ネットが遅くてイライラしてない!?

自作回路の電源のバックアップ、また、主となるパスコン用のコンデンサとして

http://akizukidenshi.com/catalog/g/gP-04249/

を使おうと考えています。
ですが、容量がとても大きいので、接触による感電が心配です。

仮に5Vでこのコンデンサをフルに充電した後、片手の親指と人差し指で両極をつまむと、ビリッときますか?それとも何事も無く終わりますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

人体には皮膚を通して抵抗値があります。


様々な文献では、おおよその数値が出ていますが、
正確なDATAは有りません。
何故ならば 個人個人ちがうのと、皮膚の乾燥や
湿り気の状態よって正確な値が求められてい無いからです。

ある文献では、皮膚が乾燥していれば10,000Ω発汗中はその1/12、
水に濡れ状態では1/25まで低下すると言われています。
(違う文献では2000~5000Ωと示している物もありました。)

コンデンサーが5Vで蓄電された端子に触った時
人体抵抗が仮に5000オームとすると流れる電流は 
0.1mAです。これでは全く感電を感じません。


電流         感電状態
0~0.5mA    電流を感知できない
0.5~5mA    ビリビリの痙攣は無い、接触の指や腕などに痛みを感じる
5~30mA    痙攣を起こし、接触状態から離れることが困難になる。
30~50mA   強い痙攣を起こし、失神や血圧上昇。長時間の感電は死亡する。

経験では交流電圧をスライダックで変圧し60~70V付近で0.5~5mA位の感電をしました。
交流100Vで痺れは感じますが、でも慣れれば我慢出来無いことはありません。
さすがに200Vはいけません。がくっと 衝撃を感じます。

従って コンデンサーの電圧も同様で電圧が低ければ感電していても感覚としては
何も感じません。
乾電池、バッテリーでも、コンデンサーも蓄電器ですから全く同じです。
ただし ケーブルでの短絡ではコンデンサーは一時に電流が流れてしまいます。
乾電池やバッテリーは容量が大きいので能力が無くなるまで流れ続けます。
ケーブルがヒーターの様に熱を持ち、ケーブル皮膜が燃えてしまうこともあるでしょう。

既に家庭には存在しませんが、真空管式のラジヲでは+350~450V、
真空管式テレビでは 約+1000Vありました。
このコンデンサーに触った時は心臓が止まりそうなぐらいの衝撃を
受けました。(死ぬかと思いました。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく説明していただき、ありがとうございます。

お礼日時:2013/11/13 00:36

舌では006Pの9Vを感じますから湿った環境で敏感な人なら

    • good
    • 0

5Vでこのコンデンサをフルに充電した後、片手の親指と人差し指で両極をつまんでも、ビリッときません。

何事も無く終わります。5Vでは感電しません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

お礼日時:2013/11/10 17:03

5Vでは普通の体質では感電しません。

12Vで乾燥した状態でも感電しません。12Vバッテリーの電解液がこぼれた状態でバッテリーを持ってビリビリ来たことがありますが強い電撃ではありません。私は電気を感じやすい体質で48Vでは感じはじめると思います。電気工事の人は100Vを指で触って、来てるねなどと確認する人もいますね。私にはできません。

コンデンサで注意が必要なのは感電のほかに短絡による発熱です。5Vでも容量が大きいと金属が溶けて飛散するでしょう。火傷や、回路上に飛んで故障させる、目に入って失明など事故になる危険もあります。

まあだからと言ってリレーと抵抗で電源OFF後に放電させる必要があるかどうかと言うと、ただ警告表示を書いて修理の時はワニクチと抵抗で短絡させるという対応でも充分だと思いますけど。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

考えてみれば、感電したかどうかを感じるのは電圧の違いでした…

アドバイスありがとうございます。

お礼日時:2013/11/10 17:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q安全にコンデンサを放電させる方法。感電防止法。

使い捨てカメラ等の分解でコンデンサに電荷がたまっている場合、いきなり金属棒を両端子につけるとスパークが飛ぶと思うのですが安全に放電させる方法はありますか?また、手術用の薄いゴム手袋(ラテックス手袋)が作業がしやすいのですが、耐圧とかどのくらいの容量のコンデンサまでなら感電防止になるのでしょうか。

