人気雑誌が読み放題♪

先ほど、AKB48の総選挙で、まゆゆがさっしーを押さえてついに1位になりました。
私が、彼女らを見ていていつも思うのは、アイドルと呼ばれる彼女らの立ち居振る舞い、そしてその口をついて出てくる言葉が、本当に輝いていると思われることです。

本当に同年代の男女を見ても、日頃の歌や踊りやそして「握手会」をはじめとする全活動を通して、大変な練習と場数、そして努力を続けてこそ、あれだけの観衆の前で、あんなに時間をかけて、言いたいことをしっかり話せるのだと思います。

ちょっとかわいいだけ、美しいだけでは、決してあれだけの舞台度胸は出てこないと思います。

惜しくも2位になった、去年の女王さっしーが、「AKBはそんなにカンタンではない。」、「挫折があった方がストーリーとして面白い。」、「全力で1位の人を支える。」と言っていたのが印象的でした。とても悔しい筈なのに、これだけのことを言えるさっしーがとてもさわやかに見えました。

さっしーの言うように「アイドル」という仕事は、そんなにカンタンではない。とても努力の要る崇高なお仕事と思います。

皆さんは、AKB48のような「アイドル」という「お仕事」をどのように思われますか?

以下、参考までに、AKB48に関する私の過去問です。

年齢・性別・環境が違っている人にも感情移入出来る?(2013/06/10)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/8128409.html

ねっねっ、前田敦子と大島優子って似てると思わない?(2012/06/28)
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7560802.html

このQ&Aに関連する最新のQ&A

ブス 意味」に関するQ&A: 祖母がいつも 「美人は何してても素晴らしいけど、ブスはどんなにいいことをしても意味がない」って言って

A 回答 (12件中1~10件)

たしかに48Gのメンバーたちのしている努力なんてのは、マラソン金メダリストの高橋尚子さんや、レスリングの吉田沙保里さんのような、文字通り血のにじむような努力に比べたら足元にも及ばないだろうと思います。

また天性の歌唱力を持ったMISIAや、天性の演技力を備えた菅野美穂さんなんかと比べたら、芸能人としての才能もカスみたいなものでしょう。

ルックスに関しても、一本で売ることが出来る佐々木希や北川景子と勝負できるレベルのメンバーも、せいぜい森保まどかや岸野里香でなんとか、やっと勝負の土俵に立てるくらいだと思います。
しょせん「一品物の高級メロン」と「一山いくらのみかん」ではとうてい勝ち目はありません。

しかし48Gのファンが求めてるものって、そういう「能力の高さ」や「美貌の優劣」ではありませんよね?

48Gのファンがなぜファンで声援を送り、お金を消費するのか?
それは能力の高い者への「賞賛」ではなく、夢を目指す少女たちへの「応援」だからだと思います。

そういう意味で、メンバーのレベルが低い、特に創設当時の初期メンが著しくブスや素人が多かったのも当然です。
創設時のメンバーが他の芸能事務所のアイドルとも言えないレベルの寄せ集めという意見があるようですが、それは正確には正しくありません。こじはるや板野のようにアマチュア的に芸能活動をしていた者もたしかにいます。たかみなのように色んなオーディションを落ち続けた(7回落ちたそうです)者もいます。でも前田敦子はまるっきりド素人の中学生でした。
正確には素人や芸能人未満の寄せ集めだけではまったく活動ができないので、大島麻衣のようなアイドルとも言えないレベルではあるけど、一応はプロ活動をしていた者を補助的に加えたってのが実態です。

では、大島麻衣のような一部応援部隊的なプロは入れたとは言え、なぜ秋元康はあえてブスなド素人を選んだのでしょう? 秋元康だってそれで一発成功を狙っていたのは当然です。初期投資をかけてあえて失敗を狙うわけがありません。
なのにあえてモデル事務所からのスカウトをせず、一般レベルの少女たちを選んだのはどうしてですか?

それは大衆がアイドルに求めるものは、そんなものではないと見抜いていたからではないでしょうか?

