乾燥肌、冬の肌トラブルに本気の対策 >>

Excelのマクロ記憶機能を使って、次の事をやりたいなと思っています。

①記入済イベントアンケートを入力し
②クライアントに報告用の、別のExcelファイルにコピペし
③②のファイルの中で、アンケート内容のシートとは別に、グラフ用のシートがあるので、そこに反映させるようにする

こういった作業をしたい場合、②や③ならマクロの記憶が使えるかと考えています。
たとえば、元のデータ(①)に後から間違いに気づいて修正をした場合、マクロの場合は修正や加筆などが自動更新されるのでしょうか?
ピボットだと、元データを変えた場合「更新」を押さないといけませんが、マクロも何か押すボタンはありますか?

A 回答 (2件)

>元のデータ(①)に後から間違いに気づいて修正をした場合、マクロの場合は修正や加筆などが自動更新されるのでしょうか?



そういうご相談する前の段階ですが、マクロコードでどのように設計していたかが問題です。だいたい、ネットのアンケート調査と同じようなスタイルで、最後に一覧表をみせ、確認させて、それで、「更新ボタン」を押させるようにします。

だから、更新ボタンを押した後は、もう「不可逆(もどせない)」です。

私の感覚では、自動更新という機能をどこかに取り付けるというのは、可能ですが、それをしないのではないでしょうか。ピボットテーブルとは、違った問題でしょう。
データ入力の失敗や修正でもとに戻すような前提でしたら、マクロは考えない方がよいかもしれません。
    • good
    • 0

市役所などの自治体が行っているパソコン相談で相談したほうが良いと思います。

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報