「夫を成功」へ導く妻の秘訣 座談会

7年くらい前にある漫画家が
「手塚治虫は凄い。彼を越える漫画家はいない。彼は一番」
と言っていました。

手塚治虫より凄い方はいると思うのですが、
やはり漫画を好きな方には別格の存在なのでしょうか。
(当然のことながら私もそこそこは読んでいます)

何がこう言わしめるのでしょうか。この感性が未だに分かりません。
手塚氏の代表作を何か引き合いに出して説明していただけるでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (10件)

一つの作品ですか・・・それだと、彼の漫画家としての才能は語れないと思いますが・・・。



言えることは、これからも漫画家の多くは、彼以上だと豪語する人はなかなかいないでしょうね。
質問者様は、もしかするとお若いですか?

基本的に、彼の作品の凄さは、それにリアル(世代として現実)に触れていないとわからない部分もあるでしょう。漫画の歴史を紐解くと、多くの人は手塚治虫の作風から大きな変化を知るはずです。


もともと漫画というのは、風刺が中心の作品で、ストーリー仕立てであったとしても、それが一度に何ページも続くような壮大なものではなかったのですよ。しかも、コマは単調でした。

それを、完全なストーリー仕立てで、吹き出しの変化や、コマの配置の仕方(コマ割り)、変化を多用し、長編に仕立てたのが手塚治虫です。それまでの、作品は、一つの決まった形で作られた漫画だったのですが、ここで、吹き出しの表現方法や、コマの並べ方、広さなど割り振りによって、表現に幅を持たせたのですよ。
これは、今の日本の漫画産業を生み出す最大の技術革新であり、それにストーリーの複雑さが加わり、人気を博したのです。

この人の作品が、アニメーションとして海外でもヒットしたことは、誰もが知ることだと思いますが、彼は第一人者という部分で多くの偉業をなしています。漫画としては、米国でも通ずるものを作り、日本から作品をそのまま輸出する形で、アニメが提供され、それが日本と米国で放送されました。これが鉄腕アトムです。
ベネチアの国際映画祭でグランプリにはなりませんでしたが、銀獅子賞を取ったのは、ジャングル大帝という作品です。

さらに、短編から長編まで600作品以上、アニメが70作品ほどあります。
彼は60歳で没しており、生まれてから毎年1本、出したとしても70作のアニメ作品は作れません。

私個人として、最初に良いと感じたのは、「三つ目がとおる」でしたけど、その時々のブームを取り入れる才能がある人です。SF漫画の先駆者で、オカルト漫画でも先駆けといえるでしょう。医療系ではブラックジャックを世に送り出した。ジャングル大帝は動物もの。リボンの騎士は少女もの。

画は結構似たような人物が多いのですけど、一つのジャンルにこだわらないというより、複数のジャンルが同時進行で制作されている時期も多いのです。

確かに、漫画の一つのジャンルや新しい枠組みなどでは、すごい人は出てきているかもしれませんが、それはあくまで土台あってこそです。多くの人は、彼の作品から、漫画を今の漫画の原点として知り、そこから新しい漫画を産み育て、その漫画を見たものが、さらに開花する。その連鎖の最初にいたのが彼または、彼の世代にいる漫画家です。

あとは、その作風が好きかどうかという問題ぐらいでしょう。

特に、若いと今はもっと刺激的な作品は多いですから、大した作品には感じないものも多いかもしれません。興味が本当にあるなら、彼の作品を片っ端から読み漁るといいかもしれません。
似ている作品もありますけど、制作年なども合わせてみていくと、物凄い人だとわかるはずです。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。大して若くもありません。
土台があるから後世の人を評価しないという考え方は間違っていると思います。

私は前の返信で今の漫画の形態が生まれるのは歴史的必然だと書きました。
そのイノベーションの中心に居ただけなのかと思いましたが、
皆様のご回答で手塚治虫の魔性が分かりました。

氏の作品を平面からみても凄さは実感できないわけですね。

お礼日時:2012/10/11 19:36

医者兼漫画家ってだけでも十二分凄いと思います…

    • good
    • 8

 ん?どこまで書いていいのか分かりませんが、先程挙げた弓月光先生ですが、なぜ引き合いに出したかというと、この方は漫画の神様である手塚治虫先生の真似をするつもりで、開業医の資格を持った後で漫画界に転向したけど出世しなかったから。



 言葉で言うと、”二匹目のドジョウを狙った”のに失敗したから。

 それだけ、”元祖は凄い!”と言いたいわけです。”開祖”でもいいですが。

 手塚治虫先生は作品の作り方について研究熱心だったというのもあるけど、「作品ごとにテーマ性が設定されている」というのが当時としては斬新だったと想います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。
やはりNo2の方の意見に集約されるようですね。

お礼日時:2012/10/11 20:51

NO1ですが。



>いちまでも彼を越える人材が存在しないと言い続けることは
>一種の信仰に近いのではないでしょうか?

存在しますか?

