堺雅人が演じる半沢直樹は、正義感溢れる頭の回転が良い課長。幼少期にお金を貸してくれなかった銀行のせいで父親が自殺。その銀行をギャフンと言わせるために入社。敏腕を発揮し、銀行の花形である本店営業部の次長に昇進。次の標的は自分の父親を自殺に追いやった頭取だ。味方になれば、正当な権利を得られるが、的に回せば倍返し~10倍返しが待っている。
実際、半沢直樹のような上司は、どうですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

半沢直樹のドラマを見ると同様な経験をした過去の辛かった時代を思い出されるために見ていません。

文献によりますと、ドラマの内容は筋書き通り、事実と相違ありませんが、一部は物語的なものもあります。もし、半沢直樹のような人物について行く人は将来を考えると非常に少ない。若いころにはこのような支店長ににはなりたくないと考えていました。バブル時代も含め、自分が取り上げ、認可した融資で1件の貸倒もなく無難に対処してきましたが非常にハードな仕事で睡眠時間は4時間程度でした。資金繰りに苦しい企業でも将来性、経営者人物を判断して支援してきた会社は立派に成長して上場企業となっています。いざ支店長となるといろいろ重圧がかかります。しかし、信念を貫きますと部下は非常に喜び、働く意欲を示してくれました。
その後、本部の支店を監督指導する部署に転勤したところ、いろいろな問題がありましたが、ドラマの人物のような上司は閑職に追いやったこともあります。しかし、半沢直樹のドラマを更に上の行動をとる人物がいることに気がつき、全くやる気をなくしたことも事実です。銀行の役員になれば女性関係等新聞沙汰になるような不祥事がなければ安泰です。役員になって億単位の税金のかからないお金を稼ぐ人物もいます。この役員が怖いのは金融庁(旧 大蔵省)と日銀検査です。
ドラマの筋書き通りの行動をとるには非常に危険で、一つ間違えれば一巻の終わりの人について行く人はごくごく一部の人と考えます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
半沢直樹は実話を基に面白おかしく脚色した
フィクションのコメディーというところでしょうか。
やはり、現実にドラマの上をいく人物もいるんですね。
ドラマの人物のような上司を閑職に追いやったということは、
回答者様、半沢直樹みたいな方じゃないですか。

お礼日時:2013/08/26 18:24

父親を自殺に追いやったのは頭取じゃなくて常務ね。



あり得ない話だけどあんな上司がいたら仕事が楽しいだろうね。
敵にまわしたら怖いけど彼の敵になるような大物じゃないから、自分。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。
またまた、ご謙遜を。
いつかマリッサ・メイヤーさんをモノにしようとか。

お礼日時:2013/08/26 05:15

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aに関連する記事

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q「半沢直樹最終回」の疑問

久しぶりに面白いドラマであったと素直に賞賛した上で特に最終回で何故か腑に落ちないものを幾つか感じたので皆さんのご見解を伺いたいと思います。
まずタミヤ電機への3000万融資が実はラフィットへの転貸による塩漬け状態になっている件ですがこれはどうなったのでしょうか。
次に経営資質のない大和田婦人ですが、最後のシーンで「又100万円都合して」とねだります。
大和田は都合出来たのか、それとも都合出来なくて倒産したのでしょうか。
はたまた大和田夫妻は離婚へと進んだのでしょうか。(個人的には何とふざけた女だと思うのですが)
役満級の犯罪行為をした大和田常務にはあの様な行内処理で済まされるのか疑問に思う所もありますが少なくとも上記の件で納得の行く説明が為されないと続編(ロスジェネの逆襲)には行けない気がするのですが皆さんのご意見をお願いしたいと思います。

Aベストアンサー

原作では特に触れられないまま続編に進んだとのことです。

ドラマの続編が仮にあったとしてどのように処理されるかは解りません。
ただ、原作では大和田常務は出向したそうですがドラマでは出向しませんでした。続編に登場するための伏線だとすると、なんらかの描写があるかもしれませんね。

Q半沢直樹

半沢直樹って来年の4月やらないですかな?
堺雅人、リーガルハイはやるのに半沢直樹はなぜやらないのでしょう

Aベストアンサー

こういう話があります。

http://yunoyama.jp/blog/mikio/column/1937/

http://wjn.jp/article/detail/0480071/

Q「半沢直樹」~

「半沢直樹」~「あんたの言うとおりにしてよかったよ」の「あんた」は誰なんでしょうね?

