【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

何故、アニメ製作会社は、4kの120fpsで作らないんですか?

とある科学の超電磁砲s op 4k


Toaru Kagaku no Railgun II NCOP1Hi10p 2160p120fps BDRip x264 flac

→ とあります。

再生すると・・・明らかに、市販のBDや、アニメ放送よりも、画質がよく、滑らかで、

良いと思うのですが・・・。

この編集はたぶん、なんらかのソフトを使ったと思われますが、

BDなどから抽出してから、、、補正ソフトで、120FPSにしただけだと思います。

何故に、アニメ制作時に、

4Kの120FPSにしないのでしょうか?

おそらく、この動画は、1人だけで編集したと思われるので、
それほどお金はかからないし、時間もかかってないと思われます。


確かに、まだ、4k動画は少ないというのは、あると思いますが・・・。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

動画 K1」に関するQ&A: MacPro2008で4Kディスプレイを1台のみ使用して3D動画やフォトショップを快適に使いたいので

A 回答 (7件)

・現在家庭で出回っているテレビのほとんどが4Kおよび120fpsに未対応だから。

(再生できなければデータが良くても再現できないので意味がない。)
 →現在使われる接続規格 HDMIでも、最新の2.0規格(2013年9月に策定)でやっと 2160p 60fpsに対応したところ。
 →またブルーレイも、極最近(2015年5月)にやっと4K対応規格 Ultra HD Blu-ray が立ち上がり、商品投入はまだ始まりの段階。
・4K 120fps だとデータ容量が過大になって処理能力上の問題が大きい。
 →データの読込速度、ストリーミングなら回線速度、圧縮されているならデコードにCPUパワーが必要になる。
 
市場としてアニメに目をつけるのは悪くないと思いますが、前述した技術的・市場的な問題もありますし、製作に負担がかかるのも難点かと。
完全3D-CGアニメのようにコンピュータ処理でフレーム生成できるのであれば時間をかければ出来るかもしれないが、
必然的に「より自然に、よりなめらかに動くこと」を製作者サイドに求めることになる。
それは結局のところ手間の増大になり、ひいては製作コストの肥大になります。
手書きの2Dアニメなら、なおのこと。「推して知るべし」と言うものです。

製作時間を十分にかけられる、またリアルタイムで電波で飛ばす必要ない劇場版とかなら対応しているかもしれませんが、
地上波レベルでは、まだ放送すら実験段階ですので業界として対応を急ぐ必要はない、ということかと思います。
(対応したとしても市場が狭すぎてウマミが少ないかと。)

ハードウェアなどの対応が進めば、4Kに自然に対応していくんじゃないでしょうか。
以上、参考まで。
    • good
    • 2

アニメ会社が4Kを作りたがらない理由を書き忘れました。


画面がデカければデカい程、単純に制作時間がかかるからです。
アニメの撮影という最終合成のポジションで、1フレームごとに処理をかけるのでプレビューに数分待つって事が日常茶飯事なんですよ。
プレビューしてエフェクトの数値を調整して、また待って…の繰り返しです。
映像素材の大きさで待ち時間が全然違うので、作業効率が全然違います。

3DCGとかも、1フレームの映像を計算するのに何十秒もかかります。
画像が大きくなると比例して時間がかかり、処理がオーバーして落ちる事もあります。

常に締切に追われてるアニメ業界じゃまだ4kは厳しいですね。
先ほど言った、完成品を単純に引き伸ばしただけの貧乏4kは可能でしょうけどもw
    • good
    • 0

テレビは29.97fpsだし、ブルーレイ再生機もフルHDだと23.976fpsまでしか対応してないので、性能が発揮出来るフィールドが無いのでは?