いたら教えて欲しい。

実は私は手塚信者じゃないんだけど、
(というか手塚治虫の漫画はあまり好きじゃない)
漫画界で最も影響力ある作家といえば彼以外
思い浮かばないんです。

好きな作家、面白い作家なんて他にいくらでも挙げられますが、
客観的に凄いと言われれば他に思い浮かびません。

強いてあげれば石森章太郎くらいだけど、
比べるとやっぱり桁が違う。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

私が真っ先に思いつくのは鳥山明です。
そして冨樫義博、尾田栄一郎、松本零士などです。

後は歴史物が好きで横山光輝や白土三平などはよく調べていると思います。
漫画とは違うかもしれませんが宮崎駿も挙げておきます。

お礼日時:2012/10/11 20:49

 割り込んでしまってすみません。



>一種の信仰に近いのではないでしょうか?
 「漫画の神様」と言われるだけあって、崇高に値する人物と信じております。(信仰しているわけでは無い)

 世界最初で最後では無いかと想うような性教育アニメ「不思議なメルモちゃん」に取り組んでみたり。

 ほかの漫画家が同じことしたらひんしゅくを買いそうだけど、漫画の神様だからできた作品と想っています。

 開業医の免許を持っているのに変な方向に走っている弓月光先生とはやはり格の違いを見せつけてくれます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。
不思議なメルモちゃんは初めて聞きましたが、それほど過激な漫画なのですか?
そんな漫画も描いていたとは意外でした。

今となってはどうでもいいですが、最初で最後と言われると興味があります。

お礼日時:2012/10/11 20:29

今、世の中に普通にある「マンガ」や「アニメ」などは


全て手塚治虫が基礎を作ったといっても過言ではないと思います。

もっといえば、「コレは新しい!」と思える作品でも
その根本は大抵、手塚治虫がやってしまっています。
(当然時代的に古臭かったりはしますがw)

つまり、現在のジャパニメーションやオタク文化は
全て手塚治虫に端を発していると言い切れると思います。


いま、既存にあるものをまったく違う形で作り変え
それを後の世のスタンダードに出来る人がどれくらいいるでしょうか?

星の数ほど居るマンガ家など専門職の人ほど彼の凄さは身にしみていると思います。



とはいえ、アニメ製作の単価が安い、声優とかが安いギャラで苦労するという
悪しき習慣を作ってしまったのも彼であるというのも忘れてはいけませんがw
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。

お礼日時:2012/10/11 20:11

先駆性はやはり大きいですよね。


今の漫画家で、40年後にも「やはりこの人はすごい!」と言われる漫画家が何人いるだろうかと考えると、手塚は偉大だと思います。

個人的には、手塚漫画の凄さは「密度の濃さ」だと思います。
ワンダー3を小学生の時に連載で読んでいた世代ですが、大人になってから単行本を見つけて読み返した時に、全3巻で完結していたのでびっくりした記憶があります。記憶に残っていた波瀾万丈のストーリーからは、どう考えても10巻以上はあるだろうと想像していたので・・・。でも、確かに覚えているすべてのシーンが、わずか3巻の中にきちんと織り込まれていました。
読み返してみても、無駄なコマや冗長なコマは一つもない、見事な構成美でした。
    • good
    • 3
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。
無駄なコマや冗長なコマがないのは時代性だと思います。
ともかく資源の貴重な昔ですから、凝縮されるのは自然な成り行きでしょう。

お礼日時:2012/10/11 20:08

手塚治虫が凄いとは思いませんが…強いて言うのなら「鳥山明よりも先に生まれたこと」ですかね?鳥山明の部分には、各自が思い描く「私の心の師匠」の名前を入れれば良いと思います。



多分、後人に多大な影響を与えた~云々という人も居るかと思いますが。それを言ったら手塚治虫自身も、宝塚とデズニーが先に存在してなかったら。今頃はwikiに項目すら残らない、ただの町医者崩れで人生を可能性も高かったのですから。

技術学問に限らず、創作芸術の分野でも、それぞれの作家や個々の作品は決して単独で存在してる訳ではありません。それこそ人類が洞窟の壁にたいまつの残り灰で絵を描き始めた時から、途切れることなく連綿と繋がって今に至るのです。そしてまた今この瞬間もまだ見ぬ未来の天才たちへと繋がっているのです。

と言う訳で手塚治虫の最大の功績は何か凄い作品を残したとかそういう事では無くて。彼の後に続いた多くの天才たちに影響を与えた事に尽きると思います。藤子不二雄、石ノ森章太郎、永井豪~等々。今のコミック文化の礎を築いた彼らを生み出すきっかけになったのが手塚治虫ですから。それに関してのみは大きな功績があったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。
そうです。私もあなたと同じように思ったわけです。
ただ、必然の流れの中に居た人をなぜ神格化するのかとね。

歴史観からみてもあなたや私の思いこみは否定されてしまいました。

お礼日時:2012/10/11 20:05

手塚治虫の凄さは「その作品数の多さ」にあります。

それも
一定以上の質を備えた作品ばかりですからね。あれだけの
作品を生涯に生みだす人は、多分これからも出ないでしょう。

だいたい、週1本のアニメ原画と週数本のマンガを描いて
いたんですから。周囲の人から「彼はいつ寝るんだろう」と
言われてた位なんです。

あと、手塚治虫は「ストーリー漫画」というジャンルを作ったと
言う意味でも凄いです。ストーリー漫画はすべての日本漫画
と日本アニメの原点ですからね。ある表現ジャンルを「作る」
というのは、天才じゃないとなかなか出来ません。同じ時期で
比較できるのは、ウルトラマンの「円谷英二」くらいじゃない
ですかね。

手塚治虫の凄さは「作品単独」で評価するものじゃないです。
そのジャンルの先駆者であって、そのジャンルを定着させた
量産型ヒットメーカーであった・・・という両面から評価すべき
ものですよ。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。
私が思うにストーリー漫画というジャンルが生まれるのは
歴史的必然ではないかということでいうことです。
手塚治虫が現れなくても、誰かが成就していたことでしょう。