初期のころからのベテランのファンは、東京ドーム初日のオープニング「パーティーが始まるよ」のイントロとともに初期メンの6人が現れた姿を見た瞬間には、「よくぞここまで来てくれた」と涙があふれて止まらなかったといいます。
この気持ちこそが、少女たちへの応援の気持ちの表れではないでしょうか?

この成長した48Gは、少なくとも現在の日本のアイドル戦線ではトップの実力を持っていると思います。
ミリオンのCD売上なんて、おまけの握手のビックリマンチョコだとの批判もあるかもしれません。
でも少なくとも現在のトップクラスのアーティストはEXILEであれなんであれ、なんらかの「おまけ」をつけて売っているのが現状です。
また悪評高い握手に関しても、握手券をおまけにつけているのは48Gだけではありません。他のほとんどのアイドルグループは握手券を付けながら、しかし48Gのようには売れないのが現状なんです。

また口パクと言いますが、現状踊りながら歌うアーティストはほとんどが口パクを一部でも導入しているのは常識ですし、小嶋陽菜や高橋みなみ、山本彩らは少なくともアイドル界ではトップクラスの歌唱力を持っています。
実際あれだけのパフォーマンスをやれる「アイドルグループ」はモーニング娘のようなメジャークラス以外にはほとんど存在しません。
たぶん一般の人は地下アイドルや地方アイドルのレベルの低さを知らないのだと思います。それはちょうど、オリンピックでしかフィギュアスケートを見たことが無い人は、市や県でやられてる地方大会にはダブルアクセルさえ出来ない選手が普通にいることを知らず、全日本下位クラスを見てあざ笑うようなものです。

さらに言うと、歌唱力はさておくとしても少なくとも楽曲の質の高さでは48Gは芸能界でもトップクラスだと思います。48Gはその資金力にものを言わせ、多くの作曲家にコンペさせる形で曲作りをしています。
だから、個別のアーティストはどうしても「ユーミンサウンド」や「サザンサウンド」「B’zサウンド」と傾向が似てしまうのに対し、本当に多彩で良質な楽曲を500、600と持ち歌とすることが出来ているのです。

ところで私は北川景子やローラのような美形が大好きな面食いです。だからメンバーでも宮脇咲良や北川綾巴のようなビジュアルメンが大好きです。
でも芽瑠のような天真爛漫な少女や、田野優花や村重杏奈のように必死で少しでも上に上がりたいと喰らいついている少女たちを見ると心からの応援をしたくてしょうがなくなってしまいます。

人によっては選挙はすべて八百長で、コメントもすべて台本と決めつける人もいるでしょう。
それが真実であるかどうかは、内部の一部の人間にしかしょせん知ることはできません。
もちろん数十億円のからむビジネスではありますから、すべてがすべて潔白ではないでしょう。汚い面もあるに違いありません。

しかしひいきの力士や野球・サッカーの選手は、その業界に汚い面があるからと言って、そのひいきの選手の価値まで否定してしまうのでしょうか?

48Gのメンバーはしょせんまだまだ未熟な若者たちです。
しかし少なくとも、私は数年前の松井珠理奈のようにしっかりした言動ができる中学生を周りに知りません。
指原のように、周りの大人たちをその言動で「あいつ面白えな」とあそこまでひきつける20歳そこそこの女性を知りません。

48Gのメンバーは一流アーティストには能力が劣ります。
でも、一流の技術を持ったプロ野球よりも、丸坊主の頭にニキビ面の高校球児に一本のジュースを差し入れしたくなる気持ちは、さほど変なものではないと私は思うのですが。
(長文ですいませんでした)

この回答への補足

詳しく解説して頂き、よくわかりましたので、B.Aを差し上げます。

補足日時:2014/06/14 19:34
    • good
    • 1
この回答へのお礼

現代の日本人が求めているのは、賞賛に値する一流アーティストではなく、我々の身近にいる普通の人なのに、夢を追い続けているアイドルなのですね。
それでも、彼らには光るものがあるのは事実ですよね。

熱いメッセージ有難うございました。

お礼日時:2014/06/14 19:21

No.1ですが違いますよ。

文字通りの意味です。
「雀の涙ほどの収入(と聞きます)のために、ご苦労様」ってことですね。

私には、スポーツや音楽その他の「プロの技」を、お金を出して観る習慣があります。
また、自らアマチュアとして(レベルは低いながら)やることを楽しむ習慣もあります。
そして、身内や知人が参加していれば、
学芸会レベルの出し物を観に行くこともしますし、
興味のないスポーツの地方大会の応援にも行きます。多少の出費を伴ってもです。

しかし、自分と縁のない人しか出ていないなら、学芸会にも地方大会にも応援には行きません。タダでもです。
だから、AKBその他のアイドルを応援することはないし、
よりレベルの低い地下アイドルと比べる意義も感じません。
「私にとって、金と時間を費やすに値しない出し物である」という意味では、どちらも同じなのです。

そして、自分にとって無価値なことに頑張っている人をみても、
「へー頑張ってるんだね」以上の感想は持ちません。
血のにじむ努力の果てに、ペンを回せるようになったり
さくらんぼの房を舌で結べるようになったという話をした人(が、居たとして)に対して持つ感想と、基本的には同じです。

まあしかし、ペンを回すのに平穏な日常を犠牲にする必要は無いですからね。
期間限定でどうでもいい相手に好かれるために彼女達が犠牲にしているものの大きさを思うと、
無関心よりは多少なりと否定的な気持ちになるのも事実です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再度有難うございます。
なるほど、彼らの収入は雀の涙ほどなんですか?

自分や身内や知人の参加するイベントには進んでいくけれど、縁もゆかりもない人のイベントには行く気がしない、という行動様式わかるような気がします。

私自身、自分の所属する合唱団のチケットを売るのに四苦八苦したことがありますが、そうしたイベントに来てくれる友人はとても有難いです。

お礼日時:2014/06/14 19:32

>売れ残りで寄せ集めの中の1番ってことの根拠を教えて頂きたいものだと思います。



AKBを作る時に、芸能事務所にいたアイドルとはまだ呼べない連中を集め、まずは人の目にふれさせて作ったのが秋葉原ドン・キホーテに作ったAKB劇場。
初期のメンバーは所属事務所がバラバラで、AKBで活動するのがメインではなくAKBという群れの中での1番になり名前が売れたところで所属事務所での活動になる。
なので、AKB内での活動なんてのはアイドルになる前の予選みたいなもの。
これくらいはAKBファンじゃなくても知ってるグレーな所。

予選に金を出させるのが秋元の強欲さと、CDのおまけで売るビックリマン商法。
そんな予選で1番になっても、スタートラインにたっただけで他のアイドルとは周回遅れな訳ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、個人ベースでは今一のタレントを寄せ集めて、AKBというブランドを付けて、「秋元マジック」で売り出したわけですね?

お礼日時:2014/06/14 19:10

皆さんは、AKB48のような「アイドル」という「お仕事」をどのように思われますか?



回答;
確かに、そんなに簡単では無い。売れる前のAKBでさえ、なるのに数百人以上の応募から選抜されているのだから。特に現在では数百人のメンバーが在籍する中で、頭角を現わすのは無理に近い。

でも、とても努力の要る崇高なお仕事とは思わない。例えば、どのように努力したら選抜総選挙で上にいけるのか?努力したら(ダンスや歌、トーク術など)、学年で最下位レベルのブスでもAKB(や他のアイドルグループの)オーディションに合格出来るのか?

アイドルはまずルックス。それプラスアルファのタレント性。それが「アイドルと言うお仕事」だと思います。いつまで経っても口パク、いつまで経ってもアイドルレベルのダンス、いつまで経っても棒読みの演技。
これのどこが努力なのかわからないし、歌手としての誇りや自信があるのなら、投票や握手の為に一人が何十枚も同じCDを買う事を良しとしない。要は金持っているファンをいくら沢山捕まえたかで選挙順位が変わる事に命をかけるのが、とても崇高な仕事とは言えないのでは?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど倍率は高いけど、さほど努力の要る崇高なお仕事とは思われないのですね。
ルックス+タレント性があっても、歌やダンスの実力が伴わず、それにもかかわらず、何かの要因で集票力があれば上位に行けるということでしょうか?

