人気雑誌が読み放題♪

角川文庫から出ているシャーロック・ホームズのシリーズについて質問です。

『シャーロック・ホームズの冒険』
『シャーロック・ホームズの回想』
『緋色の研究』
『バスカヴィル家の犬』
『四つの署名』

現在、この5冊が出版されているのですが、どれから読んだら良いのでしょうか?
どれから読んでも問題ないようなら良いのですが、もし順番があるなら教えていただきたいです。

シャーロキアンの皆様、回答宜しくお願い致しますm(_ _)m

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

基本的には『シャーロック・ホームズの回想』の後に『シャーロック・ホームズの帰還』を読むのであれば、後はどこから読んでも構いません。


刊行順に並べると

1.『緋色の研究』長編
2.『四つの署名』長編
3.『シャーロック・ホームズの冒険』短編集
4.『シャーロックホームズの回想』短編集
5.『バスカヴィル家の犬』長編
6.『シャーロック・ホームズの帰還』短編集
7.『恐怖の谷』長編
8.『シャーロック・ホームズの最後の挨拶』短編集
9.『シャーロック・ホームズの事件簿』短編集

となりますが、特に刊行順に読んだからといっていいこともありませんし、面白くなると言う事もないです。

 最初に読むのであれば『シャーロック・ホームズの冒険』をお勧めします。これはシリーズで一番面白い本で、ホームズ物を代表する傑作がズラズラと並んでいます。そのため、これを読んであまり面白くないと感じたのであれば、無理にそれ以上読む必要はないでしょう。
 その事もあり、角川文庫を始めほとんどの出版社がホームズ物を刊行する場合は、第1作目の『緋色の研究』ではなく、第1短編集の『シャーロック・ホームズの冒険』を1巻目に持ってきています。やはりこれから読むのが良いだろうという出版社の判断があるものと思われます。

 なお、『シャーロック・ホームズの叡智』という本は原典には存在しません。これは世界で唯一新潮文庫版にのみ存在する本です。
 日本で最も早くホームズ物の文庫全集を刊行したのが新潮文庫で、戦後まもなく刊行がスタートしています。ただし、当時は用紙事情が悪く、本1冊あたりのページ数に制限があったため各短編集に全部の作品を収録できず、数作ずつカットした状態での刊行となってしまいました。のちにカットされた短編のみをまとめて刊行したのが『シャーロック・ホームズの叡智』です。そのため、本来全9冊のホームズ・シリーズが新潮文庫のみ構成が異なり、全10冊になっています。新潮文庫以外はこのようなことはしていませんので、『シャーロック・ホームズの叡智』なる本は存在しません。角川文庫版でも『叡智』が刊行される可能性はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません!
大変、参考になりました!ありがとうございました(*_ _)

お礼日時:2015/09/26 03:19

原書の刊行順で言うと


緋色の研究→四つの署名→ホームズの冒険→ホームズの回想→バスカヴィル家の犬
となりますから、この基本はこの順序で良いと思います。
冒険と回想はいわゆる短編集なので、どこに入れても大して違和感はありませんが。
ちなみに未出版である残り4冊の刊行順は、
ホームズの帰還→恐怖の谷→ホームズ最後の挨拶→ホームズの叡智
となっています。
    • good
    • 1

シャーロックホームズなら楽天のKOBOアプリをダウンロードして全集を一括で購入すれば全部読めますよ。


アプリはタダ、全集も300円で買えるのでいいですよ。
最初に読むなら「緋色の研究」がおススメ。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語で東南アジアはSouth-East Asia、日本語の順番だとEa

英語で東南アジアはSouth-East Asia、日本語の順番だとEast-South Asiaになります。英語の東西南北はこれまた日本語と順番が異なっています。この東西南北の順番には何か理由があるのでしょうか。

Aベストアンサー

2つの質問内容があると読めるのですが,最初の「方位」のほうだけ一般化してお答えします。

英語(ないし科学)では N と S が方位の基準であり,北から東/西に偏る,南から東/西に偏ると表現します。たとえば,南から角度で30度だけ東よりなら,S 30deg E です。ちょうど45度のまんなかは,SE (南東)です。

Qシャーロック・ホームズ

シャーロック・ホームズシリーズを読んでみたいと思い調べてみたのですが、色々な出版社から発売されていて、どこの出版社の翻訳が一番いいのかわからなかっらので、オススメの出版社を教えていただきたいと思い質問させていただきました。
(現在普通に購入出来るものでお願いしたいです;)

あと、長編 短編とありますが、読む上で順番はありますか?

Aベストアンサー

現在普通に購入できるものと云う事は版元品切がないと云う事として回答致します。
(書店に行けば必ず在庫していると云うと余程大きな書店以外では無理だからです。

主なものとしては、新潮文庫(全10冊)、光文社文庫(全9冊)、創元推理文庫(全9冊)、偕成社版全集(全14冊)となります。
それぞれ長短があるのですが、単独の訳者が訳して居る、比較的普及度が高いと云う観点では、新潮文庫の延原謙訳になります。
新潮文庫の欠点は短編集を最初に出版する際に頁の制限から省略した巻があり、その取りこぼしをまとめて補遺として「叡智」としてある事です。最近訳者の嗣子の延原展氏の手により訳の見直しが行われているので余りに古臭い言い回しや、最初に出版する際には日本人に知られて居ないかったために苦しい訳になっていた箇所等が読みやすいものになりました。
基本は落ち着いた懐かしい感じのする訳文で、コーナン・ドイルの作が古いものである事を考えあわせると、一番良い訳だろうと思います。記者のお薦めです。

他も見て行きます。
光文社文庫。日暮雅通訳。記者が知っている範囲で完結した一番新しい訳です。註も充実しているので悪くはないでしょう。

創元推理文庫。阿部知二訳・深町真理子訳。長らく「事件簿」以外は阿部知二訳で出ていたが最近「冒険」「回想」の短編集2冊と「緋色の研究」が深町氏の訳に変わった。「四人の署名」も追って出る筈だが未刊。版元は残りも全て深町訳に切り替える予定なので改訳進行中。

偕成社版全集。各務三郎他訳。児童書扱いだが全訳。但し、巻によって訳者が違い又、一冊の中でも複数の訳者が訳して居る。訳者が異なると訳のイメーヂが異なる事は否めない。

その他、一般に児童書は一時期の山中峯太郎(ポプラ社)のものや野田開作・久米穣・久米元一・武田武彦ほか(偕成社)のもののように極端な書き直しはないものの或程度の書き直しをしているものが多いのでそれを承知で読むのでなければ初めて読む人にはお勧めできません。(子供の教育上宜しくないなどの理由で書き換えや削除が行われて居ます。但し前掲の偕成社の全集は中学生位を対象のため書き換えはない。)

読む順番ですが、幾つかの例外を除いてはどれから読んでも良いのですが、一応気に成るのであれば、原作の出版順に読まれたら良いでしょう。
「緋色の研究」(中編)⇒「四つの署名」(中編)⇒「シャーロックホームズの冒険」(短編集)⇒「シャーロックホームズの思い出」⇒「バスカビル家の犬」(中編)⇒「シャーロックホームズの帰還」(短編集)⇒「恐怖の谷」(中編)⇒「シャーロックホームズの最後の挨拶」(短編集)⇒「シャーロックホームズの事件簿」(短編集)

なお、ホームズものは大変人気があり他の多くの作家がホームズを登場させる作品を書いています。ルパンシリーズの「ルパン対ホームズ」などは原作ではホームズのアナグラムになっているものを翻訳の段階でホームズにしています。(この作品良くオリヂナルのホームズものと間違う人がいるので特に書いて置きます)

ホームズの魅力に取りつかれて研究的に読むのでしたら英書と版元品切になっていますが筑摩書房の文庫に入っている詳註版(全20冊・別1)をお勧めいたします。これは本文と註とどちらが多いかわからない位の註の多さがうりの本です。

