プロが教えるわが家の防犯対策術!

今まで使えてたアクセスファイルが突然使えなくなりました。

ファイルを開くだけで画像のように
「ファイルが見つかりません」となります。

ヘルプの内容は
------------------------------------------------------------------------
ファイルが見つかりません。 (Error 53)
アプリケーション情報

指定された場所にファイルが見つかりません。エラーの原因と対処方法を次に示します。

Kill、Name、または Open などのステートメントで、存在しないファイルを参照しています。
ファイル名とパスが正しいかどうかを確認します。

ダイナミック リンク ライブラリ (DLL) または Macintosh コード リソースでプロシージャが呼び出されましたが、Declare ステートメントの Lib 節で指定されている名前のライブラリ ファイル または リソース ファイルが見つかりません。
ファイル名とパスが正しいかどうかを確認します。

開発環境で、存在しないプロジェクトを開こうとしたり、テキスト ファイルをロードしようとすると、このエラーが発生します。
プロジェクト名またはファイル名とパスが正しいかどうかを確認します。

詳細については、目的の項目を選択して F1 キー (Windows) または Help キー (Macintosh) を押してください。
------------------------------------------------------------------------
となっておりますが、コードはいじってないし
VBE画面で、デバッグ→コンパイルすると、また「ファイルが見つかりません」と表示されて、
どの部分でエラーになってるかもわからないし、中断モードにもなりません。

どうすればいいでしょうか?2007です。よろしくお願いします。

「アクセス 壊れた? 「ファイルが見つかり」の質問画像

A 回答 (2件)

ファイルのあることは確認していますね


新規に空のAccessファイルを作成し、これにインポートしてみては
これで復旧したことは何度もありますが、ファイルを開いたとき
最初に開くフォーム設定はインポート出来ません。

Access2010の場合
[ファイル]-[オプション]-[カレントデータベース]
-[フォームの表示の右端▼]-[フォーム名]-[Ok]
と設定します。
「アクセス 壊れた? 「ファイルが見つかり」の回答画像2
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/11/09 19:54

> コードはいじってないし


アプリケーションとしてのACCESSは変わってなくても
ディスクのトラブル等でデータ環境が変わってしまったとか。

すべてのアクセスファイルで発生しますか?特定のものだけ?
すべてで発生するなら、ACCESSを修復インストールまたは再インストールか。

> 中断モードにもなりません。
ご質問の文面からご自身で作成されたものでは無いように思います。
問題が発生しているアクセスのファイル(MDBまたはACCDB)の構造がわかりませんが
VBEを開けるなら、まずは発生箇所を特定してみては?

F8でステップ実行として操作開始するか、
またはエラーが発生するまでに必ず実行されることが明らかなモジュールに
stop コマンドを記述した1行を加え、いったん止まるのでF8で再開。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2012/11/09 19:54

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QAccessのRefresh・Requery・Repaintの違い

Requeryはもう一度ソースレコード(テーブル)を読み込むようです。このとき、テーブルの先頭レコードに移動してしまいます。
Refreshは最新のレコード(テーブル)を再表示するような気がします。レコードの移動は起こらない気がします。
Repaintは、VBAでキャプションなどを変更したとき使っています。
でも、よくわかっていません。
どんなときにどんなメソッドを使えばいいのでしょうか?
詳しい方、よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

たびたびすみません。
調べてたらこんなのがでてきました。
http://www.nurs.or.jp/~ppoy/access/access/acF007.html

参考URL:http://www.nurs.or.jp/~ppoy/access/access/acF007.html

QAccess サブフォームでの選択行の取得

こんにちは。

Access初心者です。

サブフォームでテーブルの項目を表示させていますが、
選択された行を取得する方法はありますか?
サボフォームの下の方に現在選択されているレコード数が表示されてますが、その値でかまいません。

調べているのですが、なかなか検討がつきません。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

フォーム名がフォーム1、サブフォームコントロールの名前がサブフォーム1だとすると、

Forms!フォーム1!サブフォーム1.Form.CurrentRecord

で取得できます。
(「Forms」と「Form」がありますのでご注意下さい)


また、フォーム1にコードを記述する場合であれば

Me!サブフォーム1.Form.CurrentRecord

サブフォーム1へのコード記述であれば

Me.CurrentRecord

という構文によっても、それぞれ取得が可能です。

Qサブフォームに対してGoToRecordするには?

