マンガでよめる痔のこと・薬のこと

今までアナログ書いていましたがペンタブを買ってみたく調べていたら液晶タブレットの存在を知りました。予算は足りますがどちらにしようか迷っています

そこでいくつか質問です。可能な範囲で答えて頂けたら幸いです
1、板タブで、手元を見づに書く感覚どの位で慣れましたか?
2、液タブは作業効率が早いと聞きますがそれはどういう事ですか?
3、おすすめの板タブを教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

1. すぐに慣れました。

ディスプレイとペンタブの大きさが違うのでアナログと同じように、とはいきませんが、それはマウスでもそうですし、設定で変えることもできるので大丈夫だと思います。

2. アナログのように描ける、ことです。普通のペンタブではディスプレイが自分に対して平行、タブレットが垂直なのでラグがあるのですが、液晶タブレットであればそれがありませんし、直感的に描けます。しかも大きいし!

3.wacom社のintuosシリーズが良いかと思います。(今まで人気だったbambooシリーズはintuosシリーズに統合されました)趣味程度であれば、intuos comicが最初からペイントソフトのライセンスがあり使いやすいと思います。http://tablet.wacom.co.jp/spec/intuos/index.html

あくまで個人的な意見ですので、実際に触っていただくのが一番だと思います。液晶タブレットが予算的に大丈夫だなんてとてもうらやましいです…(><)

長文失礼しました。
    • good
    • 2

1.3秒。

マウスを使っててマウスを見るか?
2.モニターを見ないで作業が進められるから
3.板タブってなんだい?

素人が勝手に俗語を作るな、ってんだ。

素人なら最初はwacomのBambooでいいよ
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qネットに投稿されてるデジタルイラストが悲惨に見える

高校二年の弟がオタク絵を描くのですが、上手くありません。
弟は、「これからはデジタルの時代なんだよ!」とうるさく、パンフレットに載っている高価な専用のパソコンやペンタブレットを親や私に必死にねだっています。せめてとっかかりは数万のPCや中古で揃えろと思います。
しかしそれ以前に、弟の手書きが上手ではない(下手クソな)のが気になります。下手なオタク絵は、痛車ならぬ痛絵です。弟がパソコンやタブレットを持ったところで、豚に真珠になりそうな気がします。

最近ネットで、「評価してください」と評価を求め掲載されているデジタルイラストを多々見たのですが、
上手だと思うものがありません。どちらかというと悲惨です。私は絵に詳しくありませんが、くしゃくしゃと着色され輪郭線もぼやけていて、メリハリがない感じに見えます。この人たちに色鉛筆を握らせて手書きで描かせても、どのみち悲惨な絵を描いてしまう人たちなような気がしてしまいます。

専門学校のイラスト科の出展作品も観に行ったことがありますが、露骨なパクりや、ネットでよく見るメリハリのないぼやけた素人臭い痛いデジタル画ばかりが並んでいました。大金出して指導してる先生達がいる学校に2年通っても現実はこれかと落胆しました。
描いている生徒達は弟より年上の20才くらいの人たちだと思いますが、レベルの高い絵を描けているのは100人中一人ほどでした。弟がその100人中の一人に入っているとは思いません。

私の高校時代の友達に絵が上手な子がいました。(デジタルイラストではなく手書きでしたが)高校くらいから見れる絵を描いていましたし、その子は色鉛筆で描いた絵でも見事だと褒められ、学校の展覧会で入賞していました。…弟がそういう人物であれば買い与えたいと思うのですが…

弟には色鉛筆かミリペンか何かでも持たせ、ある程度見れる絵が描ける様になってから物をねだれ、と言っていいでしょうか。弟が、今すぐでもデジタルで書かせろと言ってうるさいです。皆様のお考えを教えてください。

余談ですが、弟は甘やかされて育ってしまったため、ねだればなんでも買ってもらえると思っています。中学のときは、エレキギダーをねだって結局上達せず、放り出しています。弟専用のパソコンとペンタブレットを買い与えても、同じになる気がしてしまいます。

