熊井啓監督で黒澤明脚本「海は見ていた」を映画化すると聞きました。
どんな情報でもよいので、このプロジェクトに関してご存知の方が
いらっしゃいましたらお教えください。

A 回答 (1件)

今晩は。

ooieiさんの質問には、私が実際にここで回答を始めた1週ほ
ど前に気が付いていました。その時点で、既に読売新聞夕刊の芸能欄には
監督へのインタヴュー記事が掲載されていました。しかし、既にその所在
も判らず、そのままとなりました。
 結局今となれば、既にあちこちの新聞や雑誌で取り上げれていて、回答
の必要も無いのではないでしょうか。しかし、回答が全く無いままで質問
を締め切るわけにも行かず、きょうに至ったのだと思います。言うなら
ば、少々質問をするのが早過ぎた、と言う事かもしれません。
 さて、2日、日曜の日本経済新聞25ページに本作品の撮影風景等の記
事がかなり大きく載っています。よろしかったらご覧下さい。

 それと、折角ですから熊井監督とのちょっとした出会いを書いておきま
す。
 京橋のフィルムセンターが火事で閉鎖された後、数年にわたって竹橋の
近代美術館の講堂で上映会が行われていました。ある年の、定例の催しの
「逝ける映画人をしのんで」で、石原裕次郎主演の「黒部の太陽」が上映
されました。私の知る限り、この作品はそれ以前の10年間ほどで、16ミリ
版がただ1度上映されたことが有るだけでした。そういうわけで会場はほ
ぼ満員で、多少は早目に行った積もりでしたが、席は最後列になりまし
た。
 その日、上映に先立って場内にアナウンスが有り、「本日は熊井監督が
見えておりますので、一言挨拶していただきます。それでは、お願いしま
す」。その時席を立ったのは、私の隣りの人でした。
 手持ちの本などを読んでいて、そのことには全く気が付かず、内心
「し、しまった・・・」。というのも私は、「サンダカン八番娼館 望
郷」以来、初期の日活時代の作品等で、熊井さんが好きだからなのです。
 やがて、1部、2部の休憩の間に二言、三言話をしました。その際に、
何故この作品が上映されないのかに付いても言及が有り、要するに石原プ
ロダクションがプリント(上映用フィルム)を売り止めにしてのだという
ことが明らかになりました。
 ともあれ、本人の隣りの席でその監督の作品を観るという、今後もまず
無いだろう経験をした日でした。勿論新作も期待しています。それでは。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

興味深いお話ありがとうございました。

ご親切なご回答感謝いたします。

「海は見ていた」楽しみですね。

お礼日時:2001/09/04 09:05

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報