フォームに対してRequeryすると先頭のレコードへ移動してしまうので
Requeryする前のレコードの番号を取得して
Requery後にそのレコード番号へ移動したいのですが

Sub test()
i = Forms("Form").Controls("SubForm").Form.CurrentRecord
Forms("Form").Controls("SubForm").Requery
DoCmd.GoToRecord acActiveDataObject, Forms("Form").Controls("SubForm"), acGoTo, i
End Sub

これをすると、実行時エラー2498
指定した式は、いずれかの引数とデータ型が対応していません。
になりますが、
どこがおかしいのでしょうか?

Aベストアンサー

【要旨】
サブフォームのレコード移動では、対象サブフォームは引数で指定するのではなく、
SetFocusメソッドで移動後、引数を省略したGotoRecordを使用します:
  Forms("Form").Controls("SubForm").SetFocus
  DoCmd.GotoRecord , , acGoto, i

但し、「Requery前後でのレコード移動の回避」が目的の場合は、Requeryの
対象を「親フォームまたはサブフォームのFormオブジェクト」ではなく「サブフォーム
コントロール」とすればOkです。
 <現状・例1>
  Forms("Form").SetFocus
  DoCmd.Requery
 <現状・例2>
  Forms("Form").Requery
 <現状・例3>
  Forms("Form").Controls("SubForm").Form.Requery
 <代替策>
  Forms("Form").Controls("SubForm").Requery
  ※「現状・例3」との違い(→途中の「.Form」の有無)に注意。


【詳細】
> 実行時エラー2498

このエラーの直接の原因は、GotoRecordメソッドの第2引数に指定している
「Forms("Form").Controls("Subform")」の部分です。

ここに指定するのはオブジェクト名になりますが、そのデータ型は文字列型です。
一方、「~.Controls(~)」の形で指定した場合、取得できるのは
 a)オブジェクトそのもの
 b)そのオブジェクトのデフォルトプロパティ
のどちらかです(→状況によって変化します)。
(例えばテキストボックスなら、TextBoxオブジェクトまたはValueプロパティの値)

サブフォームのデフォルトプロパティは調べていませんが(汗)、少なくとも文字列
型のプロパティではないため、「型が一致しない」とのエラーとなります。
サブフォームのコントロール名を取得する場合は、
  Forms("Form").Controls("SubForm").Name
というように、Nameプロパティを明示的に指定する必要があります。

ただ、「サブフォームのレコード移動」の場合、明示的に「Name」プロパティを
指定しても解決には至りません(汗)
これは、GotoRecordメソッドの第2引数には、直接開いているオブジェクトの
名前のみが有効なためで、サブフォームを直接的に指定することはできない、
ということです。
(注:Microsoftの資料を探したわけではなく、経験則から記述していますので、
 私の勘違いでしたらご容赦願います(汗))

サブフォームのレコード移動には、冒頭に記述したとおり、「フォーカスの移動」と
「一部の引数を省略したGotoRecord」を使用します:
  Forms("Form").Controls("SubForm").SetFocus
  DoCmd.GotoRecord , , acGoto, i

なお、これも冒頭に書きましたが、サブフォームのRequeryの仕方には幾つか
方法がありますが、Requeryの対象を「コントロールとしてのサブフォーム」にすれば、
レコード移動が発生しませんので、GotoRecord自体が不要になります。
http://www.f3.dion.ne.jp/~element/msaccess/AcTipsFrmHowToRequeryAndReturn.html

【要旨】
サブフォームのレコード移動では、対象サブフォームは引数で指定するのではなく、
SetFocusメソッドで移動後、引数を省略したGotoRecordを使用します:
  Forms("Form").Controls("SubForm").SetFocus
  DoCmd.GotoRecord , , acGoto, i

但し、「Requery前後でのレコード移動の回避」が目的の場合は、Requeryの
対象を「親フォームまたはサブフォームのFormオブジェクト」ではなく「サブフォーム
コントロール」とすればOkです。
 <現状・例1>
  Forms("Form").SetFocus
  DoCmd.Requery
 <現...続きを読む

QAccessの画面更新を一時的に停止する方法。

こんにちは。
Accessの画面更新を一時的に停止する方法を捜しています。
ExcelのScreenUpdatingと同様な機能です。

VBAでの更新処理時に画面がチラチラと動くのを防止したいと思っています。
(Ver:Access2000)
ご存知の方宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

Application.Echo False '画面の描画を止める

・・・処理を実行する・・・

Application.Echo True '画面の描画を行う

Q【ACCESS】フォーム名/コントロール名を文字列型変数で指定するには

バージョン:Access2002

フォーム「frm01」にテキストボックス「tb01」が作ってある場合、
Forms.frm01.tb01.Value="あいう"
とすれば、フォームもコントロールも指定できるのですが、
Dim strTxt As String
strTxt = "tb01"
Forms.frm01.strTxt.Value="あいう"
だと、文字列型変数"strTxt"が展開されないのでフォーム「frm01」のコントロール「strTxt」を探してしまいエラーになってしまいます。

文字列型変数でフォームやコントロールを指定するには、どのようにすればよいのでしょうか?

