gooID利用規約 改定のお知らせ

政治経済でコングロマリットという言葉を教わりました。

コトバンクで調べると「複合企業。多種の業種・企業を統合してできた巨大企業集団のこと。近年盛んなM&Aなどを通じて、企業の多角化が進んでいる。技術も市場も異なるような、いわゆる畑違いな事業に参画するために行なわれる、非関連多角化の企業統合形態を指す。主に企業買収によって、自社にはない事業やノウハウを手っ取り早く取得できるという利点から増加している。インターネット関連企業がファイナンスを買収し、金融事業を運営しているのはこの一例と言えるだろう。 」と書いてありました。

日本でいうと上に書かれているような会社は、具体的にどの会社のことを言うのでしょうか?

すみませんが、お教えいただけましたら助かります。
よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

内容的にはかつての「ライブドア」を意識しているように感じますが、


今も存在している会社でも、「ソフトバンク」や「楽天」はインターネット関連事業に強みを持ちつつ、金融事業をもつ会社と言えます。

いわゆるIT企業以外でも、ソニーなんかも多角経営で有名ですね。一連のエンタメ事業(映画、音楽、ゲーム)はもちろん、銀行、保険、不動産も手がけています。
    • good
    • 19
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
ソニーはIT以外でも、エンタメ事業、銀行、保険、不動産などの手がけているのですね。
お教えいただきまして助かりました。

お礼日時:2015/07/06 10:11

■日本のコングロマリットと呼べる会社


・ヤマハ
・ライブドア
・USEN
・ソフトバンク
・楽天
・CITIC
・NTT
・ソニー
など
    • good
    • 11
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
助かりました。

お礼日時:2015/07/06 10:09

三菱、日立と東芝が近いのでしょうかね。

    • good
    • 4
この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございます。
助かりました。

お礼日時:2015/07/06 10:08

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QM&Aとコングロマリット

M&Aとコングロマリットの違いって何でしょうか?辞書を見たところ、
●M&A…企業の合併及び買収のこと
●コングロマリット…、業種・業務に直接関係を持っていない企業が合併を繰り返して成長した企業体のこと。複合企業とも。
と書いていました。合併という言葉が共通しているので、同じなの?とか思ってしまいます。両者の相違点を分かりやく、説明おねがいします。

Aベストアンサー

M&Aからいきましょうか。
Mは、MERGERの略で、吸収合併という経済の専門用語で、買収会社が100%の被買収会社の株式を集めて、それを吸収してしまい、被買収会社が法的に消滅してしまうことです。つまり、法的には、なくなってしまいます。Aは、Aは、acquisitionの略で、買収です。これは、被買収会社の株式51%超を集めるだけです。株を集めた方も、集められた方も法的に存在します。M&Aと言うものは、上記2つの事を意味しますので、何か意味が取りづらくなりますが、本当の意味は、Mの方の意味が強いと、私は思います。つまり、株式の100%を取得し、合併してしまう。最近は、合併まで行かず、株式の過半数を取得し、合併までせず、買収だけして、両社存続するケースも多いです。
つまり、M&Aは、会社を取得する為の手段です。これを使うと、新しい会社を1から作るのではありませんので、時間的に相当早く、自社の戦力に取り込むことが可能になります。また、シナジーと言って、自社が持っている技術などの経営資源と被買収会社の技術を融合させたりして、新技術を開発したり、自社の物流部門と、被買収会社の物流部門を統合したりして、合理化を図る事もできます。
一方、コングロマリットは、業種の異なる企業同士がグループ経営する事です。典型的な形態は、持ち株会社を頂点にして、持ち株会社が業種の違う数会社の株式の過半数を所有して経営する形態です。昔の財閥を考えてください。三菱本社が株を持ち、三菱銀行、三菱地所、三菱重工などが、本社のしたにブル下がっていまして、本社がグループ経営のコントロールをしていました。大体、財閥はこの形態が多いですから、財閥の本を一読すると理解できると思います。

M&Aからいきましょうか。
Mは、MERGERの略で、吸収合併という経済の専門用語で、買収会社が100%の被買収会社の株式を集めて、それを吸収してしまい、被買収会社が法的に消滅してしまうことです。つまり、法的には、なくなってしまいます。Aは、Aは、acquisitionの略で、買収です。これは、被買収会社の株式51%超を集めるだけです。株を集めた方も、集められた方も法的に存在します。M&Aと言うものは、上記2つの事を意味しますので、何か意味が取りづらくなりますが、本当の意味は、Mの方の意味が強いと、...続きを読む

QEXCELのセルが動かないです

普通は、矢印キーを押すと、セルが動きますよね。

今日、仕事中
矢印キーほ押してもセルが動かなくなりました。
画面は動きますがセルがついて来ないのです。
そのPCで使う場合どのエクセルも同様の動きです。

ツールバーあたりを設定する必要がありますかね。

Aベストアンサー

そのPCのScroll Lock (Scr Lk)キーが押されていませんか?

Q政経の問題

信用創造の計算式は《支払準備率》分の《預金額×(1-支払準備率》とあるんですが
・ある銀行の最初の預金1000万円をもとに信用創造するとした場合預金準備率が20%とすると、預金合計は・・・5000万円、支払い準備金合計は1000万円貸し出し合計が4000万円になる。
とあるんですが、計算が分からずどうしてこの数字がでるのかわかりません><
分かる方計算式一通り教えて下さい><

Aベストアンサー

 Aさんが甲銀行に1000万円預金します。
 甲銀行は預金準備として200万円は手元に置き、800万円をBさんに貸します。BさんはそれでCさんに支払をします。
 Cさんは乙銀行に800万円預金します。乙銀行は800万円*0.8=640万円をDさんに貸します。DさんがそれでEさんに支払をすると、Eさんは丙銀行に640万円預金します。
 この流れが無限に続くとします。
 銀行全体では預金が
 1000万円+10000万円*0.8+1000万円*0.8^2+1000万円 *0.8^3+・・・=1000万円/(1-0.8)=5000万円
 支払準備合計は
 1000万円*0.2+1000万円*0.2^2+1000万円*0.2^3  +・・・=200万円(1-0.2)=1000万円
 貸し出し合計
  同様(略)
ただし 「* 」は掛ける
    「^2」は2乗を表す

Q国際慣習法について

いきなりな質問なのですが、国際慣習法の具体例を教えて下さい。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ANo2ことharepandaです。

> 確かに規範とした「法」ではないですね。ところで、国際慣習法を破ったら、何かしら制裁が課せられるものなのですか?法としての効力を持っているのなら、制裁があるはずですよね。

これは核心を突いた質問です。国内法は、国家が背景にあることにより、強制的な執行権を持っています。ところが、国際法の場合は、慣習を強制執行させる力を持っている執行官がいるわけでもなく、国際裁判も、なかなか機能していません。現状の法は、ドイツ法とそれを受け継いだ日本法の場合は道徳と法の分離という原則で作られています。つまり、道徳も法も社会規範であることには違いはないが、道徳は内面的な問題で国家の執行権で縛ることはできず、他方で法は外面的な問題で国家の執行権により強制力を持っているという原理で出来ています。国際法の場合、「究極の法源が存在しない以上、国際法は法ではなく道徳にすぎない」という意見の人もいるのですが、普通は「国際法とは強制力が不完全な限定的機能しか持たない法である」という解釈のほうが適切だと思います。

> もうひとつ、公海の自由の原則なども国際慣習法として知られると思います。それについては海洋法に関する国際連合条約(国連海洋法条約)の第7部に公海についての記述があると思うのですが、その点如何なのですか?公海というのが上記条約で一般的に定められているならば、未批准国のひとつであるアメリカにも、国連海洋法条約は有効という事ですか?

私は法哲学の専門で個別の法のことはあまり知らないのですが、できる範囲で回答させていただきたいと思います。一般論として言えば、アメリカの法律は、大陸法(フランス、ドイツ、日本など)とは別のロジックで出来ています。アメリカの法律は、英国法(イギリス、アメリカ、オーストラリアなど)がベースです。アメリカ法の原理では、未批准の国際条約に束縛される必要はないという考え方は自然な発想であり、現にアメリカ政府はそういう態度で動くことになると思います。しかも、アメリカはモンロー主義以来の伝統として、ヨーロッパ大陸諸国の動向には束縛されず、自国の独立性をヨーロッパ諸国間の戦争から守るという発想で生きてきた国ですので、大陸法の系譜に入る日本とは、違う法的ロジックで動いているのです。

英国法が大陸法と大きく異なるのは、(1)刑法や行政法や手続法も、民法と同じロジックで出来ており、刑法や行政法を特別視しないこと、(2)罪刑法定主義が存在しないこと、(3)法と道徳の分離という原則が存在しないことにあります。イギリスはわりと常識的なのですが、歴史の浅いアメリカとオーストラリアは、日本の法学者の前提をくつがえすような行動を平然とやってのけることがあります。

(1)については、アメリカには司法取引の制度があります。いいのか、刑法に民法の原理を導入して?などと驚いていては、アメリカの法は理解できません。
(2)については、オーストラリアのハワードのアフォがやったことのひとつに、クルド人難民が船で近づいてきていると聞いて、それを禁止する法律をあっという間に作ってしまい、やっつけ仕事で作った刑法を上陸したクルド人に事後遡及で追い出し、しかも、その法律は両院の賛成を得て成立したものではなかったため、もうひとつの院では棄却され、1ヶ月も有効期間がなかったという驚くべき法律なのです。そもそも、両院を通っていない法を実地に使ってしまうのですから、ハワードがいかに無茶をする政治家か、お分かりいただけると思います。先日、彼が選挙で負けたのは、非常に喜ばしいことです。
(3)については、アメリカはもともとイギリスにいられなくなった清教徒が作った国であり、宗教的にはかなり厳しく、キリスト教原理主義とでも呼ぶべき危険な思想を信仰している人が多数います。で、法と道徳の分離ですが、そんな発想はアメリカにはありませんから、州によっては、「セックスの体位は正常位以外は禁止とする」という法律を持っていることがあります。本当に警察が監視しているのか、この法律で裁かれた人がいるのかは非常に疑問ですが、正常位とは英語ではミッショナリ・ポジションと言いますから、まさに教会のお墨付きの体位という意味なのです。謎でしょ?

ANo2ことharepandaです。

> 確かに規範とした「法」ではないですね。ところで、国際慣習法を破ったら、何かしら制裁が課せられるものなのですか?法としての効力を持っているのなら、制裁があるはずですよね。

これは核心を突いた質問です。国内法は、国家が背景にあることにより、強制的な執行権を持っています。ところが、国際法の場合は、慣習を強制執行させる力を持っている執行官がいるわけでもなく、国際裁判も、なかなか機能していません。現状の法は、ドイツ法とそれを受け継いだ日本法の場合は道徳...続きを読む

Q第三セクター 公私合同企業

こんばんわ。
どこで質問すればいいのか迷ったのですが、
ここで質問させていただきます。
私は、高3女子。センター試験で現社を選択します。
先日受けたセンター模試で
第3セクターと公私合同企業がでてきました。
同じ問題で二つの言葉がでてきたわけではないのですが、
第3セクターと公私合同企業の違いってなんなのでしょうか?
どちらも、公的機関と民間企業が合同で投資した会社だと
思うのですが・・・
違いを教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

第3セクターと公私合同企業の明確な定義の違いはまりません。
おっしゃるとおりどちらも、公的機関と民間企業が合同で出資した会社です。

ただ、一般的な使われ方の傾向としては違いがあるように感じます。
公私合同企業は、もともと国有企業を民営化するなど、民間資本が参加した企業、例えばNTT、JT(日本たばこ産業)、JR北海道・四国・九州・貨物
昔のJAL(現在政府保有株式はなし)
加えて、日銀
なぜか、これらの会社は第3セクターと呼ばれることはあまりないですよね。多くに共通しているのは株式会社の場合、地方自治体ではなく政府が株式を保有していること、もともと国有企業であることなどでしょうか。

一方第3セクターは1980年代頃から頻繁に使われるようになったことばです。
民間企業の経営が悪化したため地方公共団体が資本参加したものや、採算性の問題から民間企業単体では経営が難しいことが予想されるため民間と公的機関が共同で出資して設立したものに多く使われているような気がします。
共通しているのは、民間では経営が難しいため、やむをえず税金を投入しているケースが多いことでしょうか。
参加公的機関も都道府県や市町村が圧倒的に多いことも特徴だと思います。国が参加しているものは少ないような気がします。