以上、御参考にならば幸甚です。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%82%BA%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BA

現在普通に購入できるものと云う事は版元品切がないと云う事として回答致します。
(書店に行けば必ず在庫していると云うと余程大きな書店以外では無理だからです。

主なものとしては、新潮文庫(全10冊)、光文社文庫(全9冊)、創元推理文庫(全9冊)、偕成社版全集(全14冊)となります。
それぞれ長短があるのですが、単独の訳者が訳して居る、比較的普及度が高いと云う観点では、新潮文庫の延原謙訳になります。
新潮文庫の欠点は短編集を最初に出版する際に頁の制限から省略した巻があり、その取りこぼしを...続きを読む

Qセンター試験の、国語・英語  解く順番は?

センター試験の、国語・英語  解く順番は?


センター試験の模試を数回受けました。が、国語と英語で時間が足りなくなってしまうのです。どう改善すればいいものでしょうか?解く順番が悪い?もちろんスピードアップを心がけるべきなのは十分承知しているのですが…。

ちなみに、今は、どちらの教科も、前から順番に解いていっています。

Aベストアンサー

失礼します。

まず、前から行儀よく解くというのはまずやめましょう。

国語や英語は長文読解に時間がかかる科目です。
まず解く順番を考えなければなりません。

英語であればたしか、最初に語句を問う問題が出てきます。
そこに時間をかけてしまっては、
最後の長文が解けません。
順序としては、長文→語句→並び替え
といった感じでしょうか。
というのも、配点が最も高いのが長文だからです。
万が一、時間が無くなっても、
配点の高い問題が解けないのと、低い問題が解けないのでは、
大きく点数に差が出ます。
まず、今すべきことは、
長文を例えば一問15分と時間を決めて、
解く練習ですね。
何回も何回も繰り返して量をこなせば、
センターまでにはその時間で解けるようになります。
語句や発音は知っているか知らないかの世界になるので、
専用の問題集を最低5~6回は繰り返して暗記するくらいまでに
やってください。
1冊をそれだけやったら、すらすらとスピードアップします。
できれば、少し問題量の多い問題集がいいですね。
結局、センターレベルででる語句は限られてますので、
それだけやったら大丈夫!

国語ですが、
漢文→古文→物語→随筆
がいいかと思われます。
漢文なんて、点取り問題です。
少し集中して勉強すれば満点が狙えます。
古文は英語のような感覚ですが、
そこはセンターなのでマーク式ですから、
答えが載ってます。
2次の古文よりもずいぶん解きやすいです。
これも満点が狙える科目です。
まず、この2科目で点数と時間を稼ぎましょう。
そのあと、物語文と随筆ですね。
これは個人差がありますが、
読みやすいという点から、
物語文を先に取り組むことをお勧めします。
どういう意味なのか考えなくても、
すらすら入ってくるという意味で。

この様に、センターの問題を一度やってみてはいかがでしょう。
もちろん、基礎力がなければ、
いくら順番を変えたところで、点数には反映されませんが、
まだ3か月もあります。大丈夫です。
あとは、かなり重要ですが、
「捨てる」勇気も必要です。
この問題に何分と決めたら、
途中でも、次に行く勇気が必要です。

これから、時間を有効に使って、
センター対策をしっかり頑張ってください。

失礼します。

まず、前から行儀よく解くというのはまずやめましょう。

国語や英語は長文読解に時間がかかる科目です。
まず解く順番を考えなければなりません。

英語であればたしか、最初に語句を問う問題が出てきます。
そこに時間をかけてしまっては、
最後の長文が解けません。
順序としては、長文→語句→並び替え
といった感じでしょうか。
というのも、配点が最も高いのが長文だからです。
万が一、時間が無くなっても、
配点の高い問題が解けないのと、低い問題が解けないのでは、
大きく点数に差が出ます...続きを読む

Qシャーロック・ホームズ最初の邦訳は?

シャーロック・ホームズが好きで、同じ作品でも色々な出版社から発刊されているものを読んだりしています。
最近ではかなり昔の、昭和20年代に延原謙さんが訳したものを読んでいます。

質問ですが、日本で最初にホームズ作品を日本語に訳したのは誰しょうか?
また、それはいつ頃で、作品は何でしょうか?

ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>「日本で最初にホームズ作品を日本語に訳したのは誰しょうか?また、それはいつ頃で、作品は何でしょうか?」


→シャーロック・ホームズが、英国の作家、コナン・ドイルによって生み出されたのが一八八七年。ドイルは七十一歳で世を去るまで、短編長編あわせて六十編のホームズ作品を残した。

 日本人の前に初めてホームズが姿を現したのが明治二十七(一八九四)年だった。雑誌『日本人』に「乞食道楽」の題名で掲載された。原作名「唇のねじれた男」の邦訳だが、訳者が誰だったのかわからない。

 その後現在まで、おびただしい数の翻訳、翻案がなされているが、日本での人気を決定づけたのは、初めて個人で全訳を成し遂げた二人の名訳者、延原謙(明治二十五年-昭和五十二年)と保篠龍緒(明治二十五年-昭和四十三年)の存在だった。


 以上、下記サイト抜粋です。
 私も、学生時代にはホームズやルパンは随分読んだものです。

参考URL:http://www.vanyamaoka.com/senryaku/index1433.html

Q英語での部署名、会社名の順番

正式な書類を英語で作成したいのですが、会社名と部署名の順番で悩んでいます。

日本語では会社名の後に部署名を書きますが、
英語で書く場合は、部署名と会社名の順番はどうなりますか?

海外で働いていた経験のある方が
「英語では部署名が先で会社名はその後に続けるんだよ」と言っていましたが、
具体的な資料がみつからなかったので少し不安です。

Aベストアンサー

どっちでもいいです。

英語では通常、細かい方を先に持って来る傾向があります。
住所でも番地が最初で、次にストリート名、郡(市)、ポスタルコード、州の順になります。
人名でもファーストネームが先でファミリーネームが後です。

ですから会社と部署名、ポジション、社員名だったら社員→ポジション→部署名→会社としても問題ないです。

でも会社を先、部署名を後でも別におかしくないですよ。人名でも中国人や韓国人は英語にしてもかたくなに姓名の順を維持していて、それで問題になることはありませんから。

会社、部署名の場合でも、相手はあなたの会社を予め知っていますから順番は気にしません。異文化交流なのですからある程度の大らかさは前提になります。

Q三毛猫ホームズシリーズの順番

最近図書館で借りて読み始めたら結構面白かったので
次も読もうと思ったのですが、図書館の本棚では順番がばらばらに並んでいるので、
どれが最初でどれがその次なのかが分かりません。

最初は推理だと思うのですが、その次からが分かりません。
順番を教えてください。

Aベストアンサー

参考URLのシリーズの間にいけばわかりますよ

参考URL:http://www.hi-ho.ne.jp/junfuji/

Q英語で日付や時間を言うときの順番

英語で日付や時間を言うとき、何で日本語と順番が逆になるんですか?

例えば、"When is the paper due? " "Ten in the morning tomorrow."という文章で、「明日の午前10時です」と日本語で言う場合と順番が逆になるのはなぜなんですか?