お礼日時:2014/06/14 19:06

ちょいとテレビのチャンネルをフジテレビに合わせましたらね、父親が「なんじゃあこりゃあ?」といったんですよ。

するってえと母親がね、「吉原の太夫を決めるアレよ」っていうんですよ。ウチのカーチャンはたまにこういう粋なジョークをいうんですな。
すると父が「あー、お女郎さんのアレかあ」といったんです。

まあ要するに大勢の人前で「私、どれだけ男に貢がせたかレース」をやってんですから、「公開!キャバクラ嬢の先月の売上発表」ですな。
ちなみに江戸時代のお女郎さんも、太夫クラスになると三味線のひとつも弾けないといけなかったので、踊りやら三味線やらを自腹を切って習ったんです。実は吉原の太夫というのはアイドルでもありまして、だから浮世絵の題材にもなりました。これは今なら写真集やブロマイドですな。
江戸時代の太夫は、大店(おおだな)の旦那衆くらいとなれば自分の好きにできたわけです。それこそ太鼓持ちへのチップも含むと百両単位の金がかかったそうですが。現代のアイドルたちも、ヒルズ族などに・・・

たいして可愛くもないくせになんて声もありますが、むさくるしいオタク青年やオタク親父に愛想を振りまかないといけないんですから、男にチヤホヤされるのが当然と考える美女にはできない仕事ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「吉原の太夫を決めるアレ」にしろ、「私、どれだけ男に貢がせたかレース」にしろ、「公開!キャバクラ嬢の先月の売上発表」にしろ、当たらずとも遠からずですね。

まあ、お堅い人から見れば、国家や社会に尽くす政治家や企業人の仕事しか「崇高」に思えないかもしれませんが、人を楽しませる、笑わせる、そして快感をもたらしてくれるエンターテインメントのお仕事も、立派に人々の「幸せ」に貢献していると思います。

そして、最後に書かれましたが、人にチヤホヤされるのが当然と考える精神からは、なかなか出来ないことでしょうね。

尚、蛇足ですが、この前のご回答のお礼で、私も「愛想をふりまく」と書こうとしましたが、正しくは「愛嬌をふりまく」のようですね。私は、「愛敬をふりまく」と書きましたが・・・。
http://kotobank.jp/word/%E6%84%9B%E6%83%B3%E3%82 …

お礼日時:2014/06/11 12:47

伝説のアイドル【ピンクレディー】が、レコード大賞を受賞した時に、アナウンサーの高橋圭三さんからかけてもらった言葉…




「美鶴代ちゃん、恵子ちゃん、おめでとう。
今、あなた方が夢にまで見たレコード大賞を手にした。
どうですか?感激でしょう。

【この二人はご存知のようにデビュー以来、圧倒的な人気を誇り続けてまいりました。
しかし、その陰には、眠る時間も削って、
そして病をおして歌い続けたということを私たちは知っております。
しかもいつでも笑みをたたえ、そして、全力投球で歌いましたこの二人。
その慎ましさ、優しさというものは、まさに現代の天使だろうと思うのでございます。】

今、全国のお茶の間からちびっ子たちが先頭に立ってワァーッと拍手してるの聞こえませんか?
どうですか? 聞こえるようでしょう?

どうぞ、今までどおりあなた方はちびっ子たちもそして私たちの幸せを思って、今までどおり歌って、天使としての任務を尽くしてください。

おめでとうございました!」



陰の努力や、優しさなどに長けた者だけが、長く続けることができる仕事だと思います。


浅田美代子さんって、すごいって思います。


私は、55歳のおじさんですが…、

大島優子さんのファンでありつづけると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

一見派手に見えるお仕事でも、何万人の人から支持される「アイドル」というお仕事を続けていくには、そして苦労を出さずに、何事もなかったかのように皆に愛敬を振りまくことは、大変なことだと思います。
言ってみれば、「接客業の極致」ではないでしょうか? 

