『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

 機動戦士ガンダムF91でアンナマリーが地球連邦軍に寝返りましたが、何故寝返ったんでしょうか?。
 いまいち理由がわかりません・・・・。
 教えてください。

A 回答 (2件)

F91を何十回と見ていますが、ちゃんとした答えは得られないかもしれません。



私の考えでは、アンナ・マリーとザビーネの間には、軍人以外の男女の関係があったと連想させられる台詞や仕草が見られます。
そして、ロナ家に取り入ろうとベラに近づいた事による嫉妬・復讐といったような感情で寝返ったと考えられます。
だから、ザビーネの「感情を処理出来ない…」と台詞が続くのだと思います。

ご参考になればと思います。
    • good
    • 1

見ている範囲で考えれば、アンナマリーはザビーネと関係があったが、ザビーネがベラ・ロナに構いっぱなしなので当てつけじゃないですか。


よその女に取られるぐらいなら、いっそ自分が…って思ったのかも。
「そんなに家の名が欲しいか、ザビーネ!」というあたりに、ザビーネがロナ家に取り入るためにベラ・ロナに近づき、そのため捨てられると思ったのでは。
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q機動戦士ガンダムF92

映画のガンダムF91の後に新テレビシリーズとしてスタートする予定だった「機動戦士ガンダムF92(仮)」ですが、
残念ながら、映画の興行的な不振により結局実現されることはありませんでした。

この作品って、テレビシリーズやOVA等(最悪小説や漫画でも)で作成されることはもう永久にありえないのでしょうか?

数年前、ゲーム等のおかげで続編のクロスボーンガンダムが注目を集めていたので、当時は淡い期待を抱いていたのですが…。

このクロスボーンガンダムの件も含めて、映像化の可能性についてのご意見をお聞かせください。

Aベストアンサー

本来TVシリーズを想定して企画が始まったF91が二転三転して映画というメディアに決定したことで、映画向きとは思えないストーリーであったり映画の尺に会わす為に物語の短縮で訳わかんなかったりする訳で、「興行が良ければF92のテレビシリーズ」というのは大人の都合のいい言い訳としか考えられない。
私は、F91の設定であったり世界観は良く練られていると感じるところがあり好きな作品ではあるけど、企画が頓挫してGガンダムの制作に移行した「ボルタガンガム(企画名)」のように再制作はありえないでしょう。
それにF91が好きな数少ないファンの中でも<クロスボーンガンダム>は賛否が分かれている訳でガンダムUCのように今の時代になって掘り起こすだけのメリットが無いと考えられているのが実情では無いでしょうか。

賞味期限が切れた企画を掘り出すくらいなら、SEEDや00のような腐女子向けのガンダムを作るのが企業の考えているガンダム商売の傾向です。


人気Q&Aランキング