私は液クロ初心者でして、その辺を念頭において、質問を読み、アドバイスいただければと思います。

今、液クロのUV検出器の取説を読んでいます。
その中に「サンプルビームエネルギーとリファレンスビームエネルギーの記録」という項目があります。
「サンプルビームエネルギー」とは、フローセル部分のエネルギーのことかと思われますが、では「リファレンスビームエネルギー」とはどうやって、測っているのでしょう?

とんちんかんな質問かもしれない。

最近、検出器がトラブって、あれやこれや、もがいているところです。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

 


rei00 です。補足拝見しました。

> 下の方のお答えだと、セルが一つ、rei00さんのお答えだと、
> セルが二つあるような気がします。

 ushi-ushi さんも「サンプル側とリファレンス側のUV吸収率の違いを検出するものです」や「リファレンスとは、溶離液のことで、サンプルをインジェクトする前に検出器のリファレンス部分を溶離液で置換しておく必要があります」とおっしゃっていますから,セルは2つです。

 で,私との違いはセルに溶媒を満たすか満たさない(空気だけ)かの違いです。


> 先日セルホルダ(アセンブリの状態で)取り出して見たのですが、
> セルが二つあるように見えませんでしたが・・・・。

 私は Waters の HPLC を使っていないので(島津とト-ソ-です)メ-カ-による違いかも知れませんが,ト-ソ-のもの等ではセルユニットのサンプルセル(おそらく真ん中に光路があると思います)の隣に穴が開いています。この穴がリファレンスセルです。先の回答でも書いた様にリファレンスセルとは言っても,空気を満たすだけですからセルなど不要で穴が開いていれば良いわけです。

 hikobae さんの場合,マニュアルにリファレンスセルに溶媒を満たすように書かれていますか。書かれていないのであれば,おそらく空気セルを使用しているはずです。セルをもう一度確認してみて下さい。

> UV検出器も、機種によって、セルが一つのものと二つのもの
> とがあるのでしょうか?

 これは私も判りません。ただ,私自身は液クロの UV 検出器でセルが1つのものは知りません。また,ushi-ushi さんがお書きの様な,リファレンスセルに溶媒を満たすタイプの検出器も使用した事がありません。


 ところで,最近検出器がトラブってとの事ですが,参考 URL に Waters と Shodex のペ-ジをあげておきます。液クロのトラブル対策などものっていますので参考になるやも知れません。

 

参考URL:http://www.waters.com/, http://www.sdk.co.jp/shodex/japanese/contents.htm
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼遅くなってすみません。
Watersって、日本語のHP、たしかないですよね。
英語だからって、びびってちゃいけないんですけどね。
いつもありがとうございます。
またよろしくお願いします。

お礼日時:2001/08/23 12:57

 


kenntya さん,ありがとうございました。

> UV、RI共に1セルタイプと2セルタイプがありますヨ。

 そうですか。あってもおかしくはないとは思いながら,見た事がなかったものですから。

 ところで,私は,UV 検出器の1セルタイプもですが,RI 検出器の1セルタイプも見た事がありません。

 もしよろしければ,どこのメ-カ-のものか教えていただけませんか。単なる好奇心だけですが。

 
    • good
    • 0

rei00さんの疑問にお答えします。


UV、RI共に1セルタイプと2セルタイプがありますヨ。
    • good
    • 0

 


お使いの装置がどこのメ-カ-のものか判らないので推測にしかすぎませんが。

基本的には「リファレンスビームエネルギー」の測定も「サンプルビームエネルギー」の測定も同じだと思います。

マニュアルの最初の方に装置の光学系図はありませんか。サンプルセルとリファレンスセルは隣接しているはずです。そのため,光源から出た光はサンプルセルとリファレンスセルを同時に通過します。で,それぞれのセルの後方に光電管があって透過光の強度を測定しているはずです。

このリファレンスセルは空気セル(溶媒を満たしていないセル)が通常用いられていますので,「リファレンスビームエネルギー」とは光源から出た光のエネルギ-になります。したがって,この数値が小さくなっている事は,光源の劣化を意味します。

いかがでしょうか。

 

この回答への補足

理解の仕方が間違っているかもしれませんが、下の方のお答えだと、セルが一つ、rei00さんのお答えだと、セルが二つあるような気がします。先日セルホルダ(アセンブリの状態で)取り出して見たのですが、セルが二つあるように見えませんでしたが・・・・・。UV検出器も、機種によって、セルが一つのものと二つのものとがあるのでしょうか?

補足日時:2001/07/11 17:02
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。ちなみに使っているのはwaters2487です。

お礼日時:2001/07/11 17:01

文面より、どういった点でトラブっているのかよく分かりませんので、とりあえずUV検出器の原理について、私の知るところをお伝えいたします。

UV検出器は検出しようとするサンプルに特徴的なUV吸収波長を検出器のビーム波長として選択し、サンプル側とリファレンス側のUV吸収率の違いを検出するものです。リファレンスとは、溶離液のことで、サンプルをインジェクトする前に検出器のリファレンス部分を溶離液で置換しておく必要があります。UV検出器自身そんなに難しい構造のものではありませんので、トラブルの原因は以下のようなことが考えられると思います。
1)測定したいサンプルのUV吸収波長と検出器のUV波長がマッチングしていない。
2)検出器のリファレンスを溶離液で置換していない。
3)もともと測定したいサンプルにUV吸収がない。・・・・
いかがでしょうか。それいがいだと、光源自身がいかれているという場合も考えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

お礼日時:2001/07/11 16:59

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q敏感肌の基礎化粧品40代~使えるものとノンケミカルUVクリーム

私は敏感肌で肌にあわない化粧品を使うと顔じゅうヒリヒリ赤くなってしまいます。太陽に浴び過ぎると(海辺など)プールでも光をあびたところは蕁麻疹が出来てしまいます。皮膚科の先生は「ノンケミカルのUVクリームがいいですよ」と言っていました。40代のお勧め基礎化粧品とノンケミカルUVクリームがあったら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

私も肌が弱く、太陽に長時間当るとポツポツと湿疹が出来るので、日焼け止めは一年中ぬっています。
いつも使っているのは、アトピタのベビー用のUVクリームです。ちょっとべたべたしますが、ぬったあとティッシュで押さえれば気になりません。アトピーの方でも使えるように処方させているので、肌にやさしいと思います。

また、普段のスキンケアはCAC化粧品を使っています。以前どの化粧品も肌に合わなくなってしまい、途方に暮れていた時にCACに会いました。全く刺激がなく、成分も安全なものから作られているので安心です。
使い方もシンプルで、洗顔パウダーとローションのみ。パックは必要に応じて使用すればいいと思います。
ノンオイルなので使用後、最初の一週間は少しつっぱった感じがあると思いますが、その後は自分の肌から油分&水分が出てくるようになるので、違和感はなくなります。
CACは年齢に関係なく使用できます。HPアドレスを載せておきますので、チェックしてみて下さいね。

http://www.cac-cosme.co.jp/

参考URL:http://www.tampei.co.jp/shouhin/atopita/atopita.htm

私も肌が弱く、太陽に長時間当るとポツポツと湿疹が出来るので、日焼け止めは一年中ぬっています。
いつも使っているのは、アトピタのベビー用のUVクリームです。ちょっとべたべたしますが、ぬったあとティッシュで押さえれば気になりません。アトピーの方でも使えるように処方させているので、肌にやさしいと思います。

また、普段のスキンケアはCAC化粧品を使っています。以前どの化粧品も肌に合わなくなってしまい、途方に暮れていた時にCACに会いました。全く刺激がなく、成分も安全なものから作...続きを読む

Q液クロの検出器

液体クロマトの購入を検討しており、検出器の選定に悩んでいます。UVかPDAのどちらかなのですが、PDAは元々は定性用の測定器ですので、定量の事を考えると操作性や感度で心配があります。両方買えれば良いのですが、予算の関係もあるし。実は10年ほど前に使っていたことはあったのですが、その時は定量するには感度も悪いし、ノイズも大きく、定量の為のデータ処理も非常に手間のかかるモノでした。

それから10年経ったので、進歩はしているとは思いますが、微量分析のことを考えるとやっぱりUV検出器の方が良いかなと思うんですが、ピークが本当に純品かわかるPDAも魅力的なのですが。

Waters、Agilent、島津のいずれかを検討しています。島津の担当者はPDAは定性の機械だと言っています。お使いになっている方はいらっしゃいませんか?

