質問です。旧日本軍ではフ号兵器と呼ばれる気球兵器を大量に使用したとのことです。

ただ今ではあまり気球を軍事利用してる話は私の耳に届いてません。もし宜しければ自衛隊が使用してる気球があったらお答え下さい。あくまで自衛隊の戦闘に関係がある気球のみを対象とします。

自衛隊が基地祭で配っている子供向けの風船などは解答をご遠慮下さい。自衛隊の戦闘に関係する気球であれば大きさや素材は何でもいいです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#3です



>私の方でも調べてみました。陸上自衛隊ではJMMQ-M2なる気象観測装置でデータを収集する際にゴム気球にレーウィンゾンデを取り付けて上空に放つそうですよ。

これは、毎日、気象庁が飛ばしているラジオゾンデとまったく同じものです。防衛省の調達なので制式番号が付いているだけのことで、ものは民生用と同じです。軍事行動には気象観測も必要ですが、軍事利用と言えるかは微妙でしょう。で、気象庁の数値は自衛隊であれば速報値が利用できます。
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/upper/kaise …

現在は、上空の封日宇風速は自衛隊でもドップラーレーダーやウィンドプロファイラ(自前とは限らず、気象庁や国交省のデータも使用)を使っているはずです。

この回答への補足

いえ、JMMQ-M2は特科の砲撃の際のデータ収集に役立ててるそうですよ。それに民生品だから軍事利用しても関係ないとするのはちょっと説明不足かと思います。それだけでは私としては意味がよく分かりません。

補足日時:2013/05/13 14:25
    • good
    • 0

以下は自衛隊が使っているかはわかりませんが、気象観測以外の気球の軍事利用例です。



防空気球(阻塞気球)というのがあります。これは、ワイヤーなどで連結した気球を揚げて航空機の進入を妨害するものです。バトルオブブリテンにおいて英軍がドイツ軍の急降下爆撃を妨害するために使用したのが有名です。ただし、B-29のような高空進入する機体に対しては高度的に役立ちませんから、現在は廃れていると考えて良いと思います。使われるとすれば、ゲリラ掃討のヘリコプター阻害でしょうが実例は存じ上げません。

一時期、デコイやレーダー・チャフとして気球や風船の運用が考えられたことはありますが、あまり有効ではなかったようです。ただ、標的用のドローンとしては現在でも使われているはずです。

また、ロズウェル事件の発端になったプロジェクト・モーガルでは、米軍のレーダーターゲットとして気球が使われています。これは、チャフに近い運用ですね。

なお、ふ号兵器(風船爆弾)計画は、戦術としては失敗だったと考えられています(アメリカでの死亡例は一例のみ)が、米西海岸市民に対する心理的な圧迫は大きかったと言われています、

この回答への補足

私の方でも調べてみました。陸上自衛隊ではJMMQ-M2なる気象観測装置でデータを収集する際にゴム気球にレーウィンゾンデを取り付けて上空に放つそうですよ。またフ号は戦術レベル(師団レベル)での効率を考えるべき兵器ではないと思います。米国はフ号対策としてファイアフライなどの対抗手段を行っていまして戦略レベルでは大きなリソースを西海岸に拘束させることに成功してます。なのでフ号は戦略レベルで考えるべきものかなと。

補足日時:2013/05/13 01:22
    • good
    • 0

気球は、それが爆弾やミサイルのような用途の攻撃用兵器としては、あまりに信頼性が低く、効率が悪いですし、飛行機の代わりとしたら遅すぎて、すぐにやられてしまうでしょう。

また、昔は、敵陣地の観測用としての用途に使ったらしいですけど、敵からすれば、良い標的になったそうです。

なので、いずれの用途としても実用にならないということでしょう。

この回答への補足

私の方でも調べてみました。陸上自衛隊ではJMMQ-M2なる気象観測装置でデータを収集する際にゴム気球にレーウィンゾンデを取り付けて上空に放つそうですよ。アメリカ軍でも砲撃の際の情報収集用に気球を放つことがあるそうです。用途としても実用にならないというのは誤解みたいです。

補足日時:2013/05/13 00:40
    • good
    • 0

上空の気象観測用には使うはずだけど, 直接的な攻撃手段としてはあまりにも不安定かつ不確実すぎるので実用にならんと思う.

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q気球に乗りたいです

こんにちは。気球に乗ってみたいのですがイベントとかではなくていつもやっている施設ってありますか?ネットで調べてみたんですが見つかりませんでした。静岡・山梨・長野・神奈川・東京でやっている場所があったら教えて下さい。お願いいたします

Aベストアンサー

熱気球と地名のセットで検索したら結構出てきましたよ。
お気に召すかどうか判りませんが。
どのサイトでも一応遊覧飛行、体験飛行ができるみたいです。
まずはごらんあれ。

株式会社スカイプロモーション(群馬
http://www.raijin.com/sky_pro/

八ヶ岳スカイスポーツクラブ(山梨
http://tkn.yatsu.gr.jp/kiyosato/autohtml/K09/C0527/C0527.html

白馬アウトドア・スポーツクラブ (長野
http://www.hakuba.org/pop/

X-Bird(神奈川
www.sky-x.com

バルーンスポーツクラブ東京(東京
http://bst-web.hp.infoseek.co.jp/

あと、ついでにこんなサイトも見つけたので、どうぞ。
日本気球連盟
http://ux01.so-net.ne.jp/~balloon/

Q旧日本軍 潜水艦 伊号 400 2号艦 戦後の行方

旧日本軍 潜水艦 伊号 400 2号艦 戦後の行方を知りたいのですけど、
知っている方いらしたら教えてください。

Aベストアンサー

2番艦の伊401は、戦後アメリカ軍の手によって技術調査されたのち
1946年5月31日オアフ島沖で実験標的として撃沈処分された
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E5%8F%B7%E7%AC%AC%E5%9B%9B%E7%99%BE%E4%B8%80%E6%BD%9C%E6%B0%B4%E8%89%A6

ちなみに3番艦の伊402は
1946年4月1日 長崎県五島列島北方の東シナ海でアメリカ軍の実艦標的として撃沈処分された
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BC%8A%E5%8F%B7%E7%AC%AC%E5%9B%9B%E7%99%BE%E4%BA%8C%E6%BD%9C%E6%B0%B4%E8%89%A6

Q熱気球はなぜ浮かぶか~よくある質問の確認

 「熱気球はなぜ浮かぶか」という疑問には検索するといくらでも出てきます。たいていは
----------------------------------------------------------------------------------
 気体は暖められると体積が膨張します。気体の量そのものが増えるのではなく、分子の動きが活発になるので大きく膨らむのです。つまり、膨らんだ分だけ軽くなる訳です。
 周りの空気はそのままで、気球の中の空気だけ暖められると気球の外の空気が軽くなった気球を押し上げていくので、気球は浮き上がるのです。
----------------------------------------------------------------------------------
というような解答が得られます。で、これを踏まえての質問なのですが、熱気球が容易に膨張しやすい素材でできているのであれば、 '密閉した' 熱気球の中の空気を熱してやれば '気球が膨張' するので '空気も膨張' し、熱気球内の空気の密度が小さくなって浮くというのはよくわかります。
 しかし、ネット上の熱気球の写真を見る限りでは熱気球は密閉されてはいないようですし、その素材も風船のように膨張しやすい素材でできているとは思えません。それでも熱気球が浮かぶのは、熱せられた熱気球内の空気の分子運動が激しくなり、気球の外に飛び出した結果、熱気球内の空気の質量が軽くなり熱気球は浮かぶのではないのですか?

 「熱気球はなぜ浮かぶか」という疑問には検索するといくらでも出てきます。たいていは
----------------------------------------------------------------------------------
 気体は暖められると体積が膨張します。気体の量そのものが増えるのではなく、分子の動きが活発になるので大きく膨らむのです。つまり、膨らんだ分だけ軽くなる訳です。
 周りの空気はそのままで、気球の中の空気だけ暖められると気球の外の空気が軽くなった気球を押し上げていくので、気球は浮き上がるのです。
-------------------...続きを読む

Aベストアンサー

質問者の考えがほぼ正しい。

バーナーで高温の燃焼ガスとそれによって空気を加熱する熱気球を考える。これらの気体を高温空気とします。また、それまで気球中にあった空気と周囲の空気を低温空気とします。
熱気球自体の体積は、ほぼ一定です。高温空気が気球に送られます。これは、密度が小さいので、気球の上方にたまります。それによって、それまで気球中にあった低温空気は密度がが大きいので、気球の下の開口部から外部に押し出されて気球内部は高温空気で置換されます。気球は、周囲の密度の大きい空気より密度の小さい空気で満たされるので、上方への浮力を生じ、上昇します。水を満たしたビンをさかさまにして水中に沈め、口から空気を吹き込むと浮かぶのと同様です。
上昇した後、中の空気が冷えて密度が上がれば、空気の体積は減るが、気球自体の体積は変わらないので、廻りの空気が気球内に入り、下降します。ここでバーナーを点火すれば、高温空気によって気球内の空気が置換されて気球は浮くのです。
この気球は、気球内の空気が膨張して気球自体の体積が膨らんで浮力を生じるのではありません。気球内に入っている空気の質量が、温度によって変わることになります。気球内の空気が膨張するという説明だけでは、気球内の空気の質量は変わらないということになりますが、気球の体積がほぼ一定で、開口部がある気球ではそれはありません。
ところで、
熱気球として、黒いごみ袋を何枚かつないで大きな袋を作り、中に空気を入れ、太陽光で温めて中の空気を加熱して浮き上がらせるという「遊び」があります。この場合は、低温空気と高温空気の置換ではありません。中の空気が暖められて膨張し、密度が小さくなって浮力を生じます。はじめの空気は、ほぼ袋を満たしていますが、このときの体積より、暖められた後の体積が大きくなって、袋がほぼパンパンになるのです。気球内に入っている空気の質量は変わりません。

質問者の考えがほぼ正しい。

バーナーで高温の燃焼ガスとそれによって空気を加熱する熱気球を考える。これらの気体を高温空気とします。また、それまで気球中にあった空気と周囲の空気を低温空気とします。
熱気球自体の体積は、ほぼ一定です。高温空気が気球に送られます。これは、密度が小さいので、気球の上方にたまります。それによって、それまで気球中にあった低温空気は密度がが大きいので、気球の下の開口部から外部に押し出されて気球内部は高温空気で置換されます。気球は、周囲の密度の大きい空気より...続きを読む

Q旧日本軍の桜花について

一式陸上攻撃機から桜花へは上空で乗り移るのでしょうか?それとも離陸する前から乗っているのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

一式陸攻から上空にて敵艦突入直前に桜花に乗り込んだようです。

2トンの重量のある桜花を抱えた一式陸攻をアメリカ軍はレーダーで150km手前で発見したようです。
それに対して桜花の航続距離は37km倍近いスピードの敵戦闘機の攻撃にさらされれば桜花を捨てて逃げるしか手は無いでしょう(当時の日本軍ではそのようなことは許されなかったのかも知れませんが)
そのために上空で乗り込んだのではないでしょうか?

天沼俊著 「戦空の魂」1巻に少年兵の訓練風景から機内待機状況、出撃までが描かれています。参考にされてはいかがでしょうか?

Q熱気球の内の空気の質量

熱気球の原理についての質問です。
気球内には空気が存在していますが、下の部分が開いているのにもかかわらず、気球内部の空気の重力が気球の下向きに働く力の一つになるのがわかりません。

もしこれが成り立つならば、例えば、気球内部に金属の塊がどこにも触れずに存在していたとしたら、この金属の塊の重力も気球の下向きに働く力の一つになると思ったのですが…どう考えても僕の考え方の方がおかしいです。

なぜ気球内の空気の重力が気球の下向きに働く力の一つになるのですか?

Aベストアンサー

もし気体が気球から出て行かないで気球が静止しているようでしたら、気球の内面にかかる力(部分部分にかかる圧力に面積を掛けてそれを足し合わせたもの)と気球下面の穴から出て行こうとする力の合計が気体にかかる重力と等しくなります。
当然ながらそのままでは下の穴から気体が外に逃げてしまいます。
外に逃げないようにバーナーであぶります。そのバーナーで加熱され上昇する気体の力が下穴から出てくる力と拮抗することでプラスマイナスゼロになり気球内の気体の総量が一定に保たれるのです。

気体にかかる重力は、気球の内面と下で加熱するバーナーで支えられているのです。

するとバーナーにはその反作用として下に押されます。この分、気球を持ち上げるための力が増えます。

Q旧日本軍の装備について

第二次世界大戦の実録映像を見ていたんですが、兵隊さんの装備で分からない装備品がありました。

上手く説明できないんですが、海軍、陸軍共に何か背中にタンクみたいなものを背負っていて蛇腹のホースみたいなのが付いたやつなんですが、何でしょうか?できたら、何のために装着してるか知りたいです。(火炎放射機のタンクではなさそうです)

Aベストアンサー

防毒マスクです。

といっても、海軍では毒ガス相手ではないんです。
軍艦が被弾して燃えると、電線や化学物質、塗料などなどが燃えて、有毒ガスをだします。そのとき、現場で作業できないと船が沈みます。この考えをダメージ・コントロールといいます。特に自分が燃えたときの有毒ガスについての研究は、イタリア海軍が先鞭をつけました。

陸軍では対ソ連むけの装備でもっていました。
ソ連労農赤軍のガス教育は徹底していて、兵士に実物のサンプルをかがせて、各々の特徴、対策を教育していました。日本側は当然そのことを知っていますから、装備していたのです。ただ、使う機会はなかったわけですが。

Q気球が生み出す位置エネルギーはどこから来たか?

今、体積Vの気球に質量mの重りをつけて、高さhまで上昇したとします。
空気の密度をrとすれば、気球の浮力はrVg(gは重力加速度)だから、気球がした仕事は(rVg-mg)hですよね?ところが高さhでは質量mの物体の位置エネルギーはmghになってます。どうしてこういう違いがあるんでしょうか?

また、気球は大気圏をどこまでも上昇して、質量mを持ち上げますが、気球の中の気体にエネルギーが隠されていて、それが位置エネルギーに変化したのでしょうか?もしそうなら、気球を膨らますために投入したエネルギー(P(delta)Vかな?)が位置エネルギーに変換された、と理解していいのでしょうか?どうもエネルギーの収支がよくわかりません。

Aベストアンサー

こんにちは。
これはまたおもしろい質問ですね。

ご質問のポイントとしては、
(1) 気球でおもりを持ち上げたとき、位置エネルギーは増えたの?
(2) もし、エネルギーが増えたのなら、それはどこから来たの?
というところでしょうか。

 まず、計算は考え方がちょっと違っているでしょう。
 おもりがゆっくり持ち上がったとするならば、運動エネルギーはなし。
 気球の中のガスが極端に軽く、気球の幕まで含めて質量0だとすると、hまで上がったのは質量mのおもりなので位置エネルギーがmghなのは質問者さんのおっしゃるとおり。
 ただし、気球の浮力を、rVgとしたとき、これは、それだけの空気が気球の下に回り込んでいることを示しているので、他の方の回答にもあったとおり、いわば滑車の両端に同じ重さのおもりを下げた状況です。(片側は重り、もう片側は体積Vの容器に入った空気。)
したがって、式を示すと、mgh=rVghで、おもしろくも何ともない式かも・・・。(天井まで上がった気球付きの重りを下に引き下げると、その分、空気が持ち上がるだけですね。)

 でも・・・天井まで浮いた重りの紐を切ると明らかにエネルギーが見えますね。これはいったいどこから来たのでしょう。

 これは、滑車の両端に重りをつけて、片側の1つが高く上がったところで紐を切ったのと同じ。この重りを上に持ち上げるために、特別なエネルギーを使わなかったとしたならば、これは、もう一つの重りがあらかじめ高いところにあったから。
では、もう一つの重り、すなわち空気を持ち上げていたのは誰?
 すると・・・

 もし、気球にヘリウムガスが入っていたなら、そのヘリウムが、地上にある時点で、その分の体積の空気が上に持ち上げられていた。では、なぜ、ヘリウムが地上にあるの?(軽いので、自然に考えれば上空に上がってしまう。上空で採集したなら、これを地上に持ち帰ると言うことは、その分の空気を持ち上げるエネルギーが必要)
 で、ヘリウムは地下の岩石の中にあった(正確にはそこからしみだした天然ガスから抽出)。

