これから「罪と罰」を読もうと思っています。ドストエフスキーの他の作品も読んでいきたいので、この作者のバックボーンを知りたいです。どう生きたのか、社会はどんな状況だったのか等、作品を読み解くうえで知っておいた方がよい予備知識を教えて下さい。出来れば良書を紹介して頂ければ幸いです。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

ドストエフスキーなどのロシアの文学の研究で有名な先生のゼミをとっている者です。


まず、罪と罰が作られたのはいつか、というのを考えてみてください。
1866年です。
その頃のロシアはどんなだったか。アレクサンドル2世が上からの近代化というのを進めて、農奴解放令(1861)などを出してリベラルになった時代です。
だからこそ、こういう文学が書けたと言えると思います。
この「罪と罰」で主人公ラスコーリニコフが金貸しの老婆を殺害する時に振り回す理論はなんでしょうか。
ナポレオン主義というやつで、凡人には権利がないが、ナポレオンのような大物は何をしても許される、というものです。
(これは1つの見解で、それは僕の先生によるものです)
そういうのを見てみるのも面白いです。
この時代といえば、西欧では「超人」を唱えたニーチェはまだ22才。
そう考えると、これはその当時どれだけ斬新なものであったか。
あと、ドストエフスキーの場合、殺害には使嗾者(そそのかす者)の存在があります。
そういうのに注目するのも面白いです。
それと、後の方で大地に接吻しますが、それは何を意味しているのか、などを考えてみるとか。
とにかく、この作品は面白いです。
    • good
    • 0

読書をする上で、あらかじめ知っておかなければならないことなど、ないと思います。


すべてはその中にあるのですから。
文学作品を読むときはよけいな知識はじゃまになることさえあります。
一度読んでみて興味が湧いたら、社会的背景など調べてみて、また読み返すというのは良いと思いますが。
確かに背景などわかった上で読んだ方が、より深読みできると思いますが、準備としてあらかじめ資料を調べておいて、さあ、読もう、というのはなんだか理解しがたいです。
まず、最初に読みたいものを読んで、そこからすべてが始まるのではないでしょうか。
私もドストエフスキーの作品で最初に読んだのが「罪と罰」でしたが、そのときはあまり社会的背景など知らない小学生でした。
でもそれなりに間違った感想は持っていなかったように思います。
あくまでも私の主観ですが。
    • good
    • 1

sousekiさん。

あまり肩に力をいれないで読書されてはいかがかな。ドストエフスキーの社会背景などは、調べたらわかると思います。「罪と罰」「カラマーゾフの兄弟」なんかは、最初は難解でも途中からは面白くて読むのがとまりませんでした。たしか「罪と罰」は1日か2日「カラマーゾフの兄弟」も2日か3日で読んだと思います。
    • good
    • 0

とりあえず本の巻末にある略歴を読めばいいと思います。

私もその程度の
予備知識でした。私は新潮文庫のを読みました。
あと、これは本書を読んでから読めばいい本ですが、江川卓著「謎解き
『罪と罰』」。罪と罰に隠されたさまざまな謎を見事に解明してくれる書で、
私はこれを読んでドストエフスキーの偉大さと江川氏のすごさを知り、
感動しました。余談ですが、この江川氏は元野球選手ではありません(^^;)。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

ロシア 文学」に関するQ&A: 上智大学について

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

関連するカテゴリからQ&Aを探す

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qドストエフスキーで最も優れた作品

ドストエフスキーの作品を一通り読みました。
罪と罰が一番有名な作品のようですが、未完の大作、カラマーゾフの兄弟も何度も読み返すたびに新たな発見がある、優れた作品でした。
また、処女作貧しき人々は単純な往復書簡ではない、当時では物凄く斬新な切り口の作品でしょうし、虐げられた人々は始まりと終わりが劇的で、号泣してしまった作品です。
地下室の手記はドストエフスキーの全ての長編の礎となった名作ですし、文壇では酷評されたようですが、短編の白夜も映画とは全く違う、優れた作品に思えます。
破滅への抑えがたい心理を上手く表現している作品、賭博者も素晴らしい。
残念な事に、非常に評判のいい、白痴や悪霊はあまり面白くありませんでした。
まだ読んでいないですが、未成年や死の家の記録は絶版になっていてなかなか見つかりませんでしたが、この前古本屋にて探し出しました。

皆さんにとって、最も優れた作品と思われるのはなんですか?また、理由など教えて下さい。

Aベストアンサー

 極めて個人的な、初読の際のインパクトの大きさで並べて見ました。

1.未成年
 何て読み易く、何てバランス感覚が豊かなのかと。
2.カラマーゾフの兄弟
 凄いぞとの世評に違わず、成るほど魅力に満ちた意欲作だと。
3.死の家の記録
 人間の精神性の極北を垣間見せられた衝撃。
4.罪と罰
 第一の入門書と世評は高かったが初読ではその深みまで至れなかった。
5.悪霊
 初見では何とも理解困難で、ベルジャーエフやオストロフスキー、またエセーニンを経てから漸く。
6.貧しき人々
 ヒューマンな香りが意外だった。
7.虐げられし人々
 読み通すのが辛かった。
8.白痴
 評判が高かっただけに失望が大きかった。

 遥か昔の、初見の印象でしかありませんが、これはまた私自身にとっては、今改めて読みなおしてみたい順番でもあります。

Qこの文章が記述されている作品名と作者をお教え下さい。

ジャック・ロンドンの作品の一節ではと思います。

以下の文章が記述されている作品名を教えて下さい。細かい箇所は違っていると存じますが、大意は私の記憶に間違いはないと思います。

 『暴力にも、どうして至上の美がある。いっさいの人間の発明による、卑劣な武器は使わぬ事で、厳しくこの美は成立する。闘牛士が剣を使うので、この競技を私は好まぬ。』

よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

暴力にもなかなかどうして至上の美がある。
ただ男対男であること。
彼が孤独であること。
人間の発明によるいっさいの卑劣な武器を使わぬこと。
これらの条件のもとに、この美は厳しく成立する

こちらでしょうか?

Qドストエフスキーの翻訳

ドストエフスキーを読みたいと思っています。
以前、『○○さんの翻訳だからとても読みやすかった。△
△さんの翻訳は最悪だから・・・』
と聞いたことがあります。
どなたかこの翻訳者のお名前を教えてください。

Aベストアンサー

複数の翻訳者が訳していた場合、私は、図書館または大書店に行って、最初の1ページ目を読み比べて読みやすい翻訳者を選びます。人それぞれ翻訳の好みもありますのでご自分で比較検討されたほうがいいと思います。

ちなみに、私は江川卓の翻訳が読みやすいと思います。

Qドストエフスキー

ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』三男アリョーシャの母親の名前は、なんでしょうか?
わかる方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

ソフィア・イワーノヴナです。
ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』は、ド゜スエフスキーの作った、名作であります。
ドスエスキーのことを詳しく書いたURLがあります。
それと、ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』についての
URLも貼って置きます。
ドスエスキーについて
フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー(ロシア語:Фёдор Михайлович Достоевский、1821年11月11日(ユリウス暦10月30日) - 1881年2月9日(ユリウス暦1月28日))はロシアの小説家、思想家である。レフ・トルストイやアントン・チェーホフとともに19世紀後半のロシア文学を代表する文豪である。その著作は、当時広まっていた理性万能主義(社会主義)思想に影響を受けた知識階級(インテリ)の暴力的な革命を否定し、キリスト教、殊に正教に基づく魂の救済を訴えているとされる。実存主義の先駆者と評されることもある。なお、姓は訳者によってドストエフスキイ、ドストエーフスキイ、ドストイェーフスキイなどと表記されることもある。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A7%E3%83%BC%E3%83%89%E...
ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟
http://www.geocities.co.jp/Bookend-Ango/7795/pis19/dostoevskiy/dost...

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A9%E3%83%9E%E3%83%BC%E...
複雑な構成を持つ長大な作品で、信仰や死、国家と教会、貧困、父子・兄弟関係などさまざまなテーマを含む深遠な思想小説である。イワンがアリョーシャに語る「大審問官」は特に有名。

『罪と罰』と並ぶドストエフスキーの最高傑作であり、世界の文学の傑作の一つと高く評価されている。この作品に題をとった映画や劇が数多く作られている。

二十世紀の有名な哲学者であるウィトゲンシュタインは「『カラマーゾフの兄弟』を最低でも50回は精読した」と言っている(第一次世界大戦従軍時の数少ない私物の一つが『カラマーゾフの兄弟』だったため)。

なお、作者自身による前書きにもあるとおり、当初の構想ではこの小説はそれぞれ独立したものとしても読める二部によって構成されるものであったが、作者の死によって第二部(第一部の十三年後の物語)は書かれることなく中絶した。ただし、小林秀雄が評するように、本作は「およそ続編というようなものがまったく考えられぬほど完璧な作品」となっている。

ちなみに続編に関しては、創作ノートなどの資料がほとんど残っておらず、友人知人に宛てた手紙に物語のわずかな断片が記されているのみである。ドストエフスキー本人は続編制作への意欲を手紙に書き表していたが、その三日後に病に倒れた。残された知人宛への手紙では、『アリョーシャがリーザとの愛に疲れ、やがてテロリストとなり、断頭台へのぼる』というようなあらすじが記されてあったらしいが、異説も出されている。どちらにせよ、続編の真相は闇の中である。

2006年から2007年にかけては、新訳(亀山郁夫訳)が古典文学としては異例のベストセラーになり、話題となった。また、東大教官を対象に行われたアンケートでは、全ての分野の本の中で、「カラマーゾフの兄弟」が、「新入生に読ませたい本」の1位に選ばれた。