Aベストアンサー

「安全に」とおっしゃるのであれば、抵抗である程度ゆっくり放電させるのが一番です。

コンデンサの容量、印加されていた電圧が分からないので何ともいえませんが、
10kオーム程度の抵抗をコンデンサの両端につなげて放電してはいかがでしょうか?
こんな形の抵抗が転がってればいいんですが。
http://homepage1.nifty.com/powder/note/teikou.htm

10本入りで¥40程度ですが、ラジオなどを分解して取り出したものに延長線をつけてもよいです。
http://eleshop.kyohritsu.com/products/index1.html

Qコンデンサの放電時間の算出方法をお教え下さい。

十分に充電された300V、100μFの電解コンデンサの両足を
10kΩの抵抗でショートした場合、コンデンサに蓄えられた
電荷が全て放出されるまでに掛かる時間の求め方を
教えて頂けますでしょうか。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

いつまで経っても電荷が全て放出されることはありません。
放電が進むと電圧が下がって流れる電流は少なくなります。
T秒で半分の電圧になるとすると、次のT秒で半分、次のT秒で半分・・・となって無限の時間が掛かります。

Q高圧進相コンデンサーの充電状態

6.6kV受電設備の定期点検時、受電遮断器を開いた時高圧進相コンデンサーの充電状態は
どうなっているのでしょうか?遮断j器開時は電流は零となる訳なので電圧は90°位相遅れで最大値となっているわけですがその状態でコンデンサ端子部等に触れたら6.6kVに感電となるのでしょうか。
又、定期点検時のコンデンサーの扱い方を教えて下さい。
放電の必要がある場合、簡単にアース棒等で接地させても問題無いのでしょうか。

Aベストアンサー

 >放電の必要がある場合、簡単にアース棒等で接地させても問題無いのでしょうか。
急激な電荷移動は、コンデンサ内の絶縁体に大きな影響を与えます。
実際は、直接接地だけで行っても壊れる事はありませんが、コンデンサの寿命に影響を与える事は十分に考えられますし、古いコンデンサなら尚更です。
その為、開放直後であれば、抵抗付き接地棒により接地する事が重要です。
ただ、自己放電回路が内蔵されていますので、十分に時間が経過した後であれば、直接接地でもかまいません。

不良を発見する為の点検作業で、不良を作り出すような行為は避けるべきだと思います。

Q電解コンデンサが壊れると

寿命のある電解コンデンサは、周囲温度等の条件から推定寿命から交換する必要があると聞いたのですが、もしコンデンサが壊れてしまるとどのような不具合があるのでしょうか?
コンデンサを交換する必要がどのくらい重要か知りたいのです。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

>マザーボードのコンデンサが膨らんでいるように見えます。交換しないといけないと考えますが、膨張する原因はあるのでしょうか?

 膨張の度合いにもよるんですが、コンデサ内部の
金属部品が腐食して膨張しているか、腐食の途中で
発生したガスの圧力がコンデンサのケースの膨張の要因です。
(つまりコンデンサの不良です)

 通常、電解コンデンサに寿命があるのは、内部に電解質
溶液が染み込ませてあるので、長期間(5~10年)
の間にその液体が徐々に蒸発して、容量抜けと
いう現象がおき、コンデンサとしての電気的
容量が減ってしまうためです。これなら
コンデンサのケースの膨張はありません。

 もしそのコンデンサが電源の平滑回路に
使ってあれば、電気的容量の減少と共に
電源のリプル増加やノイズ発生の要因と
なり、マザーボードの場合だと回路全体の
誤動作の要因となります。

  

>過電圧が疑わしいのでしょうか?

 一般論としてはそれもあると思いますが、最近の
ものならコンデンサ自身の不良です。
 
 90年代の後半からだと思うのですが、
中国や韓国でのコンデンサ製造が本格化し、
技術移転と共に、現地メーカーだけで
独立した製造が行われるようになったんです。

 以前は、日本のメーカーも技術者を派遣し、
指導しながら、原材料も日本から送ったり
していたんです。人件費が安いため、そういった
方法でも製造コストを下げられたんです。

 最近は、中国や韓国が独自にやっているんで
問題が多いんです。中には日本メーカーの
指導を受けている工場から、勝手に技術を盗んで
やっているとこもあるんで、基本的な原理を知らず
物を作っている場合もあり、製造上の問題が
起こっても対処できないんです。

 中国の場合、特に化学物質の質が非常に悪く
電極を腐食してしまうような物質がコンデンサの
電解質溶液の中に含まれている事があるんです。
 それで、コンデンサが早く駄目になってしまう
んです。
 韓国の場合、購入を決めてもらうための
最初のサンプル品だけいい材料で作って、
後は質の悪い部品を使い、コストを下げて
自分たちの利益を上げるという方法を
よく使うのですが、それを知らないメーカーが
うまく対処しきれないと、劣化しやすい
コンデンサが大量に使われる結果となります。


 そこで、最近ではわざわざ「日本製コンデンサ使用」
と記載しているマザーや、ハブなどがあるんです。
http://rd.search.goo.ne.jp/click?DEST=http://www.syscom-jp.net/listing.asp&no=1&from=anw

デュアルコアCPU対応/IDEx3/S-ATAx4/IEEE1394b/
日本製コンデサ使用. 43-0219. ASUS, P5LD2-VM-UAYZ



>コンデンサを交換する必要がどのくらい重要か知りたいのです。

 コンデンサの故障モードにはオープンとショートの
2つが考えられますから、電圧が高い電源部分で
ショートで壊れると、発熱など最悪火事の要因に
なります。

 電源回路から離れたところで、現在回路の
動作に問題なければ交換の必要はないと思います。
 多分、オープンのモードでコンデンサが壊れて
いて、そこに並列に入っているほかのコンデンサが
あり補ってくれているため、動作に問題が起こって
いないのだと思います。

 
 


 

 

>マザーボードのコンデンサが膨らんでいるように見えます。交換しないといけないと考えますが、膨張する原因はあるのでしょうか?

 膨張の度合いにもよるんですが、コンデサ内部の
金属部品が腐食して膨張しているか、腐食の途中で
発生したガスの圧力がコンデンサのケースの膨張の要因です。
(つまりコンデンサの不良です)

 通常、電解コンデンサに寿命があるのは、内部に電解質
溶液が染み込ませてあるので、長期間(5~10年)
の間にその液体が徐々に蒸発して、容量抜けと
いう現象がおき...続きを読む

Q感電しない(人体に影響がない)電圧と電流の強さは?

電池の両極を手で触っても感電はしませんが、実際には電気が身体を流れていますよね?そこで感電しない(人体に影響がない)電圧と電流の強さはいったいどのくらいなのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

足元が水浸し、汗を掻いている、体の一部がアースされている等、体の状態でも大きく左右されますが、一般的には42Vを「死にボルト」と呼ばれ、一つの境になっています。

また、体全身が水中にある時は、5Vでも感電を起こすと耳にした事があります。

電流値については、人体への通電時間によって影響が異なります。詳しくは参照URLのグラフを参考にして下さい。

http://homepage3.nifty.com/tsato/terms/electric-shock.html
http://www.nttfe-thk.co.jp/mame/denki/denki.html

Q電源の電解コンデンサーの放電の仕方。

プリメインアンプです、電源部の電解コンデンサーの放電についてです、10000μFや22000μFの、1番安全な放電の仕方を教えて下さい、

いきなりショートさせるのは苦手なので、アドバイス宜しくお願いします。

Aベストアンサー

電源コンセントからプラグを抜き取って、数日間以上放置する。
昔の機器のように電源スイッチがメカニカル方式なら、オンにする事で、
短時間(数秒)での放電が可能です。

Q三相電力のUVWとRSTの違いについて

三相電力にはU相V相W相がありますよね?これはR相S相T相とどこが
違うのですか?
また、各相は発電したときから決まっているのですか?
素人の考えですが相というのは単に波形の順番に過ぎないと思いますのでどのケーブルが何相であってもかまわないような気がするのですが。
どなたか教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

もともとは、RST、UVWに意味は無かったはずです。

有効電力がPowerから、P となった後
単にアルファベット順から、Qが無効電力、 Rは抵抗なので飛ばして
Sが皮相電力を表すようになったと記憶してます。
・・・P、Q、(R)、S、T、U、V、W、X、Y、Z

相の呼称に関しても、アルファベットの終わりより3つ1組として
 XYZ、UVW、RST が利用されるようになったと記憶してます。
XYZは何かと登場するため、利用は避けられているようですが
既にご回答されているUVWやRSTに対する意味づけは、後付けルールみたいなものだと思います。
1次側は大文字、2次側は小文字と区別しているケースも見かけます。

Q漏電遮断器の原理を教えて下さい

現在専門学校で電気を勉強しているものです。

漏電遮断器の原理がいまいちよく分かりません。

特に接地(アース)していないと漏電遮断器が働かないという根拠が分かりません

電気に詳しい方、教えていただけませんか?

Aベストアンサー

一般の家庭用の100vや200vの電気は電力会社から高圧(一般家庭近くでは6,600v)で送られてきて、電信柱の上のトランスで、100vや200vに落とされて家庭に配られますが、この柱上トランスの100vの片線と200vの中性線が故障のときの安全のために地中にアース線としてつながっています。電流は電子の移動なので、必ず出て行った分と同じだけ戻ってきます。もしこれが違っていたときは電流がどこかに漏れていることになるので、この差を検出して電流を遮断するのが漏電遮断器です。まず漏電の状態を考えてみますと、電気が流れている電気製品で、電線の被服が破損して電気製品のボディーに接触したとします。この時破損した側の電線がアース側なら電位が同じなので何も起きません。また反対側でも電気製品のボディーが完全にゴムか何かの絶縁体の上に乗っていれば漏れ電流が流れないので漏電遮断機は働きません、あくまで遮断器のところを通る電流の差が規定値(50mA程度)を超えた場合のみ働きますから。ここでこの電気製品のボディーを地面に接触(アース)させると電流がボディーからトランスのアース側へと流れて漏電遮断機に流れるプラスマイナスの電流値に差が出て漏電遮断機が働くことになります。つまりこの意味で、アースしていないと漏電遮断機が働かないのであって、漏電遮断機そのものをアースする必要は全くなくまたそんな端子もありません。

一般の家庭用の100vや200vの電気は電力会社から高圧(一般家庭近くでは6,600v)で送られてきて、電信柱の上のトランスで、100vや200vに落とされて家庭に配られますが、この柱上トランスの100vの片線と200vの中性線が故障のときの安全のために地中にアース線としてつながっています。電流は電子の移動なので、必ず出て行った分と同じだけ戻ってきます。もしこれが違っていたときは電流がどこかに漏れていることになるので、この差を検出して電流を遮断するのが漏電遮断器です。まず漏電の状態を考えてみますと...続きを読む

Qサイズ(W・D・H)の表示順についての質問です。

サイズの表示順についての質問です。
カタログなどで商品のサイズが20×30×10などと表記されているのですが、W×D×Hの順序でしょうか?それともW×H×D? 基本的なことで申し訳ありませんが教えてください!

Aベストアンサー

幅W×高さH×奥行D が多いです。

椅子の場合は 座面の高さ SHが入ります。

テーブルは 長い方W 短い方はD 高さは H

で お打合せしてます。

Q3相200Vから単相100Vへの変換と違法性について

初めてみなさまに質問いたします。よろしくお願いいたします。
仕事で、三相200Vを使用しているのですが、単相の100Vを得ようとしています。使用する目的は、実験用で漏電、過電流などが起き漏電遮断機等がトリップしても、ほかのAC100Vを落とさないようにしたいためです。実際には、三相200VからNFBを通り、三相のR,Sを単巻きの変圧器で降圧し、絶縁トランスで二次側の一方を接地した後漏電遮断機を通して実験用電圧としようと思います。単相100Vはせいぜい10A程度の使用です。
前任者が同じことをやって電気工事業の人に「違法だ!」といわれたと聞いているのですが、どれが違法なのか?そもそもこんなことはやってはいけないのか?どうかお知らせいただけますでしょうか。

Aベストアンサー

出来ることはできますね。
体験談として、中国で展示会があり、3相機器も多く利用しましたが、中には、単相100V機器も多くあり、小型変圧器を挿入して、各相を、超アンバランスで約1ヶ月間の展示期間を利用しました。相手の技術者が定期的にクランプオン式の電流計で測定して、アンバランスで、ある相が、以上に電流が多く、暑い(中国語で、ルー)と入ってました。でも、無視しました。中国語を理解しませんので。

違法性に付いては、私も電気工事を専門にするわけではないので、間違っているかもしれません。

三相200V供給の「低圧電力」契約と単相供給の「電灯」契約とでは使用できる電気機器が異なっており、「低圧電力」契約において、小型変圧器を介して単相の電気機器を使用することは電気供給規程違反となるらしい。

           


人気Q&Aランキング