お礼日時:2014/06/11 12:31

ちょww



あのステージでのコメントは台本通りの「台詞」ですから
前にあっちゃんが失言しまして それ以来台本が渡される事に…
あぁ 情けない
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あらま!お美しい!
なあんだ!あのセリフにはみんな台本があるんですか?

お礼日時:2014/06/09 20:31

アイドルって本来は『偶像』という意味ですよね。



AKBのまゆゆも自分が一位を目指すと言う事もあるでしょうが、
ご本人も『渡辺麻友』という目にみえない偶像をめざしているのではないでしょうか。
ある意味信仰に近いものがある気もします。

なんとなく一位を目指すと他のメンバーも言ってたりするのですが、見ている先が去年の
さっしーではなく、一位の座であるというところに見えてなにか形のない象徴的なもの
があるんだなって思いました。

そこを目指すのは山の頂上を目指すのと変わらないかもしれません。

いろんな山を目指す事があると思いますが本能にある事かもしれませんね。

さっしーはどちらかと言えば『個性』のタレントで
まゆゆは『偶像』のアイドル

って気がします。

AKBの発展の為には次は『スター』ですか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「アイドル」には「偶像」と言う意味と「崇拝の対象」と言う意味があると思います。
まあ、確かにその本人も、「崇拝の対象」としてあるべき姿を「演じている」という部分があると思います。
しかし、今は昔と違い、アイドルと言えども、生身の人間であり、AKBのように自分と握手もしてくれる身近な存在と位置づけるようになってきたのではないでしょうか?

お礼日時:2014/06/09 20:24

アイドルって夢を見させてくれるものだったが、AKBのそれは売れ残りで寄せ集めの中の1番ってだけで、アイドルではないかと。


CDに投票券やら握手券を付けて無理やり売り上げ枚数をあげてるのも、キャバ嬢の人気投票のそれと同じ仕組みだからなぁ。
良く未成年をああやって煽ってると思うわ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

売れ残りで寄せ集めの中の1番ってことの根拠を教えて頂きたいものだと思います。

お礼日時:2014/06/09 20:18

AKBは単なる「秋元マジック」だと思います



おニャン子クラブもそうでしたが、卒業して残っているのは工藤静香さんとと渡辺満里奈さんぐらいではないでしょうか?

次点で国生さゆりさん

AKBという楯が彼女らを守ってくれているんです

近年のアイドル・歌手がいい例ですが、果たして10年後、どうなっていると思いますか?

カラオケ行っても恥ずかしくて歌えないと思うのは私だけでしょうか?

過日の事件でも気丈に振舞われていたお2人は大変だっただろうと思います

「アイドル」とは「お仕事」でなく「偶像」です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「単なる」かどうかはわかりませんが、「秋元マジック」が効いていることは事実でしょうね。
でもそれは、「金の卵」(死語だと思いますが)を発掘する(プロデュースする)能力に長けていたとはいっても、もとの卵がそれに値するタレントでなければ、やはり出来ないことと思います。
それとももとの卵がさほどでなくても・・・つまりどこにもいるような卵であっても、それなりに育つものなのでしょうか?

確かに、有名大学に通う大学生や、有名企業に勤める社員が皆優秀であるかのように世間から思われている通り、その所属グループにいるだけで、「守られている」という点は否めないと思います。

一人の人間になった時、どれだけその人が評価されるかどうかはわかりませんが、少なくても名前だけでなく、実際に大変な場数や練習を積み重ねた成果は出てくるのではないでしょうか?

まあ、「アイドル」に「偶像」という意味もあることはわかりますし、果たしてその演じている人間に、実力が伴っているかどうかは、個人個人の問題でしょうが、少なくてもそれに値する訓練は積んでいることは事実だと思います。

お礼日時:2014/06/09 20:16

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング