って、in F(ヘ調)となっていて、長調とも短調とも書いてないですね。これってどうしてなんでしょう?ご存知の方教えてください。

同じようなのに、ストラヴィンスキーの「ハ調の交響曲」というのもありますが。ほかにもこんな風に○調というだけで、長調短調のついてない曲名の曲ってあるのでしょうか。情報、お願いします。

A 回答 (5件)

こんにちわ。


私も気になって興味があったので、今日、偉大なる専門家に聞きました(両大戦間から現代までが専門の、私が論文指導についている先生です)。

ガーシュウィンは聞けなかったのですが、ストラヴィンスキーの「ハ調の交響曲」やニ調の「バーセル協奏曲」「イ調のセレナード」がなぜ、ハ調、ニ調、イ調なのかということについては次の理由からです。

これらは、単に中心音(主音)が、ハであるとか、イであるとかという意味で、19世紀までの調性とは異なるものだそうです。ストラヴィンスキーの時代の音楽は、スクリャービンのピアノソナタ5番以降の和声や、シェーンベルク、ドビュッシーに代表されるように、従来の機能和声法とは違った方法で、新たな音響、新たな語法、今までにない革新性を求めた時代です。そのため、従来の方法に基づいた調性の概念ではなく、ハ音を中心とした音楽という概念で書くことで、主調のあとはサブドミナント調にいって、次はドミナント調にって・・のような作り方から離れようとしたそうです。調性がないドビュッシーの音楽にも、調性はなくとも、譜面をみると中心音が必ずあります。

ストラヴィンスキーの《春の祭典》の第2曲の和声の冒頭は、何調とかではなく、基本は「和音の合成」が主体です。例えば、ド・ミ・ソ・シ♭という属7にレ・ファ♯・ラという和音を重ね合わせて同時に鳴らすというような音楽で、何調とかではないです。しかし、よくみると、中心音は必ずあります。

ガーシュウィンの「コンチェルト」は音楽を知らないのでコメントできないですが、No.3のかたがおっしゃっているように、ガーシュウィンの生きた時代を考えてみても、「ヘ音」を中心において作曲された音楽という意味だと思います。

バロック以前の音楽で使われている「ハ調」のような表現に関しては、あまり勉強したことがないので今はまだ分からないです。調べてみれば分かってくることだとは思いますが(おそらく単純な理由です)、今はお答えできません。

この「ハ調」のような表現は、回答に上がっている曲の時代からも分かるように、両大戦間、19世紀後半かた20世紀初頭(世紀の変わり目、従来の音楽との決定的な転換点)に多いですよね、アイブスも革新的なぜあとから考えれば前衛的な音楽を書いていますが、両大戦間を生きた時代の作曲家です。
長くなってしまいましたが、参考になりましたでしょうか。最後に余談をお許し下さい。pomoccは再登録し直した新しい名前で、以前はlutowinnで回答していました。退会してしまいましたが、生まれ変わりはpomoccです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなって申し訳ありません。学会が立て続けにあって、久しぶりに帰ってきたところです。lutowinnさんからの解答を待っていたので、大変うれしく思いました。適切な解答で参考になります。基本的には、中心音がFという考えでいいと思うのですが、ガーシュウィンのこの曲は、ヘ短調といってしまっても分析可能なような気はしています。それでもあえて「へ調」といっているところにどんな意図があるのか、それは誰の影響で(あるいはガーシュウィンオリジナルか)、誰に影響を与えているのか、その辺りが興味深いのです。
また何かわかれば教えてください。

お礼日時:2004/11/09 18:43

No.4です。

誤字脱字が多かったのでお詫びします。
とりわけ最後のほう「アイブスも後から考えれば、前衛的な音楽を書いているが、両大戦間を生きた時代の作曲家」の意です。
    • good
    • 0

えーと、主をヘ音としている調なんで、


 長調・短調と作曲者が書かないのは区別したくないんでしょう。

『つまり、曲の調子が、ハニホヘトイロの
「ヘ音」に「主音」をおいて作曲された』ので、

う~ん、長調でも短調でも認識をせずに作曲したのだろうか。
作曲し終わって、単純にタイトルに in Fとだけ書いておいた、みたいな感じ?かな。それとも、演奏者にそれを主調させるためなのか。

 事実に、作曲者にお訊ねすることができないので分からないです。(すいません)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

作曲者に聞けないけど、その真実を知りたいのです。でも、日本語で出ているガーシュウィンの伝記には、どれにもこのことについては書いてないのです。

お礼日時:2004/10/25 22:41

有名な曲としてアントン・ルビンシュタインの「へ調のメロディ」というのがありますが、英名だと「Melody in F」です。


この曲はよく聴くと短調なのか長調なのかよくわかりません。ですからあえてへ短調とかへ長調とかにしなくて単純にへ調としたのではないかと思います。
ヒンデミットのヴィオラソナタもへ調です。
日本の増田宏三の交響曲も二調です。
近代音楽にもこのように短調だが長調だかわからない曲に「in なんとか」としているものが多いような気もします。現代では無調のものが多いですが。

ラヴェルのピアノ協奏曲(↓)はト長調だったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ルビンシュタインの「へ調」は忘れていました。そういえばそうですね。ガーシュインと同じ「へ調」ですが、何か影響を受けているんでしょうか。その点ご教示願えれば…。

ガーシュインの場合、ヘ長調とヘ短調をいったり来たりしている感じなのですが、「ヘ短調」といっちゃっても問題ないようにも思えるのです。それであえて「へ調」と名づけたのには、何か思いがあるのかなと疑問に思っているのです。

とても参考になりました。

お礼日時:2004/10/25 22:39

う~む。

難しい質問がきたねぇ。わかりにくいかと思いますが、出来るだけ分かりやすそうかなぁと思って興味もあったので、調べてみました!

↓↓↓
ハ長調の音階(ドレミファソラシド)
♯系の長音階は、以上のようにつくられていますが、この他に♭系の長音階もあります。
それはもとになる「ハ調の長音階」テトラコードの下に全音をはさんでもう一つ同じ音列のテトラコードを配置することでつくられています。

これは、ハーモニカの話です。
●表側はヤマハシングルと同じハ調(C)、裏側はヘ調(F)になっています。F音をドとして吹くため表・裏の吹吸の感覚は同じです。ハ長調やヘ長調の教材が比較的多い低学年では、このツーラインを活用すれば、歌唱と同じ調性でさぐり吹きをすることもでき効果的です。

音の並べ方、例えば「ドレミファソラシド」と並べれば長調。「ラシドレミファソラ」と並べれば単調。
同じ長調でもハ長調は「粗野で大胆、お祭騒ぎや陽気な気分」とされ、ホ長調は「絶望に満ちた、死ぬほどの苦しみを表現、希望の無い恋愛」としている。

ここからは曲名です。結構あってきりが無い感じでした。
ルイ・クープラン(c.1626-1661):<ハープシコード作品選集>5つの小品ニ調/6つの小品ハ調
フェッラボスコ1世(1543-1588)/フェッラボスコ2世(1578-1628):コンソート曲集 / 5つのヴィオールのためのパヴァーヌ ハ調 / 5つのヴィオールのための3つのアルマンドハ調
トッカータ 第7番 ニ調
ストラヴィンスキー:ニ調の協奏曲「バーゼル協奏曲」
ノクターン変ホ調曲
アイヴズ:交響曲第2番、ガーシュウィン:ピアノ協奏曲ヘ調、
ラヴェル:ピアノ協奏曲 ト調

参考URL:http://www.geocities.co.jp/Hollywood/5180/msen.h …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 早速のお答えありがとうございます。

 知りたいのは音階論ではなく、「へ調」がいったいどういう調性かということなんです。それで、挙げてくださった曲名が結構面白く思いました。というのは、近代から現代に来るところで、多調性から無調性に向かう過渡期としての「へ調」というのとは別に、バロック以前に「へ調」のような言い方があったのかなと思えるからです。クープランの「ニ調」はニ長調それともニ短調、そのどれでもないもの?疑問がふくらんできました。

お礼日時:2004/10/25 22:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QチューバのC調楽譜ってフルート吹きにも読めますか?

私はフルート吹きなんですが急遽チューバ初心者(楽器初心者)に楽譜の読み方を教えることになりました。
私が所属している吹奏楽部はかなり少数で他パートの先輩が他パートの後輩の面倒を見るということがよくあります。それで私がチューバの子を見るということになったのですが、C管とB♭管、ト音とヘ音、全く違うようなパートの子にちゃんと教える事ができるか不安です。

がんばっていろいろ調べて、とりあえずはヘ音の読み方とB♭管のドイツ語音の読み方はなんとなくわかりました。

その途中でチューバはC調の楽譜が多いと知ったのですがそれがどういう事なのかよくわかりません。
C調の楽譜ならフルート担当の私にも読めるのでしょうか?
読み方とその他知っておいたらいいという事があれば教えてください。

Aベストアンサー

inCの楽譜なら、単純にヘ音記号で読めばよいだけです。

チューバはB♭管ですが、基本的には、指使いはinCで覚えます。
つまり、ドレミファソラシド という音階で指使いを覚えるのではなくて、
シ♭ ド レ ミ♭ ファ ソ ラ シ♭
という音階で指使いを覚えます。

ドイツ語音名は、異なる楽器の人(フルートの人と、チューバの人など)が意思疎通するときに使うものですが、
フルートの人が、普段は、アーベーチェーデーではなくて、ドレミファソラシドという階名で考えているように、
チューバ吹きも、普段、やはり、アーベーチェーデーではなくて、シ♭ ド レ ミ♭ ファ ソ ラ シ♭ の階名で考えるのが普通だと思うので、そうしてあげるとよいように思います。
(人によっては、普段からドイツ音名で考えている、という人もいるのかもしれませんが)

Qこの曲は何調というのですか?(例:ト短調とかハ長調とか)

Gipsy Kings の
 No.17.ホテル・カリフォルニア
 No.19.エスト・ムンド
 No.20.インスピレイション
この曲は何調と言うのですか?

http://www.towerrecords.co.jp/sitemap/CSfCardMain.jsp?GOODS_NO=877973&GOODS_SORT_CD=101

質問のカテゴリーに迷ったのですが、ここが確実と思い、教えて頂きに来ました。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

#4です。
もう一度聴きなおしました。
全曲を聴くことができませんが、試聴できる範囲でしたら
「参考意見」を「自信あり」に訂正します。

Q音楽の勉強をすれば、曲の調とかテンポとか拍子とかって楽譜を見なくてもわかるようになりますか?

慣れれば曲を聴いただけでわかるようになるのでしょうか?
それとも、慣れた方でも楽譜が必須なのでしょうか?
何故このような質問をするかと言えば、昔のマイナーなゲーム音楽に興味があるのですが、楽譜が入手できない可能性が高いのです。
そういう場合、どうやって曲の調とかテンポとか拍子とかについて調べれば良いのか疑問に思い、質問させて頂く次第です。
音楽の知識については初心者です。

Aベストアンサー

うちの子は、ピアノを小中のとき習っていました。 楽譜はあまり読めるようには
なりませんでしたが、ドビュッシーのアラベスクをミミコピしていました。 
楽譜はあまり読めないので、弾ける曲を楽譜に書くことはできません。
絶対音感もできたため、聞いた音がピアノのどのキーであるかは即座にわかりますが、
楽譜上のどの音かといわれると、一生懸命ドレミって数えていました。

まあ、音楽を譜に起こせるかという知識と、音感やリズム感というような能力は
別物だと思います。 双方とも、ある程度学習することはできると思いますが、
音感やリズム感は、人や年齢によっては限界があるかもしれません。 
そのような場合、聞いた音楽を譜に起こせるとは思いません。 
音感やリズム感がしっかりしていれば、譜に起こすのはトレーニングで
できるようになるとは思います。

Qハ長調とかイ短調って何?

最近クラシック音楽にはまりだしたものです。

クラシックに限らず「この曲はハ長調だ。」とか言ったりしますが、これは何を意味するんでしょう。

Wikiで調べたら「メロディーや和音が、中心音と関連付けられつつ構成しているとき、その音楽は調性があるという。」という説明で、「ハ長調の主音はド。」と書かれていまが、いまいちよく分かりません。

・主音と中心音って同じですか?
・「ハ長調の曲にはドの音が多い。」というだけのことですか?

音楽理論の知識はゼロなので、分かりやすく教えて頂ければうれしいです。

Aベストアンサー

>音楽理論の知識ゼロ  
と言う事なので、少々乱暴に説明します。

カラオケに行かれたことがありますか?

ちょっと自分には低いのでキーを上げたいとき
機械に「+3」とか「-2」なんていうボタンがあるでしょう。

あれです!

音楽には全部で12の調子があります。
12種類の「ドレミファソラシド」があります。

13個目は元に戻るんです
カラオケで「+12」があったら同じ調子になります
 (1オクターブ高い)

ハ長調は「ド」の音が多いわけではないけれど、
「ド」の音で終わります。
「ド」が主役なんです。
「レ」「ファ」のないハ長調はありますが、
「ド」のないハ長調はありません。

「ド」のないニ長調はありますが、
「レ」のないニ長調はありません。

主音は「主役の音」ですね。

「ド」が寅さんで
ハ長調が「男はつらいよ」かな?(反論がありそう)

Qオーケストラの楽譜の調性がわかりません

John Williamsのオーケストラの楽譜を分析しようと思い、調から和声を判断しようとしたのですが、どのスコアもピアノやバイオリンに調合がありません。
まさか全部ハ長調ということはないと思うのですが、どうやってオーケストラの楽譜で調を判別するのでしょうか。

Aベストアンサー

いきなり好きだからといって、ウィリアムズの時代のような作品を分析しようとしても何がなんだか分からず歯が立たないと思います。
まずは、基本のベートーヴェンのソナタを分析して、初期、中期、後期にどのような様式の変遷があるのかから、第1歩を進めてください。
ベートーヴェンの分析の本はレティという人が書いて翻訳されたものがあります。一番いいのは諸井三郎の書いた本ですが、私は音大卒だから音大で借りられるだけで、もう絶版になってしまっていると思います。
もちろん、二部形式、三部形式、リトルネロ形式、ソナタ形式の作られからの基本は知っておられますよね?これが分からなければ、音楽形式の本を読んで最初の一歩を歩んでください。
ソナタ形式は、第1主題、推移、第2主題、推移、展開部、再現部、コーダになっていて、推移は1つだけではなく、いくつもある場合がありますし、展開部も第1展開、第2展開、第3展開、第4展開、さらには交響曲になると第6展開とかにまで分かれます。
ソナタ形式の分析の基本は、第1主題とその推移(Ü)に現れるモティーフ(推移や第2主題、展開部で扱われるモティーフのみ)に、a1,a2,a3,a4とやa1の変形、a2の変形(a2')などと書き、第2主題とその推移に出てくるモティーフにはb1,b2,b3,b4とその変形b1'を書き、それが展開部でどのように扱われているのかを書いて整理していきます。展開部にしかない固有のモティーフというのもあり、それには展開部モティーフなどどしておきましょう。推移モティーフ(推移固有のモティーフ Üm1)などもありますので注意しましょう。
ベートーヴェンのピアノソナタの形式のモティーフ・アナリーゼと和声分析、転調などが分かるようになったら、次はロマン派の作品の分析をいくつかしましょう。ベートーヴェンで基本が学べるので、その形式でもそれを応用できるので、交響詩とかも分析できるようになれます。今度はオーケストラ曲とピアノ曲を交えながら分析してみてはいかがでしょうか。重要な作品はリストのピアノソナタ(主題の変容が出てくる)、「エステ荘の噴水」、ショパンのマズルカの形式、モティーフ、とりわけ和声分析で、ゼクエンツ(2小節単位くらいで調性が変わる)を勉強しましょう。あとはシューベルトの交響曲とピアノソナタ、ベートーヴェンの交響曲や弦楽四重奏曲を分析してもいい、古典派に戻ってモーツァルトの交響曲を分析してみてもいい、第1主題が二つあるという作品にも出会えるでしょう、ワーグナーの「トリスタンとイゾルテ」の形式と和声分析、シェーンベルクの初期「室内交響曲」、そしてスクリャービンのピアノソナタの形式と和声も出来たほうがよりいいですが、そういう風に、基本から学んでいき、そして初めて、シェーンベルク、ウェーベルン、ベルクの無調の世界を学ぶことになります。
それが分かるようになってから、ウィリアムズのような作品を分析してみると、分析方法が分かり、音楽が理解でき、楽しくなると思います。
ウィリアムズのスコアに調が書いてないのは、ドビュッシー、ラヴェルのような語法の和声方法で書かれたか、シェーンベルクの12音列の影響か、あるいはパレストリーナのような時代の和声に戻ってしまったのかのいずれかだと思います。シマノフスキのマズルカはドビュッシーの和声言語を受けているので調性なんてありません。
ちなみにオルフの「カルミナ・ブラーナ」のスコアにも調性も拍子記号もありません。どうやって分析するのでしょうか?基本が分かっていなければ手も足もでないでしょう。
また現代音楽に調性があるものはないに等しいです。現代とは前衛手法(ブーレーズ、シュトックハウゼン、ケージ、ノーノ、リゲティ、ペンデレツキ、ルトスワフスキ)を用いつつ、前衛時代の失ってしまった美しい旋律を、前衛手法の上にのせるという音楽の世界になっています(今です、例えばリンドベルイやマクミランの最近の作品)。
ドビュッシーの和声語法の分析方法は、第1セクション2度+□(□とは「何か」というもので、完全5度であったり、調6度であったりします)、第2セクションは、完全5度のみを使用したセクション、第3セクションは属7と属9のみをしようしたセクション、第4セクションは3度の動きを特徴としたセクション、というような分析方法で分析するものです。
専門家になりたいならば、作曲家の先生の師事を受けることをお勧めします。バッハのインヴェンションとフーガの分析方法からやることになるでしょう。
最初は何も分からなくても、少しずつ学んでいけば、分析は2年も勉強すれば、分かるようになってきます。
ちなみにショパンのスケルツォ1,2,4とバラード1,3,4は3部形式ではなくソナタ形式なのですよ。正確にいえば、スケルツォ形式とソナタ形式を融合、声楽の形式であるバラードをソナタ形式と融合させた、そこにショパン独自の形式へのアプローチがあります。
何か分からないことがあったら、分析、アナリーゼ、モティーフ・アナリーゼ、和声分析、は一番の専門なので、何でも質問して下さい。夢は捨てず、あきらめないで、頑張って下さいね!

いきなり好きだからといって、ウィリアムズの時代のような作品を分析しようとしても何がなんだか分からず歯が立たないと思います。
まずは、基本のベートーヴェンのソナタを分析して、初期、中期、後期にどのような様式の変遷があるのかから、第1歩を進めてください。
ベートーヴェンの分析の本はレティという人が書いて翻訳されたものがあります。一番いいのは諸井三郎の書いた本ですが、私は音大卒だから音大で借りられるだけで、もう絶版になってしまっていると思います。
もちろん、二部形式、三部形式、リ...続きを読む

Qクラシックのイ長調とかハ短調って何??

題名の通りなのですが、多数あるクラシックの題名には、『イ長調』だとか『ト短調』だとか『ハ短調』だとか・・・・・とにかく何かいろいろあって全然わかんないんですけど、これって何なのでしょうか?
長調と短調の違いがまずわからないのと、『イ』とか『ト』と『ハ』とかの違いもサッパリです。

教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

難しい理論は他の方にお任せするとして・・

「調って、キーのことです」
これをご覧ください
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3042899.html

12種類の「ドレミ」があるんです。

(図A) 
ドレミファソラシ
ハニホヘ トイロ
(とりあえず)「ド」は「ハ」「レ」は「ニ」

ここで用意してください!
ピアノでもピアニカでも

「ド」から「シ」まで白鍵黒鍵あわせていくつ?
そうです12なんです。

ドレミファソレシド

鍵盤を押すと
「ド」から「レ」は(白いの黒いの一緒に考えてね)
1コ飛びですよね

「レ」から「ミ」も1コ飛び
「ミ」から「ファ」は飛ばない!

ドレミファソラシドを鍵盤で押さえると
「ド」から

「飛ぶ・飛ぶ・飛ばない・飛ぶ・飛ぶ・飛ぶ・飛ばない」
になりますよね。
これを「全全半全全全半」と呼ぶに事にしましょう。

「ド」から「全全半全全全半」を押してみてください
黒鍵を触らずいけました。

「ファ」から「全全半全全全半」を押してみてください
ひとつだけ黒鍵を押しましたね

「ソ」からも黒鍵ひとつ
「レ」からは黒鍵二つ

黒鍵からも出発できます。

そう12種類の「ドレミファソラシド」
があるんです。

(図A)にもどって
「ド」から出発すれば
「ハ長調」

「レ」から出発すれば
「ニ長調」

「ファ」からなら
「ヘ長調」です。

「ド」と「レ」の間の黒鍵から始まれば
「嬰ハ長調」もしくは
「変ニ長調」です

長調、短調については割愛しますが
できるだけわかりやすく説明したつもりです
おわかりいただけましたでしょうか。

難しい理論は他の方にお任せするとして・・

「調って、キーのことです」
これをご覧ください
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3042899.html

12種類の「ドレミ」があるんです。

(図A) 
ドレミファソラシ
ハニホヘ トイロ
(とりあえず)「ド」は「ハ」「レ」は「ニ」

ここで用意してください!
ピアノでもピアニカでも

「ド」から「シ」まで白鍵黒鍵あわせていくつ?
そうです12なんです。

ドレミファソレシド

鍵盤を押すと
「ド」から「レ」は(白いの黒いの一緒に考えて...続きを読む

Q移調後の調名(嵐の明日の記憶)

ある曲を半音3つ分移調して〇〇調のようにすると、楽譜上は次のようになりました(楽譜作成ソフトを使用)。

第1イントロ
key=Am→変ホ長調

第2イントロ
key=Cm→変ト長調

A・Bメロ
key=C(ハ長調)→変ホ長調

サビ
key=Am→変ホ長調。

このまま音符を移動させていいのかわかりません。もともとはキーが3つあるのに移調すると楽譜上は調が2つ…。

ピアノソロの楽譜を参考に合唱アレンジ用の楽譜を制作中なんですが、ピアノソロの方が原曲より3半音分低く、このままではユニゾン部にソプラノが出せない音が出現するので、原調に戻そうとしています。ふだんポップスのソロアレンジは耳コピでやってるんですが、移調が苦手でして…。


曲は嵐の明日の記憶です。3半音上に移調した場合の調はこれで正しいのでしょうか。

第1イントロ…変ホ長調
第2イントロ…変ト長調
A・Bメロ…変ホ長調
サビ…変ホ長調

Aベストアンサー

平行調、つまりシャープやフラットが同じ数の短調と長調の関係がありますので、
この曲の場合、
第1イントロ…Am(=イ短調だったので)変ホ長調ではなく、ハ短調 (フラット3つ)
第2イントロ…Cm (=ハ短調だったので)変ト長調ではなく、変ホ短調 (フラット6つ)
A・Bメロ…C(=ハ長調だったので)変ホ長調のまま(フラット3つ)
サビ…Am(=イ短調だったので)変ホ長調ではなく、ハ短調(フラット3つ)

となります。

Q音楽なんて結局は全部ハ長調、ロ短調でいいんじゃないの?

何長調でも結局はほとんどハ長調で引けますよね?また基本音階に全く黒鍵がないので非常に引きやすいと思います。
そこで質問ですが、いろいろな長調を使う理由は何ですか?

なぜかくも多くの音階を使っているのでしょうか?

レパートリーがふえているだけなんでしょうか?聞き心地とかもだいぶ変わってくるのでしょうか?

音楽音痴の私に教えてください。

Aベストアンサー

聴いた時の印象ももちろん違いますし、管楽器には色々な調のものがあるので
メインの楽器が吹きやすい調で作られていたりもします。

Q調がわかりません

パッヘルベル作曲のカノンを押尾コータローがアレンジしたのがあるのですが、その曲はミニギターで演奏されていて、市販の楽譜もミニギター用のものとなっています。
そこでアコギ用に楽譜を書き換えたいのですが、調をどうしたらいいかわかりません。
元(押尾コータローがアレンジしたもの)はF#メジャーなのですが、アコギ用に書き換えるにはどの調にしたらいいのでしょうか?
ミニギターのチューニングはF#C#F#BD#F#、アコギのチューニングはDADGBDです。

Aベストアンサー

調の決定については、演奏内容をどうするかで考えることになるのではないでしょうか。譜面が対象としている演奏の調がF#メジャーで、その演奏と同じ音程で演奏したいのであればF#メジャーキーにするのが妥当でしょうし、調を変えて演奏を楽にしたいのであれば、楽に演奏できる調を選択するのが妥当です。

なお、ミニギター用の譜面の調がF#メジャーで、その譜面のミニギターのチューニングがF#C#F#BD#F#、アコギのチューニングをDADGBDに合わせてある状態の場合、アコギのチューニングは譜面にあるミニギターのチューニングを4f下げたチューニングにあたり、アコギでその譜面をそのまま弾けば、その演奏のキーはミニギターとアコギのチューニングの音程差と同じだけ移動して、Dメジャーキーになります。
またこの場合は、アコギのチューニングがミニギター用チューニングに合わせる形で、すべての弦に渡ってチューニングが4fずれているだけなので、アコギで演奏する時には4fにカポをはめてやれば、譜面を調整せずにF#メジャーキーで演奏できるはずです。

参考になれば。ご質問の意図を読み違えていたらごめんなさい。

調の決定については、演奏内容をどうするかで考えることになるのではないでしょうか。譜面が対象としている演奏の調がF#メジャーで、その演奏と同じ音程で演奏したいのであればF#メジャーキーにするのが妥当でしょうし、調を変えて演奏を楽にしたいのであれば、楽に演奏できる調を選択するのが妥当です。

なお、ミニギター用の譜面の調がF#メジャーで、その譜面のミニギターのチューニングがF#C#F#BD#F#、アコギのチューニングをDADGBDに合わせてある状態の場合、アコギのチューニングは譜面にあるミニギターの...続きを読む

Qベートーベン作曲の交響曲第五番ハ短調の感想

ベートーベン作曲の交響曲第5番ハ短調の
感想を教えてください!!!


宜しくお願いします。

Aベストアンサー

3楽章の最後、ティンパニーで刻みながら徐々に登りつめて4楽章へ雪崩れ込むとことが好きです。

聞いたふりして感想だけ言うの?


人気Q&Aランキング