120FPSにした所で、テレビでも流せずブルーレイにも入れられないんじゃ、無用の長物という事です。
120FPSで表示出来るモニタも限られてきますし。

おそらく今ブルーレイの画質は、ブルーレイディスクの転送速度の限界だからなんじゃないですかな。
ブルーレイを強引に120fpsにしたら、1秒あたりの容量が増えて再生が追いつかないと思います。
120fpsの動画がパソコンで見れるのは、HDDの転送速度速度の方がブルーレイの読み込み速度よりも十倍くらい速いからこそ出来る事であって。
それならデータ配信っていう手もあるけど、容量が馬鹿でかいので、プロバイダによっては容量制限で規制かかるかもしれませんしね。

それに、アニメは1秒24フレームを基本に作られるのですから、それがオリジナルの動きであり、無駄に滑らかにする必要性はあまり感じませんね。
ヌルヌルは一見ゴージャスですけど、何でもかんでもヌルヌル動くのが正しいとは限らないんです。
カクカクが日本のアニメらしさであり、腕のいいアニメーターはわざとキーになるポーズで止めて、演出を引き立てたりします。
演出意図は特に無く、何となく滑らかにした方が良さそうだからという理由フレームレートを上げては、デメリットの方があまりにも多すぎます。

ちなみにアニメ会社は貧乏なのでPCのスペックも低く、1080pに切り替わる初期は、半分の画像サイズで作ってましたね。
それで最後に引き伸ばして見かけだけフルハイビジョンwうちの会社では貧乏ハイビジョンって呼んでましたw
    • good
    • 0

田舎で細々と約25年ほどアニメーターをしています。


キャラ・メカ等各種デザイン・美術設定等・作監・原画・コンテ・演出・たまに監督
なんかもやってます。
他のスタジオの仕事も山ほどやってますので
フリーと勘違いされますが東京の某大手スタジオの社員アニメーターです。

長々と書くのが面倒なので考えが同じの他のお方のブログを参考に。

アニメにとって4K8Kが深刻な理由
http://log.ezura.asia/?eid=295

偉い人から聞いた話ですが何処まで本当かはわかりませんが
現在の所、4Kでの地上波の放送はオリンピックを含め予定されていないそうです。
NHKのBSの一部・スカパーが試験放送を行っているのでスカパーの一部が予定されているだけだそうです。
BSは4Kのチャンネルが開局する可能性が無くもないらしいです。

なので当然アニメも今の所、当面の間は現状のままで。
4K8Kでの制作はいつかはくるでしょうが4K8Kは傍観状態です。

以上、参考になれば幸いです。
    • good
    • 2

> 何故、製作会社はそういうソフトを使わないのでしょうか?


利益が得られるだけの需要が見込めないから。
    • good
    • 0

コストに見合う需要があるかですね。



テレビ放送が主たるメディアになりますが、まだ4Kの120FPSの放送は有りません。

ブルーレイ等での販売も記憶容量が問題になります。
現在は30FPSですよね。
解像度が4倍で枚数が4倍ということは、同じ時間の収録で16倍の容量が必要ということ。

アニメで4倍の枚数を書くわけだから、手間は少なくとも倍以上かかるわけで、それに見合う需要があって、適切に供給できて、導入コストを上回る利益が見込めないのが現状でしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

書き忘れましたが、SVP 4 というソフトを使うと、簡単に、60FPSなどにできます。

何故、製作会社はそういうソフトを使わないのでしょうか?

お礼日時:2015/12/06 17:37

FPS→フレーム・パー・セコンド


つまり、1秒間に描写されるフレーム数

当然大きいほど、こまかな描写が可能だが、それだけ原画が必要ということ
すなわち、お金がかかるし、時間もかかる。

果たして、それに見合った収益が得られるだろうか、と考えるとどうだろうか
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。

書き忘れましたが、SVP 4 というソフトを使うと、簡単に、60FPSなどにできます。

何故、製作会社はそういうソフトを使わないのでしょうか?

お礼日時:2015/12/06 17:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qブルーレイプレイヤーのアップコンバートと4Kテレビのアップコンバートは違う?

このたび4kテレビを買いました。AQUUOS LC-52US20です。
 で、4Kテレビで映画を見たいなーと思い、今まで持っていなかったブルーレイディスク(BD)プレイヤーを買おうと家電量販店に行きました。
 そこで目にしたものが、「4Kアップコンバート機能付」のBDプレイヤーでした。
テレビ自体にアップコンバート機能があるので、ふつうのBDプレイヤーでもいいのでは?と思い店員に聞きましたが、よくわからないとのことでした。
 少し自分で調べてみると、「4Kマスター」で製作された映画などは、基本2Kでの再生だけど、4Kのアルゴリズム情報を持っているものがあり、その作品ならば4K情報を持っているので、4Kとして再生できるようですね。
 そこで、質問ですが

 質問1.通常のブルーレイ映画を再生する場合、
  a)普通のBDプレイヤーで再生し、4Kテレビで4Kへアップコンバートされて見る
  b)4Kアップコンバート機能付BDプレイヤーでアップコンバートしてから、4Kテレビで見る

  上記a)b)は同じことでしょうか。違うのでしょうか

 質問2.4Kマスター映画を見る際に、
  a)「4Kアップコンバート機能付」ブルーレイでないと、4Kアルゴリズムは復元できない
  b)通常のBDプレイヤーでも、4Kテレビで4Kアルゴリズムを復元できる

  上記a)b)のどちらでしょうか。

 つまり、上記の質問1はa)b)同じことであり、質問2はb)であれば、わざわざ高い「4Kアップコンバート機能付」BDプレイヤーを買う必要はないのでは?と思い質問しました。
 この連休中にBDプレイヤーを買って映画を見たいので、よろしくお願いします!

このたび4kテレビを買いました。AQUUOS LC-52US20です。
 で、4Kテレビで映画を見たいなーと思い、今まで持っていなかったブルーレイディスク(BD)プレイヤーを買おうと家電量販店に行きました。
 そこで目にしたものが、「4Kアップコンバート機能付」のBDプレイヤーでした。
テレビ自体にアップコンバート機能があるので、ふつうのBDプレイヤーでもいいのでは?と思い店員に聞きましたが、よくわからないとのことでした。
 少し自分で調べてみると、「4Kマスター」で製作された映画などは、基本2Kでの再生...続きを読む

Aベストアンサー

質問1
aとbは、異なる画質になります。
が、どちらが高画質なのかは、使用しているテレビ、プレーヤーに依存し、
一般解では、どちらが高画質なのかはわかりません。
要は、どちらのアプコンが高性能(高画質)かで、どちらを使った方が良いかが変わります。

質問2
ご質問は、多分、ソニー・ピクチャーズが展開するBDシリーズ(Mastered in 4K)の事を
言われていると思いますが、
回答は、a,b共に違い、BDプレーヤー(レコーダー)で、2Kのまま(アップコンバートしない)再生し、
SONYの4Kテレビ、(一部の)プロジェクターで、画質調整項目の「Mastered in 4Kモード」を入りにした時のみ、
高画質の実力をフルに発揮することができます。
#他社のテレビでも、「色」に関しては、「Mastered in 4K」の恩恵は受けられます。
 プレーヤー(レコーダー)に4Kアプコン機能は不要です。

結論として、プレーヤー(レコーダー)に4Kアプコン機能は、不要です。

余談として、
SONYのBDプレーヤーBDP-S6500 は、映画、アニメなど24P製作のBDのみアプコンします。
国内のドラマなど60i制作のBDは、アプコンしません。
パナのBDレコーダーの場合、BZT9600のみ60Pで出力するのでレコーダーでアプコンする意味がありますが、
他のDIGAの場合、30P以下になってしまうので、テレビでアプコンさせたほうが見やすい(カクカクしない)映像になります。

他社のレコーダーなどの情報は調べていませんが、同様に30Pになってしまうと思われ、
テレビでアプコンさせたほうが良いです。

質問1
aとbは、異なる画質になります。
が、どちらが高画質なのかは、使用しているテレビ、プレーヤーに依存し、
一般解では、どちらが高画質なのかはわかりません。
要は、どちらのアプコンが高性能(高画質)かで、どちらを使った方が良いかが変わります。

質問2
ご質問は、多分、ソニー・ピクチャーズが展開するBDシリーズ(Mastered in 4K)の事を
言われていると思いますが、
回答は、a,b共に違い、BDプレーヤー(レコーダー)で、2Kのまま(アップコンバートしない)再生し、
SONYの4Kテレビ、(一部の)プ...続きを読む

QなぜTVは30fpsで、アニメは24fpsですか?

なぜ映像は30fpsで、アニメは23.978fpsなのですか?

今度出るスーパーハイビジョン(8ケー?)とかゆうのは60fpsらしいですが、
ググったら60fps(1秒に60コマ)というのは人間の視認できる限界らしいですが、
一般的には30fpsでも遜色はないので現状は30fpsが主流ということでしょうか?

スポーツ中継を60pにアップコンバートしたやつを見たら、ヌルヌルでした。
スポーツ番組に関しては、明らかに60fpsの方がよさそうですが・・・

また、アニメが24FPSなのは手塚治虫が手塚プロを立ちあげた時に、
低予算で請け負ったため、コマ抜き・静止画像を多用したためとゆうは本当でしょうか?

あと、例えば70~80年前のアメリカ映画のフィルムだと
現在フルHD画質を超えているようですが、これも60fpsは可能なんでしょうか?
アナログとデジタルのフレームレートの考え方がよくわかっていないので、教えて下さい。

Aベストアンサー

映像が30fpsなのは、アメリカの電灯線の周波数が60Hzだったので、蛍光灯のチラつきとの相性から最も目が疲れにくいレートだからです。
因みに、ヨーロッパは、電灯線の周波数が50Hzだったので、映像も25fpsのPAL規格が普及していました。
アニメが24fpsなのは、映画の規格が24fpsだからで、昔はコマ撮り出来るVTRなんて存在しなかったので、フィルムで1枚1枚セル画から撮影するしかなかったため、撮影した物の動画チェックまでは、映画の機材を使っていた名残です。

Q120fpsって・・・

たまに動画販売サイトで120fpsの動画がありますが、
120fpsも必要なのでしょうか?
普段動画をエンコードする時は30fpsくらいでエンコードすることが多いですが、120fpsだと何かメリットがあるのでしょうか?
テレビで放送されている番組などは何fpsなんでしょう。

Aベストアンサー

本来、実写映像は最低24fpsあれば動きます。
23だと動きません。
1コマですが、長年の実践によって割り出された数字です。
テレビ放送が約30fpsなのは、アメリカの電気の周波数が60khzだったからです。
ヨーロッパは50khzなので25fpsです。
29.97fpsが使用されるのは、音がずれるのを防ぐためです。
アニメの場合は、テレビシリーズなら基本24fpsベースの8fpsです。
劇場や動きが多いときは枚数が増えます。
アニメの人物部分が30fpsになることは、外注のCGでない限りあり得ません。
これはタイムシートというものがあって、アニメーターさんが動きを付ける時に何枚絵が必要なのか測るためのシートなのですが、これがすべて24fpsで書かれているからです。
日本全国どこでもそうです。

それと、映画の24fpsとテレビの29.97fpsは意味が違います。
映画は映写機(最近は数万枚の鏡を利用した特殊なデジタル映写機を使うこともあります。)の特性上、実際に絵が表示されているのは1/48秒だけです。
残り1/48秒は真っ暗で何も写ってません。
その後、次の絵に移り変わります。
こういった特性上、映画のコマは前のコマが次のコマに紛れることはないのです。

それに対して、テレビはインタレースといって上から順番に線を走査していきます。
こういう特性上、テレビのコマは前のコマが混ざった状態になっている部分があるのです。
(カメラの高速シャッターでテレビ画面を撮影してみて下さい。画面が入れ替わっているところが見えます。)
これを軽減して、コマの切り替わりを滑らかにするために、上から奇数番と偶数番に線を分けてそれぞれ1/60秒で走査します。

ブラウン管の場合は、基本これで大丈夫でした。

つまり、じつはテレビはコマの量で言えば60fpsなのです。

さて、ここから話がさらにややこしくなります。
ブラウン管やプラズマはその特性上非常に応答速度が速く、液晶テレビと比較した場合、3桁違います。

これは構造的な問題で、簡単にいうとブラウン管とプラズマは自力で色のある光を出しています。
それに対して液晶は、電圧によって光の透過率の変わる特殊な物質に後ろから光を当てることによって色を出します。

つまり、電気的に回路の切り替わりだけの物と比べ、透過率の変化の部分でタイムロスが生まれるのです。

この結果、速い動きを液晶で描画させると残像が残ります。
これを軽減させるための機能が倍速機能です。
ただ、この倍速機能というのは24P(1/24秒プログレッシブ、インタレースしないやつです。)や60i(30P)の動画を自動的に120iにして表示する機能です。

素材で120fpsというのは、ただ単にこれに最適化して対応しているのか、ノンインターレスで120コマちゃんとあるのかによって用途が全く違います。

後者の場合は、先にも回答されている方もいますが動画の加工途中でタイミングをいじる場合に使う素材です。

ちなみに、その辺にただで落ちてるのはもともと24Pや30iの動画を水増ししただけのものが多いです。
120fpsに対応したプレイヤーで見ると多少滑らかに見えるのです。

本来、実写映像は最低24fpsあれば動きます。
23だと動きません。
1コマですが、長年の実践によって割り出された数字です。
テレビ放送が約30fpsなのは、アメリカの電気の周波数が60khzだったからです。
ヨーロッパは50khzなので25fpsです。
29.97fpsが使用されるのは、音がずれるのを防ぐためです。
アニメの場合は、テレビシリーズなら基本24fpsベースの8fpsです。
劇場や動きが多いときは枚数が増えます。
アニメの人物部分が30fpsになることは、外注のCGでない限りあり得ません。
これはタイムシート...続きを読む

Qヘッドホン出力とライン出力の違いについて

ヘッドホン出力とライン出力の違いがわかりません。
それとインピーダンスというものもよくわかりません。

教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

単体コンポで考えていただければ分かりやすいと思います。

かなり大ざっぱです。

まず、ヘッドホン出力とライン入力です。

1.プレーヤー
 ↓ レコードの針、CDのレンズが拾っている信号
 ↓ ライン信号
 ↓ 音量はとても小さい。
 ↓ アナログ(レコード)とデジタル(CD)などの生信号。
2.プリアンプ
 ↓ ライン信号
 ↓ 様々なプレイヤーからの大小様々な信号を受け付ける。
 ↓ どのプレイヤーを再生するのかをセレクト&音質を調整する。
 ↓ でもまだ音は小さい。
3.パワーアンプ
 ↓ 実際に耳で聞くための信号
 ↓ 好きなように音量を調整する。
4.スピーカー
 ↓ 音を出す装置
 ↓ 基本的にスピーカー出力とヘッドホン出力は同じですが、
 ↓ インピーダンスが違います。
5.耳で聞く

インピーダンスは抵抗です。
プレイヤーからアンプ、スピーカー、そして耳に至る間に、機器同士の相性を合わせる必要があります。

大きな音(信号)の装置と小さな音の装置をつなぐには、その信号の強さを調整しないと音が流れなかったり、逆に流れすぎることがあって、最悪は壊れます。

例えば、スピーカーのインピーダンスを4オームから8オームに変えると音が小さくなります。
インピーダンスの大きなスピーカーを鳴らすにはパワーアンプの出力を上げる必要があります。

本当に大まかです。
ヘッドホン出力にラインをつないだら、音が大きすぎるので抵抗を入れる必要があります。
ライン出力にヘッドホンをつなぐと、上記の3.のパワーアンプが無い状態と同じです。

単体コンポで考えていただければ分かりやすいと思います。

かなり大ざっぱです。

まず、ヘッドホン出力とライン入力です。

1.プレーヤー
 ↓ レコードの針、CDのレンズが拾っている信号
 ↓ ライン信号
 ↓ 音量はとても小さい。
 ↓ アナログ(レコード)とデジタル(CD)などの生信号。
2.プリアンプ
 ↓ ライン信号
 ↓ 様々なプレイヤーからの大小様々な信号を受け付ける。
 ↓ どのプレイヤーを再生するのかをセレクト&音質を調整する。
 ↓ でもまだ音は小さい。
3.パワー...続きを読む

Q現行のHDMIは4Kに対応していますか?

現行のHDMIは4Kに対応していますか?

それとも新規格のHDMI2じゃないと本来持っている4Kテレビの潜在能力をフルで発揮出来ないのでしょうか?

8Kはさすがに無理ですよね。。。

Aベストアンサー

現行のHDMIの伝送量は最大で10.2Gbpsです。
それに対して4k規格は18Gbpsの伝送量が必要です。
1本で接続するのであれば、HDMI2でないとフルの4k規格での再生はできません。

ただ、デジタルデータの転送、という面に限って言えば、それなりの仕組みを作ってやれば現行のHDMIでも対応できない訳ではありません。
東芝REGZA用の4k対応QFHDアダプタは、HDMIケーブルを4本接続することで対応しています。
参考 http://www.toshiba.co.jp/regza/option/thd-mba1.html
同じ方法で考えれば8kも現行HDMIでデータ転送自体はできるでしょうが、実際には非現実的ですね。

どちらにせよ4k対応しようとすればTV側も録画機器側も買い換えの必要が生じますから、それに合わせてHDMI2規格のケーブルを用意する必要がありますね。
(ケーブルだけHDMIを使うのはナンセンスですし・・・)

以上、ご参考まで。

Qハイビジョンとフルハイビジョンの違いを教えて下さい。来月ボーナスで薄型

ハイビジョンとフルハイビジョンの違いを教えて下さい。来月ボーナスで薄型液晶テレビの購入をするものです。理由は龍馬伝を迫力ある映像でみたいからです。このサイトで質問して37型以上を買うことにしました。回答にフルハイビジョンというキーワードが何回も出てきましたが何の事かわかりません。現在ブラウン管の27型位でテレビを見てるので未知の世界です(笑)

Aベストアンサー

ハイビジョン(Hi-Vision)は、有効水平解像度が650本以上あるテレビ放送または受像器のことを意味します。すでに回答があるようにNHKが商標権を持っており、商標ではない正確な名称はHDTV(High Definition TeleVision)となります。

フルハイビジョン(別名・フルスペックハイビジョン)は、現在のハイビジョンテレビ放送またはハイビジョンコンテンツ(Blu-ray Discなど)での最上位映像規格を完全に表示できる仕様の受像器や録画再生機を、その他のハイビジョン機器と区別するために付けられた呼称です。

ここでは、すべてデジタルハイビジョンであるという前提で書きますが、
ハイビジョンコンテンツの規格には、国内では主に

1280×720(副ハイビジョン、順次走査放送に多く、衛星放送やインターネットコンテンツの一部などで利用)
1440×1080(国内の地上デジタル放送の解像度/HDVビデオカメラの標準記録方式)
1920×1080(最高解像度規格/Blu-ray Disc/NHK BS Digital Hi-Visionなど)

の3種類が使われています。
このうちの1920×1080ドットの映像をフルスクリーンで余すところなく表示できるまたは録画再生できるのがフルハイビジョンです。

一般に液晶テレビやプラズマテレビでフルHDやフルハイビジョンとかかれている場合は、
1920×1080ドットの解像度を持つディスプレイパネルを採用しています。
それ以外のパネルは、1366×768ドット、1440×960ドットなどの低解像度パネルが使われています。

高解像度パネルほど、解像感が高くなり、よりきめ細かく表示されます。
ただ、その反面VHSやDVDなどの元々解像度の低い標準放送コンテンツ(SDTV)に関しては、汚い画像に見えてしまうようになります。
それに対して、低解像度パネルは解像間が低くなり、フルHD映像では少しぼけたように映ることがありますが、DVDなどの低解像度コンテンツはフルHDパネルに比べると綺麗に見えることがあります。

まあ、今後のテレビ放送はHDTVが中心となりますから、フルHDを選ぶのが無難でしょう。
ただ、プライベートルームなど小さな部屋でみる場合や、VHSなどの低解像度のコンテンツを再生するための専門のテレビなどをお求めの場合は、あえて解像度の低いテレビを選ぶという手もあるかもしれません。

ハイビジョン(Hi-Vision)は、有効水平解像度が650本以上あるテレビ放送または受像器のことを意味します。すでに回答があるようにNHKが商標権を持っており、商標ではない正確な名称はHDTV(High Definition TeleVision)となります。

フルハイビジョン(別名・フルスペックハイビジョン)は、現在のハイビジョンテレビ放送またはハイビジョンコンテンツ(Blu-ray Discなど)での最上位映像規格を完全に表示できる仕様の受像器や録画再生機を、その他のハイビジョン機器と区別するために付けられた呼称です。

こ...続きを読む

Qサブウーファーは階下に響くの?

ホームシアター(5.1サラウンド)を構築しようとしています。マンションの3F在住で床はフローリングですが、サブウーファーを設置した場合、階下にかなり響くものでしょうか。響く場合には対処法はあるのでしょうか。お教え願います。

Aベストアンサー

階下サブウーファの対策に防音・吸震カーペットがあります。
SWは振動波が大きいため比較的小さな音でも周りに漏れます。

コレを緩和させる為にSWの下に防音カーペットを引くことで振動を伝えにくくするのです。
しかし振動を吸収するということは、音質も若干さがりますが低音なのでよほどのマニアでなければ気にならない程度です。
防音したうえで低音の劣化をふせぐなら防音カーペットの上に御影石or大理石orコンクリート板などおいてその上にSWを置けば少し良くなります。
防音カーペットは切り売りやパネル売りの安いのがいろんなところで売ってます。
無ければ、毛足の長いフサフサしたカーペットでも専用ほどではないにしろ代用ができます。完璧ではないですが、階下への対策はこれで少しは、良くなります。

ただし、直接的な音漏れは緩和できますが、柱や壁を伝わる間接的音漏れは防ぎようがないので階下だけでなく階上や両隣の部屋の方にも気を配りましょう。TVを見るときくらいの音量でも充分臨場感があるのであまり大音量にしないことが得策です。

専用ルームでホームシアターを構築できるなら簡易的な防音壁を設置するこも視野にいれておいたほうが良いかも。

簡易防音グッズのサイトを見つけたので参考にしてみてください。
数百万もする本格的防音リフォームより見栄えはわるいですが、お手頃で効果大です。
くれぐれも、近隣に迷惑が掛からないよう心がけてお楽しみ下さい。

ちなみにウチは、SWより若干はみ出る大きさのパネルカーペットの上にレンガを敷き詰めて更に耐震ゴムのインシュレータモドキを置いて設置してます。かなり安上がりで効果はあります。壁は手つかずなのでそっちが気になってますがクレームは今のところきてないのでたぶんそれほど漏れてないと思う。

参考URL:http://www.pialiving.com/

階下サブウーファの対策に防音・吸震カーペットがあります。
SWは振動波が大きいため比較的小さな音でも周りに漏れます。

コレを緩和させる為にSWの下に防音カーペットを引くことで振動を伝えにくくするのです。
しかし振動を吸収するということは、音質も若干さがりますが低音なのでよほどのマニアでなければ気にならない程度です。
防音したうえで低音の劣化をふせぐなら防音カーペットの上に御影石or大理石orコンクリート板などおいてその上にSWを置けば少し良くなります。
防音カーペットは切り売りや...続きを読む

Q「以降」ってその日も含めますか

10以上だったら10も含める。10未満だったら10は含めない。では10以降は10を含めるのでしょうか?含めないのでしょうか?例えば10日以降にお越しくださいという文があるとします。これは10日も含めるのか、もしくは11日目からのどちらをさしているんでしょうか?自分は10日も含めると思い、今までずっとそのような意味で使ってきましたが実際はどうなんでしょうか?辞書を引いてものってないので疑問に思ってしまいました。

Aベストアンサー

「以」がつけば、以上でも以降でもその時も含みます。

しかし!間違えている人もいるので、きちんと確認したほうがいいです。これって小学校の時に習い以後の教育で多々使われているんすが、小学校以後の勉強をちゃんとしていない人がそのまま勘違いしている場合があります。あ、今の「以後」も当然小学校の時のことも含まれています。

私もにた様な経験があります。美容師さんに「木曜以降でしたらいつでも」といわれたので、じゃあ木曜に。といったら「だから、木曜以降って!聞いてました?木曜は駄目なんですよぉ(怒)。と言われたことがあります。しつこく言いますが、念のため、確認したほうがいいですよ。

「以上以下」と「以外」の説明について他の方が質問していたので、ご覧ください。
http://oshiete1.goo.ne.jp/kotaeru.php3?qid=643134

QPCとテレビをHDMI接続しても画面が出力されない

パソコンはDELL INSPIRON580デスクトップ ATI RadeonTM HD 5450 グラフィックス
テレビはSONY BRAVIA EX700
です。
ケーブル接続→テレビ電源ON→PC電源ON→TV入力切替何度も挑戦するも
一向に画面が表示されません。
プロパティの外部ディスプレイの接続を見ても認識されていないようです。

テレビの設定は特に無いようで、HDMIの外部入力に接続されてるのは認識しているようで、
入力切替すると切り替わりはしますが、真っ暗な画面のままです。

PCのキーボードのwinキー+Pボタンで切り替えもなんら有効ではありません。

テレビ側は、HDMIが入力してる番号と同じものが、入力切替で表示しているので認識しているようですがパソコン側が認識していないようです。RCA端子が優先してしまうとのことですが何もさしておりません。
ブラビアにHDMIに接続する場合の切り替えは特に無いようです。

なにか根本的な問題があるのでしょうか。グラフィックボードやケーブルの不良は考えたくないのですが。。。

Aベストアンサー

> ATI RadeonTM HD 5450 グラフィックス

上記のグラボにHDMI、DVI端子(DVI-> HDMI 変換コード使用)があるのでTVのHDMI端子と繋げていると思いますがTV側は外部入力にしてPC側でドライバーでの設定をします。

PC側から信号が出ていればTVを外部入力にしていれば何らかの変化があるはずです、パソコンから信号を出すので”パソコン側が認識していないようです”ということはありません。

まずドライバーを最新のものにしてみてください、最近、LED液晶に交換しましたが最初同じような症状でしたがTV側で最初アナログ信号と認識しているのが原因(画面にアナログと表示)でしたのでデジタル信号を正しく認識する設定があるかTVのマニュアルを見てください。

正しくデジタル信号がTV側で認識されれば表示されるはずです、その場合画面が小さく周りに黒枠が出ることがありますがドライバーの設定で修正できます。

HDMI端子が付いているのだから必ず映るはずです、テレビ側のマニュアルとパソコン側のCCCの設定方法を見直してください。

良い結果を期待してます。

> ATI RadeonTM HD 5450 グラフィックス

上記のグラボにHDMI、DVI端子(DVI-> HDMI 変換コード使用)があるのでTVのHDMI端子と繋げていると思いますがTV側は外部入力にしてPC側でドライバーでの設定をします。

PC側から信号が出ていればTVを外部入力にしていれば何らかの変化があるはずです、パソコンから信号を出すので”パソコン側が認識していないようです”ということはありません。

まずドライバーを最新のものにしてみてください、最近、LED液晶に交換しましたが最初同じような症状でしたがTV側で最初アナ...続きを読む

Q【液晶テレビのIPSパネルについて】IPS系のADSパネルのADSってなんですか? ランク的にはど

【液晶テレビのIPSパネルについて】IPS系のADSパネルのADSってなんですか?

ランク的にはどの程度の立ち位置ですか?

IPS ADSパネルとAH-IPSパネルならどちらの方がランクは上ですか?

AH-IPSパネルのAHってなんですか?

一般的にIPSパネルを使用している液晶とはどのパネルを使っているのでしょうか?

2つとも次世代液晶パネルですか?旧型の廉価版ですか?

Aベストアンサー

・AH-IPS(Advanced High performance IPS):
LG Display社製のIPS液晶パネル

・ADS(Advanced super Dimension switch):
中国BOE社製のIPS液晶パネル

IPSというのはジャパンディスプレイ社及びLG Display社の商標なので、
その他の液晶パネルメーカーが生産するIPS方式の液晶パネルはIPSという表記で
販売することができません。
本当に細かい事を言わなければ、AH-IPSもADSも同じ構造と駆動方式であるため
どちらも同じ広視野角特性を持っていると言えるでしょう。


人気Q&Aランキング