スマホで観光地で投影した動画があります。
ファイルの保存形式は、mp4でディスク上のサイズが561MBあります。
 そのファイルを「CyberLink PowerDirector 15」で編集しました。
編集内容は、観光客にモザイクをかけ、カット編集、動画の追加
 はしていません、なので、原動画にモザイクだけ、かけてAVIで保存しました。
保存後のディスク上のサイズが1.29GBになりました。
 原動画と画質を比較したところ、少し落ちていました。
画質の劣化は仕方なことなのでしょうか?
 ちなみに、mpg形式で保存したところ、ディスク上のサイズは392MBとなり
かなり画質が落ちました。
 元の画質で編集することは不可能でしょうか?
よろしくお願いします。

質問者からの補足コメント

  • うれしい

    マスターファイルを「H264 AVC」で保存したところ、画質は劣化しませんでした。

    No.1の回答に寄せられた補足コメントです。 補足日時:2017/06/16 19:37

A 回答 (4件)

出力ファイル形式の中に「H264 AVC」というのがありますが、これを選んで保存してください。


拡張子は「m2ts」になります。
この回答への補足あり
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答くださいましてありがとうございました。
編集後の、AVIで保存した、ファイルがあります。
 それを、「H264 AVC」で保存した場合、画質は
どうなりますかね?
 マスターファイルを再度編集して、「H264 AVC」で保存となると、
時間をかけて編集した、AVIファイルが無駄となります。

お礼日時:2017/06/16 19:19

No1です。


元のAVIの動画ファイルは元の場所にそのまま残っているはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。
 Aンス:そのまま残っている→画質が落ちて状態であります。
 編集後の画質が落ちたファイルの画質を上げることは、特殊化加工をしないと無理
でしょう!
なので、マスターファイルを再度編集して「H264 AVC」で保存します。
テンションが下がりますが、やるしかないです。

お礼日時:2017/06/17 19:17

画質の劣化は仕方なことなのでしょうか?



Mpeg系コーデックは非可逆圧縮コーデックですから編集時の画質劣化は避けられません。

画質劣化を極力抑えた編集のためには出力直前まで可逆圧縮コーデックや非圧縮コーデックを利用するしかありませんが、冗談みたいなシステムを構築する必要があるのである意味現実的ではありません()。
    • good
    • 1

非可逆圧縮ですから、どうしても何らかの変更をしたなら、理論的に画質の劣化が起こるものとなります。


ただ、H.264で保存したなら、サイズが小さくなっても画質の劣化は最小限ですむでしょう。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング