イラストレータで特色2色のチラシを作成していましたが、
急遽、特色の指定色変更の必要が生じました。
この場合、DICナンバーを変更することで一括して変更することは可能でしょうか?

今の私の作業では特色(DIC○○○)の100%色を選択して色を変換すると、
同じ100%部分は選択できているのですがその同色の80%、60%・・・などは選択できません。
それぞれの色を個別で変えなければならず、さらに線と面とでも別々の作業が必要となり、とても作業工数が多くなってしまいそうです。
もし上記作業を一括で変換できる方法をご存じの方がいらっしゃいましたら教えてください。
イラストレータのバージョンはCCを使用しております。
何卒よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

Illustrator CS5.1 15.1.0



DIC100 を DIC117 に変更を例に

1 まず変更したいDIC117をDICカラーガイドからスウォッチリストに登録します
2 登録したDIC117をダブルクリックしてスウォッチオプションを出し
  グレーアウトしてますが C0, M90, Y93, K0 数値を控えます。
3 数値を控えたらDIC117をスウォッチリストから削除します。

4 変更するスウォッチリストにある「DIC100」のスウォッチオプションを出し
  カラーモードを「CMYK」にして控えておいた
  DIC117の数値「C0, M90, Y93, K0 」に書き換えます。
  この段階でプレビューにチェックが入って入れば、ドキュメントの色も置き換えがみられます。
  名前もDIC100 → DIC117に変更して
  カラーモードはCMYKのまま(スウォッチにするともどってしまう)「OK」を押します。

5 スウォッチリストが「DIC117」になっているか確認
6 スウォッチオプションでカラーモードがスウォッチに変わっているか確認
7 スウォッチリストの未使用項目を選択での確認
8 分版プレビューや分版でプリント等で確認

ほかにもやり方あるでしょうが、一例です。
    • good
    • 2

「自動選択ツール」をダブルクリック>「カラー(塗り)」にチェック、許容値を0にして色を変えたい部分をクリック>同色部分が全部選択されるので、色を変更。


線の場合は、自動選択パネル内の「カラーー(線)」にチェック。
    • good
    • 1

今現在のカラースオッチの状況によります。



>同じ100%部分は選択できているのですがその同色の80%、60%・・・などは

この標記がある事から、グローバルカラーにチェックが入っているのかな?って気がしますがどうでしょう。


今選んでいる色のスオッチの右隅下が白い▲になってますか?若しくは白い▲の中に黒点がありますか?

スオッチの右隅下が白い▲なら、その色はグローバルカラーになってますので、一括変換できます。
変換の仕方は、色を変更したいスオッチを選択してスオッチウインドの右上の▲ボタンを押して、スオッチオプションを選択、後はお好きなDICカラーの色に変更してOKを押せば、同一のグローバルカラーは一括で変更されます。
DICナンバーを変更するというよりも、変更したいDICナンバーの色に指定しているスオッチを変更するって感じですね。

スオッチの右隅下が白い▲+中に黒点がある場合は、スポットライトカラー(特色)指定になってます。
上記と同様の方法で変更が可能です。


印刷機やプリンターがスポットライトカラーの指定に対応している場合は、グローバルカラーとスポットライトカラーでは用途に違いがでると思いますが、ご質問の内容からするに、そこまで対応しているような気がしないので、多分お使いの環境下ではこの両者はほぼ同じようなもんだと思って差し支えないと思う。


現在指定している色がグローバルカラーでもスポットライトカラーでも無い場合は、濃淡違いを一度に選択する事はできません。地道に替えていくしかない。ただ、変更する色をスオッチに登録する際にグローバルカラーにチェックを入れて、変更していけば、再度変更になった場合は一括変換できるようになります。

まぁ普通は、特色指定のチラシを作るのに、グローバルカラーにもスポットライトカラーにもしてないのはあり得ないので、カラ―スオッチを登録する時にチェックいれるだけなので、この機会に覚えていた方が良いと思う。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

お返事が遅くなって申し訳ありません。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2014/07/23 17:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QCMYKのデータを、特色1色+スミで印刷すると…

イラストを多用した書籍用のデータを、近日中に入稿します。

その印刷の条件が「特色1色+スミ」だったのですが、
データをCMYKで作成してしまっていました。

データは、見た目は2色刷りです。
(グリーンと黒の2色)

こうした「見た目は2色」のCMYKデータを、
「特色1色+スミ」で印刷した場合、どうなるでしょうか。

色が落ちて、黒以外の部分が空白になってしまうでしょうか。
それとも、CMYKとは若干違う色にはなっても、
何とかグリーンを出していただけるものでしょうか。

大変初歩的な質問で恐縮ですが、
どなたかお教えいただけたら幸いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

くわしくは入稿先の印刷会社に聞いてほしいのですが……。
データを使って印刷用のフィルムを出力する際に、通常はCMYKの4色(4つ)に分けます。特色とスミと指定された場合は、CMYのどれかを特色と仮定してKとの2色でデータをつくります。2色ですから、どちらかの色だけならパーセンテージで調整するか、かけあわせしかできませんよね?で、入稿時に「このC(M)(Y)は特色でお願いします」と指定するわけです。
なので、データ上、4色で作成してしまったら特色+スミでは印刷できないと思います。

Qイラストレーターで既成イラストの色を特色に変更

イラストレーターで作成しています。
相手の希望で3つの色で作成しなくてはなりません。
DICカラーで3色、指定してきています。

イラストを入れないといけないのですが、渡されたイラストを
指定されたDICカラーの3つの色に変更したいのです。
(渡されたイラストそのものは、違う3色で作られています)

なるべくならフォトショップでなく、イラストレーターで変更したいのです。

イラストレーター、フォトショップ共に初心者です。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

渡されたイラストって?
それはaiけいしきなものなのか、JPGなのか、加工不能な紙版で違ってきます。

AI形式のものでなく、フォトショップ使いたくないなら
全部トレースするほかないですね。

Q印刷用デザインの特色について

印刷用デザインの制作で色について質問があります。
1つの制作データファイル(ai)に、デザインの色を指定するときに、色々な特色(DIC、PANTONE、TOYO等)を一緒に使ってもデータや印刷時に問題はないのでしょうか?

調べたら印刷やさんによっては、できる特色が限られているところもあり、印刷屋さんが決まっていなくデザインのみ仕上げる場合は、特色の番号を使うよりは、特色の番号に準じたCMYKの数値を入力したほうが無難なのでしょうか?

私は、広告などのデザインの基本になる色を色見本を見ながら決めて、細かい色などはカラーピッカーから、合う色や気に入った色をスポイントツールで拾っているのですが、色の数値の%が小数点になってもよろしいのでしょうか?(例 C:58.45%)
それともきっちり小数点の無い数値にしたほうがよいのでしょうか?

ロゴは、お客様にもわかりやすいように、全ての色の数値に小数点が無いようにしているのですが。ロゴにグラデーションがつく場合は、あきらめています。

ご回答いただけるとありがたいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
グラフィックデザイナーです。

「特色」の指定ってどういうものか、しっかり理解されているでしょうか?
DICとかPANTONEってどういうものか、理解されているでしょうか?
CMYKの色指定の刻みの由来についてもご存知でしょうか?

CMYK指定を10%・5%刻みで指定するケースが多い理由。

コンピュータがデザインに使われていなかった時代、印刷はアナログ、つまり手作業で版を作っていました。
印刷機の精度の問題、製版の精度の問題などが絡み合って、2%とか3%などで刻む色指定は誤差でしかありませんでした。作業工程でずれるんです。どうしても。

レーザーでダイレクト製版ができるようになった現在はかなり精度も上がりましたので、「指定すれば出るかもしれない」というレベルになってますが、もともとは10%刻みが基本だったのです。ちゃんと違いが分かる色指定ということでね。
どうしても5%指定したいと言えば、現場の人が労力を払って努力してくれましたが、ほとんどが一笑に付されるお話でした。(大御所レベルなら別ですけどもね)

さて。

上記のように現在では製版の精度が高くなったので、10%と言わず、5%でもある程度の印刷品質が期待できます。
ただしそれは条件の良い印刷媒体である、ということが前提なんです。

用紙がアート紙なら、ほぼ制作者の想像通りに色が出てくると思いますが、用紙によってはそれが期待できないケースがあります。
表面加工していない用紙は、インクを吸い込んで濃く沈んだ色になったりします。

Dot Gain 15% とかいう文字をどこかでご覧になった事は無いでしょうか。
一度調べていただければ良いかと思いますが、つまり、色のコントロールが難しい用紙や媒体があるってことを前提に、色指定は行われるべきなんです。

他の方も書かれているように、「00.00%」といった中途半端な色指定を、誰もが間違いなく共有できてちゃんと色校正ができるなら小数点指定は問題ないでしょう。

あなたが神の目を持っていて、この色はこれだけズレているからだめだ、という判断ができるかどうか、というお話にもなります。
色校正も一般的に思われているほど完璧ではなくて、実は印刷の圧が違うとか、インクの量にムラがあるとか、そういうものを見抜く作業でして。
それを見抜いた上で、色指定がまずいのか、校正がまずいのか、変更する必要があるか、などを検討するプロセスです。
小数点単位での指定は、それらの判断を難しくします。

小数点の色指定を否定しているのではありません。
写真だったら小数点以下の部分もありますからね。

なんでもかんでも小数点以下の指定をするのは、「本当にその微妙な指定が必要か?」という再検討もする必要があるとお考えください。


日本国内ではDICの使用頻度が高い(とワタシは思っています)ですが、これは理由があって「色見本」というだけではなく、DICのインキを「調合する数値」が書かれているんで、話が早いんですね。
インクAとインクBとメジュームをこの比率で混ぜたらOK、というチャートでして、ここにPANTONEとの違いがあります。

PANTONEは「色を分類して、紙や繊維、プラスチックなどに使ったらこんなふうに見えるよ」という「色見本屋さん」。
DICは「インクの練り方を決めたよ。この色はこの調合ね」というチャートを用意して売る「インク屋さん」なんですね。TOYOも同じくインク屋さんです。

このようにアプローチがまったく逆ですので、aiデータの中に複数のカラーチャートのチップが使われるのは「おかしい」と言っても、たぶん間違っていません。

海外のロゴのCMYK指定が小数点になっている場合がありますが、これはPANTONEの色見本を基準に再現する目標値として出されていると理解した方がしっくりきます。

例えばロゴの色を考えたとき、色を厳密に指定して、それを共有したいならPANTONE。(グローバル企業や、中国で印刷をする企業さんはPANTONE必須です)
そうでない場合はDICで検討する、という感じでしょうか。

プロセス4色印刷が多い企業さんなら、DICよりもCMYKで色を検討して、それに近いDICを探し、2種類の色指定を提示するのが良い方法です。
特色印刷が多いなら、印刷される媒体をリサーチした上でDICを検討して、それに近いCMYKも提示する。ケースバイケースで色指定の共有をするのですね。

CMYK + DIC の色指定を提示する理由は、コスト面からも有効な方法なんです。

PANTONEのカラーチャート、1シートで買えば安いですが、フルセットで買うとかなり高いんですね。印刷屋さんもあんまり持ってません。
CMYKならカラーチャートは安いし、クライアントでも気軽に持てるし、印刷屋さんも自前のチャートを作ってくれる可能性が高い。DICも同様ですね。

クライアントがどんな企業なのか、どういう媒体を使うのか、デザインする前にしっかりリサーチすれば色指定はもっと容易に、かつ間違いがなくなると思います。
ぜひ研究を進めてください。

こんにちは。
グラフィックデザイナーです。

「特色」の指定ってどういうものか、しっかり理解されているでしょうか?
DICとかPANTONEってどういうものか、理解されているでしょうか?
CMYKの色指定の刻みの由来についてもご存知でしょうか?

CMYK指定を10%・5%刻みで指定するケースが多い理由。

コンピュータがデザインに使われていなかった時代、印刷はアナログ、つまり手作業で版を作っていました。
印刷機の精度の問題、製版の精度の問題などが絡み合って、2%とか3%などで刻む色指定は誤差でしかありませんで...続きを読む

Q特色(パントーン)とCMYKの色味

お世話になっております。

手配されたロゴがパントーン指定のものでした。
その後パッケージデータなども手配され
手配されたロゴ以外でも他の使用物からもロゴを引っ張って使っていたのですが、
パントーンのところもあり、CMYKに変換されたものありの状態でした。
(イラレ上でパントーンをCMYK分解した数値とまったく一緒)

…で、印刷では特色も強制的にCMYKに変換されるものだと思っていたのですが
入稿し、校正が出て来て驚き。色味がまっっっったく違ったのです…。
確認でイラレでオーバープリントプレビューした時が校正のものと一致しておりました。

特色が強制的にCMYK変換される=色味はある程度保持されるというのは間違いなのですね。オーバープリントプレビューで特色をCMYKにしたら色は保持されていました。

この原因って何なんでしょうか…?
また、手配されたロゴが特色だった場合、レギュレーションがなかったら
こちらで勝手にCMYKに変えていいものなのでしょうか?

経験が浅くて申し訳ないのですが
分かりやすく教えて頂けますと今後助かります。
文章も下手ですみません。

よろしくお願いします。

お世話になっております。

手配されたロゴがパントーン指定のものでした。
その後パッケージデータなども手配され
手配されたロゴ以外でも他の使用物からもロゴを引っ張って使っていたのですが、
パントーンのところもあり、CMYKに変換されたものありの状態でした。
(イラレ上でパントーンをCMYK分解した数値とまったく一緒)

…で、印刷では特色も強制的にCMYKに変換されるものだと思っていたのですが
入稿し、校正が出て来て驚き。色味がまっっっったく違ったのです…。
確認でイラレでオーバープリントプレビ...続きを読む

Aベストアンサー

>(イラレ上でパントーンをCMYK分解した数値とまったく一緒)
あくまでも、疑似

>入稿し、校正が出て来て驚き。色味がまっっっったく違ったのです…。
5色で校正? パントーンのチップで確認?

>また、手配されたロゴが特色だった場合、レギュレーションがなかったら
>こちらで勝手にCMYKに変えていいものなのでしょうか?

刷り色の数によるでしょうね
パッケージの場合、ロゴ特色で5色刷りとか
このあたりは
刷り直しになる可能性もあるので
クライアントに聞いたほうが無難。
(はじめに指示があると思うのですが)

掲示板で聞いたらOKだよ! っていってました。 ではとおりません。

Q2色印刷(青・緑)をデータの作り方について。

2色(青・緑)刷りのチラシを印刷会社に発注しようと思っています。Illustoratorでデータを持ち込んで印刷してもらう予定です。
紺・緑の2色の場合、印刷方法は、リソグラフ印刷がよいのでしょうか?その場合、赤・黒の2色でデータを作成しないといけない、ということで、出来上がりがとても不安です。
かといって、紺と緑をCMYを使ってデータを作成してしまうと、4色刷りと価格は変わらないような気がするのですが、、、。特色を使うというのもありなのでしょうか?
出稿する印刷会社も迷っています。
とりあえず、データーを作ってと思っているのですが、色をどうするかで迷っています。ご回答、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

データの作成はイラストレータでするのでしょうか?
でしたら、スポットカラーで紺と緑の2色で作成すれば良いと思います。
印刷会社に出すときには、スポットカラーの色設定を紺→C100、緑→M100など、CMYKのどれかに当てはめれば、画面上でその2色に変わるはずです。そのデータを渡し、ゲラは紺と緑のものを渡し、紺100のところと緑100のところで色を指示すれば良いかと思います。
言葉足らずだったらすみません。

Qチラシ作成に詳しいい方、ロゴについて質問です

はじめまして お願いします

チラシ作成の方にチラシ作成を依頼しました。
http://yahoo.jp/box/Fs8XdU
URL画像の左のロゴを提出しましたが、チラシ完成後は右のようなロゴが完成しました
(ベクターデータ(aiファイル、epsファイル、pdfファイル)で作成者に提出しました。)
問題の点は、色です
左の風合いで印刷したいのですが、右のような風合い(色が落ちたような感じですかね)でしかできないと言われています。

本当でしょうか?

また解決方法があれば教えてください チラシ作成の方に教えまして、訂正を要求したいです

よろしくおねがいします

Aベストアンサー

CMYKのデータをRGBのモニタで見てあれこれ言ってもあまり意味がありません。
モニタで見た色と印刷時の色が異なるのは当たり前ですし、
環境によってモニタでも差が出てしまいます。
無理やりモニタ上で似た感じにすることは出来ますが、
印刷するとまた違う色合い(恐らくは向こうが見せてくれたもの)になるでしょう。
本来は色校とか出して実物見て微調整する作業なんですよ。これ。

文章の雰囲気からして遠隔で依頼しているでしょう?
だとしたらあなたの望む色に完璧にするのはかなり困難ですし、
それをやっていると恐らく費用に見合わないはずです。

向こうが言っているのはそういう意味の「できない」でしょうね。
追加費用を払うと言えばやってくれるかもしれませんけど、
それだと今度はあなたが費用に見合わないと思われます。

Qphoto shopで、特色の分版データを作りたい!

photoshopでお仕事中です。

特色2色の任意掛け合わせの製版データを作りたいのですが、
方法がわかりません。

ダブルトーン指定では出来ないのです。

どうやったらよいか、どなたかご存じないでしょうか???

印刷入稿が迫っており、焦っています。
うー!
よろしくおねがいいたします!

Aベストアンサー

チャンネルを使うとできます。
新規チャンネルを作るときに、任意のスポットカラーに設定するのです。(画面モードはCMYKで)。
しかしながらこのチャンネルを使ったスポットカラーデータ作成はレイヤーが使えないので、ちょっとトリッキーな操作が必要になることも多いです。(7は使ってないのですが‥6まではできなかったと)

なので、私は実際にはCとKなど、CMYKのなかの任意のチャンネルを使って色を振り分け、それを分版出力してもらうほうが多いです。「C版をDIC135で印刷する」というようなことですね。
どういうふうに見えるのかな?というのを見るために、上の方法でスポットカラーチャンネルを作り、実際の色を確認したりはしますが。
ダブルトーンは結局「モノクロ印刷」をサポートするものなので、特色分版はできません。

Qイラストレーターでチラシ作成

イラストレーターCS2でチラシを作成しています。
困っている事が2つありますので、どなたかご教授お願い致します。

①複雑な画像(アイコン)のデータを人からPDFでもらいました。
イラストレータで開くと編集はできるのですが、別のファイルにコピーするとクリッピングマスクが解除されて使い物になりません。
なぜこのようなことになるのでしょうか?修正する方法を教えて下さい。

②文字にぼかしが入ったドロップシャドウを入れると、文字印刷した時にその文字を四角でかこった感じで白くなります。ですので、その下にある図形などの色がその部分だけおかしくなります。
何とかなりませんでしょうか?

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

CS2は正規品ですか?正規のユーザーライセンスを持っていますか?

1.クリッピングマスクを作ったらいいやん
そもそもPDFをひらいたらクリッピングマスクなんてありませんよ

2.ならない

Q印刷での同じ特色は出せない??

とある印刷業者が一度特色にて印刷をしてくれ、
梱包ミスによりがたがたの商品が届き、
再印刷をおねがいしました。

そして届いた商品を見るとメインで使用していた色が異なっていました。
色が違うよというと、特色で印刷しているので、混ぜ方などにより
若干異なることもあります。ということでした。
業界ではしょうがないですということでした。

若干といっても違いますよって感じなんですが、
特色の場合同じ色を出すことは不可能なのでしょうか。
印刷業界の方で知っていらっしゃる方がいましたら
是非おしえてください。

こちらもお客様に納品するのに色違いはしょうがないですよとは
いいづらくてですね。

Aベストアンサー

普通は出せます。
調肉といって、基本色のインキをグラムで量って同じ割合にすれば同じ色ができるようになっています。
いい加減な業者だと同じにならないこともよくあります。
とはいえ、微妙な差が出ることもあり、特に少しの差も困るような場合~企業ロゴの特色指定でクライアントがうるさい~とか、パッケージで前回ロットと一緒に並ぶ(特に高額商品など)の場合は事前に「色が変わらないように」と注意した上、前回ロットの現品(その切れ端)などを渡すこともあります。

多少違っても大した問題ではないモノもあるので、発注側も飲み込む場合もありますが、素人目にもわかる場合など当然クレーム対象です。

自分も趣味のサークルで演奏会のポスターやプログラムをお願いしている地元の印刷屋さんで、どんなにDIC指定しても毎回明らかに違う色が出てくることを経験しています。
仕事では絶対使わない(使いたくない)業者ですし、もしそのようなことがあればクレームで刷り直しも要求すると思いますが、概ね色合いが合っていれば大した問題ではなく、安価にやってもらえるので黙認しています。
こちらも何も言ったことがないので、なめられてるとは思っています。

