出産前後の痔にはご注意!

最近、杉山小弥花さんの「明治失業忍法帖」や「当世白浪気質」などといった明治時代や昭和時代を舞台にした漫画を読みました。

その時代の背景が細かに描かれ、恋愛要素もあり、とても面白かったです。この辺りの時代に興味を持ちました。

そこで、明治~昭和を舞台にして、恋愛要素もあるような小説を探しているのですが何かおすすめはありますでしょうか?

できればでいいのですが、女学生や書生さんが出てくるものが好ましいです。

A 回答 (2件)

「帝都東京華族少女」永井紗耶子



「浪漫邸へようこそ」深山くのえ

「帝都探偵謎解け乙女」伽古屋 圭市

「明治あやかし新聞」さとみ桜

「小説家・裏雅の気ままな探偵稼業」丸木文華

「天の陽炎―大正浪漫伝説」栗本薫

「乙女なでしこ恋手帖 壱」深山くのえ

「降霊会の夜に謎解き 帝都怪奇録」長岡マキ子

「カスミとオボロ 大正百鬼夜行物語」丸木文華

すべてミステリー×恋愛です。
    • good
    • 0

明治から昭和までだと100年以上の幅があり、作者によっては文語体で書かれているものもあるため、原文で読むにはかなり苦労します。

ネットにもいくらかありますが、現代語訳解説などがあると分かりやすいと思います。口語体が入っている場合は話し言葉の部分です。
明治期後半、文章を全体的に口語体で統一させて書いているのは夏目漱石以降です。

尾崎紅葉「金色夜叉」文語体+口語体
樋口一葉「たけくらべ」文語体
森鴎外「舞姫」擬古文と言い、文語体の香りを残した格調ある文章。
夏目漱石「三四郎」「それから」「門」「こころ」
     朝日新聞にこの3~4年ほどずっと再連載されていました。
武者小路実篤「友情」「愛と死」
山本有三「波」不倫・不貞の子がテーマ。
川端康成「伊豆の踊子」「古都」
堀辰雄「風立ちぬ」
石坂洋次郎「若い人」
三島由紀夫「潮騒」
石原慎太郎「太陽の季節」
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q明治・大正時代を舞台にした恋愛小説

明治・大正時代を舞台にした恋愛小説を探しています。
大人の恋よりも、学生くらいの青春恋愛ドラマがのぞましいです。
おすすめがありましたら、教えてください。

また同じ時代の男子校、女子校の雰囲気のわかる小説、および資料があったら、教えて欲しいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

大正、昭和にかけて数々の少女小説を発表した吉屋信子の作品のなかには、まさにあなたの探しているようなものがたくさんあります。
特に「花物語」は当時の女学生の心理などがよく分かりますよ。
今でもファンが多い作家のせいか、ヤフーオークションにも結構出品されているのでチェックして見て下さい。
それから、若い男女の恋愛小説ですが、明治の作家、樋口一葉の「たけくらべ」伊藤左千夫「野菊の墓」などは現代の恋愛と違ってとても情緒があります。どちらも有名ですので読んでいるかもしれませんが。

Q明治時代が舞台の小説を読みたいのですが

明治時代が舞台の小説を読みたいのですが、範囲が広すぎて誰が面白いのか全く解りません。
明治時代というとちょっとジメジメした感じのある、外国文化が入ってきた混沌とした感じが好きなのですが、お薦め本などあったら紹介してくださると嬉しいです。

自分で読んでみて面白かったのは
小野不由美の東京異聞。

宜しくお願い致します

Aベストアンサー

司馬遼太郎の代表作の一つ「坂の上の雲」をお薦めします。
松山出身の秋山好古・真之兄弟、そして正岡子規という3人の若者が新しい国家の建設に尽くし、またそれにふさわしい文化を育むために奔走する姿が生き生きと描かれています。
陸軍の軍人になった秋山好古は、ほとんど何もないところから陸軍騎兵部隊を世界最強のロシアコサック騎兵部隊に伍するところまでに育てあげます。
弟の秋山真之は海軍に進み、日本海海戦における斬新な戦術をあみだし、世界海戦史上例を見ない完勝への道を開きます。
正岡子規は、文学者として、俳句・短歌を革新し、だれもが使う日本語の散文をつくりあげます。 
この3人に代表される明治の青年がもっていた青雲の志、いや、明治期の日本そのものを主人公とした物語といえます。
司馬遼太郎によれば、明治維新後、日露戦争までという三十数年は、非常に楽天的な時代であって、この時代の人びとは、前のみを見つめて歩き、のぼってゆく坂の上の青い天に、もし一朶の白い雲が輝いているとすれば、それのみを見つめて坂をのぼっていくというのです。これが「坂の上の雲」という題名の由来となっています。
かなりの長編ですが是非お読みください。

司馬遼太郎の代表作の一つ「坂の上の雲」をお薦めします。
松山出身の秋山好古・真之兄弟、そして正岡子規という3人の若者が新しい国家の建設に尽くし、またそれにふさわしい文化を育むために奔走する姿が生き生きと描かれています。
陸軍の軍人になった秋山好古は、ほとんど何もないところから陸軍騎兵部隊を世界最強のロシアコサック騎兵部隊に伍するところまでに育てあげます。
弟の秋山真之は海軍に進み、日本海海戦における斬新な戦術をあみだし、世界海戦史上例を見ない完勝への道を開きます。
正岡子...続きを読む

Q明治~昭和(戦前)が舞台の小説

こんにちは。タイトルの通り、明治・大正・昭和(戦前)期が舞台になっている小説が好きで、探しています。下の条件に当てはまるようなものでおすすめの小説はないでしょうか?あればぜひ教えて下さい。

●舞台・・・日本 
●ジャンル・・・できれば家族もの、恋愛もの、大河もの(?)など
        (ホラー、ミステリー、シリアス系以外で) 
●短編ではなく、中・長編のもの
●読み応えがあり、読み終わったあと満足感を得られるようなもの

ちなみに、今まで多く読んできたのは三浦綾子さん、宮尾登美子さんの小説です。
その他、個人的に面白かった作品としては、「楡家の人びと」(北杜夫さん)、「紀ノ川」(有吉佐和子さん)、「女の一生」(遠藤周作さん)などがあります。

いろいろと探してきては手当たり次第に読んでいるのですが、時代範囲が幅広いため、まだ自分の知らない面白い小説があるかもしれないと思い、質問させていただきました。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。私も北杜夫さんの「楡家の人びと」読みました(北杜夫ファンです)。スケールの大きな家族小説という感じで故三島由紀夫が絶賛したというのも分かります。三浦綾子さんの本を沢山読まれていらっしゃるならもう既読かもしれませんが、「銃口」や「泥流地帯」はいかがですか?特に「泥流地帯」は正と続があるのですが、正より続の方が希望が持てる書き方ですので続けてお読みになると良いと思います。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/28349506
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/01715048
 有吉佐和子さんの「香華」は恋に生きる母とそれに翻弄される娘の読み応えある小説です。「一の糸」や「針女」も宮尾登美子さんがお好きなら気に入るはずです。こちらも既読かもしれませんが(^_^;)。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/06781673
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/18646963
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/01512421
 戦争をテーマにした小説ですが横山秀夫さんの「出口のない海」も良かったです。映画化されましたが、人間魚雷に乗り込まなければならない一青年の野球に対する思いや恋愛などを書き込んでいますので、単なる戦争ものだけではないと思います。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/31725247
 浅田次郎さんの「天切り松闇がたり」も大正時代の話です。泥棒とその一家の話ですが、ホラーやミステリーではなく人情小説です。短編ですので、大河系がお好みでしたら物足りないかもしれませんが、一話一話がキッチリとして、啖呵を切る所ではスカッとするし、ある所ではほっこりしたり、またものすごく泣けたりします。良かったら読んでみて下さい。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/30591536
 長文失礼しましたm(__)m。

こんにちは。私も北杜夫さんの「楡家の人びと」読みました(北杜夫ファンです)。スケールの大きな家族小説という感じで故三島由紀夫が絶賛したというのも分かります。三浦綾子さんの本を沢山読まれていらっしゃるならもう既読かもしれませんが、「銃口」や「泥流地帯」はいかがですか?特に「泥流地帯」は正と続があるのですが、正より続の方が希望が持てる書き方ですので続けてお読みになると良いと思います。
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/28349506
http://books.yahoo.co.jp/book_detail/01715048
...続きを読む

Qおすすめの明治~大正頃の恋愛小説

明治~大正頃(多少の前後は構いません)に書かれた、恋愛がテーマな小説でおすすめを教えてください。
当時に現代小説として書かれたような、その時代の社会がよく表れているものだと嬉しいです。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

森鴎外「舞姫」
今の感覚を当てはめると酷い話ですが、そういう時代だったということはよくわかる小説です。

夏目漱石「こゝろ」
恋愛小説なのかどうか微妙ですが、恋愛は主要なキーワードです。

Q大正~昭和初期の舞台の小説を教えてください。

私は大正~昭和初期の舞台の小説が大好きです。

今まで読んだのは
菊池寛「貞操問答」「無憂華夫人」
谷崎潤一郎「痴人の愛」
吉屋信子「あの道 この道」「良人(おっと)の貞操」「わすれなぐさ」

もし、おすすねの小説がありましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

あなたがすでに読まれたものの似た系統からおすすめ・・・
永井荷風「墨東綺譚」
梶井基次郎「檸檬」


人気Q&Aランキング