将来、民間資本が参加するかもしれない、郵政公社(4分社化)や、各高速道路会社(東・中・西日本・首都・阪神)も、政府・地方自治体が株式を3分の一以上保有し続けますが、第3セクターとはあまり呼ばれないかもしれません。

第3セクターと公私合同企業の明確な定義の違いはまりません。
おっしゃるとおりどちらも、公的機関と民間企業が合同で出資した会社です。

ただ、一般的な使われ方の傾向としては違いがあるように感じます。
公私合同企業は、もともと国有企業を民営化するなど、民間資本が参加した企業、例えばNTT、JT(日本たばこ産業)、JR北海道・四国・九州・貨物
昔のJAL(現在政府保有株式はなし)
加えて、日銀
なぜか、これらの会社は第3セクターと呼ばれることはあまりないですよね。多くに共通して...続きを読む

Qトラスト、コンツェルンは含まれない?

独占禁止法とはカルテル、トラスト、コンツェルンを禁止するものだと習った気がするのですが、今の企業形態を見てみると、親会社、子会社なんてたくさんあるし、トラスト、コンツェルンは今では対象ではないのですか?

Aベストアンサー

持株会社というものをご存知でしょうか?
1997年に独占禁止法が改正され、他企業の株式を支配を目的としてのみ保有する持株会社が例外的に認められています。

コンツェルンのなかでも、資本参加により事業活動を支配することを主たる事業内容とする会社を特に持株会社といいます。
コンツェルンの代表例はアメリカのモルガン財閥、ロックフェラー財閥であり、日本の三井、三菱、住友、安田(戦後の富士)の旧財閥などです。
よってコンツェルンなどが存在していること自体は不自然ではないのですね。

また不況下など特別な状況ではカルテルも認めているなど、独占禁止法には例外もあるのです。

Q前株 後ろ株の違い

「株式会社××」という表記を前株、
「××株式会社」という表記を後ろ株、
と言いますよね。

法的に根拠はないらしいのですが、
営業の人がよく「前株ですか?後ろ株ですか?」
というやり取りを商談でしていたり、
「就職の場合、前株の方が良い」などと(噂ですが)
聞いたりします。

やはり何か違いがあるのでしょうか?

Aベストアンサー

1商法・有限会社法に「株式会社・合資会社・合名会社・有限会社」といった法人種別を必ず登記上使用しなければならないと定められていますが、社名のどこにつけるという定めはありません。
2従って、法人設立時や社名変更時に経営者の「語感」で決めるようです。勿論時代の流れもあるようで、戦前には「後株」に比して「前株」会社は少数派でした。
3言語心理学から「ぼーっと聞いている人に、顔を見せることなく急に話し掛けた場合、最初の言葉の頭部は「反応開始の刺激信号」になるだけで、大脳中の言語中枢の記憶との照合までには至らないことが多い」「また、これが聴き慣れない言葉だと、意味は勿論のこと語音の弁別さえもできない。つまり初めの部分を聞き漏らしてしまう」いきなり言われても最初の部分は聞いてないということですね。だから誰でも知っている「株式会社」という言葉を先に出して「反応開始の刺激信号」として利用できるという見解もあるようです。
4上場会社の正式名称を並べてみると1部上場に比してマザーズ等新規上場会社には前株、カタカナが多いがそうでない場合もある。「ご勝手に!どうぞ」状態です。
5なお、職務上関連会社を十数社設立登記しましたが、オーナーの鶴の一声で全て「前」です。

1商法・有限会社法に「株式会社・合資会社・合名会社・有限会社」といった法人種別を必ず登記上使用しなければならないと定められていますが、社名のどこにつけるという定めはありません。
2従って、法人設立時や社名変更時に経営者の「語感」で決めるようです。勿論時代の流れもあるようで、戦前には「後株」に比して「前株」会社は少数派でした。
3言語心理学から「ぼーっと聞いている人に、顔を見せることなく急に話し掛けた場合、最初の言葉の頭部は「反応開始の刺激信号」になるだけで、大脳中の言語中枢の...続きを読む

Q有無、要否、賛否、是非、可否、当否…これらの言葉について

<A>
有無=あるかないか
要否=必要か否か
賛否=賛成と反対
是非=よいことと悪いこと
可否=よいことと悪いこと
当否=正しいか正しくないか。適切かどうか。


1.上記Aのような種類の言葉について、もっと知りたいので
他に何かあれば教えて下さい。

2.Aのような種類の言葉の事を何と呼ぶんでしょうか??

3.Aのような言葉を、どういう風に使えばいいのですか?
例文を示して頂けないでしょうか。

4.「是非」「可否」「当否」の意味は、全部同じですか?
違うとすれば、どのように違うのでしょうか?

Aベストアンサー

使用例

要否=要否を問う

賛否=賛否両論、賛否を問う
是非=是非(良し悪し)を論ずる。 副詞としての用法、是非参加ください。
可否= 可否(良し悪し)を論ずる。可否(賛否)を問う。
当否=ことの当否(よしあし、あたりはずれ)は別として、

是非と可否は同じ意味です。
当否も上の二つと同じ意味があるものの、それが当てはまっているかどうかという意味もあるので全く同じようには使えないでしょう。
二文字で相反する意味を表す漢語独特の表現法ですが、特に名前があるかどうかわかりません。類語として、否応(いやおう)があります。意味は断ることと承知すること。使用例、否応なしに買わされた(無理やりに買わされた)

QエクセルのIF関数で、文字が入力されていたならば~

エクセルのIF関数で文字が入力されていたならば~、という論理式を組み立てたいと思っています。

=IF(A1="『どんな文字でも』","",+B1-C1)

A1セルに『どんな文字でも』入っていたならば、空白に。
文字が入っていなければB1セルからC1セルを引く、という状態です。

この『どんな文字でも』の部分に何を入れればいいのか教えてください。

またIF関数以外でも同様のことができれば構いません。

宜しくお願いします。

Aベストアンサー

=IF(ISTEXT(A1),"",B1-C1)

でどうでしょうか?

Q族議員とは?

とても初歩的なことなのでしょうが、
恥をしのんで質問させてください。

新聞やニュース等に「族議員」という言葉がよく出てきますが、
意味がよく分かりません。

私は韓国の方に新聞の社説を使って日本語を教えているのですが、どう説明していいか分かりません。

よろしくお願いいたします。m(__)m

Aベストアンサー

みなさんご回答の通りなんですが,

「郵政族」,「道路族」,「建設族」
と言う物があります.
まだ他にもたくさんあります.

鈴木宗男前議員は,珍しい「外交族(外務省族)」
だったと言うことです.

族議員というのは,ある方面の団体あるいは,
「官公省」に対して,影響力を持っている議員と言うことです.
議員は,衆議院であれ,参議院であれ,議員活動というのをしようとします.政治に対して影響力を行使しようとします.でも,法律で解釈すれば,議員が行使できるのは,「立法府」である「議会」の構成員として「法律」を作ることだけなんです.官僚に命令する権限など
法律上は持っていません.

憲法によれば,「行政権は内閣に属する」となっていて,政治,つまりは,それを直接執行している「官僚」に命令できるのは,総理大臣や,大臣だけなんです.本来は.


族議員は,特定の省庁の官僚と特別な関係を構築し,
自己の「立法府」としての「議会での発言権」を対価として官僚を自己の意のままに支配しようとしています.
その代償として,その官僚の意向を考慮して,法律あるいは,世論の形成に努力しています.

これらの行為自体は,法律に明記されてはいませんが,
それほど悪いことではないと思います.
だれだって,自分の得意分野がありますよね.

私は「族議員」を否定しませんが,「国益」とか,「子孫に対して責任を持つ」という高い理想に基づいて行動して欲しいと思います.

みなさんご回答の通りなんですが,

「郵政族」,「道路族」,「建設族」
と言う物があります.
まだ他にもたくさんあります.

鈴木宗男前議員は,珍しい「外交族(外務省族)」
だったと言うことです.

族議員というのは,ある方面の団体あるいは,
「官公省」に対して,影響力を持っている議員と言うことです.
議員は,衆議院であれ,参議院であれ,議員活動というのをしようとします.政治に対して影響力を行使しようとします.でも,法律で解釈すれば,議員が行使できるのは,「立法府」である「...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報