それとは別に質の高い作品を提供し続けるのは才能がないと無理ですね。
先駆者+ヒットメーカ。このコンボは確かに威力がありそうです。

お礼日時:2012/10/11 19:19

現状を元に手塚治虫作品を眺めても何も出てこないでしょう。


一番は彼の代表作と言われる作品が1950年代には
すでに世に出ていたことです。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%89%8B%E5%A1%9A% …

戦後の復興がまだ緒に就いたばかりの頃で、
世間の人はみな今日明日の食べ物を確保するのに
目の色を変えていた時代に、
場所によっては戦後の焼け野原がまだ残っていた時代に

アトムが空を飛んで悪い奴をやっていたのですから、
こんな夢のある話はないでしょう?
そして、多くの若者に夢を与え、多くの漫画家が
彼にあこがれ、漫画家を目指しました。

後は彼の二番煎じか、彼にない新しい個性
という路線で漫画界が発展していくわけです。
一つの王道であったわけです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答有り難うございます。
開拓者として素晴らしいということでしょうか?

その功績は認めるとしても
いちまでも彼を越える人材が存在しないと言い続けることは
一種の信仰に近いのではないでしょうか?

お礼日時:2012/10/11 19:01

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qリベラルとは?

・左派、革新、社会主義
・右派、保守
という分類ができると思うのですが、
リベラルや自由主義は、どう考えたらいいのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義(右派リバタリアン)で、それ以後を新保守主義(ネオコン)といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン(左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法(戦争など過激な改革を許容する)を執ると言う主義)です。

 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで(高福祉政策)」などが有ります。

 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。そして変える方向(変えない方向)が自由か統制かで分類できます。

 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。
 (自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。)

 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。(リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。)

 Y軸 Libertarian(自由・市場主義 = 小さな政府) - Statist(統制主義 = 大きな政府)
 X軸 Liberal(革新) - Conservative(保守)
 真中 Centrist(中間主義)

 各派の解説は下のURLの解説部分を参照してください。
   http://meinesache.seesaa.net/category/719933-1.html

 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...続きを読む

Q何故日本はアニメや漫画が発展したのでしょうか

他の国にもそれぞれあるとおもうのですが、日本のように子供のみるものという位置づけではなく発展した国はあんまりないようなきがします(あったらおしえてください)

なぜでしょうか?

Aベストアンサー

>日本のように子供のみるものという位置づけではなく発展した国はあんまりないようなきがします
ご指摘の通りです。
何故?となると、文化論になり恐ろしく堅苦しい話になります。

その前に、
現代のアニメや漫画の始祖は手塚治虫ではありません。(念のために)
日本アニメの始祖とされているのは幸内純一です
下記サイトをご参照ください

幸内純一 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/幸内純一

寺内の作品かどうかは不明ですが、現存する最古のものをyou tubeで見ることができます。

日本現存最古のアニメ「なまくら刀」発見 - YouTube
www.youtube.com/watch?v=sFDt5CK6f5c

当時は、TVはありませんからすべてフィルムによる映画です。
沢山作られました。

後年大野信郎がアニメでアカデミー賞を受賞しています。
下記サイトをご参照ください

大藤信郎 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/大藤信郎

第二次世界大戦中には軍部が教育用のアニメも作っています。
you tubeで見れます

桃太郎の海鷲
投稿者:solakumo•

動画の動きがスムーズであるのは現代と遜色がありません。

漫画については、歴史的に遡ると定義次第で相当に古いものまで遡ってしまいます。
漫画のように絵を主体として、物語を伝えるという手法は非常に古いものです。
現代の漫画には「はだしのゲン」や「美味しんぼ」のように時事問題にまで発展するものがありますから、ユーモアの要素だけで議論はできません。

明治以降の近代漫画の始祖とされるのは北澤楽天です。
手塚治虫もこの人の影響で職業漫画家になっています。

北澤楽天 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/北澤楽天

江戸時代の黄表紙、合本などと呼ばれる大衆向けの書籍は絵が書かれた周りに台詞が書き込まれています。
この台詞のやり取りで物語を進展させる手法を取っています。
基本的には現代の劇画と変わりがありません。(吹き出しという手法が使われていないだけです)
一枚絵の浮世絵でも、描かれている人物の台詞が書き込まれているものが沢山あります。

このようなスタイルの書籍や絵画は日本独特のものとして発達しました。
諸外国では現代の挿絵のように、関連する情景がアクセサリーとして描かれているだけです。
日本は版木という技術がありましたから、文字だろうが絵だろうが自由に印刷できました。
西欧のようにアルファベットの活字を使う印刷方法では絵を入れるというのは至難の業でした。
結局、文字と絵は別々のページということになりました。

日本は絵巻物という文化が発達しました。
一つのストーリーを長い巻紙に時間の経過に応じて絵を描き並べていく手法です。
多くは寺院の由来や高僧の伝記でした。
源氏物語絵巻のように貴族階級の子女の娯楽向けに発達したものもあります。

仏教を布教するのにあたり絵解き講釈という手法が採られました。
大衆に絵を見せて、その絵の情景や登場人物の説明をしながら仏教の教義を教えました。
地獄絵などは、現在も残っています。
これを横長の巻紙に描いたのが絵巻物です。

