質問

KENWOOD R-K731-Bを愛用してます。インピーダンス:6Ωのデジタルアンプです。欲しいスピーカーのインピーダンスは4Ωです。一般的に、6Ω以上のスピーカーが適切みたいですが、4Ωのスピーカーだと、不具合は生じますか?そこそこ、ボリュームを上げて聴く時も、たまにあります。

通報する

回答 (4件)

はじめまして♪

アンプから見た場合、同じ電圧出力で、4Ωの場合は6Ωの時と比べておよそ1.5倍の電流が流れます。
逆に言えば、電圧が1/1.5までに押さえて、最大出力が同じW数の範囲なら、おおむね大丈夫という考え方も有ります。

パワーIC型のデジタルンプですと、多くの場合4Ω負荷による電力供給を前提としています。
この製品の場合は、ブロック図を見る限り、デジタルICの後にMOS-FETバッファーと言う最終電力供給を行った、こった造りの様ですね。

アナログアンプの場合は、アンプの負担が多く成ってくるとアンプが熱く成ったり等である程度予測が出来ますが、発熱が少ない(その分高効率)デジタルアンプの場合は安全圏が人の感覚で解りにくいものです。

壊れる場合は一瞬です。アナログ方式の石アンプもほぼ同じ様な物。真空管なら見た目や臭いでも完全破壊の前に対処も出来易いのですけれど(苦笑)

まぁ、一般的に過負荷状態でアンプに異常が出る前に回路を保護する為の遮断回路が有ります。
今でこそビクターと一緒でパナソニックの傘下では有りますが、元々は無線機器のトリオ。
簡単に壊れてしまう様な安全策の無い製品は作っていないと思いますので、危険性を知った上で慎重に扱えば問題ないと思われますよ。

音量よりも、バスブーストで中高域より10倍ものパワーを出していたり、接続換えや再生機器の発するショックノイズなどによる過大出力に十分注意しましょう。
けっこう、デジタル関連機器やポータブル再生機器等は音として聞こえない直流域や高周波域のショックノイズ対策が不十分で、ボリューム上げたままの操作は控えた方が良いケースが多い物です。

一般的に隣室に迷惑に成らな程度の音量範囲でしたら、実用上は問題ない可能性が高いのですが、万が一の際にメーカー保障は効かないので自己責任と言う範囲となります。

ただ、目的のスピーカーが極端に能率(効率)が悪い製品ですと、通常の音量でもアンプのパワーが過大となっている可能性はあります。
一般家庭内で平均90dBの音量はかなり大きい方です。しかし瞬間100dBの状況を考えた場合、1Wで90dBのスピーカーなら安全な10Wと言うパワーで100dBの音量が得られます。
しかし、1Wで80dBのスピーカーですと、100Wで同じ音量、そうです、アンプが壊れます。

3dBの差がアンプのパワーで2倍、6dBなら4倍、9dBなら8倍、10dBでは10倍、20dBなら100倍

そういう物ですので、ボリュームの回転角度や音量感だけで考えては落とし穴もありますので、想定しているスピーカーと、実際の室内の音量をしっかり考えてください。

ちなみに、100dBの音量なら一戸建ての場合、道路でも音がしっかり聞こえる様な大音量です。
バイオリンやピアノ、ドラム等の練習が家の前を通る人に聞こえるくらいの状況ですね。

この回答へのお礼

ご丁寧な、ご回答に感謝です。ありがとうございました。

私はアンプ8Ωにスピーカー6Ωで使っていて保護回路が働いた経験が無いのですがアンプの仕様より低い定格インピーダンスのスピーカを接続すると、正常に動作しなかったり故障することもあるようです。
しかしアンプの仕様より高い定格インピーダンスのスピーカを接続しても、問題なく動作することがほとんどのようですが保護回路が誤動作して異音がしたりすることがないとは言えないので出来るだけインピーダンスは同じ(推奨)ほうが良いようです。

もしも使っていて音がおかしいとか保護回路が働いてしまうといったことが起こるようならばインピーダンスのマッチングをとってつかうという方法もありますからその辺も考えてみてはいかがでしょうか?

この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。参考にさせていただきます。

ANo.1 の方の補足として。

KENWOODのアンプですから、一系統に繋ぐだけなら大丈夫でしょう。

もし、アンプ破損の危険が有るとしたら、アンプのスピーカー接続部に
注意書があるはずです。
たとえば、「何Ω以上のスピーカー」と言うふうに。

音量については、このアンプに限らず、「絞った状態から上げていく」が
基本です。

この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。

多分通常使用する音量では問題ないかなと思いますが、アンプの負荷としては少々つらいところはあります。
半導体アンプの場合、指定のインピーダンスよりも大きいインピーダンスのスピーカーは出力は小さくなりますが機器の安全という意味では問題ありません。
しかし逆の場合は出力が大きくなる一方で過大電流でアンプを破壊する恐れが出てきます。
市販のアンプでの多くは保護回路で過負荷(インピーダンスが小さすぎること)の場合は出力を切断しますが、安価なデジタルアンプではそういう仕組みになっていないのではないかと思います。

従って自己責任でつないでみて問題なければ使えるが、万が一の場合はアンプが壊れる恐れもあるということです。

この回答へのお礼

ご回答、ありがとうございました。勉強になりました。

このQ&Aは役に立ちましたか?2 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

DVDの書込みを上手に使うために

DVDの書き込みをする際の基本的な知識から、データ複製についての疑問を解決する為のアドバイスをまとめました。


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集