AKB48を見ていて思ったのですが、
AKBはキングレコード系、
SKEはavex系
フレンチキスもavex系
ノースリーブスはSony Music系
渡り廊下走り隊はポニーキャニオン
とバラバラです。

また、SKEとフレンチ・キスは同じavexでも
avex entertainment、avex traxと同じavexでも異なったレーベルになっています。

そこで3点の疑問が浮かびました。

1.レコード会社はCDを作成、販促(CM、PV撮影など?)、販売をすることが仕事という認識しかないのですがそれ以上に何かを行なっていることがあるのでしょうか?

2.巨大なグループが各レコード会社に分散してCDを出していることにメリットがあるのでしょうか?
 ・独禁法防止?、芸能事務所による制限?、レーベルごとに販促の特色が違う?

3.avexのように一つのレコード会社が複数の子グループを持ってたくさんのレーベルを出している意味とは何のためなのでしょうか?

お暇なときにでも回答をいただけると幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

1>



レコード会社は、規模や内容は様々ですが、レコード会社としての仕事という意味では基本的に同じです。

レコード会社では「制作」「宣伝」「営業」という三本の柱が機能することで、そのビジネスが展開されています。

これは、プロダクションと同じ三大機能で、売っている物がCDやDVDの違いだけです。

なので、他に業務があっても、この3つのどれかに該当すると思います。

2>

かつてのモノも含めると、

AKB48・板野友美・前田敦子:キングレコード
ノースリーブス:EPICレコーズ(ソニー・ミュージック・エンタテインメント)
フレンチ・キス:avex
渡り廊下走り隊:ポニーキャニオン
SKE48 日本クラウン→avex(移籍)
奥真奈美:クラウンレコード
SDN48:ユニバーサルミュージック
DivA:avex
大堀めしべ:バップ
チームドラゴン:コロムビア
Not Yet:コロムビア
増田有華(stargazer):メディアファクトリー
NMB48:laugh out loud records

見落としがあるかもしれませんが・・・、この様に、各レコード会社に旨味を分けることによって、例え一人勝ちでも、潰されないようにしているのでしょうね。
(敵に回すと、何かと面倒なavexとユニバーサルを押さえてる辺りが周到ですね)

そういう意味では、ジャニーズも同じ様にレコード会社が分散しています。

(最近、avexに集中し始めている気もしますが・・・)

3>

レーベルに関しては、メーカー内のブランドみたいなものです。

「トヨタ自動車」に高級ブランドの「レクサス」があったり、

「資生堂」というメーカーの中に、「ウーノ」「マシェリ」「エリクシール」などのブランドがあったりするのと同じだと思われます。

購買者にとってはレーベルの違いによってジャンルが異なる事を認識できますし、自分が好むジャンルを識別しやすいという利点があります。

また、新規レーベルの立ち上げに関しては、それまで積み上げてきた会社の印象を引き継ぎつつ、新しい分野に挑戦するという意気込みを示すことも可能です。

(利益や損失の分散・調整=いわゆる黒字隠し・赤字隠しのためという見方も出来ますが・・・)

なので「avex」でも、

avex trax=最も規模が大きく、アーティストの数も多い。

avex entertainment=主に原作付きアニメ作品のCDやDVDを発売している。

rhythm zone=R&BやHIP-HOPなどを主に扱う。

cutting edge=アーティスト志向(脱アイドル路線)の強いレーベルで主に洋楽に力を入れている。

avex-CLASSICS=クラシックを専門とするレーベル。

など、どのレーベルに所属しているかで、そのアーティストの方向性が何となく分かります。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qエイベックスとソニーミュージックはどっちが・・

エイベックスとソニーミュージックはどちらも大手ですが
どっちが良い会社なのですか?
あなたの独断と偏見でのお意見お願いします。

Aベストアンサー

No.2の方のおっしゃる通り、業界シェアはソニーがトップです。2、3位がユニバーサルミュージックとビクターで、エイベックスは4位だったと思います。

なんとなく、世間の評判もソニーの方がいいと思います(というか、エイベックスを嫌っている人が多いような…)。
所属のアーティストは、ソニーは幅広い一方、エイベックスは偏りがあるような…。エイベックス所属のアーティストって似ているところあると思います。女性で、アイドル的要素があって、テレビの露出も多めでっていう人が多いような…。特色を出すっていうことも、いいとは思うのですが…。
また、エイベックスはCCCDをやめなかったり(今はレンタルだけかな?)、DVD付CDが他のレコード会社より比較的高かったり、稼ごうとしている感が出てると思います。
…っていってますが、どちらの所属アーティストも聴いてますけどね。

Q所属「事務所」と「レコード会社」の関係

所属「事務所」と「レコード会社」の関係って
どうなっているんですか?

