「オーストラリアでは親が子供に日焼け止めクリーム
を塗ることが法律で義務付けられているそうです。」

 という文章が自分宛に届いたメールマガジンに書いて
あったのですが、これを裏付ける情報などをご存じの
方は教えて下さい。

 よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

オーストラリアの幼児教育の場では、外出時に、長袖・日焼け防止クリーム・帽子を被る、ということを徹底して教えるなど、国を挙げて紫外線対策に取り組んでいるようですが、法律の規制までは無いようです。



参考URL:http://www.eco-phoenix.com/environment/furon/fur …
    • good
    • 0

明確な情報ではありませんが。



以前民放TVで、
「オーストラリアやニュージーランドはオゾンホールに近い場所なので日焼け対策を厳重にしている」
というようなナレーションで、
「学校で教師がポンプ式容器に入った日焼け止めクリームを毎朝教室で生徒にまわして
子供達は登校するとまず顔・腕など外に露出している部分にたっぷりとクリームを塗るのが日課」
という内容の番組を見た記憶があります。

法律かどうかはわかりませんが、国をあげて紫外線対策をしていることは
間違いないと思います。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q高価な日焼け止めと安価な日焼け止めの違いは?

日焼け止めっていろんな種類がありますよね。
どれを選んでいいのかわからないながら、今はケチって一番安い398円くらいのを使っています。
高価な日焼け止めと、安価な日焼け止めって何が違ってあんなに値段が違うんですか?
「日焼け止め」としての効果は変わるんでしょうか?
肌へのストレスの違いなのでしょうか?
教えてください。

Aベストアンサー

こんにちは、
化粧品ってそもそも大半が広告宣伝費、開発費だそうです。

メーカーさんによっては同じ製品でリニューアルとか廃盤とかありますよね。大きなメーカーさんだとそれなりの設備でそれなりの数をだしているので、リニューアル前のものをセルフコスメとして出すことがあるみたいです。開発費や広告費がないかわりにその分かなり安くできるということらしいです。

もちろん、既存のメーカーさんでも特に新しい処方や技術が入っていなく、広告費にお金をかけなければ安くできるでしょうしね。
新しい技術っていうのは、日焼け止めだと、肌にやさしい成分がはいったとか使用感がよくなった、落ちにくい、より白うきしないとかいったものだと思います。いわばメーカーさんの最新の技術でつくられたものということかな。

ですから、考えようによっては、去年の高い値段のものと今年の安い値段のものと比べれば変わらないものもあるかもしれません。また、リニューアル後と前の製品を比べてどれほどの差があるかというと微妙ですよね。

そもそも化粧品って日焼け止めにかかわらず、値段が高ければ効果があるとも限らないし、メーカーの差によるものも大きいです。結局は、いろんなの使ってみたり、口コミなど参考にしてよいものを探すしかないのかなあと思っています。

もっとも、日焼け止め事態の性能で考えるなら本気で焼けたくない、リゾートやマリンスポーツをやるときはやはりそれなりのモノが落ちにくく感じますし信頼感あります。

ただ、タウン用に使う分は値段ほどの違いは感じません。個人的には安いのでも使用感がよければ十分です。フェイス用であれば、保湿重視や下地兼用などを重視しますので、純粋に日焼け止めの値段というのではないかもしれませんね。

こんにちは、
化粧品ってそもそも大半が広告宣伝費、開発費だそうです。

メーカーさんによっては同じ製品でリニューアルとか廃盤とかありますよね。大きなメーカーさんだとそれなりの設備でそれなりの数をだしているので、リニューアル前のものをセルフコスメとして出すことがあるみたいです。開発費や広告費がないかわりにその分かなり安くできるということらしいです。

もちろん、既存のメーカーさんでも特に新しい処方や技術が入っていなく、広告費にお金をかけなければ安くできるでしょうしね。
新し...続きを読む

Q日焼け止めを塗ると

私はSPF25とSPF50の日焼け止めを使っています。
ずっと気になっているのですが、SPF50を塗ったときだけ、体が火照った感じになるのです。
塗る部位は、首~胸元、肩~指先の範囲なのですが、火照って汗が出てくるのは腹や背中です。
これを塗って外回りのときは、とても暑くて大変です。
SPF25のときは、快適なのに、不思議です。
こんなこと、あるのでしょうか?
肌荒れなど皮膚の異常はありません。

Aベストアンサー

No2です。丁寧なお礼をありがとうございます(^^)

火照る部分は日焼止めを塗っている部分とは違うところなんですね。
大事なところを見逃していて、すみませんでした。

SPF30台~の日焼止めに多く含まれる紫外線吸収剤は、化学反応によって紫外線を吸収し、熱などのエネルギーに変換して、紫外線が肌内部の皮膚細胞に浸透して悪影響を及ぼすのを防ぐそうです。
素人なので断言はできませんが、紫外線吸収剤の紫外線を熱に変換する作用によって、脇やお腹など、日焼止めを塗っていないところにも火照りが現れたのかもしれませんね。
脇やお腹は服に覆われていて、熱が篭りやすいことも影響していると思います。

Q日焼け止めを塗る順番?