ということは・・・
 地上でヘリウム気球を作って重りを持ち上げたとしたら、そのエネルギーは、地球が誕生したときに宇宙から岩石が集まってきた(落ちてきた)ときの位置エネルギーの名残ということになりますね。
(地球上の活動のほとんどは太陽の核融合エネルギーをもとにしていますが(石油・石炭も光合成の名残)、その他にも、他の星の爆発エネルギーの名残である核物質。
 そして、岩石が衝突しつつ地球ができたときの名残。
(地熱エネルギーがそれ。ただし、地熱もヘリウムも核物質の自然崩壊というエネルギーの比率が含まれているらしいですが・・・)

 さてさて、おもしろくなって長くなってしまいましたがいかがでしょうか
お役に立てば幸いです。

こんにちは。
これはまたおもしろい質問ですね。

ご質問のポイントとしては、
(1) 気球でおもりを持ち上げたとき、位置エネルギーは増えたの?
(2) もし、エネルギーが増えたのなら、それはどこから来たの?
というところでしょうか。

 まず、計算は考え方がちょっと違っているでしょう。
 おもりがゆっくり持ち上がったとするならば、運動エネルギーはなし。
 気球の中のガスが極端に軽く、気球の幕まで含めて質量0だとすると、hまで上がったのは質量mのおもりなので位置エネルギーがmghなの...続きを読む

Q旧日本軍の装備について

写真で見た日本兵が軍手を装着していたのですが、軍手は兵にも支給されていたのでしょうか?

Aベストアンサー

軍手、軍足、軍靴は旧日本軍だけじゃなくどこの軍隊でも官給されるでしょう。

Q熱気球でρ=(T./T)ρ.の求め方について

気球の下の部分には穴があって、気球内の空気圧は常に外気と等しい圧力に保つようになっている
気球の内部にはヒーターがあり、気球内の温度を調節することができる
今地表での外気の温度をT.、圧力をP.、そのときの空気の密度をρ.とする。気球の球体部分の容積は常にVとなる、また空気は理想気体とする。

いま、気球を地面に止めておいて、気球内の空気の温度をT.からTに上昇させる。この時の密度ρをもとめよ

解答は
一般に質量m、体積Vの空気の密度ρはρ=m/VとなるのでV=m/ρと表される
質量mの気体についてのボイルシャルルの法則P.V./T.=PV/Tに
V.=m/ρ.、V=m/ρを代入すると

P./ρ.T.=P/ρTとなる
空気の温度を変化させても、気球内の圧力はP.のままなので
P./ρ.T.=P./ρTより
ρ=(T./T)ρ.

となると在るのですがV.=m/ρ.、V=m/ρとして解いておりますが
気球の球体部分の容積は常にVとなるからVは変化しないし、また質量mも温度が上がっても圧力が上がっても変化しないのでρ=ρ.となるとおもったんですが

V.=m/ρ.、V=m/ρとして解いてよい理由を教えてください、できれば詳しくおねがいします

気球の下の部分には穴があって、気球内の空気圧は常に外気と等しい圧力に保つようになっている
気球の内部にはヒーターがあり、気球内の温度を調節することができる
今地表での外気の温度をT.、圧力をP.、そのときの空気の密度をρ.とする。気球の球体部分の容積は常にVとなる、また空気は理想気体とする。

いま、気球を地面に止めておいて、気球内の空気の温度をT.からTに上昇させる。この時の密度ρをもとめよ

解答は
一般に質量m、体積Vの空気の密度ρはρ=m/VとなるのでV=m/ρと表される
質量mの...続きを読む

Aベストアンサー

V - V. の部分は,気球からはみだして外に出ていくと考えるわけです。
熱膨張により当然密度は減少します(V > V.だからρ<ρ.)。それによる気球全体の質量減少が気球を浮力によって浮かす要因となります。

Q【近畿】旧日本軍の帽子が欲しい。

個人的な物欲なのですが。。。

近畿圏内で旧日本軍の帽子を
販売しているお店を探しています。

直接、手で掴んで感触を掴んだ後、
購入を検討したいこともあり、
店頭販売されているお店をご存知である方は、
書き込みよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 京都の東寺で毎月21日に開催される縁日(弘法市)に骨董や古着の店がたくさん出ています。
 旧陸軍の軍服を上下セットで置いてある店が数軒あったので、帽子もあるかも知れません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報