たとえば、「ジャニーズ事務所」の人たちは
ほとんど「ジャニーズエンターテイメント」からCD出してますが、
V6はエイベックスですよね。
「ソニーミュージック」所属の歌手っていっぱいいますけど、
みんな同じ「事務所」ではないですよね。

歌手デビューする時って、
(人によって違うと思いますけど)
どっちに所属することが先に決まるんですか?
たとえば、路上で歌っていて、デビューが決まった、
なんて場合はどうなんだろう?
「レコード会社」の人がスカウトして、
どっか所属するための「事務所」を紹介してあげたりするんでしょうか?

「事務所」と「レコード会社」ってやってる仕事って違うのかな?
その歌手のプロモーションはどっちもやってると思うんだけど…。

そもそも、2重に所属があるってなんか変じゃないですか?
「ジャニーズ事務所」と「ジャニーズエンターテイメント」は
元は一つの会社らしいので良いですけど、
ホリプロ所属でソニーミュージックから歌手デビュー
とかってありますよね。(誰がそうとかわかりませんが)

そういう事情に詳しい方、教えてください。

所属「事務所」と「レコード会社」の関係って
どうなっているんですか?

たとえば、「ジャニーズ事務所」の人たちは
ほとんど「ジャニーズエンターテイメント」からCD出してますが、
V6はエイベックスですよね。
「ソニーミュージック」所属の歌手っていっぱいいますけど、
みんな同じ「事務所」ではないですよね。

歌手デビューする時って、
(人によって違うと思いますけど)
どっちに所属することが先に決まるんですか?
たとえば、路上で歌っていて、デビューが決まった、
なんて場合はどう...続きを読む

Aベストアンサー

私も書きながら考えがはっきりしてくるのでもうちょっと説明しましょう

>「レコード会社」から「事務所」へのお金の流れがあるはずだと思うのです
はいあります、それは前にも書いたCD制作費だったり『育成金』だったりします(育成金はギャランティではないですが)。

tomikou0000さんの言いたいのはこういうことですね。
「レコードメーカーはミュ-ジシャンの努力によって利益を上げてるのだからそれに対する対価が発生するはずだ」と。

>「ミュージシャン」が提供したものに対して、
>「レコード会社」から見返りがないとおかしいですよね。

おかしくはないんですよ。
これらの事をきちんと説明すると非常に長くなりますが、簡単に言うとそれは演奏料のことじゃないですか?演奏料は制作費の一部です。

>「ミュージシャン」が提供する声なり音楽なりによって
>「レコード会社」は成り立っているということですよね。
厳密に言うとそれは違います。
「レコード会社」はCDの『発売等』によって成り立っています。
テレビ局がタレントの存在で成り立っているのではなくCMの広告費で成り立っているのに似てます。『CDが売れること』によって成り立っているのです。


CDを出すために必要な費用は大きく分けて制作費と広告宣伝費があります。

制作費の中には色々含まれますが、スタジオ代、演奏料、アレンジ料、エンジニア料、撮影費、印刷代、機材使用料、プレス代、紙代、プラスチック代などなど・・・
制作費以外に広告宣伝費、それに伴う人件費、交通費などもかかります。

制作費等の費用を全部出した人が『原盤権利者』となりCDが売れたらその売り上げをもらいます。それは他の経済でも同じことですね。
制作費を出すって事はスポンサーになるって事です、投資です。
制作費を全額レコ-ド会社が出すとは限りません、事務所の場合もあります。

また『制作』を行わず『発売』『販売』しかしないレコ-ドメ-カもあれば
『制作』と『発売』しかしないレコードメーカーもあります。
レコードメーカーってのは絶対的な存在じゃなくその役割は近年では流動的です。
一番適切な言い方をしましょう、レコ-ド会社は『CDの問屋さん』です。
問屋さんのなかには制作部を持ってるところもありますが、製作しなくても会社は成り立ちます。

それとは別に著作物に対しての印税ってのが発生します。これはレコ-ドメ-カーからもらうのではありません、出版社からもらうのです。

以上かなり簡易に端折って説明しましたがお分かりになりましたでしょうか。

私も書きながら考えがはっきりしてくるのでもうちょっと説明しましょう

>「レコード会社」から「事務所」へのお金の流れがあるはずだと思うのです
はいあります、それは前にも書いたCD制作費だったり『育成金』だったりします(育成金はギャランティではないですが)。

tomikou0000さんの言いたいのはこういうことですね。
「レコードメーカーはミュ-ジシャンの努力によって利益を上げてるのだからそれに対する対価が発生するはずだ」と。

>「ミュージシャン」が提供したものに対して、
>「レコ...続きを読む

Q関係各位と関係者各位はどっちが正しい?

タイトルどおりなんですが、ふと疑問に思ったので質問させていただきます。

よくメールや資料などに上記の言葉が記載されていると思いますが、どっちが正しい(もしくは両方正しいが使用方法や相手によって違う?)のかわかりません。ちなみに私は関係各位を使っています。

私の個人的な意見としては多分、人に対してか不特定に対してかの違い、意味合いかな?ぐらいに思ってますが。。。どうなんですかね?

以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.4再補足します。

各位は皆さんの古い言い方で官庁、会社関係、一部の個人が使用しますが、商売でお得意様を相手にする場合は使わない方がいいでしょう。

各位で満足せず「関係者」「お得意様(厳密には様は不要)」を付け加えるなら、お得意様の具体的名前を入れ「各位」を省くのが現代流だと思います。または「拝啓」などではじめる方がいいような気がします。

フラメンコ研究会会員各位なら相手を特定しているので個人に準じた扱いとなり、現代でも許される範囲の
使い方といえるでしょう。

以上がコメントです。結論として、間違った使用法も含めて「各位」を使いたい人が依然として多いので、
関係者各位、お得意様各位、父兄各位のように使用しても一般には違和感なく受け入れられるでしょう。

個人的意見としては、「各位」が「皆さん」という呼びかけ(相手を特定しない)なので、更に「関係者」とか
「お得意様」という不特定多数をさす言葉を重ねるのは
「個」を大事にする時代の流れに沿わないと思っています。個人的こだわりです。

QK という単位の数え方を教えてください!

ビジネスで、30Kとかそういう数字でてきますよね?
これは、日本語でいうといくらになるのでしょうか?
教えてください!

Aベストアンサー

k=キロ
 です。 つまり 1k=1000

ですね。 30kは3万 という考え方だと思います。

Q非通知着信の番号を調べる事は出来るのでしょうか。

非通知、ワン切りが多かったので
今は非通知着信拒否の設定をしています。
非通知でかかって来た時も着信暦は表示されるのですが、かけて来る時間が深夜から明け方と
大体決まっているので、
繋がらないのにかけてきている事自体気味が悪いのです。(一ヵ月半位ほぼ毎日続いています・・・)
非通知でかかって来る相手の番号を、どうにかして知る事は出来ないでしょうか?
(携帯ショップなどに問い合わせても無駄なのでしょうか?)宜しくお願致します。

Aベストアンサー

非通知から番号を知ることはまず不可能です。
ショップに問い合わせても、対策のアドバイスだけでしすし、そんなすごい技術はありません。
一般人が知る方法があれば、非通知の意味も無くなり大問題になります。

一番良いのは、番号を変えてしまう事です。
非通知はいたずらの可能性もあります。
信用できる人から少しづつ番号を教えていくのもひとつの手です。
非通知が再開されたら、大体人物の特定が出来たりします。

例えばドコモでは非通知拒否+着信に残らないサービスがあります。
お使いの携帯がドコモ以外なら、同様のサービスが無いか直接問い合わせてみるのもいいと思います。
各社何かしらの対策サービスがあります。
au・ボーダフォンなら、携帯から局番無しの157番でお客様センターに繋がります。

番号を変える前に一度問い合わせてはどうでしょうか。

参考URL:http://www.nttdocomo.co.jp/service/network/number_please/

Q不起訴と起訴猶予の違いは何ですか?

よく事件報道の新聞やニュースを読んでいると、不起訴とか起訴猶予という言葉を耳にしますが、どう違うのでしょうか・・・・・
実際、交通人身事故で当方、不起訴処分告知書を戴いた事があるのですが・・・・・

Aベストアンサー

基本的には、No.1、2さんの回答の通りです。

将来起訴されるかどうかと、「不起訴」「起訴猶予」はほとんど関係ありません。

「起訴猶予」も、法律上定められた処分であり、ゆるやかな「一事不再理」の原則があるとされています。

したがって、検察の運用としては、新証拠が出るとか、検察審査会が不起訴不当の結論を出すなどの新たな事情が無いと、いったんした起訴猶予を取り消して起訴することはありません。

他方、「不起訴」の場合も、新証拠が出て、再度嫌疑が生じれば起訴されます。

現実問題として、不起訴が新証拠で覆ることはあっても、起訴猶予は、犯罪事実自体の証拠はすでにあるのですから、それ以上に、情状面の重大な証拠がでるということはほとんどなく、覆ることはありえません。

Q映画をつくるのに費やす時間・日数はどのくらいですか

映画を一本つくるのには、どのくらいの日数がかかるのでしょうか?

出演する俳優・女優は、一本の映画をつくるのに、どのくらいの時間・日数の労働をするのでしょうか?
一日何時間で、延べ何日くらいでしょうか?

よく俳優・女優が語るのをきくと、「映画の撮影で待ち時間が長くて・・・」と言うことがありますが、映画撮影の「待ち時間」とは何を待っている時間なのでしょうか? 

Aベストアンサー

一口で映画と言っても、予算等の規模は様々です。今年は映画バブルと言われ、数々の作品が正に「量産」されましたが、予算は1億円クラスから20億円クラスまで様々でした。
基本的に、映画の場合は30から45日位が目処です。(あくまで目処)
スタジオにセットを建てるスタジオ撮影や、地方に撮影に行くロケ、既存の建物を借りるロケセット撮影など、撮影場所・形態があります。
また、夏の場面、冬の場面など、年間の四季を通して撮影しなければならない場合もあります。依って、作品毎に日数が違います。
とは言え、スタッフの拘束や、機材の拘束等、時間=お金ですから、なるべく効率的に短い期間で撮りたいのが本音です。

出演する俳優さんは、無論脚本にも依りますが、主役ですと撮影日数の期間中は毎日、と言ったケースもあります。主役に近い程多くなると考えて良いでしょう。

待ち時間が長いというのは、映画の撮影は、撮影場所優先でスケジュールを組むので、S#1の次はS#15と、バラバラに撮っていきます。
更に、一方向にカメラを向けて照明を組んだ場合、その方向のカットから撮っていくので、その場面に必要な俳優さんでも反対向きにならないと、その間「待ち」になるのです。
それに、俳優さんの「入り時間」は成るべく計算して決めますが、なかなか時間通りに行かないのが撮影なのです。
解って頂ける俳優さんも居ますが、気の短い俳優さんもいらっしゃるので大変です。

一口で映画と言っても、予算等の規模は様々です。今年は映画バブルと言われ、数々の作品が正に「量産」されましたが、予算は1億円クラスから20億円クラスまで様々でした。
基本的に、映画の場合は30から45日位が目処です。(あくまで目処)
スタジオにセットを建てるスタジオ撮影や、地方に撮影に行くロケ、既存の建物を借りるロケセット撮影など、撮影場所・形態があります。
また、夏の場面、冬の場面など、年間の四季を通して撮影しなければならない場合もあります。依って、作品毎に日数が違います。
...続きを読む

Q書類送検と逮捕の違い?

書類送検と逮捕とはどう違うのでしょうか?
書類送検の方が、拘束されないだけ罪が軽いような気がします。
書類送検でも前科となるのですか。
どういう場合に書類送検となるのでしょうか?
どうも分かりません。

Aベストアンサー

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機関が知り、必要な証拠を集め、被疑者(=容疑者)の身柄の確保をしないとなりません。これを捜査と言います。
被疑者の身柄の確保というのは、「後で裁判になった時に被疑者の出廷が必要」なので逃げられては裁判ができなくて困るというのが第一点。それと「自由にさせておくと証拠を隠滅するかもしれない」というのが第二点。
ですから逆に言えば、「逃げも隠れもしない、証拠隠滅のおそれも無い」のであれば身柄を確保する必要はありません(一定の軽微な犯罪につき、更に例外あり)。入院しているような人間なら逮捕しないことはよくあります。この身柄の確保のための手続きが、「逮捕」であり「勾留(起訴前勾留)」です(起訴前と言っているのは起訴後というのがあるからですがここでは関係ないので説明しません)。
「逮捕」というのは、被疑者の身柄を確保する手続きの内、「短時間のもの」。具体的には、身柄を拘束し最大48時間拘束し続けることです。この制限時間が過ぎると釈放しなければなりません。
しかし、それでは困る場合には、引き続いて身柄を拘束することができます。これが「勾留」です。勾留は最大10日間身柄を拘束できます。なお、勾留は1回に限り最大10日間延長することができますから、都合20日間まで勾留できることになります(例外として25日可能な場合もあります)。

ところで勾留の申請ができるのは検察官だけです。ですから警察官が逮捕した場合には、検察官に勾留申請をしてもらうかどうか決めてもらう必要があります。そこで48時間の逮捕の制限時間内に検察官に証拠物、捜査書類と一緒に身柄を送致しなければなりません(刑事訴訟法203条1項)。これを「検察官送致、略して送検」と言います。無論、警察限りで釈放する場合は必要ありません。
検察官送致を受けると検察官は24時間以内に釈放するか勾留請求をするかしなければなりません。ですから、警察官が逮捕した場合の身柄拘束は48時間+24時間の最大72時間に及ぶ可能性があることになります。このような身体を拘束した被疑者を送検することを「身柄付送検」と言う場合があります。これはなぜかと言えば、質問にある「書類送検」と明確に区別するためです。ただ、一般には単に「送検」と言えば「身柄付送検」を意味します。

さて、では「書類送検」とはなんぞや?ということになりますが、まず前提として犯罪捜査は常に被疑者の身柄を拘束するわけではないということを知っておかなければなりません。全犯罪件数から見れば、身柄を拘束しない事件の方が多いです。身柄を拘束していない場合には、先に述べたように「(203条1項による)検察官送致」をする必要がありません。と言うか、身柄を拘束していないのでできません。たとえ逮捕した場合でも、警察限りで釈放すればやはり検察官送致の必要はありません。
しかし、それとは別に、警察は犯罪の捜査をしたら原則として必ず検察官にその捜査についての資料、証拠などを送らなければなりません(刑事訴訟法246条本文)。これを「書類送検」と呼んでいます。書類(証拠物、捜査資料、捜査報告書などなど)を検察官に送致するということです。正確には送致しているのは「事件」なのですが、実際に何を送るのかと言えば「書類」であるということです。
つまり、「(身柄付)送検」と「書類送検」は同じ送検でも別の条文に基づく別の手続きです。と言っても、(身柄付)送検をすればそのとき書類も一緒に送っているので、重ねて書類送検を行う必要はないので、(身柄付)送検は書類送検を実際には兼ねていますが(と言っても、身柄付送検をすれば書類送検をしなくていいのはあくまでも246条本文に「この法律に特別の定のある場合を除いては」と書いてあり、身柄付送検が「特別の定」だから)。

というわけで、「逮捕」と「送検」というのは次元の違う話であることがわかると思います。
まとめれば、
1.「逮捕」とは、捜査において被疑者の身柄を確保すること。
2.警察が「逮捕」した場合は、刑事訴訟法203条1項により、釈放しない限り48時間以内に被疑者の身柄を検察官に送致しなければならず、これを「(身柄付)送検」と呼ぶ。
3.「書類送検」とは、警察が捜査した事件について刑事訴訟法246条本文に基づきその証拠、捜査資料を検察官に送致すること。
4.「(身柄付)送検」は「書類送検」を兼ねている。
5.警察が「逮捕」した場合でも、釈放すれば「(身柄付)送検」はできないので、その場合は「書類送検」を行わねばならない。
ということです。

そして、「書類送検」するということは「身柄付送検」をしていないということですからつまりは「身柄を拘束していない」ということになります。身柄を拘束していない場合というのは大概は相対的に軽微な犯罪であることが多いのでその意味では、逮捕した事件(これを身柄事件と言う場合があります)に比べれば罪が軽いことが多いのは確かです。しかし、それはあくまで結果論であって、書類送検だから、逮捕したから、と言うわけではありません。既に述べたように逮捕しても身柄付送検せずに釈放すれば書類送検ということになりますし。

なお、先に述べたとおり、「捜査した事件はすべて検察官に送致する」のが原則(全件送致の原則)ですが、例外として検察官送致にしないものが幾つかあります。例えば、検察官が指定した事件について、月報でまとめて報告するだけの微罪処分ですとか、あるいは報告すらしない始末書処分などがあります。ちなみに、交通反則通告制度については、微罪処分の一種とする文献もあるにはありますが、多少なり疑問のあるところではあります。
そういうわけで、どういう場合に書類送検となるかと言えば、「刑事訴訟法246条前段に当たる場合」ということになります。もう少し具体的に言えば、「微罪処分等で済ませることのできない事件で、かつ、身柄付送検等もしなかった事件」ということになります。

ところで、前科というのが何かと言えば、これは法律用語ではないということになっているのですが、法律的に見れば「有罪の判決を受けたこと」を言うと思ってください。ですから、前科が付くためには、「裁判を経て有罪判決が出なければならない」ことになります。しかし、最初に述べたとおり「検察官送致」というのは単なる捜査手続きの一部でしかなく、この後で検察官が起訴するかどうかを決め、起訴して初めて裁判になるのですから、検察官送致だけではまだ前科は付きません。その後どうなるかはその後の話です。無論、逮捕だけでも前科は付きません。逮捕=有罪ではありません(そう勘違いしているとしか思えない報道が多いのは事実ですが、有罪判決が出ない限りは被疑者、被告人はあくまでも「無罪」です)。
ちなみに、捜査したが起訴しなかった犯罪事実について「前歴」と呼ぶことがあります。

既に適切な回答があるので蛇足かもしれませんが、刑事手続きがどうなっているのかを知ればその違いが自ずと分かるので刑事手続きの概要を必要最小限(のつもり)説明しておきます。長いですので覚悟してください。

刑事手続きの大雑把な流れは、
捜査->起訴(公訴提起)->公判->判決->刑の執行
というところ。全部話をするわけにもいきませんしその必要もないので質問に関するところ(主に捜査)だけ説明します。

犯罪が犯罪として処罰の対象になるためには、まず裁判に先立って、その犯罪の存在を捜査機...続きを読む

Qエクセルで数字の頭0をつけるには?

既に入力されているデータで、頭に0をつけて8桁にそろえたいと思っています。
セルの書式設定で文字列にしても、入力済みデータでは変更できません。
また、表示形式で"00000000"←このように0を8ついれるのでは
見た目は変わりますが、セルの実際の数値は変わりません。
セルの数値を変更するにはどのようにすればよいでしょうか?

入力されている数値は7桁のものもあれば、5桁のものもあります。
7桁の場合は、頭に0ひとつ、5桁の場合は頭に0をみっつつけるように
したいのですが、どなたか方法をご存知でしたら教えて
いただけると助かります。どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

書式付文字にするなら、隣の列にでも
=TEXT(A1,"00000000")
または
=RIGHT("00000000"&A1,8)
としてご希望の文字列を作ります。
この式をコピーしてもとのセルに「編集」「形式を選択して貼り付け」で
「値」として貼り付ければ可能です。

未入力なら頭にアポストロフィー([']Shift+7)を挿入して
'00011111
のように入力するか、あらかじめ「セルの書式設定」「表示形式」を「文字列」にしてから
00011111
のように入力してください。

QDoCoMoの料金引き落とし日は何日?

タイトル通りなんですがドコモの携帯料金引き落とし日は何日なんでしょうか?わかる方教えてください。

Aベストアンサー

利用した月の翌月末日になります。
末日が土曜・日曜・祝日にあたる場合は、翌営業日の引き落としになります。

http://www.nttdocomo.co.jp/charge/bill_schedule/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報