基礎化粧を終えたあと、
今まではファンデーションの下地を塗って、パウダーファンデーションをはたいていました。

今日、下地をやめて、日焼け止めを塗って、パウダーファンデーションをはたいたら、鼻の頭の毛穴など、ポコポコ浮いて、ファンデが全然馴染みませんでした。

ファンデーションのあとに日焼け止めを塗れば良かったのですか?


何が悪かったのでしょうか?

Aベストアンサー

日焼け止めの後に下地かな?ファンデーションにも下地にもUVはついているものも、たくさんありますが。最後にお粉をはたくと良いと思いますよ。

Q日焼け止めを塗るタイミング

朝、洗顔後化粧水、乳液、と顔の手入れをしたあと、日焼け止めを塗りますが、そのときの肌の状態ってみなさんはどうですか?
私は肌に乳液を塗った後、日焼け止めをすぐ塗りますが、何だか乳液と日焼け止めが肌の上で混じっているような気がして・・・・
乳液が乾いてから、日焼け止めを塗った方がいいのでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。
ご質問、読ませて頂きました。

日焼け止めは乳液のあとにすぐ、ではなく、出来れば数分(可能ならもっと)時間を置いてから塗った方がいいと思います。
なぜなら、日焼け止めの中に入っている成分と乳液の成分が肌の上で混ざった場合、せっかくの良い成分が相殺される可能性があるからです。(あくまでも可能性の話です。)

例えば、化粧水、乳液とつけてハミガキをして数分置く、ですとかカーラーを巻くですとか、間にワンステップ置く事が出来れば、お肌にもより良い状態になるのだと思いますが。。。。

どうしてもすぐにつけてしまいたい場合はティッシュで一度お肌を押さえてから日焼け止めを塗って下さい。そうすれば多少はマシになると思います。
また、日焼け止めからファンデーションに移る時も当たり前ですが同じ事が言えます。すぐにファンデをつけるとヨレや崩れの原因になります。日焼け止めの油分とファンデの粒子が混ざり、ファンデの持ちもかなり悪くなりますのでご注意を。。。。

こんな回答でもご参考になれば嬉しいです。

tokyo24

Q日焼け止めを素早くしっかり塗るには

毎日子供が外遊びをしますが、私は毎年春から夏に日光過敏症で湿疹がよくできてしまいます。日焼け止めをしっかりぬればかなり防げるのですが、子供が邪魔をしたり忙しく時間が無いため、なかなかゆっくり塗ることができません。そこで素早くしっかり塗る方法、おすすめの日焼け止め、などご存知の方教えていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

 http://www.kenko.com/product/seibun/sei_722011.html
 http://www.kenko.com/product/seibun/sei_722012.html
 http://www.kenko.com/product/seibun/sei_722013.html

 ↑こちらのサイトにいくつか日焼け止めの種類があったので、ご参考にどうぞ。
ウエットティッシュのようなシートタイプやスプレーなどだと手早く全身に塗れて簡単です。ドラッグストアに行くと、メイクした上からシューっと吹きかけられるUVミストがありました。ストッキングをはいた上からもつけられる足用スプレータイプのUVミストもありました。ジェルタイプでも伸びがいいので塗りやすそうです。
 どうしてもお手軽なものはSPFが弱かったり、汗などですぐに落ちてしまうものが多いので気づいたときにサっと塗りなおす方がより安心だと思います。
 それと、日焼け止めだけでなく日傘をさしたりUVカットの帽子をかぶるなど服装対策だけでも断然違うと思いますよ!

 http://www.kenko.com/product/seibun/sei_722011.html
 http://www.kenko.com/product/seibun/sei_722012.html
 http://www.kenko.com/product/seibun/sei_722013.html

 ↑こちらのサイトにいくつか日焼け止めの種類があったので、ご参考にどうぞ。
ウエットティッシュのようなシートタイプやスプレーなどだと手早く全身に塗れて簡単です。ドラッグストアに行くと、メイクした上からシューっと吹きかけられるUVミストがありました。ストッキングをはいた上からもつけられる足用スプレータイプのUVミ...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報