Aベストアンサー

フォームの場合
 Forms(strFrm)

フォームのコントロールの場合
 Forms(strFrm).Controls(strTxt)


これでも参照できますが、普通ここまで省略しませんね。
 Forms(strFrm)(strTxt)

あとで見たとき、訳がわからなくなりそう。

QACCESSで空白のデーターをクエリで判定/識別する方法を教えてくださ

ACCESSで空白のデーターをクエリで判定/識別する方法を教えてください。
EXCELでは空白を""で判定/識別表していますがACCESSではどうなるのでしょうか。

下の例はフィールドに試験番号があればその番号を、空白なら”欠席”と表示しようとしています。
IIf(([試験番号]="空白の場合何を入れる?"),[試験番号],"欠席")

Aベストアンサー

もうひとつの書き方は
式1: IIf([試験番号] Is Not Null,[試験番号],"欠席")
第2、第3引数の、質問の順序にあわせるとこうなる。

QACCESS IIF関数 複数条件の設定について

 選択クエリにおいて、あるフィールド「 X」 のレコード数値が
 
  0<[X]<=50   であれば A 
  50<[X]<=100  であれば B 
  100<[X]<=150  であれば C

 と表記させるフィールド「Y」を追加したいと考えています。
 この場合、Yのフィールド設定で指定する数式についてご教授願います。

 一応、
  IIf(0<[X]<=50,"A","") Or IIf(50<[X]<=100,"B","") Or IIf(100<[X]<=150,"C","")

  としましたが、実行すると、Yの列がすべて「-1」と表記されてしまいます。

 何卒よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

a)IIF関数で対応する場合:
 IIF関数の第2引数または第3引数に、IIF関数を入れ子とする必要があります。

式: IIF([X]<=0, "", IIF([X]<=50, "A", IIF([X]<=100, "B", IIF([X]<=150, "C", ""))))


b)別の組込関数を使用する場合:
 IIF関数は二択ですので入れ子にする必要がありますが、Accessのクエリで
 使用できる、似た機能の関数に、Switch関数というものもあります。
 これであれば、入れ子にする必要がなくなります。
 (詳しくは、Accessのヘルプを参照下さい)

式: Switch([X]<=0, "", [X]<=50, "A", [X]<=100, "B", [X]<=150, "C", True, "")


なお、数学あるいは一般生活では確かに「0<[X]<=50」という表記をしますが、
Accessの関数などではこれだと正しい結果が得られません。
正しく認識させるためには、等号・不等号を挟んだ式は、「左辺」と「右辺」の
2つの要素からなる形にする必要があります。
(「0<[X]<=50」は「[X]>0 And [X]>=50」と分割してやる、と)

但し、今回のご質問のような『連続した範囲』であれば、前(左)で既出となる
式の要素で「[X]<=0」が「真(=-1)」とならなかった時点で、「[X]>0」が保証
されますので、上記のように、「[X]>0」を省略して「[X]<=50」だけを条件として
指定すればOk、ということになります。
(「0<[X]<=50」の次が「80<[X]<120」などのように、「50~80」が欠けた
 場合は、省略ができない、と)


【参考】
「0<[X]<=50」は、このままだと「0 < ([X]<=50)」という式と解釈されます。
この場合、「[X]<=50」は、「真(=-1)」か「偽(=0)」か「Null」のいずれかに
なります。
何にせよ、「0<[X]<=50」全体として「正(=-1)」となることがないため、
ご質問の式では、IIF関数は常に第3引数に指定された値「""」を返す
ことになります。

この結果、式全体としては「"" Or "" Or ""」という形となり、「0かNull」
以外なので、「真(=-1)」という値が返された、ということです。

なお、Nullについては、以前、他の方の質問につけた回答も、併せて参考までに:
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/4850675.html

a)IIF関数で対応する場合:
 IIF関数の第2引数または第3引数に、IIF関数を入れ子とする必要があります。

式: IIF([X]<=0, "", IIF([X]<=50, "A", IIF([X]<=100, "B", IIF([X]<=150, "C", ""))))


b)別の組込関数を使用する場合:
 IIF関数は二択ですので入れ子にする必要がありますが、Accessのクエリで
 使用できる、似た機能の関数に、Switch関数というものもあります。
 これであれば、入れ子にする必要がなくなります。
 (詳しくは、Accessのヘルプを参照下さい)

式: Switch([X]<=0, "", [X]<=50, "A"...続きを読む

QAccessのマクロでモジュールを実行させたい。

Access2002を勉強中の初心者です。

AccessでDB1という名前のデータベースを作成し、その中で、モジュール1というモジュールを作成しました。これを実行するマクロを作成したく、次のようにマクロを作成しました。
マクロのデザイン画面でアクションに「プロージャの実行」を選択、プロージャ名入力覧の右側の...のボタンを押して式ビルダ画面を表示、ここの「関数」フォルダを開いてDB1を選択、表示されたモジュール1を貼り付けてOK。
しかし、このマクロを実行すると、次のエラーとなります。「DB1 指定されたDB1が見つけることができない関数名が含まれています」

根本的に方法が間違っているのでしょうか?
アドバイスをよろしくお願いします。

Aベストアンサー

#1です。

ちょっと時間ができたので、Accessのヘルプで、
 "RunCode/プロシージャの実行" アクション
についてのトピックを見てみました。

結論から言うと、基本的な考え方が間違っているみたいです^^;。

「プロシージャの実行」アクションでは、「Function」プロシージャを指定するようです。
Subプロシージャではエラーになります。


つまりご質問の件では、
「Subプロシージャを呼び出すFnctionプロシージャ」をまず書かなけれえばならない。
そして、マクロのアクションでは、あらためてこのFunctionプロシージャを指定しなければいけません。

QAccessのMDBファイルを開く際に、”オブジェクト”XX"が見つかりません”と表示される。

Access2003で作成したMDBファイルを他のPCのAccess2003または2007で開く際に、”オブジェクト”XX"が見つかりません・・・・”と表示されて開けない場合があります。
”場合がある”というのは必ずしもファイルが壊れている訳では無い様で、複数のPCにおいて開けたり開けなかったりします。Access2007でも開けたり2003でも開けなかったりすることから、Ver.によるものではない様なのですが、何が原因か?教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

あくまで参考意見と考えて頂きたいのですが・・・

ご質問のMDBが持つ、「動作仕様」の説明が出来ないと、経験のある方々ならば尚更原因範囲を絞ることが出来ないため、貴方の解決に向けたアドバイスが困難だと考えます。

「オブジェクト2」という名称から推測すると、ユーザーが作成&命名したものが原因である可能性が在りますが・・・
2003形式で作成されたmdbファイルを、異なる2007で開こうとする場合には、
(自動開始の設定がなければ)ERR無しで開くでしょうけど、実行を開始するか自動実行になっている場合にはERRが発生しても不思議ではありません。
これは基になるファイルの形式が違うことで起きる現象です。

これを考慮すると、2003のPCと、2007のPCで発生しているERRは(内部的に実は)異なる原因での同じ現象とも考えられます。

また、「複数のPCで同じ現象」というのも、その前提条件が不明です。

問題のMDBの機能として
・処理がMDB内で完結し、そのPC以外のリソース(ファイルサーバー上のDBなど)とはリンクしていない「MDB単体での環境・処理」であること
⇒リンク先で発生している原因で、MDBの内部記述以前に、そのPCやアカウントからの「参照権限が無い」ために発生することもあるためです。

・動作開始時の「条件設定」が、PCごとに設定されていないこと
⇒各PCでMDBが動作開始する時、(利用者用の個別条件などがあり)環境設定用のファイルがある。
これによって、表示するフォームが異なったりなどの処理の流れが異なるため、ある処理ルートでのみにある「バグ」がERRの原因になる。

これら2点「だけ」を考慮しても、ご質問の現象の原因となりえます。

質問者さんが、どの様なご経験と知識からの「テスト実施」をして、ご説明をしているのかが曖昧で、問題のMDB自体の「動作仕様」についても不明なため、無数に考えられる原因を絞ることは困難な様子です。

可能ならば、MDBの仕様を調べ、ERRの有無がある「各PCでの動作環境」についても調査&補足されると、解決へ近づけるかも知れません。

あくまで参考意見と考えて頂きたいのですが・・・

ご質問のMDBが持つ、「動作仕様」の説明が出来ないと、経験のある方々ならば尚更原因範囲を絞ることが出来ないため、貴方の解決に向けたアドバイスが困難だと考えます。

「オブジェクト2」という名称から推測すると、ユーザーが作成&命名したものが原因である可能性が在りますが・・・
2003形式で作成されたmdbファイルを、異なる2007で開こうとする場合には、
(自動開始の設定がなければ)ERR無しで開くでしょうけど、実行を開始するか自動実行になっ...続きを読む

QAccessで別テーブルの値をフォームに表示したい

初めてのAccessで分からない事があり質問させてください。

<会社テーブル>
会社ID
会社名
住所

<社員テーブル>
会社ID
社員名
ソート番号

*1社に対し複数の社員レコードが存在

以上のようなテーブルがあるとします

現在「会社テーブル」を表形式で一覧表示しています
会社ID,会社名、住所とフィールドが並んでいるのですが、その後ろに「社員テーブル」のソート番号が一番若い社員名を表示したいと考えています(現状は番号関係なく表示させる方法すら分かりません)

色々いじくりまわしたのですが、初めてAccessをさわる事もあってよくわかりません

リレーション等でひっぱってくる事ができるのでしょうか?

どなたか教えて頂けませんでしょうか

何卒よろしくお願い致します

PS.Access2013で作成中です

Aベストアンサー

単純にテーブル[会社]のみでフォームを作成し、社員表示用テキストボックスを追加。そして、そのプロパティを表示し

コントロールソース=DBLookup("SELECT 社員名 FROM 社員 WHERE 会社ID=" & [会社ID] & " ORDER BY ソート番号")

これは、以下の標準モジュールに登録したユーザ関数 DBLookup()を使っています。これで、クエリを用意しなくても目的を達成できます。

さて、かかるユーザ関数を標準ライブラリに登録したくない場合、

1、"社員ソートクエリ"を作成します。

SELECT 社員.会社ID, 社員.社員名
FROM 社員
ORDER BY 社員.ソート番号;

2、コントロールソースに次のように書きます。

=DLookUp("社員名","社員ソートクエリ","会社ID=" & [会社ID])

http://office.microsoft.com/ja-jp/access-help/HA001228825.aspx

DLookup()については、マイクロソフトの解説を参照されてください。

【DLookup()の限界を破るにはVBAで同じ関数を作るしかない】

マイクロソフトの解説を読めば判りますが、ORDER BY 節を指定する引数が用意されていません。ですから、どうしても、"社員ソートクエリ"を作成するという手間が必要となります。そこで、SQL文を引数とするDBLookup()をVBAで書けば、その手間を省けるという算段になります。この辺りは、好みと趣味の問題。どっちでも良いと思います。そういうお断りをした上で DBLookup()を紹介しておきます。なお、ADOは、つぎのように参照設定しないと利用できません。

http://www.happy2-island.com/access/gogo03/capter00307.shtml

Public Function DBLookup(ByVal strQuerySQL As String, _
             Optional ByVal ReturnValue = Null) As Variant
On Error GoTo Err_DBLookup
  Dim DataValue
  Dim rst     As ADODB.Recordset

  Set rst = New ADODB.Recordset
  With rst
    .Open strQuerySQL, _
       CurrentProject.Connection, _
       adOpenStatic, _
       adLockReadOnly
    If Not .BOF Then
      .MoveFirst
      DataValue = .Fields(0)
    End If
  End With
Exit_DBLookup:
On Error Resume Next
  rst.Close
  Set rst = Nothing
  DBLookup = IIf(Len(DataValue & ""), DataValue, ReturnValue)
  Exit Function
Err_DBLookup:
  MsgBox "SELECT 文の実行時にエラーが発生しました。(DBLookup)" & Chr$(13) & Chr$(13) & _
      "・Err.Description=" & Err.Description & Chr$(13) & _
      "・SQL Text=" & strQuerySQL, _
      vbExclamation, " 関数エラーメッセージ"
  Resume Exit_DBLookup
End Function

単純にテーブル[会社]のみでフォームを作成し、社員表示用テキストボックスを追加。そして、そのプロパティを表示し

コントロールソース=DBLookup("SELECT 社員名 FROM 社員 WHERE 会社ID=" & [会社ID] & " ORDER BY ソート番号")

これは、以下の標準モジュールに登録したユーザ関数 DBLookup()を使っています。これで、クエリを用意しなくても目的を達成できます。

さて、かかるユーザ関数を標準ライブラリに登録したくない場合、

1、"社員ソートクエリ"を作成します。

SELECT 社員.会社ID, 社員.社員名
FR...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング