授業で日本経済が明治、第二次大戦後に発展してきた要因
と、90年代から低迷している理由を調べていますが、
どなたか、良いホームページを知っていらっしゃる方、
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

信用できるホームページは、いくらさがしてもないと思います。

というのは、明治時代以来我が国は、欧米追従姿勢で来て、80年代ではじめて、世界の先頭集団に入ったからです。つまりその「追従姿勢」の意識・戦略・体制・制度すべてを、フロントランナー・スタイルに変えなければならず、それが何かを一流の人たちが追求しているかです。それが分からず、ずるずると来てしまったのが90年代です。

はばかりながら自説を言わしていただければ、
1)追従姿勢
・欧米から学ぶ。
・それを我が国流に変形する。
・欧米流よりより安く、壊れない品質にする。
・より効率よく生産する。
ちょっとビジネスに偏りましたが、煎じ詰めればこういうことになると思います。

2)先頭集団姿勢
・欧米にないものを創り出す。
・我が国の独自性を出す。
・欧米のものより、高い価値のものを創り出す。
・より効率的に生産・流通させる。
となります。これができなかったから「失われた90年代」になり、いまだ不況から抜け出せないのです。

HPではありませんが、参考になる書籍はあります。
■野中郁次郎他『知識創造企業』東洋経済
■織畑基一『ラジカル・イノベーション戦略』日経
■小林慶一郎他『日本経済の罠』日経
いずれも本屋にあるはずです。
また過去をたどるなら、
■徳丸壮也『日本的経営の興亡』ダイヤモンド

日本の書籍も売れているのは「欧米追従」ですから、参考になるものは非常に少ないです。わたしも捜しているのですが・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございます。では、アドバイスに従ってホームぺ―ジをやめて書籍で探すことにします。

お礼日時:2001/06/23 21:35

>授業で日本経済が明治、第二次大戦後に発展してきた要因


日本人が、学ぶ姿勢を持っていたこと、サボらない勤勉性と投資の源泉となる貯蓄を行う倹約性があったことが根底にあります.

>90年代から低迷している理由を調べていますが、
バブルの崩壊後のということですから、いろんなHPで説明されていると思います.
教えてGooなり、他の検索エンジンで「バブル」で検索してみてください.
キーワードは、バブル崩壊、消費税政策の失敗、金融不祥事、不良債券処理の遅れ、度重なる政府への不信感と年金介護にともなう将来不安からくる消費低迷です.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有難うございました。検索を掛けたらなかなか良い
ものが見つかりました。バブル崩壊、消費税政策の失敗、金融不祥事、不良債券処理の遅れ、度重なる政府への不信
感と年金介護にともなう将来不安からくる消費低迷と言う
キーワードは、書籍の検索にも使えそうです。おかげさまで何とかレポートが書けそうです。

お礼日時:2001/06/24 12:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q日本経済の発展要因

東南アジア諸国のなかでも日本が最も早く先進国入りを果たしたのは何故でしょうか?
楠木正成あたりの人物、鎖国政策、植民地との関係などが起因しているのでしょうか。書物なので調べてみましたが、いまいち抜けきれません。
自由な考察をお聞かせください。

Aベストアンサー

まず、当時の日本はアジアというか、非西洋諸国の中で最も進んだ国でした。

・徳川幕府の官僚組織は欧米よりも進んでいたくらいです
・国民の高い教養(当時の識字率は世界一水準等)
・海外の貿易商と遣り合える発達した商人層

つまり、大砲の殺傷力や工場の生産性では負けていても頭のレベルは対等だったわけです。
他の国が西洋より200年遅れているとすれば、日本は60年くらいしか遅れていなかったようなものですね。
ですから日本は西洋から流れ込んでくる新しい知識を次々と吸収することが出来ました。そして新たに得た概念を次々に日本語化していきました。経済、自由、平等、権利、義務、宇宙、進化これらは全て当時の日本人が作った言葉です。そしてこれらの言葉は中国に輸出されて中国でも使われています。
中華人民共和国の2/3、人民も共和国も、日本人が古典から引っ張り出した言葉に新たな意味を吹き込み作り上げた言葉です。

また
・清という大国の陰に隠れていて影が薄かった。西洋諸国は日本を植民地にしようとは余り考えていなかった。
・徳川幕府の度重なる程よい失政
・倒幕勢力の奇跡的な勝利
↑のような運が良かったというのもあるのでしょう。

幕末当時の幕府と藩と西洋のやりとりを詳しく説明しているサイトがあるので紹介します。ここでは主に幕府と藩の関係を記していますが、当時の日本がどんな情勢だったのか幕末とはどういう時代だったのかがよく分かると思います。

維新の風雲財政録 幕末編
http://www5a.biglobe.ne.jp/~kaisunao/zuihitu.htm

まず、当時の日本はアジアというか、非西洋諸国の中で最も進んだ国でした。

・徳川幕府の官僚組織は欧米よりも進んでいたくらいです
・国民の高い教養(当時の識字率は世界一水準等)
・海外の貿易商と遣り合える発達した商人層

つまり、大砲の殺傷力や工場の生産性では負けていても頭のレベルは対等だったわけです。
他の国が西洋より200年遅れているとすれば、日本は60年くらいしか遅れていなかったようなものですね。
ですから日本は西洋から流れ込んでくる新しい知識を次々と吸収することが出来まし...続きを読む

Qアメリカ経済における80年代と90年代の違いを説明 。

タイトルの通りです。
軍需産業の時代からITの時代になったというのが大きな違いでしょうが、他に細かなキーワードはどんなものが挙げられるのでしょうか?
自信がないので、ご専門の方、宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

 日本がバブル崩壊で沈むのと入れ替わりにアメリカがおっしゃるようにIT産業を軸にして大飛躍を遂げたのが1990年代でした。そのきっかけを作ったのは実はクリントン時代の副大統領、ゴア氏でした。それは情報スーパーハイウェイ構想と呼び、アメリカのすべてのコンピュ-タを光ケーブルで繋ごうというものでした。この計画は結局失敗に終わりましたが、その過程でインターネットという副産物が生まれ、これが大化けしてアメリカ大飛躍の土台になったのです。
 一方の日本はその当時からアメリカを上回るハード技術を持ちながら、このような構想を有する人物に欠け、また社会でもそれを評価できる環境がなかったので大きく遅れを取ることになってしまったのは痛恨事でした。日本はイノベーションを起すような新しい構想や技術に冷淡な社会ですね。これは反省しなければならないと思います。
 ゴア氏については下記をどうぞ。彼が選挙で惜敗したのはアメリカにとっては大変な痛手だったと言えます。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/アル・ゴア

Qラスベガスが現在のような発展を遂げた要因とはなんでしょうか?

ラスベガスはどのようにして今のような華やかな姿に発展したか
素朴に疑問になりました

確か、砂漠の中にあったような気がするのですが
もしそうだとしたら、何故わざわざそのような土地が発展するのか
少し不思議にも感じまして

まだ行ったことはないので、私が思う
『華やかで多くの大金が動く大都市』というのはイメージが先行してしまっているのかも知れませんが…

経済と歴史的な視点から、お答え頂けると
尚、嬉しいです

それでは
よろしくお願いします

Aベストアンサー

「砂漠なのに街が発展した。」ではなく「砂漠だから街が発展した」のです。

まず、砂漠地帯のため通常の産業が発展しないので苦肉の策としてネバタ州がギャンブルを合法化しました。

そして、ギャンブルがビジネスとして有望だった事と、
ラスベガスが街として未発達で既存の利権に縛られる事が無かったため、
マフィア等怪しい勢力がギャンブルを行うホテルを建設していきました。

その後、犯罪組織の撲滅につとめ、豊富なアトラクションを各ホテルが競うようになり、国際的な観光地になりました。

又、前述したように立地的に産業が発展しにくいため、
ネバタ州は他の州に比べて税率を低くする事にして企業の誘致を行い、
成功しています。


産業が発展しない場合の打開策として、「カジノの合法化」や「低税率」を施策する例は他の国にもありますが、
(石原都知事が開発が進まない臨海地区を、カジノ合法の特区にしようと言った事もありました。)
ラスベガスが最も成功した事例となっています。

Qバブル経済の要因について

2日後にテストがあります。困ってます。ヒント程度でもいいのでお願いします。
Q.1バブル経済の要因について(400字程度)

Aベストアンサー

1985年のプラザ合意の後、円高が進みました。そして、それは、輸出産業に打撃を与え円高不況などと呼ばれました。そのため、政府や日本銀行は公定歩合を下げて景気を上げようとしました。そのため、銀行は金余りになりました。そのため、あまった金を不動産などの産業に周り、それが土地の高騰を招きました。
 そして、そのころ世の中は財テクブームで御金が株式市場に流れて、それが日経平均株価の上昇を招いたのです。
 企業は、資金調達を銀行ではなく、株式市場からするようになりました。そうすると貸出し残高の競争をしている銀行は貸出し競争に励み、それが、後に不良債権を生む要因になったのです。
 又、政府もバブル退治のため、公定歩合を上げようとしましたが、自民党などの圧力で上げられずそれが、バブルを長引かせる要因にもなったのです。
 官僚、政治、銀行を中心をした複合的要因によりバブルとなってしまったのです。

 こんなんで、どうですか?
 

QDIY店の発展は経済にとって?

DIY店の発展は経済にとって?

こちらの質問でも時節柄「エアコンの取付方法」「地デジアンテナの設置」などの質問が目立ちます。郊外では大手DIY店舗がかなり細かい部材まで扱っており日曜大工のお父さんの腕前UPに一役かっていると思われます。
さて規制は緩和すべきと思いますが地方経済としては縮小する原因と思いますがいかがでしょう?

Aベストアンサー

そのとおり、どちらかと言えばGDP減少になると思います。
それで浮いた分を他に使うとは限りませんし、工具などの購入は促進されますが日本メーカーでも海外製造が多いのでGDPはあまり増えません。

DIY好きとして言えば、自分で考えながらやるのが楽しいですから、お金を払って他人にやって貰う気がしないんです。

技術立国としては、親が子供にDIYする姿を見せて興味を持たせることも大切な気がします。
物理学を習得し、コンピューターを活用すれば机上でほとんど済んでしまうとは思いますが、それだけで設計者・技術者としてOKとは思えません。実際に物をいじってこそ培われる感覚というのもあると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報