2011/12/13"
strBefore(1)= "2011/12/13~2011/12/14"
strBefore(2)= "2011年12月13日"
strBefore(3)= "2011/12/13~2011/12/14の毎火曜"

For I = 0 To 3
  strAfter = XferFormat(strBefore(I))
  Debug.print strAfter
Next I

------------------------------
イミディエイト
------------------------------
2011年12月13日
2011年12月13日~2011年12月14
2011年12月13日
2011年12月13日~2011年12月14日

XferFormat()の手続きは6ステップ

1、変換前文字列の"日"を""に変換し変換後文字列変数に代入。
2、変換後文字列の年に相当する数字の後に"年"を挿入する。
3、挿入に続く文字が"/"なら消去して変換後文字列変数に代入。
4、変換後文字列の月に相当する数字の後に"月"を挿入する。
5、挿入に続く文字が"/"なら消去して変換後文字列変数に代入。
6、変換後文字列の日に相当する数字の後に"日"を挿入する。

変換後文字列の年に相当する数字=>先頭から1文字づつ調べてフラッグを立てる。
このフラッグの値を手がかりの月や日に相当する数字を判定する。

これなら、如何なる形式のデータにも対応すると思います。
    • good
    • 0

一案です。


入力日付は文字列である事が前提です。
(1)配列を定義する ArrayかSplitで配列定義("年", "月", "日","年", "月", "日")
(2)対象範囲をFindで最初のレンジをセーブ、FindNextでこのレンジと同一まで
   検索を繰り返す
(3)検出したセルをInsterで「/」を検索、見つかれば、配列(カウンタ)で
   順次置換、Instrの結果が0以上の間、置換処理を繰り返す
   因みにカウンタは0相対で「/」の置換毎に+1
    • good
    • 0

まぁ難しく考えずに簡単なチカラワザで。




Sub macro1()
 Dim h As Range
 Dim s As Long
 Dim e As Long
 Dim res As String

 Set h = Cells.Find(what:="/", LookIn:=xlValues, lookat:=xlPart)
 Do Until h Is Nothing
  res = " " & h.Text & " "
  s = InStr(res, "/")
  e = s

  Do
  s = s - 1
  Loop Until s = 0 Or Mid(res, s, 1) Like "[!/0-9]"
  Do
  e = e + 1
  Loop Until e = Len(res) Or Mid(res, e, 1) Like "[!/0-9]"

  res = Application.Replace(res, s + 1, e - s - 1, Format(Mid(res, s + 1, e - s - 1), "yyyy年m月d日"))
  h = Mid(res, 2, Len(res) - 2)
  Set h = Cells.FindNext
 Loop
End Sub
    • good
    • 0

Excel VBAでも正規表現が使えるはず(標準で備わっているか別途組み込みかは忘れました)なので検索用マッチパターンを書いてパターンマッチ変数の値参照して置換で、できると思います。



検索用マッチパターンにXBNF記法を使えます。元データが十の位を0埋めしているほうがマッチパターンを書くのは楽ですが、それほど難しくはないでしょう。

前提としては、元データに/区切りのパターンに年月日以外のまぎらわしいものが混じらないこと、西暦年の範囲がはっきりしていること、ワークシートセル以外の置換は対象外が担保されれば十分だと思います。

なお単純にただひとつの日付データが入力されているセルに関しては、日数計算用データやファイル名データとして別のセルやマクロで使われている可能性があるので、置換してしまってからトラブルが起きないよう、念入りに仕様を検討するほうが好ましいでしょう。
    • good
    • 0

https://www.google.com/search?q=VBA+%E6%AD%A3%E8 …

1)と3)については、もし入力されている値が文字列ではなく日付だった場合はいろいろ手間が増える。
https://www.google.com/search?q=VBA+%E6%97%A5%E4 …
https://www.google.com/search?q=VBA+%E6%97%A5%E4 …
    • good
    • 0

一度、DATE型変数に入れてから変換する方法は、うまくできないのですか?



Dim d as date
Dim s as string
d="2011/12/13"
s=Format(d, "yyyy年m月d日")

で、sに結果が得られます。

この回答への補足

回答有難うございます。

残念ながら今回はformatの問題ではなく、文字列に変換しなくてはならないのです。
すみません。

補足日時:2011/12/13 17:00
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qexcelのvbaを使って日付を置換したいのです

こんにちは。いつも質問ばかりですみません。
今、excell の VBAの勉強をしているのですが、たとえば、B列に2004/5/3 とか、2004/5/5とか、5月の日付ばかりはいっていたとして、その2004/5の部分を2004/6に置換したいとします。

それを、マクロでやらせてみて、VBAを見ると
Sub Macro9()

Cells.Replace What:="2004/5", Replacement:="2004/6", LookAt:=xlPart, _
SearchOrder:=xlByRows, MatchCase:=False, SearchFormat:=False, _
ReplaceFormat:=False
End Sub
のようになるのですが、このプロシージャーを実行しても、うまく置換できません。

どのように記述したら、できるのか、教えていただけるとうれしいです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

Excelは普通に日付を打つとシリアル値という数値になりますので、上手く動かないのでしょう。
Replace メソッドでのやり方は知らないので代替案です。
セル範囲を指定してから下記を実行して見て下さい。
(試すのはテスト環境で)

Sub Test()
 For Each r In Selection
  r.Value = DateSerial(Year(r.Value), Month(r.Value) + 1, Day(r.Value))
 Next r
End Sub

実行するたびに 1月ずつ加算されます。
ただし、2004/5/31 に対して実行すると 2004/6/31 は無いので 2004/7/1 になります。
また、2004/12/31 に対して実行すると 2004/13/31 は無いので 2005/1/31 になります。

QEXCEL VBA で現在開いているブックのファイル名を取得する方法

EXCEL2003 VBAで業務を簡素化するために、現在開いているブックのファイル名を取得する方法が分かりません。
作業手順をマクロを使って処理していますが、オリジナルのワークブックをファイル名を変えて保存し、以後、このワークブックを読み込んで使用しています。
このときのVBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり、以後の業務に使用できません。
常にファイル名を取得出来るVBAをどなたか、教えて下さい。

Aベストアンサー

>現在開いているブックのファイル名
 ちょっと曖昧な表現かなぁという気もいたしますが、VBAが書いてあるブックのブック名は
ThisWorkbook.Name
で、現在 "アクティブにして" 操作対象になっているブックの名前は
ActiveWorkbook.Name
ですね。

 しかし、
>VBAは、オリジナルのファイル名を使っているため、ファイル名を変更するとエラーになり
というような文脈からすると、
ThisWorkbook.Name
の方ですかね。

QExel VBA 別ブックから該当データを検索し、必要なデータを取得する方法について

部品表というブックがあります
A列に商品名、B列に商品番号が入力してあります。C列のコードは未入力です。
A列     B列     C列      
商品名  商品番号  コード
モータ  U-1325-L  
ホルダ  R-134256

また、コード一覧表という別のブックには、A列に商品番号と、B列にコードが、何千件も入力されています。

やりたいことは
部品表のC列のコード欄に、コード一覧表ブックから商品番号と一致するコードを貼り付けしたいのです。

部品表は、何百種類もありますので、関数ではなく、マクロで処理を希望します。

自分では、部品表の商品番号をコピーして、コード一覧表で検索し、検索結果の右隣のセル(B列のコード)の値を部品表のC列に貼り付ければよいかと思い、書いてみたんですが…

Sub 別ブックから貼り付ける()
  Dim 検索する As Long
Windows("部品表.xls").Activate
検索する = cells(i,2).Value
Windows("コード一覧表.xls").Activate
ActiveWindow.SmallScroll Down:=-3
Selection.AutoFilter Field:=3, Criteria1:="=検索する", Operator:= xlAnd

と、してみたものの、検索しても、その検索結果の隣のセルのコードをどうやって取得すればいいのかが、わかりませんでした。

基本事項は本で学びましたが、呪文のようなコードはよく理解できません。懸命にネットで検索して、訳して理解する努力をしてはいますが。

どうぞよろしくお願いします。

部品表というブックがあります
A列に商品名、B列に商品番号が入力してあります。C列のコードは未入力です。
A列     B列     C列      
商品名  商品番号  コード
モータ  U-1325-L  
ホルダ  R-134256

また、コード一覧表という別のブックには、A列に商品番号と、B列にコードが、何千件も入力されています。

やりたいことは
部品表のC列のコード欄に、コード一覧表ブックから商品番号と一致するコードを貼り付けしたいのです。

部品表は、何百種類もありますので、関数...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは。
とりあえず実用性も踏まえました。
メインの動作はワークシート関数のVLOOKUPをVBA上で使用していますので理解はしやすいかと思います。
また、質問文から察するに「部品表.xls」と「コード一覧表.xls」の両方を開いて処理されていますが「コード一覧表.xls」はプログラム内で開いて閉じているので実行するときは「コード一覧表.xls」は閉じて置いてください。
Option Explicit
Sub Sample()
 Application.ScreenUpdating = False
 Dim I As Long
 Dim xlBook
 Set xlBook = Workbooks.Open("C:\★★\コード一覧表.xls") '★要変更★
 I = 2
 Do While Range("A" & I).Value <> ""
  ThisWorkbook.Worksheets("Sheet1").Range("C" & I).Value = Application.VLookup(ThisWorkbook.Worksheets("Sheet1").Range("B" & I).Value, xlBook.Worksheets("Sheet1").Range("A2:B65535"), 2, 0)
  I = I + 1
 Loop
 xlBook.Close
 Application.ScreenUpdating = True
 MsgBox ("完了")
End Sub

こんにちは。
とりあえず実用性も踏まえました。
メインの動作はワークシート関数のVLOOKUPをVBA上で使用していますので理解はしやすいかと思います。
また、質問文から察するに「部品表.xls」と「コード一覧表.xls」の両方を開いて処理されていますが「コード一覧表.xls」はプログラム内で開いて閉じているので実行するときは「コード一覧表.xls」は閉じて置いてください。
Option Explicit
Sub Sample()
 Application.ScreenUpdating = False
 Dim I As Long
 Dim xlBook
 Set xlBook = Workbooks....続きを読む

Q別のシートから値を取得するとき

Worksheets("シート名").Activate
上記のを行ってから別シートの値を取得するのですが、
この処理を行うと指定したシートへ強制的にとんでしまいます。。。

※イメージ
For ~ To ~
  Worksheets("シートA").Activate
  シートAの値取得
       :
  Worksheets("シートB").Activate
  シートBの値取得
Next

このイメージ処理を行うとものすごい勢いで画面がチカチカします。。。
シートを変えずに他のシートから値を取得する方法はないのでしょうか。
教えてください!

Aベストアンサー

Worksheets("シートA").Range("A1")

みたいな感じでできませんか?

QExcel VBA 全てのセルの一部に特定の語句があれば置換したい。

Excel VBA 全てのセルの一部に特定の語句があれば置換したい。
Excel VBA初心者です。
Excelの全てのセルに対して、特定の語句があれば別の特定語句で置換したいのですが、どうしたら良いかわかりません。
全角と半角が混在していますので、これは無視したいですし、変換したい文字列の位置は不定です。Excel 2007です。
取り敢えず、細かなな条件は無視して書いたコードは

Dim myCell As Range
Sub rep()

For Each myCell In Selection
myCell.Value = Replace(myCell.Value, "OLD", "NEW")
Next myCell

End Sub

カーソルのある所は置換されますが、それで終わりです。
ご教授下さい。

Aベストアンサー

Cells.Replace What:="OLD", Replacement:="NEW", LookAt:=xlPart
で全部を一発で変換できると思いますが、For Nextで回しているということは何か他の条件があるからですね?

ならば、一例です。
tom29911954さんご提示のコードは選択した範囲のセルをFor Nextで順に見ていってますが、下記のは選択の有無にかかわらず、文字列が入力されたセルだけを順に見に行ってます。
また、Dim myCell As Rangeの変数宣言は、何か別の目的があってしているならともかく、そうでないならプロシージャの中で宣言します。

Sub rep()
  Dim myCell As Range
  For Each myCell In Cells.SpecialCells(xlCellTypeConstants, xlTextValues)
    myCell.Value = Replace(myCell.Value, "OLD", "NEW")
  Next myCell
End Sub

Q[初心者です]VBAで指定列からAを検索し、発見したら隣のセルに値0を入れるマクロ。

VBAで指定列からAを検索し、発見したら隣のセルに0を入れるマクロを組みたいのですが、組み方がVBA初心者の為わかりません。
(例)
L列に、A、B、C、D、E、Fとランダムに文字が入っていて、
文字Aを検索し、発見したら隣のI列に値0を入れるというマクロです。

Sub Search()
Dim A As String
Set A = Worksheets("Sheet1").Cells.Find("A")
If A Is Nothing Then
ActiveCell.Offset(0, 1).Value = 0

End If
End Sub
と過去の質問で考えてみたのですが、Aがあった時、、、、
とコードが書けないです。
大変困っているので、ご教授頂けないでしょうか?
出来れば、そのままマクロに出来るコードを教えて頂けないでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。

#3さんのおっしゃっていることも、もっともなのですが、気になる点がありましたので、自分のことを踏まえて、書かせていただきます。

いずれ、また、同じようなケースが出会うと思います。こんな原則を考えてみたらどうでしょうか?それは、私も自身も同じなのですが、ワークシートのコマンドで行われるものは、記録マクロから作ってみるということです。他にも、「統合」とか、「置換」とか「オートフィルタ」「フィルタオプション」とかは、みんなパターンが決まっています。
その中の代表格が、この「Find」 です。

>Set A = Worksheets("Sheet1").Cells.Find("A")

>過去の質問で考えてみたのです

どうも、Find メソッドは、あるレベル以下の人は、省略する傾向があるようです。何が大事で、何が大事でないかというのは、やってみなければ分かりませんが、検索語だけを入れる書き方は、実務では、あまりしないほうがよいと思います。

だいたい、以下のTestFind2 ぐらいまでに、省略は、とどめたほうがよいです。

それは、Find は、必ずしも自分が思っているデフォルトとは違うことがあるので、「明示的(意図的に)」にオプションは入れたほうがよいです。
例えば、大文字小文字の違いを付けるなら、MatchCase:=True, 数式まで探すなら、LookIn:=xlFormulas

なお、Find メソッドは、5年経っても、たぶん完全に覚えられません。面倒なコードのひとつです。ですが、これはパターンが決まっているので、ひとつパターンが決まったら、それに当てはめればよいだけです。

#3さんで示されているMougのサンプルコードと似てはいるのですが、Mougのサンプルコードでは、Verionによって、失敗することがあります。

'--------------------------------------
'記録マクロをそのまま使う方法
Sub TestFind1()
Dim c As Range
 Set c = Columns("L:L").Find(What:="A", _
           After:=ActiveCell, _
           LookIn:=xlValues, _
           LookAt:=xlPart, _
           SearchOrder:=xlByRows, _
           SearchDirection:=xlNext, _
           MatchCase:=False, _
           MatchByte:=False, _
           SearchFormat:=False)
 c.Offset(0, 1).Value = 0
End Sub
'--------------------------------------
'TestFind1 をアレンジしてみる
Sub TestFind2()
Dim c As Range
'検索語
Const MYTXT As String = "A"
 Set c = ActiveSheet.Columns("L:L").Find(What:=MYTXT, _
           LookIn:=xlValues, _
           LookAt:=xlPart, _
           MatchCase:=False)
 If Not c Is Nothing Then
    c.Offset(0, 1).Value = 0
 End If
End Sub

'---------------------------------------
'複数ある場合(パターンを使った方法)
'---------------------------------------
Sub TestFind3()
  Dim c As Range
  Dim FirstAdd As String
  Const MYTXT As String = "A"
  Set c = ActiveSheet.Columns("L:L").Find( _
    What:=MYTXT, _
    LookIn:=xlValues, _
    LookAt:=xlPart, _
    MatchCase:=False)
  
  If Not c Is Nothing Then
    FirstAdd = c.Address
    Do
      c.Offset(, 1).Value = 0
      Set c = ActiveSheet.Columns("L:L").FindNext(c)
      If c.Address = FirstAdd Then Exit Sub
    Loop Until c Is Nothing
  End If
End Sub

こんばんは。

#3さんのおっしゃっていることも、もっともなのですが、気になる点がありましたので、自分のことを踏まえて、書かせていただきます。

いずれ、また、同じようなケースが出会うと思います。こんな原則を考えてみたらどうでしょうか?それは、私も自身も同じなのですが、ワークシートのコマンドで行われるものは、記録マクロから作ってみるということです。他にも、「統合」とか、「置換」とか「オートフィルタ」「フィルタオプション」とかは、みんなパターンが決まっています。
その中の代表...続きを読む

QVBA 実行時エラー1004 rangeメソッドは失敗しました。globalオブジェクトのエラー

始めまして、VBA初心者のものです。
ただいまエクセルでグラフを作成しています。作業自体は単純作業の繰り返しなのでVBAを用いてやりたいのですが、マクロを実行したときに実行時エラー’1004’rangeメソッドは失敗しました。’_global’オブジェクトとメッセージが出て、実行できません。 デバックをすると以下の5行目で黄色のバーが出ていました。自分なりに原因を考えたのですがrangeの関係するところに、Range("A8:A1587,e8:e1587")というような変数を用いないやり方でやると上手くいくので、変数に関する定義がまずいと思うのですが、それ以上の事は分かりません。どなたか、分かる方がおりましたら、よろしくお願いします。また、プログラムは以下のようになります。

Sub 繰り返し()
'繰り返し
Dim s As Integer
For s = 0 To 17
Range("cells(8,1):cells(1580,1),cells(8,s+2):cells(1580,s+2)").Select
Range("cells(8,s+2)").Activate
Charts.Add
ActiveChart.ChartType = xlXYScatter
ActiveChart.SetSourceData Source:=Sheets("20081216_210647").Range( _
"cells(8,1):cells(1580,1),cells(8,s+2):cells(1580,s+2)"), PlotBy:=xlColumns
ActiveChart.SeriesCollection(1).Name = "=""0810p2x"""
ActiveChart.Location Where:=xlLocationAsNewSheet, Name:="0810p2x"
With ActiveChart
.HasTitle = True
.ChartTitle.Characters.Text = "0810p2x"
.Axes(xlCategory, xlPrimary).HasTitle = True
.Axes(xlCategory, xlPrimary).AxisTitle.Characters.Text = "t"
.Axes(xlValue, xlPrimary).HasTitle = False
End With
Next
End Sub

始めまして、VBA初心者のものです。
ただいまエクセルでグラフを作成しています。作業自体は単純作業の繰り返しなのでVBAを用いてやりたいのですが、マクロを実行したときに実行時エラー’1004’rangeメソッドは失敗しました。’_global’オブジェクトとメッセージが出て、実行できません。 デバックをすると以下の5行目で黄色のバーが出ていました。自分なりに原因を考えたのですがrangeの関係するところに、Range("A8:A1587,e8:e1587")というような変数を用いないやり方でやると上手くいくので、変数に関する定義...続きを読む

Aベストアンサー

>ご指摘を受けたところを書き換えて回してみた結果、書き換えた箇所
>でエラーがでます。(実行時エラー’1004’’cells’メソッドは失敗
>しました。’global’オブジェクト)
>しかし、何が原因でエラーになるか自分では分かりません。

≪例1≫
Range(Cells(8, 1), Cells(1587, 2)).Select
上記の例では、RangeとかCellsの上位オブジェクトであるシート名が省略されています。
ActiveSheet.Range(ActiveSheet.Cells(8, 1), ActiveSheet.Cells(1587, 2)).Select
というわけです。
マクロ実行時に、Activeな(Excelで表示されている)シートが上位オブジェクトとして、自動的に認識されます。

≪例2≫
Sheets("Sheet2").Range(Cells(8, 1), Cells(1587, 2)).Select
上記の例では、Rangeのみシート名が記述されています。
Sheets("Sheet2").Range(ActiveSheet.Cells(8, 1), ActiveSheet.Cells(1587, 2)).Select
というわけです。
Activeなシートが、Sheet2の場合はエラーになりません。
しかし、ActiveなシートがSheet2以外の場合、エラーが発生します。
直前に、
Sheets("Sheet1").Select
などとしていれば、ActiveシートがSheet1になっていますから、エラーになります。

Sheets("Sheet2").Range(Sheets("Sheet2").Cells(8, 1), Sheets("Sheet2").Cells(1587, 2)).Select
と書いておけば安心です。
Withステートメントを使えばスッキリ纏めることができます。
With Sheets("Sheet2")
  .Range(.Cells(8, 1), .Cells(1587, 2)).Select
End With

# Sheets("Sheet2")の上位オブジェクトが省略されていることにも気がついてください。

>そこで自分で基礎を勉強したいのですが推薦できる参考書などがござ
>いましたら、教えていただけませんか?
私自身は、入門書程度の雑誌を1冊買っただけです。どれが良いとかはよく分かりません。
「マクロの記録」を活用して、参考コードを取得し、汎用性のあるコードに編集しています。
新しい単語があれば、文字カーソルを単語の上に置き、F1キーを押してVBAのヘルプを必ず見るようにしています。
躓いた時は、Web検索して欲しい情報を得たり、あるいは、こうした掲示板で先輩方のお力をお借りしています。

Excel(エクセル)VBA入門:目次
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru_reply.php3?q=4651404
エクセル入門・初級編
http://www.kenzo30.com/excel_kiso.htm

>ご指摘を受けたところを書き換えて回してみた結果、書き換えた箇所
>でエラーがでます。(実行時エラー’1004’’cells’メソッドは失敗
>しました。’global’オブジェクト)
>しかし、何が原因でエラーになるか自分では分かりません。

≪例1≫
Range(Cells(8, 1), Cells(1587, 2)).Select
上記の例では、RangeとかCellsの上位オブジェクトであるシート名が省略されています。
ActiveSheet.Range(ActiveSheet.Cells(8, 1), ActiveSheet.Cells(1587, 2)).Select
というわけです。
マクロ実行時に、Activeな...続きを読む

QEXCELファイルのカレントフォルダを取得するには?

EXCELファイルのカレントフォルダを取得するには?

C:\経理\予算.xls

D:\2005年度\予算.xls

EXCEL97ファイルがあります。

VBAで
  カレントフォルダ名
(C:\経理\,D:\2005年度\)
を取得する事は可能でしょうか?

CURDIRでは上手い方法が見つかりませんでした。

Aベストアンサー

こんばんは。
Excel97 でも、同じですね。以下で試してみてください。

Sub test()
'このブックのパス
a = ThisWorkbook.Path
'アクティブブックのパス
b = ActiveWorkbook.Path
'Excelで設定されたデフォルトパス
c = Application.DefaultFilePath
'カレントディレクトリ
d = CurDir
MsgBox "このブックのパス   : " & a & Chr(13) & _
   "アクティブブックのパス: " & b & Chr(13) & _
   "デフォルトパス    : " & c & Chr(13) & _
   "カレントディレクトリ : " & d & Chr(13)
End Sub

QEXCEL VBAで計算値を四捨五入、切り上げ、切捨てする方法

ネットで探してみたのですが、計算結果を四捨五入して特定のセルを
返すにはどうしたらいいのでしょうか?

Sub hokangosa()

Dim ZPS As Double
Dim ZPOS As Double
Dim DMN As Double
MsgBox (" >>> 補間誤差自動計算 <<< ")
MsgBox (" >>> 初期値入力します <<< ")
ZPS = InputBox(">>> ステップを入力してください<<<")
ZPOS = Sheet1.Cells(22, 4).Value
DMN = ZPOS / ZPS
Sheet1.Cells(23, 6).Value = DMN
End Sub

ここでDMNの値を四捨五入したいです。

またこれとは別に切上げ、切捨ても教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

DMN = Application.WorksheetFunction.Round(ZPOS / ZPS, 0)
で、四捨五入
DMN = Application.RoundDown(ZPOS / ZPS, 0)
で切り捨て
DMN = Application.RoundUp(ZPOS / ZPS, 0)
で切り上げです。

引数で、対象桁を変更できます。

Qエクセル マクロで指定フォルダを開く

エクセルにて
指定フォルダを開く、マクロがあれば教えて頂けないでしょうか。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

こんにちは。

こういうものですか?
開くフォルダを変えたいときは targ に与えるパスを変更します。

Sub OpenFolders()
Dim targ As String
targ = "C:\"
Shell "C:\Windows\Explorer.exe " & targ, vbNormalFocus
End Sub


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング