マンガでよめる痔のこと・薬のこと

天然の蚕は存在しますよね?その姿を自然で見たことが
ないのはこの時代当然かもしれませんが、
天然の蚕はどのように繭から出るのでしょうか?
検索してみても、養殖してはさみを入れ、中の蚕を
とりだすものしか見当たりません。
ご存知の方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

>養殖してはさみを入れ、中の蚕をとりだす


!!!そんなことしません。そんなことしたら、せっかくの絹糸が切れ切れになっちゃう!
蚕は絹糸を作るためにあるのですから、中の蚕は取り出さず、そのまま茹でます。
ゆでると、絹糸をくっつけているセリシンという樹脂が柔らかくなるので外側から、絹糸を順に手繰っていくのです。
そうすると最後に茹で上がった蚕が現れる、というわけです。
天然の蚕は一般に野蚕(やさん)と呼ばれて、その繭は野蚕繭、或いは山繭と呼ばれています(検索はこれでどうぞ)
野蚕の場合は天然のものなので見つけたときには蚕がもう勝手に出てきてしまっている(つまり繭にもう穴が開き、絹糸は切れてしまっている)事が多いです。でももったいないので絹糸を作ろうとしますが、切れている糸をつなぎ合わせていくわけで、むらの多い、少しごわごわしたような絹糸が出来ます。インドなどでは、ムガ、タッサーと呼ばれるような糸で魅力的な織物を生産しています。
日本にもまだずいぶんいるようですよ。
http://www.sandenforest.org/fre_tanken/yasan.htm
上記は野蚕とはいっても養殖しているようですが。
http://www.brandnewsilk.com/category/9/
http://www.ipc.kit.ac.jp/~nagaoka/ichida/page3/p …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答、大変参考になりました。
ありがとうございます。
はさみで切っているのは化粧品にするというサイトでした。
天然の蚕、いるんですね。
残された繭、ぜひみてみたいです。

お礼日時:2004/12/13 14:23

昔、蚕を飼ったときには・・・


勝手に自分で中から出てきました。
繭の長円方向の端を、中から食い破るのか?唾液か何かで溶かすの?穴は内側から抜くように外に反り返っていて、羽化後、しばらくすると穴の付近から茶色く変色していきました。
養蚕の場合は、ココまで行くと生糸が使い物にならなくなるので、羽化前の繭を使います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実際に飼ってらしたのですね。
回答いただきましてありがとうございます!

お礼日時:2004/12/13 14:25

 おはようございます。



 蚕が羽化するときは、繭の端に丸く穴を開けて、出てくるようですね。

http://www.coara.or.jp/~fujita/emergenc.htm

参考URL:http://www.coara.or.jp/~fujita/emergenc.htm
    • good
    • 1
この回答へのお礼

サイトの紹介、回答共にありがとうございます。
とてもいい写真が見れました。

お礼日時:2004/12/13 14:29

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qカイコの繁殖

 ペットの餌ようとして、カイコを100匹購入したんですが、法律でカイコの繁殖は禁止されているということを知りました。どうしてだめなんでしょか?
 また、現在使われているカイコって誰が繁殖させてるのでしょうか?養蚕業社の人?国でカイコを遺伝子的に管理してたりするのでしょか?教えてください。

Aベストアンサー

 現在は、蚕糸業法が廃止され、蚕の交尾・産卵・孵化を一般人が行っても罰せられなくなりました。
 お訊きの理由として、昔、ヨーロッパで養蚕が盛んだった頃、微粒子病という経卵伝染する病気が蔓延し、壊滅するほどの被害を受けたことがあります。そのため、被害に遭ってない日本では輸出量が伸び、養蚕は外貨獲得の最有力品目となりました。日本でも、微粒子病の蔓延を防ぐため、法律が制定され、微粒子病検査で合格した卵以外の流通を禁止しました。
 よって、微粒子病検査の設備、技術のない人が蚕の産卵まで行うことができなかったのです。
 以上のことから、蚕の増殖・配布事業は、微粒子病検査が可能な蚕種製造業者、国・地方自治体等の公共研究機関に限られていました。
 しかし、今は養蚕農家も少なく、微粒子病(原虫)は自然界に多数いるものの、禁止を解いても影響が少ないことから自由になりました。
 現在は、養蚕が盛んでないため蚕種製造業者も数少なくなり(あることはあります。一般への小口販売もしています)、都道府県の蚕業試験場、農業試験場等でも製造しているところは数少なくなっています。
 養蚕研究をしている機関では、継代飼育をしているところも少ないもののありますし、遺伝子保存のため継代保存をしている機関もあります。
 機関、メーカーについては、蚕 卵 製造 もしくは蚕種製造で検索してみてください。
 ひとつ余計なお節介を。
 もし、あなたが今いる蚕を交尾・産卵させて餌を確保したいというのであれば、餌の桑を大量に確保しなければいけません(人工飼料もありますが、高い)。また、蚕は通常年1世代で、卵で越冬します。人工孵化により任意の時期に孵化させる方法もありますが、技術と設備が必要です。さらに、販売されている蚕は交雑種なので、病気にも強く、体も大きいですが、それらを掛け合わせても親の形質が戻って出てくるので、大きさも丈夫さもバラバラになり、非常に飼いにくくなります。

 現在は、蚕糸業法が廃止され、蚕の交尾・産卵・孵化を一般人が行っても罰せられなくなりました。
 お訊きの理由として、昔、ヨーロッパで養蚕が盛んだった頃、微粒子病という経卵伝染する病気が蔓延し、壊滅するほどの被害を受けたことがあります。そのため、被害に遭ってない日本では輸出量が伸び、養蚕は外貨獲得の最有力品目となりました。日本でも、微粒子病の蔓延を防ぐため、法律が制定され、微粒子病検査で合格した卵以外の流通を禁止しました。
 よって、微粒子病検査の設備、技術のない人が蚕の産...続きを読む


人気Q&Aランキング