因みに僕は日本語の順番の方が明らかにまともだとおもうんですけど。

Aベストアンサー

そういう文化だと言ってしまえばそれまでなのですが、ひとつの理由に、異文化、異言語などの人となるべく単純に意志疎通するために、最も重要な部分を先に言うという形になったという部分もあります。

そういう文化から見れば、最後まで聞かないと結論どころか、肯定か否定かすらわからない日本語など、まどろっこし過ぎるわけです。それをまともだと思うのは、あくまで日本人の感覚です。

歴史的に異文化、異民族との交流が多かった地域の言語は、結論が先に来ることが多くなる傾向があるようです。

Qシャーロックホームズ■オレンジの種五つThe Five Orange Pips

こんにちは。
先日英語の本でこの短編小説を読みました。
そんなに英文を日本語になおすことで理解できないことはなかったのですが、小説のストーリー的に理解できないことが多くて、質問させていただきたいのですが、内容をご存知の方いらっしゃいましたらわかりやすく教えてください。(もしかしたら私の英語力がないため理解できていないのかもしれません。)

●なぜ送られるものがオレンジの種なのか?
 オレンジの種にはどういう意味があるのか?
●はじめに殺されたおじさんが燃やした重要なものとは何か?
●最後にホームズが仕掛けた罠(親玉に種を送りつけたこと)にどういう意味があるのか?
 単に親玉(犯人)が自分のしていたことが自分にふりかかってびっくりするというだけですか??

基本なことかもしれませんが、とてもきになっています。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

ショーロック・ホームズの数少ない「依頼失敗譚」に分類される話ですね。

オレンジの種の意味ですが、作中にあるように、「KKK - クー・クラックス・クラウン」が威嚇・報復のために使う小道具で、KKKに敵対する人に「樫の小枝、メロンやオレンジの種」を送り、警告するのです。
KKKはご存知の通り、白人至上主義者の団体で、1871年にはその暴力的行為から、テロ団体に指定されています。
実際KKKがオレンジの種を送ったのか、ここはドイルの創作なのか分かりませんが、作中では黒人擁護者や裏切り者にオレンジの種を送り、KKKの意向を飲めばよし、拒否すれば殺す、という設定です。

おじさんが燃やした文書はKKKの内部文書でしょう。真鍮に箱の裏側に「KKK、手紙・備忘録・請取・帳簿」のメモが貼ってありましたし、「ハドソン来る。例のごとき主張」から始まる文書の焼け残りは、KKKに敵対した人々がどうなったか、を表しています。おじさんは黒人嫌いの人でしたから、KKKの一員であった可能性があります。

最後のホームズの行動は、犯人に被害者と同じ恐怖を与えるためです。依頼者を殺されてホームズは相当頭にきていましたので、捕えるまでの間、犯人に報いを与えたかったのでしょう。

ちょっと不気味な雰囲気の話で、私は結構好きですね(^^)。

ショーロック・ホームズの数少ない「依頼失敗譚」に分類される話ですね。

オレンジの種の意味ですが、作中にあるように、「KKK - クー・クラックス・クラウン」が威嚇・報復のために使う小道具で、KKKに敵対する人に「樫の小枝、メロンやオレンジの種」を送り、警告するのです。
KKKはご存知の通り、白人至上主義者の団体で、1871年にはその暴力的行為から、テロ団体に指定されています。
実際KKKがオレンジの種を送ったのか、ここはドイルの創作なのか分かりませんが、作中では黒人擁護者や裏切り者にオレン...続きを読む

Qど忘れ!チャンネルを色々順番に変えることを和製英語?でなんていうんでし

ど忘れ!チャンネルを色々順番に変えることを和製英語?でなんていうんでしたっけ?

Aベストアンサー

ザッピングかな?

Qリリアン・J・ブラウンのココシリーズを読む順番

ミステリが好きで、これからリリアン・J・ブラウンのココシリーズを
読んでいこうと思っています。
最寄の図書館や本屋では1作目から順番に揃っているわけではないので、
見つけたものから順不同に読み進めていこうと思うのですが、
話的には順番に読まなくても大丈夫でしょうか?
(1作目の「猫は手がかりを読む」だけは入手済みです)
どうぞ宜しくお願いいたします。

Aベストアンサー

このシリーズは、奥さんが好きで全部読んでます。
で、奥さんいわく
「単に軽いミステリを読むならどうでもいいけど、ココとクイルとの
関係も興味があるようなら最初から読んだ方がいい」だそうです。

まぁ、最初から読んだ方がいいでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報