[編集] 登場人物
アリョーシャ(アレクセイ)
地主フョードル・カラマーゾフの三男。後妻の子。神の愛によって肉親を和解させようとする
ドミートリイ(ミーチャ)
地主フョードル・カラマーゾフの長男。27歳。退役軍人。放埒で堕落した生活から抜けきれない、直情型の人物。フョードルの企みによって、自分の全財産がどれほどなのか知らぬままありったけの金を使い込み、それによってカテリーナに3000ルーブルの借金をしてしまう。さらにグルーシェンカをめぐってフョードルと醜悪な争いを繰り広げ、それが最悪の結果を呼び起こす。
イヴァン(ワーニャ)
地主フョードル・カラマーゾフの次男。24歳。後妻の子。理科大を出た知識人。合理主義・無神論を気取っている。彼が語る『反逆』、『大審問官』、そしてその中の「神がいるのであれば、どうして虐待に苦しむ子供たちを神は救わないのか?」との現実性に迫る言葉は、この作品のテーマをもっとも如実に表したものとして有名。
グルーシェンカ(アグラフェーナ)
美しい美貌を持つ奔放な女性。ドミートリイとフョードルのどちらともが狙う妖艶な美女だが、どっちつかずの態度を崩さない。かつては清純な娘で、婚約者に捨てられた過去がある。
カチェリーナ(カーチャ)
ドミートリイの元上司の令嬢。ドミートリイの婚約者。高慢で自尊心が非常に高く、ドミートリイを愛するというよりは哀れな婚約者を一途に救う令嬢という自分の立場に酔っている節がある。後に裁判で、ドミートリイを救うため証人として出廷したが・・・。
フョードル
カラマーゾフ家の家長。強欲で好色な成り上がり地主。モデルは、ドストエフスキー自身の父親である(彼の父親は、強欲好色というより、癇癪持ちの暴君だったという)。
スメルジャコフ
カラマーゾフ家の料理番。フョードルの隠し子(とされる)。イワン独特の無神論に心酔している無神論者。てんかんの発作という持病を抱えている。
ゾシマ長老
アリョーシャの修道院の長老。余命幾許もない。聖人君子とされ、修道院には彼のご利益にあやかろうとする人でいつもあふれている。だが、死後、彼の遺体によって、一つの事件が起こる。
あらすじ
地主フョードル・カラマーゾフの息子たち、性格がお互いにまったく異なる3人の兄弟ドミートリー、イワン、アレクセイ(アリョーシャ)と、フョードルの使用人で、その息子であるとは認められていないスメルジャコフの物語である。フョードルの殺害、また、その事件をめぐる裁判を描く。
直情的な性格の長男ドミートリイは、借金に悩み、遺産の相続や、グルーシェンカという女をめぐって父親と激しくいがみ合う。グルーシェンカのことが原因で、気位の高いカチェリーナとの婚約も破棄される。皮肉屋で知的な次男のイワンは、カチェリーナのことを愛しており、カチェリーナを冷たくあしらう腹違いの兄ドミートリイに憤る。皆に愛される性格の敬虔な三男アレクセイは敬愛する老僧ゾシマに導かれ、修道院での生活を始める。
フョードルが死体で発見されたとき、真っ先に嫌疑がかけられたのはドミートリイであった。人々はドミートリィの父親殺しを信じて疑わない。だが、ドミートリィは一貫して、無罪を主張する。判決の前日には、スメルジャコフが自殺、直後にイワンが危篤と、周辺では不穏な事態が絶えない。そんな中、ついに運命の判決が下る・・・。

詳しくはURLを参照下さい。

ソフィア・イワーノヴナです。
ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』は、ド゜スエフスキーの作った、名作であります。
ドスエスキーのことを詳しく書いたURLがあります。
それと、ドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』についての
URLも貼って置きます。
ドスエスキーについて
フョードル・ミハイロヴィチ・ドストエフスキー(ロシア語:Фёдор Михайлович Достоевский、1821年11月11日(ユリウス暦10月30日) - 1881年2月9日(ユリウス暦1月28日))はロシアの小説家、思想家である。レフ・トルストイやアン...続きを読む

Qドストエフスキーの名言

人間は馴れる動物である、という文句が好きなのですが、作品名とどの場面で書かれた文章なのかがわかりません。できればロシア語でも知りたいのですが、どなたか、この言葉を詳しく知っている方いますか。

Aベストアンサー

たぶん「死の家の記録」(Записки из мертвого дома)の言葉ではないかなあと思います。第一章「死の家」に次のようなくだりがあります。

Человек есть существо ко всему привыкающее, и, я думаю, это самое лучшее его определение.「人間というものは馴れる存在である。そして私はこれが人間を最も適切に定義していると思う」

28歳のとき、ドストエフスキーはペトラシェフスキイ会の検挙の際に、会員ともども逮捕され、ペテルブルグの監獄に拘留されてしまいます。そして死刑宣告を受け、刑場に立って今まさに撃ち殺されようとしているときに、皇帝の使者が来て「恩赦」となりシベリア流刑になるのですが、「死の家の記録」はその時の体験をもとに書いたといわれています。

一応、原文が見られるサイトを紹介しておきます(ロシア語)。若干重いですが、前文が見られます。

参考URL:http://ibooks.by.ru/dosto019/


人気Q&Aランキング

おすすめ情報