高校二年の弟がオタク絵を描くのですが、上手くありません。
弟は、「これからはデジタルの時代なんだよ!」とうるさく、パンフレットに載っている高価な専用のパソコンやペンタブレットを親や私に必死にねだっています。せめてとっかかりは数万のPCや中古で揃えろと思います。
しかしそれ以前に、弟の手書きが上手ではない(下手クソな)のが気になります。下手なオタク絵は、痛車ならぬ痛絵です。弟がパソコンやタブレットを持ったところで、豚に真珠になりそうな気がします。

最近ネットで、「評価してくださ...続きを読む

Aベストアンサー

正直、「これからはデジタルの時代~」云々言っている時点で絵の上達は難しいでしょう。世の中結局純粋に絵を描くことが好きな人が上達するのです。好きでもなければ上達するまで続けられません。
貴方の言うとおり、弟さんにデジタルはまだ早いでしょうね。デジタルにしても紙に描く絵が下手ならば下手なままです。機能は変わっても上手い下手は本人の腕次第ですから…。デジタルで上達する人もいますが、まずペンタブとたくさんある機能に慣れることに時間がかかりますから、話を聞く限り弟さんには難しそう。

ネットで見る素人絵は悲惨ですよね。評価してと言われても困ってしまうようなものばかり…逆にこちらが恥ずかしくなるようなものだってあります。ネットという万人に見られるところに載せるなら、ある程度上達するまで努力してからの方がいいのでは…と思ってしまいますね。
逆に、アナログでも感嘆するほど上手い絵もありますね。「これホントにアナログか?」と思わず疑ってしまう程。その人デジタルでも描いていますが、やっぱり上手でした。

将来仕事にしたいわけでないならそんなに必死になることもないでしょうが…デジタルとなるとお金がかかりますからねえ。そんなに簡単に決めれませんよね。
高校生だということで…いっそペンタブ買ってやってその難しさに挫折させるのも手かと思いましたが、甘やかすのも将来どうかと思います。
やはりアナログのままの方がいいかもしれませんね。弟さんが本当に絵を描くことが好きなら、アナログで十分上達するはずですよ。アナログなら鉛筆でも色鉛筆でもクレパスでも水彩画でも、ちょっと値段も張りますがコピックなどの画材もありますし。まあ年単位で考えるとデジタルの方がコスト抑えられそうですが…途中で投げ出されたら元も子もありませんしね。

正直、「これからはデジタルの時代~」云々言っている時点で絵の上達は難しいでしょう。世の中結局純粋に絵を描くことが好きな人が上達するのです。好きでもなければ上達するまで続けられません。
貴方の言うとおり、弟さんにデジタルはまだ早いでしょうね。デジタルにしても紙に描く絵が下手ならば下手なままです。機能は変わっても上手い下手は本人の腕次第ですから…。デジタルで上達する人もいますが、まずペンタブとたくさんある機能に慣れることに時間がかかりますから、話を聞く限り弟さんには難しそう。
...続きを読む

Q(イラスト用)液タブかタブレットPCか・・・

まず、どっちも持っている人に聞きたいのですが、今ワコムの液晶ペンタブ(cintiqシリーズ)か、タブレットPC(cintiq companionシリーズ)か迷ってます・・。イラスト用としてはやはり液タブの方が描き心地や、繊細な表現とかしやすいでしょうか?

また、タブレットPCで絵を描いている方、繊細な表現など(細い線を書き込んだり)する際に
問題ないですか?

回答お願いします。

Aベストアンサー

タブレットPCはディスク容量が少ないのが難点の一つ。
ただし外付けドライブの増設で解決できる。

プロ・セミプロならば液晶ペンタブレットを薦める。
タブレットPCはパソコンとしての処理能力が低いので効果を与えるフィルタの動作が異常なほど時間が掛かる。
線画しか描かないならタブレットPCを薦めるが、仕上げに手の込んだ効果を加えるのであれば薦められない。
またタブレットPCで等倍表示をしている状態で1ドットを極めるのは困難だ。
その点マウスを併用できるデスクトップPC(またはノートPC)のほうが操作性は良い。

Qトレース台があれば時間の節約になるの?