普通は出せます。
調肉といって、基本色のインキをグラムで量って同じ割合にすれば同じ色ができるようになっています。
いい加減な業者だと同じにならないこともよくあります。
とはいえ、微妙な差が出ることもあり、特に少しの差も困るような場合~企業ロゴの特色指定でクライアントがうるさい~とか、パッケージで前回ロットと一緒に並ぶ(特に高額商品など)の場合は事前に「色が変わらないように」と注意した上、前回ロットの現品(その切れ端)などを渡すこともあります。

多少違っても大した問題では...続きを読む

Qチラシの印刷について(全くの素人です)

イラストレーター、フォトショップの全くの素人質問です。お許しください。
とあるイベントのチラシをデザイナーにお願いしています。作成はイラストレーター、フォトショップで作成します。ところが、私は仲介人なのですが、素人集団で集まっているため作業が進みません。
整理します。

まず、チラシの印刷はpdfのファイルを提出するらしいです。

私には、この辺がちんぷんかんぷんです。
デザイナが言うには「印刷には、1色と4色がある。また、JPGでは印刷に向いていない。印刷業者であればわかるはず。イラストレーターやフォトショップでは特殊な拡張子を持つファイルになる」
とのことです。

で、質問したいことです。

(1)印刷のとき1色とか4色といかいうのは何でしょうか?
(2)JPEGのファイルではそんなに画質がおちるものでしょうか。
(3)イラストレーターやフォトショップで作成されたファイルはどのような拡張子を持ち保存されているのでしょうか。
(4)PDFに変換したらそんなに画質が落ちるものでしょうか。

本当に素人で失礼します。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

(1)印刷のとき1色とか4色といかいうのは何でしょうか?

新聞の折り込みチラシで、黒とか青とかの1色で印刷されている物が1色です。
4色とはフルカラーのことです。
CMYKといって、C:シアン(青)、M:マゼンタ(赤)、Y:イエロー(黄)、K:クロ(黒)の4色で印刷します。
当然、4色の方が印刷代は高くなります。

(2)JPEGのファイルではそんなに画質がおちるものでしょうか。

チラシに使用する写真の保存形式だと思うのですが、画質が落ちる、というよりも色味が変わる場合があります。
デザイナーの作業としてはJPEGファイルであっても支障はありません。
ただし、印刷業者が「JPEGファイルでは受け付けない」としているのであれば、デザイナーが保存形式を変えればよいのですが。

(3)イラストレーターやフォトショップで作成されたファイルはどのような拡張子を持ち保存されているのでしょうか。

イラストレーターならば「.ai」「.eps」「.pdf」、フォトショップで写真データならば「.psd」「.jpg」「.tif」「.eps」などです。
なお、チラシ作成の場合は、イラストレーター「.ai」での作成が一般的です。

(4)PDFに変換したらそんなに画質が落ちるものでしょうか。

いいえ。
厳密に言うと画質は落ちるのですが、チラシくらいのサイズであれば人間の目では認識できません。

>チラシの印刷はpdfのファイルを提出するらしいです。

これは、印刷業者がpdfで印刷データを欲しい、と言ってきているのですね。
とすれば、デザイナーにはその事だけを伝えれば良いです。

気になるのは「JPEGは画質が落ちる」ということです。
デジカメで撮影した写真データはJPEGが多いのですが、これはRGB形式という色の見せ方をしています。
これを印刷に使う場合はCMYK形式(上述の4色と同じ)に変換しなければなりません。
このとき色味が変わってしまうのです。

デザイナーが校正用としてデザイン案をプリントアウトした時に確認してみてください。
この色味で良いというのであれば問題ありませんが、問題アリというのであれば、デザイナーは大元の写真データの色味を調整しなければならなくなります。
この作業が必要であれば、デザイナーのデザイン料はその分高くなります。

(1)印刷のとき1色とか4色といかいうのは何でしょうか?

新聞の折り込みチラシで、黒とか青とかの1色で印刷されている物が1色です。
4色とはフルカラーのことです。
CMYKといって、C:シアン(青)、M:マゼンタ(赤)、Y:イエロー(黄)、K:クロ(黒)の4色で印刷します。
当然、4色の方が印刷代は高くなります。

(2)JPEGのファイルではそんなに画質がおちるものでしょうか。

チラシに使用する写真の保存形式だと思うのですが、画質が落ちる、というよりも色味が変わる場合があります。
デザイナ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報