以上がざっとしたアニメと漫画のむかしのお話です。

このように大衆の間で発達した文化を時の権力者が認めて活用奨励するという文化は日本独特のものです。
中国や西欧では、王侯貴族の文化と大衆文化に厳然とした区別があったのの対して、日本は、階級間の文化の障壁が低いというかむしろ曖昧だったといえるでしょう。
古くは、万葉集には王侯貴族の歌も防人と呼ばれる民衆の歌もなんら区別することなく収録されています。
後白河法皇が編纂した梁塵秘抄という歌集があります。
当時(平安時代)の大衆の間で流行した歌謡を集めたものです。
今でいえば、路上ライブの歌を総理大臣が集めて全集にしたようなものです。

サブカルチャーとカルチャーの差が曖昧で線引きが難しいというのが日本文化の特徴です。
王侯貴族が外来文化を導入しても、たちまち民衆に浸透していきました。
一方で、民衆によって淘汰され支持が続いたものが伝統文化として伝えられ残されてきました。
歌舞伎も元々は卑賤なものだったのが、いまやなにやら高尚な舞台芸術になっています。
アニメや漫画もこの文化の一部であると言えるでしょう。
今や政府も産業界も家電自動車にかわる外貨獲得手段として大騒ぎしています。
女子高生発の携帯絵文字もそのうち著作権料が入ってきますかね?

>日本のように子供のみるものという位置づけではなく発展した国はあんまりないようなきがします
ご指摘の通りです。
何故?となると、文化論になり恐ろしく堅苦しい話になります。

その前に、
現代のアニメや漫画の始祖は手塚治虫ではありません。(念のために)
日本アニメの始祖とされているのは幸内純一です
下記サイトをご参照ください

幸内純一 - Wikipedia
ja.wikipedia.org/wiki/幸内純一

寺内の作品かどうかは不明ですが、現存する最古のものをyou tubeで見ることができます。

日本現存最古のアニメ...続きを読む

Q罪と罰について

「罪と罰」という小説を読みました。しかし、文章が難しくなかなか理解するにいたりませんでした。そこで、手塚治虫氏のかいた、漫画の「罪と罰」も読みました。そこで思いました。これなら私にもすじが理解できると。

しかし、この、手塚治虫氏の「罪と罰」はドストエフスキーの「罪と罰」をわかりやすく、内容を要約して書かれているものと解釈してよいものなのでしょうか?教えてください。

Aベストアンサー

「分かりやすくした」ものであるのは確かですが、少なからぬ脚色が加えられているため、「内容を要約した」ものといってよいかは微妙なところです。いずれにせよ名作であることに変わりはありませんが。

手塚版『罪と罰』は純粋な意味での「漫画化」というよりも、「翻案」といった方が正確だろうと私は思います。

あの大作を逐語訳的に漫画化すると途方もないページ数になってしまいますので、脇筋はだいぶ省略してありますし、登場人物の設定も原作とは少し異なるところがあります(スヴィドリガイロフの思想とか)。ラスコーリニコフが自分の犯罪の拠所とする理論の説明も、まとめ方はかなり大胆です。

とりわけ大きな違いは金貸しアリョーナの妹リザヴェータが登場しない点、スヴィドリガイロフが武装蜂起を起こしている最中にラスコーリニコフが自首する場面をラストシーンにしている点でしょう(原作にはそのような蜂起の場面はなく、シベリアへ流刑になってからのラスコーリニコフのことについて少し触れてから終わる)。ラスコーリニコフを侮辱するためソーニャに盗みの嫌疑を着せたルージンの悪巧みを暴くのも、原作ではスヴィドリガイロフではなくレベジャートニコフだったような気がします(たぶん)。

このように登場人物の数を減らす工夫をしているのは、手塚治虫が大学時代に『罪と罰』を舞台化した学生演劇に出演したさいの演出が影響しているのではないかと私は推測しています(役者の人数は限られているため、長編小説の戯曲化ではそうした脚色がしばしば行なわれる)。ちなみにそのとき手塚治虫が演じた役は第一発見者で最初の容疑者になったペンキ屋です。舞台の上にやぐらを組んで階段をつけ、上の階と下の階を表現したため、高所恐怖症の手塚治虫は上へ登っていくのに大変苦労したというエピソードが残っています。あの斬新な見開き4連縦長コマというレイアウトも、このときの経験を反映したものではないか……というのも単なる私の推測ですが。

「分かりやすくした」ものであるのは確かですが、少なからぬ脚色が加えられているため、「内容を要約した」ものといってよいかは微妙なところです。いずれにせよ名作であることに変わりはありませんが。

手塚版『罪と罰』は純粋な意味での「漫画化」というよりも、「翻案」といった方が正確だろうと私は思います。

あの大作を逐語訳的に漫画化すると途方もないページ数になってしまいますので、脇筋はだいぶ省略してありますし、登場人物の設定も原作とは少し異なるところがあります(スヴィドリガイロフの...続きを読む

Q東京芸術大学ってそんなに凄いんですか?

中学校の美術の教師が東京芸術大学芸術学部美術学科卒業でした。授業中「俺は東大よりも難しい大学を出てる」とよく自慢していました。中学生の時はその意味が分かりませんでしたが、大学受験の時、その意味は分かりました。ただその先生のことは本当に嫌いでした。そんな凄い大学出てても所詮は中学校教師。何が凄いのか分かりません。東京芸術大学でた人はどんなところで働くんでしょう?官僚になるわけでもなく、大手企業に行くわけでもなく・・・。いったい何をしてるんでしょうか?

Aベストアンサー

あてにならないウィキペディア情報ですが、出た人はだいたい以下のような仕事をしているようです。職業によっては、成功すれば、はぶりがよくなるでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E4.B8.BB.E3.81.AA.E5.8D.92.E6.A5.AD.E7.94.9F

ただし、東京芸大の、それも大学院卒の俳優である伊勢谷友介さんがテレビでおっしゃっていたと記憶していますが、東京芸大は貧乏人を算出する大学だそうです。つまり、極めて優秀な芸術家を輩出する大学なわけですが、そもそも芸術家は芸術を生み出す人なわけで、お金を生み出す人ではないので、お金儲けにはつながらないのです。

「難しい大学を出る=安定した生活を送る」という理論に基づいて考えれば、芸大は「難しい大学」ということには確かにならないかもしれません。でも大学は本来、学問をするところです。そして東京芸大が、人の心や感覚をゆさぶるような優れた芸術を生み出すための優秀な教育を施してくれるのは事実です。東京大学法学部を出ても優秀な芸術家にはなれませんが、東京芸大を出れば優秀な芸術家になれる可能性が極めて高いのです。そして、あくまでも芸術家として優秀なだけであって、優秀な教師を育てる大学ではありませんので、中学教師として劣っていたとしても、まったく不思議ではありません。

ちなみに、私の中学時代の美術の先生は、当時、現役の東京芸大院生でしたが、実践的なことと芸術的なことの両方を楽しく学べる工夫をしてくださった、人としてもすばらしい愉快な先生で私は大好きでした。今は東京芸大以外の芸術系の大学などで教えながら、たまに展覧会を開いておられるようで、作風は変わりましたが、当時と同じジャンルの芸術を生み続けておられるようです。

あてにならないウィキペディア情報ですが、出た人はだいたい以下のような仕事をしているようです。職業によっては、成功すれば、はぶりがよくなるでしょう。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%B1%E4%BA%AC%E8%8A%B8%E8%A1%93%E5%A4%A7%E5%AD%A6%E3%81%AE%E4%BA%BA%E7%89%A9%E4%B8%80%E8%A6%A7#.E4.B8.BB.E3.81.AA.E5.8D.92.E6.A5.AD.E7.94.9F

ただし、東京芸大の、それも大学院卒の俳優である伊勢谷友介さんがテレビでおっしゃっていたと記憶していますが、東京芸大は貧乏人を算出する大学だそうです。つまり...続きを読む

Q甘やかされて育った子供と厳しく育てられた子供の性格は?

甘やかされて育った子供はわがままになると言われますが、本当のところどうなんでしょうかね?
逆に厳しく育てられた子供は、どうなるんでしょう。
単純にわがままの反対はがまんだとおもうので、がまんのできる子に育つと考えていいでしょうか?

みなさんの意見を聞かせてください。
よろしく御願いします。

Aベストアンサー

甘やかされて育つ。皆さんが書かれているように、叱られずに育つということですよね。
甘やかされた子はわがまま、厳しく育った子供は我慢が出来る、でも実際にはそれほど単純ではないんです。

まず、叱ると褒めるが表裏であると言う事をよく考えてみてください。
甘やかされて育つということは、実は叱られずに育つということになり、叱るがないから褒められるがない、つまり本当の意味で褒められた事がないと言えます。

よくあるパタンですが、甘やかされて育った人は、褒められていないので物事に対する達成感がなく(実際には分からない)、どこまでやっても『やり遂げた』という気持ちがあまり具体的にわいてこず、そのうちに『出来ていないんじゃないか』『不十分なんじゃないか』といった不安感に襲われ、やる前から諦めてしまう、さらに悪い状態なら欝になる。

厳しく育てられてきた場合は逆に、厳しい事を聞かなければならないというプレッシャーから、人の顔色を見て育つようになりがちです。求められている事をきちんとこなしているか、これで叱られないだろうか。
なので叱られる事がないようにするために褒められる事もなくなり、結果愛情を求めるようになってしまい傾向があります。

そう考えると、kiccaさんのおっしゃるとおり、やはり叱るべきところはきちんと叱り、その上で甘やかす部分も作ってあげ、そのメリハリをきちんとしてあげるというのが理想だといえますね。

叱る事によって社会のルールをきちんと理解させてあげ、褒める事によってその子のもつ才能を伸ばしてあげる。時には自分の行いを子供の前で反省する事もあってもいいですし、あえて子供を褒めるように料理のお手伝いを頼んでみたり(きれいに切れたね、上手に盛り付けられたね、など)。

それによって、自分自身の『気付き』も生まれてくるものですよ。

子供を育てるのではなく、子供の人生を育てる事が本当の意味での『育児』なんですよ。
自分の経験を見直して、『反面教師』として受け取った事に対しては『私は○○をされて嫌だったから子供にはしない』と考えて、楽しく人生を送る事が出来るように導いてあげてくださいね。

甘やかされて育つ。皆さんが書かれているように、叱られずに育つということですよね。
甘やかされた子はわがまま、厳しく育った子供は我慢が出来る、でも実際にはそれほど単純ではないんです。

まず、叱ると褒めるが表裏であると言う事をよく考えてみてください。
甘やかされて育つということは、実は叱られずに育つということになり、叱るがないから褒められるがない、つまり本当の意味で褒められた事がないと言えます。

よくあるパタンですが、甘やかされて育った人は、褒められていないので物事に対す...続きを読む

Q日本のマンガやアニメが海外で人気があるのはなぜでしょう

日本のマンガやアニメが海外で人気があるのはなぜでしょう?近年、日本のアニメの実写作品が作られたり、コスプレがブームになってたりと日本の作品が注目されていると思います。日本のマンガ・アニメが注目される理由は何でしょう?

Aベストアンサー

No.2さんと被りますが 日本の漫画やアニメは目線や視点といった構図やカット割りが大胆であったり、ストーリーも映画のようにスケールが大きかったり、ジャンルも幅が広かったりで読み手や受け手を選ばないし、既成の概念に囚われていないからじゃないかと思います。

わたしもやはり手塚治虫さんの存在は漫画界、アニメ業界どちらにも大きかったと思います。手塚さん自身が後進の漫画家に、漫画を書くとき漫画そのものを多く読むよりも映画、文学、芸術、一級品に多く触れるようにアドバイスしたという姿勢も後々のこの分野の発展に大きな影響を与えたと思います。

このことが唯単に先人の模倣に終始するのではなくて、自分の中で素材としていったん吸収して創造していくこと、昇華させることにより視野や可能性を広げていくことに成功したのだと思います。

このような姿勢、一見無関係に思えることや文化を取り入れて自国の文化に発展させるのが得意だという日本人の下地は、日本は資源の少ない島国だったということや、古代から中国や朝鮮半島から文化や技術を学んだり、他国の良いところは学び取り入れようと努力したことによるところが大きかったのではないかと思います。黒船が来た後も日本という国が残ったのは、同じ理由だと思います。
常に日本人の視線は外に向かざるを得なかった。そのことが可能性を広げたのだと思います。

アニメや漫画の制作をするにあったって、普段の生活の中からヒントを見つけ、発展させる柔軟さを持つ人が日本人の中には多いのだと思います。
そして、それを受ける側も柔軟さを持つ人が多い。
だから提供する側、受け手側でより文化として結実させることに成功したのだともいます。

また、アニメの発展の下地にはやはり漫画の存在が大きいのだと思いますが、この漫画の元祖ともいえるのが「浮世絵」ではないかと思います(もっと古くは鳥羽僧正の鳥獣戯画まで辿れそうですが。)
東洲斎写楽、葛飾北斎、安藤広重の存在を忘れてはいけないと思います。
あるじき唯の梱包材まで落ちぶれてしまった浮世絵ですが、ゴッホやモネたち印象派はその大胆な構図や新鮮な色遣いに心動かされたと言います。
元々人間は常に新鮮な感動を求める生き物なのではないでしょうか。

日本の漫画やアニメが海外で人気があったり、コスプレが流行ったりするのは既存のものではないものに出会えた感動がそこにはあるからでしょう。

No.2さんと被りますが 日本の漫画やアニメは目線や視点といった構図やカット割りが大胆であったり、ストーリーも映画のようにスケールが大きかったり、ジャンルも幅が広かったりで読み手や受け手を選ばないし、既成の概念に囚われていないからじゃないかと思います。

わたしもやはり手塚治虫さんの存在は漫画界、アニメ業界どちらにも大きかったと思います。手塚さん自身が後進の漫画家に、漫画を書くとき漫画そのものを多く読むよりも映画、文学、芸術、一級品に多く触れるようにアドバイスしたという姿勢も後...続きを読む

Q白人世界でアジア人を差別しない国はありません、それが現実ですがどう思いますか?

一年以上白人国家を旅行した人なら理解できると思いますが、最低でも1度や2度必ず差別を受けた経験があると思います、その時必ず中国人か日本人か聞かれます、ある店でボッタクリが嫌なので嘘をついて中国人と言ったらその後無視され出て行けと言われました、その後冗談で実は日本人と言うと180度態度が変わりました。白人は正直露骨です。
そして肌の色でもアジア人を美的感覚から見下します。
ロスで仲良くなった白人が言ってました、表面では言わないが
アジア人や黒人は現実に今も差別されている「日本人の君はまだマシな方だ」と。
日本でも差別問題はありますが白人国家は現在でもアジア人を差別しています、中国人とか韓国人と言うととんでもない嫌な思いをさせられます、皆さんこの現実をどう思いますか?

Aベストアンサー

アジア人という定義の仕方に白人目線を感じます。つい近年まで白人は有色人種を人間とは見ていませんでした。「奴隷、当時のヨーロッパでは『黒人が白人と同じ人間である』という考え方はなかったのである。
『法の精神』で知られるモンテスキュー。
社会学の父と讃えられるフランスの哲学者でさえ「黒人が人間だと考えるのは不可能である 彼らを人間と考えるなら 我々がキリスト教徒でないと認めざるをえなくなる」と語っている。」
http://www.fujitv.co.jp/ainori/st/st361.html

有色人種を人間と認めざるをえなくなったのは、後の方の世界的な大戦のあとではないかと考えます。第一次世界大戦ののちある有色人種の国家が提案した人権平等条項の提案は英米によって葬り去られました。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_2/jog053.html

「ホテルのフロント係は、女性の方を見向きもせずに、デュボイスへの対応を続けた。勘定がすべて終わると、彼はデュボイスに向かって深々とお辞儀をし、それからやっと、その厚かましいアメリカ女性の方を向いたのだった。フロント係の毅然とした態度は、これまでの白人支配の世界とは違った、新しい世界の幕開けを予感させた。

 「母国アメリカではけっして歓迎されることのない」一個人を、日本人は心から歓び、迎え入れてくれた。日本人は、われわれ1200万人のアメリカ黒人が「同じ有色人種であり、同じ苦しみを味わい、同じ運命を背負っている」ことを、心から理解してくれているのだ。」
http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/entry/964059/


人間は好き嫌いのほかに生理的嫌悪ということもあります。戦後は戦争の被害ということも理由に付け加わりました。

オバマ大統領はなぜ黒人なのか。ハーフではないのか。白人男性の主人と黒人女性奴隷の間に生まれた子どもは、生まれながらにして奴隷であり、色が白いほど高く売れたと聞きます。人種差別に法的に最終的な決着がついたのは1964年(昭和39年)かともいわれます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E6%B0%91%E6%A8%A9%E9%81%8B%E5%8B%95

>日本人の君はまだマシな方だ
そんなわけで、白人にすれば納得ずくというより、無理やり人種平等を誓わされたわけで、本人からみた多層な差別意識があるのはある面いたし方がないと考えます。

武力ということではないにしても、要は実力で認めさせるほかはないと考えます。

アジア人という定義の仕方に白人目線を感じます。つい近年まで白人は有色人種を人間とは見ていませんでした。「奴隷、当時のヨーロッパでは『黒人が白人と同じ人間である』という考え方はなかったのである。
『法の精神』で知られるモンテスキュー。
社会学の父と讃えられるフランスの哲学者でさえ「黒人が人間だと考えるのは不可能である 彼らを人間と考えるなら 我々がキリスト教徒でないと認めざるをえなくなる」と語っている。」
http://www.fujitv.co.jp/ainori/st/st361.html

有色人種を人間と認めざ...続きを読む

Q子供が可愛すぎて仕方ありません。

生後5ヶ月男児の母です。

妊娠中は、それなりに嬉しかったですが、そこまで強い愛情の実感はありませんでした。
例えば、ドラマなどであるように、私に病気が見つかって妊娠を諦めないといけないというような選択に迫られた場合、「自分を犠牲にしても、この子の生命は・・・・」などと思えるのかなと感じてました。
出産の瞬間も、「産んだ-!!」という達成感はありましたが、涙がでて止まらないということまではありませんでした。

しかし、日々育ててみると可愛くて可愛くて仕方ありません。息子のすべての動作が愛おしく、こちらの顔を覗きこんでニコっとなどされると、もうたまらずに、毎日毎日ぎゅーぎゅー抱きしめて、どうしてあなたはこんなに可愛いの!!!と言ってます。

おむつ替えてる最中におしっこ飛ばされても、一緒に入浴中に浴槽でウンチを大量に漏らされても、夜中に泣いて起こされても、授乳中に乳首をきつく噛まれても、爪で顔を引っかかれて痛い思いをしても、すべてが微笑ましくて嬉しくなります。

過保護に育て我儘っ子にならないように、また自分が世界一かわいいというような勘違いちゃんにならないように育てたいと思ってはいます。

同じ様に感じている方、自分はもっと親ばかだと感じている方、いらっしゃいましたら、エピソード聞かせて下さい!!

生後5ヶ月男児の母です。

妊娠中は、それなりに嬉しかったですが、そこまで強い愛情の実感はありませんでした。
例えば、ドラマなどであるように、私に病気が見つかって妊娠を諦めないといけないというような選択に迫られた場合、「自分を犠牲にしても、この子の生命は・・・・」などと思えるのかなと感じてました。
出産の瞬間も、「産んだ-!!」という達成感はありましたが、涙がでて止まらないということまではありませんでした。

しかし、日々育ててみると可愛くて可愛くて仕方ありません。息子のすべて...続きを読む

Aベストアンサー

「親ばか」の、父親でした・・・。

最初の妻との間には、「男の子」を授かりまして、妻の母乳の出が悪くなったので「哺乳瓶」の授乳も、「おんぶ」して寝かしつける事も、「おむつ交換」も「入浴」も、何でもやりました。

>入浴中に浴槽でウンチを大量に・・・

「経験」致しました。
(笑)
浴槽全体が「真っ黄色」に成ってしまいました。
(^^;
熱を出されると、大いに心配になります。

転倒して泣き出すと、
「何処か強くブツけたのか!?」
と思い、青くなって病院に駆け込んだ事も有ります。
しかし、何処も何とも無くて、たまたま日曜の当直医だったので、その医師からは、
『何で、こんなコトくらいで、わざわざ病院に来るんだ?、こいつゥ・・・(ー.ー;』
って不機嫌な眼で見られ、平身低頭で帰ったコトも有りました。

残念ながら、この先妻は、精神的な病で自分や家族と上手く行かず、最終的に「離婚」という道を選択しました。
「離婚」して以来、ただの一度も「元妻」からは連絡が有りません。
息子とも会ってません。
健在なら、もう20代半ばの青年に成ってます。

Q台湾は中国なの?

 率直に聞きますが、台湾は中国なんですか。 国際的に台湾は中国であると認めているんでしょうか。 ていうかそもそも台湾て国なんですか?国じゃないんですか? 台湾が中国なら、なんで台湾生まれの人は中国出身ではなくて台湾出身というのですか?
 
 非常にばかな質問かも知れませんが、誰に聞いてもあいまいな答えしか返ってこないのでよくわかりません。 はっきりとした答えをききたいです。 台湾の人は台湾を中国の一部だとは思ってないとか、ききますが実際はどうなんですか。 ていうか逆? 中国が認めてないの? 誰か分かりやすく説明してほしいです。 
 
 ちなみにこの疑問が生まれたのは、F4という台湾のアイドルグループが流行っていることを「華流」というのをきいたからです。 華は中華人民共和国の華ですよね? 

Aベストアンサー

他の方も言っておられますが、日本政府の立場を一言で言えば「台湾は中国の一部」となっています。これは日本だけではなく、中国と正式な国交を持っている全ての国がそうだったかと思います。逆に、中国と国交を持っていない国が台湾を独立国として認めています(世界中で二十~三十くらい)

ですが、実質的に現在の台湾は独立国のようなものです。独自の政体・軍隊・法体系をもっており、中国とは対立しています。また、2020年のオリンピック開催国に立候補もする話があるようです。

> 台湾の人は台湾を中国の一部だとは思ってないとか、ききますが実際はどうなんですか。

これは微妙な問題です。台湾人もこの問題に関しては一枚岩ではないからです。

現在の台湾の政権は「対中国・親日・親米」ですが、野党の中には「親中国・反日・反米」をスローガンとしている者もおり、またその意見も台湾の人たちの一定の支持を得ています。

極端な人たちの中には、すぐにでも中国と統一すべき、という意見もあります。
しかし、逆に「いや、中国は他国だ。戦争をしてでも我々は独立国家となるべきだ」という意見もあります。
まあ、こういう多様な意見が出る事自体、台湾は一党独裁・言論弾圧の中国とは一線を画した民主主義国家と言えます。

中国にとって、台湾は魅力的な土地ですから是が非でも欲しがります。ここが手に入れば、台湾島を軍事基地化して日本・米国・東南アジア諸国にかなりの圧力を加えられますから。

だから、日本は台湾が中国の一部とは認めていますが、米国との会談などで中国への台湾への圧力を問題視したりしています。米国もこれに同調しています。

本気で軍事力を行使された場合、日米両国は台湾側に付く可能性も否定できないなど、この地域は本当に紛争地帯の様相を呈しています。

他の方も言っておられますが、日本政府の立場を一言で言えば「台湾は中国の一部」となっています。これは日本だけではなく、中国と正式な国交を持っている全ての国がそうだったかと思います。逆に、中国と国交を持っていない国が台湾を独立国として認めています(世界中で二十~三十くらい)

ですが、実質的に現在の台湾は独立国のようなものです。独自の政体・軍隊・法体系をもっており、中国とは対立しています。また、2020年のオリンピック開催国に立候補もする話があるようです。

> 台湾の人は台湾を中...続きを読む

Q黒澤明監督が世界の「クロサワ」といわれる所以はなんでしょう?

こんばんわ。質問はタイトルの通りなんですが、黒澤明監督が世界の「クロサワ」といわれる所以はなんでしょうか?
映画にこめられた思想がすごいのですか?あるいは演出などの技法が秀でているのでしょうか?

先日外国人の友達が黒澤監督の事を絶賛していたのでちょっと気になった次第です。
ちなみに私は黒澤監督の映画はまだ見た事がありません。おすすめの作品などあれば紹介もお願いします<(_ _)>

Aベストアンサー

世界的に知名度のある日本の映画監督に溝口健二、小津安二郎、そして黒澤明がいます。
ほかにもカンヌで二度最高賞に輝いた今村昌平監督とか、フランスでも合作を撮っている大島渚監督とかまだ何人もいるんですけど、先の三人はのちの世界中の映画に与えた影響が大きいので、その点では突出してます。

で、黒澤監督ですが、人間ドラマからアクション娯楽作品まで、万人に受けるような作品を作り、またその映画が何度もリメイクされるなど、特に世界の映画情勢に与えた影響が大きかったのが「世界のクロサワ」と呼ばれるゆえんです。

アメリカやイギリスの映画学校の授業ではクロサワ作品が教材になっています。
ボクが見たのは「七人の侍」を使って、人間の動きや、音楽の使い方、編集の技法を学ぶ授業している様子だったのですが、50年も前の作品であれ、映画を目指す人にとっては手本となる作品になっているわけです。

まずは「七人の侍」を見てはどうでしょうか?
「荒野の七人」や「宇宙の七人」など「○○の7人」という映画はたくさんありますが、この「七人の侍」がすべての原点です。

この作品が面白かったら「用心棒」「椿三十郎」など続けてほかの作品も見たくなるはずです。

また現在ハリウッドでリメイクが進行中の「生きる」(トムハンクが主演らしいです)、「酔いどれ天使」(ディカプリオ主演で監督はスコセッシ)などもいいと思います。

高名だったわりに作品の数は少ない監督なので、どれを見ても大きなはずれはありませんし、レンタル店には必ずどれかの作品が置いてあります。

世界的に知名度のある日本の映画監督に溝口健二、小津安二郎、そして黒澤明がいます。
ほかにもカンヌで二度最高賞に輝いた今村昌平監督とか、フランスでも合作を撮っている大島渚監督とかまだ何人もいるんですけど、先の三人はのちの世界中の映画に与えた影響が大きいので、その点では突出してます。

で、黒澤監督ですが、人間ドラマからアクション娯楽作品まで、万人に受けるような作品を作り、またその映画が何度もリメイクされるなど、特に世界の映画情勢に与えた影響が大きかったのが「世界のクロサワ」...続きを読む


人気Q&Aランキング