買ってからあまりつかわなかった、、というのも悲しいので
質問します。

7回目の投稿用の漫画を製作中の者です。
消しゴムを当てるのにも時間がかかり
台詞の書き換えも時間がかかります。

特に消しゴムをかける時間を減らしたいと
トレース台の購入を考えています。
単純作業ですが結構きつくて、、

下絵を書き込む方なので
消しゴムをかけるのも大変だし
何となくらくがき用紙に描いた絵がよくかけて 
漫画につかいたいと思ったり、、していますが

トレース台を使用している方がいれば
以前とどう変わったか
またはこんな風にも使えるという部分を教えてほしいです。

Aベストアンサー

 わたしの場合はグラフィック関係に使っていて漫画は描いたことがありませんが、とにかくトレース台があるのと無いのとでは作業性も仕上がりの満足度も大違いです。
 下絵をトレースして本番の清書を制作する時にはもちろんのこと、アニメのように少しずつ絵を変化させたり、2つの絵を重ねる際の見切りを決める際などにもとても便利。
 それに、意外に役に立つのが、一見して良く書けた下絵でも裏返して透過して見ると案外描く人それぞれの独特の歪みがはっきり出ていることに気付き、また修正できること。

 たまには背景となる風景などでも、これがあればデジカメから取り込んだ実際の風景を墨一色でプリントアウトしたものをトレースすることで絵に写実感や現実感を盛り込むなどというテクを発揮しやすくなります。

 お買いになるなら、できるだけあまり熱くならないもの、できるだけ薄いもの(厚いと腕や手、目が疲れやすいので)、できるだけ広いもの(A4よりはB4というふうに)、手前に傾斜しているもの、といったものをお探しください。

 また、フリーハンドでトレースする場合には紙を回したくなるもの、下絵と本番の清書の紙はドラフティングテープで固定しておき、一緒に回せば絵はずれません。

 わたしの場合はグラフィック関係に使っていて漫画は描いたことがありませんが、とにかくトレース台があるのと無いのとでは作業性も仕上がりの満足度も大違いです。
 下絵をトレースして本番の清書を制作する時にはもちろんのこと、アニメのように少しずつ絵を変化させたり、2つの絵を重ねる際の見切りを決める際などにもとても便利。
 それに、意外に役に立つのが、一見して良く書けた下絵でも裏返して透過して見ると案外描く人それぞれの独特の歪みがはっきり出ていることに気付き、また修正できること。
...続きを読む

Qデジタル絵は上達、アナログは下手に

絵を描きたくて、液晶ペンタブレットを使って練習しています。
今はそれなりに、さらさらと時間をかけずに作業が進むようになりました。

半年ぶりぐらいに、アナログで描いてみようとペンを持ったところ、
以前より下手になっていました。

「デジタルで上手くなる」=「アナログの絵もそれなりに成長」すると考えていたのですが、
完成度の違いにがっかりしてしまいました。

僕のように、デジタルではそれなりに描けても、
アナログになると、急激に下手になってしまう方は多いのでしょうか?

Aベストアンサー

どのような絵を描かれていらっしゃるかはわかりませんが、
そもそも「時間をかけなくて描ける=上達した」という考え方は、
根本的に違うと思います。

プロで絵を描いている人のなかにも、
「私は早く描けるので納品は早いで~す!」というのを売りにしている人はいるんですが、
はたから見れば、そんなことはどうでもいいことで、
内容もそれなりのもの(雑)だと思います。
依頼する方もそれなりのものしか求めていないのだとは思います。
(対価もそれなりだとは思います)

なので勘違いしないで欲しいです。
もちろん、納期がどうしてもずらせなかったりのクライアント側の都合や、
ライブペインティング的なことや、
観光地の似顔絵描きの方など、
スピードも重要な場合もあるでしょうが。

素人の方は「パソコンだったら簡単にあっという間に描けるんでしょ?」
なんていう言い方をする人もいますが、
基本的にはアナログでもデジタルでも描いている道具が違うだけで
「描く」という行為には全くかわりはないです。

どういう絵を描きたいか、どう仕上げたいかで道具を使い分けているだけで、
アナログであれデジタルであれ、デッサン力も色彩感覚も構図もアイディアも…
絵を描くという過程では全く同じように時間もかかるし技術もセンスも必要です。

私は、どのように仕上げるか、どう見せたいのか、
何の媒体で使用するのか、
もしくはクライアントの要求などで使用する「道具」を使い分けています。

大学生の頃はアナログで(わたしの時代はデジタルはありませんでしたので)
毎日人体や静物デッサンを勉強しました。
質問者さまは向上心が旺盛でいらっしゃるようなので、
本格的に勉強されるのであれば、やはり実物を見て描いて欲しいなとは思います。
道具よりも、今はそちらの方が大事かもしれないです。
同じものを描いても、絶対違う良い絵になるでしょう。絵の深みが違ってきます。
なんでもいいんです。
例えばハサミでも鉛筆でも水の入ったコップでも鏡にうつった自分の顔でも。
毎日、利き手でない自分の手の違う動きで描くだけでも、
ものすごく勉強になりますよ!
デジタルでもアナログでも。

勉強するには本当の本当は、やはり素材感や空気感や動きなどいろんなことを感じながら
実物を見てのデッサンというのが、基本中の基本だとは思います。
でも、専門的に仕事をするのを目指していないのであれば、
手軽に写真などを参考にしながら
「描く」ということを愉しむだけでもアリかとは思います。

アナログでもデジタルでも基礎となるデッサン力がないと絶対ダメ。
どこかですぐボロが出ます。
まずはそれ。

ある程度身に付いたら、絵によっては次のステップで
資料写真などを利用して参考にしたり、
レイアウトしていく必要も出てくるかもしれません。

アナログもデジタルも使い方の慣れと勉強は必要。
たまには鉛筆を持ち、たまにはペンタブを持ち、
どちらの道具でも自分に合っている方でまず練習してみては?
今、ペンタブの方が自分で上手くいっている気がするのであれば、
無理をせずにペンタブで何年かかっても
納得できる絵ができるようになるまでやってみるのもいいと思いますよ。
そしたら、自分の個性や良い面もわかってくると思いますよ。
「デジタルで上手くなる」=「アナログの絵もそれなりに成長」
というのも間違いでないと思います。
完成度の違いにがっかりされたとのことで、
まだ、判断が早すぎるのかアナログの道具の使い方に慣れていないのかもしれませんよね。
どちらかが成長すれば、必ずなんらかの部分で良くはなっているんだとは思います。

絵を描くのは好きならば楽しいはずですが、
納得いく作品を仕上げるまでには苦しかったりキツかったりもありますよね。
仕事にすると、後者の方が強くなる方も多いはず。
わたしも30年近く絵を描いていますが、
ここ何年かはいつも苦しいです。
でも寝不足で苦しみながら仕上がった時の達成感は毎回気持ちの良いものです。

どうか楽しみながら頑張ってくださいね!
それだけ頑張っていれば必ず成果はついてくるはずです。
今は、とにかく手を動かすことが一番大事です!
なんでもいいからアイディアを描く。興味のある素材を描く。興味のあるものを描く。
描きためていけばいくほど、きっと将来、それらが生きてきます。

可能ならば、自分が目指す(好きな)絵を描いている人に見てもらい、
アドバイスしてもらう機会をつくってみては?
自分が気づかなかった部分にハッとなり為になることも多々ありますよ。

ステキな絵が楽しくできますように!

どのような絵を描かれていらっしゃるかはわかりませんが、
そもそも「時間をかけなくて描ける=上達した」という考え方は、
根本的に違うと思います。

プロで絵を描いている人のなかにも、
「私は早く描けるので納品は早いで~す!」というのを売りにしている人はいるんですが、
はたから見れば、そんなことはどうでもいいことで、
内容もそれなりのもの(雑)だと思います。
依頼する方もそれなりのものしか求めていないのだとは思います。
(対価もそれなりだとは思います)

なので勘違いしないで欲しいです。...続きを読む


人気Q&Aランキング