豊洲問題について提案下さい。
自身としては、

①都庁を豊洲に移す。⬅ヘンテコな形でも、都庁として機能すると思います。

②今の立派な都庁は、商業施設として利用する。⬅良い立地で、案外エエかも。

③築地を手直しして使う。⬅使えるものは使う。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

既に豊洲には市場として運営するために既に巨額の都民の税金が投入されています。


今の豊洲に対策不十分な個所があるならば早急に対策したうえで,可及的速やかに築地から豊洲に移転するのが,都民の税金を最も効率的に活用する道でしょう。
今の都庁は,都庁として機能しているからよいのであって,商業施設としては新宿の中心部からちょっと遠いです。
築地の手直しに新たな税金を使うのも,無駄です。それより環状二号線の開通を早く目指すべきです。
    • good
    • 0

どこのトンマが大切なマグロを汚染水に突っ込むのか!


そんなことはだれもしやしない。
ただちに豊洲に移転すべきだ。
前任者の悪口を言うのは簡単だ。
青島なんか一つでも功績があるか?
都市博をやめただけで何も生み出さなかったじゃないか。
何人もの前任者が引き継いでやってきたことを疎かにしてはならない。
ただちに移転せよ。
    • good
    • 0

なぜ豊洲がダメかがわからない


安心と安全?
いまは安全が担保されている。
安心は小池さんが
私が責任を持って指導監視します!で終わること 
仮想敵を作り攻撃することで次期選挙を有利にする
そのことが ややこしくしてるだけ。
移すことになっても シコリや遺恨が残る(移設反対派に力を与えた)。

飲料水レベルでの安全性であって 誰も飲料には使用しない そのまま下水に流せば良いことだ。
    • good
    • 0

1 思うのは自由ですが、機能しません。


2 フロアの構造が商業施設には不適です。
3 二重投資になりますね。

お子様で解らないのでしょうが意見の公表の前には仮説の検証が必要ですね。
    • good
    • 1

・予定通り豊洲に移転

    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q専従者として認められるか

夫が自営になって2年目、専従の手続きはしていません。が事務作業は私の仕事になっています。私は他で一日8時間、週5日パ-トで働いていますし、社会保険等にも加入しています。夫は国民健康保険です。
ちなみに我が家は夫婦2人で子供はいません。…もしも、ですが、なれるとしたら年内手続可能でしょうか。

Aベストアンサー

夫が青色申告の承認を受けているとします。
そして、あなたが一日8時間、週5日パ-トで働いていないとします。
それでも、青色事業専従者控除を夫が受けることはできないです。

理由 青色事業専従者給与の届出書を出していない。

上記届け出を出していたとしても、一日8時間、週5日パ-トで他に働いてる人は事業専従者にはなれません。

なお少なくとも半年以上専従していないと、税法上の専従者にはなり得ませんという回答がありますが、誤りです。
3月末まで学生だったと場合には、4月から12月の間(9か月)の半分以上で、5か月従事で専従者になれるからです。

Q増資に関して

新会社法においては資本金増資の承認は株主総会のみでしょうか。もしくは取締役会での承認後、株主総会での承認を得るのでしょうか。
(株式譲渡制限会社、取締役会設置会社です)

Aベストアンサー

授権発行株式数の引き上げを伴なうものであれば株主総会決議が必要、
もし引き上げを伴なわず、既存のその枠内での増資(新株発行)であれば、取締役会決議のみでOKではないでしょうか。

新会社法の書籍、本屋さんに多々ありますので、念のためご確認いただけると幸いです。

Q会社の跡継ぎとして

私は親父の会社の跡継ぎですが、もうそろそろ新社長になる時期が近づいています。今度社長になるのに備え、これからどのような準備(事務手続き、人事、方針等々)をしていけばよいか、教えてください。

Aベストアンサー

各地の商工会議所などで貴方の様な二世後継者のための事業承継を円滑に進める為の支援が行われています。
その中の1つに『第二創業コース』と言うものがあります。元々は起業者むけの「創業塾」というものがあり、これの中の1コースとして『第二創業コース』が設定されています。大した費用もかかりませんから、まずは一度参加してみることをオススメします。
 # そうすれば他の方が言っている意味も理解できると思います。

厳しいことを言うようですが、少なくともそれ位のことはやっておかないと、ここでチョット聞いてかじったからと言って、事業承継は出来るようなものではありません。かなり厳しいです。下手すると親の築いた企業資産を食い潰すことになりかねません。
(まあ、せめてココでも聞こうという気があるだけ、他のボン●ラ二世経営者候補とは違うと思いますが。)

また、貴方の様な二世後継者を含めた事業承継を国がどの様に考え、支援しようとしているのか、を知ることも重要だと思いましたので、中小企業白書内にある記載へのリンクを提示しておきますので、キチンと全部読むようにして下さい。きっと将来役立つことでしょう。
最低でも経営と事業、業務のそれぞれをキチンと理解して、自らが経営者となった時に「将来に渡ってこの企業をどのようにしていきたいのか?」を明確に従業員に語り、それを取引先や金融機関、最終顧客に伝えられる仕組みを作ることの出来るよう、頭の中を整理しましょう。
尚、経営の全般的な知識そのものが足りないのでしたら、大学院のMBAコース(経営学修士)向けのテキスト・参考書、もしくは中小企業診断士(経営コンサルタントの国家資格)向けのテキスト・参考書などを参考にしてみて下さい。中小企業であれば後者の方が良いかもしれません。

それでも判らない様であれば、再度ココで聞いてみても良いと思いますよ。その頃には漠然とした質問ではなくなっているでしょうし、もう少し有用な回答が集まるかもしれません。

(もし、事業承継で税務対策などのことであれば、メインバンクの担当者に相談するのが一番でしょう。)

参考URL)
第二創業コース(日本商工会議所主催「創業塾」の1コース)
http://www.sogyojinzai.jp/02what.html

「第二創業」としての事業承継の円滑化(平成13年度中小企業白書II-第2章-第3節-3)
http://www.meti.go.jp/hakusho/chusyo/H13/02-02-03-03.html

各地の商工会議所などで貴方の様な二世後継者のための事業承継を円滑に進める為の支援が行われています。
その中の1つに『第二創業コース』と言うものがあります。元々は起業者むけの「創業塾」というものがあり、これの中の1コースとして『第二創業コース』が設定されています。大した費用もかかりませんから、まずは一度参加してみることをオススメします。
 # そうすれば他の方が言っている意味も理解できると思います。

厳しいことを言うようですが、少なくともそれ位のことはやっておかないと、こ...続きを読む

Q企業で使用する電子メールに関して

通常、電子メールはoutlook expressなどのメールクライアントを利用し指定のメールサーバーから送受信しますが、この場合は一つのアドレスを複数が利用するとなると、少々ややこしくなります。

そこで、グループウェアを導入し、グループウェア内にメールサーバーを設置し、各メールクライアントが送受信したメールを自動的にアーカイブ、整理してCRM等に反映させたいのですが、これって難しいですか?

Aベストアンサー

ロータスノーツ等の市販のグループウェアソフトを導入するのが一番確実で、手っ取り早いと思いますが・・・。

多分、このカテゴリーよりも、コンピュータ関連のカテゴリーで質問した方が、的確な回答が早く得られると思いますよ・・・。

Q会社への出資について教えてください。 会社の立ち上げの際に準備金として、その後、ちょっと金回りが悪く

会社への出資について教えてください。 会社の立ち上げの際に準備金として、その後、ちょっと金回りが悪くなり、少し用立てをしました。
社長からは出資扱いにするからと言われてます。

が、それにあたってなんの書類ももらってなく、不安になっています。

よくよく調べてみると振込にしないと出資の扱いにならないとか。。。

無知な私が悪いのは承知の上ですが、ムダにお金をだしたことにだけはしたくありません。

最初の立ち上げのときのお金に関しては、何の役にも立たないかもしれないけれど、社印と代表印をついた書類は作ってもらいました。

全額をきちんとした出資にする、もしくは何かあった時に返してもらうように動けるよう、揃えておきたい書類とかなんかありますか?


無知すぎて申し訳ありませんが、私にとっては大きな額なので、今更ながら情報を集め、きちんとしたいと思っています。
どなたか助けていただけませんでしょうか?

Aベストアンサー

出資というのは「資本金として払い込み株主になる」という意味で使ってますか?
もしそれだと、恐らくきちんとした手続きはとれていないように思いますよ。

その場合は出資ではなく、会社あるいは社長への「貸付金」にしましょう。借用書として「金額、貸付日、返済予定日、返済方法」等を記載し、あなたと会社(あるいは社長)が署名押印します。

出資金と貸付金では性格が異なりますが、「いざという時返ってこない」点では変わりません。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報