第2話、どうでしたか?
なんかちょこちょこ笑いを挟んできますね。
オネエ国税局、大活躍w
もうちょっとシリアスに徹してもいいようにも思うんですけどね。
「あんた」ってだれでしょうね。


そして、
赤井英和の演技がものすごい事になってたなとか、
お願いしまっせ社長はんは笑うとこなのかちょっと困ったなとか、
ミッチーの演技は宝塚がかってたなとか、
上戸彩の「ぜってー」はイラッときたなとか、
山根基世さんのナレーションの安定感はハンパないなとか、
夏目さんの実物はいつかでてくるのかな?とか、

いらんこともいっぱい感じながらみました。
1話より、ちょっとテンション下がりました、私。

皆さん、第2話いかがでしたか?

Aベストアンサー

こんにちは

同感です。
でも、1話で次回を見るかどうか決まるわけで、作り手の気持ちも
脚本も違ってきますよね。

そういえば上戸さん、銀行員の妻にしては・・・ちょっと蓮っ葉な感じがしますよね?
それはそれでいいのかもしれませんが、友達も煩い、イラつくと言ってました(^_^;)

というか、二時間スペシャル2回で終わってもいいんじゃないか?
その方が内容が集約されて面白い感じがします。

あの謎の人物は支店長?いずれにしても、銀行関係者でしょうね。
常務はかつて半沢の工場に融資しなかった人物でしょうし・・・。

真っ黒な銀行ですね。

Q半沢直樹にて 東田の財産差し押さえ

ドラマ 半沢直樹の5話で半沢と竹下社長が高級クラブに乗り込み東田を糾弾したシーンにて質問です。
半沢が回収するのは5億ですよね?NYハーバー信託銀行の預金額は12億でしたよね?
あれ全部差し押さえ出来るんですか?
ベトナムで差し押さえた事業も差し押さえしたら5億以上になりますよね?

Aベストアンサー

債権が5億なのに口座の全額12億を差押え出来るのかという事ですよね。
その道の専門家ではないので正確には分かりませんが、
私的な想像だと出来ない気がします。

でも銀行が通知を受けた口座を一連の処理が済むまで凍結するのはあると思います。
その間、預金は出来ても引出し等は出来なくなる事ならありそうな・・。
そういう意味で分かり易く12億を差押えたと言ったのではないでしょうか。
もしくは他の債権者に呼びかけて同時に差押えしてるとか・・。
その額の合計が12億に届いているのかもしれません。

半沢が取れるのはあくまで5億で処理が済めば口座の凍結も解除されるはずです。
それに掛かる時間的なものがよく分かりませんが、
数日かかるなら国税も急げば間に合うという事なのではないでしょうか。
差押えるには銀行名や支店名、口座番号などが解ってないと無理みたいです。
その情報がすぐに欲しいなら”頭を下げに来い”と言ったのだと思います。

その道のプロ同士では通じる会話という感じなのかもしれません。
西大阪スチールの東田にはバレた事自体が敗北という感じですし・・。
視聴者に分かるくらい細かく説明すると盛り上りに欠けそうなので
ドラマ的に分かり易くしたとも考えられますが・・。

債権が5億なのに口座の全額12億を差押え出来るのかという事ですよね。
その道の専門家ではないので正確には分かりませんが、
私的な想像だと出来ない気がします。

でも銀行が通知を受けた口座を一連の処理が済むまで凍結するのはあると思います。
その間、預金は出来ても引出し等は出来なくなる事ならありそうな・・。
そういう意味で分かり易く12億を差押えたと言ったのではないでしょうか。
もしくは他の債権者に呼びかけて同時に差押えしてるとか・・。
その額の合計が12億に届いているのかもしれませ...続きを読む

Q半沢直樹の最終回について

半沢直樹の最終回が意外だったそうですが むしろそれが自業自得だと感じた視聴者っているんですか?

私は見ていませんでしたが。

Aベストアンサー

短絡的な見方をすれば自業自得かも知れませんが、
長期的な見方をすれば出向から戻ってきたら出世するかも知れませんね。
出向はたしかに半沢がやり過ぎたからですが、
伊勢島ホテルの件、大和田の不正暴きと会社への貢献度が高いので、
(頭取も助けられているので)
ほとぼりが冷めた頃に戻ってこれるでしょう。
いくら仕事が出来ても今は他の取締役がビビっちゃってダメでしょう。
更に言えば半沢は頭取の指名で伊勢島ホテルに携わったので、
頭取をよく思っていない人から見たら、その頭取にひいきされた半沢は
仕事は出来るといっても目の上のたんこぶ、半沢も頭取も善からぬ噂が立ちますよ。
ただ半沢の欠点は強すぎる正義感なので、
いつも戦ってばかりだとおちおちゆっくり眠れないですね。
毒にも薬にもなる半沢をどう使うかは頭取次第です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報