Aベストアンサー

サンプルの種類によっても違うと思うのですが、未知サンプル(未知ピークがでるサンプル)を分析する機会がそこそこあるのであれば、また予算が許すなら、PDAにしてまず間違いはないかと。私が商品分析研関連部署に勤めている頃は、PDAは高額で手が出ませんでしたが・・・。

ただし、極微量の分析が多い場合は検出限界は確認して下さいね。

逆に既知物質の定量ばかりなのであればUVで充分です。余ったお金はランプなどの消耗品やお役立ち小物を付けてもらいましょう。

Q化粧品に含まれるUVカット成分について

UV対策が必須になってきました。
ふと思ったのですが、化粧品や日焼け止めに使用されているUVカット成分は、どんな風にUVを肌に届かないようにしているのですか?ある日焼け止めクリームでは、酸化チタンという粉末によりUVを反射させているとか。しかしこの酸化チタンの光触媒反応によるお肌への影響はないのでしょうか。回答お願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。
化学的な解答は、今までの方達で十分だと思うのですが、肌の弱い一女性として一言。
私もかつて有機化学を学んでいた身として、UV吸収系の日焼け止めは避け、チタニアを用いているクリームのみを使用したのですが、結果は「赤みがさしてかゆい」でした。赤くなった程度としては、ちょうどお酒を少し飲んだ感じです。
いろいろな会社から出ているものを試して、すべて同じ症状でしたので、多分、ある種の皮膚の持ち主には、やはりチタニアは何らかの影響が出るのだと思います。
今では、紫外線カット系の化粧品はすべて避けています。

Q化学のエネルギー図の質問です。 エネルギー図を書く際、わたしは物質が水溶液に溶けたら、その物質(aq

化学のエネルギー図の質問です。

エネルギー図を書く際、わたしは物質が水溶液に溶けたら、その物質(aqが付いたもの〕は、溶ける前よりも、下の位置に書く、と覚えてました。
しかし、
NH4NO3(個)+aq=NH4NO3aq-26j

という化学式であれば、とけた物質は、エネルギー図において、上に行きますよね??

大混乱です。
どうか、教えてください。
お願い致します。

Aベストアンサー

演習問題を解く上ではエネルギー図で上下を書き違えたところで問題ありません。
図をみれば正の数の答が出るはずのところ、計算の結果、負の数の答が出てしまったら
それは「上下が逆だったね、てへ」で済む程度のことです。必要なら改めて書き直せばいいのです。

ところで、溶けたら「下の位置」という考え方はあまりにも短絡的すぎてよくないですね。
エネルギー図が何を表しているかを考えましょう。
物質の内部に隠されたエネルギーの量を表すのがエネルギー図です。
発熱反応が起こるなら、隠されたエネルギーは減る(そのぶん外の世界にエネルギーが放出される)から下へ、
吸熱反応が起こるなら、隠されたエネルギーは増える(外の世界にエネルギーを吸収している)から上へ。

ちなみに、ここは書き間違いだと思いますがNH4NO3(個)ではなくNH4NO3(固)、
そしてここは勘違いしているでしょうが、-26jではなく-26kJです。
キロが抜けてしまえば量が1/1000になってしまいます。マラソンコースは42.195mだ!っていうとおかしいですね。
また、単位ジュールの記号のジェイは大文字でなければなりません。フィーリングに小文字にしてはいけないのです。
人物名に由来する単位の1文字目は必ず大文字、そうでないものは必ず小文字となっています。
(ただし、リットルlだけは数字の1と紛らわしいので大文字のLが許容されています。というかこちらを書く方がおすすめ)

演習問題を解く上ではエネルギー図で上下を書き違えたところで問題ありません。
図をみれば正の数の答が出るはずのところ、計算の結果、負の数の答が出てしまったら
それは「上下が逆だったね、てへ」で済む程度のことです。必要なら改めて書き直せばいいのです。

ところで、溶けたら「下の位置」という考え方はあまりにも短絡的すぎてよくないですね。
エネルギー図が何を表しているかを考えましょう。
物質の内部に隠されたエネルギーの量を表すのがエネルギー図です。
発熱反応が起こるなら、隠されたエネルギ...続きを読む

QUV化粧品について

UVケアのSPF50+、PA+++という成分で
化粧品店では3000円しますが
ドラッグストアーでは700円くらいで手に入ります。

随分値段が違いますがどのように効果が異なりますか?

Aベストアンサー

メーカーはいちおう塗って光を当てて焼け具合を測るなど実験してから数字を書いていると思いますので、数字が同じなら理論上は効果は同じといえますが、あくまで理論上であって、

塗り方や他の成分との配合の仕方などもあるので全く同じ効果かどうかは厳密には分からないと思います。あくまで目安でしょう。

ファンデーションでもチークでも化粧品店のとドラッグストアのとではずいぶん値段が違いますよね。

日焼け止めだけに限ったことではないと思うので、安いほうで肌に合うならいいんじゃないんですか。

ちなみに期待して買ったシャネルのUVエサンシェルが私には合わず、吹き出物が出るのでダメでした。

Q緩衝液について 高校化学 CO2(水溶液)とNaHCO3の同物質量の混合液が緩衝液は緩衝液になるとワ

緩衝液について 高校化学


CO2(水溶液)とNaHCO3の同物質量の混合液が緩衝液は緩衝液になるとワークの問題に出てきました

CO2+H2O⇄ HCO3- +H+ …①
NaHCO3→Na+ + HCO3-

なので、①の平衡は左に寄っていて、
混合液に酸を加えると

HCO3- + H+ → H2CO3

の反応が起こるので[H+]が一定に保たれるのはわかるのですが、
この混合液に塩基を加えるとどんな反応が起こるのかわからないので教えていただきたいです

Aベストアンサー

平衡状態であるので①式の4種(CO2、H2O、 HCO3- 、H+)はすべて存在している。
その状態でOH-を入れると当然H+ + OH- →H2Oの反応が起きる。
無くなったH+を補うようにCO2+H2O⇄ HCO3- +H+ …①の反応が左から右へ起こるという反応が起きます。
高校レベルならこの考え方で問題ないと思います。

なぜそうなるかということについては大学レベルかもしれませんが
今回の反応式では(右辺の濃度の積)/(左辺の濃度の積)=一定…②であり、
イオンにほぼ乖離しないので左辺のCO2+H2Oの方に濃度は偏っています。
ここに酸(H+)や塩基(OH-)を加えた場合、
元々の濃度の高い左辺の濃度の積はほとんど影響を受けずに、
[影響を受けるレベルの酸塩基を加えると緩衝作用の効果の外になる]
元々濃度の低い右辺の濃度の積が大きくずれることから、
式②となるよう4種の濃度補正が行われるために平衡がずれていきます。

QUVカットの化粧品について

以前に、UVカットの化粧品が、何の役割も果たしていない(UVカットしていない)という報道がありました。(粉おしろい以外、全メーカーの全製品)
その後、解決したのか、わからないのですが、ご存知の方おられませんでしょうか。お願いします。

Aベストアンサー

ぼくもなにかでその話を聞きました。そのときは 詐欺じゃん! とか思っていたのですが、実際にカットされていると思いますよ。
メーカーが報道後に対応などしなかったことと、つけている人たちも文句を言っていないことから、ちゃんとカットしているのだと思います。
報道自体、正確性があったのかも疑問です。

Q解離エネルギー、結合エネルギー、イオン化エネルギー

解離エネルギー、結合エネルギー、イオン化エネルギーの違いとは何ですか?
また、金属のこれらの値が載っているサイトや本があれば教えてください!
お願いします

Aベストアンサー

結合エネルギーとイオン化エネルギーは全く違います。
結合エネルギーというと、たとえばH3C-CH3という分子(エタン)があったとして、このC-C結合が均等に解裂する場合に必要なエネルギーがC-C単結合の結合エネルギーです。
ようするに、共有結合が均等に切れて(ホモリシス)、二つのラジカルができるときに必要なエネルギーです。

一方、H3C-CH3のイオン化エネルギーというと、この分子から電子を一個飛ばしてエタンのラジカルカチオンを作るときに必要なエネルギーです。
H3C-CH3 -> [H3C-CH3]+ + e^- (ラジカルのドットが打てないorz)

解離エネルギーというともっと広い意味の用語ですね。
たとえば、CH3-IからCH3(メチル)とI(ヨウ素原子)に解離する場合の解離エネルギーといったら、これはC-I単結合の結合エネルギーになります。
また、このように均等解裂する場合ではなく、イオン的に解裂する場合でも、分子の中のある部分の解離エネルギー、と言うことはあるでしょう。

イオン化エネルギーでよければ、Wikipediaでそれぞれの金属を調べても載っていると思います。
結合エネルギーだと・・・?
金属の状態(価数とか、結晶なのか錯体なのかetc)でも変わるでしょうし。ちょっと分かりません。

結合エネルギーとイオン化エネルギーは全く違います。
結合エネルギーというと、たとえばH3C-CH3という分子(エタン)があったとして、このC-C結合が均等に解裂する場合に必要なエネルギーがC-C単結合の結合エネルギーです。
ようするに、共有結合が均等に切れて(ホモリシス)、二つのラジカルができるときに必要なエネルギーです。

一方、H3C-CH3のイオン化エネルギーというと、この分子から電子を一個飛ばしてエタンのラジカルカチオンを作るときに必要なエネルギーです。
H3C-CH3 -> [H3C-CH3]+ + e^- (...続きを読む

QUVカット化粧品は何故クリームが多いのでしょうか?

UVカット化粧品は何故クリームや乳液など油分の多いものなのでしょうか?
素人考えでは油分の多いクリームより、パウダー状のものの方が、紫外線をはね返すのではないか、と思います。
油なのに何故紫外線をカットできるのですか?
どのメーカーでもUVカットというとクリームが殆どで、パウダー状の物も多少はUVカット効果があるが気休め程度、という印象です。
パウダーはクリームより汗で流れやすいのかもしれませんが、流れにくくする技術なんていくらでもありそうですし・・・。
それでもあえてクリームをUVカット商品とする意味があるのでしょうか?
どうぞご回答お願いいたします。

Aベストアンサー

 粉末では均一につけることが難しいし、どうしても粒子と粒子の間に微少な隙間は出来てしまう。隙間を無くそうと思うと厚く塗るしかない。

 これに対して、液状ならば薄く塗り広げることで均一な皮膜を作ることが出来る。よほどのことがなければ隙間も出来ない。遥かに有利だと思います。

Q液クロのゴーストピーク

液クロUV検出において5分おき程度の間隔で周期的に500μV程度の山が現れます。また面積のRSD%が5%程度の誤差を生じます。プランジャーシールとシリンジチップ、D2ランプは交換しましたが改善されません。となりの液クロも似たような症状が出ます。もしかしてですが、供給電力の影響なんて有り得ますでしょうか?

Aベストアンサー

エアコンを切るか設定を変えてみて、症状が変わりませんか?

ピークの形状によりますが、5分周期で動くものがあるんだと思います。
エアコンの影響として配電盤経由(電力)の場合と、室温の場合が考えられます。

電力が影響している場合は別系統の配電盤を引いてもらうか、安定化電源を間に入れると良いでしょう(経験有り)。
温度の影響がある場合、配管に保温材を巻くことによって変化を小さくできます(経験有り)。
またエアコンの風が直接当たる場合も分析に影響が出るので(経験有り)、ビニール製の凧を作り風をさえぎるか、アクリル板などで衝立を作ると良いでしょう。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報